SS投稿掲示板




No.16056の一覧
[0] 余生におけるある世界との付き合い方(百合、転生・TS)[Fath](2011/03/14 20:35)
[1] 第一話[Fath](2010/04/29 11:36)
[2] 第二話[Fath](2010/04/11 13:10)
[3] 第三話[Fath](2010/02/25 23:38)
[4] ~何でもないある日の話~[Fath](2010/04/11 13:12)
[5] 第四話[Fath](2010/05/30 07:14)
[6] 第五話[Fath](2010/04/11 13:13)
[7] 第六話[Fath](2010/02/25 23:39)
[8] 第七話[Fath](2010/03/14 13:10)
[9] ~前世と現世~[Fath](2010/05/05 13:00)
[10] 第八話[Fath](2010/03/14 13:14)
[11] 第九話[Fath](2010/03/14 13:15)
[12] ~真夏の大決戦!…なの?~ 前編[Fath](2010/02/25 23:41)
[13] ~真夏の大決戦!…なの?~ 後編[Fath](2010/03/14 13:17)
[14] 第十話[Fath](2010/05/30 07:18)
[15] 第十一話[Fath](2010/05/05 13:01)
[16] 第十二話[Fath](2010/05/30 07:21)
[17] 第十三話[Fath](2010/03/04 15:16)
[18] 第十四話 ~風邪引き龍野ちゃん、なの?~[Fath](2010/03/14 13:18)
[19] 第十五話 ~父親との邂逅、です~[Fath](2010/03/08 15:33)
[20] 第十六話[Fath](2010/05/30 07:26)
[21] 第16.5話[Fath](2010/04/11 13:24)
[22] 第十七話[Fath](2010/03/14 13:20)
[23] 第十八話[Fath](2010/03/14 13:06)
[24] 番外編 ~ある一つの未来~[Fath](2010/04/11 13:32)
[25] 第十九話[Fath](2010/03/31 01:43)
[26] 第二十話[Fath](2010/04/11 13:08)
[27] 第二十一話[Fath](2010/04/29 11:37)
[28] 第二十二話 ~滑りすぎ注意、なの?~[Fath](2010/05/05 13:10)
[29] 第二十三話[Fath](2010/05/05 16:47)
[30] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編[Fath](2010/05/16 11:41)
[31] 第二十五話 ~テストは嵐、なの……~後編[Fath](2010/05/30 07:40)
[32] 第二十六話[Fath](2010/05/30 07:42)
[33] 第二十七話[Fath](2010/05/30 07:11)
[34] 第二十八話[Fath](2010/06/06 23:54)
[35] 第二十九話[Fath](2010/07/28 22:09)
[36] 第三十話[Fath](2010/08/11 21:15)
[37] 第三十一話[Fath](2010/09/17 23:01)
[38] 幕間 ss1[Fath](2011/03/14 20:33)
[39] 幕間 ss2[Fath](2011/03/14 20:33)
[40] StS 第一話[Fath](2011/03/14 20:31)
[41] StS 第二話[Fath](2011/04/03 15:58)
[42] StS 第三話[Fath](2011/03/24 15:13)
[43] StS 第四話[Fath](2011/03/28 17:25)
[44] StS 第五話[Fath](2011/04/03 15:54)
[45] StS 第六話[Fath](2011/04/17 19:18)
[46] StS 第七話[Fath](2016/11/03 03:02)
[47] StS 第八話[Fath](2016/11/18 15:45)
[48] StS 第9話[Fath](2016/12/25 07:03)
[49] STS 第10話[Fath](2017/01/01 22:10)
[50] STS 11話[Fath](2017/01/11 20:14)
[51] 最終話[Fath](2017/03/19 22:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16056] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編
Name: Fath◆282e9af7 ID:ab7b77f0 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/05/16 11:41


晴れていても波が高い日はある。
同じように雨でも海が穏やかな日もある。
そして一見大丈夫なように見えて下の潮の流れがとても速い事だってあるのだ。


後藤 龍野、テスト直前。
色々目に見える問題が発生しました。




第二十四話 ~テストは嵐、なの……~ 前編




後藤家には年に何回か暗雲が立ち込める。
今回もその季節がやってきた。
それも人数が増えただけいつも以上の規模である。
――龍野の戦い、それはなのはのテストだった。

「フェイトは歴史と古典、なのはは?」

机を挟んで対面に龍野は座っていた。
真剣な顔をしているのはいつもの二人組み-なのはとフェイト-である。
二人の前にあるのは教科書で、聖祥で指定されているものだ。
当然龍野も同じものを使っている。
その教科書と並列しておいてあるのはアリサや龍野が纏めたノートである。

申し訳なさそうな表情でフェイトが縮こまる。
その頬は少し赤く染まっており、恥ずかしいのが見て取れた。
なのはは最早いつものことと割り切っているのか「にゃはは……」と少し乾いた笑いを見せた。

「私も古典がちょっと……」

がんと頭を衝撃が走る。
英数国社理、主要五科目。
主に龍野が助けたのは文系で、中でも国語は力を入れていた。
それが駄目と言われてしまうとやはりショックはあるものなのだ。
小学校三年生から魔法と付き合っているなのははどうしても知識が偏っている。
特に文系が徐々に下がり気味なのは使わないことも関係しているのだ。
ミッドの魔法が数学と物理を元に構成されているらしい。
自然とそちらは使うことになる。英語にいたってはレイジングハートとの会話で使われている。
魔導師は全員が理系なのだろうかと少し文理の差を感じたりもした。

「あんなに、教えたのに?」

声が震える。少し大げさな演技だ。
無力感が龍野の身体を覆った。だからと言って何かするわけでもない。
彼女達の大変さは分かっているから命に関わることを忘れるくらいならこっちを忘れてくれた方がいい。
そういう考えが龍野には存在していて、なのはたちを怒るなんてできるはずもない。

「ごめんなさい」

素直に頭を下げるなのはに肩を落とす。
元々怒る気はない。その上こんなに素直に謝られてしまっては怒るに怒れない。
龍野は軽く頭を振りつつ頭の中を整理する。
フェイトの方が時間がかかりそうだ。
なのはは今までずっと教えてきた分大体のことを把握している。
何に躓くとか、どういう問題を間違いやすいとかを知っているのだ。
対してフェイトは違う。
何が苦手なのか、何を間違うのか。
テスト対策に必要な情報が欠落していた。
家に入り浸る事は増え、同時に勉強を見ることもあったがやはりなのはと比べると少ないのだ。

「いいよ、問題集してて」

なるべく優しくなのはに言ってフェイトに向き合う。
なのはは頷くと真剣な顔をして問題集に取り掛かる。
それを横目で見つつ、龍野はフェイトに尋ねる。

「まず範囲はわかる?」
「うん。それくらいは大丈夫」
「じゃ、やってみよう」

龍野はフェイトにそう言う。
フェイトは「うん」と神妙な顔で頷いて筆を取った。

それを別の場所から見ていたのははやてだ。
はやての前にはアリサが陣取っている。
なのはとフェイトに龍野が付いているように、はやてにはアリサがついていた。
これは龍野が教えられる文系をはやてが比較的できることや全般を教えられるアリサの方が早いことが関係している。
病気により小学校を休学していた彼女は時々穴があるのだ。

「大変やなぁ」

しかしそんな事は微塵も感じさせない口調で言う。
それもそうだ。彼女は大まかになら全てをできるのだ。
文理のどちらかが壊滅的なわけでもない。
ただ全体的に少し問題があるだけで、努力すればそんな穴は直ぐになくなってしまう。
頭の悪い少女ではない事を龍野は良く知っている。

はやての前にはジュースがあり、それをのん気に啜っていた。
出したのはフェイトで龍野の家の持成しは彼女が中心になる事が多くなっている。
そんな友人を龍野は恨めしそうな瞳で見つめる。
本を読む事が好きな彼女の知識量は十分なのだ。

「はやても手伝って」
「無理やわぁ……だって化学教えてもらっとるし」

龍野の申し出をはやてはやんわり断る。
その顔は微笑んでいて、手が空いていたとしても手伝ってはくれないのを予想させた。
なのはやフェイトが龍野に教えてもらえる事で喜んでいるのを知っている。
親友の事をとても気に掛けている彼女にその時間を邪魔する気はないのだ。

「はやては文系できるのにね」

アリサが少々呆れた声で告げた。
なのはとフェイトは理数だけは飛び抜けてできる。
同じ立場のはやてが平均よりは良いが普通の枠に収まっているのが不思議なのだろう。
最もこれはアリサ視点の話であり、龍野からしてみれば彼女の理数は充分できるレベルだ。
そして文系も同じくらい良いのだから本来参加する意味はない。
だが先ほども述べた時々現れる穴のせいではやてはここにいる。
そして、アリサの隣ですずかはニコニコした笑顔で問題集を解いている。
彼女にいたっては皆でこうして集まるのが楽しいのだろう。
学校においてもその雰囲気は見て取れた。

「龍野ちゃん、これ……」

なのはの声に部屋を見回していた視線を戻す。
目の前で、困った顔をしたなのはが問題を指していた。
ちらりと見れば古典の場面説明の問題のようで、龍野は少し身を乗り出す。

「これはもう訳文を暗記した方が早い」

学校のテストでしか使えない技を口にしながら、フェイトをどうしようかと見やる。
早くもテキストに向き合う手は止まりかかっている。
龍野の問題は山積みだった。


****


「フェイトできた?」
「……うん」

自信無さ気に頷く彼女の頭を撫でる。
とりあえず言われた課題を全て解いてきたからである。
こういう所にフェイトの真面目さが現れている。
龍野に頭を撫でられフェイトの頬が緩んだ。
優しい手が大好きで、気に掛けてくれるのが嬉しくて、そこにいるのは年相応の少女だった。

「難しい?」

龍野の問いかけに少し詰まる。素直に言えば難しかった。
学校で普通に使われている問題集ではある。
それでも度々授業を抜け、ましてや母国語ではないのだ。
多くの日本人が感覚で解けるものが解けないのだ。
僅かに思えるその感覚は大事なものである。

龍野にもそれは分かっている。
英語の古典作品を読めといわれたら、日本人のほとんどは嫌だろう。
フェイトが幾ら魔導師といえどそういった感情が湧くのは自然だ。

「ちょっと難しかった」

えへへ、と頬を染めながらフェイトは答える。
できないことを教えるのは恥ずかしかったが今から教えてもらうのである。
正直に答えなければ龍野は困ってしまうだろう。

「そっか。でも、できてる」
「ありがとう」

ちらちと龍野は問題集に目を落とす。
白の余白が黒の黒鉛に侵食されてなくなっていた。
思っていたよりその量は多く、これならば大丈夫だろう。
肩の力が少し抜ける。勉強を教えて欲しいと頼まれた時は身構えたが杞憂だったようだ。

難しい顔でそれを見ていたのはなのはである。
勉強会は小学生の頃から行っていたものだ。
小学三年生の頃なのはが無理を言って龍野に頼んだのである。
魔法と出会って色々忙しく、元から苦手だった教科が酷くなってしまった。
その頃はまだ龍野は遊びに行くのもしてくれなくて、それでもなのはは仲良くなりたくて。
だからこれを機会にどうにか距離を近く出来ないかと行動してみた結果である。
龍野も勉強を教える事くらいは構わなかったらしくその願いは受理された。
その時は本当に嬉しかったのをなのはは覚えている。

「龍野ちゃーん」

それがフェイトの事故から、龍野の変わりようはなんなのだろう。
仲良くなれたことは嬉しい。フェイトが気に病んでいたのが治ってきているのも嬉しい。
ただ親友への接し方が自分のときと違いすぎて少し嫌だ。
自分の時はあんなに拒否したのにと思う事が何度かある。
龍野はフェイトに甘いのだ、なのはの目から見るととんでもなく。

――だからだろうか。態と邪魔するかのように名前を呼んでしまったのは。
ハッキリした事はなのはにも分からない。
あ、ムッてなった。となのははフェイトを見て思った。
これは非常に珍しい事である。年に一二度あるかないかの頻度である。
親友はとても優しく控えめな性格をしていて、余りそういう感情は出さないのだ。

「なのは、また分からないの?」
「にゃははぁ……」

龍野の呆れたような溜息に困ったように笑う。
分からなかったことも少しある。
だがそれよりも魔が差したという表現の方が正確であった。
フェイトから龍野を引き離したくて、ただ呼んだのである。

「あ、ここか」

なのはの手が止まっている部位を見る。
するとフェイトが間違っている所と被っていた。
説明する分には丁度良いと龍野は思う。
同時にフェイトが終わっている部分もまだ終わってない事に少し呆れる。
母国語じゃないフェイトが解けるのに、なのはが解けていないのはどういうことなのか。
歴史もしていたから仕方ない。
そう思うものの、やはりもうちょっと頑張って貰いたい気もする。
ずっと教えてきた自分が悲しくなってしまう。

これをなのはに言えば彼女はこう答えただろう。
――だって龍野ちゃんを見てたからなの、と。
なのはは余り集中していなかった。
どうしても龍野とフェイトが気になるのである。
この間の事故の事もあるし、元々フェイトには優しいと思っているせいもある。

「うん?」

なのはは龍野の言葉に首を傾げる。
予想していたものと少し違う反応だった。
じっと幼馴染の日本人らしい横顔を見る。
視線に気付いたのか、龍野が苦笑した。

「フェイトと同じ」
「あ、そうなんだ」

そう言われて、やはり難しい箇所なんだと思う。
フェイトの優秀さは知っている。
彼女は龍野の側にいるようになってから勉強時間を増やした。
少しでも日常で助けになれるようにという努力である。
仕事が少し減ったといえ、大変だったに違いない。
嫌いな教科の勉強ほど嫌なものはないのだから。

「丁度良かった。フェイト」

龍野がフェイトを呼ぶ。
その呼びかけにフェイトは素直に龍野の横に来る。
少し不機嫌そうな顔になのはは内心苦笑した。

「なに、たつの」
「一緒に教える。だから座って」

ぽんぽんと隣の場所を叩く。カーペットであるため音はない。
フェイトはきょとんとした顔でなのはと龍野の顔を見比べる。
不思議そうな顔をしながら座る。
基本的にフェイトは龍野の言う事はよく聞く。
それが負い目というより、好意からくるものだとなのはは気付いていた。

「なのはも分からないの?」
「うん、苦手で」
「……そっか」

困ったなぁとなのはは髪の毛を弄った。
この様子だとフェイトは気付いている。
自分がこの部分までならまだ解けることを、である。
宿題などを一緒に解いたりしているからある程度、理解できている範囲は把握されているのだ。
それでも何も言わないのはフェイトの性格故だろう。

「とりあえず――」

龍野の講釈が始まった。
昔から思うのだが龍野の教え方は上手い。
まるで一度分からない所を体験したかのようである。
これは成績の良い人-むしろ天才型の人間-には珍しい傾向だ。
教えるというのは、分かっていない箇所を知らなければ出来ない。
それを分からない事が無い天才は理解できないのである。
それを龍野は的確に教えてくれる。
なのはが躓いている所をきちんと知っているのだ。

(なのはちゃん)

龍野の指が動く。
それをなのははぼんやりとした目で追っていた。
何処となく集中できないのは自分のせいであり、龍野のせいであり、フェイトのせいでもある。
そんな思考状況の中、念話が唐突に来たのだ。
ぴくりと少し肩を跳ねさせてしまうのはおかしなことではないだろう。

(わ、はやてちゃん?)
(ほんま、龍野ちゃんのことになると見境ないなぁ)

呆れたような声が頭に響く。
フェイトから龍野を離したくて声を掛けたのを見られていたようだ。
気恥ずかしいような気持ちになるが、それでも機嫌は直りそうにない。
ちらりと横目で見ればはやてと目が合った。
予想していたらしい笑顔になのはは念話で答える。
余り長い時間見ていても龍野が不思議に思うだろうから、刹那の時間しか見ていない。

(だって皆ついてくるし……)
(しゃーないやろ、テストなんやもん)
(それでも)

龍野との勉強会はなのはの“特権”だった
それを奪われて何も思わないほど大人じゃない。
前のように二人で龍野といれる時間は少ないのだ。
一緒にいる時間が増えたのは間違いないが二人では減っていた。
言うまでも無く、フェイトの事で龍野がオープンになった事が関係している。

(フェイトちゃんが離れるわけ無いのは分かってたんと違う?)

少し拗ねたような声音にはやては何とも言えない気持ちになる。
相変わらず依存に近い関係がなのはには構築されている。
それが悪いとは言わない。いや、依存が良いかと言われれば良くはない。
だがなのはの中心で力になっているのだから一概に悪いとも言えない。
何より、好意を自覚した事で彼女の中の龍野の存在は更に強くなった。

(龍野ちゃんがフェイトちゃんに甘いのは確かに気になるけどな)
(はやてちゃんもそう思う?)

はやては少し答えに詰まった。
甘いとは思っている。だがそれでフェイトに嫉妬するような感情はない。
龍野がフェイトに甘い理由も何となく分かっていた。
なのはとフェイトには秘密にしているが、彼女は既に魔法を知っている。
はやて自身が教えたのだ。だから龍野という人物のもう一つの側面は良く知っている。
なのはやフェイトと付き合うときとは少し違う姿がはやての目には見えていた。
それが親友達の持つ像と重なるとは思っていない。
はやての見る龍野という人物と、親友達も見つめる龍野の差はきっと大きい。

(でも、間違いなく龍野ちゃんと一番長く居たのはなのはちゃんやん?)

そしてその差はこれからも埋まる事はないだろう。
最初を違え、続きも違え、龍野に対するスタンスは丸きり反対になってしまった。
これから幾ら龍野に近づいたとしても、なのはとフェイトは自分と反対側にいる。
あたかも平行に続く道のように交わる事はないのだ。
幾ら仲良くなろうともなのはやフェイトが龍野と仲良くなるのとは異なる。
言うなれば質が違ってしまっているのだ。

そんな事を考えながらはやてはなのはと念話を続ける。
龍野は相変わらず真剣な表情でフェイトに問題を教えていた。
自分と会話しているなのはは一応鉛筆を握ってはいるが気もそぞろだ。
自分が邪魔をしているからだという事くらいはやてにも分かっている。
龍野もなのはの様子には気付いているだろう。
だから、そろそろ会話は終わりにしよう。

(それにあれは事故を龍野ちゃんなりに気にしてるからだと思うしなぁ)
(どういう――)

意味?と続けようとした言葉は途切れる。
つんつんと龍野がなのはの腕を突いたからだ。
思考を飛ばしていた状態にその刺激は驚きになる。

「なのは?」
「ひゃい?!」

顔を上げたなのはの前に龍野の仏頂面があった。
まずいなぁ、と心の中で呟く。
集中していなかった事が完全にばれていたらしい。
龍野は優しいから怒る事はない。
それでも怒っている事は充分にわかるから、なのはは怖いのだ。
教えてもらっているのにという罪悪感もある。

「今の説明聞いてた?」
「う、うん」

一応聞いてはいた。
元より分かっていた問題でもあるから、頭には入って来易かった。
それでもどちらかと言えばはやてとの会話に集中していたのも事実である。
後ろめたい所は充分にあった。

じっと黒い瞳がなのはを見つめた。
ばれているんだろうなと思うも口には出せない。
気まずい空気を我慢しながら龍野を見つめ返していると、しょうがないと言う風に表情が緩んだ。
許してくれるんだとその動きだけでなのはは理解する。

「聞いてたなら、いい。それ解いてて」

苦笑に近い表情で龍野がなのはの手元の問題集を指す。
その動きに従ってページに目を落として、それからもう一度龍野を見る。
これ全部?と視線で投げかけたら当然と言う風に頷かれた。
フェイトが出来ているのだから出来ないはずがないという顔だった。
実際、龍野にしてみればなのはの方が古典はできるはずなのだ。
なのは自身も解けない問題ではない。
素直に頷くしか道は残っていなかった。

「ちょっと、フェイトと出かけてくるから待ってて」

龍野の首にマフラーが巻かれる。
それをしているのははやてに“通い妻”と称されるフェイトである。
また不機嫌の虫が出て来そうになるのを押し留める。
――聞いていない。
問題の解説を聞いていなかったことより、出かける事の方がなのはにとって一大事だった。
はやてと話している間にそんなやり取りがあるなんて迂闊だった。

「え?」
「コンビニまで何だけど、一人は駄目だって」

素で吃驚してなのはは動きを止めた。
その表情に龍野は今度こそはっきりと苦笑を顔に出す。
反応したのはフェイトだった。

「だってたつの、調子悪いから」

断定的な口調に龍野は小さく肩を竦めて見せる。
調子が悪いわけではない。
ただここ暫く、睡眠不足に近い状況のだけだ。
テストが近づくといつもの事なので気にしていない。
もちろん、自分のテスト勉強のせいではない。
そこまで成績に拘る性格ではない。

龍野自身、なのはに勉強を教えているという責任を幾ばくか感じている。
魔法の面では助けてやれない自分が唯一助けられるものだからだ。
だからなのは用の勉強スケジュールを作ったりしている。
定期的に教えている分だけ、何となく分かる所と分からない所は理解しているのだ。

「悪くない。ちょっと眠いだけ」
「なら着いてくよ。一緒に行こう」

引かないフェイトにはぁと小さく息を吐く。
自分を見つめる瞳は輝いていて、家で待てと言っても待ちはしないだろう。
無理にでも置いていったら着いてくる可能性まである。
そうなれば悪目立ちすることは決定だ。

「そんなわけで、フェイトの休憩も兼ねて行って来る」

龍野の隣にいる金の少女の様子はとても嬉しそうだった。
ちょっとしたお出かけでも一緒に行ける事が嬉しいのだろう。
その姿になのはは羨ましそうな視線を、はやてとすずかは苦笑を、アリサは呆れを露にする。

「いってらっしゃい」

その言葉を受け、二人は部屋を出て行った。
フェイトが楽しそうに龍野の手を繋ぐ。
なのははそれを見ながら、何でこの問題解いておかなかったのだろうと自責した。
パタンと玄関が閉まる。その音に少しだけ悲しくなったなのはだった。


第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編 end











なのはたちテスト編。
やっぱり、日常を書くなら一度は書きたかった話っす。
このまま後編に行くとは予想してませんでしたけど。
次はフェイトにスポットのはず。

感想・誤字報告・指摘、ありがとうございます。
内心を語る前の「―」は善処します。
言われたとおり2つにするか、使わない方向かは未定です。
では。





前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.030301094055176