SS投稿掲示板




No.16056の一覧
[0] 余生におけるある世界との付き合い方(百合、転生・TS)[Fath](2011/03/14 20:35)
[1] 第一話[Fath](2010/04/29 11:36)
[2] 第二話[Fath](2010/04/11 13:10)
[3] 第三話[Fath](2010/02/25 23:38)
[4] ~何でもないある日の話~[Fath](2010/04/11 13:12)
[5] 第四話[Fath](2010/05/30 07:14)
[6] 第五話[Fath](2010/04/11 13:13)
[7] 第六話[Fath](2010/02/25 23:39)
[8] 第七話[Fath](2010/03/14 13:10)
[9] ~前世と現世~[Fath](2010/05/05 13:00)
[10] 第八話[Fath](2010/03/14 13:14)
[11] 第九話[Fath](2010/03/14 13:15)
[12] ~真夏の大決戦!…なの?~ 前編[Fath](2010/02/25 23:41)
[13] ~真夏の大決戦!…なの?~ 後編[Fath](2010/03/14 13:17)
[14] 第十話[Fath](2010/05/30 07:18)
[15] 第十一話[Fath](2010/05/05 13:01)
[16] 第十二話[Fath](2010/05/30 07:21)
[17] 第十三話[Fath](2010/03/04 15:16)
[18] 第十四話 ~風邪引き龍野ちゃん、なの?~[Fath](2010/03/14 13:18)
[19] 第十五話 ~父親との邂逅、です~[Fath](2010/03/08 15:33)
[20] 第十六話[Fath](2010/05/30 07:26)
[21] 第16.5話[Fath](2010/04/11 13:24)
[22] 第十七話[Fath](2010/03/14 13:20)
[23] 第十八話[Fath](2010/03/14 13:06)
[24] 番外編 ~ある一つの未来~[Fath](2010/04/11 13:32)
[25] 第十九話[Fath](2010/03/31 01:43)
[26] 第二十話[Fath](2010/04/11 13:08)
[27] 第二十一話[Fath](2010/04/29 11:37)
[28] 第二十二話 ~滑りすぎ注意、なの?~[Fath](2010/05/05 13:10)
[29] 第二十三話[Fath](2010/05/05 16:47)
[30] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編[Fath](2010/05/16 11:41)
[31] 第二十五話 ~テストは嵐、なの……~後編[Fath](2010/05/30 07:40)
[32] 第二十六話[Fath](2010/05/30 07:42)
[33] 第二十七話[Fath](2010/05/30 07:11)
[34] 第二十八話[Fath](2010/06/06 23:54)
[35] 第二十九話[Fath](2010/07/28 22:09)
[36] 第三十話[Fath](2010/08/11 21:15)
[37] 第三十一話[Fath](2010/09/17 23:01)
[38] 幕間 ss1[Fath](2011/03/14 20:33)
[39] 幕間 ss2[Fath](2011/03/14 20:33)
[40] StS 第一話[Fath](2011/03/14 20:31)
[41] StS 第二話[Fath](2011/04/03 15:58)
[42] StS 第三話[Fath](2011/03/24 15:13)
[43] StS 第四話[Fath](2011/03/28 17:25)
[44] StS 第五話[Fath](2011/04/03 15:54)
[45] StS 第六話[Fath](2011/04/17 19:18)
[46] StS 第七話[Fath](2016/11/03 03:02)
[47] StS 第八話[Fath](2016/11/18 15:45)
[48] StS 第9話[Fath](2016/12/25 07:03)
[49] STS 第10話[Fath](2017/01/01 22:10)
[50] STS 11話[Fath](2017/01/11 20:14)
[51] 最終話[Fath](2017/03/19 22:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16056] 第三話
Name: Fath◆282e9af7 ID:ab7b77f0 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/02/25 23:38


入院中、暇で仕方ない。
放課後はまだしも日中は本当にすることがない。
読書で暇を潰すのも限界があると感じる今日この頃。


後藤 龍野、入院中。
ハラオウンさんへの対応に困ってます。




余生におけるある世界との付き合い方 第三話




今日もフェイトは龍野の病室に来ていた。
訪問率の高さに驚く。
前世の記憶ではこの時期既にある程度は働いているはずである。
それなのに、一日置きに病院に来るなど余程無理をしているのではないだろうか。
少し心配になる。
―普通に無理するのは要らない共通点だな。
はぁと心の中で溜息を吐く。これはフェイトが人の態度に敏感なので表に出さないようにしているのだ。
目の前にいるのが普通に無理する第一号であるなのはであったら、そのまま口に出している。

龍野自身としてはとても助かっていると言える。
フェイトが来るたびに反応するアラートは五月蝿いくらいだが、日常品を取ってきてくれるのは助かる。
17日も寝ていればその間の着替えなどが必要になる。
これをフェイトは責任を感じて全部してくれたらしい。
背後に幼馴染のなのはの影が見えるのは予想通りだ。
家の場所やら、鍵の場所やら知っている幼馴染ほど困るものはない。
そう実感しているが助かっているので文句も言えない日々である。

「左手、感触はあるんだよね?」
「あ、うん。動かせないだけ」
「そっか」

そっと取られて優しく触れられる。
柔らかな温もりが心地よいが少し恥ずかしい。
マッサージをするように掌を揉まれ全体の感触を確かめられる。
ひっくり返し、戻し…という動作を何回か繰り返しフェイトは龍野が思いも寄らなかったことを尋ねる。

「ね、これ何指?」

揉むような動きから引っ張るものへと変わる。
少し力が込められていて刺激が良く伝わる。
強いのに優しさが感じられる加減がフェイトの性格を良く表していた。

「は?」

―何を言うのか。
唐突な言葉に首を傾げる。
突拍子もないことをその純粋さから言う子ではあったけれど、龍野にはその瞬間が読めなくて止まってしまう。

「いいから」

さらさらの金糸から覗く真剣な表情。
意味が分からない問いでもフェイトには随分大切なことらしい。
それだけで龍野に無碍にするという選択肢はなくなってしまう。

「あー、薬指?」

つんつんと指を引っ張る感覚に集中しようと目を閉じる。
ハッキリ言って目を開けたまま聞いたところで完璧に見えているのだ。
フェイトがしようとしていることが感覚の確認だったら視覚で答えても意味がない。

「あ、本当にわかるんだ」
「うん」

フェイトが微笑む。
こんな事で嘘をついてどうする。
何より医師との対話の際に一緒にいたはずなのに何故疑う。
そう思うがフェイトの嬉しそうな顔を見ると野暮なことのような気がした。

「嘘ついてると思った」
「……何で?」

フェイトは自分で疑ってましたと素直に露呈させたことにきっと気づいていない。
見たままの純粋培養さにちょっと呆れる。
こんな風で執務官なんて全うできているのだろうか。
少し心配になるが関われるわけではないので突っ込まない。

「だって起きたときは何も言わなかったし」
「気づかなかったんだって」

これはそのまま嘘だ。
少女との会話を話すわけにはいかないし元からフェイトが気づかなければそのまま通すつもりだった。
むしろ起きたときフェイトが側に居るとも思っていなかった。
油断というか、緩みというか、そのまま医師を呼んでしまったのは失敗だろう。

「でも、あの場にいなかったら教えてくれなかったでしょ?」
「わざわざ教えには行く必要ないでしょ」

問題ないんだし、と心の中で付け加える。
そしてそれをフェイトは知らない。
知らないからこそ此処まで拘るのだろう。

―本当に、何やってんだろ。
あの事故はマイナスにしか働かない。
この時期に問題なんて何もないのは知っていたのだ。
いっそ徹底的に関わらないようにしていれば良かった。
そうすればフェイトがここまで責任を負う事はなかったし、傷つけなかった。

「だめだよ、事故のせいなんだから。わたしは知らないといけないと思う」
「本人が良いって言ってるんだけど」
「だめ」

最早何回目になるかわからないやり取りだ。
フェイトはこの話題だけは譲らない。
起きてから何日か経ち、世間話をすることも多々ある。
話してみて思ったのはやはり優しすぎる性格だ。
自己主張はとても薄くて、天然なせいでからかわれているのも気づかないことが多い。
つまりほとんどが前世感じた雰囲気のままだった。
真剣な表情と共に握られていた手に力が込められて少し痛い。

「あー、うん。とりあえず、もうその話はいい」

諦めてこの話を切る。
経験上きっぱりと言わなければ終わりはしない。
フェイトは自分のせいだと言って譲らないし、龍野はそう思っていないからだ。
冷たい口調に聞こえたのだろうフェイトの視線が伺うものに変わる。

「たつの」

響いた声は少し不安そうで、いつもの凛々しさが消えて幼くなっている。
嫌われることを、否定されることを極度に恐れる声。
龍野を真っ直ぐに見つめる紅い瞳は揺れていて“来るな”なんて言ったらそのまま泣き出しそうである。

「ハラオウンさん、来るのやめないでしょ?」
「うん」

恐る恐る、それでもしっかりと頷く。
はぁと溜息を吐けばぴくりと肩を跳ねさせる。
―あー、もう。
その顔を、態度を見て突き放せるほど龍野は冷たくなれない。
危うきに近づかず、なんて言っておきながらクラスメイトのなのはを引き離せないのと同じである。
結局女の子には非情に徹しきれない甘さが達信にも、龍野にもあった。

「なら、ちょっと手伝って」

リハビリのためある程度歩き回ることが龍野には要求されている。
寝たきりで一番弱るのは足腰である。
そして何にしても要となるのは足腰である。
その身体の要を弱いまま過ごすのは元自衛官として許せない。

「うん!」

―相変わらず変なことで喜ぶなぁ。
喜色満面、楽しそうなフェイトの笑顔を見ながらぼんやりと思う。
歩行器を部屋の隅から取ってきて貰いベッドから降りる。
こんなものなくても歩けるのだが最初から無理をすると回復に良くないらしい。
医師にそう言われてしまえば龍野に逆らう気などなく、素直に歩行器から始めている。
早く退院して走り込む生活に戻りたい、なんて決して漏らしはしない。


****


病室を出て数メートル。今日のコースは病棟一周だ。
いい加減病院を歩いただけで筋肉痛になる身体には別れを告げたい。
筋肉の動かし方を思い出すように関節を意識して歩く。
フェイトは歩行器の隣をゆっくりと付いてきていた。

「あ。たつの、そこ危ない」
「と、っとと……前より反射神経鈍ってる」

言われたのに反応が出来ない。
思ったより足が高く上がっていないようだった。
僅かな段差に足先が突っかかってしまいフェイトに支えられる。
歩行器を使っているとはいえ、如何せん握っている手が片方だ。
どうしても全体重を支えることは出来ない。
なので歩きたい時は誰かと一緒に行く事が定着していた。
左腕のリハビリはしていない。あの後の検査で絶望的だといわれた為だ。
元より判っていたことだからショックも受けずに全身の筋肉を取り戻す方向性に変えた。
今思えばその結果を伝えたときからフェイトは更に過保護になった気がする。

「そういえばたつのって体育得意だよね」

少し崩れた体勢を立て直していると、ニコリとフェイトが笑った。
動く右手で歩行器を所定の位置に戻す。
ぐっと力を入れてまだ行けることを確かめる。
初日、限界が分からなくて車いすで病室に戻ったことは記憶に新しい。

「んー、ハラオウンさんに言われてもなぁ」

フェイトの運動神経はずば抜けている。
前世の記憶が鎌を振り回したり、高速移動したりする姿をリプレイさせる。
魔法が使えるには運動神経も必要なのかと思うほど記憶の中では誰も彼も凄まじい。
しかしただのクラスメイトとして過ごす龍野の感想としては、少し違う。
なのははどっちかと言えば苦手な方だし、すずかなどの方が運動神経はよく思える。
―身体を鍛えるのは生活の一部。
達信としての記憶が脳裏で高笑いする。
龍野が体育を得意な理由はただ単に鍛えているからだ。
朝のジョギングが好きだし、筋トレも好き。
中学生の成長中の体にやり過ぎは良くないので量は減らしているが反復はしている。
咄嗟の動きは結局体に馴染ませておかなければ出ない。

「むぅ」
「ハラオウンさん?」

どうでも良いことをつらつらと考える。
歩行器というのは結局歩く練習であるからして思考は空いている。
足をあげるという意識をしながら再び歩き始めると隣でフェイトが膨れた。

「たつの」
「うん?」

じっとこちらを見る瞳を見つめ返す。
ただ綺麗な紅い瞳は龍野を見ている。

「わたしはたつののこと、たつのって呼んでる」
「うん、そうだね」

何を今更と思う。
フェイトにとって“龍野”というのは発音がしにくい名前の様だ。
そのせいで彼女が龍野と言うとどうしても舌足らずなイメージが付く。
それはそれで可愛いので、直させる気はない。

「たつの」

素直に頷いた龍野をフェイトが弱く睨む。
うーと小さく呻りそうな様子は怖さなど無く、只管愛らしさを擽る。
―何が気に入らないんだろう。
流石にフェイトが龍野の態度の何かが気に入らないことは分かった。
分かったが肝心の“何か”が分からない。

「名前」
「名前?」

鸚鵡返しのようにフェイトの言葉を繰り返す。
何が言いたいのかさっぱり分からない。
意思の疎通が出来ないほど天然な子ではないはずだし、この場合自分に原因がある気がして龍野は首を傾げる。
フェイトは龍野の鈍い反応に諦めたように修飾語を足した。

「わたしの名前は?」
「フェイト・T・ハラオウン」

フェイト・テスタロッサ・ハラオウン
きちんと口に出してみると中々噛みそうな名前だ。
龍野になってから海外の名前にも大分慣れたが前世から日本人の自分にはどうして壁がある。

「だから、名前だけ」

―名前だけ?
何で全部言うかなとフェイトの顔には書いてあった。
表情が読みやすいのは、無表情だった反動なのだろうかと少し考える。現実逃避だ。
本来フェイトという少女は感情が顔に出やすい性質のようなので、戦闘の方が別なのだろう。
達信も任務の時は表情を変えないように、というか冷静に努めていたし、冷静でいようとすれば表情は消える。
ニヤニヤしながら戦闘をしていたらそれはそれで怖いなと思い身近に笑いながら必殺技を放つ存在がいることに思い至る。
やはり、この世界は危険だ。
ひやりと肝が冷える感覚がした。

「フェイト?」
「うん!」

ぱぁっと表情が劇的に変化する。
―ああ、なるほど。
思わず動かない左手も使って”ぽん”と古典的納得の仕方をしたくなるが止める。
念動を使えば何も問題はないが、この場面に問題がある。

「名前で呼んで欲しかった?」

自然に苦笑が漏れる。
誰も彼もあのグループは名前呼びが好きだ。
小学校でなのはにも似たような要求をされたのを覚えている。
龍野にしてみれば、名前なんてそこまで拘るようなものでもない。
拘るとしたらそれがアラートの増幅に繋がるときくらいだ。

何故か仲良くなるイベントを越すたびに警報は強くなる。
仲良くなる=巻き込まれるという図式がこの世界のデフォルトのようだった。
つまりここで龍野がフェイトのことを“フェイト”と呼べば危険はまた一歩龍野に近づくのだ。

「だってなのはやアリサは呼び捨てだし」
「腐れ縁みたいなもんだから、あそことは」

フェイトたちが来てから、龍野に構う回数自体が減った。
それは龍野が知らないことを考えると仕方ないものである。
龍野自身は寂しさを感じることもなく、アラートの鳴らない時間を過ごしていた。

「付き合いの長さは、そんな変わらない、よ?」
「あー……うん、フェイトって呼ぶ」

三年は確実に違う。
龍野の頭にフェイトを論破できそうな思考が多々舞うが握りつぶす。
論破した所で名前を呼ぶ運命からは逃れられないだろう。
下手になのは経由で突っつかれるよりもここで諦めた方がストレスが少なそうだ。

「ありがとう、たつの」
「いいよ、別に」

こんな笑顔を見せられたら文句が言えない。
龍野の好きな笑顔で笑うフェイトに素っ気無く言い返す。
素敵な表情過ぎて直視が出来なかったのは龍野だけの秘密だ。

予想通りチリチリと肌を焼く感覚がまた強まったが知らぬ振りをした。
いつか無視し続けたツケが回ってきそうだが仕方ない。
そういう宿命(さだめ)なのだろうと諦める。
―願わくば、もうあの少女と会わぬことを。
なんて二回も会っている時点で充分だと歩きながら思った。


第三話 end





感想、感謝する。
思ったより同士が多いようで驚いている。
とりあえず進めてみた。
一期、二期を書けない理由としては“絶対死ぬから”と言える。
死なない今を書ききってからでないと無駄に主人公を死なせることになりそうだった。
幕間としてちょこちょこ過去話としてくらいなら書けるかもしれん。
期待しないで待っていて欲しい。
では。




前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.024409055709839