SS投稿掲示板




No.16056の一覧
[0] 余生におけるある世界との付き合い方(百合、転生・TS)[Fath](2011/03/14 20:35)
[1] 第一話[Fath](2010/04/29 11:36)
[2] 第二話[Fath](2010/04/11 13:10)
[3] 第三話[Fath](2010/02/25 23:38)
[4] ~何でもないある日の話~[Fath](2010/04/11 13:12)
[5] 第四話[Fath](2010/05/30 07:14)
[6] 第五話[Fath](2010/04/11 13:13)
[7] 第六話[Fath](2010/02/25 23:39)
[8] 第七話[Fath](2010/03/14 13:10)
[9] ~前世と現世~[Fath](2010/05/05 13:00)
[10] 第八話[Fath](2010/03/14 13:14)
[11] 第九話[Fath](2010/03/14 13:15)
[12] ~真夏の大決戦!…なの?~ 前編[Fath](2010/02/25 23:41)
[13] ~真夏の大決戦!…なの?~ 後編[Fath](2010/03/14 13:17)
[14] 第十話[Fath](2010/05/30 07:18)
[15] 第十一話[Fath](2010/05/05 13:01)
[16] 第十二話[Fath](2010/05/30 07:21)
[17] 第十三話[Fath](2010/03/04 15:16)
[18] 第十四話 ~風邪引き龍野ちゃん、なの?~[Fath](2010/03/14 13:18)
[19] 第十五話 ~父親との邂逅、です~[Fath](2010/03/08 15:33)
[20] 第十六話[Fath](2010/05/30 07:26)
[21] 第16.5話[Fath](2010/04/11 13:24)
[22] 第十七話[Fath](2010/03/14 13:20)
[23] 第十八話[Fath](2010/03/14 13:06)
[24] 番外編 ~ある一つの未来~[Fath](2010/04/11 13:32)
[25] 第十九話[Fath](2010/03/31 01:43)
[26] 第二十話[Fath](2010/04/11 13:08)
[27] 第二十一話[Fath](2010/04/29 11:37)
[28] 第二十二話 ~滑りすぎ注意、なの?~[Fath](2010/05/05 13:10)
[29] 第二十三話[Fath](2010/05/05 16:47)
[30] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編[Fath](2010/05/16 11:41)
[31] 第二十五話 ~テストは嵐、なの……~後編[Fath](2010/05/30 07:40)
[32] 第二十六話[Fath](2010/05/30 07:42)
[33] 第二十七話[Fath](2010/05/30 07:11)
[34] 第二十八話[Fath](2010/06/06 23:54)
[35] 第二十九話[Fath](2010/07/28 22:09)
[36] 第三十話[Fath](2010/08/11 21:15)
[37] 第三十一話[Fath](2010/09/17 23:01)
[38] 幕間 ss1[Fath](2011/03/14 20:33)
[39] 幕間 ss2[Fath](2011/03/14 20:33)
[40] StS 第一話[Fath](2011/03/14 20:31)
[41] StS 第二話[Fath](2011/04/03 15:58)
[42] StS 第三話[Fath](2011/03/24 15:13)
[43] StS 第四話[Fath](2011/03/28 17:25)
[44] StS 第五話[Fath](2011/04/03 15:54)
[45] StS 第六話[Fath](2011/04/17 19:18)
[46] StS 第七話[Fath](2016/11/03 03:02)
[47] StS 第八話[Fath](2016/11/18 15:45)
[48] StS 第9話[Fath](2016/12/25 07:03)
[49] STS 第10話[Fath](2017/01/01 22:10)
[50] STS 11話[Fath](2017/01/11 20:14)
[51] 最終話[Fath](2017/03/19 22:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16056] 第十七話
Name: Fath◆282e9af7 ID:c5a88549 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/03/14 13:20


侮っていたわけではない。
甘く見ていたわけでもないし、年下に見ていたわけでもない。
それを招いたものが何かと言えば龍野には予想以上の有能さだといえるだろう。

後藤 龍野、精神年齢XX歳。
中学生に出し抜かれたようです。





余生におけるある世界との付き合い方 第十七話





「なぁ、龍野ちゃん」
「……なに」

はやての声に龍野は一歩退いた。
腹筋に力を込め背筋を伸ばす。
真っ直ぐに前を見ればはやてが苦笑しながらこちらを見ていた。

「なしてそない構えるん?」

小首を傾げるはやてに龍野は内心舌打ちをした気分だった。
こちらを見る顔は可愛らしい。まさに女の子といったものだ。
だがその裏で張り巡らされている思考の網が存在するのを龍野は知っていた。
―狸。
世の中には狡賢い女性の事を女狐と呼ぶことがある。
だが知っているだろうか、化ける事にかけては狸は狐より上手いとされる。
そしてはやては権謀術数の世界に飛び込んでいる身だ。
化かし合いというのに慣れるまではないが、したことはあるだろう。

「はやてが仕切りなおすと心臓に悪い」
「あんなぁ」

なのはともフェイトとも作れない空気が作られる。
龍野は少し大げさに自分の胸を親指で指して見せた。
じとりと半眼ではやてが龍野を見つめる。
もう一歩、と龍野は考えた。
はやてがこういう雰囲気を作る時は身に迫る話だ。
病室のときの経験がたつのにそれを知らせる。
だから何を話されるわからない今の時点で、なるべく有利な場に立つ必要があった。

「今だってなのはとフェイトがいないからでしょ?」

龍野の踏み込んだ言葉にはやては一瞬目を丸くする。
まさかそう言われるとは思っていなかった表情だ。
龍野が考えた通りのリアクションに効果があったかと考えるもそう上手く行くものでもない。
すぐにはやてはにっこりとした笑顔を浮かべ、肯定した。

「そやな」
「やっぱり、心臓に悪い」

はぁと息を吐く。
思った通りに事を運んでくれないのがこの級友の悪い所である。
だが龍野はそれを悪く思ってはいない――むしろ気に入っていた。
事故にあってから自分に甘い周囲の人物ばかりで、差しで対等に話し合えることはほとんどない。
なのはが幼馴染ならばはやては悪友という言葉が近いだろうか。
似通った部分がある二人-龍野とはやて-は時々何をしたいかが何となく分かってしまうのだった。

「龍野ちゃんが悪いんやで」

完全なる責任転嫁に龍野は首を傾げて見せた。
何を言われるか知らないが、知らないことに責任を取るつもりはない。
いや、知らないわけではない。推測は出来る。
恐らくはやての口から話されるのは左腕のことだろう。
魔法のことならなのはやフェイトがいても差し支えない。
しかしはやては態々その二人がいないときを見計らって話を持ちかけてきた。
従って二人は知らない、または気付いておらず、だが二人には関係する話であることが予想される。
そんなもの龍野の周りには動かない事になっている左腕しかなかった。

「ずっと、何か隠しとるから」
「……はやてに言われたくない」

言葉を口に出してから後悔する。これは悪手に違いない。
隠している事を認めたうえに、はやてが何かを隠している事を露呈させてしまった。
―難しい。
普通の中学生相手だったらここまで気を回さなくてよい。
龍野自身、そこまで頭を使う会話が得意ではない。
ただ転生した事により周囲を観察し、注意し、言葉に気を回すようになっただけなのだから。

「龍野ちゃんは気付いてるんやから言えたもんやないで」

龍野の予想通り、はやては満足そうに笑った。
彼女にしてみれば尻尾を掴んだようなものだ。
あとはずるずると引きずり出せば良い。

「苦労する生き方」

龍野はせめてもの抵抗を口にする。
できる事はどれだけ自分に有利に持っていけるか。
知らぬ振りを通せるなど、この優秀な友人を相手に思ってもいなかった。

「自分の道や仕方ない」

はやてが苦い顔をする。
彼女自身そういう生き方をしたいわけではなかったのだろう。
少なくともA’sまでの様子を見た達信にはそう思える。
龍野として関わったのは事件終了後であったし、その頃には今のはやてが形成され始めていた。
だがその生き方は彼女の強さを表すものに他ならない。

「なぁ、龍野ちゃん。お互い、腹割って話そうや?」

――だから龍野はその言葉に頷くしかない。
はやての選んだ道は尊敬に値する。少なくとも龍野には選べない。
自分の部隊を持とうなど根本の考えが一個人でしかなかった達信とは違うのだ。
例えそれが身内部隊であろうと、身内部隊を作れるだけの力が彼女にはあった。
部隊というのは人員が必要だ。そしてそれを身内だけで構成するとなるとまた中々難しい。
その上きちんとした実働部隊にするには能力を持っていなくてはならず、彼女の身内はそれがあった。
―強い力には強い力が集まる。
それの見本のようなはやてとはやての周囲である。

「率直に言わせて貰うな?」
「ああ」

まずははやてのターンである。
龍野としても何も話さず帰れるとは思っていない。
逆にはやてであれば、ある程度の秘匿も見込める。
なのはやフェイト相手より密談をするには持ってこいの相手なのだ。

「龍野ちゃん、左手動いとるよね」
「どうしてそう思う?」

予想通り、はやての口から出たのは麻痺している左手のことであった。
半ば確定的な口調に龍野は疑問を呈する。
するとはやてはテレビの中で探偵がトリックについて解説するように話し始めた。

「この間、台所使わせてもらったやん」

この間とは三人が一度に泊まりに来た時である。
龍野は基本的に台所を使わせる事はない。
客人に料理をしてもらうわけにはいかない上、なのはやフェイトだと危なっかしくて見ていられない。
出来ないわけではないのだ。ただ慣れていないのが丸分かりなのである。
まして任務で疲れていると知っている龍野としては、自分の家で料理をするくらいなら休んでいて欲しい。
だから台所を本格的に使ったのははやて以外いない。

「龍野ちゃんの家の台所、私んとこの台所となんも変わらんかったんよ」
「それがどうかした?」
「左手、動かんのなら片手で使える器具が増えるはずやない?」

うんとな、と一つ拍を置いてはやてが答える。
龍野には最初それが繋がらなかった。
左腕は変わらず使えているのだから変化がないのも当然だろう。
思えばそれは基本的に小物などに無頓着な性格が出たのだ。
しかし言われてしまえば龍野にも分かる。家事をするはやてらしい着眼点だった。

「あー……」

うっかりしていたとしか言えない。
龍野は家事をする時、大体一人である。
従って念動も普通に使って日常生活をこなしていた。
台所にそういった専用の器具がないのも仕方のない話なのである。

「それなのに何も変わってへん。これはおかしいやろ」
「見えるところに置いてなかっただけ」

白を切る。
苦しい言い訳なのは分かっていたがしないわけにもいかない。
これがあの少女の言った岐路なのかは判別がつかない。
だが一歩踏み外せば間違いなく状況は悪転する。
リンディとの病室でのやり取りが思い返された。
あの時と同じような背中スレスレに魔法の世界を感じ取る。

「そう言うと思ってな、悪いんやけど見させてもらったよ。リンディさんと」

はやての言葉に龍野は瞳を閉じた。
“見させてもらった”――この言葉が示すのは覚悟である。
腹を割って話そうと言った通り、彼女は中々に捨て身だ。
はやてが隠していた事を教える代わりに、龍野の隠していた事を暴く気である。
いや、龍野が魔法に巻き込まれるのは最早決定していたに近い。
魔法の秘匿などできる時間は限られていただろう。
そう考えるとはやてはその時計を少し早めただけなのかもしれない。

「私らには特別な力がある。そう、“魔法”言われるものや」

―タイムリミットか。
鼻から小さく息を吸って口からゆっくりと吐き出す。
冷静さを保ちながらゆっくりと瞼を挙げ、はやてを見る。
龍野はいつも側にあった魔法から逃げ続けていた。
しかし優秀な同級生によって退路は全て断たれ袋小路に追い込まれている。
何よりはやて自身が確信を持って龍野に言葉を告げている時点で手段はない。
踏ん切りのつかない龍野の心情など無視をして彼女は新しい世界に連れて行こうとしている。
それがはやての為なのか、龍野のためなのか、はたまた彼女の仲間のためなのかはきっと彼女にしか分からない。

「魔法?」
「そや、こういうのはリンディさんのほうが得意やから協力してもらったんや」

リンディと聞きたくなかった名前が出て諦観が頂点に達す。
はやてだけならまだしもリンディにも左手が動く事は知られていたわけである。
龍野は大人しくはやての魔法講釈に耳を傾けた。


****


一通りはやての話を聞く。
為された説明は予想通りだった。
何度か質疑応答を交わし、今の状況を整理する。
アニメを見ただけでは分からない情報の穴を埋める作業であった。
フェイトの仕事も、なのはの所属する隊も今のところズレはない。
あるとしたら仕事の量が減ったという一点だろう。

「やっぱり、使わせるんじゃなかった」

聞き終えて出た感想はそれに尽きる。
台所から今まで只管に逃げていた魔法世界への道が開けるなど思わない。
油断と言ってしまえばそうだが、気付かない者は気付かないに違いない。
従って龍野の手落ちというよりはやての優秀さがこの状況を作ったと言える。

「今更やなぁ」
「分かっている」

はやてがくすくすと笑う。
その顔はどちらかと言えば儚げな少女と言った方が良い。
病気をしていたときの雰囲気を保ったまま、こういう知略を巡らすからこの級友は面倒くさいのだと龍野は思う。

「それで左腕動くのになんで隠しとったん?」

はやてが粗方話し終え、次は龍野の番である。
ここで知らないと突っぱねることが出来たらどんなに楽だろう。
勿論そんなことはできない。この取引ははやての方に分がある。
最初から主導権は握られているのだ。
ましてや、魔法の事を仕方がないとは言え説明されてしまったら左手の説明くらいしても良い。
少なくとも龍野はそう思えるくらいの気分ではいた。

「動くわけじゃない」
「どういうことや」

軽く頭を振ってはやての言葉を否定する。
はやては意味が分からないという風に顔を顰めた。
龍野だって自分の身体全てを理解しているわけではない。
今の自分にある能力は白い世界で雪の少女から与えられたものである。
そうなった原因は知っているが、どうやっているかは知らないのだ。

この左腕は完璧に麻痺している。
原理は知らないが動かないという事実さえ分かっていればそう動揺する話でもない。
そして動いているように見えたのは念動の力に他ならず、これも原理を説明できるものでない。
龍野の感覚から言うと文字通り、念じれば動くのである。

「正直に話す」

知らないものを話すことは出来ない。
それでも知りたいと言うなら、はやて本人が推察するしかない。
現時点で龍野ができるのは正確な情報提供だけだった。

「私はあの事故で死ぬはずだった」

はやての顔が僅かに険しくなる。
これがフェイトだったら龍野は素直に話せなかったに違いない。
死んだと言う事実は、龍野が生きている今、彼女に背負わせるには重過ぎる。
左腕だけでも金の少女には充分な足枷だと思っている。
龍野の側にいる事で、彼女の仕事は充分制限される。
それはなるべく多くの人を助けたい彼女の夢からすれば邪魔に近い。

龍野は語り始めた。
先ほどはやてが魔法について話したように。
運良く左腕を代償にして生き返ったこと。
そのため左腕が動かない事は起きた時点で知っていた。
だから動揺する事もなかったし、フェイトを責める気持ちも起きなかった。
そういうった事柄を前世に触れないように説明する。

「だから動かない」

大体はやての疑問に答え、龍野は右手で左手を持ってみせた。
肩と平行な高さまで持ち上げぱっと手を離す。
そうすれば重力に引かれるがまま手は弧を描いて垂れた。
はやてはその動きをじっと見つめる。
嘘がないかを見極めているかのように感じられた。

「でも動いてたよなぁ」
「念動という力らしい」

はやてはリンディの魔法で見ていた。
探査の魔法はベルカ式にも存在するが、こういったものはリンディの方が造詣が深い。
何より龍野のことを気にかけていたのは彼女も同じである。
一緒に、という話になるのも不自然な話ではない。

その画面の中で龍野は確かに左腕を使っていた。
普通というには少々ぎこちない動きのような気もしたが料理には問題のないレベルである。
楽しそうにかは分からないが嫌な様子はなく、淡々と調理を進める姿は一人暮らしそのもののようであった。

「念動?」
「思えば左手が動く。でも疲れるから長時間は使えない」

念動はある程度の意識を回さなければ使えない。
無意識の動き、例えば反射のような動きはからきし無理だった。
思いさえすればある程度は細かい動きにも対応してくれる。
更に使用範囲も左腕に限らない。
身体を起こそうと思えば腹筋を使わなくてもワイヤーで吊られている様な動きで起こせる。
物質も身近なものであったらある程度動かせたが、物を浮かすなどは無理だった。

「普通に使えるのと何が違うん?」

はやての言葉に少し考える。
何が違うと聞かれれば全て違うのだが結果が同じ時点でそこまで重要な話でもない。
体の構造を無視した動きも取れるし、疲れるのも体力というより気力の面である。
端的に必要な情報だけを切り取って文にする。
それから龍野ははやてに言葉を伝えた。

「筋肉を使って動かしてる感覚ではない。直接的でなく、間接的な感覚」
「……なるほどなぁ」

はやてが考えを纏めるために数秒黙り込む。
それからふむと納得とも溜息とも取れない声を漏らし龍野を見た。

「やけど一回調べさせてもらうで。もしかしたら治るかもしれんしな」
「構わない。けど」

もっともな要求である。
言葉だけで信じてくれるとは龍野も思っていない。
いっそ一回ミッドチルダの技術で調べてもらえば、龍野自身知らない事が分かるかもしれない。
そう考え、龍野はすぐに了承の言葉を返した。
だたそれには条件が伴う。
龍野が条件を伝えようとする前にはやてがにやりと笑う。

「フェイトちゃんたちには内緒、やろ?」

うん、と頷き返し龍野は苦笑する。何処までも見通した友人だ。
龍野がミッドに行く事が知れれば理由も耳に入るだろう。
今はやてに伝えた情報は根本的に知られたくない。
そして彼女もその条件は変わらないはずだった。
龍野の見立てでは、はやてもフェイトに余計な負担はかけたくないだろう。
色々知略を巡らす友人ではあるが優しい性格がそれをさせているのは何となく分かっていた。
だからはやてから龍野の事が漏れる確率はとても低い。

「とりあえずはええよ、でも結果によっちゃどうなるかわかるよな」
「その時はその時で考える」

また、もう一つ龍野には理由があった。
なのは達の日常をより長く保たせる事である。
今なのはもフェイトも龍野の前では年相応の姿を見せてくれる。
特にフェイトは仕事を減らしてまで、魔法の事がばれないようにしつつ一緒に過ごしてくれている。
――ここで龍野が魔法を知ってしまったらどうなるだろう。
なのはもフェイトも少なくとも普通の少女という肩書きだけではいられなくなってしまう。
幼馴染や友人といったものと同じように魔導師という肩書きがついてしまう。
龍野が知る事が重要なのではないのだ。
彼女達が龍野が知っている事を知ってしまう事が問題なのだ。

―まだ、早い。
龍野の前に魔法が姿を現すのは中学卒業のときで良い。
卒業後、なのはもフェイトもはやてもミッドチルダに移住してしまう-少なくとも龍野の中に彼女達が移住しないという選択肢はない-。
その時まで、せめて自分の前でくらいただの友人でいて欲しい。
そんな風に龍野は思っていた。


第十七話 end










はやて大活躍の回。
最初に気付くのはきっと彼女だと思った。
じわじわとstsに近づけているようでホッとしている。
俺の予定ではもっと展開が速かったのだが、上手く行かないものだ。

感想・誤字報告・指摘、感謝する。
龍野の考え方やらはなのは達に徐々に感化されるだろう。
現時点でもある程度引っ張られた形になっている。
なのフェイを愛でつつ、全体的に少しでも幸せになってくれとキーボードを打つ。
表現が及ばない所もあるが努力しよう。
では、この展開への返答を期待する。



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.026770830154419