SS投稿掲示板




No.16056の一覧
[0] 余生におけるある世界との付き合い方(百合、転生・TS)[Fath](2011/03/14 20:35)
[1] 第一話[Fath](2010/04/29 11:36)
[2] 第二話[Fath](2010/04/11 13:10)
[3] 第三話[Fath](2010/02/25 23:38)
[4] ~何でもないある日の話~[Fath](2010/04/11 13:12)
[5] 第四話[Fath](2010/05/30 07:14)
[6] 第五話[Fath](2010/04/11 13:13)
[7] 第六話[Fath](2010/02/25 23:39)
[8] 第七話[Fath](2010/03/14 13:10)
[9] ~前世と現世~[Fath](2010/05/05 13:00)
[10] 第八話[Fath](2010/03/14 13:14)
[11] 第九話[Fath](2010/03/14 13:15)
[12] ~真夏の大決戦!…なの?~ 前編[Fath](2010/02/25 23:41)
[13] ~真夏の大決戦!…なの?~ 後編[Fath](2010/03/14 13:17)
[14] 第十話[Fath](2010/05/30 07:18)
[15] 第十一話[Fath](2010/05/05 13:01)
[16] 第十二話[Fath](2010/05/30 07:21)
[17] 第十三話[Fath](2010/03/04 15:16)
[18] 第十四話 ~風邪引き龍野ちゃん、なの?~[Fath](2010/03/14 13:18)
[19] 第十五話 ~父親との邂逅、です~[Fath](2010/03/08 15:33)
[20] 第十六話[Fath](2010/05/30 07:26)
[21] 第16.5話[Fath](2010/04/11 13:24)
[22] 第十七話[Fath](2010/03/14 13:20)
[23] 第十八話[Fath](2010/03/14 13:06)
[24] 番外編 ~ある一つの未来~[Fath](2010/04/11 13:32)
[25] 第十九話[Fath](2010/03/31 01:43)
[26] 第二十話[Fath](2010/04/11 13:08)
[27] 第二十一話[Fath](2010/04/29 11:37)
[28] 第二十二話 ~滑りすぎ注意、なの?~[Fath](2010/05/05 13:10)
[29] 第二十三話[Fath](2010/05/05 16:47)
[30] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編[Fath](2010/05/16 11:41)
[31] 第二十五話 ~テストは嵐、なの……~後編[Fath](2010/05/30 07:40)
[32] 第二十六話[Fath](2010/05/30 07:42)
[33] 第二十七話[Fath](2010/05/30 07:11)
[34] 第二十八話[Fath](2010/06/06 23:54)
[35] 第二十九話[Fath](2010/07/28 22:09)
[36] 第三十話[Fath](2010/08/11 21:15)
[37] 第三十一話[Fath](2010/09/17 23:01)
[38] 幕間 ss1[Fath](2011/03/14 20:33)
[39] 幕間 ss2[Fath](2011/03/14 20:33)
[40] StS 第一話[Fath](2011/03/14 20:31)
[41] StS 第二話[Fath](2011/04/03 15:58)
[42] StS 第三話[Fath](2011/03/24 15:13)
[43] StS 第四話[Fath](2011/03/28 17:25)
[44] StS 第五話[Fath](2011/04/03 15:54)
[45] StS 第六話[Fath](2011/04/17 19:18)
[46] StS 第七話[Fath](2016/11/03 03:02)
[47] StS 第八話[Fath](2016/11/18 15:45)
[48] StS 第9話[Fath](2016/12/25 07:03)
[49] STS 第10話[Fath](2017/01/01 22:10)
[50] STS 11話[Fath](2017/01/11 20:14)
[51] 最終話[Fath](2017/03/19 22:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16056] 第二話
Name: Fath◆282e9af7 ID:ab7b77f0 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/04/11 13:10


この世界は危険が溢れている。
それを実感したのは小学校三年生の頃だった。
町に危険物がばら撒かれ、同級生がそれを回収。
色々と有った様だが関わることはなかった。
危険、それは近づかなければ良いだけなのだから。
それなのに。


後藤 龍野、13歳
再びあの白い世界に居ます。




余生におけるある世界との付き合い方 第二話




「お前は馬鹿か?」
「分かってる……」

久しぶりに見た少女に頭を垂らす。
今の自分の姿は学校の制服に身を包んだ中学生である。
少女が浮かべる表情は呆れでしかない。
その理由も龍野には充分分かっていた。

「死なないための能力だったんだろう?」

少女の問いかけに素直に頷く。死ぬつもりは到底なかった。
元いた世界よりも何倍も危ないこの世界で安全に生きてこられたのは少女がくれた能力のおかげだった。
だが結果は振り出しに戻っているわけで、言い訳できる事が少しもない。

「助けた相手が自分でどうにかできるとも判っていたんだろう?」
「やっぱり、そうなんだ」

衝動的に助けた同級生は他の人間とは違っている。
小学校三年生から龍野が身近に感じてきた力だから間違いない。
他ならぬ目の前の少女から付与された力は同級生の危険性を嫌なくらい教えてくれる。
そして僅かなりとも未来を知っている身としてはこんな事故は記憶に無かった。
つまり些事に過ぎないのだ、今回の事故は。

「お前が助けたのは魔導師だ。あれ位造作もない」

ならば自分が死んだのは間違いなく意味の無いことだったのだろう。
彼女の心には傷が増え、勝手に他人の人生を背負わされることになる。
あの同級生は優しい性格だ。薄々感じていたことに龍野は重い気持ちになる。

「本来なら、このまま死ぬのだが」
「だが?」
「お前は運がいい。また死ぬはずのものを助けている」

はぁと溜息は吐き出された。
肩をすくめた様子は相変わらず似会っていない。
可憐な少女らしい姿に傲岸不遜な態度だ。

少女の言葉に僅かに首を傾げる。
死ぬはずのものというのは彼女ではないはずだ。
彼女は龍野が助けなくても無事だったろうから。
しかし龍野が助けたのは一人しかいない。

「覚えがない」
「お前があの少女、フェイトの腕を引っ張ったことで本来だったらそのまま飛び出していた猫が助かった」
「猫?」

突っ込んでくるトラックに龍野は衝動的に前を歩いていた同級生の手を引っ張った。
その同級生が大きな力を持っているのは知っていた。前の世界で見ていた。
動いてしまったのは反射のようなものだ。
―別に引っ張らなくても助かった気がする。
そんな考えに気付いた時には体はトラックの前に飛び出していた。
結果が二度目の少女との逢瀬である。
少女の顔を見る限りかなり珍しいことらしい。

「そうだ、猫だ」

人じゃなくてもいいのかと思う。
だが考えてみれば命には変わらない。
まして命をどうこうさせている少女にしてみれば違いは塵に等しいのだろう。

「またやり直すのか?」

龍野の問いに少女は頭を振った。
白い空間の中に溶け込むような色が軌跡を描く。

「あの措置は一回しか出来ない。傷を腕に集め助ける」
「……腕は」
「勿論代わりに貰っていく。何、動かなくなるだけだ」

命の代わりに腕一本なら安いものだ。
片腕があれば生活は出来る。色々不便はあるがどうにかなるだろう。
そんな事を考えていた龍野の心の内を呼んだかのように少女が口を開く。

「片腕が使えないと不便だろう。能力として念動を使えるようにする、極僅かだがな」

あっさりとした物言いだった。
不便を補うには充分なものを持たせてくれる。
大したことのないように大したことを言う姿に笑いを噛み潰す。
能力の付加はこの少女に会うたびのイベントのようだ。

「本当に、ありがたいんだか、迷惑なのか分からないな」
「世の中そういうものだ」

さらりと流す少女に苦笑する。
そういうもの、なのかもしれない。
どっちにしろ毎回命を助けられている龍野には感謝しか出来ない。

「さて、そろそろ準備が出来た。……驚くなよ?」
「ああ、分かっている」
「今度こそ会わないことを祈るぞ」
「ありがとう」

あっさりとした別れ。
白い空間が段々と薄れていく。
二度目の感覚に龍野は身を委ねた。


****


「……びっくり」

最初の一言はそれだった。
目の前にあるのは金色の髪。
サラサラととても綺麗なそれは風に少し揺れている。
自分のものでは有り得ない色にその根源を探す。
すぐに分かった。というよりもこの金を龍野は知っていた。

「ハラオウンさん」

フェイト・T・ハラオウン。
龍野が助けた-といっても少女的に言えば完璧に無駄だった-同級生だ。
身体に力を入れる。思ったよりすんなりと動いた。いや、動かされた。慣れない感覚に少し驚く。
筋肉が動かしたのではない動き、念動とはこういう事なのだろう。

上半身を起こして改めて状況を確認する。
場所は病室。恐らく海鳴私立病院だろう。
横たわっているのはベッド。
隣にあるイスにはフェイトが座っており、その上体はベッドへとうつ伏せになっている。
左手を伸ばそうとして動かないことを知る。感覚自体はあるが、筋肉により動くことはなさそうだ。
代償に持っていかれたのは左腕だったようだ。
幸いなことに利き手は右なので、先ほどの力と合わせればそこまで支障はなさそうである。

「ま、いいか」

問題は少ない。
左手の役割を念動で済ませればいいだけである。
人がいる時は無理そうだが、居ない時の方が龍野は多かった。

「…ぅ…」
「起きた?」

龍野の声に反応したのか、フェイトから声が漏れる。
金糸が目の前を舞って広がる。
綺麗だなと素直に思った。

「あ」
「うん?」

眠りからの復旧を待っていると目が合った。
澄んだ紅い瞳が見開かれて、それから直ぐに歪められる。
申し訳ないような後悔のような――泣きそうな顔。
そんな表情が見たくて助けたわけじゃない。いや、その考えは適当ではない。
むしろ助けてしまったからこそ彼女は悲しい顔をしている。
彼女に任せていれば、こんな顔をする必要はなかっただろう。

「あ、その、ごめんなさい、本当に」

フェイトというのは綺麗に笑う人物だった。
そこまで親しくしていたわけではないが、同じ教室に机を並べるだけで充分伝わる。
特に高町なのはたちと居ると眩しいくらいで。
龍野はあの笑顔が好きだった。幸せそうに笑う姿が好きだった。
だから今まで極力関わらないようにしていたのに、掴んでしまった。

「謝らなくてもいい」

勝手に助けたのは自分で、その結果がコレ。
しかも助けなくても大丈夫なことも何となくだが分っていた。
龍野がしたのはお節介に他ならなくて、過程も結果も謝られる要素は一つもない。

「で、でも」
「大丈夫。それより私、どの位寝てた?」

更に言葉を重ねようとするのを遮ってフェイトに龍野は尋ねる。
日にちの感覚が無い。だが数時間で済むとは思えなかった。
目の前の制服が夏服になっている。
龍野が最後に着ていたのは冬服であるから一週間は経っているだろう。
臨死体験、実際に死んでいるのだからこの名前は不適当かもしれない、をした位だからある程度長くても驚きはしない。

「え、えっと……今日で、17日目だよ」
「17日」

微妙な数字だと龍野は思った。
いっそのこと夏休みにでも入ってくれれば、ゆっくりと過ごせたのに。
まだ六月中の日付では少なくとも一ヶ月は学校がある。
動かない左手や落ちている筋肉の事を考えると復学は七月半ばくらいだろう。

「あ、あの」

逡巡が感じられる声が龍野に掛けられる。
―さっきからドモリすぎだろ。
前世の記憶は現実との齟齬に苦笑を示している。
ちらりと視線をやれば、困った顔でこちらを見ているフェイトと視線が合う。

「何?」

頭の中で予定を組み立てる。
体のこともそうだが、それ以上にこれからの世界との付き合い方についてだ。
“危うきに近づかず”なんてことは無理に近くなってしまった。
自分から近寄ったのだから自爆も甚だしい。
一回結ぶと切れ難いのが人の縁だと龍野は知っていた。
一つ係わり合いが出来ると芋づる式に伸びていってしまう。

「その、身体は大丈夫?」
「そうだった……先生、呼んでくれる?」
「うん!」

ぱぁっと顔が輝く。元が美少女な分それは眩しいほどだった。
―ナースコールを押すのの何がそんなに嬉しいんだろう。
龍野にはよく分らない。
フェイトが嬉しかったのは初めて仕事を頼まれたということだったのだが、それを知る由はない。

フェイトが呼んでくれた主治医の先生に挨拶をする。
状況を確認するように疑問点を何度かぶつけた。
結果分かった事は余り無い。
植物状態に近かっただとか、助かった方が奇跡だとか色々言われもしたが喜びは余り湧いてこなかった。
龍野よりも側で聞いていたフェイトの方が赤青と目まぐるしく顔色を変えていて、傍目面白かった。

トラックに轢かれたことも、それで死んだことも既に知っている。
自分から身代わりになったわけだから何で轢かれたか等聞く必要もなかった。
リハビリの方も予想通りになりそうで、ただ左腕が動かないことを話したら頷かれた。

「動かないのは左手だけ?」
「はい、そうです」

苦い顔で医師が尋ねる。
一応確認してみたが他の場所は普通どおりに動いた。
何よりあの少女は腕を貰っていくといっていた。
その言葉に嘘はないだろう。

「感覚はあると」
「はい」

ピクリともしない手を取られる。
そう、取られる。触覚は確かにあるのだ。
それだけでも龍野にしては僥倖なことだった。
動かなくとも感覚の有無では雲泥の差がある。

隣では成り行きでいることになったフェイトが呆然としている。
クラスメイトが自分を助けたせいで左腕麻痺なんてことになったのだ。ショックは大きいだろう。
特に彼女の心理的性質は過保護なまでに優しいのだから。

「検査してみないことには詳しいことは言えない。だが」
「事故の状況から見るに後遺症が残っても仕方ない、ですか?」
「その通りだ。勿論治る様に最善は尽くすが覚悟もしていて欲しい」
「わかりました」

こくりと小さく頷く。
覚悟は既に出来ている。
というより左腕が動かないことはもう決定事項だ。
左腕を代償に生き返りましたなんて言ったら目の前の医者はどんな反応を返すのだろう。
そんな好奇心が顔を出すが面倒くさいので口にはしない。

主治医らしい先生が病室を去ると再び二人になる。
気まずい空気が流れる。起きた時点で帰ってもらえばよかったと今更ながら気付く。
罪悪感で病室を訪れていたのだ。起きた時点で役目は果たしているだろう。
フェイトの顔は暗い。擬音で“ずーん”と言えてしまうくらい重くて黒い雲を背中に背負っていた。
―さて、どうしたらいい。
気にしなくていい、ということは簡単だ。
龍野の心情をこれ以上ない程表しているし自業自得だ。
だが彼女がそれで納得するかといわれれば、きっと否だろう。
起きたときの反応から考えて間違いない。

「大丈夫。片腕でも生活は出来る」

とりあえずそう言ってみる。
片腕がない人や半身麻痺の人は珍しいわけではない。
十全に体が動いていたときよりは不便だろうが過ごせないわけではないのだ。
何より片手以上に便利な力が手に入ったのだから、生活に滞りはないだろう。

「それじゃ、わたしが納得できないよ」

ムッとした顔で言われる。
―暗い顔よりはそっちの方がよっぽどマシだ。
綺麗な紅い瞳が強い輝きで自分を刺す。
龍野が余りにも淡々としている事に納得いってないのだろう。
それか自分をないがしろにしているようで気に入らない。
どちらかは分からないが、どちらにしろ、何も出来ない。
龍野にとってフェイトに言った事は事実以外の何者でもないのだから。

「事実だから。気にしなくていい」
「ダメ!それは絶対ダメ」

余り聞いた事がない強い口調だ。
それ程彼女の中で龍野の態度は認められないらしい。
こんなに押しの強い人物だっただろうか。
記憶にあるのはあまり自己主張しない姿だけだった。
彼女の周りに居る人たちの自己が強すぎるのもその印象を後押ししている。

「あ、そだ。色々手伝うよ、生活に慣れるまで」

名案を思いついたというようにフェイトが提案する。
龍野のことを考えてくれたのだろうが、左手の問題が念動で解消される時点で不便は少ない。
いつも忙しそうな彼女の手を煩わせる必要はなかった。

「でもハラオウンさん忙しいだろうし」
「大丈夫」
「こっちのセリフ」

はぁと息を吐く。苦笑いが零れた。
本人から直接聞いたわけではないがフェイトが忙しいのを知っている。
なのはだってあれ以来忙しそうだし、それでも構ってくるのは流石“なのは”といった所なのだろうが、そんな人物に問題の無い自分の世話などさせるわけにはいかない。

「気にしなくていいの!」

お世話する気満々のフェイトに、なのはの影を見る。
―この押しの強さは親友に似たのだろか。
今度なのはにでも聞いてみよう、そんな考えが龍野の胸中を回った。



第二話 end





感想ありがとう。
誤字報告感謝する。
さて皆の期待を裏切った感バリバリの第二話で申し訳ない。
感想を見てから、一期、二期を完全に飛ばしている展開を許されるかが分からなかった。
なので急遽二話を仕上げ、投稿してみる。
一期二期はとりあえず書かない方向で、普通にオリジナル展開だ。
つまり、リリなのの日常で百合が見たかった。それだけだ。
では戦々恐々感想を待っている。






前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.022968053817749