SS投稿掲示板




No.16056の一覧
[0] 余生におけるある世界との付き合い方(百合、転生・TS)[Fath](2011/03/14 20:35)
[1] 第一話[Fath](2010/04/29 11:36)
[2] 第二話[Fath](2010/04/11 13:10)
[3] 第三話[Fath](2010/02/25 23:38)
[4] ~何でもないある日の話~[Fath](2010/04/11 13:12)
[5] 第四話[Fath](2010/05/30 07:14)
[6] 第五話[Fath](2010/04/11 13:13)
[7] 第六話[Fath](2010/02/25 23:39)
[8] 第七話[Fath](2010/03/14 13:10)
[9] ~前世と現世~[Fath](2010/05/05 13:00)
[10] 第八話[Fath](2010/03/14 13:14)
[11] 第九話[Fath](2010/03/14 13:15)
[12] ~真夏の大決戦!…なの?~ 前編[Fath](2010/02/25 23:41)
[13] ~真夏の大決戦!…なの?~ 後編[Fath](2010/03/14 13:17)
[14] 第十話[Fath](2010/05/30 07:18)
[15] 第十一話[Fath](2010/05/05 13:01)
[16] 第十二話[Fath](2010/05/30 07:21)
[17] 第十三話[Fath](2010/03/04 15:16)
[18] 第十四話 ~風邪引き龍野ちゃん、なの?~[Fath](2010/03/14 13:18)
[19] 第十五話 ~父親との邂逅、です~[Fath](2010/03/08 15:33)
[20] 第十六話[Fath](2010/05/30 07:26)
[21] 第16.5話[Fath](2010/04/11 13:24)
[22] 第十七話[Fath](2010/03/14 13:20)
[23] 第十八話[Fath](2010/03/14 13:06)
[24] 番外編 ~ある一つの未来~[Fath](2010/04/11 13:32)
[25] 第十九話[Fath](2010/03/31 01:43)
[26] 第二十話[Fath](2010/04/11 13:08)
[27] 第二十一話[Fath](2010/04/29 11:37)
[28] 第二十二話 ~滑りすぎ注意、なの?~[Fath](2010/05/05 13:10)
[29] 第二十三話[Fath](2010/05/05 16:47)
[30] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編[Fath](2010/05/16 11:41)
[31] 第二十五話 ~テストは嵐、なの……~後編[Fath](2010/05/30 07:40)
[32] 第二十六話[Fath](2010/05/30 07:42)
[33] 第二十七話[Fath](2010/05/30 07:11)
[34] 第二十八話[Fath](2010/06/06 23:54)
[35] 第二十九話[Fath](2010/07/28 22:09)
[36] 第三十話[Fath](2010/08/11 21:15)
[37] 第三十一話[Fath](2010/09/17 23:01)
[38] 幕間 ss1[Fath](2011/03/14 20:33)
[39] 幕間 ss2[Fath](2011/03/14 20:33)
[40] StS 第一話[Fath](2011/03/14 20:31)
[41] StS 第二話[Fath](2011/04/03 15:58)
[42] StS 第三話[Fath](2011/03/24 15:13)
[43] StS 第四話[Fath](2011/03/28 17:25)
[44] StS 第五話[Fath](2011/04/03 15:54)
[45] StS 第六話[Fath](2011/04/17 19:18)
[46] StS 第七話[Fath](2016/11/03 03:02)
[47] StS 第八話[Fath](2016/11/18 15:45)
[48] StS 第9話[Fath](2016/12/25 07:03)
[49] STS 第10話[Fath](2017/01/01 22:10)
[50] STS 11話[Fath](2017/01/11 20:14)
[51] 最終話[Fath](2017/03/19 22:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16056] 第十五話 ~父親との邂逅、です~
Name: Fath◆282e9af7 ID:54ec09e9 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/03/08 15:33


優しくて、温かくて、心地よい。
時々撫でてくれる手に知らず頬が緩んでしまう。
彼女はとても大切な人で掛け替えのない人。
そして、わたしが一生をかけて償わなければならない人。


フェイト・T・ハラオウン、尾行中。
なのはと二人あるホテルのロビーに来ています。





余生におけるある世界との関わり方 第十五話 ~父親との邂逅、です~





広い空間を仕切る観葉植物の合間から二人の少女が向こうを覗いている。
幸いな事に昼間と言う時間も相俟って彼女達に注目する人はいなかった。
ぴょんと結っている茶色い髪が植物にぶつかって跳ねる。何秒か振りに顔を挙げ、隣を見た。
もう一人の金と黒の少女は、隣の少女と違いぼんやりと見惚れているようだった。

「うー」

少女――なのはの目に映るのは余所行きの格好をした龍野だった。
いつもは余り着ない装飾性を重視した服にボーイッシュすぎないバックを合わせている。
それはまさにデートをする場合の見本と言えるような姿だった。
結っていない髪は龍野が動くたびに揺れて流れを作る。

「たつの、綺麗だね」

先ほどからこの様子の親友にフェイトは相槌とも独り言とも取れない言葉を零す。
なのはのように食い入るように見ていたわけではない。
それでもフェイトの視線が龍野でほぼ固定されていたのは言うまでもない。
お見合い現場に来てみたのは、親友が行くということに加えフェイト自身も見てみたかったからである。
ホテルに行くという事で目立たないような服装はしているつもりだ。
彼女の趣味からして黒が配色として多くなるのは致し方ない。
なのはも見慣れたものではなく、少し大人びた格好をしていた。

「うー」
「……なのは?」

呻ったままの親友が流石に心配になり、フェイトは声をかける。
幹と幹の間から見ているため二人の間にそんなに距離はない。
何故、こんな位置にいるかと言えば偏に龍野に気付かれないためである。
だがなのはは未だしもフェイトはその髪色だけで充分目立つ要因になりえる。
況してやなのは達二人は龍野の様子を見るために龍野の顔が見える位置に陣取っていた。
それは龍野からも二人が見える位置であるということであり周囲を観察するのが癖のようになっている龍野は当然二人に気付いていた。
―何してんだか。
そんな感想をホテルのイスに座った、いの一番に思ったが二人にそれを知る術はない。

「綺麗だよ、龍野ちゃんは」

なのはは僅かに唇を尖らせて答えた。
それが先ほどのフェイトの呟きに対する返事だと知る。
一瞬、何か分からなくてきょとんとしてしまった。
その一拍遅れた返事がなぜか可笑しくてフェイトは微かに笑った。

なのはは龍野から目を離さない。
聞いた当初は、本当にお見合いに来る気はなかった。
龍野が大丈夫と言ってくれたし、そういう約束を彼女が破った事はない。
だから心配は消えたはずだった。
――自分の気持ちに気付くまでは。
気付いてしまったら、放って置けなくなって。
元々無理を聞かせているスケジュールに更に無理を言わせて貰った。
暫く、頭の上がらない人が増えたが仕方ないとなのはは思っている。
フェイトについて来て貰ったのは一人より二人の方が心強かったからだ。
何よりなのは以上に龍野と一緒にいる時間の多い彼女の情報はとても有益である。

「いつもは着てくれないのに」
「お見合いだから、仕方ないよ」

なのはの呟きにフェイトはんと少し考えてから返す。
龍野はいつも機能性と肌触りを重視した服装を好む。
今日着たような服は少なくとも日常で見たことはなかった。
クローゼットにも入っていなかったから、恐らく買ったんだろうなとフェイトは思う。

目の前で進むお見合いは見たところ順調のようだ。
フェイト自身、お見合いの作法なんて物は知らないが場の雰囲気は分かる。
問題なく、朗らかに顔合わせは進んでいる。
龍野が少し作っているとはいえ笑顔を見せている事からしてそれは明らかだ。
そして白の親友はそれ自体が気に入らないようだ。

「嫌じゃないみたいだし」

じーっとなのはが龍野を穴が開くほど見る。
幾ら見つめてもその顔が変化する事はない。
それは当然の事である。
何より龍野が本意ではない会合であったとしても引き受けたのだ。
一度やると決めた事で龍野が嫌な顔を見せるとはフェイトは考えなかった。
むしろなのはとは反対に嫌な思いをしていなくて良かったとさえ思う。

なのはが龍野に笑って欲しくないという独占欲を抱いているとしたら、フェイトは悲しんで欲しくないと言う気持ちを抱く。
それが気持ちに気付いたなのはと気付いていないフェイトの差であった。
また二人の親友同士の性質の差でもある。

「でも驚いてた」

フェイトがなのはを宥めるように声をかける。
それはなのはほどではないとはいえ、お見合い中の龍野を見ていたフェイトの目に映った変化だった。
龍野は刹那ではあるが本当に驚いたのだと思う。
顔に出るほどの驚きを見せる事など数少ない友人なのである。

「そうなの?」
「うん、あれは驚いてた顔だよ」

なのはがフェイトの顔を見る。
それはこのホテルの入ってから初めてのことかもしれなかった。
龍野のことになると少し様子が違うのはもう慣れた事だ。
二人の間にはフェイトが繋いだ絆とはまた異なる絆があるようだった。
それに少し嫉妬する。なのはに対してか、龍野に対してかはフェイト自身も分からない。
いや、今のフェイトには二人を見ていて発生するもやもやが何かさえ分かっていなかった。

ちなみにフェイトが龍野が驚いているといったことは当たっている。
龍野のお見合い相手は前世の同僚であった。話が合う飲み友達である。
年は二歳上、龍野が16になれば18になるわけだから丁度良い。
思いがけない出逢いだった。だからこそ龍野も予想より楽しく話を出来ていた。

「へぇー…フェイトちゃん、本当に詳しくなったんだね」
「一緒にいるから」

微かに驚いた顔をしてなのはは感心の声を上げる。
長年、クラスメイト付き合いをしてきたなのはにも龍野の顔は読みにくい。
その言葉もぶっきら棒な所があり敬遠する同級生もいる。
だがなのはは龍野の性格を知っているため、そう思った事はなかった。
その分かり辛い龍野の感情がフェイトには分かるらしい。
純粋な驚きがなのはにはあった。

驚く親友を見てフェイトは微笑を浮かべる。
最初は、意識を取り戻して直ぐは分からなかった。
なのはが感じている通り、表情にも言葉にも感情が出る事の少ない少女だったからである。
それでも触れてくれる手は温かかったし言葉には気遣いがあった。
だからフェイトは努力した。龍野の事が分かるように、知る事が出来るように。
その結果が今で、彼女の周囲に気を遣う性格が功を奏したのである。

「あ、離れるよ」
「あとは若い人同士でって奴かな?」

フェイトの言った通り、スーツを着た男性-恐らく龍野の父だろう-が龍野と少し年上に見える男の子を残して場を離れる。
大人が彼しかいないのは、お見合いという言葉が大げさである証拠のようだ。
格式ばったお見合いと言うより顔合わせに近いものを感じる。

「なのは」
「うん」

名前を呼ぶ。それだけで親友は分かってくれた。
なのはは龍野の様子が気になって仕方ないようだ。
だからこの場は任せ、父親を追う。
フェイトには龍野が断ると分かっている相手より、父親の方が重要だった。
―謝らなければならない。
そう考えていた。
周囲の景色はまるで歪んで見えない。
重要でないため脳が処理を放棄しているのかもしれない。
フェイトが見失ってはいけないのは、追いかけるのはただ龍野の父親それだけだ。
歩幅の違いかその背中は中々近くならない。
なんでか動悸が早くなる。緊張しているのだと分かった。
龍野たちから見えない位置まで移動した事を確認してから声をかける。

「あの!」
「……私に用かい?」
「はい」

振り向いた姿は一般的な日本人そのものだった。
スーツをきちっと着こなし髪は邪魔にならないようにワックスで固めてある。
仕事に打ち込んでいるのだろう、靴は僅かに磨り減っていた。

フェイトはこの時初めて彼と向かい合った。
写真で見たことはあったが存在を確認するのは、龍野の父親が家に寄り付かないこともあってなかったのだ。
振り返った顔には疑問が刻まれている。
一瞬何をしたら良いか分からなかったが直ぐに我を取り戻し挨拶をしなければと思った。

「初めまして。フェイト・T・ハラオウンと言います」
「ああ、娘から聞いているよ」

頭に浮んだ言葉を口に出し、頭を下げる。
そうすれば直ぐに納得したような声が聞こえてきてフェイトは一先ず安心した。
憎しみが含まれているわけでもない、平坦な声だった。
恐る恐る顔を上げる。
そこにいたのは微笑むまでではないが疑問は解けた表情だった。

「その、本当にごめんなさい」

もう一度、深々と頭を下げる。
綺麗に磨かれた床がフェイトの顔を映す。
白の大理石に眉根を下げた泣きそうな顔が映し出されていた。
龍野の腕は謝って済むものではない。
左腕麻痺という大きな、大きな障碍である。
地球で治る見込みのないそれはここにいる限り一生ついて回るだろう。
そんな傷を龍野につけてしまったと彼女は思っている。

「謝る必要はない。娘もそう言っていただろう?」
「でもっ」

かけられた言葉は龍野との繋がりを伺わせる。
―“謝る必要はない”
それは正しくフェイトが龍野から受け取った言葉である。
付き合いがなくても血は受け継いでいるという事なのだろうか。

泣きそうな顔で謝る、娘と同じくらいの少女。
それは龍野の父親にしても心地よいものでは当然ない。
愛情の有る無しなどこの際大きな問題ではないだろう。
はぁと息を吐いてフェイトの肩に手を置くと顔を上げさせる。

「私は良い父親ではない。愛情を持っているかも曖昧だ」

フェイトはその言葉に耳を疑った。
良い父親ではない――それは分かっていたことだ。
誰が家に帰ってこない父親を良い父親だと評するだろうか。
フェイト自身、龍野が気にしていないのを含めても余り良い感情は持っていない。

それより、である。そんな些事はどうでもいいのだ。
問題はその後に続いた言葉である。
―愛情を持っているかも曖昧?
理解できない。理解したくない。
自分の娘を-しかも自分のように紛い物ではない血の繋がった実子である-愛さない親がいるだろうか。
世の中に虐待というものがあるのはフェイト自身知っている。
ただそれとこれは全く話が違う特殊な例である。
衝撃に近い何かがフェイトの背筋を走り、ぐっと握る手に力を入れることで堪える。

「だが娘の事は信頼している。あの子は言っていた。君に問題があったとは思えない」

愛しているか分からないのに信頼している。
フェイトは更に混乱した。
だが龍野がフェイトが原因である事を何も言っていないのは様子からして明らかである。
もし、と最悪の想像が頭に浮んでしまう。
――もし本当に愛していなくて、だから龍野を傷つけた事に何も思わないならば。
その時、フェイトは自分がどうなってしまうかとんと分からなかった。

「……たつの」
「そういう事だ。では私は失礼するよ」

―たつの。
まるでそれが世界で一番の呪文のようにフェイトは彼女の名前を呟く。
すっと頭が冴えていくような気がした。
話を終え、龍野の父親が踵を返そうとする。
このまま仕事へと移る事は想像に難くない。
その背中に声をかけられたのは、フェイトの意地のようなものだったのかもしれない。

「あ、あ、あの。もう一つだけ」
「何かな?」
「たつのともっと、一緒にいてくれませんか?」

愛情が曖昧と言っている相手に無意味な事だとは分かっていた。
それでも龍野が喜ぶかもしれないという感情がフェイトの背中を押す。
―たつのの為なら、何でもするよ?
認められないものがあったとしても、彼女のためなら我慢できる。
父親に何の感情も持っていない振りをしているがそんなわけはなかった。
少なくとも自分の身に置き換えたとき、何の感情もない、なんてことがありえるわけがない。
フェイトは実際似たような事件を越えてきているのだ。

「それは」
「たつのは寂しくないって言ってます。でもそんなわけないと思うんです!」

半端に回転していた身体がもう一度フェイトと向かい合う。
初めて困惑に近い表情が見えた。迷っているようにもフェイトには見える。
それならばまだ希望が見えるというものだ。

「できない」

しかし出た言葉ははっきりとした否定だった。
頭を振る動作も合わされ拒絶に近い匂いがした。
悲しみに満ち溢れた顔が印象的である。
いや、その顔に表情らしいものがはっきり浮んでいるわけではない。
言うなれば龍野の顔を“読める”フェイトが同じように父親の表情を読み取っただけなのだ。

「私はね、娘と会うのが怖いのだよ」
「そんなっ」

初めて声のトーンが一つ落ちる。
ビジネスライクな対応が崩れ、本心が覗いているのだろう。
言葉を詰まらせるフェイトに龍野の父親は苦笑してみせる。

「事故の話は聞いたかい?」
「……はい」

龍野から事故については聞いている。
フェイトには龍野と二人でいる時間が他の人よりは多くあった。
元々話すことなどそう転がっているわけでもない。
更に二人とも口数の多い人物だとは言い難かった。

そういう時、龍野は家の中にあるものを切欠にして話題を作ってくれた。
興味を示せばアルバムなども見せてくれたし彼女の事についても教えてくれた。
フェイトにとってはとても感謝する出来事である。
本来なら龍野に気を遣ってもらう事自体情けなく思うのだが、自分の中にある話題は大半が魔法に絡む。
なのはとの出会いも、はやてとの出会いも話せない。
時々シグナムについて尋ねてくる事もあったのだが、これはフェイト自身が話したくなかった。
ワガママと言われて仕方ないかもしれない。
だがシグナムのことを話す彼女の瞳はキラキラし過ぎていて、何だか複雑な感情が湧いてしまうのだ。

「娘のせいではないと分かっている。それでも納得してくれない何かがあるものだ。まして、あの子は妻にそっくり過ぎる」

事故の事も、龍野にすれば日常会話に入るのかもしれない。
だが側で見ていたフェイトにすればそれは自傷行為をしているようにしか見えなかった。
無表情に近い顔の裏に隠れているのは辛さに違いない。
家族の事がそんなの理路整然と整理できるとは思わなかった。

あの写真立て-家族写真だ-を持って一度話してくれた事がある。
なのはと一緒に聞いた事故の顛末より、時間の分だけ僅かに長い説明だった。
その結論として龍野は言ったのだ、母親を殺したのは自分のようなものだと。
勿論、フェイトは直ぐに否定した。
しかし龍野の中にそういうものが住み着いてしまっているのは否定できない。
―龍野は何でも背負い込む。
フェイト自身よく言われる言葉ではあるが、龍野を見ているとよくそう思う。
自分のせいだと思い込んで納得してしまう傾向が強い。
それは個人の力で世界を生きていく強さを持っているが、余りにも悲しい強さのような気がフェイトにはした。

「そんな理由、なんですか」

声が震えた。
子が親に似るのは普通の事である。
普通の親は大体それを喜ぶだろう。
だがこの親子の場合、似すぎる子が失った母親を思い返される。
父親は悲しさの余り直視できないのだ。

「龍野も理解してくれている。あれは理性的な子だ」
「それでもたつのは、まだ中学生です!」

父親の言葉にフェイトは語気を強めた。
今言わなければ、きっともう言う機会はない。
中々姿を見せないこの人を捕まえることは難しいだろう。
何より龍野が望んでいないことをフェイトは出来なかった。

「これまでも、これからも私は側にいる事が出来ない。君のような子が側にいるなら良かったよ」

ふと微笑を一つだけ零して今度こそ、その背中は遠ざかった。
よろしくと残された言葉だけがフェイトに響く。
最後の微笑だけは純粋に娘を心配している父親に見えた。

「言われなくても」

遠ざかる背中が見ていられなくてフェイトは視線を落とす。
そこにはやはり白い床が広がっており、自分の憤怒とも取れる表情を映していた。
唇を噛み締める。
―言われなくても、たつのの側にいます。
そして龍野を幸せにしてみせる。
フェイトの胸を決意が覆った。


第十五話 ~父親との邂逅、です~ end








フェイトはまだ事件から脱出しきれていない。
そのくせ思っていることはなのは並というのが個人的好み。
なのはさん、軽くストーカー。
リリカルのヒロインは全体的にヤンデレ要素を持っていて、ある意味凄まじい。

感想・誤字報告・指摘、感謝する。
自分の名前を呼ぶ夢って?と書いた本人も思っている。
なのはの自覚の仕方が受け止められてほっとしている。
可愛く、可愛く頑張ってみた。
フェイトはもう少し想いが積もらないと無理っぽい。
むしろ生い立ちを打ち明けられるという最重要フラグをまだ通過していない。
軽くジャブを頑張る日々を暫く過ごしてもらう。
理想としては、無自覚でラブいカップルだ……実現するとは限らないので悪しからず。
では。



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.02554988861084