SS投稿掲示板




No.16056の一覧
[0] 余生におけるある世界との付き合い方(百合、転生・TS)[Fath](2011/03/14 20:35)
[1] 第一話[Fath](2010/04/29 11:36)
[2] 第二話[Fath](2010/04/11 13:10)
[3] 第三話[Fath](2010/02/25 23:38)
[4] ~何でもないある日の話~[Fath](2010/04/11 13:12)
[5] 第四話[Fath](2010/05/30 07:14)
[6] 第五話[Fath](2010/04/11 13:13)
[7] 第六話[Fath](2010/02/25 23:39)
[8] 第七話[Fath](2010/03/14 13:10)
[9] ~前世と現世~[Fath](2010/05/05 13:00)
[10] 第八話[Fath](2010/03/14 13:14)
[11] 第九話[Fath](2010/03/14 13:15)
[12] ~真夏の大決戦!…なの?~ 前編[Fath](2010/02/25 23:41)
[13] ~真夏の大決戦!…なの?~ 後編[Fath](2010/03/14 13:17)
[14] 第十話[Fath](2010/05/30 07:18)
[15] 第十一話[Fath](2010/05/05 13:01)
[16] 第十二話[Fath](2010/05/30 07:21)
[17] 第十三話[Fath](2010/03/04 15:16)
[18] 第十四話 ~風邪引き龍野ちゃん、なの?~[Fath](2010/03/14 13:18)
[19] 第十五話 ~父親との邂逅、です~[Fath](2010/03/08 15:33)
[20] 第十六話[Fath](2010/05/30 07:26)
[21] 第16.5話[Fath](2010/04/11 13:24)
[22] 第十七話[Fath](2010/03/14 13:20)
[23] 第十八話[Fath](2010/03/14 13:06)
[24] 番外編 ~ある一つの未来~[Fath](2010/04/11 13:32)
[25] 第十九話[Fath](2010/03/31 01:43)
[26] 第二十話[Fath](2010/04/11 13:08)
[27] 第二十一話[Fath](2010/04/29 11:37)
[28] 第二十二話 ~滑りすぎ注意、なの?~[Fath](2010/05/05 13:10)
[29] 第二十三話[Fath](2010/05/05 16:47)
[30] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編[Fath](2010/05/16 11:41)
[31] 第二十五話 ~テストは嵐、なの……~後編[Fath](2010/05/30 07:40)
[32] 第二十六話[Fath](2010/05/30 07:42)
[33] 第二十七話[Fath](2010/05/30 07:11)
[34] 第二十八話[Fath](2010/06/06 23:54)
[35] 第二十九話[Fath](2010/07/28 22:09)
[36] 第三十話[Fath](2010/08/11 21:15)
[37] 第三十一話[Fath](2010/09/17 23:01)
[38] 幕間 ss1[Fath](2011/03/14 20:33)
[39] 幕間 ss2[Fath](2011/03/14 20:33)
[40] StS 第一話[Fath](2011/03/14 20:31)
[41] StS 第二話[Fath](2011/04/03 15:58)
[42] StS 第三話[Fath](2011/03/24 15:13)
[43] StS 第四話[Fath](2011/03/28 17:25)
[44] StS 第五話[Fath](2011/04/03 15:54)
[45] StS 第六話[Fath](2011/04/17 19:18)
[46] StS 第七話[Fath](2016/11/03 03:02)
[47] StS 第八話[Fath](2016/11/18 15:45)
[48] StS 第9話[Fath](2016/12/25 07:03)
[49] STS 第10話[Fath](2017/01/01 22:10)
[50] STS 11話[Fath](2017/01/11 20:14)
[51] 最終話[Fath](2017/03/19 22:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16056] 第十三話
Name: Fath◆282e9af7 ID:edb67ac0 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/03/04 15:16


「今日はこのはやてさんが腕を振るうで!」
「わー、楽しみ」

その言葉は後藤家の居間で高らかに宣言された。
むんと力瘤を作って見せるのは発言をしたはやてである。
何故こうなったのだろうと思うも既に遅い。

「たつの、棒読みになってる」
「龍野ちゃん、嫌なの?」

フェイトは左にいて、龍野の手を握っている。
その顔にあるのははやての宣言に対する期待と龍野に対する苦笑だ。
なのはは右にいて、龍野の手を確保している。
握っているのではない。逃げないように掴まえているのである。

「……自分の状況に呆れてるだけ」


後藤 龍野、お泊り会中。
記憶との齟齬に戸惑いは大きくなるばかりです。





余生におけるある世界との付き合い方 第十三話





「三人とも、泊まりに来るの?」

幼馴染からの提案に首を傾げる。
泊まりに来る事に問題があるわけではない。
ただなのは、フェイト、はやてという忙しい三人の日程が合った事が不思議であった。
もしかしなくても龍野の家に来るために合わせたのだろう。
無理をしている匂いがぷんぷんした。

「うん、ダメかな?」
「駄目ではない」

フェイトが伺うようにこちらを見る。
大きな赤い瞳が微かに揺れながら龍野を見つめている。
その視線はどこか子犬のようである。
―あの瞳はずるい。
そう胸中で呟きながら龍野は小さく首を横に振った。了承の意だ。
今は帰宅途中であり、三人以外の姿は見える範囲にはない。

「良かったぁ」

その動きに幼馴染がほっと息を吐く。
夕日に照らされていつもは茶色の髪が赤味帯びて輝いていた。
なのはを縁取る光が純粋すぎて龍野の目に痛い。

「ま、龍野ちゃんにフェイトちゃん以外の予定があるようには思えんけど」
「はやて」

龍野にははやての言葉を否定する術が無く、睨むに留める。
はやては遠慮がない。それはあの病室での件を越えてからの変化であった。
達信が持つ彼女の印象は表面下で物事を進める参謀というものだった。
何かがあるのだろうと思いつつ、情報のない龍野にはそれが判断できないのだ。

「へーへー」

はやてが軽く言葉を返す。
龍野は何となく今回の仕業ははやてが起こした事のような気がした。
今まで二人が泊まりに来ることは多々あった。ただ三人一度にというのは無く、嫌が応にも裏を感じさせる。
まだ龍野は魔法に関わる決心がついていない。最早、退けない位置まで来ていることは理解している。
ここまでフェイトたちと関わってしまい知らずにいれると思えるほど龍野は楽観的ではない。
だから後は龍野の心情の問題ではあるのだ。

「でも珍しい」

―少し、突っ込むか。
そんな風に思ったのはきっと牽制である。
何が隠れているかは分からないが知らぬ振りを通すのも中々骨が折れるのだ。
放課後、下手すると授業の途中から抜ける生徒達に疑問を持たない者は少ないだろう。
事情を知らない限りそれは奇異なこととしてしか映らない。
そして、龍野は一応“事情を知らない生徒”に分類されている。
これくらいの疑問を呈した所で問題はない。

「何がなの?」
「三人ともいつも忙しそう」

なのはが何を言われているのか分からなくて首を傾げる。
フェイトも似たような仕草だった。
元々この二人にはそういった種の反応は期待していない。
顔に出やすい上、性格からして隠し事には向いていない。
この二人が龍野を巻き込もうとすれば正攻法。それこそどっぷり浸かるまで教えてくれるだろう。
龍野が裏があると睨んでいるのはただ一人はやてだけなのだ。

「にゃははー……」
「あはは……」
「乙女のひ・み・つやで。それは」

誤魔化すように二人が笑う。
はやては茶目っ気たっぷりに返してくれた。
龍野はそれに呆れた風に溜息を吐く。

はやてを厄介に思う理由はその有能さだけではない。
確りとしたパイプがその周囲には張り巡らされている。
フェイトの母親のリンディや兄のクロノがいるだけでも恐らく魔法の世界では心強いだろう。
―クロノはいい。
現役として忙しく働いているフェイトの兄は地球に滞在する事が少ない。
あったとしても態々龍野のことまで首を突っ込んでくる可能性は低いと龍野は思っている。
だがリンディは違う。はやてと似たように笑顔の下で考えを巡らすタイプだ。
その上地球にいる時間も長く、実際龍野のお見舞いにも一度来ている。
娘を庇ってくれた事の感謝と後遺症に対する謝罪の言葉が告げられた。
龍野としては助けたと言うより悪化させた事故だったので気にしないでくれと返した。
だがその後のやり取りは思い出したくない。

――魔法に近づきたくない龍野とミッドの技術を使ってでも龍野の腕を直したいリンディ。
当然二人の話し合いは平行線を辿った。
婉曲的に、オブラートに包みながらそれでも交わされた言葉は危険物に違いなかった。
龍野にとって知りたくない魔法が一番身近になった時でもある。
どうにかリンディを納得させたが、もう一度同じ事をしろと言われたら真っ平御免だ。

「三人とも無理は駄目」
「分かってるよ」

あの時の悪夢を振り払うように龍野は三人に目を向けた。
一番素直に頷いたのはフェイトであり、その顔は少し拗ねているようだ。
任務の数をぐっと減らしたつもりなのに龍野に注意されたためだ。
なのはは苦笑を崩さない。今の勤務を続ける気だからだろう。
そして問題のはやてはニコニコとした笑顔だった。

「フェイトちゃんは龍野ちゃんにべったりやから心配するほどでもないで」

ぴんと人差し指を立てて龍野に解説する。
言われた内容に思わず再度溜息が出そうになったが堪える。
この三人の“普通”がどれ程かは分からない。
だが一般人を大きく逸脱しているのは-特に中学生として-確実だった。
べったりと言っても週の半分も一緒にいたら多い頻度である。
実際は二日がいいところだろう。それ以外は今もフェイトは仕事ををこなしている。
龍野は痛みが走った気がした米噛みに手を当て軽く揉む。
―本気で、呆れる。
正直な感想だった。

「それでも普通より疲労が溜まっている」
「大丈夫だよ、たつの」
「フェイトは……なのはもだけど、そうしか言わない」
「ふぇっ?!」

他人事のように話を聞き流しているなのはに釘を刺す。
実際フェイトよりなのはの方が体を酷使しているのだ。
これ以上、何かされたら限界を超えてしまうだろう。
残念な事に管理局の体制として任務を減らす事は望めない。
周囲から止める声はあるかもしれないが、なのはの性格上振り切ってでも任務を遂行する事が目に見えている。
自分で抑制してもらうしか方法はないのだ。

「それで、いつ来るの?」

この話をこれ以上続ける事に意味は無い。
それこそリンディと龍野の話のように平行線を辿るに決まっている。
魔法、それを持たない龍野がどうこうできる話でもない。
そう分かっていたから龍野は話を切り替えた。

「あ、うん。今週の土日の予定なんだけど」

頭の中で予定を組み立てる。
土日に入っていた用事はいつもの家事と買い物くらいである。
なのは達が泊まりに来る事に支障はない。
――支障があるとしても訪ねて来そうな事は否定しない。
こちらをじっと伺う幼馴染と金の少女に龍野は微笑んだ。

「大丈夫」
「そっか」

二人の顔に明るい笑顔が満ちる。
龍野はただそれを見ていたいだけなのだが、現実はそうさせない。
はやては何も変わらず三人の様子を微笑ましく見つめていた。


****


さて、はやてが腕を振るった晩御飯を食べ終わり、一悶着あったがお風呂も全員が済ませた。
ちなみになのはとフェイトが最初全員で入ろうと言い張り、龍野はそれを大きさからして無理と却下。
次にならせめて二人ずつ入ろうと又もや二人が提案し、再び龍野の精神的面から却下。
理由を言わなかったため揉めたがはやての“私と誰が入るん?”の一言で戦局は一気に沈静化した。

はやてと誰かが入るという事は、龍野と誰かが入るということである。
誰かの部分にはなのはかフェイトしかいないので、龍野と入りたい二人の意見は通らない。
それを見越したはやての言葉に龍野は思わず感服しそうになった。
最後に龍野の世話をすると二人は言い張ったがいつも一人で入っているためこれは丁重に断った。
従って、結局全員がバラバラに風呂に入ることになり全員でお風呂は旅行の時にでもということで片がつく。
龍野としてはその場面が来ない事を祈るばかりだ。

「なんでこうなる」
「いいやんか、全員一緒に寝たって」

最後に風呂から上がった龍野の目に飛び込んできたのは客間全体に敷かれた布団だった。
四人分の布団を横に並べて寝られるほど客間は広くない。
ギリギリで三つという目視であり、それでは龍野の寝る場所はない。
そして元よりこの三人と一緒に寝るつもりはなかった。

はやての言葉に一瞬目を瞑る。
確かに問題はない。友達が泊まりに来たら一緒に寝るのが普通かもしれない。
だが龍野の根本にある倫理観は達信の頃のままである。
女性の裸を見ることには若干恥ずかしさを感じるし、一緒に寝るのも罪悪感に近いものがある。
流石に自分の身体を見ることには慣れたが他人にそれはできない。
何よりこの場にいる三人は何れも整った顔立ちをしている。
隣で寝られたら落ち着かない。

「狭い」
「気にしないの」

入り口に呆然と立っていた龍野の手が取られ部屋の中央-今は布団の中央と言った方が良い-に連れて行かれる。
促されるまま座ってから龍野はもう一度部屋を見渡した。
目の前にいるのは今龍野を引っ張ったなのはで少し離れた位置にフェイトが立っている。
布団の端で無関係な顔をしているのははやてだった。

妥当な問題を口にする。
人数は四人であるのに敷かれている布団は三つであり、ゆったりと眠る事は望めない。
それは客人を持成す側として許せる事ではない。
確実な理論がこちらにはあるのに、それが通じる相手ではない。
なのはは一言で龍野の言葉を切り捨てた。

「たつの、いつもは一緒に寝てくれる」
「あれは二人だから」

肩に掛けていたタオルが後ろに回ったフェイトに取られる。
お風呂から上がったばかりで濡れている龍野の髪を拭き始めた。
その手つきは滑らかで今まで何度かした事があるのを示している。

フェイトの口から漏れたのは少し寂しそうな響きであった。
龍野はそれに弱い。なのはには時々フェイトには甘いと膨れられたりもする。
二人で寝るにしても二つ布団を敷いている。
距離は三つの布団に四人が寝るよりは余程遠い。
そしてその距離があるからこそ龍野は一緒に寝る事が出来ていた。

「二人きりじゃなければ部屋で寝てる」

フェイトもなのはも一人で寝るのを嫌がる性質だ。
幼少の時の事情から寂しいことが苦手と言うのも龍野は知っていた。
だから龍野以外居ない場合は同じ部屋で寝ている。
それはどちらかと言えば甘えん坊の妹に対する仕方ない気持ちに近かった。

「そうだけどさ、偶には大人数で寝てもいいと思うの」

なのはは唇を尖らせた。
龍野は優しい。なのはがお願いした事は大体叶えてくれる。
事故の前からそうではあったが、事故の後から更に幅が出た。
以前だったら龍野個人に深入りなどさせてくれなかったのだ。
一緒に寝る所か、泊まりに来られるようになった事さえなのはは嬉しかった。

「端がいい」

せめてもの抵抗に龍野は言った。
フェイトはタオルドライが終わりドライヤーを引っ張り出している。
泊まりに来るたびに使っているのである場所など分かっているのだ。
何より髪に関心が少ない龍野よりフェイトやなのはの方が余程使用頻度は高いかもしれない。

この部屋で寝る事が免れないならば最善を望む。
両脇をなのはとフェイトに取られる事は回避したい。
そうなれば朝起きたときに想像したくない距離にいることが予想された。
二人きりの時のように布団で一応の仕切りがある内はまだいい。
だが仕切られていてもフェイトもなのはも龍野の布団に潜り込んで来た事はあるのだ。
寝ぼけていたとか寒かったとか似たような言い訳を並べられたが、龍野には同じ頭の痛い事である。
―心臓に悪い。
考えてみよう。朝起きた時、いつの間にか可愛い寝顔が隣にあるのである。
気付けば体温も感じ取れるほど近い距離で、下手すれば腕を抱え込まれていたりもするのだ。
龍野としての意識がハッキリしていない朝である。
前世の記憶が混乱を招いた事も一度や二度ではない。

「壁に当たる」
「身体冷えちゃうよ?」

ドライヤーの音に紛れながらフェイトが言った。
龍野の身体を一番に考える彼女に龍野が不自由を感じる場所に眠らせる思考はない。
なのはも龍野を端に寝かせる気はないようだ。
ドンドン退路が断たれていく。
打開策を探すもこの家にいるのは龍野とこの三人だけであり、救援は望めない。
背水の陣と分かっていながら龍野は主張を続けるしかない。

「……端以外、嫌」

いっその事逃げるという最終手段が頭を過ぎる。
だが前になのは、後ろにフェイトである。
前門の狼、後門の虎と状況はさして変わらない。言い得て妙だ。
きっとこの世界では狼や虎よりなのはやフェイトの方が力を持っているに違いない。
ふと狼の格好をしたなのはと虎の格好をしたフェイトが浮ぶ。
―……可愛い。
もふもふとした毛皮に身を包み、髪色と似たような獣耳をつけている姿は中々似合っていた。
現実逃避に思考を泳がせるには充分な世界である。
フェイトに髪を乾かしてもらっている時点で逃走できる可能性はとても低い。
龍野の中にフェイトを振り払うという選択肢が取れないためだ。
意気を落とす龍野に遠目から見守っていたはやてが側により肩を叩く。
ぽんと気の抜ける音がした。見えた表情はとても晴れやかで龍野は恨めしくなる。

「諦めぃな、龍野ちゃん」
「はやてからも何か言って」

無駄だと分かっていながら救援の言葉を送る。
何時の時代も、無関係な人が一番状況を楽しめるものである。
そしてはやてはこういった騒ぎが嫌いではない。
むしろ好むタイプと言える。
導き出される答など一つしかない。

「私は一緒に寝ても構わんし、場所も拘らんもん」

予想通りの反応に龍野は肩を落とした。
粗方乾かし終えたのかフェイトがドライヤーを片付け、なのはの隣に座る。
じっと見つめてくる瞳が二対に増え龍野は視線を逸らした。

「たつの」
「龍野ちゃん」

真っ直ぐに見つめる視線が刺さる。
卑怯だと龍野は言いたくなった。これでは拒否した自分のほうが悪くなってしまう。
うぐ、と拒否の言葉を飲み込んだ龍野をはやてが部屋の隅へと寄せる。
悪巧みをするかのように肩を組まれ音量を落とした声で言われる。

「二人とも龍野ちゃんの側で寝たいんやから、な?」
「両脇に人がいるのは慣れない」

分かっていた。あの二人を見て自分の隣にはやてが来るなど思わない。
だがそれ以上に龍野には守るべきものがあった。
幾ら、今の体で問題がないと言われても三十年近く育った精神は染み付いているのだ。
ましてや達信としても龍野としても両脇に人がいるという状態に慣れていない。
人との触れ合いが大好きな幼馴染や金の少女とは対照的に龍野は戸惑ってしまう。
そんな龍野の困惑を他所にはやては後ろをちらりと振り返り、睨む一歩手前の視線を送ってくる親友達を見る。
龍野に逃げ場が無く、また同じような状況になればこの問題が出るのは分かりきった事実であった。

「慣れとった方がいいで。たぶんこれから増えるからな」
「そうならないように私は祈る」

最終宣告に近いはやての言葉に龍野は留めていた息を吐き出す。
内心諦めてはいたのだ。
あわよくば逃げたかったがそれも失敗に終わった。

「悪魔と死神に勝てる神様に祈っとき」

にぃっと笑ってはやてが言った。
その言葉に瞬間的にいるんだろうかと思ってしまう自分が悲しかった。
ただの悪魔と死神ではない。可愛くて強い悪魔と死神である。
しかも片方は魔王に進化する事が決まっている。
―未来が分かるって残酷だよな。
時たま聞く言葉に龍野は刹那覚悟を決めるように瞳を閉じた。
龍野の所にいるのは悪魔でも死神でもないただの友人たちなのだから。

「……がんばる」

零された呟きは力を持たない。
なのはとフェイトが待ちきれなくなり、はやてと龍野の間に割り込む少し前のことであった。
結局、龍野は左にフェイト右になのはという、出来てきた位置関係で就寝した。
朝になって目を覚ますと両方から抱き付かれていたのは言うまでもない。


第十三話 end








すまん、風邪で寝込んでいた。
熱に魘されつつ、ティアナにプロポーズ紛いな事をする龍野を幻視した。
中々に素晴らしかったことは否定しない。

感想・誤字報告・指摘、感謝する。
色々疑問はあると思うが魔法をばらす時にはやてが解消してくれる予定だ。
今後の進路もある程度決まっているがネタバレくさいので暫く待って欲しい。
だがこの話のコンセプトは如何にフェイトを美味しく百合でいただくかなので、ある程度そんな感じだ。
エリオはフェイトにすれば優先する事件だろうから、恐らく解決しているはず。
これも後のすーぱーはやてちゃんタイムまで待ってくれ。
では、とりあえずの十三話を終える。
予定では次でなのは恋心自覚だ。




前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.11940503120422