SS投稿掲示板




No.16056の一覧
[0] 余生におけるある世界との付き合い方(百合、転生・TS)[Fath](2011/03/14 20:35)
[1] 第一話[Fath](2010/04/29 11:36)
[2] 第二話[Fath](2010/04/11 13:10)
[3] 第三話[Fath](2010/02/25 23:38)
[4] ~何でもないある日の話~[Fath](2010/04/11 13:12)
[5] 第四話[Fath](2010/05/30 07:14)
[6] 第五話[Fath](2010/04/11 13:13)
[7] 第六話[Fath](2010/02/25 23:39)
[8] 第七話[Fath](2010/03/14 13:10)
[9] ~前世と現世~[Fath](2010/05/05 13:00)
[10] 第八話[Fath](2010/03/14 13:14)
[11] 第九話[Fath](2010/03/14 13:15)
[12] ~真夏の大決戦!…なの?~ 前編[Fath](2010/02/25 23:41)
[13] ~真夏の大決戦!…なの?~ 後編[Fath](2010/03/14 13:17)
[14] 第十話[Fath](2010/05/30 07:18)
[15] 第十一話[Fath](2010/05/05 13:01)
[16] 第十二話[Fath](2010/05/30 07:21)
[17] 第十三話[Fath](2010/03/04 15:16)
[18] 第十四話 ~風邪引き龍野ちゃん、なの?~[Fath](2010/03/14 13:18)
[19] 第十五話 ~父親との邂逅、です~[Fath](2010/03/08 15:33)
[20] 第十六話[Fath](2010/05/30 07:26)
[21] 第16.5話[Fath](2010/04/11 13:24)
[22] 第十七話[Fath](2010/03/14 13:20)
[23] 第十八話[Fath](2010/03/14 13:06)
[24] 番外編 ~ある一つの未来~[Fath](2010/04/11 13:32)
[25] 第十九話[Fath](2010/03/31 01:43)
[26] 第二十話[Fath](2010/04/11 13:08)
[27] 第二十一話[Fath](2010/04/29 11:37)
[28] 第二十二話 ~滑りすぎ注意、なの?~[Fath](2010/05/05 13:10)
[29] 第二十三話[Fath](2010/05/05 16:47)
[30] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編[Fath](2010/05/16 11:41)
[31] 第二十五話 ~テストは嵐、なの……~後編[Fath](2010/05/30 07:40)
[32] 第二十六話[Fath](2010/05/30 07:42)
[33] 第二十七話[Fath](2010/05/30 07:11)
[34] 第二十八話[Fath](2010/06/06 23:54)
[35] 第二十九話[Fath](2010/07/28 22:09)
[36] 第三十話[Fath](2010/08/11 21:15)
[37] 第三十一話[Fath](2010/09/17 23:01)
[38] 幕間 ss1[Fath](2011/03/14 20:33)
[39] 幕間 ss2[Fath](2011/03/14 20:33)
[40] StS 第一話[Fath](2011/03/14 20:31)
[41] StS 第二話[Fath](2011/04/03 15:58)
[42] StS 第三話[Fath](2011/03/24 15:13)
[43] StS 第四話[Fath](2011/03/28 17:25)
[44] StS 第五話[Fath](2011/04/03 15:54)
[45] StS 第六話[Fath](2011/04/17 19:18)
[46] StS 第七話[Fath](2016/11/03 03:02)
[47] StS 第八話[Fath](2016/11/18 15:45)
[48] StS 第9話[Fath](2016/12/25 07:03)
[49] STS 第10話[Fath](2017/01/01 22:10)
[50] STS 11話[Fath](2017/01/11 20:14)
[51] 最終話[Fath](2017/03/19 22:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16056] 第十一話
Name: Fath◆282e9af7 ID:596316fd 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/05/05 13:01


鳴りっ放しのアラートに危機感さえ覚えなく成り始めた。
人間とは慣れる生き物である。
それは長所でもあるがまた短所、油断にも繋がる。

後藤 龍野、在宅中。
雪の少女との三度の邂逅は夢の中でした。




余生におけるある世界との付き合い方 第十一話




目を開けたら白い空間だった。見覚えはある。
今まで二度しか訪れてはいないが、印象は焼き付いている。
自分が死んだ時に訪れた場であるのだから当然だろう。

「余程お前とは縁があるらしい」

後ろから呆れたような、また可笑しさをかみ殺したような声が響いて龍野は振り返ろうとした。
だが体が動かない。自由になるのは瞳と声だけで身動きは取れなかった。
少女の―忘れもしない雪色の少女だ―声が戸惑う龍野の耳に届く。

「見るな。我の姿を見ていいのは死人のみだ」

淡々とした声に納得する。
確かに達信としても龍野としても少女の姿を見たのは死んだときだけだ。
一回目は達信の終わりに、二回目はフェイトとの事故のときに此処に来た。
今、見たならば自分は再び死んだ事になるのだろうかと思い背筋を悪寒が走る。

「そうか」

冷静に努めようと思うも声が震える。
死が唐突に訪れる事は知っていたつもりだ。
しかし実際にそういう場面に立つとやはり違う。
慣れはじめた世界-しかも暖かな-から放り出されることは今の龍野には恐怖でしかない。

「なに、今回お前はまだ死んでいない。そんなに心配するな」
「それは良かった」

少女の言葉に胸を撫で下ろす。
動ける状態だったら座り込んでいただろう。
金縛りのような状態は龍野の体に直立しか許さない。
動かない身体を、冷や汗が伝っていく。

「焦ったか?」
「当然だ」

くつくつと楽しそうな笑い声が漏れる。
あの無に近い表情で薄い笑顔を浮かべる姿が明瞭に像を結ぶ。
思ったより違和感の少ない光景だった。

突然“死んだ”と言われて焦らない人間がいるだろうか。
前二回は死んだ理由も原因も充分に分かっていた。
記憶の混乱は多少あったが、焦るほどではなかったのだ。
だが今回は違う。普通に家で床に就いた所で記憶は終わっている。
とうとう、侵入した強盗にでも刺されたかと現実離れした思考で考えた。

「中々楽しそうな余生でよかった」
「あー、退屈はしないな……」

今までの日々を思い出し龍野は苦笑した。
アラートが鳴りっ放しで、常に危険が身に纏わりついてはいるがつまらなくはない。
つまらなくても安全な方が龍野としては嬉しいが文句は言えないだろう。

「あの世界に転生させてくれたことには感謝している」

浮ぶ顔は幼馴染に金の少女、級友達だった。
全て生まれ変わったから出来た絆であり、掛け替えのないものだ。
危険と比例する所だけは頂けないが彼女達がいなかったら楽しさは半減していたに違いない。
だから龍野は素直に感謝の言葉を口にした。
達信の終わった人生を龍野として繋げてくれた事をありがたく思う。
生き抜けるかは未知数にしても生き抜くつもりではいる。
そのチャンスがあるだけ恵まれている。

「何も言う必要はない」

龍野の言葉を少女はばっさりと切った。
その雪の色を纏う髪を揺らして首を振る。
白の背景に僅かばかり色の違う線条が舞い、清冽だった。
だが龍野がその光景を見る事はない。

「お前の生きる世界はあの少女と関わった時点で常に危険が付き纏う」
「知っていたのか」
「生き抜く、ということさえ一歩間違えば出来やしないだろう」

トーンを落とした声で告げられる。
それは何よりも龍野自身が感じていた事だった。
龍野は無力だ。魔法を使う事もできず、もし巻き込まれたとしても逃げる事さえ難しい。
なのは達と知り合い、片足を魔法の世界に突っ込んでいると言って良い龍野に危険が迫る可能性は高いだろう。

「見れば分かる。危機感知も役に立ってないようだしな」

ふんと鼻を鳴らされた。
鳴りっ放しのアラートは確かに役に立っているとは言いがたい。
大体が危険に近づいてから大きくなるし、元より鳴っていても飛び込んでしまう龍野の性格では生かしきれていない。
声が近づく。とんと背中側から胸の中心を突かれる。
緊張が龍野の体に走った。

「そんなお前に一つ忠告をしよう」

高らかと白い空間に少女の声が響く。
声だけのはずなのにそれは重さを持ったもののように龍野の胸を打つ。
これは最大級の警報に違いない。
アラートを授けてくれた少女が態々伝えにきてくれたのだから。

「……何かあるのか」

はぁとため息を吐く。
達信の記憶では特に危険な事はないはずだ。
だがそれはあくまでなのは達に限った事であり、付け足された龍野に何が起こるかは不明である。
ましてその世界に転生させた少女の言う事だ。
達信の限られた記憶より余程当てになることは確かだった。

「あるからここにいる。優しい我に感謝するが良い」
「わかっている」

大仰に頷く。白の世界に黒い自分の髪の毛が目立った。
何もない世界に二人だけ。白しかない世界は寂しさが募る。
何時からか色彩の増えた世界に慣れていた事に気付く。
隣を見ればなのはがいて、最近は金色なんて鮮やかな色まで側にいる。
それはとても贅沢な事ではないかと龍野は白のみの世界で思った。

「そう遠くない未来でお前は再び岐路に立つ」
「きろ?」

岐路、道が分岐している地点だ。
龍野が反射的に言葉を繰り返すと少女は言葉を足した。

「分かれ道だ。そこで選ぶものにより得られる人生は間逆に近くなる」

選ぶものなど龍野の回りには一つしかない。
それは魔法に関わるか、関わらないか。原作に介入するかしないか。
力のない龍野に介入という単語は大げさである。
出来て手助け程度であり下手したら邪魔にしかならない。
何より、少女が言ったとおり龍野が生き抜くには厳しい世界である。

思考するために閉じていた瞳を開く。
変わらぬ世界に、少女の存在を確かめたくもなるが動けないのは変わらない。
すぅっと鼻から息を吸って呼吸を整える。

「魔法か?」
「さぁな。決めるのも生きるのもお前だ」

確かに、と納得する。
決めるのも、決めた人生を生きるのも龍野自身だ。
むしろ忠告を貰えた時点で幸福だったといえるかもしれない。
考える時間があるというのは嬉しい事だ。同時に重い事でもあるが気にはしない。
知らぬ内に選択肢も与えられず決められる事など真っ平だ。
そうなる位ならば責任が伴っても自分で選びたいと思っていた。

「忠告、感謝する」

だから龍野は口にする。
情報は大事なものだ。生き抜くためには生き抜くに必要な情報がいる。
特に龍野のように力を持たないものにはとても重要なものになる。
力で世界を帰られないならば情報で世界を渡るだけだ。

「お前の人生は中々に興味深い」
「そうかもな」

少女の声が揺れ始める。
恐らく元の世界に戻ろうとしているのだろう。
体の自由もいつの間にか利くようになっていた。
振り返る事はしない。それは少女の忠告を無にする事だからだ。
背を向けたまま龍野は言葉を返す。

「では、精々生き抜いてくれ」
「そのつもりだ」

二度あることは三度ある。二度出遭った少女と龍野は三度出会った。
もしかしたら縁というものが少女とは繋がっているのかもしれない。
何となく長い付き合いになるような予感がした。
――良縁か悪縁かなど決まっていた。

龍野の姿が白い空間に溶け込む。
雪の少女はただその様子を見つめていた。


****


「たつの?」

耳に飛び込んできたのは金の少女の声だ。
龍野の耳に優しく響くそれにゆっくりと瞼を上げる。
見慣れた空間が目の前に広がった。
少し首を動かすと心配そうな表情のフェイトがいた。

「フェイト」

声を出す。力を込めれば体が動いた。
何も変わらない、変わっていないことに龍野は内心安堵した。
夢とはいえ一時死と近くなったのだ。何か変化したではないかと思うのも当然である。

「どうしたの?魘されてたみたいだけど」
「少し夢見が悪かった」

昨日、フェイトは龍野の家に遊びに来ていた。
この状況からも分かるように泊りがけである。
龍野が一人で暮らしていると分かってから何度かあったことだ。
メンバーはなのはとフェイトだったり、はやてもいたりと様々だ。
流石に一人で泊まりに来るのはなのはとフェイトだけである。

「大丈夫?」

フェイトの手が伸びて汗で張り付いた前髪を掬う。
その仕草で龍野は思ったより寝汗をかいていることに気づいた。
この分だと声も出ていたに違いない。隣で寝るには少し五月蝿かっただろう。
隣といっても布団は二つある。場所は客間-フェイトたち以外は使わない-で並べて布団と敷いていたのだ。
龍野はいつもベッドで寝ているのだが一緒に寝ようといわれるのは容易に想像できたので先手を打った。
最初、布団でも一緒に寝る、寝ないで揉めたが龍野としてもそこだけは譲れなかった。

「ああ、起こしたか?」
「ううん。少し前に起きてた」

睡眠の邪魔をするのは不本意である。
僅かに心配になりフェイトを見ると微笑まれた。
その言葉に安心する。

「そうか」
「……たつの、今日なんか男の子っぽいね」

言われて気づく。
驚いて顔を上げると不思議そうな顔でこちらを見るフェイトと目が合った。
あの少女といると達信だった頃に戻ったような気分になる。
そのせいで微かに口調が変化していた。

「あー、ごめん」
「あ、謝らなくていいよっ」

右手で少し重い髪を掻き揚げて苦笑する。
早く顔でも洗ってスッキリしたい気分だった。
汗で張り付く感覚が不快なのはきっと万国共通だろう。

謝られたことにフェイトは動揺する。
別に謝って欲しかったわけではない。
ただいつもとは少し違う雰囲気が不思議で口に出ただけである。
男の子っぽい、というのは元々少ない口数や口調、表情がそう思わせたのだ。

「夢でちょっと」
「そうなんだ」

龍野は正直に言葉を返した。別段隠す事でもない。
夢で男の子にでもなっていたと思ってもらえたら良い。
何よりこれは夢の残滓のようなもので消えてしまうのは確定だった。
支障がないならば放置しても問題はないだろう。

「ああ、直ぐに戻る」

フェイトの言葉に頷くと、隣に座られる。
初めから近かった位置が更に近くなる。
泊まりに来るようになってから気付いたのだがフェイトは人の体温が好きなようだ。
手を繋ぐ事や頭を撫でられる事が好きなのも、結局はそこに集約する。
そんな性質だからこそ19になってもなのはと一緒の布団で寝たのだろうと龍野は思った。
なのはも似たような感じなのできっと一緒に寝る事に疑問はないに違いない。
それでも今隣に座る理由が分からなくて龍野は首を傾げる。

「どうした?」
「悪い夢の後、一人は嫌だから」

優しい答だ。相変わらずのフェイトに龍野は嬉しくなる。
甘い性格の彼女が仕事で傷つかないことを祈るしかない。
身体的な面もだが、むしろ心の方が心配だった。
心を守る事は身体を守る事よりずっと難しいのだから。

「ありがとう」
「ううん」

心遣いに礼を言う。
夢見が悪いと言っても怖かったわけではない。
心細いわけでもないし、ここで一人にされても龍野は何も思わなかった。
だがフェイトは隣に残ってくれていて、それ自体が嬉しさをもたらす。

「フェイトは――」
「たつの?」

―私と一緒にいたい?
途中まで言いかけて止める。魔が差した。
自分の選択を人に任せるのは間違っている。
何よりフェイトにその問いかけをする事に意味がない。
いたい、と返ってくることが確定しているのだから。
罪悪感で縛ってしまった事に悔いが出る。
フェイトの優しい性質に罪悪感が加わってしまえば“いたい”以外の答が出てくるわけがない。
なのは達は否定しただろうが少なくとも龍野はそう思った。

「何でもない」

龍野は首を振る。
フェイトはまだ不思議そうだったが気にしない。
龍野は右手に体重をかけ-慣れてきた動作だ-支えながら立ち上がる。
気分を切り替えようと思った。

「ご飯、食べようか?」
「うん」

未だ布団の上に座るフェイトに手を差し出す。
そうするとフェイトは嬉しそうに笑って手を取る。
その笑顔に一瞬少女の言葉が過ぎった。
――“お前は岐路に立つ”
どう変化するかなど知らない。
唯一選択のときが近づいているのだけが分かった。

「――選択、か」
「何か言った?」

小さな呟きにそれでもフェイトは反応した。
繋がった手は変わらず結ばれていて、前を歩くのはいつの間にかフェイトである。
扉の開け閉めや足元の注意なども全部行ってくれた。
優しい金の少女のために龍野は何ができるのだろう。

「何も」

生きたいと思う。
しかし一人で生きたいかと言われれば否である。
少なくともフェイトやなのはを犠牲にしてまで生きたいかと言われれば拒否する。
だからこそ次の選択は慎重にならなければならない。
邪魔にならぬよう、巻き込まれぬよう、生き抜くために。
そう龍野は思った。


第十一話 end








イベントフラグ、ゲット。
この話は固定イベントのため回避出来ない。
さて気付かぬうちに十一話も過ぎてしまった。
次の話から公表していた通り改題と板移動をしようと思う。
題としては「余生におけるある世界との付き合い方」でいこうと思う。
助言、提案感謝する。龍野の生き方を無難に纏めた結果だ。

感想・誤字報告・指摘、感謝する。
俺の言い方が悪かったようだ。
xxxの話はあくまでifの短篇になっている。
ちなみに今できているのはなのは編、フェイト編で両方一話。
個人的好みとしてはやてとティアナも入れたいが話が進んでからにする。
だが苦手な人もいるようなのでとりあえずこっちでくっ付いてから載せるようにしよう。
確かにまだ何もしていないのにxxxは飛びすぎるだろう。
それが何時になるかは俺にも分からんが努力はする。百合のために。
では。



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.03068995475769