SS投稿掲示板




No.12267の一覧
[0] 燐・恋姫無双【完結】[水虫](2010/09/28 06:20)
[1] 一幕・『新たな外史』一章[水虫](2009/12/08 06:04)
[2] 二章・『旅立ち』[水虫](2009/10/09 05:35)
[3] 三章・『旅の途中で(猫)』[水虫](2009/09/29 08:10)
[4] 四章・『そして再び、この場所へ』[水虫](2009/09/30 05:50)
[5] 五章・『天の御遣い』[水虫](2009/09/30 19:36)
[6] 六章・『月夜の下で』[水虫](2009/10/01 19:46)
[7] 七章・『仮初めの仲間』[水虫](2009/11/19 20:54)
[8] 八章・『最後の責任』[水虫](2009/10/03 11:16)
[9] 九章・『鳳凰の雛』[水虫](2009/10/04 15:27)
[10] 一幕・終章・『決起、北郷義勇軍』[水虫](2009/10/22 18:22)
[11] 二幕・『黄巾の乱』一章[水虫](2009/11/10 04:58)
[12] 二章・『翻る劉旗』[水虫](2009/10/08 16:53)
[13] 三章・『一刀と劉備』[水虫](2009/10/09 05:41)
[14] 四章・『戦う理由』[水虫](2009/10/09 14:34)
[15] 五章・『真夜中の訪問者』[水虫](2009/10/10 16:57)
[16] 六章・『誇りと信頼』[水虫](2009/10/11 20:08)
[17] 七章・『それぞれの葛藤』[水虫](2009/10/13 05:39)
[18] 八章・『尊きモノ』[水虫](2009/10/13 18:53)
[19] 九章・『三人の邂逅』[水虫](2009/10/15 04:58)
[20] 十章・『ご主人様』[水虫](2009/10/15 17:56)
[21] 十一章・『血盟』[水虫](2009/10/16 21:07)
[22] 十二章・『乱世の時流』[水虫](2009/10/18 00:07)
[23] 十三章・『一番のお友達』[水虫](2009/10/19 09:58)
[24] 十四章・『君主の戦い』[水虫](2009/10/20 16:02)
[25] 二幕・終章・『また会う日まで』[水虫](2009/10/22 18:23)
[26] 三幕・『一刀の選択』一章[水虫](2009/11/10 05:01)
[27] 二章・『張角の足跡』[水虫](2009/10/23 16:06)
[28] 三章・『王の語らい』[水虫](2010/01/09 07:10)
[29] 四章・『白装束の行方』[水虫](2009/10/25 16:02)
[30] 五章・『真実』[水虫](2009/10/26 08:48)
[31] 六章・『二人』[水虫](2009/10/27 21:49)
[32] 七章・『討伐の恩賞』[水虫](2009/10/28 17:55)
[33] 八章・『疑念と罪悪感』[水虫](2009/12/11 21:22)
[34] 九章・『乙女心』[水虫](2009/10/30 18:47)
[35] 十章・『迷子で子猫』[水虫](2009/11/01 04:35)
[36] 十一章・『武人の矜持』[水虫](2009/11/02 10:57)
[37] 十二章・『恋と恋』[水虫](2009/11/04 07:12)
[38] 十三章・『俺と一緒に』[水虫](2009/11/05 06:27)
[39] 三幕・終章・『地獄よりの使者』[水虫](2009/11/09 06:19)
[40] 四幕・『凶・恋姫無双』一章[水虫](2009/11/10 05:02)
[41] 二章・『暴君、始動』[水虫](2009/11/10 22:06)
[42] 三章・『あなたが信じた、私の道を』[水虫](2009/11/21 15:44)
[43] 四章・『撤退』[水虫](2009/11/19 05:42)
[44] 五章・『開門』[水虫](2009/11/15 06:06)
[45] 六章・『撃退』[水虫](2009/11/17 05:09)
[46] 七章・『瓦解』[水虫](2009/11/17 18:49)
[47] 八章・『昂揚と迷いと』[水虫](2009/11/19 06:02)
[48] 九章・『理想と現実』[水虫](2009/11/19 20:56)
[49] 十章・『届かぬ叫び』[水虫](2009/11/21 16:50)
[50] 十一章・『友軍の鎖』[水虫](2009/11/22 22:26)
[51] 十二章・『天下無双』[水虫](2009/11/24 07:33)
[52] 十三章・『高嶺の花』[水虫](2009/11/24 21:17)
[53] 十四章・『優しい道化』[水虫](2009/11/25 20:00)
[54] 十五章・『毒を以て』[水虫](2009/11/28 17:52)
[55] 四幕・終章・『不屈の志』[水虫](2009/11/28 20:11)
[56] 五幕・『西方の戦い』・一章[水虫](2009/11/29 19:58)
[57] 二章・『卑弥呼』[水虫](2009/11/30 18:03)
[58] 三章・『献帝』[水虫](2009/12/01 18:44)
[59] 四章・『不透明な溜め息』[水虫](2009/12/03 21:56)
[60] 五章・『日輪』[水虫](2009/12/05 18:17)
[61] 六章・『剣に宿る』[水虫](2009/12/07 06:40)
[62] 七章・『蝶は彷徨いて』[水虫](2009/12/08 06:12)
[63] 八章・『花に寄り添う』[水虫](2009/12/08 18:01)
[64] 九章・『かつての王都』[水虫](2009/12/10 07:15)
[65] 十章・『棺』[水虫](2010/01/14 19:39)
[66] 十一章・『交換条件』[水虫](2009/12/12 06:13)
[67] 十二章・『攻略不可能?』[水虫](2009/12/12 16:45)
[68] 十三章・『お姉さん』[水虫](2009/12/13 17:13)
[69] 十四章・『閻行』[水虫](2009/12/15 22:06)
[70] 前半終幕・『夢』[水虫](2009/12/16 22:16)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[12267] 十一章・『交換条件』
Name: 水虫◆70917372 ID:e06686bb 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/12/12 06:13
 
 ことん、と湯飲みが机の上に置かれる。
 
「ふぅ………ごちそうさまでした」
 
 彼女は無表情のまま満足そうに息をついて、
 
「じゃ」
 
 席を立って、ビシッと手を縦にかざし……
「ちょっと待てぇー!」
 
 そこで、俺はややオーバーにリアクションしてしまった。
 
「何か?」
 
「飯おごったら事情話すって約束だろうが! 何ナチュラルに立ち去ろうとしてんの!?」
 
 ここは長安街中の地味に高い飯店。ここにいる理由は今言った通りである。
 
「おや、憶えていたようで」
 
「当たり前だろがっ!」
 
 何だこの……風と星を足して二で割ったようなノリは。すごい疲れるんだけど。
 
「すぐに慣れるかな、と思いますよ?」
 
「……人のモノローグに返事しないで。お願い」
 
「杏仁豆腐で手を打ちましょう」
 
 ………俺、今月小遣い厳しいのに。鳳徳は俺がうなだれたのを肯定と見たのか、杏仁豆腐を注文する。まあそれはともかく、いい加減本題に入ろう。
 
「それで、訊きたい事があるんだけど?」
 
「あたしはあまりお金を持ってないので。食える時に食っておかないと、なので」
 
「これは職務質問だ。ちゃんと応えなさい」
 
「……やれやれ、あなたが都の警備隊長だったのは半年も前の話でしょうに」
 
 ……本当に何者なのか、と思いつつ、いよいよ核心に触れる。
 
「外史や正史、白装束。管理者って言葉を知ってるか?」
 
「? ………がいし。白装束?」
 
 少し目を見開いて、首を傾げる。貂蝉や左慈と同類じゃない、か。
 
「君は鳳徳。西涼の馬騰の将だった人間で間違いないな?」
 
「………知っていたのですか」
 
 俺の確認に、鳳徳の眼が少し鋭くなった。
 
 確かに知ってはいたけど、それは密偵とか情報収集とかじゃない。元の世界の三国志の知識だ。
 
 鳳令明。馬騰から馬超に仕えた後、曹操に降伏し、関羽と互角に渡り合った将。
 
「随分と無用心ですね。あたしを馬騰の将と知ってこんな風に話すとは。……韓遂に降伏した将が、密偵としてこの長安に来ている……とは考えなかったのですか?」
 
 鳳徳の眼が、探るような色へと変わる。
 
 確かにこの子がその気になれば、俺は剣を抜く前に首を落とされるだろう。でも………
 
「もし敵の密偵なら、あんな目立つ真似しないだろ。それに、人を見る目はあるつもりだよ」
 
 そう、思ったまま口にすると、鳳徳は何かすごい嫌そうな顔をした。……何故に?
 
「自覚が足りないようで。あたしが仮に、心優しい正義の味方だったとして、あなたは大陸一の悪者という事になっているんですよ?」
 
「そういえば、そうだなぁ」
 
 俺の返事に、呆れ果てたようにため息をついた鳳徳は、運ばれてきた杏仁豆腐をパクつく。……わざとわかりやすく感情表現して当て付けてると見た。
 
「それで、質問続けるけど。何で華蝶仮面の仲間になったんだ?」
 
「楽しそうかな、と」
 
 表情一つ変えない真顔で応える鳳徳に、俺は額をゴツッと机にぶつけた。
 
「まあ、今のも本音ではありますが……。正確にはあなた方がこの長安に来る前から、あたしは都から流れた華蝶仮面の噂を聞いて、偽者をしていました」
 
 ……なるほど。そういう事なら、さっき問題を起こした男の不可思議な言動も頷ける。
 
「楽しそうだったから?」
 
「楽しそうだったから」
 
 おうむ返しに即答する鳳徳。……何となく、わかった気がする。
 
「まあ、北郷領内の警備隊の秘密兵器、という噂もありましたので。こうやって偽者してればそちらからの接触も期待出来るかな、と」
 
 この子、間違いなく天然ではない。かと言って演技してるとも思えない。多分、自分でもどこまでが本気で、どこまでが冗談なのかわかってないんじゃないだろうか。
 
 にしても、俺から接触……ね……。
 
「そのわりに俺、避けられてるっぽかったけど?」
 
「都合良く事が動きすぎる時には、ろくな事が起こらないので」
 
 ……要するに、俺の不用意で馴れ馴れしい言動が警戒されてたのか?
 
「順を追って説明した方がいいようで」
 
 確認するように俺の返事を待つ鳳徳に、俺は頷いて応えた。
 
 
 ……………
 
 鳳徳の今までの経緯を要約すると、こうなる。
 
 反・北郷連合に参加しなかった馬騰に対して叛旗を翻した韓遂。馬騰は討たれたが、鳳徳は命からがら逃げ延びた所を旅の医者に助けられ、その後、この長安に来て華蝶仮面をしていた、という事らしい。
 
 大体予想通りの経緯だが、気になる点がいくつかある。
 
「何で、俺に会おうと思ったんだ? 俺は悪逆非道の暴君って思われてるはずだろ」
 
 馬騰が連合に参加しなかった理由。今、鳳徳が俺に会ってる理由。肝心な部分がまだわかってない。
 
「まあ、正直に言ってしまえば、けしかけようと思いまして」
 
 ……すごいぶっちゃけたな。けど、俺はここで誤魔化されない。
 
「誤魔化すなよ。何で長安や涼州は、俺への認識が違うんだ?」
 
 また動機を隠したまま話を進めようとしている事を、俺はめざとく指摘する。
 
「……………」
 
 その指摘に、鳳徳は数秒考え込んで……
 
「……言えませんね」
 
 そう、応えた。
 
「言えば、恩を仇で返す事になるので。あたしに言えるのはそれだけです」
 
「……………」
 
 俺には何の事だかさっぱりわからない。けどその中に、この不思議少女の譲れない決意みたいなものを感じた。
 
「……それで、俺を韓遂にけしかけるってのは?」
 
 ここはさらりと流すのが大人の男。それより気になるのは、
 
「韓遂への、復讐か?」
 
 今の鳳徳の行動理由の方だ。
 
「実を言うと、傷が癒えた後に一度西涼に潜り込んだんですが……その気になれば暗殺くらいいけそうだったわけで」
 
「……でも、やらなかったわけだ」
 
「今あいつを殺しても、その下の連中が権力闘争を起こすだけですから、西涼の民の事を考えれば、今はあんなのでも太守に据えといた方が良いようなので」
 
 淡々と、冷静に、鳳徳はそう言う。……“内心はともかく”、そんな風に考えられる。また、この子の新しい一面を見た気がする。
 ………うん。
 
「鳳徳の言いたい事は、大体わかったよ。けど、韓遂じゃなくて、俺たちが西涼を治めるのは構わないのか?」
 
「それを見極めるのも、長安に滞在していた理由の一つですよ。あなた本人が居たわけではないにせよ。まめに指示を出していたようですし。……まあ、及第点かな、という事で」
 
 面接官みたいな言いざまでそう言った鳳徳は、杏仁豆腐を食べ終えた口を拭う。
 
「それに……舐められっ放しなのは許せません」
 
 少し強くそう言って、ハッとしたようにまた無気力な空気を身に纏う。
 
「本当なら、西涼を手に入れる事による“めりっと”などを吹き込みながら誘導する予定だったんですけどね。詐欺師っぽく」
 
 詐欺師て。
 
「まあ、俺に捕まったのが運の尽きだな。君が俺を利用しようとしてた事には変わりない」
 
 意地悪く俺がそう言うと、鳳徳は右手を背中に回す。色々ぶっちゃけだしたあたりから、この事態も想定済みだったのだろう。色んな意味で残念そうな光を眼に宿らせる。
 
 鳳徳が短戟を握る前に、俺はさっさと続ける。
 
「だから、交換条件だ」
 
「……交換、条件?」
 
 俺の言葉に、鳳徳はさらに怪訝そうにその眼を細め……
 
「鳳徳の思惑には乗る。その代わり、一緒に戦って欲しい」
 
 元々西涼には行くつもりだったんだけどね、とそう続けると、今度はぱちくりと目を瞬かせた。
 
「人を見る目はある、って言っただろ? 君に俺たちの仲間になって、力を貸して欲しい」
 
「…………仲間?」
 
 珍獣でも観察するかのように俺を見る鳳徳を、俺は黙って見つめ返す。うだうだと言葉は要らない。後は真剣な気持ちを示すだけだ。
 
 一分くらい、だろうか? 長い沈黙を経て……
 
「……まあ、とりあえずは客将という事で」
 
「オッケー!」
 
 了承を得て、俺は間髪入れずに親指を立てる。
 
「改めて自己紹介。俺の名前は北郷一刀。天の御遣いだか地獄の使者だかって奴。真名は無いから、一刀って呼んでくれていいよ」
 
「……鳳令明。真名は散。呼びたければ、ご自由にどうぞ」
 
 いい歳してはしゃぐ俺を呆れたように見ながら、鳳徳……いや、散は、少しだけ……微笑んだ気がした。
 
 
 
 
「ところで、訊きたい事があるんだけど?」
 
「まだ何か?」
 
 散の荷物を宿に取りに行き、城に向かう途中、俺はまた質問をする。
 
 気になってはいたけど、散自身に関しては“散がここにいるから”訊いてもしょうがないので、我慢して後回しにしていた事。
 
「馬騰の娘の馬超……とかは、どうなったんだ?」
 
 危うく翠の事だけを訊こうとして、とか、と付け加える。俺が会った事もない翠個人の事を気にするのは不自然だし。
 
「少なくとも、お嬢と花は、無事は無事なようですよ。居場所こそわかりませんが、韓遂が反乱を起こして以降、一度もあの子たちは西涼に戻っていないようなので」
 
 言った後、ちょっとまずい事訊いたか? と不安になったが、散は意外に冷静にそう返す。……いや、そう見せてるだけかも知れないけど。
 
「お嬢と、花……?」
 
「娘の馬超、そして姪の馬岱です」
 
 とりあえず翠の生存がわかって、俺は思わず胸を撫で下ろす。……のを、見られた。
 
「……あたしはあの子たちが小さい頃から世話してますが、男性と親しくしてたという話は聞いた事が無いんですがね?」
 
「ち、違うって! 別にす……馬超の事とか気になってないって!」
 
「……す?」
 
 僅かな仕草から色々と見抜く散に戦慄を覚えつつ、必死に誤魔化す俺。……って、待てよ?
 
「小さい頃から、って……散、一体何歳なんだ?」
 
 雛里ほど幼くは見えないけど、どう見ても星や恋より年下にしか見えない。背も、星より頭一つ分くらい低いし。
 
「れでぃに歳を訊ねるのは感心しませんが、まあ応えてもいいかな、と」
 
 しかし、今の口振りだと、少なくとも翠より歳上という事に………
 
「大人の事情で細かくは言いませんが、二十を余裕で越えてたりしますね」
 
「ッッえぇ!?」
 
 この外見で……二十を、しかも余裕で!? 歳十個くらいさば読んでもバレんぞ。多分。
 
「やや童顔なので、歳下に見られがちになったり、ですよ」
 
 ……いや、もはや童顔とかいう問題じゃない。
 
「とっつぁんお嬢様と呼んでください」
 
「……嫌だ」
 
 大体何だ、とっつぁんお嬢様って。そう言えば………
 
「散、横文字どこで覚えたの?」
 
「質問尽くしですね。横文字……多分、あれの事でしょうか」
 
 言って、散はごそごそと荷物を漁り始める。
 
「あたしの怪我を看てくれた医者達としばらく一緒だったのですが、その医者の連れに薦められた物で。今やあたしのばいぶるです」
 
 そして手渡されたのは、一冊の本。
 
 『超・天界語入門 著・宝慧』
 
「これは………」
 
「あげませんよ。洛陽の行商から買った限定品ですから」
 
 いや、そうじゃなくて………
 
「著・“宝慧”………?」
 
「……………」
 
「……………」
 
 ……あいつ(風)かあぁぁーー!!
 
 
 
 
(あとがき)
 原作だと卑弥呼が横文字使った事は無かったと思いますが、「プロット」とか普通に使う貂蝉の師匠なので、知ってるという設定にしてます。
 
 


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.028240919113159