SS投稿掲示板




No.12267の一覧
[0] 燐・恋姫無双【完結】[水虫](2010/09/28 06:20)
[1] 一幕・『新たな外史』一章[水虫](2009/12/08 06:04)
[2] 二章・『旅立ち』[水虫](2009/10/09 05:35)
[3] 三章・『旅の途中で(猫)』[水虫](2009/09/29 08:10)
[4] 四章・『そして再び、この場所へ』[水虫](2009/09/30 05:50)
[5] 五章・『天の御遣い』[水虫](2009/09/30 19:36)
[6] 六章・『月夜の下で』[水虫](2009/10/01 19:46)
[7] 七章・『仮初めの仲間』[水虫](2009/11/19 20:54)
[8] 八章・『最後の責任』[水虫](2009/10/03 11:16)
[9] 九章・『鳳凰の雛』[水虫](2009/10/04 15:27)
[10] 一幕・終章・『決起、北郷義勇軍』[水虫](2009/10/22 18:22)
[11] 二幕・『黄巾の乱』一章[水虫](2009/11/10 04:58)
[12] 二章・『翻る劉旗』[水虫](2009/10/08 16:53)
[13] 三章・『一刀と劉備』[水虫](2009/10/09 05:41)
[14] 四章・『戦う理由』[水虫](2009/10/09 14:34)
[15] 五章・『真夜中の訪問者』[水虫](2009/10/10 16:57)
[16] 六章・『誇りと信頼』[水虫](2009/10/11 20:08)
[17] 七章・『それぞれの葛藤』[水虫](2009/10/13 05:39)
[18] 八章・『尊きモノ』[水虫](2009/10/13 18:53)
[19] 九章・『三人の邂逅』[水虫](2009/10/15 04:58)
[20] 十章・『ご主人様』[水虫](2009/10/15 17:56)
[21] 十一章・『血盟』[水虫](2009/10/16 21:07)
[22] 十二章・『乱世の時流』[水虫](2009/10/18 00:07)
[23] 十三章・『一番のお友達』[水虫](2009/10/19 09:58)
[24] 十四章・『君主の戦い』[水虫](2009/10/20 16:02)
[25] 二幕・終章・『また会う日まで』[水虫](2009/10/22 18:23)
[26] 三幕・『一刀の選択』一章[水虫](2009/11/10 05:01)
[27] 二章・『張角の足跡』[水虫](2009/10/23 16:06)
[28] 三章・『王の語らい』[水虫](2010/01/09 07:10)
[29] 四章・『白装束の行方』[水虫](2009/10/25 16:02)
[30] 五章・『真実』[水虫](2009/10/26 08:48)
[31] 六章・『二人』[水虫](2009/10/27 21:49)
[32] 七章・『討伐の恩賞』[水虫](2009/10/28 17:55)
[33] 八章・『疑念と罪悪感』[水虫](2009/12/11 21:22)
[34] 九章・『乙女心』[水虫](2009/10/30 18:47)
[35] 十章・『迷子で子猫』[水虫](2009/11/01 04:35)
[36] 十一章・『武人の矜持』[水虫](2009/11/02 10:57)
[37] 十二章・『恋と恋』[水虫](2009/11/04 07:12)
[38] 十三章・『俺と一緒に』[水虫](2009/11/05 06:27)
[39] 三幕・終章・『地獄よりの使者』[水虫](2009/11/09 06:19)
[40] 四幕・『凶・恋姫無双』一章[水虫](2009/11/10 05:02)
[41] 二章・『暴君、始動』[水虫](2009/11/10 22:06)
[42] 三章・『あなたが信じた、私の道を』[水虫](2009/11/21 15:44)
[43] 四章・『撤退』[水虫](2009/11/19 05:42)
[44] 五章・『開門』[水虫](2009/11/15 06:06)
[45] 六章・『撃退』[水虫](2009/11/17 05:09)
[46] 七章・『瓦解』[水虫](2009/11/17 18:49)
[47] 八章・『昂揚と迷いと』[水虫](2009/11/19 06:02)
[48] 九章・『理想と現実』[水虫](2009/11/19 20:56)
[49] 十章・『届かぬ叫び』[水虫](2009/11/21 16:50)
[50] 十一章・『友軍の鎖』[水虫](2009/11/22 22:26)
[51] 十二章・『天下無双』[水虫](2009/11/24 07:33)
[52] 十三章・『高嶺の花』[水虫](2009/11/24 21:17)
[53] 十四章・『優しい道化』[水虫](2009/11/25 20:00)
[54] 十五章・『毒を以て』[水虫](2009/11/28 17:52)
[55] 四幕・終章・『不屈の志』[水虫](2009/11/28 20:11)
[56] 五幕・『西方の戦い』・一章[水虫](2009/11/29 19:58)
[57] 二章・『卑弥呼』[水虫](2009/11/30 18:03)
[58] 三章・『献帝』[水虫](2009/12/01 18:44)
[59] 四章・『不透明な溜め息』[水虫](2009/12/03 21:56)
[60] 五章・『日輪』[水虫](2009/12/05 18:17)
[61] 六章・『剣に宿る』[水虫](2009/12/07 06:40)
[62] 七章・『蝶は彷徨いて』[水虫](2009/12/08 06:12)
[63] 八章・『花に寄り添う』[水虫](2009/12/08 18:01)
[64] 九章・『かつての王都』[水虫](2009/12/10 07:15)
[65] 十章・『棺』[水虫](2010/01/14 19:39)
[66] 十一章・『交換条件』[水虫](2009/12/12 06:13)
[67] 十二章・『攻略不可能?』[水虫](2009/12/12 16:45)
[68] 十三章・『お姉さん』[水虫](2009/12/13 17:13)
[69] 十四章・『閻行』[水虫](2009/12/15 22:06)
[70] 前半終幕・『夢』[水虫](2009/12/16 22:16)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[12267] 三幕・終章・『地獄よりの使者』
Name: 水虫◆70917372 ID:8985ce85 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/11/09 06:19
 
「…………」
 
 霊帝が、死んだ。まだ幼い協皇子と弁皇子を残して。
 
 最も恐れていた事態。ボクだって、何進や十常侍との権力闘争で、今の官の状態はよくわかってる。
 
 もう二度と、同じ轍は踏まない。
 
「……間に合わなかったわね」
 
 募兵を何度も繰り返し、調練を執拗に行って、いざという時に備えて力は蓄えたつもりだけど……足りない。徴兵を月が嫌わなければ、もっとやり様はあったのに。
 
 ……いや、終わった事はもういい。
 
 今の漢は、あまりに弱りきっている。黄巾党なんて“ただの賊”に大陸全土を蝕まれるほどに。
 
 そして、霊帝が没して、幼い皇太子……実質的な傀儡が残った。
 
 そして、ボクたちの意思に関わらず、その傀儡を操るのはボクたちという事になる。
 
 この洛陽を治め、帝の側近を勤めていたのだから。
 
 そして必ず、それを妬み、奪いにくる連中は現れる。今度は明確な『力』を以て。
 
「(もう、いい加減にしてよ……)」
 
 ボクたちは、権力なんて欲しくなんてなかったのに。巻き込まれ、身を守った結果が今なだけだっていうのに。
 
「(月に、手出しなんてさせない)」
 
 でも、以前から霊帝は病に冒され、弱っていた。この展開は予想の範疇。当然、事前に手は打っている。
 
 ……一番、使いたくはなかった手だけれど。
 
「……また、汚れ役を頼まれてくれる? なるべく急いで」
 
「はっ! 我々は西涼からの忠臣、董卓様、賈駆様のためなれば!」
 
 ボクの命を受けて、何人もの部下が洛陽を去る。
 
 ……これでいい。
 
 この為に、この事態に備える為に、取り計らってきたのだ。
 
 今さら、躊躇うわけにはいかない。
 
 全てが順調、これでボクも月も自由になれる。月は悲しむだろうけど……大丈夫、ボクがついている。
 
 
『可愛い女の子が傍に居てくれた方が、人生に張り合いができるってもんだ』
 
 そう、全て順調。
 
『……ん、あんたがどうしても呼びたい! って言うのなら……呼ばせてあげても良いけど』
 
 だから……
 
『ああ。別に気にしてないよ。ああいう態度、詠の照れ隠しって分かるようになってきたし』
 
 だから、こんなの見せないで……
 
『うう、わ、分かったわよ! そうよ! どうせボクは意地っ張りな女ですよーだ!』
 
 ボクは、月を……
 
『直接口には出さないけど、言葉の端々とか態度から見え隠れする本心ってのも、可愛くて良いんじゃないかな?』
 
 
「ボクは、月を……守らないといけないんだからぁあっ!!」
 
 少女の慟哭は響き、しかし誰にも届かない。
 
 
 
 
「皆……俺についてきてくれ」
 
 などと、新たな旅立ちの決意を固めたのも束の間、元・義勇軍の兵士の皆の意思確認やら、その他諸々の準備をしている間に……霊帝が没した。
 
 さすがにそんな騒動を放置して身勝手に旅立つわけにもいかず、慌しい事後処理に追われた。
 
 何より、俺たちの足を止まらせた事実。
 
 月と詠が……姿を消した。
 
 
 
 
「遅れて、ごめん」
 
 朝の玉座の間に、俺は慌てて駆け込む。星、稟、風、雛里、恋、霞、舞无、もう全員揃っていた。いや、もう一人、息を切らした兵士がいた。
 
 ……確か霞の配下で、月と詠の捜索のために他国に斥侯に出てくれてた奴だ。
 
 この時点で、俺はこの招集の意味を大筋悟る。
 
「月と詠、見つかったのか!?」
 
 挨拶もそこそこにかじりつくように訊いた。
 
「一刀も来たし、話してや」
 
 霞が促し、そして兵士の口から語られる。一番重要な初めの言葉に、息を呑む。
 
「……は、はっ! 董卓様、賈駆様を探し、四方に飛んだ我々でありますが……誰一人、お二方の姿を確認する事は出来ませんでした。申し訳ありません!」
 
 その言葉に、皆の顔に安堵とも落胆ともつかない色が揺れる。多分、俺も似たような顔をしてるんだろう。
 
 見つからなかった事を悲しむべきか、“不幸な報せ”がなかった事を喜ぶべきか。
 
 まあ、二人の近衛も数人消えてるから、身の安全はある程度保証されてるような気も……
 
「? ……どした?」
 
 ふと、報告してくれた兵士の人が、俯いて口籠もっている。それを、霞が訝しげに睨んだ。
 
「し、しかし……」
 
 なおも渋る兵士は、チラチラと俺を横目に窺う。何故、ここで俺?
 
「俺なら構わないから、続き頼むよ」
 
「は……はぃ……」
 
 よくわからんが、話を訊かんと始まらないので続きを促す。俺だけ退室ってのも嫌だし。
 
 そして、それは告げられた。
 
「我々が向かった全ての街で、その…噂が広まっていまして……」
 
「噂?」
 
 オウム返しに訊き返した、気安く。それに対して、震えながら、顔を青ざめさせて、兵士は続けた。
 
「……王都にいる天の御遣いは……太守だった董卓を排して、天子を操り民に圧政を強いる暴君だと。そ、そのじ、実態は……天の遣いなどではなく、じ、地獄よりの使者であると……」
 
 あまりに突飛な内容に、まず頭が追いつかなかった。
 
「何だと貴様ぁっ!」
 
「ひぃっ!?」
 
 が、兵士の胸ぐらを掴むという舞无の直接的な行動で、逆に冷静になれた。
 
「舞无、落ち着いて。別にこの人が言ってるんじゃないんだから、噂だよ噂」
 
「ぬ、ぬぅう……」
 
 にしても、地獄よりの使者ね。どっかで聞いたような通り名だこと。
 
「しかし、火の無い所に煙は立たんというしなぁ」
 
「……星、お前ずっと俺と一緒に行動してたろうが」
 
「はて、そうだったかな?」
 
 って、遊んでる場合じゃない。
 
「……けど、ホンマに何でそんな噂が広まってんのやろな」
 
「そりゃぁ、噂を流した人がいるからですよー」
 
 霞の疑問に、風が応える。その間に、完全に畏縮してしまっている兵士を退室させてやる俺。
 
「誰だ! そんなデタラメを吹いて回ったのは!?」
 
「……わかりませんか?」
 
「わからん!」
 
 稟の応えに、きっぱりはっきり断言する舞无。ボルテージ上がりすぎてる。
 
「なるほどな……随分と悪辣な手を使う」
 
「…………?」
 
 星が得心がいったように頷き、恋が首を傾げる。……実は、俺もわかった気がする。認めたくはないが。
 
「ヒントは、『董卓を排して』、という部分ですねー」
 
「……あまり考えたくはありませんが、状況から見て、そう考えるのが一番自然です」
 
 風と雛里がそう言って、霞が目を丸くして、信じられないというように、それを口にする。
 
「まさか……月と、詠か?」
 
 認めたくない事実として、その言葉は皆の心に突き刺さる。
 
 
 
 
「あっんの、眼鏡っ!」
 
 ガンッ! と、霞が柱を殴りつける。苛立ちを隠そうともせずに。
 
「ちょ、張遼? 何を騒いでいる。何故そこで月と賈駆の名が出る? 私にもわかるように説明しろ!」
 
「あーもー! このド阿呆! 今の話の流れでそないな事もわからんのか!」
 
「何だと貴様!」
 
「二人とも、落ち着けってば」
 
 怒鳴り合う霞と舞无を宥めつつ、稟に目で説明を求める。他はともかく、舞无と恋はわかってないかもだし。
 
「つまり、霊帝の死によって再び権力闘争の矢面に立たされる事を恐れた月……いや、詠でしょうね。彼女は、その人身御供として、一刀殿を利用したのですよ」
 
「ご主人様の天の御遣いとしての風評を逆手に取った、効果的な流言飛語です」
 
「時代の流れを読んだ上での事前策か……。詠も中々優れた軍師のようだ」
 
 と、冷静に告げる稟、雛里、星。
 
「な、何だと!?」
 
 と詰め寄ろうとする舞无を後ろから押さえる俺に、今度は霞がつっかかる。
 
「大体、何で暴君に仕立て上げられた当人のアンタがボケッとしとんねん!? 状況わかっとんのか!」
 
「……わかってるよ」
 
 星、稟、風、雛里が冷静な理由は、何となくわかる。俺にも、似たような気持ちはあるし。
 
「霞こそ、冷静になれよ。確かにこのままじゃ覇権を狙う連中が、大義名分を掲げて俺の首を取りにくる。けど、それは多分……近いうちに必ず起こる事だったんだ」
 
 俺が、洛陽を発つ事を躊躇していた一番大きな理由。白装束なんていなくても、この王都が、この群雄割拠の時代の標的になるんじゃないかという懸念。それを、詠も感じていたという事だろう。
 
 皆、俺の言葉を黙って聞いてくれている。
 
「月が都を治めてたら月が、何進が生きてたなら何進が。誰かが“この先の時代”の生け贄になってたんだよ。今回はたまたま俺だったってだけだ」
 
「たまたまって……アンタ、詠にはめられたんやぞ!?」
 
「だから落ち着けって。なら霞は、仮に月が狙われたとしても、見捨てたりする? しないだろ?」
 
「う………」
 
 口籠もる霞、舞无はよくわかってなさそう。恋は……ちょっと表情が読めない。
 
「確かに、寂しい気持ちはあるけどさ。詠が月を守るためにやったって事くらいわかるし、月の立場が俺に替わっただけだよ。……詠って軍師がいなくなったのは、戦力的に痛いけど」
 
 本当に、前の世界みたいに反・董卓連合が組まれるってわかってたら、俺だって旅立ちを遅らせるつもりはあった。
 
 むしろ、その判断が着かなかったから、星たちに言われるまで迷ってたとも言える。
 
 俺の言葉に、どう返していいのかわからないように、霞は黙る。
 
 丁度いいので、旅立ちの約束を交わした面々に向き直る。
 
「稟、こんな事になっちゃったけど……」
 
「なおさら、放っておけないでしょう? いちいち訊かないで下さい」
 
 言って、稟はそっぽを向く。照れてるのか、こういう友情ネタみたいなノリが苦手なのか。
 
「風……」
 
「風はむしろ大歓迎ですよー? 遠回りどころか、一足飛びに暴君ですからねー」
 
 暴君を好意的に解釈するのもどうなんだ?
 
「雛里……」
 
「……どこまでも、お供します。ご主人様となら、地獄まででも」
 
 あまりに健気な応えに、頭を撫でてあげる。
 
「星、随分不名誉な通り名がついちゃったけど……」
 
 一番気になっていた『正義の味方』も、
 
「別に構わぬよ。己の正義に恥じる所が無ければ、堂々と胸を張っていれば良いのだからな」
 
 存外に、快いものだった。
 
「恋は、一刀を守る」
 
 恋の解は分かりやすかった。
 一番大切な事をわかっている、決めている。だからこそ、風評や原因には興味を持たない。そんな感じだった。
 
「舞无」
 
「……ま、守って欲しいか?」
 
「うん」
 
「ならば仕方あるまい! 我が全身全霊を以て守ってやる!」
 
 未だに状況をわかっているのかいないのか微妙な舞无は、可愛い理由で賛同してくれた。
 
 これで当人は隠してるつもりなのだから面白い。
 
「ああもうっ! わーったわい! ウチも付き合うたる!」
 
 最後に霞が、折れるように承諾する。
 
 ……本当に、“この世界でも”、俺はいい仲間を持った。
 
「それで、どうされるおつもりかな? “地獄よりの使者殿”」
 
 そう訊いてくる星の顔は、実に楽しそう。
 
「どうもこうもないさ」
 
 ようやくスタートラインに立つつもりだったのが、初手から大戦になるのだ。
 
 風ではないが、むしろ望むところ。
 
 
「掛かる火の粉は、払わせてもらう」
 
 
 この二ヵ月後、一つの連合が組まれる。
 
 名を、“反・北郷連合”。
 
 
 
 
(あとがき)
 何やら画像認証が外れたようで、個人的には嬉しい限り。舞さまには感謝し通しですね。
 とにかく今回で三幕終章、四幕に移ります。
 


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.026500940322876