SS投稿掲示板




No.12267の一覧
[0] 燐・恋姫無双【完結】[水虫](2010/09/28 06:20)
[1] 一幕・『新たな外史』一章[水虫](2009/12/08 06:04)
[2] 二章・『旅立ち』[水虫](2009/10/09 05:35)
[3] 三章・『旅の途中で(猫)』[水虫](2009/09/29 08:10)
[4] 四章・『そして再び、この場所へ』[水虫](2009/09/30 05:50)
[5] 五章・『天の御遣い』[水虫](2009/09/30 19:36)
[6] 六章・『月夜の下で』[水虫](2009/10/01 19:46)
[7] 七章・『仮初めの仲間』[水虫](2009/11/19 20:54)
[8] 八章・『最後の責任』[水虫](2009/10/03 11:16)
[9] 九章・『鳳凰の雛』[水虫](2009/10/04 15:27)
[10] 一幕・終章・『決起、北郷義勇軍』[水虫](2009/10/22 18:22)
[11] 二幕・『黄巾の乱』一章[水虫](2009/11/10 04:58)
[12] 二章・『翻る劉旗』[水虫](2009/10/08 16:53)
[13] 三章・『一刀と劉備』[水虫](2009/10/09 05:41)
[14] 四章・『戦う理由』[水虫](2009/10/09 14:34)
[15] 五章・『真夜中の訪問者』[水虫](2009/10/10 16:57)
[16] 六章・『誇りと信頼』[水虫](2009/10/11 20:08)
[17] 七章・『それぞれの葛藤』[水虫](2009/10/13 05:39)
[18] 八章・『尊きモノ』[水虫](2009/10/13 18:53)
[19] 九章・『三人の邂逅』[水虫](2009/10/15 04:58)
[20] 十章・『ご主人様』[水虫](2009/10/15 17:56)
[21] 十一章・『血盟』[水虫](2009/10/16 21:07)
[22] 十二章・『乱世の時流』[水虫](2009/10/18 00:07)
[23] 十三章・『一番のお友達』[水虫](2009/10/19 09:58)
[24] 十四章・『君主の戦い』[水虫](2009/10/20 16:02)
[25] 二幕・終章・『また会う日まで』[水虫](2009/10/22 18:23)
[26] 三幕・『一刀の選択』一章[水虫](2009/11/10 05:01)
[27] 二章・『張角の足跡』[水虫](2009/10/23 16:06)
[28] 三章・『王の語らい』[水虫](2010/01/09 07:10)
[29] 四章・『白装束の行方』[水虫](2009/10/25 16:02)
[30] 五章・『真実』[水虫](2009/10/26 08:48)
[31] 六章・『二人』[水虫](2009/10/27 21:49)
[32] 七章・『討伐の恩賞』[水虫](2009/10/28 17:55)
[33] 八章・『疑念と罪悪感』[水虫](2009/12/11 21:22)
[34] 九章・『乙女心』[水虫](2009/10/30 18:47)
[35] 十章・『迷子で子猫』[水虫](2009/11/01 04:35)
[36] 十一章・『武人の矜持』[水虫](2009/11/02 10:57)
[37] 十二章・『恋と恋』[水虫](2009/11/04 07:12)
[38] 十三章・『俺と一緒に』[水虫](2009/11/05 06:27)
[39] 三幕・終章・『地獄よりの使者』[水虫](2009/11/09 06:19)
[40] 四幕・『凶・恋姫無双』一章[水虫](2009/11/10 05:02)
[41] 二章・『暴君、始動』[水虫](2009/11/10 22:06)
[42] 三章・『あなたが信じた、私の道を』[水虫](2009/11/21 15:44)
[43] 四章・『撤退』[水虫](2009/11/19 05:42)
[44] 五章・『開門』[水虫](2009/11/15 06:06)
[45] 六章・『撃退』[水虫](2009/11/17 05:09)
[46] 七章・『瓦解』[水虫](2009/11/17 18:49)
[47] 八章・『昂揚と迷いと』[水虫](2009/11/19 06:02)
[48] 九章・『理想と現実』[水虫](2009/11/19 20:56)
[49] 十章・『届かぬ叫び』[水虫](2009/11/21 16:50)
[50] 十一章・『友軍の鎖』[水虫](2009/11/22 22:26)
[51] 十二章・『天下無双』[水虫](2009/11/24 07:33)
[52] 十三章・『高嶺の花』[水虫](2009/11/24 21:17)
[53] 十四章・『優しい道化』[水虫](2009/11/25 20:00)
[54] 十五章・『毒を以て』[水虫](2009/11/28 17:52)
[55] 四幕・終章・『不屈の志』[水虫](2009/11/28 20:11)
[56] 五幕・『西方の戦い』・一章[水虫](2009/11/29 19:58)
[57] 二章・『卑弥呼』[水虫](2009/11/30 18:03)
[58] 三章・『献帝』[水虫](2009/12/01 18:44)
[59] 四章・『不透明な溜め息』[水虫](2009/12/03 21:56)
[60] 五章・『日輪』[水虫](2009/12/05 18:17)
[61] 六章・『剣に宿る』[水虫](2009/12/07 06:40)
[62] 七章・『蝶は彷徨いて』[水虫](2009/12/08 06:12)
[63] 八章・『花に寄り添う』[水虫](2009/12/08 18:01)
[64] 九章・『かつての王都』[水虫](2009/12/10 07:15)
[65] 十章・『棺』[水虫](2010/01/14 19:39)
[66] 十一章・『交換条件』[水虫](2009/12/12 06:13)
[67] 十二章・『攻略不可能?』[水虫](2009/12/12 16:45)
[68] 十三章・『お姉さん』[水虫](2009/12/13 17:13)
[69] 十四章・『閻行』[水虫](2009/12/15 22:06)
[70] 前半終幕・『夢』[水虫](2009/12/16 22:16)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[12267] 四章・『白装束の行方』
Name: 水虫◆70917372 ID:b6f166f9 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/10/25 16:02
 
 華琳との話について、あれこれと詮索してくる皆の追及をのらりくらりと受け流し、今は馬上の俺。
 
「もうすぐ都やぁ〜、酒が飲める〜♪」
 
 霞、陳留でも飲んだろうに。
 
「俺の事はいいけど、皆は楽しんだ?」
 
「うむ! 久方ぶりにメンマを肴に酒を飲んでな」
 
 お前は大体わかってる。にしても、無邪気に笑ってる所を見ると、素直に可愛いと思う。……喜ぶ内容があれだが。
 
「……私は、本屋さんで、今まで買えなかった軍略の本……まとめて買えました」
 
 勉強熱心だな、雛里は。嬉しそうにしてからに。けど、どうせなら洛陽で買った方がよかったんじゃないか、というのは言わないのが吉か。
 
「私は雛里の付き添いに。少々危なっかしかったものですから」
 
 ……エロ本目当てじゃない、と信じてるぞ? 稟。
 
「街の治安、市の流れ、人々の笑顔。為政者の善政が透けて見えるようでしたねー」
 
 そして、さりげなく見るべき所をしっかり見ている風。
 
 頭が下がるぜ。「曹操様に、風の主たる器を見たのですよー」とか言いださないか心配だったが。
 
 
 そんな、一時の休息について話しながら……
 
「とうちゃーーく!」
 
 霞が、洛陽の門で元気よく叫んだ。その声に、俺の胸元の恋が身をよじり、目を覚ます。
 
 ……洛陽か。黄巾党討伐の功績、これからの足掛かり、という大々的な目的があるにせよ、とりあえずは……
 
「……恋、おかしな気配とか感じたりしない?」
 
 あの白装束のやつらの事が先決だ。時期的に、そろそろ暗躍してる可能性はある。
 
 恋なら、奴らの気配とかわかりそうな気がする。
 
「………おかしな、気配?」
 
 ああ、そうか。いきなりそんな漠然と言われてもわからんよな。
 
「ほら、あれ。何か全身白ずくめで、同じような事ばっか繰り返し言うようなやつの気配?」
 
 何だそれ、自分で言ってて意味わからなくなってきた。
 
「白……」
 
 言って、恋は無造作にビシッと指差す。……星を。
 
「いや、星じゃなくて。確かに全身白いけども」
 
「ん? 私がどうかしたのか?」
 
 指を差され、会話に加わろうとする星に、
 
「変」
 
 ビシッと告げて、
 
「変」
 
 さらに、アメをくわえる風に、
 
「変」
 
 霞、華雄、稟、次々に指差して……
 
「へ……」
 
 雛里を見て、言葉を止め……そして頭を撫でた。
 
 つーか、恋、いきなり何の暴露大会?
 
 恋に変と認識された皆さまの、怒りの視線の矛先は、何故か俺だし。
 
「……一刀よ、また恋に妙なことを吹き込んだのか?」
 
「“また”って何!? 俺はただ白装束の奴らの事を訊いただけだっての!」
 
 俺の言葉に、一同視線を星に集中……だから違うってば!
 
「白……? ああ、一刀またそないな事言っとるん?」
 
 一度相談した霞が、その部分に反応してくる。確かに、俺以外から見りゃおかしな主張だってわかるけどさ。
 
「また?」
 
「ああ、一刀、会ったばっかりの時にも似たような事言うてん。何や、一刀は白い服が嫌いなんか? 自分も上半身、白いキラキラやん」
 
 眼鏡を指でくいっと上げた稟に、霞が余計なことまで口走る。
 
「白くて何が悪い!?」
 
 何故か星が過剰反応するし。お前、そんな拘りあったんかい。大体、俺の好みだったとしても関係ないだろうに。
 
「だーかーら! 別に白い服が嫌いとか恨みがあるとかじゃなくて! 全身白ずくめの悪党に心当たりがあるって言うか……」
「言うに事欠いて……この趙子龍が悪党と言うかっ!」
 
 だからちげぇええ!!
 
 いい加減そこから離れろ!
 
 などとツッコミを入れる暇もなく、星は二人乗りの馬上から器用に俺だけを飛び蹴りで蹴落とす(恋は無事)。
 
「まさか、一年以上も共に旅を続けていて……そんな風に見られていようとは……」
 
「だから誤解だぁあ!」
 
 わなわなと震える星。華蝶仮面の事といい、こいつにとってはそういうのが結構重要なのか?
 
「よもや、悪党などと……」
 
「違う! 違うってば、星の事じゃなくて!」
 
 掴みかかって来ない当たりが、逆に不気味である。
 
 つーか、何でこんなわけわからん理由で怒られにゃならんのだ。
 
 そんな、俺(と星?)にとっては無意味に深刻で、他の皆(雛里と恋除く)からすればさぞ面白かろうやり取りは、唐突に終わりを告げる。
 
「……何やってんの? あんた達」
 
 呆れかえった声に目を向ければ……
 
「あ………」
 
 ジト目でこちらを睨む、緑の三つ編み眼鏡と、その少女に並ぶ、菫色の髪の少女を見つけた。
 
 
 
 
「いやー、月も賈駆っちも、出迎えご苦労さんやな〜♪」
 
「別に、出迎えに来たんじゃないわよ。市の視察に来たら、たまたまあなた達を見つけただけ。……で、あの人達は?」
 
 前方を歩く霞、詠、月、華雄。官軍で、恋だけが俺の横にいる。
 
 しかし……街や月たちの様子からして、少なくとも今はまだ白装束が暗躍してる気配はない。
 
 待てよ……? 前の世界で俺が詠に嫌われてたのって、俺を狙った白装束のやつらの手で、月を暴君にされたから……だよな。
 
 だったら、今回白装束の暗躍を阻止出来れば、結構フレンドリーに出来るのではなかろうか?(そもそも、今回も白装束が洛陽に出る確証もないし)
 
 そんな事を考えていると……
 
「ああ、最近噂の『天の御遣い』や。ウチらの討伐で、力貸してもらってん」
 
「あの、噂……?」
 
 メチャクチャ警戒心に溢れた視線で見られた。そりゃ胡散臭いのはわかるけどさ。
 
「ま、そう目くじら立てんといてや。あれでも恋のお気に入りやさかいな」
 
「……それは見ればわかるわよ」
 
 剣呑な気配を察して、霞がフォローを入れてくれる。まあ、確かに恋は見ればわかるか。
 
 ……にしても、何となく、黙って付いて行く、みたいな感じに落ち着いてるな。
 
 そんな中、霞が俺に気を遣ってか、先ほどの話題を出してくれた。
 
「賈駆っち、今洛陽に、白ずくめの怪しげな集団とか出たりしとる?」
 
「……白? 何の話か知らないけど、ボクや月の統治する街で、怪しげな集団なんて出させないわよ」
 
 とりあえず一安心、か。……あれ? 何か今、違和感が。
 
「え、詠ちゃん……」
 
 詠の発言に、困ったようにおずおずと声を掛ける月を見て、違和感をはっきり掴む。
 
 それは霞も同様らしい。
 
「……今、“月が統治する”、って言うた?」
 
 そうだ。月が洛陽の太守、だと言うなら、半年前に助けた大将軍様はどうした?
 
「……何進は死んだわ。今この洛陽は、月が治めているのよ」
 
 ………何ですと?
 
「し、死んだて何やねん。何で一人で尻尾巻いて逃げよった何進が死ぬんよ? 大体、何で月なん? 十常侍は!?」
 
 何か、細かい事情はわからんが、結構不穏な予感が募る。月の顔がどんどん青ざめてるのが、特に。
 
「そうだ! あんな豚などどうでもいいが、納得いくように説明しろ!」
 
「……ここではちょっと。城で話すわ」
 
 会話を端的に切り上げる詠。懸命な判断だな。あと華雄、さりげなくぶっちゃけるな。ここは洛陽だぞ?
 
 シュタタタッ!!
 
「ん?」
 
 何か、シリアスな空気を文字通り切り裂くような、軽快な足音が聞こえて……
 
「わうっ!」
 
「ぶっ!?」
 
 俺の顔面に、柔らかな獣毛が貼りついた。両脇を抱えてひっぺがしてみれば、予想通りの、ラブリーな三角耳がそこにいた。
 
「……よう」
 
「ハッ、ハッ、ハッ!」
 
 息切れしそうなほど興奮して、尻尾をフリフリ。
 
 やるなセキト。立ってる俺の顔面の高さまで跳躍するとは、俺の知る限り、ベスト記録の更新だ。
 
 伊達にあの『赤兎馬』の名前を取ってないな。
 
「セキトー、残念ながら飛び付く相手を間違ってるぜ?」
 
 言いつつ、セキトを恋に渡す。ちなみに、恋からセキトの事は聞いてるし、この行動は全然おかしい所はないはずだ。
 
「……この子が、セキト」
 
 俺が名前呼んだにも関わらず、紹介してくれる恋の腕の中で……セキトが未だに俺に飛び付こうともがいていた。
 
 ……何なんだ? 俺は世界を渡る時に、動物(恋も含む)に好かれるスキルでも修得したのか?
 
「か、可愛い……♪」
 
「ず、随分、一刀殿に懐いていますね」
 
「いつかの猫の時といい、恋ちゃんの時といい、お兄さんにはそういう才能があるのかも知れませんねー」
 
「……肉にでも見えているのではないか?」
 
 皆、それぞれにリアクションを取る中、星がボソッと毒をはく。……まだ根に持ってるよ。あとでフォローしとかないと、俺に鍛練という名の処刑が下される。
 
 そんな、セキトがもたらした和やかな空気を粉々に粉砕するように、
 
「ふんっぬーーーー!!」
 
 ドゴゴゴゴッ! と、大地を揺るがす地鳴りと、形容し難い音が響き渡る。
 
「な、何やこれ!?」
 
「ボクに訊かないでよ!?」
 
「お、音ではない。これは……人の、声!?」
 
「こ、こんな人の声が、あるのですか!?」
 
 皆、同じように混乱する中で、荒れ狂う砂煙が一直線にこっちに向かってくるのが見える。
 
「ごぉお〜〜〜……」
 
 詠が月を連れて、脇に下がる。星が、霞が、華雄が、各々の武器を構える。
 
「しゅぅ〜〜〜……」
 
 砂煙の原因、その姿が見えた。風、稟、雛里を後ろに下がらせる。
 
「じ〜〜〜……」
 
「何だ、貴様はぁ!?」
 
 迫る“それ”に、華雄の戦斧が唸りを上げて……
 
「なあっ!?」
 
 次の瞬間には、攻撃をしたはずの華雄が宙を舞う。まるで合気道だ。
 
「んん〜〜〜……」
 
「下がれ! 一刀っ!」
 
「ウチが相手や!」
 
 間髪入れず、左右から繰り出された星の刺突と霞の斬撃が……
 
「「っ!?」」
 
 上体を沈め、一気に加速した“それ”に躱され、ガキィッとぶつかる。
 
「さまぁ〜〜〜!!」
 
 躱し、そのまま俺に向かってくる絶望という名の肉厚を前に、俺は全てを諦めかけた……瞬間。
 
『っ……!』
 
 文字通り、時が止まったかのように、場の全てが静止した。
 
「近づくな」
 
「れ、恋……」
 
 恋の、俺の前方の空間を薙いだ、方天画戟の一閃によって。
 
「し、しどい、しどいわ皆して。私はただ涙の再会を喜ぼうとしただけなのに〜〜〜!!」
 
「……泣くな、マジで。キモいから」
 
 本来なら、泣きながら喜ぶ場面のはずの、『前の世界』の知己との再会。
 
 それを何で恐怖と呆れの感情で迎えねばならないのか。泣きたいのはこっちだ。
 
 こうして、俺は前の世界の記憶を持つ……おそらくは唯一の味方。筋肉の踊りこ・貂蝉との再会を果たした。
 
 
 
 
(あとがき)
 前回の感想で、読者の皆様からたくさんのフォロー(?)を頂きまして、ありがとうございます。
 今まで通りに、一場面一場面を薄くしないようにして進めて行こうと思います。
 
 


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.03080415725708