SS投稿掲示板




No.12267の一覧
[0] 燐・恋姫無双【完結】[水虫](2010/09/28 06:20)
[1] 一幕・『新たな外史』一章[水虫](2009/12/08 06:04)
[2] 二章・『旅立ち』[水虫](2009/10/09 05:35)
[3] 三章・『旅の途中で(猫)』[水虫](2009/09/29 08:10)
[4] 四章・『そして再び、この場所へ』[水虫](2009/09/30 05:50)
[5] 五章・『天の御遣い』[水虫](2009/09/30 19:36)
[6] 六章・『月夜の下で』[水虫](2009/10/01 19:46)
[7] 七章・『仮初めの仲間』[水虫](2009/11/19 20:54)
[8] 八章・『最後の責任』[水虫](2009/10/03 11:16)
[9] 九章・『鳳凰の雛』[水虫](2009/10/04 15:27)
[10] 一幕・終章・『決起、北郷義勇軍』[水虫](2009/10/22 18:22)
[11] 二幕・『黄巾の乱』一章[水虫](2009/11/10 04:58)
[12] 二章・『翻る劉旗』[水虫](2009/10/08 16:53)
[13] 三章・『一刀と劉備』[水虫](2009/10/09 05:41)
[14] 四章・『戦う理由』[水虫](2009/10/09 14:34)
[15] 五章・『真夜中の訪問者』[水虫](2009/10/10 16:57)
[16] 六章・『誇りと信頼』[水虫](2009/10/11 20:08)
[17] 七章・『それぞれの葛藤』[水虫](2009/10/13 05:39)
[18] 八章・『尊きモノ』[水虫](2009/10/13 18:53)
[19] 九章・『三人の邂逅』[水虫](2009/10/15 04:58)
[20] 十章・『ご主人様』[水虫](2009/10/15 17:56)
[21] 十一章・『血盟』[水虫](2009/10/16 21:07)
[22] 十二章・『乱世の時流』[水虫](2009/10/18 00:07)
[23] 十三章・『一番のお友達』[水虫](2009/10/19 09:58)
[24] 十四章・『君主の戦い』[水虫](2009/10/20 16:02)
[25] 二幕・終章・『また会う日まで』[水虫](2009/10/22 18:23)
[26] 三幕・『一刀の選択』一章[水虫](2009/11/10 05:01)
[27] 二章・『張角の足跡』[水虫](2009/10/23 16:06)
[28] 三章・『王の語らい』[水虫](2010/01/09 07:10)
[29] 四章・『白装束の行方』[水虫](2009/10/25 16:02)
[30] 五章・『真実』[水虫](2009/10/26 08:48)
[31] 六章・『二人』[水虫](2009/10/27 21:49)
[32] 七章・『討伐の恩賞』[水虫](2009/10/28 17:55)
[33] 八章・『疑念と罪悪感』[水虫](2009/12/11 21:22)
[34] 九章・『乙女心』[水虫](2009/10/30 18:47)
[35] 十章・『迷子で子猫』[水虫](2009/11/01 04:35)
[36] 十一章・『武人の矜持』[水虫](2009/11/02 10:57)
[37] 十二章・『恋と恋』[水虫](2009/11/04 07:12)
[38] 十三章・『俺と一緒に』[水虫](2009/11/05 06:27)
[39] 三幕・終章・『地獄よりの使者』[水虫](2009/11/09 06:19)
[40] 四幕・『凶・恋姫無双』一章[水虫](2009/11/10 05:02)
[41] 二章・『暴君、始動』[水虫](2009/11/10 22:06)
[42] 三章・『あなたが信じた、私の道を』[水虫](2009/11/21 15:44)
[43] 四章・『撤退』[水虫](2009/11/19 05:42)
[44] 五章・『開門』[水虫](2009/11/15 06:06)
[45] 六章・『撃退』[水虫](2009/11/17 05:09)
[46] 七章・『瓦解』[水虫](2009/11/17 18:49)
[47] 八章・『昂揚と迷いと』[水虫](2009/11/19 06:02)
[48] 九章・『理想と現実』[水虫](2009/11/19 20:56)
[49] 十章・『届かぬ叫び』[水虫](2009/11/21 16:50)
[50] 十一章・『友軍の鎖』[水虫](2009/11/22 22:26)
[51] 十二章・『天下無双』[水虫](2009/11/24 07:33)
[52] 十三章・『高嶺の花』[水虫](2009/11/24 21:17)
[53] 十四章・『優しい道化』[水虫](2009/11/25 20:00)
[54] 十五章・『毒を以て』[水虫](2009/11/28 17:52)
[55] 四幕・終章・『不屈の志』[水虫](2009/11/28 20:11)
[56] 五幕・『西方の戦い』・一章[水虫](2009/11/29 19:58)
[57] 二章・『卑弥呼』[水虫](2009/11/30 18:03)
[58] 三章・『献帝』[水虫](2009/12/01 18:44)
[59] 四章・『不透明な溜め息』[水虫](2009/12/03 21:56)
[60] 五章・『日輪』[水虫](2009/12/05 18:17)
[61] 六章・『剣に宿る』[水虫](2009/12/07 06:40)
[62] 七章・『蝶は彷徨いて』[水虫](2009/12/08 06:12)
[63] 八章・『花に寄り添う』[水虫](2009/12/08 18:01)
[64] 九章・『かつての王都』[水虫](2009/12/10 07:15)
[65] 十章・『棺』[水虫](2010/01/14 19:39)
[66] 十一章・『交換条件』[水虫](2009/12/12 06:13)
[67] 十二章・『攻略不可能?』[水虫](2009/12/12 16:45)
[68] 十三章・『お姉さん』[水虫](2009/12/13 17:13)
[69] 十四章・『閻行』[水虫](2009/12/15 22:06)
[70] 前半終幕・『夢』[水虫](2009/12/16 22:16)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[12267] 六章・『誇りと信頼』
Name: 水虫◆70917372 ID:31cfef67 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/10/11 20:08
 
「んで、何進が劣勢に回った途端に尻尾巻いて逃げよったせいで、ウチまでその殿に回されたわけやけど………」
 
 俺という生贄によって霞と皆の間にあったわだかまりのようなものは緩和され、あちこち痛い俺に構わず軍議は続く。
 
 結果的に良かったのかも知れないが、やっぱり痛い。
 
「大丈夫? 一刀さん」
 
「たんこぶ……大きい、です……」
 
 桃香と雛里は助けてはくれなかったけど、気遣ってはくれている。ああ……癒されるからもう良しとしとこう。
 
「そこで、逃げ帰っとる何進が待ち伏せされたゆうこっちゃ。最初から狙っとったとしか思えへん」
 
 なんて、呑気な事考えてる場合じゃないな。無い知恵絞って軍議に参加せねば………
 
「それは我々も思っていた。あれだけの集団、中にはそれなりに頭の回る者の一人や二人、出てきてもおかしくない」
 
「そうですね。そして、そういった人間が必ず指導者に祭り上げられます」
 
 星と稟が、霞の意見を補足しつつ同意する。俺もさりげなく並んで参加してみる。
 
「逃げ帰った、という事は、そちらの戦線は結局どうなったのでしょうかー?」
 
「何進が逃げて士気がガタガタになったはずやねんけど、何とか押し返したって伝令が来たから。とりあえずは心配ないわ」
 
 風が訊ね、霞が応える。ここで、ちょっと俺は違和感を覚えた。
 
 多分、この中でも一、二を争うはずの軍師二人が、まだ一言も軍議に参加していない。
 
「雛里、どうしようか?」
 
 さっきまで俺を気遣ってくれていた雛里に意見を訊くと………
 
「……は!」
 
 今まで見た事ないくらいの速度で、朱里の後ろに隠れた。
 
「ひ、雛里ちゃん〜〜………」
 
「ご、ごめん……でも……」
 
 そのままお互い背中に隠れようとしてぐるぐると回るお二人さん。
 
 しばらくしてそれを続けた後、二人並んで手を繋ぐという妥協案に落ち着いたらしい二人は………
 
「そ、そその撤退で黄巾ほうがひゃぶ………!」
 
「今日……いえ、昨日捕えひゃ敵ひょはう……!」
 
 カミ過ぎて、何を仰っているのかわかりませんでした。
 
 しかし、前の世界では朱里だけだったが。二倍かぁ………。
 
 ふと、星と目が合った。あの眼は、俺と同じ衝動を感じたに違いない。
 
 それをお互いが見抜いた瞬間、星の(多分俺も)眼がキランと輝き、俺たちは合図も打ち合わせも無しに、全く同時にガシッと腕を組んだ。
 
「……何なのだ、この変態どもは………」
 
 何か辛辣な呟きがボソッと聞こえたような気がしたが気にしない。今、俺は不思議なシンパシーに軽く感動しているのだ。
 
 ……って、だから遊んでちゃダメなんだっ、て…ば……あれ?
 
「張遼。つまり俺たちが戦ってたのは、ただの待ち伏せ部隊で、本隊はもっと大部隊で、そこで官軍と黄巾党が大激突してた……でいいんだよな?」
 
 事柄を頭の中で整理するように訊ねて、
 
「ああ、まあそういう事やな」
 
 肯定。
 
 …………ふむ。
 
「………大軍なら大軍なほど、糧食が必要になるはず、だよな?」
 
「そりゃそやろ。何当たり前の………」
「……なるほど」
 
 霞の言葉を遮って、稟が納得の声を上げる。
 
 良かった。的外れな事言ったかと思った。
 
「凄いです! 一刀さん!」
 
 官軍の将を前にしてカチコチになっていた(推測)雛里が、自然体に戻って喜んでくれる。ただ、“驚く”じゃなかったという事は、多分雛里は気付いてたんだな。
 
「……ああ! そういう事か!」
 
 霞も気付いた。顔を見るに、星も愛紗も風も気付いたようだ。朱里は最初から気付いてたっぽい。
 
「「………?」」
 
 桃香と鈴々だけが、首を傾げている。
 
「近くに、食糧だの武器だの貯め込んどる場所がある。そうゆうこっちゃ」
 
 獲物を見つけたような強気な笑みを浮かべた霞が、桃香に教えて。
 
「うむ! でかしたぞ、一刀」
 
 俺が、星に上から目線で褒められて。
 
「えっ? あっ、そっか! 一刀さんすごーい!」
 
 遅れて気付いた桃香にも褒められて。
 
「幸い今日捕らえた捕虜もいますしね、場所の特定は比較的簡単かも知れませんよー」
 
 風が微妙にご機嫌なオーラを発しつつ。
 
「「………………」」
 
 愛紗と朱里には、何か妙な視線を向けられた。
 
「にゃ?」
 
 結局最後までわかっていない鈴々を眺めてから、また霞に視線を戻す。
 
「……張遼、敵の拠点がわかったとしても、そんな所の守りが薄いわけがない」
 
 その一言で、霞は俺の言いたい事を悟ったのだろう。眉がぴくんとはね上がる。
 
「……へぇ、自分。ウチらを囮にしようっちゅーんか?」
 
「俺たちの兵力じゃ、敵兵を引きずりだせない。逆に張遼の部隊は警戒されてるだろうから、奇襲には向かない」
 
 声音は剣呑、だけど霞の口元は、とても楽しそうに歪んでいく。
 
「適材適所、ゆうわけか」
 
「必ず成功させる。だから、俺たちを信じて……敵を引き付けるために戦って欲しい」
 
 霞の射ぬくような視線は、ずっと俺の眼を捉え続けていた。
 
 
 
 
 面白い奴、とは思った。
 
 単に良い所に気がついたとか、そういう事やない。
 
 仮にも大将軍である何進の事を、官軍の将であるウチの前で呼び捨てたり、全然物怖じせずに接してきたり、挙げ句こんな要求までしてくる。
 
 とにかく、どこにでもいそうな顔のくせに、見た事ないような対応してくる、その挙動の一つ一つが珍しく、新鮮、って感じやった。
 
「……あんたが失敗したら、ウチらは分の悪い戦局で黄巾の奴らと戦い、兵たちを犬死にさせる事になる。それをわかった上で言うとるんやな?」
 
 とはいえ、こっちも一軍を預かる将。信じろ言われて、「はいそうですか」とはいかん。
 
「適当に言ってるわけじゃないさ。この義勇軍の仲間たちと張遼たちの力を合わせれば、絶対に成功するって確信してるから、頼んでるんだ」
 
 ………とりあえず、思いつきや猪突やない、か。
 
「ほなら言い方変えるけど、ウチらが十分に敵を引っ張り出せんやったら、兵力の少ない自分らの義勇軍は大打撃、最悪全滅、それもわかっとるんやろな?」
 
「もちろん、それもわかってる。それに………」
 
 覚悟もあり、か。ん? 続くんか。
 
「張遼たちの事、信じてるから」
 
 ……………………。
 
 ……よく、こういう台詞が咄嗟に出るなぁ。と、呆れるより早く、
 
「ぷっ!」
 
 吹き出した。
 
「あはははははっ!! えーよ! その策、乗ったるわ!」
 
 元々面白いとは思っとったけど、気持ちが固まった。
 
「………いいの?」
 
 言い出しっぺが、信じられんようなもんでも見るような顔。ちょっとだけムカつく。
 
「策の妥当性はわかっとるつもりや。それにな………」
 
 気持ちが固まったんは、むしろこっちが本音。
 
「ウチにも、武将としての誇りがある。信じてる言われて、それを裏切れんからな」
 
 実際、何で今日初めて会った奴の言葉なんて信じるんかわからんけど、これでも人を見る眼はある。
 
 嘘か本気かくらい、眼を見れば……ッ……!?
 
 
『そ 信頼に応 るか裏切 か……そ は張遼次 だよ』
 
『せや、武将としての誇りがあるから、信頼してるて言われたら、裏切れんやろ』
 
『う 。そこ へんを踏ま た上で ってる』
 
『食 ん人や 、ホ マ』
 
 何や……? 今……
「張遼?」
 
「!」
 
 一瞬意識飛んどったのを、目ざとく気付いて北郷が顔を覗き込んできとる。……あかん、何を呆けとるんやろ。
 
「ッとにかく! お互いが信頼に応えるだけの働きせんと大惨事や! ええな!」
 
「っ、おう!」
 
 ……疲れとるんかも知れんな。
 
「今日はもう休み。特に自分ら、今日は派手に戦った後やろ」
 
 ただあの言葉、初めて使ったような気がせんのは……まあ、気のせいか。
 
 
 
 
「いや〜、張遼が話のわかる人で助かったな」
 
 ぞろぞろと自分たちの陣地に帰る一行の中、俺のテンションはだだ上がりである。
 
 これが上手くいけば黄巾党への決定的な兵糧攻めが成功するし、俺たちの食糧不足も解消出来るかも知れない。
 
 加えて、霞と友好的に話せたのも、嬉しかった。別人だとわかっていても、どうして嬉しくなってしまう。
 
『…………………』
 
「「?」」
 
 何故か誰も返事してくれなかったから振り返れば、またも俺が見られていた(鈴々だけは俺と同じアクション)。
 
 やばい。そういえば俺、軍議の最後の方はまた勝手に色々話進めてた気がする。
 
「あ、あの……怒ってます?」
 
 念のため、弱腰に訊ねてみる俺。しかし……
 
「あ、いや……何でもない」
 
 ? 星らしからぬ曖昧さ。見れば、皆一様に似たような態度である。
 
 怒ってないなら、大丈夫なのか? しかし、さっき皆に睨まれた時とも雰囲気が違う。
 
 何か、えらく真剣な……
「何でもないって! ほらほら、早く戻ろっ♪」
 
「おわっ!?」
 
 やはり一番早く、何事もなかったように復活した桃香が、俺の背をぐいぐいと押して歩きだす。
 
 こ、ここは空気を読んで知らない顔をする所なのか? いや、桃香の行動からしてそうなんだろうけど……。
 
 桃香、かぁ……。
 
 自分の真後ろの少女と、さらに後ろの少女たち。
 
 複雑に渦巻く想いを抱いて、月を見上げる。
 
 
 ……俺もよく、今の皆みたいな顔してるのかも知れないな。
 
 
 
 
(あとがき)
 二幕で予想以上に尺取りそうな予感。
 ふと、この作品を遅れて見始める読者様とかが、サブタイトルで展開を先に読めてしまうという可能性を考えました。
 毎回は要らないか、と思い直し、ちょっと表示形式変えようかと悩んでます。どうでしょう?
 
 


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.029610872268677