SS投稿掲示板




No.12267の一覧
[0] 燐・恋姫無双【完結】[水虫](2010/09/28 06:20)
[1] 一幕・『新たな外史』一章[水虫](2009/12/08 06:04)
[2] 二章・『旅立ち』[水虫](2009/10/09 05:35)
[3] 三章・『旅の途中で(猫)』[水虫](2009/09/29 08:10)
[4] 四章・『そして再び、この場所へ』[水虫](2009/09/30 05:50)
[5] 五章・『天の御遣い』[水虫](2009/09/30 19:36)
[6] 六章・『月夜の下で』[水虫](2009/10/01 19:46)
[7] 七章・『仮初めの仲間』[水虫](2009/11/19 20:54)
[8] 八章・『最後の責任』[水虫](2009/10/03 11:16)
[9] 九章・『鳳凰の雛』[水虫](2009/10/04 15:27)
[10] 一幕・終章・『決起、北郷義勇軍』[水虫](2009/10/22 18:22)
[11] 二幕・『黄巾の乱』一章[水虫](2009/11/10 04:58)
[12] 二章・『翻る劉旗』[水虫](2009/10/08 16:53)
[13] 三章・『一刀と劉備』[水虫](2009/10/09 05:41)
[14] 四章・『戦う理由』[水虫](2009/10/09 14:34)
[15] 五章・『真夜中の訪問者』[水虫](2009/10/10 16:57)
[16] 六章・『誇りと信頼』[水虫](2009/10/11 20:08)
[17] 七章・『それぞれの葛藤』[水虫](2009/10/13 05:39)
[18] 八章・『尊きモノ』[水虫](2009/10/13 18:53)
[19] 九章・『三人の邂逅』[水虫](2009/10/15 04:58)
[20] 十章・『ご主人様』[水虫](2009/10/15 17:56)
[21] 十一章・『血盟』[水虫](2009/10/16 21:07)
[22] 十二章・『乱世の時流』[水虫](2009/10/18 00:07)
[23] 十三章・『一番のお友達』[水虫](2009/10/19 09:58)
[24] 十四章・『君主の戦い』[水虫](2009/10/20 16:02)
[25] 二幕・終章・『また会う日まで』[水虫](2009/10/22 18:23)
[26] 三幕・『一刀の選択』一章[水虫](2009/11/10 05:01)
[27] 二章・『張角の足跡』[水虫](2009/10/23 16:06)
[28] 三章・『王の語らい』[水虫](2010/01/09 07:10)
[29] 四章・『白装束の行方』[水虫](2009/10/25 16:02)
[30] 五章・『真実』[水虫](2009/10/26 08:48)
[31] 六章・『二人』[水虫](2009/10/27 21:49)
[32] 七章・『討伐の恩賞』[水虫](2009/10/28 17:55)
[33] 八章・『疑念と罪悪感』[水虫](2009/12/11 21:22)
[34] 九章・『乙女心』[水虫](2009/10/30 18:47)
[35] 十章・『迷子で子猫』[水虫](2009/11/01 04:35)
[36] 十一章・『武人の矜持』[水虫](2009/11/02 10:57)
[37] 十二章・『恋と恋』[水虫](2009/11/04 07:12)
[38] 十三章・『俺と一緒に』[水虫](2009/11/05 06:27)
[39] 三幕・終章・『地獄よりの使者』[水虫](2009/11/09 06:19)
[40] 四幕・『凶・恋姫無双』一章[水虫](2009/11/10 05:02)
[41] 二章・『暴君、始動』[水虫](2009/11/10 22:06)
[42] 三章・『あなたが信じた、私の道を』[水虫](2009/11/21 15:44)
[43] 四章・『撤退』[水虫](2009/11/19 05:42)
[44] 五章・『開門』[水虫](2009/11/15 06:06)
[45] 六章・『撃退』[水虫](2009/11/17 05:09)
[46] 七章・『瓦解』[水虫](2009/11/17 18:49)
[47] 八章・『昂揚と迷いと』[水虫](2009/11/19 06:02)
[48] 九章・『理想と現実』[水虫](2009/11/19 20:56)
[49] 十章・『届かぬ叫び』[水虫](2009/11/21 16:50)
[50] 十一章・『友軍の鎖』[水虫](2009/11/22 22:26)
[51] 十二章・『天下無双』[水虫](2009/11/24 07:33)
[52] 十三章・『高嶺の花』[水虫](2009/11/24 21:17)
[53] 十四章・『優しい道化』[水虫](2009/11/25 20:00)
[54] 十五章・『毒を以て』[水虫](2009/11/28 17:52)
[55] 四幕・終章・『不屈の志』[水虫](2009/11/28 20:11)
[56] 五幕・『西方の戦い』・一章[水虫](2009/11/29 19:58)
[57] 二章・『卑弥呼』[水虫](2009/11/30 18:03)
[58] 三章・『献帝』[水虫](2009/12/01 18:44)
[59] 四章・『不透明な溜め息』[水虫](2009/12/03 21:56)
[60] 五章・『日輪』[水虫](2009/12/05 18:17)
[61] 六章・『剣に宿る』[水虫](2009/12/07 06:40)
[62] 七章・『蝶は彷徨いて』[水虫](2009/12/08 06:12)
[63] 八章・『花に寄り添う』[水虫](2009/12/08 18:01)
[64] 九章・『かつての王都』[水虫](2009/12/10 07:15)
[65] 十章・『棺』[水虫](2010/01/14 19:39)
[66] 十一章・『交換条件』[水虫](2009/12/12 06:13)
[67] 十二章・『攻略不可能?』[水虫](2009/12/12 16:45)
[68] 十三章・『お姉さん』[水虫](2009/12/13 17:13)
[69] 十四章・『閻行』[水虫](2009/12/15 22:06)
[70] 前半終幕・『夢』[水虫](2009/12/16 22:16)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[12267] 燐・恋姫無双【完結】
Name: 水虫◆70917372 ID:31cfef67 次を表示する
Date: 2010/09/28 06:20
 
 鏡が、淡い光を放ち始めて、自分という存在を形作る想念を呑み込んでいく。溶かされていく。
 
 この物語の突端と、同じ光。そして‥‥外史を終焉へと導く光。
 
 切り離されたフィルムのように、途切れ途切れに、脳裏をよぎる。
 
 今まで過ごした時間。
 向けられた笑顔。
 柔らかな、温もり。
 
 走馬灯のように、浮かんでは消えていく。
 
 自分という想念が薄れていくことを感じながら、それでも俺は心の中に愛しき人たちを思い描く。
 
 不意に‥‥‥‥声が聞こえた。
 
「ご主人様!」
 
 愛紗‥‥‥‥‥。
 
 白い光に包まれ、薄れゆく視界に、確かに見えた。
 
 ずっとそばにいてくれた、心優しき少女。
 この戦いの物語の中、ずっと俺を支え、時には励ましてくれた、大切な半身。
 
 愛沙だけじゃ、ない。
 
 星、翠、朱里、鈴々、紫苑‥‥‥。
 
 皆、こっちに走ってくる。俺を助けようと、手を伸ばしてくる。
 
「約束したのに‥‥っ! ずっと‥‥‥ずっと一緒にいるって約束したのにっ!」
 
「私を置いて、どこへ行くおつもりですか! そんな事ッ、絶対に許しませんよ!!!」
 
「ご主人様! どこにも行かないで! あたしを一人にしないでよ!」
 
「消えないで‥‥っ! 絶対に助けてみせますから! どこにもいかないでっ!」
 
「やだよっ! お兄ちゃんとお別れしたくない!」
 
「そんなの嫌ッ、ご主人様がいなくなるなんて嫌よッ!」
 
 道を阻む少年‥‥左慈に一切構わず、ただただ‥‥‥その手を伸ばす。
 
 
 嫌、だ‥‥‥‥。
 
 離れたくない。もう、彼女たちのいない世界なんて‥‥考えられない。
 
 たとえ‥‥消え去る運命だとしても‥‥‥
 
「み、皆‥‥‥‥!」
 
 こんな別れ、認めない。
 
 まだ、まだ皆と一緒に生きていたい。
 
 ここにいる愛沙たちだけじゃない。
 
 無口な恋、陽気な霞、口うるさい詠に、心根の優しい月。
 
 敵対し、そして文句を言いながらも仲間となり、俺を助けてくれた華琳たち。
 
 王としての責任、役割‥‥‥そういったものを教えてくれた蓮華たち。
 
 力の無かった俺を助けてくれた、義侠に富んだ少女、公孫賛。
 
 この世界で生まれた絆が、それを失う恐怖が、この胸を締め付ける。
 
「傀儡どもが、そんなにそいつが好きなら、全員まとめて殺してやるよッ!!」
 
 俺に向かって走る、左慈に背を向ける仲間たちに、その凶拳が振るわれる。
 
「ぐぅっ!」
 
 紫苑が、倒れた。
 
「にゃぁっ!?」
 
 鈴々が、倒れた。
 
 背を向け、走る少女たちに振るわれる豪撃。武の達人も、世に名だたる英傑も関係ない、今は一人の少年しか見えていない。
 
 
「くそぉっ!」
 
 叫ぶ声すらも、消え入りそうに掠れる。
 
 もはや意識すらも消え果てそうに薄れる中で‥‥
 
「きゃあっ!」
 
「っぁああ!!」
 
 朱里と、翠が倒れた‥‥‥ようだ。
 
 もう、目も見えない。
 
「一刀殿!!」
 
 星が、倒れた。
 
 かなり間近で聞こえた、そう思えたのに‥‥その声はひどく遠い。
 
「一刀様!!」
 
 愛沙の声、さっきよりさらに‥‥近い。
 
「うっ‥‥‥ぁあああ!!」
 
 目も見えない、耳も‥‥もう聞こえない。
 
 それでもただひたすら、爆発させるように、がむしゃらにその手を伸ばした。
 
 
 そして、その手は‥‥‥‥
 
 
 
 
 ただ、虚を掴み、新たな外史の扉が開かれる。
 
 
 
 
 築いた絆は、育んだ絆は、伸ばした絆は‥‥‥しかし届かず。
 
 
 新たな外史に、その爪痕を残す。
 
 
 
 
(あとがき、兼まえがき)
 はじめまして、水虫と申します。
 まず、はじめに。
 今回はプロローグという事もあり、特に短いですが、私は携帯からの投稿なため、以降の話も字数制限により、一話一話がそれなりに短くなってしまうかと思います。
 私は、三國志に関する知識はそんなにありません。ので、所々おかしな点が見られるかと思いますが、その際にはご指摘頂ければ幸いです。修正可能な部分であれば直します。
 それ以外でも、今回が初投稿‥‥というわけではありませんが、未熟な所が多かろうと思いますが、完結目指して頑張りますので、よろしくお願いします。
 
 
(注意)
 本作品は、内容に原作キャラの死が含まれます。
 
 


次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.032754898071289