SS投稿掲示板




No.10793の一覧
[0] 天使を憐れむ歌 【ゼロ魔×エヴァ】【オリ設定の嵐】[エンキドゥ](2014/03/14 23:48)
[1] プロローグ 赤い海の畔で[エンキドゥ](2009/08/15 09:27)
[2] 第一話 召還[エンキドゥ](2013/03/09 22:48)
[3] 第二話 見知らぬ世界[エンキドゥ](2013/03/09 22:56)
[4] 第三話 2日目 その1 疑惑[エンキドゥ](2013/03/09 22:51)
[5] 第四話 2日目 その2 探知魔法[エンキドゥ](2013/03/09 22:54)
[6] 第五話 2日目 その3 授業[エンキドゥ](2013/03/09 22:57)
[7] 幕間話1  授業参観[エンキドゥ](2013/03/09 23:00)
[8] 第六話 2日目 その4 決闘?[エンキドゥ](2013/03/09 23:04)
[9] 第七話 2日目 その5 決意[エンキドゥ](2013/03/09 23:14)
[10] 第八話 3日目 その1 使い魔の1日[エンキドゥ](2013/03/09 23:09)
[11] 第九話 3日目 その2 爆発[エンキドゥ](2013/03/09 23:13)
[12] 第十話 虚無の休日 その1 王都トリスタニア[エンキドゥ](2013/03/09 23:18)
[13] 第十一話 虚無の休日 その2  魔剣デルフリンガー[エンキドゥ](2013/03/09 23:23)
[14] 第十二話 土くれのフーケ その1 事件[エンキドゥ](2013/03/09 23:40)
[15] 幕間話2 フーケを憐れむ歌[エンキドゥ](2013/03/10 05:17)
[16] 第十三話 土くれのフーケ その2 悪魔[エンキドゥ](2013/03/10 05:19)
[17] 第十四話 平和なる日々 その1[エンキドゥ](2013/03/10 05:21)
[18] 第十五話 平和なる日々 その2[エンキドゥ](2013/03/10 05:23)
[19] 第十六話 平和なる日々 その3[エンキドゥ](2013/03/10 05:24)
[20] 第十七話 王女の依頼[エンキドゥ](2013/03/10 05:37)
[21] 第十八話 アルビオンヘ その1[エンキドゥ](2013/03/10 05:39)
[22] 第十九話 アルビオンへ その2[エンキドゥ](2013/03/10 05:41)
[23] 第二十話 アルビオンへ その3[エンキドゥ](2013/03/10 05:43)
[24] 第二十一話 アルビオンへ その4[エンキドゥ](2013/03/10 05:44)
[25] 第二十二話 アルビオンへ その5[エンキドゥ](2013/03/10 05:45)
[26] 第二十三話 亡国の王子[エンキドゥ](2013/03/11 20:58)
[27] 第二十四話 阿呆船[エンキドゥ](2013/03/11 20:58)
[28] 第二十五話 神槍[エンキドゥ](2013/03/10 05:53)
[29] 第二十六話 決戦前夜[エンキドゥ](2013/03/10 05:56)
[30] 第二十七話 化身[エンキドゥ](2013/03/10 06:00)
[31] 第二十八話 対決[エンキドゥ](2013/03/10 05:26)
[32] 第二十九話 領域[エンキドゥ](2013/03/10 05:28)
[33] 第三十話 演劇の神 その1[エンキドゥ](2013/03/10 06:02)
[34] 第三十一話 演劇の神 その2[エンキドゥ](2014/02/01 21:22)
[35] 第三十二話 無実は苛む[エンキドゥ](2013/07/17 00:09)
[36] 第三十三話 純正 その1 ガンダールヴ[エンキドゥ](2013/07/16 23:58)
[37] 第三十四話 純正 その2 竜と鼠のゲーム[エンキドゥ](2013/10/16 23:16)
[38] 第三十五話 許されざる者 その1[エンキドゥ](2014/01/10 22:30)
[39] 幕間話3 されど使い魔は竜と踊る[エンキドゥ](2014/02/01 21:25)
[40] 第三十六話 許されざる者 その2[エンキドゥ](2014/03/14 23:45)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[10793] 第六話 2日目 その4 決闘?
Name: エンキドゥ◆37e0189d ID:2bbbedfc 前を表示する / 次を表示する
Date: 2013/03/09 23:04


もうすぐお昼である。

今度は、時間もあり、ルイズは正式にマルトー料理長にシンジの食事を依頼する事にした。
さて、このマルトー料理長、四十すぎの太ったおっさんである。もちろん貴族ではなく、平民ではあるのだが、魔法学院の調理場を任されているとなれば、収入は身分の低い貴族などは及びも付かなく羽振りはいい。そんな羽振りのいい平民の例に漏れず学院の調理場を任されているくせに貴族と魔法嫌いで有名である。
無論、普段はそんな態度をとったりはしないが。

「あー、貴族様、ひとつお聞きしたいことが」
「なにかしら、マルトー料理長?」
「ぜんたい、あの子は何者なんです?食事のマナーは貴族様並で、料理にもずいぶんと詳しく、そのくせ、あっしらとまかないを食っているときにいきなりボロボロ泣き始めやすし」

さすがに、魔法学院の料理長を務めるとなると、どこか見る目が違うようである。
しかし、ルイズはこの台詞にもずいぶんと驚かされた。今日の授業の事と言い、シンジは中々使えそうだ。 

「へええ、そうなの」
「そうなのって、知らなかったんですかい」
「昨日、呼び出したばっかりなのよ、しょうがないじゃない!」
「へぇ、まあそうですがね」
「まあ、ロバ・アル・カリイエからやってきたとだけ言っておくわ!」

詳しく紹介しようにも、断片的な情報が多くルイズ自身、シンジをまだ良く知らない。

ルイズは調理場から戻る道すがら考える。
通常、空を飛ぶ使い魔や犬ネコ等は索敵系に分類され、モグラ、カエル、リス、ねずみ等の小さな使い魔は情報探索系、マンティコア、サラマンダーなどの体の大きな幻獣は戦闘系、あるいは戦闘補助系となる、また、ユニコーンやグリフォンなどは移動系である。

もちろん、使い魔は上記のような大雑把な使い方ばかりではなく、モグラを戦闘に参加させることもあるだろうし、グリフォンやユニコーンを索敵に出すこともあるだろう。
そこはメイジの裁量しだいではあるが。

人を乗せ、素晴らしいスピードで飛び回り、あるいは走り回り、また戦闘にも強いドラゴンはやはり人気の高い使い魔ではある。(その代わり、維持費が一番高いのもドラゴンではあるが)

振り返ってみてシンジはどうであろうか?

まず、人である。それなりに頭がいいことはわかっている。知識も今までルイズが目を向けてこなかった方面も含めてかなりある。
また、言葉をしゃべれるのはありがたい。使い魔にしゃべらせるのはルーンの効能のかなりの部分を持っていってしまうため、素でしゃべれるシンジはありがたい。
ルイズはここまで考えて、はたと気が付いた。

(そうだ、ルーン)

今の、今まで忘れていた。シンジにはルーンが刻まれたのだ。しかも2つも。つまり、何らかの特殊能力が備わった可能性が高いということである。

(まさか、知能に全部持っていかれたのでは?)

いやいやそれは無いな、と頭をふる。
とにかく、今まで人を使い魔にした例はなく、何が起こっても不思議ではない。
シンジを見た目で判断すれば、そう背が高いとはいえない華奢な体つきで戦闘系ではないことは一目でわかる。
するとやはり情報探索系の使い魔といえるだろうか?
そして、先ほどの授業中、自分の爆発を食い止めた何らかの力。
あれが、シンジのルーンによるものだとすれば、それはすなわち自分の系統がそれでわかるかもしれない。

(エアシールド?これは違うだろう、風魔法のエアシールドは、弾き返すというよりは逸らす系のガード魔法だ。水系統のウオーターシールドも同じ)

ルイズは、いくつか頭の中でエアシールドの応用法を考えたが、どれにも当てはまらずこの考えを放棄した。

(火系統のファイアーウオール?あんな球形にはならないし、私の爆発が防げるとは思えない。
土系統のアースウォールは唯一その強度により防げそうだが、魔法を使った形跡が残るし、だいたい教室に土なんか無い。
(なにか、空気その物に『固定化』の上級魔法である『硬質化』をかけたような、あるいは魔法力そのものを壁にしたような)

しかし、ルイズにはそんな魔法に心当たりは無い。彼女自身に魔法は使えなくとも、その知識量は3年生にも引けを取らないはずだと自負している。
比較的簡単とされるコモンスペルを除き、大体の系統魔法には媒体(エレメント)が必要である。
自分の魔法の利きが良い媒体を自分の系統といっているのだ。

(例外は火か、いやいやこれも大気であれ、紙であれ燃えるべきものを燃やしている。要はそこに、自分の精神力を……あっ!)

ルイズはあることに気が付いた。


第六話 2日目 その4 決闘?


ルイズは昼食を終え、大好きなデザートの時間である。 今日のスイーツ(笑)はピーチパイのようだ。クックベリーパイほどではないが、ルイズの好物のひとつだ。それを、紅茶と共に楽しんでいる。
ルイズがそれらをゆっくり堪能していると、ヴェストリの広場のほうから声がしてきた。

「諸君、決闘だ!」
「ギーシュ様、ギーシュ様、決闘じゃないです。試合です。試合」
「こまけぇこたぁいいんだよ。とにかく決闘だ!」

(んん、なんか今シンジの声が聞こえたような)

ルイズは急いで目の前のデザートをかたずけると、ヴェストリの広場のほうに向かった。
すでに、広場は大勢の生徒たちで溢れかえっていた。

「ギーシュが決闘するぞ!相手はルイズの使い魔だ!」

ギーシュは腕を振って、歓声に応えている。ルイズは人波に押され、なかなか中央に出られない。

事の発端は大した事ではない。
貴族たちのデザートを運び込んでいたシエスタが大方配り終わり食堂を出るときに、すでに食事を終え外に出ようとして忘れ物に気が付いて戻ろうとしたギーシュと軽くぶつかってしまったのだった。
ギーシュにしてみれば、メイドの女の子と出会い頭にぶつかるなんてのは人生のご褒美であって、別段怒るような事じゃない、“いいよ、いいよ”と手を振ろうとしたら。
当のシエスタはやたらと怯え、大仰に謝っている。

トリスティン魔法学院においては、たとえ相手が平民といえど、大した事でもないのに勝手に罰を下したり、ましてや体を傷つけたりなどの行為は禁止されている。
けっこうな罰則も用意されている。
もし、そんなことをした日にはいくら給金が良いとはいえ、学院から使用人が居なくなってしまう。
せいぜいが口頭による叱責ていどである。

しかしながら、この辺が良くわかっていない生徒は毎年少数ながら居て、使用人たちはけっこうな緊張を強いられてはいるが、それも高い給金の内では在る。
シエスタはその辺りの事を、メイドの先輩から大げさに聞かされていて、魔法により何かひどいことをされるのではと気が気ではない。

そこを、朝のようにルイズを待っていたシンジが見ていた。
シンジにしてみれば今朝のギーシュの身に起こったことを考えれば、朝せっかく知り合いになったシエスタが、貴族にひどい目に合わされそうである様にしか見えない。
気が付いたら、シンジはシエスタをかばい一緒に謝っていた。

ギーシュにして見ればたまったものではない。メイドの女の子とぶつかってから、まだ一言も発していないのだ。トリスティンはメイジが勝手気ままに平民をどうしてもいい様な無法国家ではないのだ。
少なくとも表向きは。
もちろん、田舎から出てきたばかりのシエスタはそんなことは知らない。だが、シンジが一緒になって謝ってきたのを見て。

(チャーンス)

とばかりに頭を回転させた。
ギーシュも先ほどの授業でシンジが言いかけたことを知りたかったし。教室で話題になった、ルイズの爆発魔法を阻止したらしい彼の力が気になっていた。
おまけに今朝の貸しも在る(とギーシュは思っている)その鬱憤を晴らすいい機会でもある。

「あー、使い魔君、彼女を許す代わりに先ほど授業中に言い掛けた事をいいたまえ」

的なことを持ち前の気障なオブラートに包んで言ったが、シンジもルイズから口止めされている。
そこでギーシュは、とあるゲームを持ちかけた。すなわち、ゲームに勝った方の言うことを聞くというものだ。うまくすれば、このゲーム中に彼の力の一端が垣間見られるかもしれない。
そうでなくとも、何かしら彼の知識が得られるはずである。
シンジもしぶしぶ承諾した。

ギーシュは多少頭がいいとは言え、杖も持っていない平民に、魔法を使う自分が負けるはずは無いと確信していた。ルールは簡単、お互いの杖を奪ったほうの勝ちである。シンジは杖を持っていないため、ギーシュの錬金で20サントほどのナイフを出してもらった。
ギーシュは魔法の使えない彼の為、自分は一定の場所から動かない事を約束した。
立会人は2人、今朝のギーシュの友人たちである。ふたりは10メイルほど離れ立会人の開始の合図を待っていた。




ルイズは焦っていた。
なんとしても、この決闘を止めなければならない。
ギーシュの始めた事らしいから、自らの財布の負担になるような怪我はさせないだろうとは思っている。
だが、常に事故は起こりうる。
ルイズはせっかく見つけた自分の魔法の謎の解明のための鍵を無くしたくなかった。
なんとしてもこの決闘に介入し止めるのだ。
幸い、シンジはルーンによる強制力が強く作用しているようでルイズの言うことは何でも聞いてくれる。
ルイズがやめろといえば、多少理不尽でもやめるだろう。
しかし、フライもレビテーションも使えないルイズでは、なかなか前に出ることは出来なかった。
周囲の歓声が大きくなった。

(まずい まずい、まずい)

ルイズの焦りが大きくなった。

「ちょっと、ちょっと通してよ、そこどいて」

やっと前に出る。
ルイズは相対している二人を見て、ほっと胸をなでおろした。

(よかった、まだ始まっていないようだ)

ルイズはそう思い中央の二人に駆け寄った。
シンジはルイズの姿を見るといつものように片ひざを付き、命令を待つ騎士の様だ。
ただ、両手を前に組んでいるのではなく、ナイフを持った左手を後ろに隠し、右手を胸に付けている。

立会人はちょっと離れて見ている。

「ちょっと!ギーシュ!決闘は禁止されているはずよ!」

しかし、ギーシュは反応しない、なぜかボーっとしている。

「ちょっと!聞いてんの!」
「あ、ああ、ルイズか……」
「ルイズかじゃないわよ、仮にもヴァリエール家の使い魔に、何酷いことしようとしているのよ、彼は戦闘系の使い魔じゃないことぐらいわかるでしょう」
「ルイズ、見ていなかったのか?決闘はすでに終わってるよ……ボクの負けだ」
「はえ……?」

シンジはルイズを見ると、後ろに隠していた手をゆっくり前に出した。その手にはギーシュの杖であるバラの造花がナイフと共に握られていた。

「ルイズ様、勝手なことをして申し訳ありませんでした」

さすがに、わけがわからない。

「えーと、シンジ……勝ったの?」
「はい」

その時、やっと立会人たるギーシュの友人たちが近づいてきた。彼らもまた、この結果にあ然として反応が遅れたのだ。シンジは黙ってバラの造花を立会人に見せた。
立会人たちはそれを見て、お互いに顔を見合わせうなずいた。

「この決闘、ルイズの使い魔の勝ちとする!」

この鬨の声に周りがまたどっと沸いた。
シンジの「決闘じゃないです」という声は大歓声にかき消された。





時間をちょっと巻き戻し、所変わって、ここは学院長室。
授業が無いのか、コルベールはまだここにいた。『錬金』の授業からルイズの呼び出した使い魔についての処遇を話し合っていたのだ。
ノックの音がした。

「誰じゃ?」

扉の向こうから聞こえてきたのは、オールド・オスマンの秘書であるミス・ロングビルだった。

「私です。オールド・オスマン」
「なんじゃ?」
「ヴェストリの広場で決闘をしている生徒がいるようです。大騒ぎになっています。止めにはいった教師がいるようですが、生徒たちに邪魔されて、止められないようです」
「まったく、暇をもてあました貴族ほど性質の悪い生き物もおらんな。で、誰が暴れておるんだね?」
「一人は二年生のギーシュ・ド・グラモン」
「あの、グラモンのとこのバカ息子か。オヤジも色の道では剛の者じゃったが、息子も輪をかけて女好きじゃ。大方女の子の取り合いじゃろう。相手は誰じゃ?」
「……それが、生徒ではありません。ミス・ヴァリエールの使い魔の少年のようです」

オールド・オスマンとミスタ・コルベールは顔を見合わせた。

「教師たちは、決闘を止めるために『眠りの鐘』の使用許可を求めております」

オールド・オスマンの目が、鷹のように鋭く光った。

「許可する。可及速やかに決闘を止めよ」
「わかりました」

ミス・ロングビルが去っていく足音が聞こえた。ミスタ・コルベールは唾を飲み込み、オールド・オスマンを促した。

「オールド・オスマン」
「うむ」

オールド・オスマンは杖を振り、魔道具『遠見の鏡』を再び起動した。
映し出された場面は、ギーシュとシンジが向かい合い立会人の合図を待っている所だった。




シンジは驚いていた。ナイフを握った瞬間から体が羽のように軽い。おまけに体内のS2機関がシンジの意思とは無関係にかなりの勢いで動いている。
おまけに、周りの風景がやけにゆっくりと動き、音が消え、景色の色も消えていった。

(え、っと、これはいったい)

シンジはこの戦いで勝つ気など無かった。下手に力を使えば、恐れられる、嫌われる。
やっと出会えた、シンジと絆を結んでくれたご主人様にも迷惑がかかる。
適当にやって負けて、重力の知識などいくらでもくれてやれ、と思っていた。
ルイズは怒るだろうが、そこは謝って許してもらおうと思っていた。

(この力なら、スピードがちょっと上がるだけだ。普通にルーンの力だろうから、そんなに怪しまれないだろう)

シンジはこの2つのルーンがレア中のレアであることなど知らなかった。上がる反応速度も並では無い事も知らなかった。

お互いの後ろに立つ、立会人の手がゆっくり、ゆっくりと上がる。そして、シンジ的に五秒ほどかけ、その手が下ろされた。
シンジは足元に小さくATフィールドを張り、その上を踏んで一気にギーシュの後ろにジャンプした。
だが、少々目測と力加減を誤り飛びすぎてしまう。ブレーキ用にまたATフィールドを張り、今度は過たず、ギーシュの後ろにそっと立つ。

ギーシュには、シンジが試合開始の合図と共にふっと消えたように見えた。次の瞬間、後ろから自分の右手にあるバラの造花を模した杖が、そっと引き抜かれた。立会人たちは巻き込まれないよう、後ろを向いて離れる所だった。しばらく、ギーシュは茫然と立っていた、やがて近づいてきたルイズの声に我に返ったのだ。
彼らを止めるはずの教師たちは、未だヴェストリの広場に到着もしていなかった。





「オールド・オスマン!」

ミスタ・コルベールは震えオールド・オスマンの名を呼んだ。

「うむ、あれぞまさしく恐るべき伝説の使い魔『ガンダールヴ』の力、じゃが……」

オールド・オスマンは一呼吸おいて続けた。

「ずいぶんとやさしい『神の盾』じゃの」
「み、見えませんでした」
「うーむ、さすが伝説じゃの、千人どころか万人でも彼を止められまいよ」
「オールド・オスマン……私は恐ろしい」
「恐れるな、恐れは彼の心に跳ね返され自らを襲うぞ。むしろ彼のギーシュを傷つけなかった優しさを見てやれ」
「……わかりました」
「とりあえず、決闘したふたりとミス・ヴァリエールを呼べ。ちらっと注意しとかんとの」
「はい」

ミスタ・コルベールは立ち上がり、ゆっくりと学院長室を出て行った。
体の震えが、止まらぬまま。




前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.024619102478027