<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

赤松健SS投稿掲示板


[広告]


No.20551の一覧
[0] ネギくんといっしょ(女オリ主)[みかんアイス](2010/08/03 19:20)
[1] プロローグ 予定外の覚悟[みかんアイス](2010/07/27 13:43)
[2] 第一話 マリアとネギ[みかんアイス](2010/07/27 13:45)
[3] 第二話 我が親愛なる兄上様[みかんアイス](2010/07/27 18:29)
[4] 第三話 アルカ・スプリングフィールド[みかんアイス](2010/07/27 13:49)
[5] 第四話 来たるべき日の為に[みかんアイス](2010/10/25 22:51)
[6] 第五話 一方通行[みかんアイス](2010/07/27 13:51)
[7] 第六話 卒業[みかんアイス](2010/07/27 13:53)
[8] 第七話 晩餐[みかんアイス](2010/07/27 13:54)
[9] 第八話 日本[みかんアイス](2010/07/27 13:56)
[10] 第九話 それぞれの修行[みかんアイス](2010/07/27 13:59)
[11] 第十話 新生活の第一歩[みかんアイス](2010/07/28 09:19)
[12] 第十一話 見習い先生[みかんアイス](2010/07/29 07:40)
[13] 第十二話 魔法使いの小さな魔法[みかんアイス](2010/07/30 07:36)
[14] 第十三話 それぞれの一日[みかんアイス](2010/07/31 21:50)
[15] 第十四話 マリアと二年A組[みかんアイス](2010/08/01 23:09)
[16] 第十五話 試練[みかんアイス](2010/08/03 20:14)
[17] 第十六話 図書館島の冒険(上)[みかんアイス](2010/08/05 19:05)
[18] 第十七話 図書館島の冒険(中)[みかんアイス](2010/08/06 23:16)
[19] 第十八話 図書館島の冒険(下)[みかんアイス](2010/08/07 23:40)
[20] 第十九話 来襲[みかんアイス](2010/08/24 14:06)
[21] 第二十話 裏事情[みかんアイス](2010/08/24 14:09)
[22] 第二十一話 マリアの一日[みかんアイス](2010/10/25 22:48)
[23] 第二十二話 マスコットには、なり得ない[みかんアイス](2011/01/01 10:09)
[24] 第二十三話 暗躍[みかんアイス](2010/10/30 17:00)
[25] 第二十四話 大停電の夜[みかんアイス](2011/01/01 22:39)
[26] 第二十五話 麻帆良動乱[みかんアイス](2011/05/11 18:09)
[27] 第二十六話 京都修学旅行~起~[みかんアイス](2011/07/31 13:47)
[28] 第二十七話 京都修学旅行~承~[みかんアイス](2011/10/15 13:39)
[29] 第二十八話 京都修学旅行~転~[みかんアイス](2012/03/14 17:48)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[20551] 第七話 晩餐
Name: みかんアイス◆25318ac2 ID:68c9a700 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/07/27 13:54


「ん? マリア。こんな時間に何処かへ出掛けるのか?」

「うん。ネギくんの家で卒業のお祝いをするんだって。それで、夕食に招待されたの」
 
「そうなのか? じゃあ、俺が送っていこうか」

「大丈夫。だって――」

「弟子の家だとぉぉぉ?!」

「ネカネさんの居る、弟子の家だとぉぉぉ?!」

「兄貴達……」

「こっそり行こうと思ったのに……」

「「俺達が送って行こう!!」」

「却下」

「「何故だ?!」

「父さんに送ってもらうから」

「「………」」

「マリア。支度は出来たか」

「うん。大丈夫だよ」

 のっそり姿を現したのは、筋骨隆々の巨体、熊の様な父だ。
 
「じゃあ、行くぞ」

「はーい」

 マリアを抱え、のっしのっしと父は歩き、扉の向こうへ姿を消した。

「兄貴達。マリアを送って行くんじゃなかったのか?」

「「親父には勝てん!!」」

「まあ、そうだよなぁ……」

 未だに父に勝ったことの無い三兄弟は、ちょっと遠くを見る。

 マリアを溺愛しているのは三兄弟だけではなく、父もだった。

 三兄弟同様、父も、自分より強い男でなければマリアを嫁にはやらん、と公言している。

「ネギ君も、大変だなぁ……」

やたらと分厚い三枚の壁の向こうに、機動要塞が待ち構えていることを、ネギはまだ知らない。



   第七話 晩餐



「マリアちゃん!」

「あ、ネギくん!」

 扉の前でそわそわとしていたネギは、マリアの姿を見とめて嬉しそうに駆け寄る。
 それを微笑ましそうに見るのは、マッチョ双子のアイドル、ネカネだ。

 父がのっそりマリアを腕から降ろし、マリアもネギの元へ駆け寄る。

「こんばんは、マリアちゃん!」

「こんばんは、ネギくん!」

 二人は嬉しそうに手を握り合うが、マリアが何かに気付いたようにネギの手を離した。

「今日はお招きいただき、ありがとうございます」

 マリアがスカートの裾を掴み、ちょこり、と礼をとれば、ネギは少し頬を染めながら、紳士の礼を返す。

「こちらこそ、来ていただいて、ありがとうございます。貴女にとって楽しい時間になることを、心より祈っています」

 二人は顔を見合わせ、吹き出す。

「行こう、マリアちゃん!」

「うん! じゃあ、父さん、行ってきます! ネカネさん、おじゃまします!」

「ああ」

「いらっしゃい、マリアちゃん。ネギ、リビングにお通ししてね」

「はーい!」

 二人は楽しげに笑いながら、手を繋いで家の中へ入っていった。

「ネカネさん。これは家内から、今晩お招きいただいたお礼です」

 父がのっそり差し出したのは、ワインと葡萄ジュースだ。

「まあ、ありがとうございます」

 ネカネはそれを受け取り、礼を言う。

「では、八時頃にまた伺いますので、娘をよろしくお願いします」

「はい。お任せください」

 ネカネは微笑み、承諾する。

 そして、父は軽く頭を下げて、再びのっしのっしと歩いて帰って行ったのだった。



   *   *



「ああ! なんでマリアが此処に居るのよ?!」
 
「あ、アーニャちゃん。こんばんは」

「あ、こんばんは……って、ちがーう! ちゃんと質問に答えなさいよ!」

 リビングでマリア達を迎えたのは、アーニャだった。

 アーニャはマリアの姿を見ると同時に、肩を怒らせ、臨戦態勢をとるものの、マリアにあっさりかわされてしまった。

「ネギくんに、お夕飯に招待してもらったの」

「なんですって?!」

「え、アーニャ。何か駄目だったかな?」


 ダメに決まってるでしょぉぉぉぉ?!


 アーニャは内心で絶叫するものの、それをどうにか堪えた。

「アーニャ、どうどう」

 怒りでぷるぷる震えるアーニャを、アルカが宥める。

「おお、来たようじゃの。ほれ、そんな所に立っていないで早くこちらに座りなさい」

 リビングの入り口辺りで騒ぐ子供達を見つけて、ネギ達の祖父、魔法学校の校長が子供達を呼ぶ。

「校長先生、こんばんは」

「はい、こんばんは。これ、アルカはネギの前じゃ。アーニャは」

「ネギの隣よ!」

「仕方が無いのう。ルデラ君もそれでいいかの?」

「はい、いいですよ。それから校長先生、どうかマリアと呼んでください」

「そうかの? では、マリアはアルカの隣じゃ」

「はい」

 そうして大人しく席に着くと、ネカネがキッチンから次々と料理を持ってきて、テーブルに並べていく。
 そして、ついに楽しい晩餐が始まった。

「マリアちゃん、これ、美味しいから食べてみて」

「うん。ありがとう、ネギくん。あ、本当だ。美味しい」

 ネギが勧めたのは、カリッと焼いたラム肉に酸っぱめのミントソースがかかっているものだ。

「とっても美味しいです、ネカネさん」

「うふふ。ありがとう」

 ネカネが嬉しそうに笑う。

「そういえば、マリアちゃんの修行地も日本なんですってね?」

「はい。そうです」

 ネカネの問いに、マリアは頷く。

「私の修行地が日本になったのは兄さん達が原因らしいです」

「?」

 その言葉に、ネカネだけでなく、校長を抜かした全員が首を傾げる。

「私が何かしらの店員なのは、私が人見知りするからだろうけど、日本なのは過保護な兄達がおいそれと手を出せない距離と、治安が良いということで納得させる為でもあるんじゃないか、ってランド兄さんが言ってました」

 先日の卒業式の騒ぎを思い出し、校長とネギ達三人は遠い目をする。

「そう。ランドさんが……」


 あれ?ネカネさんの頬が少し赤いような……ネカネさん?ネカネさん!?


「ランドさん……」

 兄の名を呟くネカネを見なかったことにして、マリアはひとまず葡萄ジュースで喉を潤す。

「そういえば、知ってる? 日本の電車って、決まった時間に来て、決められた場所に止まるんだって」

「「うそぉ?!」」

 ネギとアーニャは驚き、目を丸くする。

 イギリスの電車は、あまり優秀とはいえない。十分ほど遅れるのは珍しくないし、時にはキャンセルなどということもある。
 イギリスでは、電車が遅れるのは暗黙の了解だ。
 しょっちゅうストライキがある国よりはマシ、と考えるべきだろうか。

「しかも、電車が遅れると『遅延証明書』を無料で発行してくれるんだって」

「『遅延証明書』って、何?」

「電車が遅れましたよ、っていう証明書の事よ」

「何それ! すっごくサービスが良いじゃない!」

「すごいなぁ……」

 瞳を輝かせるネギを、アルカが少し戸惑い気味に見ている。

「アルカくんは知ってたの?」

「え、あ、うん」

 突然マリアに話しを振られて、アルカの反応が遅れる。

「え?! そうなの、アルカ!」

「あ、うん。知ってた…けど……」

「アルカは物知りだなぁ……」

 興奮した様子で、瞳をキラキラと輝かせたネギの勢いに負け、アルカは思わず返事をしてしまった。

 未だに瞳を輝かせ、尊敬の目でこちらを見るネギに、アルカはうろたえる。

 この何でもないような普通の会話が、この双子にとっては、実に六年ぶりのまともな会話だった。

 未だ興奮が冷めないネギや、そんなネギに戸惑うアルカは気付かない。

 その様子を、長年ネギとアルカの関係を心配し、どうにか出来ないものかと苦心してきた家族達が、感動したように、心底嬉しそうに見つめていたことを。

 そんな中、マリアもネギとアルカの様子を嬉しそうに見つめていた。
 そして、思った。

 ネギとアルカの関係を修復する糸口を掴んだかもしれない、と。






前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.023921012878418