<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

赤松健SS投稿掲示板


[広告]


No.20551の一覧
[0] ネギくんといっしょ(女オリ主)[みかんアイス](2010/08/03 19:20)
[1] プロローグ 予定外の覚悟[みかんアイス](2010/07/27 13:43)
[2] 第一話 マリアとネギ[みかんアイス](2010/07/27 13:45)
[3] 第二話 我が親愛なる兄上様[みかんアイス](2010/07/27 18:29)
[4] 第三話 アルカ・スプリングフィールド[みかんアイス](2010/07/27 13:49)
[5] 第四話 来たるべき日の為に[みかんアイス](2010/10/25 22:51)
[6] 第五話 一方通行[みかんアイス](2010/07/27 13:51)
[7] 第六話 卒業[みかんアイス](2010/07/27 13:53)
[8] 第七話 晩餐[みかんアイス](2010/07/27 13:54)
[9] 第八話 日本[みかんアイス](2010/07/27 13:56)
[10] 第九話 それぞれの修行[みかんアイス](2010/07/27 13:59)
[11] 第十話 新生活の第一歩[みかんアイス](2010/07/28 09:19)
[12] 第十一話 見習い先生[みかんアイス](2010/07/29 07:40)
[13] 第十二話 魔法使いの小さな魔法[みかんアイス](2010/07/30 07:36)
[14] 第十三話 それぞれの一日[みかんアイス](2010/07/31 21:50)
[15] 第十四話 マリアと二年A組[みかんアイス](2010/08/01 23:09)
[16] 第十五話 試練[みかんアイス](2010/08/03 20:14)
[17] 第十六話 図書館島の冒険(上)[みかんアイス](2010/08/05 19:05)
[18] 第十七話 図書館島の冒険(中)[みかんアイス](2010/08/06 23:16)
[19] 第十八話 図書館島の冒険(下)[みかんアイス](2010/08/07 23:40)
[20] 第十九話 来襲[みかんアイス](2010/08/24 14:06)
[21] 第二十話 裏事情[みかんアイス](2010/08/24 14:09)
[22] 第二十一話 マリアの一日[みかんアイス](2010/10/25 22:48)
[23] 第二十二話 マスコットには、なり得ない[みかんアイス](2011/01/01 10:09)
[24] 第二十三話 暗躍[みかんアイス](2010/10/30 17:00)
[25] 第二十四話 大停電の夜[みかんアイス](2011/01/01 22:39)
[26] 第二十五話 麻帆良動乱[みかんアイス](2011/05/11 18:09)
[27] 第二十六話 京都修学旅行~起~[みかんアイス](2011/07/31 13:47)
[28] 第二十七話 京都修学旅行~承~[みかんアイス](2011/10/15 13:39)
[29] 第二十八話 京都修学旅行~転~[みかんアイス](2012/03/14 17:48)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[20551] 第十四話 マリアと二年A組
Name: みかんアイス◆25318ac2 ID:68c9a700 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/08/01 23:09
「ネギくん、歓迎会どうだった?」

「楽しかったよ。けど……」

「何かあったの?」

「えっと、あの、マリアちゃん。今日写メール撮らなかった?」

「あ、うん。撮ったよ。ネギくんのクラスの生徒さんだったから、いいかな、と思って。何かまずかったかな?」

「いや、別にまずいことは無いんだけど…」

 問題は、ネギの『好きな子』がマリアで、それに関してネギがポーカーフェイスを作れない事だ。

「僕ってこんなに分かりやすいのに、何で肝心な人は気付かないんだろう……」

 まあ、気付いたとしても、三枚の分厚い壁を破らない限り、それ以上の進展は望めないのだが……。

「道のりも障害も大きすぎるよ……」

「ネギくん?」

 ぼそぼそと愚痴を零すネギに、マリアは首を傾げるのだった。



   第十四話 マリアと二年A組



 ネギ達が麻帆良に来てから五日目の、午後五時半。

 仕事帰りのマリアは、とある店の前を通りがかり、ある人物と鉢合わせした。

「あれ? アルカくん?」

「げっ!?」

「わぁ……か、可愛いね?」

「……肩が震えてるぞ」

「ふ…あ、えっと、か、かわい……」

「いや、笑うのを堪えて可愛いって言われるのも傷つくからな?」

「ふ…ふふふ………」

「ルデラ、その押し殺した笑い声は優しさなのか?」

「………っ!」

「口を塞げば良いってもんでもないぞ? おい、目じりに涙が溜まってるぞ」

「…………くっ!」

「そうか。泣くほど面白いかよ。ああ、そうかよ…」

「ふくっ…く……ふふ……っ!!」

「笑えよ。この俺の情けない姿を存分に笑うが良いさ……」

「ふ、ふふ…っ、 な、なんでゴスロリドレスなの?」

「俺が知るわけないだろ!? 朝起きたら着替えさせられてたんだよ! 諦めたと思ったのに……。あの店長もう人間じゃねえよ! なんなんだよ、全く気配を感じなかったぞ!?」

「あは、あははははっ!!」

「しかも、なんか脱げねえし! もう嫌だよ、あの店長!」

「あはははは…ケホッ、く、ふふ…くるし……ふふっ……」

 笑いすぎて呼吸困難に陥る美少女と、打ちひしがれるゴスロリドレスの美少女(?)が『KANON』の前で見られた、そんな午後五時半…。



「ぷっ!?」

「マリアちゃん?」

 帰宅したマリアは、ネギの顔を見て思わず吹き出してしまった。

「ご、ごめん。ただいま、ネギくん」

「うん。おかえり、マリアちゃん」

 不思議そうにするネギに、マリアは笑って誤魔化した。

 マリアは今日、帰宅途中に衝撃的なものを見てしまったのだ。


 まさか、あのいつも澄ました顔をしているアルカが、女装しているなんて!


 そりゃあ、もう、恥も外聞もなく大笑いしてしまった。

 おかげで、目つき以外ほぼ似ているネギの顔を見て思い出してしまったのだ。

 ネギとアルカは二卵性の双子なのだが、目つき以外は良く似ている。アルカの方が少々つり目気味なのだ。
 まあ、この双子は、ネギが髪を伸ばし、眼鏡をしているので見分けがつきやすいのだが。

「あ、おかえり。マリアちゃん」

「ご飯もうすぐできるから、ちょっと待っててなー?」

 奥からアスナとこのかが顔を出して言う。

「ただいまです。あ、このかさん、何か手伝うことありますか?」

「んー。じゃあ、お皿出してくれる?」

「分かりました」

 マリアは手洗い嗽をすますと、お皿を出していく。

 その間、ネギとアスナ何をしているかというと……。

「じゃあ、アスナさん。続きの第五問を…」

「ちょ、もうカンベンしてよ~。もうご飯なんだし…」

「何を言ってるんですか。もう少しで解けるんですから、キリの良い所までやっちゃいましょう」

「そんなぁ…」

 ネギはアスナ達に泊めてもらっているお礼として勉強を見る事にしたらしい。

 バカレンジャーレッドのアスナにとっては、恩をあだで返されたようなものだった。

「おーい、ネギ君。もう、ご飯できたえ~。そこまでにしてな~」

「ほら、もうご飯出来たから! ここで終了!」

「あ、アスナさん!」

「ほらほら、ネギも運ぶの手伝って!」

「うう…。終わりじゃないですからね。休憩ですからね!」

 勉強道具をそそくさと片付けるアスナに、ネギは少し悔しそうにしながら、このか達の手伝いをすべく立ち上がった。

 そして、テーブルの上に美味しそうな夕食が出揃った。

 郷に入れば郷に従え、とばかりに、マリアとネギはアスナ達二人を真似て、手を合わせる。

「「いただきます!」」

「「イタダキマス!」」

 楽しい夕食の時間の始まりである。



「このか、お醤油とって」

「はいはい」

「それでね、高等部の人達と喧嘩になっちゃって…」

「うん、それで?」

「その場はタカミチが収めてくれたんだけど、その後の体育でまた高等部の人達とコートの取り合いになっちゃったんだ」

「なんで高等部の人達が中等部に居たの?」

「さあ? 何でなんだろう……。あ、それでね、その後コートを巡ってドッジボール対決になったんだ」

「あれは凄かったわ……」

「うん。あれは無いわね……」

「熱戦だったんですか?」

「違うんよ。そうじゃなくて、ネギ君がな…」

「審判が中等部の担任の自分じゃ不公平になるだろうからって、高等部からわざわざ先生を呼んできてね…」

「しかも、連れて来た先生っていうんが、高等部の怖い学年主任の先生でな…」

「これで悪気が全く無いんだからね…」

「天然って恐ろしいわ……」

「ええと、あの、駄目だったでしょうか…?」

「良いんとちゃう?結果的にはドッジボールで良い汗流して、和解したし」

「まあ、高等部のお姉さま方は先生に絞られてちょっと可哀想だったかもね」

「こればっかりは、仕方が無いんとちゃう?」



 和気藹々と食事が進み、食べ終わると、ネギはアスナと勉強の続きを。マリアは後片付けをかって出た。

「いや~、助かるわ、マリアちゃん」

「いいえ、このかさん達にはお世話になってますから、これくらいは…」

「……アスナさん。これは、ちょっと………」

「あー、もう! 仕方無いじゃない! 勉強苦手なのよ!」

 勉強道具を放り出して、拗ねるアスナに、このかは苦笑する。

「逆ギレはあかんでー、アスナー」

「大丈夫です、アスナさん! 僕、頑張りますから!」

「ムキー! 馬鹿にしてー!」

 その時、食器を洗い終えたマリアがアスナの後ろから顔を出し、問題を覗きこんだ。

「あ、アスナさん。ここは、こうすれば…」

「ん? ……あ、そっか」

「おお、マリアちゃん、教えるの上手やなー」

「えへへ…」

「ガーン……」

 密かにショックを受けるネギを尻目に、アスナはマリアに尋ねる。

「じゃあ、ここは?」

「そこはですねー」

「しくしくしく……」

「ネギ君、ファイトや! 教師生活はまだまだ始まったばかりやで!」

 部屋の隅で膝を抱えてしまったネギを、このかが励ましているときだった。


――ピンポーン


 誰かの来訪を告げるチャイムが鳴った。

「ネギ先生、こんばんわーっ! 授業の質問に参りましたーっ!」

部屋に入ってきたのは、宮崎のどか、綾瀬夕映、早乙女ハルナの三名だった。

「わー、そっかそっか、上がり上がりー」

「おじゃますまーす!」

「あ、ちょっと、あんた達」

「あわわわ…」

 部屋に最初に入ってきたのは、ハルナだった。

「んん? あれ?」

「あ、こんばんは」

 ハルナはアスナの隣に座っているマリアに気付き、首を傾げた。

「こんばんはーって、え? アスナ、この子は?」

「マリアちゃんよ。ネギのお友達。住む予定だった所が事情があって住めなくなっちゃったから、泊めてあげてるの」

「お邪魔してます」

「ああ、いいえー…って、あれ? 何処かで見覚えが……」

 そして、思い出したのか、ハルナは声を上げた。

「ああ! あの写メの美少女!!」

 ネギは今度こそ頭を抱えた。

「こんばんはー」

「パル、何を騒いでいるのですか?」

 遅れてのどかと夕映が入って来た。

「あ、のどか、夕映。ほらほら、あの写メの美少女だよ!」

 ハルナはマリアを持ち上げ、のどかと夕映の前に差し出した。

「あの、ええと、こんばんは。マリア・ルデラです」

「あ、はい、こんばんは。宮崎のどかです」

「こんばんは。綾瀬夕映です」

「私は早乙女ハルナだよー。よろしくね!」

 四人がそう自己紹介しあっていると、突然チャイムが乱打され、委員長の雪広あやかが飛び込んできた。

「ちょっと、アスナさん! どういうことですか!? ネギ先生と相部屋で同居中だなんて初耳ですわっ!!」

 そして、あやかが目にしたのは、ハルナ達三人と、見知らぬ金髪の美少女、マリアだった。

「ど、どちら様ですの?」

「はじめまして、マリア・ルデラです。三日前からアスナさん達にお部屋に泊まらせていただいています」

 ハルナに降ろしてもらい、ペコリとお辞儀するマリアに、あやかも自己紹介する。

「あら、ご丁寧に。私は二年A組の委員長、雪広あやかですわ」

 そんな二人を尻目に、三人固まって相談するのはハルナ達だ。

「ねえねえ。もしかして、ネギ君の『好きな子』ってマリアちゃんの事じゃない?」

「遠距離恋愛だと思っていたのですが…」

「どうする、のどか。ライバル出現だよ!」

「ええ? ライバルって…」

「やっぱり、ここは年上の色気で…」

 おろおろと狼狽するのどかに、二人は発破をかける。

「とりあえず、マリアちゃんの意思の確認から始めるべきではないでしょうか?」

「よーし。それなら、私にまかせなさい!」

「パル?」

「まかせたです」

「その間にのどかはネギ君との間を縮めててね!」

「ええっ!?」

「まかせるです」

 二人に見送られ、ハルナはマリアに話しかける。

「ねえ、マリアちゃん。もうここの大浴場には行った?」

「え? 大浴場ですか?」

「あ、そういえば、まだ行ってへんなぁ?」

 ハルナの言葉にこのかが乗ってきた。

「それなら是非、一度は行っておくべきだよ! うちの寮の自慢なんだから!」

「うんうん。折角だから行っとき? マリアちゃんお風呂まだなんやし」

「そうですか? それなら…」

 お風呂セットを用意するマリアから隠れ、ハルナはあやかに囁く。

「ねえ、委員長。ネギ君の『好きな子』って、知りたくな~い?」

「なっ!?」

「とりあえず、先にマリアちゃんの方を探ろうと思ってさ~。委員長も行くでしょ?」

「ま、まさか! ネギ先生の『好きな子』って…」

「可能性大だよ~?」

 ニヤニヤと笑うハルナに、あやかは決断する。

「私も行きます!」

「そうこなくっちゃ。じゃあ、のどか達はネギ君に勉強見てもらっててね」

 ウインクを一つ残し、支度が終わったマリアを連れて、ハルナとあやかは部屋を出て行った。

「ちょっと、パル!? もう…。折角だから、あたしも行こうかな…」

「ウチも行くわ~」

「え? え?」

「さ、のどか、ファイトです」

「あわわ…マリアちゃん……」

 お風呂の支度を始めるアスナとこのか。

 勉強道具を持ち、夕映に背中を押されるのどか。

 連れて行かれたマリアを気にするネギ。

 まとまりの無い一同であった。



 in廊下。

「おお! 美少女だ!」

「あれ~パル、その子誰~?」

「ネギ君のお友達」

「あ、はじめまして」

「お友達って…、あ、もしかして!」

「それを確かめようと思ってね。大浴場に行くんだけど一緒に行く?」

「「行く!」」

 同行者が増えた。



 in大浴場。

「おりょ? マリアちゃんじゃん」

「あー! 写メの子だ!」

「えー? なんでなんで?」

「ネギ君のお友達なんだって」

「それで、ほら、例の……」

「え!? もしかして、あの『好きな子』って…」

「しーっ! マリアちゃん気付いてないのよ!」

「わっ、アスナ、何時から居たの?」

「さっき来たのよ」

「じゃあ、ネギ君の『好きな子』って、やっぱり?」

「間違いないわよ。確認したもの」

「「「「「おおー!」」」」」

「あー、道理で委員長が怖い顔してると思った」

「っていうか、アスナ、それ言っちゃって良かったの?」

「良いわよ。ネギってこの事に関しては凄く分かりやすいもの。それなら、マリアちゃんにバレないようにあんた達に口止めしておいたほうが良いでしょ?」

「おお!」

「アスナ、あんたって少しは頭を使ってたのね!」

「どういう意味よ!?」

 マリアから離れ、隅でひそひそと話す二年A組の生徒達。



「マリアちゃん、背中流してあげるよ」

「あ、ありがとうございます」

「あ、私も手伝う!」

「私も~!」

「いっそ丸洗いしちゃおうか」

「え? え?」

「マリアちゃん、大丈夫よ。お姉さん達に任せなさい!」

「え? あの…?」

「「「「「全員かかれ~!」」」」」

「は? え…にゃあぁぁぁぁぁぁ!?」

 マリアはぴかぴかになったが、何か大切なものを失ったような気がした、そんなお風呂タイムだった。











前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.051309108734131