<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

赤松健SS投稿掲示板


[広告]


No.20551の一覧
[0] ネギくんといっしょ(女オリ主)[みかんアイス](2010/08/03 19:20)
[1] プロローグ 予定外の覚悟[みかんアイス](2010/07/27 13:43)
[2] 第一話 マリアとネギ[みかんアイス](2010/07/27 13:45)
[3] 第二話 我が親愛なる兄上様[みかんアイス](2010/07/27 18:29)
[4] 第三話 アルカ・スプリングフィールド[みかんアイス](2010/07/27 13:49)
[5] 第四話 来たるべき日の為に[みかんアイス](2010/10/25 22:51)
[6] 第五話 一方通行[みかんアイス](2010/07/27 13:51)
[7] 第六話 卒業[みかんアイス](2010/07/27 13:53)
[8] 第七話 晩餐[みかんアイス](2010/07/27 13:54)
[9] 第八話 日本[みかんアイス](2010/07/27 13:56)
[10] 第九話 それぞれの修行[みかんアイス](2010/07/27 13:59)
[11] 第十話 新生活の第一歩[みかんアイス](2010/07/28 09:19)
[12] 第十一話 見習い先生[みかんアイス](2010/07/29 07:40)
[13] 第十二話 魔法使いの小さな魔法[みかんアイス](2010/07/30 07:36)
[14] 第十三話 それぞれの一日[みかんアイス](2010/07/31 21:50)
[15] 第十四話 マリアと二年A組[みかんアイス](2010/08/01 23:09)
[16] 第十五話 試練[みかんアイス](2010/08/03 20:14)
[17] 第十六話 図書館島の冒険(上)[みかんアイス](2010/08/05 19:05)
[18] 第十七話 図書館島の冒険(中)[みかんアイス](2010/08/06 23:16)
[19] 第十八話 図書館島の冒険(下)[みかんアイス](2010/08/07 23:40)
[20] 第十九話 来襲[みかんアイス](2010/08/24 14:06)
[21] 第二十話 裏事情[みかんアイス](2010/08/24 14:09)
[22] 第二十一話 マリアの一日[みかんアイス](2010/10/25 22:48)
[23] 第二十二話 マスコットには、なり得ない[みかんアイス](2011/01/01 10:09)
[24] 第二十三話 暗躍[みかんアイス](2010/10/30 17:00)
[25] 第二十四話 大停電の夜[みかんアイス](2011/01/01 22:39)
[26] 第二十五話 麻帆良動乱[みかんアイス](2011/05/11 18:09)
[27] 第二十六話 京都修学旅行~起~[みかんアイス](2011/07/31 13:47)
[28] 第二十七話 京都修学旅行~承~[みかんアイス](2011/10/15 13:39)
[29] 第二十八話 京都修学旅行~転~[みかんアイス](2012/03/14 17:48)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[20551] 第九話 それぞれの修行
Name: みかんアイス◆25318ac2 ID:68c9a700 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/07/27 13:59

「マリアとネギ君は、もう日本に着いたかなぁ……」

 東の空を見上げて、ランドが呟く。

「あら? ランドさん」

「んん? あ、ネカネさん。こんばんは」

「こんばんは、ランドさん。お仕事の帰りですか?」

「はい、そうです。先日はありがとうございました。マリアを夕食に呼んでいただいたそうで……」

「いいえ、ネギも嬉しそうにしていましたし。こちらも、ネギが大変お世話になっていましたし……」

「いえいえ、そんな。ネギ君は筋が良くて教え甲斐がありましたよ」

「まあ、そうなんですか?」

「ええ、そうなんですよ」

 うふふ、あはは、と笑いながら、帰り道が一緒のため、並んで歩く。

「あ、では、私はここで」

「ああ、そういえばネカネさんの家はこのすぐ先でしたね」

「ええ。では、また……」

「はい、また今度……」

 にっこり笑いあって、そのまま別れる。

 そして、それは現れた。

「「ラ~ンド~……」」

「うおっ!? あ、兄貴!?」

「「貴様、ネカネさんと何を話していた~」」

「は? いや、普通にネギ君とマリアの事だけど……」

「「一緒に帰るなど、羨ましい、妬ましい……」」

「あ、兄貴……?」

「「我等が思い、受け取るがいい!!」」

「え、なんで、ぎゃぁぁぁぁぁ!!?」

 ランドの悲鳴が響いた、そんな、とある日の夕方。



   第九話 それぞれの修行



「学園長先生!! 一体どーゆーことなんですか!?」

「まあまあ、アスナちゃんや」

 学園長室に、ツインテールの少女、神楽坂明日菜の声が響き渡る。

「なるほど。修行のために日本で学校の先生を……。そりゃまた大変な課題をもろうたのー」

「は、はい。よろしくお願いします」

 一般人が居るにもかかわらず、簡単に『修行』という単語を出した学園長にネギは驚く。

 そんな学園長を、アルカは胡散臭そうに見つめ、マリアは困ったように眉を下げる。

「しかし、まずは教育実習とゆーことになるかのう」

「はあ…」

「今日から三月までじゃ…。ところでネギくんには彼女はおるのか? どーじゃな?うちの孫娘なぞ」 

「ややわ、じいちゃん」

 ガスッ!

黒髪の少女、近衛木乃香は躊躇い無くハンマーを学園長の頭に振り下ろした。

「ちょっと待ってくださいってば! だ、大体子供が先生なんておかしいじゃないですか! しかも、うちの担任だなんて…!」

 アスナの訴えを、学園長は笑ってかわす。

「それで、アルカ君とマリア君の修行なんじゃが…」

 学園長がアルカとマリアに視線を移した時だった。

 コンコンッ。

 ドアをノックする音がした。

「おお、来たようじゃの。入ってくれ」

「失礼します」

 入ってきたのは、二人の男女だった。

 一人はどこかの執事が着ていそうなフォーマルな服を着た男装の麗人で、もう一人は『フラワーショップ・スズモト』というロゴの入ったエプロンをつけた男性だ。

「こちらの方達が、アルカ君とマリア君の修行先の店長達じゃ」

「こんにちは。私は東堂祥子。ブティック『KANON』の店長だ」

「僕は鈴本陽一。『フラワーショップ・スズモト』の店長だよ。よろしくね?」

 学園長の言葉を受けて、それぞれが自己紹介をする。それに対し、アルカとマリアも自己紹介をする。

「はじめまして、東堂店長。アルカ・スプリングフィールドです。よろしくお願いします」

「はじめまして。マリア・ルデラです。一生懸命頑張ろうと思っていますので、よろしくお願いします」

 そう言って、二人は頭を下げた。

「ふはは。いいねぇ、可愛いねぇ」

「うん。よろしくね」

 東堂店長は不敵に笑い、鈴本店長はのほほんと笑顔を浮かべる。

「丁度、マスコットが欲しいと思っていたんだよ」

「へ?」

「なに、住むところは店の二階が空いているから、そこに住むと良い。ふふふ、楽しみだねぇ」

 ギラギラと捕食者の様な目をした東堂店長が、アルカにじりじりとにじり寄る。

「いいねぇ、本当に可愛いよ。この服が似合いそうじゃないか!」

 そう言って、一体何処から出したのか、東堂店長はビラッ、と服を取り出した。

「この、ゴスロリ服がなぁぁぁ!!」

「な、なにぃぃぃ!?」

 ふはははは、と高笑いする東堂店長に、アルカはどん引きする。

 東堂店長が取り出したのは、レースがふんだんに使われたゴスロリ服である。もちろんスカートだ。

「お、俺に女装しろと!?」

「その通りだ! ふはははは! さあ、カモーン! 可愛くしてやろう!!」

「お、お断りだぁぁぁぁ!!」

「あ、待て! 何処へ行く!? 逃がすかぁぁぁぁぁ!!」

 アルカは学園長室から飛び出し、東堂店長はゴスロリ服を持ったまま追いかける。

 後に残ったのは、気まずい沈黙だった。

「あー、ゴホン。で、ネギ君」

「あ、は、はい」

 咳払いをし、学園長はネギに問う。

「この修行はおそらく大変じゃぞ。ダメだったら故郷に帰らねばならん。二度とチャンスはないが、その覚悟はあるのじゃな?」

「は、はいっ。やります。やらせてくださいっ!」

 ネギの力強い言葉に、学園長は頷く。

「うむ、わかった! では今日から早速やってもらおうかの。指導教員のしずな先生を紹介しよう。しずな君!」

「はい」

 入ってきたのは、柔らかい微笑を浮かべた女性だ。
 ネギは一歩下がって、しずなに場をあけ渡す。

「わからないことがあったら彼女に聞くといい」

「よろしくね」

「あ、ハイ。よろしくお願いします」

 微笑むしずなに、ネギは頭を下げる。

「そうそう、もう一つ。このか、アスナちゃん。しばらくはネギ君をお前達の部屋に泊めてもらえんかの?」

「げ」

「え…」

 学園長の言葉に、ネギとアスナは一瞬言葉を失う。

「もうっ! そんな、何から何まで、学園長ーっ!」

「かわえーよ。この子」

「ガキはキライなんだってば!」

 そんな学園長達の遣り取りに、横から口をはさむ者が居た。

「あー、すいません、学園長。ちょっと、お話しが」

「ん?なんじゃ?」

 鈴本店長である。

「実は、マリアちゃんの住まいの事なんですが…」

「ん?お主の家の離れを使わせてくれるのではなかったかの?」

「ああ、はい。そのつもりだったんですが…実は……」

 鈴本店長の話によると、その離れの一角が、謎の爆発により崩れてしまい、修理には一ヶ月ほどかかりそうなのだという。

「それで、マリアちゃんの住まいなんですが…」

「あ、大丈夫です。私、テント持ってきましたから。お風呂さえ貸してもらえれば、一ヶ月くらいなら…」

「マ、マリアちゃん!? もしかして、野宿する気!?」

「え? 駄目?」

「駄目だよ! 駄目に決まってるよ!!」

 ネギは必死になって引き止める。

「大丈夫だよ。別に熊が出るわけでもないし」

「大丈夫じゃないよ! 別のものが出るかもしれないじゃないか! しかも今は二月だよ!? アスナさん、お願いです! 僕は子供でも、仮にも教師ですから、アスナさん達のお部屋に居座るわけにはいきません。ですが、マリアちゃんは別です! どうか、マリアちゃんを泊めてあげてください!」

「はあ!?」

「ネギくん?」

「お、男の子やな、ネギ君!」

 ネギの訴えに、アスナとマリアは目を丸くし、このかは感動したように目を輝かせる。

「お願いします、アスナさん!」

「ちょ、ちょっと…」

「ネギくん、私は大丈夫だよ?」

「マリアちゃん! お願いだから、屋根のある、鍵のかかる所に居て!」

「ネギ君、ウチは感動したえ!」

 このかが、がっちりとネギの手を取る。

「二人とも、ウチらの部屋に来たらええ! な、アスナ、ええやろー?」

「えっ!?」

「そんな、僕は良いんです。マリアちゃんさえ泊めていただければ!」

「あの、ネギくん。私はテントで…」

「お願いだから、マリアちゃん。言うことを聞いて!」

 そんなネギ達の遣り取りに、ついにアスナが折れた。

「ああー! もう、わかったわよ! 二人ともあたし達の部屋に泊まればいいでしょう!!」

 アスナの声に、このかが嬉しそうに笑う。

「さすが、アスナ!」

「え、いえ、僕はマリアちゃんからテントを借りて…」

「あの、私はテントで良い…」

 往生際の悪いことを言う二人に、アスナは怒鳴りつける。

「あたしが良いって言ってるのよ! いいから、あんた達二人ともあたし達の部屋に来なさい!!」

 こうして、まさかの同居生活がスタートしたのであった。






前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.026535987854004