<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

HxHSS投稿掲示板


[広告]


No.2186の一覧
[0] Greed Island Cross(現実→HUNTER×HUNTER)【完結】[寛喜堂 秀介](2021/08/11 20:34)
[1] Re[2]:Greed Island Cross(現実→HUNTER×HUNTER)[寛喜堂 秀介](2007/09/30 13:03)
[2] Re[3]:Greed Island Cross(現実→HUNTER×HUNTER)[寛喜堂 秀介](2007/09/30 13:05)
[3] Re[4]:Greed Island Cross(現実→HUNTER×HUNTER)[寛喜堂 秀介](2009/10/14 20:00)
[4] Re[5]:Greed Island Cross(現実→HUNTER×HUNTER)[寛喜堂 秀介](2007/09/30 13:08)
[5] Re[6]:Greed Island Cross(現実→HUNTER×HUNTER)[寛喜堂 秀介](2007/09/30 13:10)
[6] Re[7]:Greed Island Cross(現実→HUNTER×HUNTER)[寛喜堂 秀介](2007/10/01 19:28)
[7] Re[8]:Greed Island Cross(現実→HUNTER×HUNTER)[寛喜堂 秀介](2007/10/01 19:33)
[8] Re[9]:Greed Island Cross(現実→HUNTER×HUNTER)[寛喜堂 秀介](2007/10/03 00:23)
[9] Re[10]:Greed Island Cross(現実→HUNTER×HUNTER)[寛喜堂 秀介](2007/10/03 21:55)
[10] Re[11]:Greed Island Cross(現実→HUNTER×HUNTER)[寛喜堂 秀介](2007/10/05 19:29)
[11] Re[12]:Greed Island Cross(現実→HUNTER×HUNTER)[寛喜堂 秀介](2007/10/05 19:37)
[12] Re[13]:Greed Island Cross(現実→HUNTER×HUNTER)[寛喜堂 秀介](2007/10/07 08:08)
[13] Re[14]:Greed Island Cross(現実→HUNTER×HUNTER)[寛喜堂 秀介](2007/10/08 21:34)
[14] Re[15]:Greed Island Cross(現実→HUNTER×HUNTER)[寛喜堂 秀介](2007/10/08 20:32)
[15] Re[16]:Greed Island Cross(現実→HUNTER×HUNTER)[寛喜堂 秀介](2007/10/10 21:14)
[16] Re[17]:Greed Island Cross 外伝 (現実→HUNTER×HUNTER)[寛喜堂 秀介](2007/10/16 00:34)
[17] Greed Island Cross 外伝2 (現実→HUNTER×HUNTER)[寛喜堂 秀介](2008/03/01 18:50)
[18] Greed Island Cross 外伝3 (現実→HUNTER×HUNTER)[寛喜堂 秀介](2008/03/17 22:31)
[19] Greed Island Cross 外伝4 (現実→HUNTER×HUNTER)[寛喜堂 秀介](2008/03/20 20:54)
[20] Greed Island Cross-Another Word 01[寛喜堂 秀介](2008/03/24 23:03)
[21] Greed Island Cross-Another Word 02[寛喜堂 秀介](2008/03/27 00:11)
[22] Greed Island Cross-Another Word 03[寛喜堂 秀介](2008/03/30 20:44)
[23] Greed Island Cross-Another Word 04[寛喜堂 秀介](2008/04/02 19:06)
[24] Greed Island Cross-Another Word 05[寛喜堂 秀介](2008/04/11 22:26)
[25] Greed Island Cross-Another Word 06[寛喜堂 秀介](2008/04/18 01:47)
[26] Greed Island Cross-Another Word 07[寛喜堂 秀介](2008/04/19 22:17)
[27] Greed Island Cross-Another Word 08[寛喜堂 秀介](2008/04/23 21:35)
[28] Greed Island Cross-Another Word 09[寛喜堂 秀介](2008/04/26 23:46)
[29] Greed Island Cross-Another Word 10[寛喜堂 秀介](2008/04/29 20:47)
[30] Greed Island Cross-Another Word 11[寛喜堂 秀介](2008/05/19 01:11)
[31] Greed Island Cross-Another Word 12[寛喜堂 秀介](2008/05/29 17:37)
[32] Greed Island Cross-Another Word 13[寛喜堂 秀介](2008/06/01 22:07)
[33] Greed Island Cross-Another Word 14[寛喜堂 秀介](2008/06/05 01:35)
[34] Greed Island Cross-Another Word 15[寛喜堂 秀介](2008/06/08 22:46)
[35] Greed Island Cross-Another Word 16[寛喜堂 秀介](2008/06/16 01:12)
[36] Greed Island Cross-Another Word 17[寛喜堂 秀介](2008/08/13 09:13)
[37] Greed Island Cross-Another Word 18[寛喜堂 秀介](2008/07/26 23:45)
[38] Greed Island Cross-Another Word 19[寛喜堂 秀介](2008/07/27 23:41)
[39] Greed Island Cross-Another Word 20[寛喜堂 秀介](2008/07/29 22:13)
[40] Greed Island Cross-Another Word 21[寛喜堂 秀介](2008/07/31 23:43)
[41] Greed Island Cross-Another Word 22[寛喜堂 秀介](2008/08/02 21:26)
[42] Greed Island Cross-Another Word 23[寛喜堂 秀介](2008/08/04 23:09)
[43] Greed Island Cross-Another Word 24[寛喜堂 秀介](2008/08/07 00:02)
[44] Greed Island Cross-Another Word 25[寛喜堂 秀介](2008/08/10 00:28)
[45] Greed Island Cross-Another Word 26[寛喜堂 秀介](2008/08/13 09:15)
[46] Greed Island Cross-Another Word 27[寛喜堂 秀介](2008/08/19 23:57)
[47] Greed Island Cross-Another Word 28(完)[寛喜堂 秀介](2008/08/19 23:51)
[48] Greed Island Cross 外伝5[寛喜堂 秀介](2009/06/06 20:42)
[49] 登場人物(ネタバレあり)[寛喜堂 秀介](2009/06/06 20:55)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[2186] Greed Island Cross-Another Word 07
Name: 寛喜堂 秀介◆c56f400a ID:2360a5ed 前を表示する / 次を表示する
Date: 2008/04/19 22:17


 突然現れた、海馬瀬戸。

 意表を衝かれた。と、言えば、嘘になる。

 同胞ならば、他作品の能力を念能力として再現することもできる。外見に関しても、同様だ。だから、そんなことも出来るとは、考えていた。

 だが。やはり実際にこうして見ると、改めて驚かされる。



「貴様らか」



 海馬が、口を開いた。

 見下すような視線は、はっきりとこちらに向けられている。

 強い。

 相対して、はっきりとそれがわかる。威圧感も、身に纏うオーラも、桁違いだ。



「ふん。総オーラ量2200に2400か。クズ決闘者デュエリストが。まとめてかかって来い!」



 腕の決闘盤デュエルディスクからカードが引き抜き、海馬は斬るように手を振りおろす。

 オーラが、さらに膨れ上がった。



 来る!



“発”を警戒し、一歩さがる。

 おそらく敵の念能力は、あの、白い竜を出していたそれ。十中八九、カードゲームの遊戯王がらみ。



「オレのターン! 手札より仮面竜マスクド・ドラゴンを召喚!」



 海馬が、宣言する。それとともに、赤と白、二色に彩られた竜が現れた。

 やはり、遊戯王系。

 カードを具現化して戦わせるタイプ。おそらく制約は、ゲームのルールに則って戦うこと。

 なら、とるべき手段は、速攻。

 あの青眼の白龍ブルーアイズ・ホワイトドラゴンのような強力モンスターが出てくる前に、倒す。



「ツンデレ! 援護する!」



 ツンデレに視線を送る。

 だが。

 ツンデレの足は、動かない。

 貌に浮かぶのは、微細量の、困惑。

 そうか。ツンデレは、同胞に会うのは初めてだ。ましてや、それが、外道。

 どうすればいいか、わからないのだ。



「小娘! 恐れるでない!」



 ロリ姫が、ツンデレを叱咤した。



「例え相手が強大であろうと、あの外道を打ち破らねば後は無いのじゃぞ! 妾を、妾と、己の力を信じよ!」



 ロリ姫は、ツンデレの迷いを恐れと視た。それは、敵を同胞と知らぬがゆえ。

 だが。



「ロリ姫――わかったわ!」



 ツンデレの顔つきが変わった。面に浮かぶは覚悟。

 ロリ姫の言葉は、確実にツンデレの迷いを払った。

 ツインテールが、異音を立てて大地に突き刺さる。大地を抉り取り、髪の両房にドリルが装着された。

 モーター音を上げて高速回転するドリル。それをモンスターに向け。

 ツンデレが走る。

 オーラを集中したひと蹴りで距離をつぶし、両のドリルが、蹴り足を凌駕する速度で繰り出される。

 その一撃は、不可避の高速を以って仮面竜マスクド・ドラゴンを貫いた。

 霧散する仮面竜マスクド・ドラゴン

 だが、その光景に。海馬の顔色はすこしも変わらない。

 ただ、不敵に鼻を鳴らすのみ。



「墓地に送られたことにより、仮面竜マスクド・ドラゴンの効果が発動する! デッキから攻撃力1500以下のドラゴン族モンスターを特殊召喚することができる! 出でよ、神竜ラグナロク!」



 宣言とともに。

 虚空より、白い蛇龍が、尾を打ち鳴らしながら出現した。



「さらに、オレのターン! 手札より、融合呪印生物-闇を召喚! このカードは、己と融合素材モンスターを生贄に捧げることで、闇属性の融合モンスター一体を特殊召喚することができる! 出でよ! 竜魔人キングドラグーン!」



 白い蛇龍と闇色の塊が溶け合って。出て来たのは、上半身が人型、下半身が龍のモンスターだった。

 サイズの威圧感も、先の仮面竜マスクド・ドラゴン以上だ。



「さらに、竜魔人キングドラグーンの効果発動! 1ターンに一度だけ、手札からドラゴン族モンスター一体を特殊召喚することができる! 出でよ! わが僕青眼ブルーアイズ!!」



 青眼の白龍ブルーアイズ・ホワイトドラゴンまでが、一瞬にして召喚された。

 手がつけられない。最悪の事態だ。

 敵は、むろん、このゲームに熟練しているがゆえ、このような念能力にしたのだろう。とはいえ、一瞬にしてこんな態勢を築かれるとは思いもしなかった。

 だが、負けられない。

 相手は、生贄を求めるような悪人なのだ。負ければ命はない。俺も、ツンデレも。

 思考をめぐらす。

 これはデュエルではない。念能力戦。ルールは絶対ではない。何か、搦め手があるはずだ。

 だが。



「ふ、どうした。貴様も竜を使うのではなかったか」



 海馬の一言で、根本的な勘違いに気づかされた。



「……あんたが、“竜使い”じゃないのか」



 その質問に。海馬の動きが止まった。

 そう。こいつは件の竜使いではなかったのだ。

 竜使いというイメージから、勝手に結び付けてしまっていただけ。

 海馬はしばし、こちらをうかがい。



「ふん、人違いか。ならば貴様らに用はない」



 そう言うと、構えを解いた。

 眼中にないとでも言うような、そんな調子だった。



「俺たちも、竜使いを倒しに来たんだ」



 あっさりと。きびすを返す海馬に、声をかける。



「それがどうした?」

「目的は同じなんだ。協力できないか?」



 相対して、実力を思い知らされた。協力できれば、これほど頼もしい相手はいない。

 だが。




「ふん。邪魔だ」



 海馬は歯牙にもかけなかった。

 足手まといだと断じられて、それでも、返す言葉がない。俺と海馬が立つ位置は、それほど離れていた。

 海馬を背に乗せて、白竜が翼をはためかす。

 風圧が、髪を吹き撫でる。

 そのまま。白竜は大空へ舞い上がっていった。



「――なんなの、あいつ!」



 ツンデレは飛び去る影に、言葉をぶつけた。腹立ちを隠せない様子だ。

 確かに、傍若無人な態度だった。

 だが。

 気にかかることがある。それを、質さずにはいられない。



「――ツンデレ、そいつを頼む。村まで送ってやってくれ」




 倒れているレントンを、ツンデレに頼んだ。

 処置が早ければ、助かるはずだ。



「ま、まってくれ」



 うめくように、レントンの口から声がもれた。

 意識は、存外しっかりしているらしい。



「私も、連れていってくれ。私が生贄に――」

「もう遅い」



 迷いなく、レントンの懇願を切り捨てた。

 レントンは竜使いの逆鱗に触れることを恐れているのだろう。だが、海馬が向かった以上、そんな段階は通り過ぎていると考えたほうがいい。

 すでに戦いは避けられない。

 海馬か、竜使いか。どちらが勝つにせよ、レントンが賭ける命は無駄にしかならないだろう。



「ツンデレ、頼む」

「アズマは?」



 ツンデレは心配そうに聞いてきた。決まっている。



「俺も、あいつを追いかける」









 生贄の祭壇。

 テーブル状の大岩である。その岩肌は、生贄の血が染みこんだように、赤茶けている。

 その上に、独り。海馬は立っていた。

 この場所を知っている。それで、わかった。自分の目が、正しかったと。



「――ふん。木っ端決闘者デュエリストが。何をしに来た」



 海馬は視線を虚空に据えたまま、視線もくれない。

 文字通り、眼中にないのだ。



「聞きたいことがあって来た」



 俺の言葉に、海馬は応じない。ただ、切り捨てるようすもなかった。



「あんたも、頼まれて来たんだろう」



 このあたり一帯は、竜使いに支配されている。領内にある村は、レントンの村だけではないだろう。

 だったら、海馬は、そのいずれかで、頼まれたのかもしれない。そう、思ったのだ。



「それがどうした」



 海馬は、否定はしなかった。

 それで充分。この男は、信頼できる。



「同胞、なんだろう?」



 その言葉に、初めて、海馬の眉が動いた。



「――ふん。同胞、か。虫唾が走る」



 はき捨てるような言葉だった。



「同じ境遇であっても、志が違えばそれを同胞と呼ぶことはない」



 海馬は強く、断じた。

 おのれが鴻鵠であり、他を燕雀と断ずることを疑わない。そんな口調だ。



「なら、同郷者と言い換えてもいい。そんなあんたが、なぜ、こんなところで人助けを?」



 俺の問いに。

 ふん、と、鼻を鳴らす。



「竜を使役つかう者がいると聞いた。それだけだ」



 海馬の視線は揺るがない。

 なぜ、竜使いを探すのか。聞こうとして口を開いた、そのとき。

 不意に、地が震えた。

 どうやら本命が現れたらしい。

 熱気に近い視線を感じて、そちらを振り向く。

 地響きを立てながら、遠くから迫ってくる五つの影。

 大型の爬虫類を思わせるフォルムは、しかし、はるかに巨大だ。

 肉食恐竜。

 もとの世界の言葉に当てはめれば、それだろう。

 竜使いではなく、恐竜使い。

 そういえば、こんなものが普通にいる世界だったか。それもまた、盲点だった。

 五匹の肉食恐竜は、体を左右に振りながら、この巨大な晩餐のテーブルを前に静止する。

 はるかに高くそびえる、五本の柱。

 そのひとつ。ひときわ巨大な恐竜の頭上に、人影が見えた。



「ふーむ。きょうは二匹か」



 でかい。縦にも、横にもだ。

 伸ばしっぱなしになったぼさぼさの髪に、獣皮の衣服。ナチュラルな筋肉が、異様なボリュームで全身を鎧っている。

 原始人。それを連想させる姿だ。

 しかし。

 その野太い声など耳に入らぬかのように、海馬は鼻を鳴らす。



「ふん。竜違いか――まあいい、ついでに掃除してやろう」

「なんだと?」



 信じられない言葉を聞いたかのように、竜使いの目が丸くなった。

 数瞬の間を置いて、その顔が、怒りで朱に染まる。



「エサが」



 竜使いが、口笛を吹く。

 それに従い、一頭の恐竜が、海馬に襲いかかった。

 速い。

 巨体からは考えられない俊敏さだ。

 だが、海馬はさらに速い。

 恐竜の顎を避け、飛び退りながら決闘盤デュエルディスクからカードを引き抜いた。



「――よかろう。貴様に真の竜というものを拝ませてやる!」



 デュエル、と、海馬は叫んだ。

 全身から吹き上がるように。オーラが放射される。

 あらためて見て、理解する。

 海馬を覆うオーラの強さの正体。

 それは覚悟。

 デュエルに、戦いに対する覚悟が、そして覚悟に殉ずる決意が、海馬を強くしているのだ。



「オレのターン! ドロー!」



 巨大な鎌を思わせる恐竜の鈎爪を避けながら、海馬は叫ぶ。



「マジックカード、未来融合-フューチャー・フュージョンを発動! 融合素材となるモンスターを墓地に送ることで、二ターン後に融合モンスターを特殊召喚する! オレは青眼の究極龍ブルーアイズ・アルティメットドラゴンを指定! デッキより青眼ブルーアイズ三体を墓地に送る!」



 さらに、口笛が鳴る。恐竜が二頭、あらたに向かってくる。



 まずい!



 思ったときには、もう手を出していた。

 念弾を二発、それぞれ恐竜の頭にぶち当てた。腐っても放出系、この程度の芸当はできる。

 恐竜が一瞬、ひるむ程度の威力だけど。



「ふん、よけいな事を」



 海馬の舌打ちが聞こえた。

 確かに、海馬の身のこなしを考えれば、余計なことだったかもしれない。だが、攻撃を避けるばかりの海馬を、見ていられなかったのだ。

 三度、口笛。

 竜の顎が、こちらにも向けられた。

 こんどは、はっきりと俺まで、敵と認識された。



「――さらに竜の鏡ドラゴンズ・ミラーを発動! 自分フィールド上または墓地から、融合素材となるモンスターを除外することによってドラゴン族融合モンスターを特殊召喚することができる! 出でよ究極龍! ブルーアイズ・アルティメットドラゴン!!」



 襲い来る恐竜をものともせず。

 海馬が、宣言する。

 現れたのは、青眼の三つ首竜。

 その威容に圧されるように、三匹の恐竜は動きを止めた。



「カードを一枚、セットして、ターンエンドだ!」



 海馬の前に、伏せられたカードが実体化する。



「おのれ、ひるむな! かかれっ!」



 竜使いが口笛を吹く。恐竜が襲いかかってくる。

 だが、おそらく。それも海馬の目論見のうち。



「リバースカードオープン! 聖なるバリア-ミラーフォース!!」



 海馬の前に、突如鏡が出現した。恐竜たちの動きは、止まらない。だが、その攻撃は、ことごとくおのれに跳ね返った。

 首筋から血を流して、あるいは、口蓋からよだれを撒き散らしながら恐竜たちは、みな、倒れていく。

 倒れる竜から竜使いが飛び降りてきた。

 四つんばいになって、着地する竜使い。そうやっていると、本当に野獣のようだった。



「おのれ!」



 怒りに我を失ったのか、とびかかってくる竜使い。

 海馬は、避けもしない。

 ただ。

 あいだに、究極龍の巨体が割り込んできた。

 その口蓋からは、白い吐息が漏れている。



「受けて滅びろ! アルティメットバースト!!」



 究極龍から放たれた滅びの吐息は、竜使いをかき消した。

 格が違う。

 そうとしか言いようがなかった。



「ふん」



 下らなそうに、海馬はカードを収める。究極龍の姿が、かき消えた。

 そのうしろ姿を見て。



「仲間に、なってくれないか」



 自然、口を開いていた。

 信頼に足る、行動だった。傲岸不遜ながら、そこに信念を感じた。

 だから、本当に、仲間になって欲しいと、願った。

 海馬は、振りかえってこない。



「貴様に、何が出来る?」



 背中越しに、そう言ってきた。



「オレが、貴様のような凡骨決闘者デュエリストに手を貸すメリットはなんだ」



 冷たい、だが、あまりにも正しい意見だった。

 俺たちと海馬の実力差では、どうやっても一方的な依存関係にしかならない。それでは海馬のほうには、手を組むメリットがない。

 普通なら、そうだ。だが、こちらには、切るべき札がある。



「グリードアイランドが、手にはいる」

「話にならんな」



 だが、それも、あっさりと切って捨てられた。



「たかがそんな物のために、なぜお荷物を抱えねばならん」



 初めて。振りかえりながら、海馬は見下すような視線を向けてくる。

 グリードアイランド。同胞にとって、最も得がたい物を、たかがそんな物と言う。

 傲慢ではない。実力に裏打ちされた、確かな自負だ。



「なら、ひとりだけでいい。俺の連れを、仲間にしてくれないか。もちろん、グリードアイランドは手配する」

「愚か者!!」



 大気の震えが頬を打った。

 それが怒声だと気づくのに、しばし時を要した。



決闘者デュエリストの風上にも置けぬクズめ! 仲間を預けるだと? よくもそんなことが言えたものだ! 恥を知れ!」



 言われて。

 自分が言った言葉の意味を悟った。

 自分はどうでもいいから、ツンデレだけでも。それは、だが、俺が決めていいことじゃない。ツンデレが、決めるべきこと。

 俺は、ツンデレの意思をないがしろにしていたのだ。

 俺が言ったことは、間違いなくツンデレに対する、ツンデレの信頼に対する裏切りでしかない。

 それを考えもしなかった俺こそ、傲慢だった。

 冷や汗がにじむ。

 頭など、とても上げられなかった。

 不快気に鼻を鳴らして。海馬が去っていく。

 その姿が消えて。空を仰ぐ。

 雲ひとつない大空は、ひたすらに、深い。



「――痛いなあ」



 天に、ため息する。

 わりと、ものごとえお楽観的に考える性質だし、能天気なほうだと思ってたけど。それだけに、海馬の罵言は堪えた。

 見逃しにしてきたものを、否応なしにつきつけられた。



「覚悟、決めなきゃな」



 拳を、握りこむ。

 纏うオーラは、あの男よりはるかに小さい。

 だが。



「アズマーっ!」



 遠くから、ツンデレが駆けてくるのが見えた。



 ――確かに、あんたと比べりゃクズだろうけどな。



 拳を、ツンデレに向ける。



「この細腕で、きっと守ってみせるさ」



 転がるように駆けてきながら、屈託のない顔で。ツンデレは笑っていた。





前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.027276992797852