<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

HxHSS投稿掲示板


[広告]


No.20016の一覧
[0] 答え3. 現実は非情である。[完結][Ethmeld](2010/08/18 00:56)
[1] プロローグ 彼女の答え[Ethmeld](2011/08/15 11:09)
[2] 1話 ヴィヴィアン=ヴァートリーという少女[Ethmeld](2011/08/15 11:26)
[3] 2話 ある日、町の中、熊さんとであった。[Ethmeld](2011/08/15 11:45)
[4] 3話 ヒルダさんと念講義[Ethmeld](2011/08/15 12:11)
[5] 4話 戦う理由、私の決意[Ethmeld](2011/08/15 12:34)
[6] 5話 獣の心[Ethmeld](2010/08/25 02:05)
[7] 6話 出会いは突然に[Ethmeld](2010/07/13 00:21)
[8] 7話 粘着質な俺(スティッキング・ライフ)[Ethmeld](2010/07/13 00:23)
[9] 8話 S[Ethmeld](2010/07/13 00:25)
[10] 9話 アジト襲撃[Ethmeld](2010/07/13 00:28)
[11] 10話 本当の私[Ethmeld](2010/07/13 00:33)
[12] ”男” 0話 幸せな日に[Ethmeld](2010/07/04 14:59)
[13] ”男” 1話 前世という名の毒[Ethmeld](2010/07/13 00:42)
[14] ”男” 2話 ヴィヴィアン=ヴァートリーという少女[Ethmeld](2010/07/13 01:04)
[15] ”男” 3話 自由への道程[Ethmeld](2010/07/13 01:02)
[16] エピローグ 彼の答え[Ethmeld](2010/08/18 01:00)
[17] あとがき[Ethmeld](2010/07/08 20:01)
[18] 能力設定[Ethmeld](2010/07/10 19:56)
[19] Epilogue if  彼女の答え[Ethmeld](2010/08/18 01:00)
[20] if after 1 太陽の下へ[Ethmeld](2010/08/18 01:03)
[21] if after 2 高いところにある部屋で[Ethmeld](2010/08/18 01:03)
[22] if after 3 お帰りなさい[Ethmeld](2010/08/18 01:07)
[23] if after 4 片腕[Ethmeld](2010/08/18 01:08)
[24] if after 5 ”気を絶つ”技[Ethmeld](2010/08/18 01:08)
[25] if after Ep. prologue とある少女の決意[Ethmeld](2010/08/18 01:28)
[26] if after Ep. ”Walley” 1 探索の日々[Ethmeld](2010/08/18 01:28)
[27] if after Ep. ”Walley” 2 思わぬ客[Ethmeld](2010/08/18 01:28)
[28] if after Ep. interlude とある少女の昔話[Ethmeld](2010/08/18 01:28)
[29] if after Ep. ”Vivian” 1 彼女はどこへ?[Ethmeld](2010/08/18 01:28)
[30] if after Ep. ”Vivian” 2 尾行の結果[Ethmeld](2010/08/18 01:28)
[31] if after Ep. ”Vivian” 3 母と娘[Ethmeld](2010/08/18 01:29)
[32] if after Ep. ”Vivian” 4 父と娘[Ethmeld](2010/08/18 01:29)
[33] if after Ep. ”Vivian” 5 高き壁[Ethmeld](2010/08/18 01:29)
[34] if after Ep. epilogue とある少女の想い[Ethmeld](2010/08/18 01:29)
[35] if after Ending 祝砲が響くということ[Ethmeld](2010/08/18 01:31)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[20016] if after Ep. prologue とある少女の決意
Name: Ethmeld◆dc9bdb52 ID:ae2b5ac9 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/08/18 01:28
ある晩、なんとなく喉が渇いて目が覚める。
無駄に広い家の中、水を飲もうとキッチンへ私は向かう。

すでにみんな寝静まっている時間のはずなのに、キッチンへ向かう途中にあるリビングから光が漏れていた。
私が何かあるのかと近づくと、母と、祖父母の声がドアの隙間から漏れ聞こえる。

盗み聞きなんてよくないことだと分かっているけど、私は好奇心を抑えられずに耳を澄ませた。

「あの男がこの町に来ているとは本当なのか?」
「…ええ、本当ですわ。お父様。」

祖父の声にこたえる母の声は何かを堪えるようだった。
それを聞いた祖父は、まるで汚いものを見たかのように吐き捨てる。

「そうか…。あの恥知らずがよくもおめおめと顔を出せたものだ。
 まさか、逢っていたのではなかろうな?」
「…ええ、もちろんですわ。あの人のことは伝え聞いただけに過ぎません。」
「そうか、ならばよいのだが。もちろん、これから逢うような予定も無いのだろう?」
「…、勿論ですわ。お父様。」
「そうか…、お前の言葉を信じるとしよう。」

祖父の追及はそこで終わり、母の顔に安堵が浮かぶ。

「それと、これは言うまでも無いことだが…。
 くれぐれもあの男があの子と会うことがない様にしなさい。」
「ええ、分かっております。それにあの人もそれを望んではいないでしょう。」
「ふん、そうだと助かるのだが。
 まぁ、この話はこれでしまいだ。長話をしていてはあの子に気づかれかねん。
 あの子は聡いからな。くれぐれも内密にするようにな。」

祖父はそういって話を終わると、座っていたソファーから立ち、こちらに向かって歩いてくる。
私はあわてて自分の部屋に駆け戻った。

部屋に戻った私はそのままベッドに入り頭までシーツを被る。
私の心臓は早鐘のようになっていた。
勿論、走って戻ってきたことも影響しているのだろう。
でも、それ以上にさっき聞いた話が頭の中を回っている。

そう、祖父がいう"あの男"。それに私は思い当たる人がいる。
祖父が嫌っていて、母が会いに行きたくて、私に合わせたくなくて、今ここにいない人。
そんな人は1人しか思いつかない。

多分、母はすでにその人に逢ったのだろう。
私はそれが羨ましい。
そして、祖父や、母の言葉に従うなら、きっと私はこれからもあの人に逢うことが出来ないのだ。
母の言葉を信じるなら、その人自身も私に会いたくないらしい。

そのことに私の心は締め付けられる。
どうしてそんなことを思うのだろう。
私はこんなにもあの人に逢いたいのに。

私はしばらく布団の中で悶々と悩む。
私は会いたい。
そして、あの人は今この町にいるらしい。
でも、あの人は合いに来てくれない。

そこまで考えて私は不意に思いつく。

――そうだ、あの人が来てくれないなら、私から会いに行けばいいんだ。

私もそろそろ15歳になる。
別に親に庇ってもらわなくても一人で十分歩けるはずだ。
確かに一人で出歩くのは危ないだろうけど、この町は比較的治安がいいし危ない人が居たら逃げればいい。

そう考えた私は、あの人を探すことを決意した。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.023311138153076