XXXSS投稿掲示板




No.36639の一覧
[0] ひかげ荘にようこそ(ネギまでオリ主)[えなりん](2014/11/30 20:14)
[1] 第一話 終わった、俺の人生[えなりん](2013/01/26 20:22)
[2] 第二話 うん、イチャイチャしよ先生[えなりん](2013/01/26 20:33)
[3] 第三話 そう、あれがひかげ荘[えなりん](2013/03/23 20:43)
[4] 第四話 L・O・V・E、大好き先生[えなりん](2013/03/23 20:44)
[5] 第五話 まあ、自分で選んだ事だからな[えなりん](2013/03/23 20:35)
[6] 第六話 先生に一杯私を見て欲しい[えなりん](2013/03/23 20:33)
[7] 第七話 絶対キモイって思われた[えなりん](2013/03/23 20:35)
[8] 第八話 もっと甘くて、切なくて綺麗な[えなりん](2013/03/23 20:36)
[9] 第九話 きっと向いてると思う[えなりん](2013/03/23 20:36)
[10] 第十話 リア充って、実は凄くね?[えなりん](2013/03/23 20:37)
[11] 第十一話 生徒が教師に迷惑掛けるなんて当たり前[えなりん](2013/03/23 21:02)
[12] 第十二話 いいよ、先生。一杯泣いて[えなりん](2013/03/23 20:38)
[13] 第十三話 姫って名がつくなら、目指せハッピーエンド[えなりん](2013/03/23 20:39)
[14] 第十四話 全部なくなるまで、私にかけて[えなりん](2013/04/03 22:25)
[15] 第十五話 俺も覚悟決めるから[えなりん](2013/03/23 20:39)
[16] 第十六話 普段は良いけど、今はだめ[えなりん](2013/03/23 20:39)
[17] 第十七話 絶対なんてこの世にはないけど、それでも絶対に[えなりん](2013/03/23 20:41)
[18] 第十八話 世界一可愛いお嫁さんを忘れんな![えなりん](2013/03/18 23:37)
[19] 第十九話 別に。怖くねーシィ?[えなりん](2013/03/23 21:02)
[20] 第二十話 頭が沸いてるとしか思えませんです![えなりん](2013/03/23 20:26)
[21] 第二十一話 下ネタとか超越してね?[えなりん](2013/03/30 20:07)
[22] 第二十二話 独り占めしておけばよかった[えなりん](2013/03/30 19:17)
[23] 第二十三話 私から離れて、柿崎を連れて行く[えなりん](2013/03/30 19:30)
[24] 第二十四話 私達が先生を一杯気持ち良くしてあげる[えなりん](2013/04/03 23:43)
[25] 第二十五話 だから、必死に我慢した[えなりん](2013/04/06 20:19)
[26] 第二十六話 今は悪魔が微笑む時代なんだよ[えなりん](2013/04/11 00:10)
[27] 第二十七話 僕はA組の担任の座を狙ってます[えなりん](2013/04/13 20:12)
[28] 第二十八話 俺はもう、駄目かもしれない[えなりん](2013/04/20 20:26)
[29] 第二十九話 セックスフレンド、そういうのもあるんだ[えなりん](2013/04/21 05:15)
[30] 第三十話 セックスフレンドぐらいならいいよ[えなりん](2013/05/01 20:20)
[31] 第三十一話 俺を嫌いなの、好きなのどっち?[えなりん](2013/05/01 20:24)
[32] 第三十二話 のどかの前に出られない格好に![えなりん](2013/05/04 20:22)
[33] 第三十三話 爺さんの気持ちが今なら良く理解できる[えなりん](2013/05/08 21:37)
[34] 第三十四話 実は先生意外とポイント高いんや[えなりん](2013/05/08 21:20)
[35] 第三十五話 貴方の親友の瀬流彦です[えなりん](2013/05/18 20:17)
[36] 第三十六話 これも一種の未知のファンタジーです[えなりん](2013/05/18 20:17)
[37] 第三十七話 俺と二人きりになったら全力で逃げろ[えなりん](2013/05/18 20:01)
[38] 第三十八話 先生の門戸が広がるのを待ってたネ[えなりん](2013/05/25 20:05)
[39] 第三十九話 初恋は大抵叶わんもんさ[えなりん](2013/05/25 19:52)
[40] 第四十話 まさか平日にチャンスチャンス?[えなりん](2013/05/30 07:33)
[41] 第四十一話 一万やるからジュースとお菓子買ってこい[えなりん](2013/06/01 19:22)
[42] 第四十二話 先生の性奴隷にだってなっちゃう[えなりん](2013/06/05 21:16)
[43] 第四十三話 お前となら、どんな茨の道でも歩んでいける[えなりん](2013/06/12 20:49)
[44] 第四十四話 私も先生の事は結構好きだから[えなりん](2013/06/12 20:49)
[45] 第四十五話 ちょっと摘み食いぐらい[えなりん](2013/06/15 20:01)
[46] 第四十六話 七月三十一日それが決戦の日です[えなりん](2013/06/19 23:46)
[47] 第四十七話 お前の夢に嫉妬しちまった[えなりん](2013/06/22 19:57)
[48] 第四十八話 ベッドの中で貴方と私、しっぽりがお好み?[えなりん](2013/06/26 21:54)
[49] 第四十九話 一緒にアイツを殴りにいこう[えなりん](2013/06/29 20:00)
[50] 第五十話 死んでしまえ、このくそ野郎[えなりん](2013/07/03 21:30)
[51] 第五十一話 俺がどれだけお前を可愛いと思ってるか[えなりん](2013/07/13 19:53)
[52] 第五十二話 まだ、私は処女なのです[えなりん](2013/07/17 21:03)
[53] 第五十三話 俺のアタナシアを下世話な会話で汚すな[えなりん](2013/07/20 20:06)
[54] 第五十四話 お嬢様や刹那のようなピチピチの女の子の方が[えなりん](2013/07/27 19:58)
[55] 第五十五話 俺のアタナシアに触るんじゃねえ![えなりん](2013/07/31 20:27)
[56] 第五十六話 結婚してくれなきゃ、死ぬ。死んでやる![えなりん](2013/07/31 20:36)
[57] 第五十七話 間違えて宮崎の胸にパイタッチするかも[えなりん](2013/08/07 21:37)
[58] 第五十八話 絶対に、そばを離れません[えなりん](2013/08/07 21:24)
[59] 第五十九話 あの人、微妙に俺の事を怨んでないか[えなりん](2013/08/10 20:35)
[60] 第六十話 それこそ世界だって親愛的にあげるネ[えなりん](2013/08/14 23:08)
[61] 第六十一話 ただの女の子のお前が、お前が欲しい[えなりん](2013/08/17 20:33)
[64] 第六十二話 お嫁さんになりにきました[えなりん](2013/08/25 16:19)
[65] 第六十三話 言いたい事があるなら言った方が良いぞ?[えなりん](2013/08/25 16:24)
[66] 第六十四話 楽しむ気満々じゃねえか[えなりん](2013/08/28 21:24)
[67] 第六十五話 女の子は受け入れられるようにできてる[えなりん](2013/08/31 20:10)
[68] 第六十六話 それ全然頼りになんない[えなりん](2013/09/05 01:01)
[69] 第六十七話 無力だな、俺って[えなりん](2013/09/07 19:36)
[70] 第六十八話 一晩中、忘れられない夜になるぐらい![えなりん](2013/09/15 20:06)
[71] 第六十九話 全部、全部いらないネ![えなりん](2013/09/18 21:39)
[72] 第七十話 私ももう少しだけ可愛がっていただけますか?[えなりん](2013/09/22 22:54)
[74] 第七十一話 なんだかんだで、俺甘いよな[えなりん](2013/09/25 21:09)
[75] 第七十二話 竹林の奥でこそっとしてくるッス[えなりん](2013/10/02 21:10)
[76] 第七十三話 人生最強更新中![えなりん](2013/10/02 21:03)
[77] 第七十四話 俺の教職としても道はどっちだ[えなりん](2013/10/05 21:32)
[78] 第七十五話 旅の恥は掻き捨て。知ってはりますやろ?[えなりん](2013/10/09 19:40)
[79] 第七十六話 今夜はまだまだ続くぞ。覚悟は良いか?[えなりん](2013/10/12 19:55)
[80] 第七十七話 もう、この関係も終わらせないとな[えなりん](2013/10/16 21:10)
[81] 第七十八話 二人で話せませんか?[えなりん](2013/10/19 22:41)
[82] 第七十九話 この旅で学んだ事を早速忘れんな[えなりん](2013/10/23 23:07)
[83] 第八十話 私の方が先生を愛してる[えなりん](2013/10/27 05:44)
[84] 第八十一話 正直、彼氏といるより楽しかったから[えなりん](2013/11/01 21:22)
[85] 第八十二話 ここか、都会娘のおっぱいは![えなりん](2013/11/06 22:08)
[86] 第八十三話 ひかげ荘を俺にください[えなりん](2013/11/06 22:02)
[87] 第八十四話 好きなだけ、私を犯せ[えなりん](2013/11/09 20:53)
[88] 第八十五話 だってお前が可愛く笑うから![えなりん](2013/11/13 20:31)
[89] 第八十六話 あやかの女の子に先生の殿方を[えなりん](2013/11/16 20:59)
[90] 第八十七話 髪留め、似合ってるぞ[えなりん](2013/11/20 23:11)
[91] 第八十八話 先生の太くて硬い。こんなの初めてぇ[えなりん](2013/11/23 20:37)
[92] 第八十九話 腰周りも随分と充実してるだろ?[えなりん](2013/11/30 21:39)
[93] 第九十話 せっちゃんどんどん濡れてくるえ[えなりん](2013/12/14 20:30)
[95] 第九十一話 あっ、流れ星[えなりん](2013/12/21 20:30)
[96] 第九十二話 夜鳴きした体にオナニーはもう飽きちゃった[えなりん](2013/12/28 20:37)
[97] 第九十三話 お前の手の方が気持ち良いよ[えなりん](2014/01/04 20:40)
[98] 第九十四話 俺の物差しは何倍も大きいの[えなりん](2014/01/11 20:33)
[99] 第九十五話 弟とも違うよぉ![えなりん](2014/01/25 21:43)
[100] 第九十六話 蝶よ花よと愛でられるだけの女性ではありませんわ[えなりん](2014/01/25 20:35)
[101] 第九十七話 逃げられなかったお前の負けだ[えなりん](2014/02/01 21:04)
[102] 第九十八話 やっとこの日が、もうお預けはなしヨ[えなりん](2014/02/08 20:25)
[103] 第九十九話 行け、闇の忍び三人衆[えなりん](2014/02/15 21:11)
[104] 第百話 全員まとめて掛かって来い![えなりん](2014/02/23 22:13)
[105] 第百一話 改めて、よろしくな![えなりん](2014/03/01 21:01)
[106] 第百二話 神楽坂がいたじゃん[えなりん](2014/03/08 21:09)
[107] 第百三話 おっしゃあ、殴らず勝ったで千草姉ちゃん![えなりん](2014/03/15 22:02)
[108] 第百四話 もう一回、最後にもう一回だけ[えなりん](2014/03/22 20:22)
[109] 第百五話 地雷女扱いしてへん?[えなりん](2014/03/29 21:32)
[110] 第百六話 結婚してもこんな感じでゆったり過ごしたいな[えなりん](2014/04/05 20:39)
[111] 第百七話 誰だ、私のむつきをこんなにしたのは![えなりん](2014/04/12 20:05)
[112] 第百八話 私は先生の血が欲しい[えなりん](2014/04/19 20:16)
[113] 第百九話 ありがてえけど、すまん気持ちが半端ねえ[えなりん](2014/04/26 20:43)
[114] 第百十話 アイツは中学生らしい初恋してるだろ[えなりん](2014/05/03 20:43)
[115] 第百十一話 何時何分何秒![えなりん](2014/05/17 20:20)
[116] 第百十二話 私も乙姫先生に恋をしたみたいですわ[えなりん](2014/05/17 20:25)
[117] 第百十三話 二番目なのに、好きになっちゃう[えなりん](2014/05/17 20:30)
[118] 第百十四話 女の子にとっては恋愛のバイブルなんです![えなりん](2014/05/17 20:35)
[119] 第百十五話 本当は、お前にあの尼を犯させるまで待つつもりだったんだ[えなりん](2014/05/17 20:41)
[120] 第百十六話 和美さんの巨乳で癒してあげる[えなりん](2014/08/17 13:46)
[121] 第百十七話  嘘、です[えなりん](2014/08/17 13:50)
[122] 第百十八話 私のプライドが許さない[えなりん](2014/08/17 13:52)
[123] 第百十九話 そんな所の匂いを嗅いで、この変態![えなりん](2014/08/17 13:54)
[124] 第百二十話 どうやら私たちの負け、ですね[えなりん](2014/08/17 13:57)
[125] 第百二十一話 私に、親愛的の跡継ぎを[えなりん](2014/08/17 14:00)
[127] 第百二十二話 唾つけずに放っておいたらどうなるか[えなりん](2014/11/30 21:48)
[128] 第百二十三話 柔らかい体が欲しいと思いました[えなりん](2014/12/07 19:18)
[129] 第百二十四話 部活がないと時間が余ってしょうがないのよ[えなりん](2014/12/30 21:21)
[130] 第百二十五話 感謝してるけど、殴って良い?[えなりん](2015/01/10 20:05)
[131] 第百二十六話 夫婦喧嘩の後のセックスは燃えるらしいぞ?[えなりん](2015/01/17 19:39)
[132] 第百二十七話 恋愛を楽しむ普通の女の子です[えなりん](2015/01/24 20:01)
[133] 第百二十八話 次に起きたら、俺の秘密の場所だ[えなりん](2015/01/31 21:01)
[134] 第百二十九話 皆の前で抱いてください![えなりん](2015/02/07 20:40)
[135] 第百三十話 小さいけど、その分弾力は負けてません[えなりん](2015/02/14 20:27)
[136] 第百三十一話 私はなにをどう、変わっていけばいいのかな[えなりん](2016/04/02 20:36)
[137] 第百三十二話 幸せにだけはしてやらないとな[えなりん](2016/04/16 20:32)
[138] 第百三十三話 今日からライバルって事ね[えなりん](2016/05/03 21:18)
[139] 第百三十四話 私もいつか、こんな風に誰かを想ってあたふたしたりするのかなあ?[えなりん](2016/05/14 19:57)
[140] 第百三十五話 今日は帰りたくないんです[えなりん](2016/05/28 19:55)
[141] 第百三十六話 嫌わないで、一人にしないで[えなりん](2016/06/11 20:11)
[142] 第百三十七話 俺のところに来い[えなりん](2016/07/02 20:03)
[143] 第百三十八話 頑張ってこの子を育てます[えなりん](2016/07/16 20:24)
[144] 第百三十九話 悪戯にしちゃあ、人数多いな[えなりん](2019/04/27 22:19)
[145] 第百四十話 だから何時の時代も男は女の子を怒らせるネ[えなりん](2020/09/12 22:40)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[36639] ひかげ荘にようこそ(ネギまでオリ主)
Name: えなりん◆e5937168 ID:1238ef7e 次を表示する
Date: 2014/11/30 20:14

プロローグ 乙姫むつき

 何故自分は、こんな職業を選んでしまったのだろうか。
 教科書を持つ手とは逆の手で黒板にチョークで文字を書きながら、溜息混じりに思った。
 そろそろ石の上にも三年目に突入していたが、限界が近いのかもしれない。
 ちょっとした下心がなかったと言えば嘘になるが、もう少し夢があったはずだ。
 少々古いが、金八先生やGTOのような、後者は少し違うがそんな夢を。
 だが黒板に書いた文章の意味を説明する自分の声がどこか遠い。
 熱に浮かされ夢うつつのまま動いているような。
 背後から聞こえる姦しい声が、自分の声どころか存在そのものを押し流すようだ。

「でさでさ」
「ちょっと、声が大き……嘘、本当!?」

 嫌々、仕方なく振り返っては、眉を潜めながら注意する。

「煩いぞ、少し静かにしなさい」

 出来るだけ教師らしく落ち着いた声色を使ってそう言った。
 心の内部に潜む怒りを押し隠し、注意した声もまた押し流されていく。
 思春期まっさかりの女子中学生がそれぐらいで黙るはずがない。
 いや、多少は静かにはなったが必死に笑いを堪えているようにも見えた。
 いつまた騒がしさが復活してもおかしくはなかった。

「続けるぞ」
「あ、先生そこ字が間違ってるネ」

 黒板に振り返って間もなく、背後からそんな指摘が飛んで来た。
 彼だけでなく、他の教師でさえ舌を巻く、最強頭脳からの指摘である。
 慌てて教科書を開きなおし、一体何処がと黒板を眺めようとし、肘に何かがあたった。
 教卓に置いておいたチョーク入れだ。
 肘に押し出されては見事に教卓からダイブを謀り、無謀のままに床に落ちてはケースが跳ねた。
 グロテスクではないが、飛び出した中身が方々に飛び散っては砕けていく。

「あっ、しまっ!」

 なんともいえない小さな失敗にカッと顔が熱くなり、慌てて走りよってしゃがみこむ。
 素早く拾い直そうとするも、砕けたチョークは直りはしない。
 しかも小さな破片になっては方々に広がり、結構な手間がかかる。
 小さな欠片も丁寧に拾っていると、不自然さを感じもする優しい声が降りてきた。

「先生、手伝ってあげようか?」
「ああ、すまんな鳴滝。手伝ってくれると」

 しゃがんでいた状態からふと視線を上げると、その軌跡がどうしても通過する。
 最後に見上げきってから小学生なみの童顔の鳴滝と目があった。
 その目に手伝おうという優しい光はなく、悪戯好きの怪しい光のみだ。
 またかと思わないでもなかったが、到底制止が間に合うはずもなく。

「あーっ、先生のエッチ。私のスカートの中、見た!」
「えーっ、先生そういう趣味。風香が趣味とか、正直危ないよ、それ」
「お姉ちゃん、さりげに自爆してるよ」
「いくらなんでもそれはない」

 再び、堪え切れなかった笑いを炸裂させるように、教室内が騒がしくなる。
 覗いたか、覗かなかったかはどうでも良いのだろう。
 箸が転がっても、そんな言葉が脳裏に浮かぶ。
 もういいやと、細かく飛び散ったチョークに見切りをつけて立ち上がる。
 しかしさすがに騒がしすぎるので、何か言おうと口を開いたタイミングで、

「皆さん、先程から騒ぎすぎです。あっ、先生どうぞ」

 先にクラス委員の雪広が立ち上がり、皆を沈めてしまう。
 一応、授業中という意識はあったのか、速やかに静かになっていく。
 それから彼が口を開いていた事に気付き、先を促がされる。
 だが振り上げた手の落としどころは既に失せており、授業を続けるしかなかった。
 どこまでやったかと、教科書を開きなおしてそこで終了のチャイムが鳴ってしまう。

「やっと終わった、お昼ごはーん!」
「まき絵、まだ授業中」

 ピンク頭の佐々木が両腕を上げては、後ろの釘宮に背中をつつかれている。
 だがその声が皆の小腹を刺激したようで、誰もがもはやお昼ご飯と休憩に心を奪われてしまっていた。
 成長期だから仕方がないとは言え、もう少し自制心をもてないのだろうか。
 キリの良いところまで続けるべきか、今ここで終了を告げるべきか。

「雪広、終了だ」

 結局キリが良いかどうかではなく、この場にいたくないという思いからそう伝えた。
 何人か、やったと小さく呟いたのが聞こえたが、もう怒る気にもなれない。

「起立、礼」

 きびきびとした号令とは裏腹に、おざなりな礼を受けてむつきはほっと息をついた。
 なんとか終わったと。
 後は、夕方の終わりの会で顔を付き合わせるだけで済むと。
 麻帆良女子中、二年A組の副担任乙姫むつきは、そそくさと教室を出て行った。









-ほぼ前書き-
ども、えなりんです。
後書きは第一話の方に。

本作は、基本的に日常が奇数話、エロが偶数話となっています。
あくまで基本的にで長編のお話の場合は少し崩れますが。
あと作者はブログ「CrossRood」を運営中です。
同時更新していますので、有事の際はそちらへどうぞ。
十年以上に渡る作者の過去作品も一気に読めちゃいます。
2000年当初のものは、さすがに恥ずかしいできですけどねw


次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.037004947662354