SS投稿掲示板




No.26407の一覧
[0] 【ネタ完結】魔法少女リリカルなのは A's ~ちょっとだけ、やさぐれフェイトさん~[熊雑草](2011/04/09 00:45)
[1] 第1話 フェイトさん、またやさぐれる[熊雑草](2011/04/12 01:05)
[2] 第2話 やさぐれた戦いの結末……[熊雑草](2011/04/12 01:06)
[3] 第3話 やさぐれの帰宅Ⅰ[熊雑草](2011/07/09 14:18)
[4] 第4話 やさぐれと守護騎士[熊雑草](2011/04/12 01:07)
[5] 第5話 やさぐれと守護騎士の主[熊雑草](2011/04/12 01:07)
[6] 第6話 やさぐれとの生活①[熊雑草](2011/04/12 01:08)
[7] 第7話 やさぐれとの生活②[熊雑草](2011/04/12 01:08)
[8] 第8話 やさぐれとの生活③[熊雑草](2011/04/12 01:09)
[9] 第9話 闇の書の秘密[熊雑草](2011/04/09 00:40)
[10] 第10話 監視者の日記[熊雑草](2011/04/09 00:40)
[11] 第11話 やさぐれの帰宅Ⅱ[熊雑草](2011/07/09 14:18)
[12] 第12話 何かが捻じ曲がっていく[熊雑草](2011/04/12 01:09)
[13] 第13話 フェイトとなのは、久々の再会[熊雑草](2011/04/12 01:10)
[14] 第14話 そして、時空管理局では……[熊雑草](2011/04/12 01:10)
[15] 第15話 そろそろ幕引き……[熊雑草](2011/07/09 14:19)
[16] 後日談・第1話 あれから、三年……[熊雑草](2011/07/09 14:20)
[17] 後日談・第2話 喫茶店会議①[熊雑草](2011/07/09 14:20)
[18] 後日談・第3話 喫茶店会議②[熊雑草](2011/07/09 14:21)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[26407] 後日談・第2話 喫茶店会議①
Name: 熊雑草◆890a69a1 ID:96ed7643 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/07/09 14:20
 == 魔法少女リリカルなのは ??? ~ちょっとだけ、やさぐれフェイトさん~ ==



 昨日、相談したプレシアの口から出た妙な名前……。
 ジェイル・スカリエッティならぬ、ジョイル・スカリエッティ。
 そのせいで、話は突如として終わりを迎えてしまった。
 フェイトは、頭を悩ませる。


 「ジェイル・スカリエッティが、
  プロジェクトF.A.T.E の基礎理論を作ったはずなのに……。」


 自分の部屋の机に突っ伏し、フェイトの頭の中は、グルグルと同じ言葉が回り続ける。
 やがて、ゆっくりと起き上がると携帯電話のメールを使って、親友二人に相談のメールを送信した。



  後日談・第2話 喫茶店会議①



 二日後……。
 フェイト、なのは、はやての三人の都合がつく。
 学校終わりの放課後に、近くに出来たばかりの喫茶店で話し合いをすることになる。
 そして、やって来ました喫茶店。


 「喫茶T……。」

 「何のTやろ?」

 「さあ?」


 三人は、小さな洋風の店の入り口を潜る。
 中に入ると『いらっしゃいませ』と声を掛けられ、店の一番奥に案内された。
 店内の入り口近くの席では、前髪の多い女の子が手紙を書いている。
 そして、奥に向かう途中の席では、白髪の少女と後ろ髪の長い少年が話をしている。


 「とがめ、チェリオを気合いを入れる掛け声として、
  日本中に流行らせることなんて可能なのか?」

 「うむ。
  私は、出来ると信じておるよ。」

 「そっか……。」

 「寧ろ、地図作りなど二の次だ。
  チェリオを流行らせることにこそ意味がある。」

 「どういうことだよ!?
  わかんないよ!
  オレには!」

 「七花、それも駒なのだよ。
  私にとっては……。」

 「……何のだよ?」

 「全ては、チェリオを気合いを入れる掛け声として流行らすための駒だった……。」

 「えぇ……。」

 「今までの旅も、奇策も、気持ちも……。
  そして、七花……。
  お前の存在すらもだ……。」

 「じゃあ、刀集めは?」

 「踏み台だ。
  よりインパクトを与えるための布石に他ならない。」

 「布石?」

 「そうだ。
  我々の行動を見た人間は、どう思っただろうか?
  私が繰り出すチェリオを見る度に、ときめき、感動し、萌えあがったに違いあるまい。」

 「いや、それだと気合いを入れたことにならないって。」

 「甘いな、七花。
  それは、私を見た視聴者の気持ちだ。
  私のチェリオにより、気合いが入ったのはお主だ。」

 「オレ?」

 「そうだ。
  思い出してみるがいい。
  あの時の私のチェリオがあったからこそ、勝てたという戦いが沢山あったはずだ。」

 「そうかな?」

 「そうだ。
  私が言うのだから間違いない。
  お主は、黙って私のチェリオを喰らい続けていればよいのだ。」

 「そうか?」

 「うむ。
  その行動を続けることこそが、
  チェリオを、気合いを入れる掛け声として流行らせる第一歩なのだ。」

 「よく分かんないけど、分かったよ。」

 「うむ。
  では、気合いを入れるぞ?
  チェリオ!」


 妙な掛け声の後に炸裂した拳を見ながら、三人は一番奥まで歩いて行き、席に座る。


 「今の子の声、なのはちゃんに似てなかった?」

 「そうかな?」

 「そっくりだったよ。」

 「そうかもしれないね。
  よくある声なんだよ、きっと。」

 ((そうなのかな?))


 少しの疑問を残したところで、店員さんが注文を聞きに来る。
 三人は、それぞれ飲み物を注文すると、本題に入ることにした。


 「フェイトちゃん。
  メールにあった相談って、何なん?」

 「実は、私の生まれについてなんだ。」

 「ん? それやったら、聞いてるよ。
  それについて、私達は、何も差別とかすることないし……。」

 「そ、そうじゃなくて……。」


 フェイトは、手を振って否定する。
 そして、なのはに頼んで、ユーノに取り寄せて貰った資料を鞄から取り出す。


 「これ、紙に印刷して来たもの。」

 「なになに?」


 なのはとはやてが、束ねられたプリントの題名を読む。


 「「プロジェクトF.A.T.Eについて。」」

 「これって、プレシアさんがフェイトちゃんを生み出した技術でしょ?」

 「そう。
  でも……。」


 なのはとはやてが、疑問符を浮かべる。


 「母さんが、研究した人をジョイル・スカリエッティって……。」

 「「ジョイル・スカリエッティ?」」


 なのはとはやてが、資料をパラパラと捲る。
 基礎理論を考えた人間は、ジェイル・スカリエッティのはずだ。


 「名前が違う……。」

 「そやね……。」

 「うん、そうなんだ。
  私の生まれのことだから、少し調べてたりしてたんだけど。
  二日前、母さんに聞いた名前とは違うんだ。
  それで、なのはに頼んで、ユーノから閲覧可能な資料を送って貰ったの。」

 「それで、相談やったんやね?」

 「うん……。」

 「…………。」


 正直、何と言っていいか分からない。
 なのはがフェイトに質問する。


 「プレシアさんの勘違いってことはないの?」

 「ないみたい。
  それに……ユーノから別の資料も送られて来て。」


 フェイトは、鞄からもう一つのプリントの束を出す。
 はやてが読み上げる。


 「ジョイル・スカリエッティの研究資料について……。
  実在してんの?
  ジョイル・スカリエッティ?」


 フェイトは、無言で頷いた。


 「中身は?」

 「怖くて、まだ見てない……。」

 「そ、そうかぁ……。
  概要だけでも読んでみない?」

 「……一緒に読んでくれる?」


 フェイトの問い掛けに、なのはとはやてが頷く。
 ジョイル・スカリエッティなる人物のプリントを捲り、研究成果を覗く。


 「「「あれ?」」」


 三人は、異口同音を口にした。


 「これ、プロジェクトF.A.T.Eだよ?」

 「ほんまや。」

 「印刷間違えたかな?」


 フェイトは、慌ててプリントの束を手に取る。
 しかし、右下のページとサブタイトルは、ジョイル・スカリエッティになっている。


 「あれ? え? どうして?」


 パラパラと捲り飛ばすと、別の研究資料が出て来た。


 「何これ?」


 フェイトは、プリントの束をテーブルの上に置いて頭を抱える。
 なのはがプリントの束を二つ並べて、上から見比べる。


 「丸っきり同じだね……。」

 「ほんま?
  ・
  ・
  本当だ……。
  でも、ジョイル・スカリエッティの方は、続きがあるよ?」

 「そうだね。」


 暫し沈黙。
 そして、はやてが口を開く。


 「もしかして……。
  名前が似てるから、
  保管する資料を間違えたんじゃないやろか?」

 「間違い……?」


 フェイトが顔を上げる。


 「そうや。
  ジェイル・スカリエッティの資料をジョイル・スカリエッティの資料にも入れて、
  ジョイル・スカリエッティの資料は、その差分だけ……。」


 フェイトは、ジョイル・スカリエッティのプリントの束から、プロジェクトF.A.T.Eの資料を抜き取る。
 そして、改めて概要を読む。


 「擬似人格と運命を歪ませる研究について……。
  擬似人格!?」


 なのはとはやての頭の中に、三年前に降臨した悪魔の笑みが過ぎった。


 「何か繋がったな……。」

 「うん……。
  どうして、やさぐれちゃんが擬似人格なのか分かった気がした……。」

 「…………。」


 フェイトは、声に出して読み進める。


 「この研究は、意図的に擬似人格を作るものである。
  作りあげた記憶の転写と言ってもいい。」

 「それって、プロジェクトF.A.T.Eの
  記憶のクローニング技術じゃ……。」

 「意図的に作るんやったら、違うんやないか?」


 フェイトは、続ける。


 「実験の結果、見事に人格を変えることに成功した。
  温和だった猿が活発的に変わった。
  ・
  ・
  猿……。」


 フェイトにズーンと黒い影が落ちた。
 なのはとはやてが必死に励ますと、フェイトは、何とか立ち直り、続きを読み始める。


 「……しかし、人格が変わるのは、与えた魔力が切れるまで。
  リンカーコアを持たない猿には、変えた人格を維持することは出来ない。
  つまり、人格を変えるには魔導師であることが条件だ。
  それで……。
  ・
  ・
  実験は、人体実験に移るからという理由で、ここで終わってる。」

 「ジョイル・スカリエッティは、一応、まともみたいやな。
  ジェイル・スカリエッティは、人体実験をしていたっていう話やから。」

 「そうだね。
  でも、実験される動物さんが可哀そうだよ。」

 「失言やった……。
  その通りや。
  ・
  ・
  フェイトちゃん、もう一つの方は?」

 「運命を歪ませる方?
  これ、何の研究なんだろう?
  ・
  ・
  人には変えられない大きな運命というものがある。
  しかし、それに抗う力というものがあることを信じたい。
  そして、占いなどの運気を学問と捉えた統計学から、
  何かを捧げることで運気をあげて、運命の何かを変えることが出来ないかと考えた。」

 「さっぱり、分からへん。」

 「私も。」

 「…………。」

 (心当たりがある……。
  もう一人の私の意味の分からない運の良さ……。)


 フェイトは、続ける。


 「更に、もう一つ運命を変える手法。
  これは、壊すと言う方が正しいかもしれない。
  デタラメにことを進め、自分の予測を凌駕した行動を取ること。」

 「何かジョイル・スカリエッティ……。
  おかしなことを言い出したな?」

 「と、いうか、誰かに近づいてる……。」

 「だったら、合わせればいいのではないか?
  デタラメな行動をして運気を上げて、
  何かが変われば、結果オーライにならないか?
  混ぜればいいじゃないか?」

 「「「結果オーライになるか!」」」

 「そして、混ぜるな!」


 三人は、ジョイル・スカリエッティなる者が、後半投げやりに研究をしていたと確信する。
 フェイトは、眉をひくつかせながら、震えた声で読み進める。


 「……とりあえず、対価として、魔導師の資質を犠牲にして運気を上げるっぽいものを作ってみた。
  ついでに、運命を変えるために少しデタラメな性格の擬似人格も。
  そして、研究成果を利用されないのも癪だから、
  擬似人格の研究成果と運命を変える成果をセットにしたものを
  転写前のブラックボックスのプログラムにした。
  つまり、私の研究成果を実行するには、このブラックボックスを組み込むしかない。
  ・
  ・
  余談……。
  実行するなら、対価となるそれ相応の魔法資質と、
  擬似人格を維持するだけの魔力量が必要になるため、実現は、ほぼ不可能と思われる。
  私には、人体実験をする勇気もないし……終わり。」


 フェイトは、がっくりと項垂れて額に手を置く。


 「ふふ……。」

 「「フェイトちゃん?」」

 「……何か分かっちゃった。」

 「…………。」


 フェイトは、乾いた笑みを浮かべ続ける。


 「……完成前の基礎理論のプロジェクトF.A.T.Eと、
  擬似人格と運命を歪ませる研究。
  これを母さんが完成させて、もう一人の私が生まれたんだ……。」

 「何たる偶然……。」

 「凄い確率だよね……。」

 「うっかり管理局の誰かがジェイル・スカリエッティの研究を
  ジョイル・スカリエッティの研究に追記……。
  うっかり名前を間違えて手に入れた研究を始めた母さん……。
  うっかり研究が成功して、私が生まれる……。」

 「そして、やさぐれちゃんも生まれた……。」

 「それに私達が巻き込まれたんか……。
  研究資料を見ると運気の底上げの研究が、
  この偶然を作りあげた気もするわ……。」

 「母さんは、知らないで二人の研究者の研究を完成させていたんだ……。
  本来、ジョイル・スカリエッティだけの研究だけじゃ成功しない。
  それをジェイル・スカリエッティの研究が足りない魔法資質を補った。」

 「プレシアさんが完成させるだけの才能を持ち合わせていたのも、
  今、考えると凄い偶然だよね?」

 「私……。
  よく死ななかったな……。」

 ((それが一番の奇跡かもしれない……。))


 フェイトは、ガンッとテーブルに頭を打ち付けた。
 なのはとはやては、苦笑いを浮かべるしか出来なかった。
 なのはは、フェイトを励ます。


 「で、でも……。
  もしかしたら、やさぐれちゃんが出て来て、
  私達の運命は変わったかもしれないよ?」

 「いい方に変わったとは思えない……。
  だって、運気が上がってたのは、もう一人の私だけだもん……。」

 「そ、そうなの?
  はは……。」


 なのはは、『どうしよう?』とはやてを見る。
 はやても、『どうすれば……』と思い悩む。


 「あ、あれや!
  やさぐれちゃんのお陰で、
  プレシアさんが元気になったんちゃうか?」

 「……母さん?」

 「そうや!
  本来、不治の病だったんやろ?」

 「うん……。」

 「なら!」

 「そ、そうかな?」

 「きっと、他にも何か変わったはずや!」

 (思い当たらんけど……。)


 フェイトは、少し元気になる。


 「……そうだよね。」

 「「うん!」」


 その場は、とりあえず、それで落ち着いた。
 しかし、妙な事実が分かった。
 やさぐれフェイトは、プレシアのうっかりで生まれた。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025156021118164