SS投稿掲示板




No.26407の一覧
[0] 【ネタ完結】魔法少女リリカルなのは A's ~ちょっとだけ、やさぐれフェイトさん~[熊雑草](2011/04/09 00:45)
[1] 第1話 フェイトさん、またやさぐれる[熊雑草](2011/04/12 01:05)
[2] 第2話 やさぐれた戦いの結末……[熊雑草](2011/04/12 01:06)
[3] 第3話 やさぐれの帰宅Ⅰ[熊雑草](2011/07/09 14:18)
[4] 第4話 やさぐれと守護騎士[熊雑草](2011/04/12 01:07)
[5] 第5話 やさぐれと守護騎士の主[熊雑草](2011/04/12 01:07)
[6] 第6話 やさぐれとの生活①[熊雑草](2011/04/12 01:08)
[7] 第7話 やさぐれとの生活②[熊雑草](2011/04/12 01:08)
[8] 第8話 やさぐれとの生活③[熊雑草](2011/04/12 01:09)
[9] 第9話 闇の書の秘密[熊雑草](2011/04/09 00:40)
[10] 第10話 監視者の日記[熊雑草](2011/04/09 00:40)
[11] 第11話 やさぐれの帰宅Ⅱ[熊雑草](2011/07/09 14:18)
[12] 第12話 何かが捻じ曲がっていく[熊雑草](2011/04/12 01:09)
[13] 第13話 フェイトとなのは、久々の再会[熊雑草](2011/04/12 01:10)
[14] 第14話 そして、時空管理局では……[熊雑草](2011/04/12 01:10)
[15] 第15話 そろそろ幕引き……[熊雑草](2011/07/09 14:19)
[16] 後日談・第1話 あれから、三年……[熊雑草](2011/07/09 14:20)
[17] 後日談・第2話 喫茶店会議①[熊雑草](2011/07/09 14:20)
[18] 後日談・第3話 喫茶店会議②[熊雑草](2011/07/09 14:21)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[26407] 第14話 そして、時空管理局では……
Name: 熊雑草◆890a69a1 ID:96ed7643 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/04/12 01:10
 == 魔法少女リリカルなのは A's ~ちょっとだけ、やさぐれフェイトさん~ ==



 時空管理局の一室……。
 そこには、今回の闇の書事件に関わった魔導師が集まっていた。
 なのはのデバイスのデータから情報を特定したことで、事件を担当したアースラ艦長のリンディとその息子で執務官のクロノ。
 無限書庫での調査を手伝ったユーノ。
 闇の書のせいで過去に決別出来ないグレアムとその使い魔二人、リーゼアリアとリーゼロッテ。
 そして、話は、なのはの連絡を元にリンディが確認をとり、シャマルが絶叫したところから始まる。


 「シャマルです!」

 「シャ、シャマルさん?
  ベヒーモスさんじゃなくて?」

 「何で、そんなモンスターみたいな名前になっているんですか!」

 「地球の協力者からの連絡では、間違いなくベヒーモスさんと……。」


 シャマルがリインフォースに泣きついた。
 この光景も何度見たか……。


 「おかしいわね……。
  なのはさんの話だと、月を見ると変身する生肉が大好きな方って……。
  普段は、天然系の少女に擬態していると……。」

 「その説明で気付いてくださいよ!
  私だけ、妙な説明があるの変だと思いませんでした!?」

 「その……。
  守護騎士の方は、基本、そういう方の集まりかと……。」

 「は?」


 守護騎士達の脳裏に悪魔の笑顔がちらついた。



  第14話 そして、時空管理局では……



 シグナムがリンディに話し掛ける。


 「嫌な予感しかしないが……。
  どんな内容が?」

 「え~っと……。
  貴方は、本当は男で……。」

 「違う!」

 「その胸は、闇の書から出て来てから豊胸手術したから、
  あまり触れないで欲しいと……。」

 「どんな情報だ!」


 シグナムがヴィータを引っ張る。


 「何て、聞いている!」

 「口から溶解液を吐き出す……。」

 「っなわけあるか!」


 ヴィータがザフィーラを引っ張る。


 「ザフィーラは!」

 「狼から人になる……?」

 「……何で、ザフィーラだけ本当なんだよ。」

 「…………。」


 兎に角、これでは話が進まない。
 シグナムがリンディに話す。


 「……その情報は忘れてください。
  ある者に吹き込まれた嘘です。」

 「はあ……。」


 プレシアは、隅で小さくなっていた。


 …


 フェイトの部屋……。


 「え~!?
  嘘なの!?」

 「嘘だよ……。」

 「シグナムさんが男じゃないのも?」

 「うん。」

 「ヴィータちゃんが溶解液吐かないのも?」

 「うん。」

 「ザフィーラさんが狼から人に変わるのも?」

 「それは本当……。」

 「どうしよう……。
  リンディさんに嘘言っちゃったよぅ……。」

 「よく信じたね?」

 「だって……。
  電話越しだと顔分かんないし……。
  闇の書の話が途中に挟まれてたし……。
  声だけは、真剣そのものだったんだもん……。」

 「なのは……。
  少し人を疑った方がいいよ。」

 「…………。」

 (何だろう……。
  そのセリフだけは、フェイトちゃんに言われたくない……。)


 結論、なのはもフェイトも同じぐらいアリサに言い包められている。


 …


 再び管理局の一室……。
 ようやく誤解が解けた。
 話をリセットして、リンディが質問する。


 「大凡の話は、なのはさんから伺っています。
  闇の書の改竄を貴女達は知らなかった。
  そして、主の命を守るために行動した結果が、
  今回の管理局魔導師のリンカーコアを奪うことだった。」

 「間違いありません。」

 「では……。
  知らなかったということを証明出来ますか?」


 その質問にプレシアが答える。


 「私が証人になるわ。
  彼女達は、主に対する改竄の影響。
  一定期間蒐集がないと主のリンカーコアを侵食することを
  呪いと思っていたから。」

 「と、言いますと?」

 「はやてちゃんのリンカーコアが未成熟だったために、
  闇の書の魔力の抑圧に耐えられないと判断していたのよ。
  だから、主として覚醒させてリンカーコアを成長させようとしていた。
  そして、闇の書の魔力の抑圧=呪いという言葉にしていた。」

 「なるほど。
  しかし、そうなれば次元干渉レベルの力が
  発揮されたのかもしれないのですよ?」

 「残念ながら、それも彼女達は知らなかったわ。
  そして、彼女達が、本来、蒐集する気がないのも証明出来る。」

 「蒐集する気がない?」

 「彼女達が現れたのは、半年前……。
  その半年間、彼女達は、蒐集を一度もしていない。
  それは、魔導師が襲われている事件が起きてないから分かるでしょう?」

 「はい。」

 「そして、半年前に現れたという証明は、現地の医師を訪ねれば分かるわ。
  半年前にはやてちゃんと会っているから。」

 「なるほど。
  分かりました。
  ・
  ・
  しかし、管理局の魔導師が襲われたのも事実。
  理由があるにしろ、これを許すわけにはいきません。」

 「それは、私が謝ります!」

 「はやてさん?」


 はやてが前に出て、強く声を張った。


 「皆、私のためにしたことです!
  だから……すいませんでした!」


 頭を下げたはやてに続いて、守護騎士達も前に出る。


 「主だけではなく、我々からも謝罪します。
  いかなる罰も受けるつもりです。」


 シグナムの言葉に守護騎士達も頭を下げた。


 「そうですか……。
  もう、頭を上げてください。
  ・
  ・
  クロノ執務官。」

 「はい。」

 「ここまでの話の経過から、
  彼女達を処罰すると、どのような処遇になりますか?」

 「今の話だけだと、それほど重い罪にはならないかと……。」


 クロノが、はやて達に向き直る。


 「ストリートファイトの闇討ちで怪我をさせて、
  指導員の注意だけで済んだという例もある。     …… ※1
  犠牲者の数が多いとはいえ、怪我人は少ない。
  闇の書に喰われたリンカーコアも、元に戻っている。
  ・
  ・
  軽犯罪で摘発されるか……。
  厳重注意か……。」

 「その程度よね?」

 「今のところは……。
  ちゃんと謝罪をしに、ここに来ているわけだし。
  ・
  ・
  問題は、闇の書がどう使われたかだ。」

 「そこの話は、これからということですよね?」


 リンディは、プレシアに尋ねた。


 (大したものだわ……。
  私が仲介役に入ったのも、守護騎士達の味方になっているのも知っていて……。
  ・
  ・
  何故か彼女とは、以心伝心が出来るのよね……。)


 プレシアは、顔には出さずに説明を始める。


 「説明の前に確認するわよ。
  闇の書は、本来の情報収集型から、悪質なロストロギアに変わってしまった。
  1.持ち主に強制的に蒐集を行なわせる悪質な改竄が施された。
    一定期間、頁の蒐集がないと持ち主自身のリンカーコアを侵食する。
  2.蒐集が完成すれば、次元干渉レベルの力の発揮。
  3.本体が破壊されるか所有者が死ぬかすると、白紙に戻って別の世界で再生する。
  故に停止させることの出来ない危険な魔導書になってしまった。」


 全員が頷く。


 「次に現在の闇の書の状態……。」


 プレシアが言い淀む。


 「非常に言い難いのだけど……。
  壊れた魔導書が更に壊れてるわ。」


 管理局側からは疑問符があがり、闇の書組からは溜息が漏れる。


 「実は……。
  私の娘の擬似人格が闇の書を……。」

 「?」

 「……壊しました。」

 「…………。」


 今まで黙っていたグレアムが質問する。


 「ど、どういうことかね?」

 「既に気付いていると思うけど……。
  この部屋でおかしなことが起きているでしょう……。」


 プレシアが指差す。


 「闇の書の主が、ピンピンしてること……。
  管制人格が闇の書完成の前に姿を見せていること……。」

 「やっぱり、管制人格だったのか……。」


 ユーノが質問する。


 「無限書庫の記録だと、
  覚醒した主が管理者権限を発動するために
  管制人格が出て来るはずですよね?」

 「その通りなんだけど……。」

 「?」

 「壊れていった経緯を話すと……。
  うちの娘の擬似人格が、そこの守護騎士との戦闘で目を覚まして……。」


 プレシアの歯切れは悪い。


 「どんな手を使ったか、返り討ちにした後で守護騎士に理由を聞いたらしく……。
  AMFという魔力を消す能力が擬似人格には働いていて……。
  それで呪い……もとい侵食を止めていたと……。
  ・
  ・
  ただ、完全に闇の書との接続を切り離したために、
  闇の書は、エラーの無限ループ状態に……。
  そして、決定的だったのが……。」

 「だったのが?」

 「あの馬鹿が闇の書を枕にして寝たことで……!」


 プレシアは拳を握り、管理局側の疑問は深まる。


 「寝ながら闇の書に涎を垂らしたもんだから、
  管制人格が緊急事態に目を覚ましてしまったのよ!」


 怒りのままに叫んだプレシアに対して、管理局側の人間は全員がこけた。


 「何で、そうなるんだ!」


 クロノの突っ込みは、尤もだった。


 「こっちだって、理解したくないわよ!」

 「一体、どういう状態なんだ!」

 『クロスケがキレてる……。』

 『クロノがキレなければ、私がキレてた……。』


 クロノの突っ込みの裏で、リーゼ姉妹の念話が流れていた。


 「きっちり説明してくれ!」

 「言いたくないけど、してあげるわよ!
  あの馬鹿のせいで、エラーにエラーの割り込みが入って、
  エラー解除出来なくなってるのよ!」

 「な……!」

 「だけど、そのエラーの優先順位が高いから、
  主への干渉も止まって、安定しちゃってるのよ!」


 クロノは、頭を抱えて座り込んだ。


 「有り得ない……。」

 『それでか……。
  守護騎士が蒐集しなくなったのは……。』

 『管制人格が出て来た理由も分かった……。』

 『でも……。』

 ((((((馬鹿過ぎるだろう……。))))))


 管理局の人間の姿は、昨日までの守護騎士の姿だった。


 「何か凄い虚しいぞ……。」

 「ヴィータ……。
  お前もか……。」

 「私達のせいじゃないのに、
  私達が馬鹿みたいだ……。」


 グレアムが額に手を置き、呟く。


 「つまり……。
  何百年と封印も出来なかった闇の書が、
  訳の分からない理由で安定しているのか……。」

 「認めたくないけど……。」


 クロノが、プレシアに叫ぶ。


 「納得出来るか!
  じゃあ、暴走前に闇の書に涎を掛ければ止まったのか!」

 「止まんないんと思うわよ。
  あくまで、その前に管制人格を呼び出すぐらいの
  エラー状態にして置かないといけないんだし……。
  ・
  ・
  はっきり言って、エラーにエラーを重ねるなんて暴挙をするわけないじゃない……。
  あの馬鹿以外に……」

 「その馬鹿が居れば、父さんはーーーっ!」

 「クロノ! 落ち着いて!」


 リンディがクロノを必死に宥める。
 プレシアがリンディ達を指差し、グレアムに質問する。


 「あの……何か悪い事でも?
  あの馬鹿を求めるなんて、相当なことですけど……。」

 「今は、やめて置こう……。
  クロノの心の傷を抉ることになる……。」


 ちなみにグレアムもリーゼ姉妹も、心の傷を抉られていた。


 …


 再びフェイトの部屋……。


 「アリシアちゃんとアルフさんは?」

 「一緒に付いて行ったよ。
  居住エリアで、アルフがアリシアの面倒を看てるって。」

 「そうなんだ。
  ・
  ・
  プレシアさん達、大丈夫かな?」

 「大丈夫だよ。
  母さんが居るんだもん。
  もう一人の私が居なければ、問題は起きないよ。」

 「そうだよね。」


 なのはとフェイトは、渦中の中心で、信頼していたプレシアが絶叫したなど思いもしなかった。
 そして、居ないはずのやさぐれフェイトの影響が、次元を挟んだ別の場所で迷惑を掛けているなど、知る由もなかった。


 …


 ※※※※※ 刑罰について ※※※※※

 ※1 …… 正直、管理局の刑罰はよく分かりません。
 ただ、wiki などを調べると vivid の方でアインハルトという少女がストリートファイトで闇討ちをしていた時、午前中で解放された経緯から、罪はそれほど大きくないと判断しました。
 ・蒐集時期が短いこと(多くは襲ってない。ワザと暈かして書いたつもり)。
 ・ヴィータが言っているように、はやての人生のために殺しはしていない。
 ・怪我とリンカーコアの魔力調達のみ。
  怪我…S級魔導師なら十分な手加減可能と判断。
  リンカーコア…なのはが数日で復活したところを見ると、実は、それほど大それたことではないのかもしれないと判断。
 以上の理由で、このSSの管理局の罪の扱いは低いものとしました。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.024405002593994