SS投稿掲示板




No.26407の一覧
[0] 【ネタ完結】魔法少女リリカルなのは A's ~ちょっとだけ、やさぐれフェイトさん~[熊雑草](2011/04/09 00:45)
[1] 第1話 フェイトさん、またやさぐれる[熊雑草](2011/04/12 01:05)
[2] 第2話 やさぐれた戦いの結末……[熊雑草](2011/04/12 01:06)
[3] 第3話 やさぐれの帰宅Ⅰ[熊雑草](2011/07/09 14:18)
[4] 第4話 やさぐれと守護騎士[熊雑草](2011/04/12 01:07)
[5] 第5話 やさぐれと守護騎士の主[熊雑草](2011/04/12 01:07)
[6] 第6話 やさぐれとの生活①[熊雑草](2011/04/12 01:08)
[7] 第7話 やさぐれとの生活②[熊雑草](2011/04/12 01:08)
[8] 第8話 やさぐれとの生活③[熊雑草](2011/04/12 01:09)
[9] 第9話 闇の書の秘密[熊雑草](2011/04/09 00:40)
[10] 第10話 監視者の日記[熊雑草](2011/04/09 00:40)
[11] 第11話 やさぐれの帰宅Ⅱ[熊雑草](2011/07/09 14:18)
[12] 第12話 何かが捻じ曲がっていく[熊雑草](2011/04/12 01:09)
[13] 第13話 フェイトとなのは、久々の再会[熊雑草](2011/04/12 01:10)
[14] 第14話 そして、時空管理局では……[熊雑草](2011/04/12 01:10)
[15] 第15話 そろそろ幕引き……[熊雑草](2011/07/09 14:19)
[16] 後日談・第1話 あれから、三年……[熊雑草](2011/07/09 14:20)
[17] 後日談・第2話 喫茶店会議①[熊雑草](2011/07/09 14:20)
[18] 後日談・第3話 喫茶店会議②[熊雑草](2011/07/09 14:21)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[26407] 第11話 やさぐれの帰宅Ⅱ
Name: 熊雑草◆890a69a1 ID:96ed7643 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/07/09 14:18
 == 魔法少女リリカルなのは A's ~ちょっとだけ、やさぐれフェイトさん~ ==



 プレシア一家の住むマンションを久々に訪れる。
 ドアノブを回し、扉を開ける。


 「ただいま……。」

 「よく平然と帰って来れたわね?」


 目の前には、仁王立ちするプレシアの素敵な笑顔。


 「ここは、あたしの家だから……。
  それにフェイトが泣いて頼んだ……。」

 「何処に行ってたのよ!
  この馬鹿娘!」


 プレシアのグーが、やさぐれフェイトに炸裂した。
 やさぐれフェイトは、頭を掻いてクセ毛を作る。


 「少しキレが鈍った……。
  シグナムは、もっと凄いよ……。」

 「じゃあ、望み通り炸裂させてやるわよ!」


 プレシアは、大きく振り被った。



  第11話 やさぐれの帰宅Ⅱ



 大きく振り被ったがら空きのプレシアの胸に、やさぐれフェイトがピッと人差し指を立てる。


 「油断し過ぎだ……。
  お前は、既に死んでいる……。」

 「死ぬわけないじゃない。」

 「今日は、フロントホックだったね……。」


 胸を襲う妙な違和感。
 プレシアは赤面すると、拳を振り抜いた。


 「馬鹿じゃないの!」


 プレシアが奥へと走って消えた。


 「愚か者め……。
  誰も秘孔とは言っていない……。」

 「それで、ブラを外す意味も分かんないけどね……。」

 「おお……。
  バルス……。」

 「繰り返すな!」


 アルフのグーが、やさぐれフェイトに炸裂した。


 「よく覚えていた……。
  さすが、あたしの使い魔だ……。」

 「フェイトの使い魔だ!」

 「細かいことをネチネチと……。
  勝手に発情でもして、
  そこらの野良犬と家族でも作ればいいのに……。」

 「それは、冗談か? 
  皮肉か?
  嫌味か?
  からかってんのか?」

 「本気で思ってる……。」


 アルフのグーが、やさぐれフェイトに炸裂した。
 やさぐれフェイトは、頭を掻くとクセ毛を強くする。


 「ご主人様とのスキンシップは、これぐらいでいいか……?
  そろそろ本題に入りたいから、
  プレシアとアルフにばっかり構ってられないんだけど……。」

 「今のスキンシップだったの!?」

 「ちゃんと、頭を撫でさせてやっただろう……。
  泣いて喜べ……。」


 アルフは、がっくりと近くの壁に持たれかかった。


 「ダメだ……。
  もう、ついていけない……。」


 やさぐれフェイトは、玄関で靴を脱ぐと奥に向かう。


 「ほら、いつまで俯いている……。
  さっさと来い……。
  馬鹿犬が……。」

 「怒る気力も失せた……。」


 アルフは、やさぐれフェイトに続いて、奥へと向かった。


 …


 リビングのソファーで、やさぐれフェイトは、偉そうに足を組む。
 向かいのプレシアとアルフは、既にやる気のない眼差しだ。
 プレシアの膝の上に居るアリシアは、そんな顔のプレシアに首を傾げている。


 「プレシア……。
  重要な話がある……。」

 「本当でしょうね?」

 「あたしが重要でないことをしたことがあるか……?」

 「ほとんどが重要じゃなかったと記憶してるわよ。」

 「悲しいことを言うな……。
  それは本人次第だ……。
  もし、そう感じているなら、
  プレシアは、人生を真剣に生きてないということだ……。
  あたしは、自分の一挙手一投足が重要と感じている……。」

 「よく堂々と嘘をつけるわね?」

 「嘘じゃない……。
  あたしは、短い時間しか居られない……。」

 「じゃあ、無駄としか思えない普段の行動は、何なのよ?」

 「それこそが重要なのだよ……。
  ワトソン君……。」

 「あんた、丸っきり答える気ないわね。」

 「で、話の続きなんだけど……。」

 ((無視した……。))

 「実は、ボランティアをしていて、
  それの相談をしたい……。」

 「「ボランティア?」」

 「うむ……。
  実は、闇の書という……。」

 「ちょっと、待ちなさい!」

 「ん……?」


 やさぐれフェイトは、首を傾げた。


 「何で、初っ端から闇の書の名前が出て来るのよ!」

 「ボランティアだから……。」

 「ボランティアは、置いておきなさい!
  何で、貴女達を襲った敵の持ち物が出て来るのかって聞いているのよ!」

 「何で、プレシアが知ってるの……?」

 「なのはちゃんが教えに来てくれたのよ。」

 「あの裏切り者め……。
  あたしに連絡しに来い……。」


 プレシアは、アリシアをアルフに渡すと、やさぐれフェイトにグーを炸裂させた。


 「貴女が行方をくらましていたんでしょうが!」

 「それでも健気に外に出て探すのが、
  友達というものだと思う……。」

 「だったら、携帯持ち歩きなさいよ!」

 「GPSで居場所がバレるからダメだ……。」

 「やっぱり、意図的に行方をくらましているじゃない!」

 「うるさい……。
  あたしは、縛られる女じゃないんだ……。」

 「少しぐらいの拘束は必要でしょう!」

 「しつこい……。
  どうせ数日で消えるんだから、
  それぐらい我慢しろ……。
  何様だ……。」

 「貴女がね!」

 「いい加減黙らないと、アリシア泣かすぞ……。」


 プレシアのグーが、やさぐれフェイトに炸裂した。


 「本当に馬鹿じゃないの!
  フェイトは、凄くいい子なのに!」

 「ったく……。
  我が侭な奴め……。
  分かった……。
  質問を先に聞いてやる……。
  言ってみろ……。」

 「毎回、出て来る度に言ってるけど……。
  何で、上から目線なのよ!」

 「ほら、早くしろ……。」

 (そして、またこのどうしようもない空気で……。)


 プレシアは、がっくりとテーブルに手を着いた。
 ダメージの回復しないプレシアの代わりに、アルフが質問する。


 「どうして、闇の書の名前が出て来たのかを教えておくれよ。
  プレシアもそれが気になったみたいだし。」

 「それか……。
  そいつらと暫く過ごしてたからだ……。」

 「へ~……。」


 今度は、アルフが暗く沈んだ。


 「何で、敵と一緒に……。」


 暗く沈み込むプレシアとアルフの頭をアリシアが撫でる。
 お構いなしに、やさぐれフェイトが続ける。


 「あたしが出掛けた日を覚えてる……?」

 「……いつの話だい?」

 「あたしがプレシアを煙に巻いた日……。」

 「ああ、覚えてるよ。」

 (煙に……。
  やっぱり、確信犯だったのか……!)


 プレシアは、拳を握った。


 「その日に事情を聞いた……。
  主が呪いに掛かってるという話で、
  その呪いを解くために闇の書を完成させようとしていた……。」

 (呪い?
  闇の書のリンカーコアの侵食でしょう?)


 プレシアは、やさぐれフェイトの説明を聞いて疑問を覚える。


 「でね……。
  その呪いをあたしのAMFで打ち消すボランティアをしてた……。」

 (AMFで、リンカーコアへの侵食を抑えていたわけね……。
  完全に勘違いしているけど、侵食するエネルギーもAMFなら可能かもしれない……。)

 「あんた、本当にボランティアしてたんだね?」

 「そうだよ……。
  で、プレシアにお願い……。」

 「何かしら?」


 やさぐれフェイトは、闇の書を取り出す。


 「これ、調べられない……?」

 「何? この汚い本?」

 「闇の書……。」

 「…………。」


 プレシアは、額に手を置く。
 何で、この変な生き物は問題ごとを持って来るのか?
 そもそも、これがここにあっちゃいけないだろう?


 「あと、色々あって……。
  壊れた……。」

 「…………。」

 「「壊れた!?」」


 アルフは、闇の書を手に取る。


 「『壊れた』じゃなくて『壊した』じゃないだろうね!?」

 「…………。」


 やさぐれフェイトは、目を逸らす。


 「いや、壊れた……。」

 ((絶対、嘘だ……。))


 プレシアは、溜息を吐く。


 「まあ、どっちでもいいわ……。
  壊そうが壊れようが、貴女のせいなんでしょう?」

 「何故……。」

 「それよりも問題は……。
  壊れたロストロギアが更に壊れたってことよね……。」

 「壊れたロストロギア……?」

 「なのはちゃんからの情報よ。
  その闇の書は、歴代の持ち主の誰かにより改竄されているのよ。」

 「じゃあ、初めから壊れてたの……?」

 「ええ。
  その証拠に闇の書を守る守護者が、
  改竄による主へのリンカーコアの侵食を知らずに呪いと言っていたでしょう?」

 「そうなんだ……。
  じゃあ、壊れても問題なかったんだ……。」

 「問題なくはないけど……。」

 「実は……。」


 やさぐれフェイトは、アルフから闇の書を受け取ると、かぎ十字のような闇の書のエンブレムに手を掛ける。
 そして、バリッと音をさせて剥がした。


 「守護騎士には内緒にしていたことがあって……。
  ここも壊して……。
  ではなく、壊れてた……。」


 プレシアとアルフのグーが、やさぐれフェイトに炸裂した。


 「一体、何処まで壊したのよ!」

 「あんた、何やってるんだい!」

 「だから、色々と理由をつけて、
  プレシアに闇の書を直して貰いに来た……。」

 「この馬鹿は……!」

 「まあ、もう壊れてもいい雰囲気だから、
  問題はないと思うけど……。
  一応ね……。」

 「問題ないって、どういうことよ?」

 「壊れた時に闇の書の機能が壊れて、
  主を呪うことはなくなった……。」

 「え?」

 「だから、あたしがここに居れる……。
  主の呪いをAMFで打ち消す必要なし……。
  ・
  ・
  だから、プレシアは、このエンブレムをバレないように完全に修復を……。
  って、聞いてる……?」


 プレシアは、固まっている。
 やさぐれフェイトがプレシアの前で手を振る。


 「どうしたの……?」

 「どうやって捻じ曲がったんだろう……。
  守護騎士は、真実を知らないみたいだし……。
  時空管理局も困っているだろうし……。」

 「?」

 「貴女……。」

 「何……?」

 「一回、守護騎士達と話す必要があるわよ?」

 「プレシアが?」

 「いいえ……。
  時空管理局も含めてよ。」

 「?」


 やさぐれフェイトは、首を傾げた。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.024302005767822