SS投稿掲示板




No.26407の一覧
[0] 【ネタ完結】魔法少女リリカルなのは A's ~ちょっとだけ、やさぐれフェイトさん~[熊雑草](2011/04/09 00:45)
[1] 第1話 フェイトさん、またやさぐれる[熊雑草](2011/04/12 01:05)
[2] 第2話 やさぐれた戦いの結末……[熊雑草](2011/04/12 01:06)
[3] 第3話 やさぐれの帰宅Ⅰ[熊雑草](2011/07/09 14:18)
[4] 第4話 やさぐれと守護騎士[熊雑草](2011/04/12 01:07)
[5] 第5話 やさぐれと守護騎士の主[熊雑草](2011/04/12 01:07)
[6] 第6話 やさぐれとの生活①[熊雑草](2011/04/12 01:08)
[7] 第7話 やさぐれとの生活②[熊雑草](2011/04/12 01:08)
[8] 第8話 やさぐれとの生活③[熊雑草](2011/04/12 01:09)
[9] 第9話 闇の書の秘密[熊雑草](2011/04/09 00:40)
[10] 第10話 監視者の日記[熊雑草](2011/04/09 00:40)
[11] 第11話 やさぐれの帰宅Ⅱ[熊雑草](2011/07/09 14:18)
[12] 第12話 何かが捻じ曲がっていく[熊雑草](2011/04/12 01:09)
[13] 第13話 フェイトとなのは、久々の再会[熊雑草](2011/04/12 01:10)
[14] 第14話 そして、時空管理局では……[熊雑草](2011/04/12 01:10)
[15] 第15話 そろそろ幕引き……[熊雑草](2011/07/09 14:19)
[16] 後日談・第1話 あれから、三年……[熊雑草](2011/07/09 14:20)
[17] 後日談・第2話 喫茶店会議①[熊雑草](2011/07/09 14:20)
[18] 後日談・第3話 喫茶店会議②[熊雑草](2011/07/09 14:21)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[26407] 第1話 フェイトさん、またやさぐれる
Name: 熊雑草◆890a69a1 ID:96ed7643 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/04/12 01:05
 == 魔法少女リリカルなのは A's ~ちょっとだけ、やさぐれフェイトさん~ ==



 思い出したくもない理由で助かったプレシアの命……。
 思い出したくもない理由で助かったアリシアの命……。
 何とも言えない後味が残った結末……。
 それでも訪れた幸せの時間……。

 プレシア一家は、時の庭園の動力炉を時空管理局に提示された値段の三倍で売りつけ、財産を作って地球で静かに暮らしていた。
 新しい住処は、海鳴市の喫茶翠屋の見えるマンションの一室。
 母親としての自覚を取り戻したプレシアが、フェイトのために友人と同じ学校に通えるように気を回してくれたお陰だ。
 母親のプレシアは、娘達に時間を費やせる喜びに浸り、娘の一人のアリシアは、今まで寂しくしていた分だけ、母親と妹に甘えた。
 そして、もう一人の娘のフェイトは、地球の学校に友人と通う傍ら、自分の力の使い方を使い魔のアルフと友人の高町なのはとで模索している最中だった。

 そんな日常の続く中、事件は突然起きた。
 フェイトとなのはは、帰宅中に強力な結界の中に閉じ込められた。

 現れた魔導師二人に、魔法少女としての戦いが始まった……。



  第1話 フェイトさん、またやさぐれる



 各々、デバイスを起動して久々の変身。
 黒衣の魔法少女と白衣の魔法少女。

 そして、戦闘開始から、十数分……。
 なのはとフェイトは、背中合わせに敵を睨む。


 「フェイトちゃん!
  あの人達……。」

 「うん、凄く強い。」


 三つ編みの赤い魔導師の少女の持つ鉄槌型のデバイス。
 ポニーテールの桃色の魔導師の持つ剣型のデバイス。
 どちらも、なのはとフェイトの持つデバイスよりも威力が高い。
 なのはは、シールドを砕かれてレイジングハートが小破。
 フェイトは、受けに回った時にバルディッシュを切断された。
 今は、リカバリーで修復し、外見からバルディッシュのダメージはない。


 「フェイトちゃん。
  あの結界、突破出来ると思う?」

 「少し難しいかな……。
  なのはの集束魔法なら抜けるかもしれないけど……。」

 「そっか……。
  じゃあ、私が隙を突いて結界に穴を空けるしかないね。」

 「その間、私が引きつける。」

 「うん。」


 役割を決め、準備に入る。
 なのはは、守備主体で魔力をチャージ。
 フェイトは、攻撃を仕掛けて時間を稼ぐ。


 「「いくよ!」」


 挟まれた状態を打開しようと走り出す。
 フェイトが前衛。
 なのはが後方。
 敵の魔導師が追って来ると距離が狭まる。
 フェイトは、周囲にフォトンスフィアを生成して槍型の魔法弾をセットする。


 「ファイア!」


 魔法弾の連続が鉄槌の魔導師と剣の魔導師に降り注ぐ。
 着弾を確認して、なのはが魔力チャージに入った。
 しかし、敵の勢いは止められなかった。


 「舐められたものだ……」


 着弾の煙から剣の魔導師が抜け出し、突き出される剣。
 フェイトは、剣をバルディッシュで受け止める。


 (このまま受け止めたら、さっきみたいに……)


 剣の魔導師のデバイスが音を立てる。
 さっきと同じ様に魔力が吹き上がり、バルディッシュが押され亀裂が入る。


 「このままじゃ……!」


 フェイトは受けながら、再度フォトンスフィアを展開する。
 狙いは、赤い鉄槌の騎士。
 最悪、バルディッシュが中破しても、時間は稼ぐと心に決める。


 「それをさせると思うか?」


 剣の魔導師がバックステップで距離を取り、デバイスが音を立てた後に変化する。
 剣が鞭のように伸びるとフォトンスフィアを破壊する。
 その攻撃は、射程に居るフェイト自身もシールドを展開して、ギリギリで防ぐほどだった。
 しかし、攻撃出来なかったということは、鉄槌の魔導師の足止めに失敗したということ。
 フェイトの横を鉄槌の魔導師が駆け抜けた。


 「拙い!」


 魔力チャージ中のなのはを助けるため、この結界を抜け出るため……。
 フェイトは口を強く結び、悪魔を呼び出すことを決意した。


 …


 鉄槌の魔導師が大きく振り被り、魔力チャージ中のなのはに迫る。


 『Protection.』

 「魔力ダメージで大人しくして貰う!
  貫け! アイゼン!」


 レイジングハートからのシールドと鉄槌の魔導師の鉄槌がぶつかる。
 そして、鉄槌の魔導師のデバイスが音を立て威力を高める。
 シールドに皹が入り、なのはが目を伏せた時、フェイトがなのはを押し出した。
 視線で鉄槌の魔導師のデバイスの軌道を確認し、フェイトは、歯を食い縛る。
 砕かれたなのはのシールドの後、飛んで来た鉄槌……。
 鉄槌は、フェイトの左側頭部に激突した。


 …


 ビチャリ……と、大量の血が不快な音を立ててコンクリートを濡らす。
 鉄槌の魔導師の手がデバイスを握ったまま震える。


 「あ…ああ……。
  バリアジャケットを抜いて……。
  気絶させるだけのつもり…だったのに……。」


 突き飛ばされた、なのはが叫ぶ。


 「フェイトちゃん!
  フェイトちゃん!」


 ニチャリと血が糸を引き、鉄槌の魔導師のデバイスが離れる。


 「わ、私は……。」


 鉄槌の魔導師は、顔面蒼白で後ずさる。


 「ヴィータ!」


 ヴィータと呼ばれた鉄槌の魔導師の側に、剣の魔導師が駆け寄る。


 「シグナム……。
  わ、私……。」

 「しっかりしろ!」

 「でも、はやてが……。
  はやての人生を血で汚さないようにって……。」


 シグナムと呼ばれた剣の魔導師が、頭を粉砕されたであろう魔法少女に目を向ける。
 そして、涙を流して叫びながら駆け寄る、もう一人の少女が目に映る。


 「っ!」


 最悪の結果になってしまったと、シグナムは、奥歯を噛み締める。
 しかし、殺してしまったはずの魔法少女が出血箇所を押さえて呟く。


 「フェイトの奴……。
  いくら緊急事態とはいえ……。」


 魔法少女が舌打ちして、出血箇所を押さえた手を見る。


 「派手に起こしてくれたもんだ……。
  頭蓋が砕けたんじゃないの……?」

 「……生きてる?」


 ヴィータの言葉に反応し、クマの出来た三白眼が睨みつける。


 「よくも好き勝手やってくれた……。
  このまま帰れると思うな……。」


 一方のなのはは、三歩手前で駆け寄るのを止めていた。


 「ま、まさか……。」


 やさぐれフェイトが目覚めた。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.029100179672241