SS投稿掲示板




No.18630の一覧
[0] ゼロのひどい使い魔(オリジナル主人公)[castake](2011/12/17 21:37)
[1] <ゼロのひどい使い魔 プロローグ>[castake](2010/05/07 17:41)
[2] <ゼロのひどい使い魔 1>[castake](2011/05/21 02:52)
[3] <ゼロのひどい使い魔 2>[castake](2011/05/21 03:08)
[4] <ゼロのひどい使い魔 3>[castake](2011/05/21 03:51)
[5] <ゼロのひどい使い魔 4>[castake](2011/05/21 04:38)
[6] <ゼロのひどい使い魔 5>[castake](2010/05/20 11:06)
[7] <ゼロのひどい使い魔 6>[castake](2010/08/21 21:02)
[8] <ゼロのひどい使い魔 7>[castake](2010/05/20 11:06)
[9] <ゼロのひどい使い魔 8前>[castake](2010/05/20 11:07)
[10] <ゼロのひどい使い魔 8後>[castake](2010/05/21 09:25)
[11] <ゼロのひどい使い魔 9外伝>[castake](2010/05/07 21:29)
[12] <ゼロのひどい使い魔 10>[castake](2010/05/21 09:25)
[13] <ゼロのひどい使い魔 11前>[castake](2010/05/21 09:26)
[14] <ゼロのひどい使い魔 11後>[castake](2010/05/20 11:09)
[15] <ゼロのひどい使い魔 12>[castake](2010/05/21 09:26)
[16] <ゼロのひどい使い魔 13前>[castake](2010/05/20 11:11)
[17] <ゼロのひどい使い魔 13中1>[castake](2010/05/21 09:27)
[18] <ゼロのひどい使い魔 13中2>[castake](2010/05/20 11:14)
[19] <ゼロのひどい使い魔 13中3>[castake](2010/05/20 11:14)
[20] <ゼロのひどい使い魔 13中4>[castake](2010/05/20 11:15)
[21] <ゼロのひどい使い魔 13後1>[castake](2010/05/21 09:27)
[22] <ゼロのひどい使い魔 13後2>[castake](2010/05/21 09:28)
[23] <ゼロのひどい使い魔 13後3>[castake](2010/05/12 20:56)
[24] <ゼロのひどい使い魔 14>[castake](2010/05/21 09:28)
[25] <ゼロのひどい使い魔 15外伝>[castake](2010/05/13 18:18)
[26] <ゼロのひどい使い魔 16>[castake](2010/05/14 22:39)
[27] <ゼロのひどい使い魔 17>[castake](2010/05/21 09:29)
[28] <ゼロのひどい使い魔 18>[castake](2010/05/16 04:57)
[29] <ゼロのひどい使い魔 19>[castake](2010/05/21 09:29)
[30] <ゼロのひどい使い魔 20外伝>[castake](2010/05/16 20:42)
[31] <ゼロのひどい使い魔 21>[castake](2010/05/18 22:18)
[32] <ゼロのひどい使い魔 22>[castake](2010/05/18 22:20)
[33] <ゼロのひどい使い魔 23>[castake](2010/05/18 22:25)
[34] <ゼロのひどい使い魔 24>[castake](2010/05/21 09:31)
[35] <ゼロのひどい使い魔 25>[castake](2010/05/21 09:32)
[36] <ゼロのひどい使い魔 26>[castake](2010/05/21 09:30)
[37] <ゼロのひどい使い魔 27>[castake](2010/05/21 09:32)
[38] <ゼロのひどい使い魔 28>[castake](2010/05/23 12:19)
[39] <ゼロのひどい使い魔 29>[castake](2010/05/23 12:20)
[40] <ゼロのひどい使い魔 30外伝>[castake](2010/05/23 12:47)
[41] <ゼロのひどい使い魔 31前>[castake](2010/05/24 12:02)
[42] <ゼロのひどい使い魔 31後>[castake](2010/05/25 12:17)
[43] <ゼロのひどい使い魔 32外伝>[castake](2010/05/25 12:18)
[44] <ゼロのひどい使い魔 32外伝 裏>[castake](2010/05/25 12:20)
[45] <ゼロのひどい使い魔 外伝 ~記念~>[castake](2010/05/25 18:04)
[46] <ゼロのひどい使い魔 33>[castake](2010/05/27 12:20)
[47] <ゼロのひどい使い魔 34>[castake](2010/05/28 12:07)
[48] <ゼロのひどい使い魔 35>[castake](2010/05/28 14:00)
[49] <ゼロのひどい使い魔 36>[castake](2010/05/29 10:11)
[50] <ゼロのひどい使い魔 37>[castake](2010/05/29 14:35)
[51] <ゼロのひどい使い魔 38>[castake](2010/05/30 19:51)
[52] <ゼロのひどい使い魔 39>[castake](2010/05/31 20:55)
[53] <ゼロのひどい使い魔 40外伝>[castake](2010/05/31 22:58)
[54] <ゼロのひどい使い魔 41>[castake](2010/06/02 21:05)
[55] <ゼロのひどい使い魔 42>[castake](2010/06/03 22:31)
[56] <ゼロのひどい使い魔 43>[castake](2010/06/13 00:18)
[57] <ゼロのひどい使い魔 44>[castake](2010/06/06 19:02)
[58] <ゼロのひどい使い魔 45>[castake](2010/06/06 19:09)
[59] <ゼロのひどい使い魔 46>[castake](2010/06/10 22:23)
[60] <ゼロのひどい使い魔 47>[castake](2010/06/12 00:24)
[61] <ゼロのひどい使い魔 48>[castake](2010/06/13 00:24)
[62] <ゼロのひどい使い魔 49>[castake](2010/06/13 02:59)
[63] <ゼロのひどい使い魔 50外伝>[castake](2010/06/15 23:10)
[64] <ゼロのひどい使い魔 51>[castake](2010/06/17 00:48)
[65] <ゼロのひどい使い魔 52>[castake](2010/06/17 22:17)
[66] <ゼロのひどい使い魔 53>[castake](2010/06/19 00:56)
[67] <ゼロのひどい使い魔 54>[castake](2010/06/20 02:02)
[68] <ゼロのひどい使い魔 55>[castake](2010/06/20 15:45)
[69] <ゼロのひどい使い魔 56>[castake](2010/06/21 22:07)
[70] <ゼロのひどい使い魔 57>[castake](2010/06/26 13:38)
[71] <ゼロのひどい使い魔 58>[castake](2010/06/27 04:03)
[72] <ゼロのひどい使い魔 59外伝>[castake](2010/06/27 22:39)
[73] <ゼロのひどい使い魔 60>[castake](2010/06/30 23:14)
[74] <ゼロのひどい使い魔 61>[castake](2010/07/05 02:26)
[75] <ゼロのひどい使い魔 62>[castake](2010/07/08 22:08)
[76] <ゼロのひどい使い魔 63>[castake](2010/07/10 23:49)
[77] <ゼロのひどい使い魔 64>[castake](2010/07/18 00:31)
[78] <ゼロのひどい使い魔 65>[castake](2010/07/19 21:58)
[79] <ゼロのひどい使い魔 66>[castake](2010/07/24 01:33)
[80] <ゼロのひどい使い魔 67>[castake](2010/07/27 23:59)
[81] <ゼロのひどい使い魔 68>[castake](2010/08/13 01:27)
[82] <ゼロのひどい使い魔 69>[castake](2010/08/20 01:10)
[83] <ゼロのひどい使い魔 70外伝モンモランシー編>[castake](2010/09/01 00:06)
[84] <ゼロのひどい使い魔 71外伝アニエス>[castake](2010/09/19 18:02)
[85] <ゼロのひどい使い魔 72外伝フーケ編>[castake](2010/09/20 02:34)
[86] <ゼロのひどい使い魔 73外伝キュルケ編>[castake](2010/09/23 14:11)
[87] <ゼロのひどい使い魔 74>[castake](2010/11/20 23:43)
[88] <ゼロのひどい使い魔 75>[castake](2011/06/25 22:50)
[89] <ゼロのひどい使い魔 76>[castake](2011/07/30 18:58)
[90] <ゼロのひどい使い魔 77>[castake](2011/09/06 15:21)
[91] <ゼロのひどい使い魔 78>[castake](2011/12/17 19:10)
[92] <ゼロのひどい使い魔 79>[castake](2011/12/17 19:47)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[18630] <ゼロのひどい使い魔 53>
Name: castake◆d6014dec ID:c4e53ea4 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/06/19 00:56

SIDE:サイト・ヒラガ

ラ・ヴァリエールの領地。広い庭ってレベルじゃねーぞ。
軽く日本で言う市、一つ分の広さはあるじゃねーか?
東京ドーム何個分だよ!
実際に目の当たりにすると大貴族の金持ちぶりは恐ろしかった。
まあ、その広い土地のおかげで、事業の研究所が作れたわけだが。

馬車が止まる。同時にシエスタがルイズ達の馬車に駆けつけてドアをあけた。
うむ、しっかりと働くメイドである。
俺はその様子を馬車の中で見物していた。

「エレオノールさま! ルイズさま!」

ルイズ姉妹は村人たちの人気者だった。
俺は馬車の中にいたので村人に構われることなくやり過ごした。

「ここで少し休むわ。父さまにわたしたちが到着したと知らせてちょうだい」

その声で一人の少年が馬に跨り、速駆けですっ飛んでいった。
おー、よく働く。
俺たちは旅籠の中に案内された。ルイズとエレオノールがテーブルに近づくと、椅子が引かれる。
俺はルイズの後ろでそれっぽく立っていた。

エレオノール。
ルイズの姉で長女、性格はかなりキツイらしい。顔はルイズと似ており、悪くない。
胸は……、うん。ドンマイ!

村人たちは口々に色々言っていた。ルイズが大きくなっただの、エレオノールは婚約解消しただの。
やっぱり、婚約解消されるんですね。
そして、空気の読めないバカ。ルイズが言い放つ。

「ね、姉さま。エレオノール姉さま」
「なに?」
「ご婚約、おめでとうございます」

エレオノールは眉を吊り上げてルイズの頬をつねり上げた。

「あいだ! ほわだ! でえざば(ねえさま)! どぼじで(どうして)! あいだだだっだ!」
「あなた、知らないの? っていうか知ってて言ってるわね」
「わだじなんじぼじりばぜん(わたし何にも知りません)!」
「婚約は解消よ! か・い・し・ょ・う」
「な、なにゆえにっ!」
「さあ? バーガンディ伯爵さまに聞いて頂戴。なんでも『もう限界』だそうよ。どうしてなのかしら!」

有り余る利益よりもバーガンディ伯爵は自分の感情に素直だったことに関心した。
逆玉としては公爵家の長女、かなりの上物なのに、それを打ち砕くほどの性格のキツさなのだろう。
そんな考えをしていると旅籠のドアがばたーん! と開いて、桃色の天使が現れた。
天使は腰がくびれたドレスを優雅に着込み、羽根のついたつばの広い帽子を被っていた。

「まあ! 見慣れない馬車を見つけて立ち寄ってみれば嬉しいお客だわ! エレオノール姉さま! 帰ってらしたの?」
「カトレア」

ルイズの成長の可能性の一つ。カトレアさんの登場だ。
原因不明の奇病ってなんだろうね?
治せるなら治して公爵家に恩を売りたい。
できるならカトレアさんをハーレムに入れたいし。

「ちいねえさま!」
「ルイズ! いやだわ! わたしの小さいルイズじゃないの! あなたも帰ってきたのね!」

ルイズは立ち上がると、カトレアさんの胸に飛び込んだ。

「お久しぶりですわ! ちいねえさま!」

きゃっきゃっと辺りをはばからぬ大声で、二人は抱き合った。
なんだ、元気じゃねーか。
それより、ルイズの退行化でますます子供っぽくなったルイズに萌えた。

カトレアさんは口を半開きにして、見つめる俺に気づいた。

「まあ、まあ、まあ、まあまあ」

藤●Dか?←これがわかる君はどうでしょうマニアだ。
カトレアが近づいてくる。
やだ、何この良い匂い。

「なにか?」

カトレアさんは俺の顔をぺたぺたと触り始めた。
視力でも悪いのか?
いや、眼鏡かけてない。眼鏡かけたカトレアさんもいいなぁ。

「あなた、ルイズの恋人ね?」
「そうです私が、ルイズの恋人です」

シエスタにぎゅっと足を踏まれた。
ついでルイズが、顔を真っ赤にして叫んだ。

「ただの使い魔よ! 恋人なんかじゃないわ!」
「あらそう」

カトレアさんはコロコロと楽しそうに笑った。それから首をかしげて、とろけそうな微笑みを浮かべた。

「ごめんなさいね。わたし、すぐに間違えるのよ。気にしないで」

乳でけぇ。美人。おっとりお姉さん。いいね!

エレオノールの事を勘違いしてた。
カトレアさんの乗ってきたワゴンタイプの馬車に乗る際、エレオノールは顔を曇らせたが、カトレアさんに押し切られていた。
妹の言葉には弱いらしい。

カトレアさんは動物使いか? ってくらい馬車に動物を乗せていた。
ムツ●ロウさん並の動物好きだ。

「動物パーティーかっ!」
「ちいねえさまは、動物が大好きなのよ」

ルイズ、好きとかいう常識を超えてるよ。

「わたしね、最近つぐみを拾ったのよ」

カトレアが楽しそうな声で言った。

「見せて! 見せて!」

子供のようにはしゃぐルイズ。
それを見て、俺とエレオノールは同時にため息をついた。
シエスタは猛獣に驚いて絶賛気絶中。
ルイズとカトレアさん、二人のおしゃべりは延々と続いた。



ルイズの父は不在。どうせ、アルビオン戦のことで骨が呼びつけたのだ。
深夜であったが、ルイズたちの母親、ラ・ヴァリエール公爵夫人は晩餐会のテーブルで娘たちの到着を待っていた。
これが、「烈風カリン」か。

初対面だが、どう見ても四十、下手したら三十後半と見間違える。
実際は五十に近いはずなのだが全然見えない。
化粧と格好を変えれば三十代半ばに化けるんじゃね?
熟女趣味はないが、手を出そうと思えば余裕で出せる。
下世話な考えをしているとルイズママは纏っている雰囲気を強くしたように感じた。
「烈風カリン」の名は伊達じゃない。
明確な敵意と殺気を感じる。しかも、俺に向けて放たれている。

「母さま、ただいま戻りました」

とエレオノールがビクつきながら挨拶するが、ルイズママは俺から視線を外さない。
俺も同じく視線を合わせる。
気を抜いたら魔法が飛んできそうな雰囲気だ。
自然と視線に力が入る。いつでも戦闘できるように備える。

「あ、あの……、母さま」

ルイズママは返事をしない。
杖を出したらルイズをかっさらって逃げる。
魔法を使われたら俺が勝てる要素がガクッと落ちる。
かと言って先手を取れば公爵家を敵に回すことになる。
ルイズと逃げる以外の選択肢しか思い浮かばない。
姿勢はいつでも動けるようにしている。

「ルイズ、彼は?」

俺と視線を合わせたままである。

「私の使い魔です。母さま」
「ルイズは当たりを引いたみたいね」

ニッコリと微笑み俺を見る。
エレオノールとカトレアさんは意味がわからないという顔をしている。
纏っている空気が緩んだので俺も緊張をといた。
なんだったんだ?

三姉妹がテーブルにつくと、給仕たちが前菜を運んできて晩餐会が始まった。
後ろに控えた俺にとって息がつまりそうになる時間であった。
誰もしゃべらないし、何かとルイズママは俺を観察するように見てくる。


SIDE:カリーヌ

ルイズの使い魔は相当強い。
私は思考する。現役を退いたが、腕は鈍っていない。
だが、彼と戦って勝てるか?
魔法を使えば恐らく勝てるであろう。
しかし、私と対峙した時の彼の目。
杖を使わせないだろう。
杖を引きぬいて詠唱して魔法を使う。剣を抜き取り斬りかかる。
どちらの動作が早いか? 後者である。
並の剣士数十人でも一流の剣士の部隊でも勝てる自信があるが、彼ではどうだろうか?
実力を分析しきれなかった。

「烈風カリン」として考える。
一流の使い手は対峙すると相手と自分との力量を測れる。
「烈風カリン」と彼。
運次第で勝ちもするが負けもする。
先手を取られれば敗北。先手を取れれば勝率は高い。
チラリと彼を見る。
どう見ても平民なのだ。
しかも若い。ルイズと同い年だろうか。
彼がついていればどんな困難な状況でも生きて逃げれるだろう。
何故か確信してしまう。
思案していると、エレオノールが声をあげた。

「母さま! ルイズに言ってあげて! この子、戦争に行くだなんてバカげたこと言ってるのよ!」

なるほど、彼がついていればそう考えるのもうなずける。
ばぁーん! と、テーブルを叩いてルイズが立ち上がる。

「バカげたことじゃないわ! どうして陛下の軍隊に志願することが、バカげたことなの?」
「あなたは女の子じゃないの! 戦争は殿方に任せなさいな!」
「それは昔の話だわ! 今は、女の人にも男性と対等の身分が与えられる時代よ! だから魔法学院だって男子といっしょに席を並べるのだし、姉さまだってアカデミーの主席研究員になれたんじゃない!」

エレオノールは呆れた、というように首を振った。

「戦場がどんなところだか知っているの? 少なくとも、あなたみたいな女子供が行くところじゃないのよ」

私もエレオノールの意見に賛成だ。

「でも、陛下にわたし、信頼されているし……」
「どうしてあなたなんかを信頼するの? 〝ゼロ〟のあなたを!」

確かにルイズは魔法を使えない。いや、私でも理解不能な失敗魔法を使うのだ。
後ろに控えていた彼が初めて言葉を発する。

「ゼロねぇ。ではお姉さん。ルイズの魔法をどう説明しますか? いや、主席研究員の聡明なお姉さんならわかるでしょ?」

にやつく彼。私は表情を崩さなかった。
彼はルイズの魔法を何か知っている。

「うるさいわね。平民風情が!」
「ははは、わからないから怒ってるですね、研究員が聞いて呆れる。税金返せ」
「なんですってぇ!」

エレオノールに杖を抜かせたら彼はたぶん何かとんでもないことをする。
直感的にそう感じた私は言葉を発する。

「食事中よ。エレオノール」
「で、でも、母さま……」
「彼はルイズの使い魔。主人をバカにされたから抵抗しているのです。ルイズに謝りなさい」

エレオノールは悔しげにルイズに謝罪した。
ルイズは珍しいものを見るような顔でそれを受けた。

「ルイズのことは、明日お父さまがいらっしゃってから話しましょう」

それで、話は打ち切りにさせた。




前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.031851053237915