SS投稿掲示板




No.18630の一覧
[0] ゼロのひどい使い魔(オリジナル主人公)[castake](2011/12/17 21:37)
[1] <ゼロのひどい使い魔 プロローグ>[castake](2010/05/07 17:41)
[2] <ゼロのひどい使い魔 1>[castake](2011/05/21 02:52)
[3] <ゼロのひどい使い魔 2>[castake](2011/05/21 03:08)
[4] <ゼロのひどい使い魔 3>[castake](2011/05/21 03:51)
[5] <ゼロのひどい使い魔 4>[castake](2011/05/21 04:38)
[6] <ゼロのひどい使い魔 5>[castake](2010/05/20 11:06)
[7] <ゼロのひどい使い魔 6>[castake](2010/08/21 21:02)
[8] <ゼロのひどい使い魔 7>[castake](2010/05/20 11:06)
[9] <ゼロのひどい使い魔 8前>[castake](2010/05/20 11:07)
[10] <ゼロのひどい使い魔 8後>[castake](2010/05/21 09:25)
[11] <ゼロのひどい使い魔 9外伝>[castake](2010/05/07 21:29)
[12] <ゼロのひどい使い魔 10>[castake](2010/05/21 09:25)
[13] <ゼロのひどい使い魔 11前>[castake](2010/05/21 09:26)
[14] <ゼロのひどい使い魔 11後>[castake](2010/05/20 11:09)
[15] <ゼロのひどい使い魔 12>[castake](2010/05/21 09:26)
[16] <ゼロのひどい使い魔 13前>[castake](2010/05/20 11:11)
[17] <ゼロのひどい使い魔 13中1>[castake](2010/05/21 09:27)
[18] <ゼロのひどい使い魔 13中2>[castake](2010/05/20 11:14)
[19] <ゼロのひどい使い魔 13中3>[castake](2010/05/20 11:14)
[20] <ゼロのひどい使い魔 13中4>[castake](2010/05/20 11:15)
[21] <ゼロのひどい使い魔 13後1>[castake](2010/05/21 09:27)
[22] <ゼロのひどい使い魔 13後2>[castake](2010/05/21 09:28)
[23] <ゼロのひどい使い魔 13後3>[castake](2010/05/12 20:56)
[24] <ゼロのひどい使い魔 14>[castake](2010/05/21 09:28)
[25] <ゼロのひどい使い魔 15外伝>[castake](2010/05/13 18:18)
[26] <ゼロのひどい使い魔 16>[castake](2010/05/14 22:39)
[27] <ゼロのひどい使い魔 17>[castake](2010/05/21 09:29)
[28] <ゼロのひどい使い魔 18>[castake](2010/05/16 04:57)
[29] <ゼロのひどい使い魔 19>[castake](2010/05/21 09:29)
[30] <ゼロのひどい使い魔 20外伝>[castake](2010/05/16 20:42)
[31] <ゼロのひどい使い魔 21>[castake](2010/05/18 22:18)
[32] <ゼロのひどい使い魔 22>[castake](2010/05/18 22:20)
[33] <ゼロのひどい使い魔 23>[castake](2010/05/18 22:25)
[34] <ゼロのひどい使い魔 24>[castake](2010/05/21 09:31)
[35] <ゼロのひどい使い魔 25>[castake](2010/05/21 09:32)
[36] <ゼロのひどい使い魔 26>[castake](2010/05/21 09:30)
[37] <ゼロのひどい使い魔 27>[castake](2010/05/21 09:32)
[38] <ゼロのひどい使い魔 28>[castake](2010/05/23 12:19)
[39] <ゼロのひどい使い魔 29>[castake](2010/05/23 12:20)
[40] <ゼロのひどい使い魔 30外伝>[castake](2010/05/23 12:47)
[41] <ゼロのひどい使い魔 31前>[castake](2010/05/24 12:02)
[42] <ゼロのひどい使い魔 31後>[castake](2010/05/25 12:17)
[43] <ゼロのひどい使い魔 32外伝>[castake](2010/05/25 12:18)
[44] <ゼロのひどい使い魔 32外伝 裏>[castake](2010/05/25 12:20)
[45] <ゼロのひどい使い魔 外伝 ~記念~>[castake](2010/05/25 18:04)
[46] <ゼロのひどい使い魔 33>[castake](2010/05/27 12:20)
[47] <ゼロのひどい使い魔 34>[castake](2010/05/28 12:07)
[48] <ゼロのひどい使い魔 35>[castake](2010/05/28 14:00)
[49] <ゼロのひどい使い魔 36>[castake](2010/05/29 10:11)
[50] <ゼロのひどい使い魔 37>[castake](2010/05/29 14:35)
[51] <ゼロのひどい使い魔 38>[castake](2010/05/30 19:51)
[52] <ゼロのひどい使い魔 39>[castake](2010/05/31 20:55)
[53] <ゼロのひどい使い魔 40外伝>[castake](2010/05/31 22:58)
[54] <ゼロのひどい使い魔 41>[castake](2010/06/02 21:05)
[55] <ゼロのひどい使い魔 42>[castake](2010/06/03 22:31)
[56] <ゼロのひどい使い魔 43>[castake](2010/06/13 00:18)
[57] <ゼロのひどい使い魔 44>[castake](2010/06/06 19:02)
[58] <ゼロのひどい使い魔 45>[castake](2010/06/06 19:09)
[59] <ゼロのひどい使い魔 46>[castake](2010/06/10 22:23)
[60] <ゼロのひどい使い魔 47>[castake](2010/06/12 00:24)
[61] <ゼロのひどい使い魔 48>[castake](2010/06/13 00:24)
[62] <ゼロのひどい使い魔 49>[castake](2010/06/13 02:59)
[63] <ゼロのひどい使い魔 50外伝>[castake](2010/06/15 23:10)
[64] <ゼロのひどい使い魔 51>[castake](2010/06/17 00:48)
[65] <ゼロのひどい使い魔 52>[castake](2010/06/17 22:17)
[66] <ゼロのひどい使い魔 53>[castake](2010/06/19 00:56)
[67] <ゼロのひどい使い魔 54>[castake](2010/06/20 02:02)
[68] <ゼロのひどい使い魔 55>[castake](2010/06/20 15:45)
[69] <ゼロのひどい使い魔 56>[castake](2010/06/21 22:07)
[70] <ゼロのひどい使い魔 57>[castake](2010/06/26 13:38)
[71] <ゼロのひどい使い魔 58>[castake](2010/06/27 04:03)
[72] <ゼロのひどい使い魔 59外伝>[castake](2010/06/27 22:39)
[73] <ゼロのひどい使い魔 60>[castake](2010/06/30 23:14)
[74] <ゼロのひどい使い魔 61>[castake](2010/07/05 02:26)
[75] <ゼロのひどい使い魔 62>[castake](2010/07/08 22:08)
[76] <ゼロのひどい使い魔 63>[castake](2010/07/10 23:49)
[77] <ゼロのひどい使い魔 64>[castake](2010/07/18 00:31)
[78] <ゼロのひどい使い魔 65>[castake](2010/07/19 21:58)
[79] <ゼロのひどい使い魔 66>[castake](2010/07/24 01:33)
[80] <ゼロのひどい使い魔 67>[castake](2010/07/27 23:59)
[81] <ゼロのひどい使い魔 68>[castake](2010/08/13 01:27)
[82] <ゼロのひどい使い魔 69>[castake](2010/08/20 01:10)
[83] <ゼロのひどい使い魔 70外伝モンモランシー編>[castake](2010/09/01 00:06)
[84] <ゼロのひどい使い魔 71外伝アニエス>[castake](2010/09/19 18:02)
[85] <ゼロのひどい使い魔 72外伝フーケ編>[castake](2010/09/20 02:34)
[86] <ゼロのひどい使い魔 73外伝キュルケ編>[castake](2010/09/23 14:11)
[87] <ゼロのひどい使い魔 74>[castake](2010/11/20 23:43)
[88] <ゼロのひどい使い魔 75>[castake](2011/06/25 22:50)
[89] <ゼロのひどい使い魔 76>[castake](2011/07/30 18:58)
[90] <ゼロのひどい使い魔 77>[castake](2011/09/06 15:21)
[91] <ゼロのひどい使い魔 78>[castake](2011/12/17 19:10)
[92] <ゼロのひどい使い魔 79>[castake](2011/12/17 19:47)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[18630] <ゼロのひどい使い魔 38>
Name: castake◆d6014dec ID:c4e53ea4 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/05/30 19:51

SIDE:モンモランシー


 翌朝、教室中が入ってきた私たちに一斉に注目が集まった。サイトと手を繋いでいたからである。
 女子生徒たちがいち早く反応した。
 サイトは良い意味でも、悪い意味でも今や学院の注目の的なのだ。
 私は教室中の視線を独り占めにしたので気分がよかった。
 腰に手をやり、ツンと澄まして上を向いて、自分の席へと向かった。
 ルイズもあんぐりと口をあけて、私を見つめた。
 ルイズは私の元にきてサイトを見つめながら声をはなった。

「ちょっと、どうしてモンモランシーとサイトが手を繋いでるの?」
「え? だって、モンモランシーを愛してるから……」

 それが当然だという感じでサイトが言った。
 ルイズは、サイトの態度に怪しいものを感じたのか私に聞いてきた。

「ねえ、なにをわたしに隠してるの?」
「べ、別になにも?」
「そうだ。何も問題はない」

私はじっとりと冷や汗が流れるのを感じた。

「ならなんで手を繋いでいるの? それにモンモランシーを愛してるって私の聞き違えかしら?」
「なんだ! きみはぁ!」

ギーシュが私とルイズの間に入ってきた。

「おや、ギーシュくんではないか」
「そうだ。僕の恋人になにをしている?」
「元、だろ? 女々しいぞ。男なら諦めが肝心だ。心配するな。モンモランシーは俺が幸せにするから」
「なんだと?」
「なんですって?」

ルイズとギーシュが同じように怒る。
私は注目を浴びているのを忘れていた。

「ね、ねぇ。事情は話すわだから、今この話はおいときましょ?」
「な! 今すぐ話しなさい」
「そうだ。今すぐ話すんだ」
「ギーシュが偉そうに口を聞くな!」

サイトが高圧的に言うとシーンと静まり返った。

「モンモランシー、これで静かになった。さあ、席に座ろう」

私の腰に手を回して歩くのを施す。されるがままに歩いて席に座る。
味方にするとこうも頼もしいサイトをルイズはいつも足蹴にしている。
そう思うとサイトがかわいそうに思えた。

「ぐぬぬぬ、覚えてなさい」
「僕のモンモランシーが……」

私たちはそのまま授業を受けた。


SIDE:ルイズ

 
 どうも、サイトの様子がおかしい。昨日出かけて部屋に帰ってこなかった。どうせ、コルベール先生のところで研究の手伝いでもしていると思い、気にしなかった。

 授業中、サイトを監視していたら、やたらとモンモランシーに話しかけている。
モンモランシーとはビジネスパートナーとしてサイトと話すことは多かった、があの目。
まるで愛しの人を見ている目だ。
ふつふつと怒りがこみ上げてくる。
その目をむけるのは私でしょ?

モンモランシーも満更でもない様子だったのが私の怒りを加速させた。

SIDE:ギーシュ

なんだアレは!
確かに僕はモンモランシーに振られたが、僕の気持ちは変わらない。
ああ、愛しのモンモランシー、そんな顔で彼を見つめないでくれ。
僕はどうにかなりそうだ。
机の下で指を絡ませて手を繋いでいるのを見て僕は何かがキレた気がした。

「き、君! 何をしてるんだね!?」
「それは私のセリフだ。授業中だ。静かにしたまえ」
「ハッ、すいません」

クスクスと笑われた。僕は道化師じゃないぞ。
嫉妬心が高まる。
授業が終わったら決闘だ。


SIDE:モンモランシー


 何よ、みっともない。

「男の嫉妬はみっともないね。モンモランシーを好きになった奴だったから仕方ないが、モンモランシーは少し男を見る目を養った方がいいかもね。最も、今はその必要はないけどね」

まるで自分は最高の男だと言わんばかりだ。
言わないのが彼らしいと思う。

「そうかもね。サイトって何でもできるものね」

自分で言って気付く。
サイトの事を分析する。
剣士としては相当強いと思う。
召喚されて僅かの間に沢山手柄を立てている。
商売もうまい。
顔も、まあ悪くない。

アレ? サイトってどこがだめなの?
変態発言を除けばこれと言って悪い所がないのだ。
惚れ薬を飲んでも紳士的に接してくれるし守ってくれる。
もしかしてイイヤツ?
それは薬の力かもしれない。
私はしばらくサイトを観察することにした。


「うまいか?」
「ええ、とっても」

お昼はサイトが作って部屋に持ってきてくれた。
私だけのために作ってくれた料理に舌鼓を打つ。
そういえば料理もうまいのだ。

「やっと二人きりになれたね」
「そ、そうね」

まぶしい笑顔に少しドキリとした。
食堂に行くとルイズとギーシュに邪魔されるのでこうして部屋にいる。
意外にも気がきくサイトの一面を見た。サイトの話す話も退屈しない。

「それで、午後の授業はどうしようね?」
「うーん。出たらまた注目されちゃうし」
「サボろうか、授業も大切だが、俺としてはモンモランシーと過ごせる時間の方が宝石よりも貴重だ」

相変わらずサイトの言葉はうまい。

「モンモランシー、そなたは美しい」

サイトは優しく髪を撫でた。それほど嫌じゃなかった。

「そうやって何人の女の子を落としてきたの?」
「君が初めてだよ? 本気で好きになったのはモンモランシーが初めてだ」

心がズキッと痛む。そうじゃない。サイトは今、惚れ薬の力で勘違いしているのだ。
その時、扉がバタンと開いた。

「さあ、話しなさい」
「そうだ。サイトがなんでモンモランシーと急に仲良くなるんだね?」

ルイズとギーシュが入ってくるなり聞いてきた。
答える前に考える。
このまま、サイトに偽りの心を与えたまま惚れ薬が切れるまで恋人を演じる?
既成事実を作ってしまえばサイトは私と一緒になってくれるだろう。
しかし、そこに愛はない。ズキッとまた痛む。
ああ、そうか、私はサイトのことを――。
心の痛みを理解した。
私は素直に話すことにした。

「……惚れ薬よ」
「ほれぐすりぃ!」

 ギーシュとルイズは、大声で叫んだ。

「大声ださないで。お願いだから」

私はズキズキと痛む心を抑えるために胸に手を当ててぎゅっと握った。

「どうしたの? モンモランシー、貴方顔色悪いわよ?」

私は、二人に説明した。知的欲求と好奇心から惚れ薬を作ったこと。
それを誰に飲ませようかと企んでいたらサイトが部屋に入ってきてそれを飲んでしまったこと……。
ルイズは悲鳴をあげた。

「何とかして頂戴!」
「わかってるわよ!」
「どうしたんだい? モンモランシー、どうしてそんな泣きそうな顔をしてるんだい?」

ギーシュに言われて私は何とも言えない感情に包まれた。

「わかんないわよ!」
「モンモランシー、そんなにぼくのことを……」

ギーシュは惚れ薬を自分の為に作ったのだと勘違いしていた。
サイトが私の事を好きでいてくれるのは惚れ薬のせいだ。
偽りの気持ちに気づいて私は悲しくなった。
私は泣いていた。

「ギーシュゥ。泣かしたなぁああ!」

やたらとドスの聞いた声でサイトはギーシュを睨んだ。

「違うわ。違うの! 私が悪のよ」
「あとにして!」

 ルイズは二人をぐいっと引き離した。


SIDE:ルイズ


 私はわかってしまった。モンモランシーはサイトのことが好きになったのだ。
しかも、惚れ薬なんかじゃない。本気で好きになったのだ。
女の勘で直感的に感じ取った。

「ルイズ……」
「いいの。モンモランシー。貴方の気持ちはわかったわ。好きになっちゃったんでしょ?」

モンモランシーは泣きながら頷く。

「好きになったサイトの心が本心じゃなく、偽りの心だから辛いのね?」
「ごめんなさい」
「貴方は悪くないわ。悪いのはギーシュとサイトよ!」
「僕かい?」
「とにかく、一番悪いのはあんたよ! サイトの方は事故よ!」

そう言ってギーシュを引っ叩いた。知的欲求と好奇心から惚れ薬を作ったとモンモランシーは言ったが、もしかしたら浮気性なギーシュに薬を試そうとしたのではないかと私は思った。
なので、ギーシュを叩いたことは反省していない。

「はは、ギーシュ、辛いな。今度いい女紹介してやるよ。ただしモンモランシー以外な」
「半分は君の所為な気がするよ」

ギーシュがうな垂れるが、乙女心を傷つけた報いだ。

「サイト、今のあんたは病気なの! わかる?」
「俺は至って正常だ。できればこのまま二人にはご退場願いたい。モンモランシーとの貴重な時間がなくなってしまう」

モンモランシーがビクっとなった。これ以上放っておくとモンモランシーの心が危ないような気がした。

「モンモランシー、どうすれば治るの?」
「解除薬を作るしかないわ。でもお金が足りないの」
「私が出すわ」

どんと、有り金をおいた。
モンモランシーは力強く、頷いた。
きっと罪悪感が彼女を苦しめているのだろう。

「なんの話をしてるかわからんが、モンモランシーの調子が悪そうだな」

サイトはそう言って、モンモランシーの顔をのぞき込んでいた。
モンモランシーは赤くなっている。でも同時に震えていた。
私は本当にモンモランシーがサイトのことを好きになってしまったのだと再確認した。

「サイトは私の部屋にいなさい! モンモランシーの体調不良はあんたのせいよ!」
「サイト、お願い、ルイズの部屋に戻って。じゃないと私……」
「モンモランシーが言うのならその通りにしよう。行くぞギーシュ」

私は少し悲しくなった。モンモランシーが言うのなら、か。

「ねぇモンモランシー、今どんな気持ち?」
「辛いわ。あの感情は偽り。それに、惚れ薬が切れたら好きになった感情は消えるけど記憶は残るもの」
「サイトのどこがいいわけ?」

モンモランシーはカアとなってしまった。

「優しいし、紳士的だし、話はうまいし、強いし、甲斐性あるし、料理もうまいし、ああ、もう、ルイズはわからないの?」

私の使い魔を褒めちぎるモンモランシーは女の顔をしていた。

「恋って恐ろしいわね」

モンモランシーは解毒薬の材料を買うために部屋を出て行った。
軽くなったポケットとともに部屋に戻る。

「よおルイズ。モンモランシーはなんて?」
「女同士の秘密よ」

出て行ったと言ったらこいつは追いかけるだろう。

「そうか」
「あら、意外と冷静ね」

しつこく問いただしてくると思って色々な嘘を考えていたのに無駄になった。

「モンモランシーを信頼しているからな。いずれ話してくれるさ。それに危険な目にあったら必ず助け出す」

なんだかモンモランシーが羨ましい。

「もう寝ましょ?」
「そうだね、じゃ」

そう言って部屋を出ていこうとするサイト。

「どこ行くのよ?」
「モンモランシーと寝る。それがダメならお休みの挨拶をする」
「だ、ダメよ。モンモランシーは今大切なことしてるの! あんたが行ったらきっとモンモランシーは泣いちゃうわ」
「むぅ、ならやめとく」

なるほど、モンモランシーを引き合いに出せば言う事を聞いてくれるのか。
私としては複雑な心境だが、ここは我慢しよう。


 翌日の夕方、モンモランシーは青い顔をして私の部屋に入ってきた。

「お、久しぶりじゃんモンモランシー」
「どうしたの?」
「解除薬が作れない……」

 モンモランシーとギーシュは本日街に出て闇屋に向かい、解除薬の調合に必要な秘薬を探したのだが……。

「売り切れだった?」
「よし、ギーシュお前の股についてるものだせ」
「お、恐ろしいこと言わないでくれたまえ」

モンモランシーと出かけたギーシュをサイトがなにやらしようとしていたが私には関係ない。

「その秘薬ってのは、ガリアとの国境にあるラグドリアン湖に住んでる、水の精霊の涙なんだけど……、その水の精霊たちと、最近連絡が取れなくなっちゃったらしいの」
「なんですって!? ならラグドリアン湖に行くわよ!」

モンモランシーは覚悟を決めていたのか、力強く頷いた。
恋する乙女は強いと思った。サイトが正気に戻ったらどうするつもりだろう。しかし、今はサイトを治すことが先決だ。

「確かにサイトをあのままにしておくわけにもいかないな。恋人の僕も行くぞ」
「お前、弱い。それに元、恋人」

なにやらギーシュとサイトで騒いでいたが、私はモンモランシーと話を続けた。
出発は明日の早朝。
はぁ、サボりなんて初めてだわ、とモンモランシーがため息をついた。
私は昨日の午後から授業サボってるじゃないと突っ込むとモンモランシーはガクッとなって自室に帰ってしまった。



――――――――――――――――――――――――――――――――

裏話。
タバサ、キュルケは原作にある通り、任務を受けているので学院にいません。
フーケはウェールズと共にゲルマニアでお仕事しているため学院にいません。
手頃なところにモンモランシーがいたから選んだわけじゃないんだからねっ!

――――――――――――――――――――――――――――――――



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.031513929367065