SS投稿掲示板




No.18630の一覧
[0] ゼロのひどい使い魔(オリジナル主人公)[castake](2011/12/17 21:37)
[1] <ゼロのひどい使い魔 プロローグ>[castake](2010/05/07 17:41)
[2] <ゼロのひどい使い魔 1>[castake](2011/05/21 02:52)
[3] <ゼロのひどい使い魔 2>[castake](2011/05/21 03:08)
[4] <ゼロのひどい使い魔 3>[castake](2011/05/21 03:51)
[5] <ゼロのひどい使い魔 4>[castake](2011/05/21 04:38)
[6] <ゼロのひどい使い魔 5>[castake](2010/05/20 11:06)
[7] <ゼロのひどい使い魔 6>[castake](2010/08/21 21:02)
[8] <ゼロのひどい使い魔 7>[castake](2010/05/20 11:06)
[9] <ゼロのひどい使い魔 8前>[castake](2010/05/20 11:07)
[10] <ゼロのひどい使い魔 8後>[castake](2010/05/21 09:25)
[11] <ゼロのひどい使い魔 9外伝>[castake](2010/05/07 21:29)
[12] <ゼロのひどい使い魔 10>[castake](2010/05/21 09:25)
[13] <ゼロのひどい使い魔 11前>[castake](2010/05/21 09:26)
[14] <ゼロのひどい使い魔 11後>[castake](2010/05/20 11:09)
[15] <ゼロのひどい使い魔 12>[castake](2010/05/21 09:26)
[16] <ゼロのひどい使い魔 13前>[castake](2010/05/20 11:11)
[17] <ゼロのひどい使い魔 13中1>[castake](2010/05/21 09:27)
[18] <ゼロのひどい使い魔 13中2>[castake](2010/05/20 11:14)
[19] <ゼロのひどい使い魔 13中3>[castake](2010/05/20 11:14)
[20] <ゼロのひどい使い魔 13中4>[castake](2010/05/20 11:15)
[21] <ゼロのひどい使い魔 13後1>[castake](2010/05/21 09:27)
[22] <ゼロのひどい使い魔 13後2>[castake](2010/05/21 09:28)
[23] <ゼロのひどい使い魔 13後3>[castake](2010/05/12 20:56)
[24] <ゼロのひどい使い魔 14>[castake](2010/05/21 09:28)
[25] <ゼロのひどい使い魔 15外伝>[castake](2010/05/13 18:18)
[26] <ゼロのひどい使い魔 16>[castake](2010/05/14 22:39)
[27] <ゼロのひどい使い魔 17>[castake](2010/05/21 09:29)
[28] <ゼロのひどい使い魔 18>[castake](2010/05/16 04:57)
[29] <ゼロのひどい使い魔 19>[castake](2010/05/21 09:29)
[30] <ゼロのひどい使い魔 20外伝>[castake](2010/05/16 20:42)
[31] <ゼロのひどい使い魔 21>[castake](2010/05/18 22:18)
[32] <ゼロのひどい使い魔 22>[castake](2010/05/18 22:20)
[33] <ゼロのひどい使い魔 23>[castake](2010/05/18 22:25)
[34] <ゼロのひどい使い魔 24>[castake](2010/05/21 09:31)
[35] <ゼロのひどい使い魔 25>[castake](2010/05/21 09:32)
[36] <ゼロのひどい使い魔 26>[castake](2010/05/21 09:30)
[37] <ゼロのひどい使い魔 27>[castake](2010/05/21 09:32)
[38] <ゼロのひどい使い魔 28>[castake](2010/05/23 12:19)
[39] <ゼロのひどい使い魔 29>[castake](2010/05/23 12:20)
[40] <ゼロのひどい使い魔 30外伝>[castake](2010/05/23 12:47)
[41] <ゼロのひどい使い魔 31前>[castake](2010/05/24 12:02)
[42] <ゼロのひどい使い魔 31後>[castake](2010/05/25 12:17)
[43] <ゼロのひどい使い魔 32外伝>[castake](2010/05/25 12:18)
[44] <ゼロのひどい使い魔 32外伝 裏>[castake](2010/05/25 12:20)
[45] <ゼロのひどい使い魔 外伝 ~記念~>[castake](2010/05/25 18:04)
[46] <ゼロのひどい使い魔 33>[castake](2010/05/27 12:20)
[47] <ゼロのひどい使い魔 34>[castake](2010/05/28 12:07)
[48] <ゼロのひどい使い魔 35>[castake](2010/05/28 14:00)
[49] <ゼロのひどい使い魔 36>[castake](2010/05/29 10:11)
[50] <ゼロのひどい使い魔 37>[castake](2010/05/29 14:35)
[51] <ゼロのひどい使い魔 38>[castake](2010/05/30 19:51)
[52] <ゼロのひどい使い魔 39>[castake](2010/05/31 20:55)
[53] <ゼロのひどい使い魔 40外伝>[castake](2010/05/31 22:58)
[54] <ゼロのひどい使い魔 41>[castake](2010/06/02 21:05)
[55] <ゼロのひどい使い魔 42>[castake](2010/06/03 22:31)
[56] <ゼロのひどい使い魔 43>[castake](2010/06/13 00:18)
[57] <ゼロのひどい使い魔 44>[castake](2010/06/06 19:02)
[58] <ゼロのひどい使い魔 45>[castake](2010/06/06 19:09)
[59] <ゼロのひどい使い魔 46>[castake](2010/06/10 22:23)
[60] <ゼロのひどい使い魔 47>[castake](2010/06/12 00:24)
[61] <ゼロのひどい使い魔 48>[castake](2010/06/13 00:24)
[62] <ゼロのひどい使い魔 49>[castake](2010/06/13 02:59)
[63] <ゼロのひどい使い魔 50外伝>[castake](2010/06/15 23:10)
[64] <ゼロのひどい使い魔 51>[castake](2010/06/17 00:48)
[65] <ゼロのひどい使い魔 52>[castake](2010/06/17 22:17)
[66] <ゼロのひどい使い魔 53>[castake](2010/06/19 00:56)
[67] <ゼロのひどい使い魔 54>[castake](2010/06/20 02:02)
[68] <ゼロのひどい使い魔 55>[castake](2010/06/20 15:45)
[69] <ゼロのひどい使い魔 56>[castake](2010/06/21 22:07)
[70] <ゼロのひどい使い魔 57>[castake](2010/06/26 13:38)
[71] <ゼロのひどい使い魔 58>[castake](2010/06/27 04:03)
[72] <ゼロのひどい使い魔 59外伝>[castake](2010/06/27 22:39)
[73] <ゼロのひどい使い魔 60>[castake](2010/06/30 23:14)
[74] <ゼロのひどい使い魔 61>[castake](2010/07/05 02:26)
[75] <ゼロのひどい使い魔 62>[castake](2010/07/08 22:08)
[76] <ゼロのひどい使い魔 63>[castake](2010/07/10 23:49)
[77] <ゼロのひどい使い魔 64>[castake](2010/07/18 00:31)
[78] <ゼロのひどい使い魔 65>[castake](2010/07/19 21:58)
[79] <ゼロのひどい使い魔 66>[castake](2010/07/24 01:33)
[80] <ゼロのひどい使い魔 67>[castake](2010/07/27 23:59)
[81] <ゼロのひどい使い魔 68>[castake](2010/08/13 01:27)
[82] <ゼロのひどい使い魔 69>[castake](2010/08/20 01:10)
[83] <ゼロのひどい使い魔 70外伝モンモランシー編>[castake](2010/09/01 00:06)
[84] <ゼロのひどい使い魔 71外伝アニエス>[castake](2010/09/19 18:02)
[85] <ゼロのひどい使い魔 72外伝フーケ編>[castake](2010/09/20 02:34)
[86] <ゼロのひどい使い魔 73外伝キュルケ編>[castake](2010/09/23 14:11)
[87] <ゼロのひどい使い魔 74>[castake](2010/11/20 23:43)
[88] <ゼロのひどい使い魔 75>[castake](2011/06/25 22:50)
[89] <ゼロのひどい使い魔 76>[castake](2011/07/30 18:58)
[90] <ゼロのひどい使い魔 77>[castake](2011/09/06 15:21)
[91] <ゼロのひどい使い魔 78>[castake](2011/12/17 19:10)
[92] <ゼロのひどい使い魔 79>[castake](2011/12/17 19:47)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[18630] <ゼロのひどい使い魔 3>
Name: castake◆d6014dec ID:c4e53ea4 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/05/21 03:51

SIDE:サイト・ヒラガ

ストリップショーの始まりだっ!
寝るから着替えるといって見事な脱ぎっぷりを見せてくれた。
これ、悲しいけど初期の頃だけのものなのよね。

「じゃ、それ洗っといてね」
「クンカクンカ」
「ちょ! 何してんのよ?!」

口の中に入れなかっただけありがたいと思って欲しい。

「超痛かったんですけど?」
「あ、ああんたが!おかしなことするからでしょ!!!」

どこから出したのか知らないが、鞭でしばかれてました。
いや、鞭って処刑にも使われてますよ?
良くサイトは耐えたな。
俺はというと懐に忍ばせておいたペーパーナイフを握りガンダールヴの恩恵を受けて痛みを緩和している。
身体能力の向上と言っても実は耐久力も上がっているのだ。
ぶっちゃけ、原作のサイトも戦闘である程度、怪我してても動いてたのを思い出して試してみたら当たりだっただけだ。

「な~んか反省の色がないわね?」
「ごめん、マジで反省してます。そもそも、いきなり脱ぎ始めたルイズが悪いはず」
「ふん、便い魔に見られたって、なんとも思わないわ」

俺は思うけどここは黙っておこう。
しかしルイズ、君、生えてないんだね。
二次元の神秘かルイズの身体的な問題か。
ま、俺はどっちにしても嬉しいから問題ない!

「じゃ、寝るから」
「おやすみなさいませ」

そう、まだ召喚されて一日も立っていなかった。


人生初、床での就寝。
藁で寝ろって、日本のホームレスの方がいい寝床確保してるぜ。

眩い光で目が覚めたのはいいが今何時?
やることもない。
そういえばルイズを起こさないとな。

「ハアハア、ルイズたん」

ルイズは、ベヅドの中で寝息を立てている。あどけない寝顔であった。
それを見た俺は自重という名のリミッターを外した。

「ル、ル~イズちゃ~ん」

名前を叫びベッドにルパン式ダイブをする。

「な、なによ! なにごと!」
「朝だよ。ふじ、ルイズ」
「はえ? そ、そう……。って誰よあんた!それになんで添い寝してんのよ!」

寝ぼけてますね。分かります。

「サイト・ヒラガ」

名前はサイトから拝借した。面倒だからじゃないぞ?

「ああ、使い魔ね。そうね、昨日、召喚したんだっけ」

ルイズは起き上がると、あくびをした。そしてサイトに命じる。

「服」
「服?」
「着替させるのよ!」

ルイズのネグリジェ姿を視姦しながら着替を終わらせた。
羞恥心が芽生えない今なら見放題。

「なんか着替させるの慣れてるわね」
「それほどでもない」

もっと複雑なコスプレ衣装とか着せたり着たりしてたからな。
ルイズはまあいいわと気にしない様子で部屋を出た。それについてく俺。

 ルイズと部屋を出ると、ドアが壁に三つ並んでいた。
そういや、キュルケの部屋ってルイズの隣だっけ。
そう考えていると、そのドアの一つが開いて、中から燃えるような赤い髪の女の干が現れた。

キュルケ キタ━(゚∀゚)━!

デケェ、いや、身長も胸も。
たぶん160センチ以上、胸はFカップくらいか?
 一番上と二番目のブラウスのボタンを外し、胸元を覗かせている。
誘ってるんですね。分かります。

「おはよう。ルイズ」

 ルイズは顔をしかめると、嫌そうに挨拶を返した。

「おはよう。キュルケ」
「あなたの使い魔って、それ?」

 俺を指差して、バカにした口調で言った。

「そうよ」
「あっはっは! ほんとに人間なのね! すごいじゃない!」

褐色肌のパイオツもなかなか。
普通に揉みたい。

「『サモン・サーヴァント』で、平民喚んじゃうなんて、あなたらしいわ。さすがはゼロのルイズ」
「うるさいわね」
「あたしも昨日、使い魔を召喚したのよ。誰かさんと違って、一発で呪文成功よ」
「あっそ」
「どうせ使い魔にするなら、こういうのがいいわよね。フレイム!」

 キュルケが、勝ち誇った声で使い魔を呼んだ。
キュルケの部屋からのっそりと、真っ赤で巨大なトカゲが現れた。
むんとした熱気が、俺を襲う。

「なんじゃコリャぁぁああ!ってトカゲ?」
「おっほっほ! もしかして、あなた、この火トカゲを見るのは初めて?」
「おー、よしよし、ここか? ここがええんか?」

俺は生フレイムのさわり心地を確かめていた。
トカゲって体温冷たいはずなのにフレイムは暖かかった。
さわり心地としてはトカゲを温めればこんな感じになるんだろって感じだった。

「あら、可愛がってもらってるわね」

 キュルケは手を顎にそえ、色っぽく首をかしげた。


SIDE:キュルケ


「あら、可愛がってもらってるわね」

おかしな平民。
フレイムに恐れを抱くこともなく、好き勝手に私の使い魔を撫で回している。
フレイムを見た時の反応からして初めて火トカゲを見たはず。
襲われると思わないのだろうか?
私が命令しない限りは襲うことなどはないが、普通の平民の反応ではないことは確かだ。

「これって、サラマンダー?」

ルイズが悔しそうに尋ねてきた。
私は自慢したかった。先祖代々からのライバルであるこの娘に。

「そうよ! 火トカゲよ! 見てよ、この尻尾。ここまで鮮やかで大きい炎の尻尾は、間違いなく火虫亀山脈のサラマンダーよ? ブランドものよー。好事家に見せたら値段なんかつかないわよ!」
「こいつって珍しいのか?いや、珍しいから値段がつかないのか」

前者の発言にカチンと来て、後者の発言に満足感がきた。

「ちょっとあなたそれどうゆうこと?」
「えぁ?なんかおかしなこといったっけ?」

言ったわよ。フレイムを珍しいのかって。その辺にいる動物みたいな言い方で。

「サイト、今キュルケの使い魔のことを馬鹿にしたのよ。少なくともキュルケ自信がそう感じているわ。使い魔のことはイコール主人のことでもあるの。だからキュルケ以外にはそんな風に言っちゃだめよ?」
「そーなのか」

ルイズの発言に完全に頭に来た。主人と使い魔揃って失礼な奴らだ。

「そーなのか、って私に謝罪はないわけ?」
「すいません。ごめんなさい。申し訳ありません。朝ごはんの時間がないので勘弁してください」
「「あ」」

そう言われて気づいた。確かに時間がかなり迫っていた。これは走らないとダメね。
その前に。

「あなた、お名前は?」
「サイト・ヒラガ」
「ヘンな名前」
「やかまし」

変な平民。ルイズも変なのを引き当てたものだ。


SIDE:タバサ


昨日の使い魔の召喚のことを思い出す。
ルイズが召喚した平民。

只者ではない。
彼が服を探ったとき直感的に何かあると思った。
杖を構える。
既に彼は私を捉えていた。
コルベール先生でさえも。
視線で殺す。
行動で制す。
熟練のメイジ殺しのなせる技だと思った。
だが彼は何もしなかった。
なぜ?
好奇心が私の心を駆け巡る。
彼は何者だろう?
メイジではないことは確かだ。
有名なメイジ殺しでもないことも確かだ。

私は今、学院から少し離れた森にいる。
彼を追いかけてきた。

彼は何をするつもり?
本来なら昼休みでルイズはたぶんテラスにいるだろう。
なぜ彼はルイズの側にいない?

「貴様、見ているな!」

彼が叫んだ。
なぜ私の存在がバレた?
隠密行動は完璧だったはず。

仕方なく私は彼の前に姿を表すことにした。


SIDE:サイト・ヒラガ



( ゚д゚ )

(つд⊂)

( ゚д゚ )


あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
『俺は誰もいない所でジョジョネタを練習していた。そしたらタバサが現れた』
な… 何を言ってるのかわからねーと思うが
俺もなんでタバサが現れたかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…

「えー、と、どなた?」

もちろん俺はタバサの事を知っている。
だが、タバサとは初対面だ。

「タバサ」
「そのタバサさんがなんでこんなところに?」
「あなたをつけてきた」

ストーカー宣言ですね。
しかし、なぜタバサが俺を?
もしや、一目惚れ?
いや、それはねーな。クールになれ。
タバサがサイトに惚れるのは確か母親を助けてからだ。
オーケー。理由を聞こう。

「なんでつけてきたんですか?ああ、もしかしてルイズが探していたとか?」
「違う」

うぉい!
ルイズが呼んでるって逃げ道及び俺の退路を作ったのになぜ使わない。
空気嫁!!

「では、タバサさんの訓練ですか?」
「違う」
「使い魔と遊ぶとか?」
「違う」
「散歩?」
「違う」

無限ループ恐るべし。
じゃあなんで現れた?
さてはジョジョネタを理解している?
いやいや、それはありえん。
でも、アニメ版だったかエロ漫画がこっちの世界にあるらしいが。
ともかく、誤魔化さねば。
このままでは痛いヤツと思われてしまう。

「その、さっきのは偶然、そう偶然叫んだだけなんですよ。適当な言葉を叫んでいた。それに勘違いしたタバサさん。まるで俺がつけられていることに気づいたように錯覚しただけなんです」

というわけでといって脱兎の如く学院へ逃げ帰った。
タバサには悪いがタバサの言い分は聞かない。
彼女を論破するのは無理だ。

「イーヴァルディ」

タバサがなにか言った気がした。


SIDE:サイト・ヒラガ

タバサから逃げ出して学院へ戻ってきた。
ジョジョネタの練習を見られた。死にたい。

ん?
全力で走って戻ってきたのに息切れしてない。
一キロ位は走ったはずだぞ?

森⇒学院⇒ルイズの部屋

この工程を走り抜けたのになぁ。


―――――――
2011/05/21
加筆&修正




前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.029230117797852