チラシの裏SS投稿掲示板




感想掲示板 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[25264] 【習作】一見スタイリッシュにファンタジー (オリジナル・ダンジョン系)
Name: 根っこ◆dc9bdb52 ID:edf474cb
Date: 2011/01/04 20:54
色々な神様がいる世界で、塔型ダンジョンに挑む主人公のお話です。


二次創作SSではない物を書くのは久しぶりで、荒いところもあるでしょうがお許しください。
オリジナル・ダンジョン小説が多い『小説家になろう』へ投稿したほうが良いとは考えましたが、向こうは編集とか設定が面倒でこちらに投稿させていただきました。
需要は少ないでしょうが、よろしくお願いいたします。



[25264] 第一話
Name: 根っこ◆dc9bdb52 ID:edf474cb
Date: 2011/01/04 20:50
この世界には神が存在している。
法の神、混沌の神、力の神、堕落の神、商の神、森の神。
八百万とはいかないが、他にも数え切れぬ程に多くの神々が何処とも知れぬ場所からこの世界を見守っている。
人には理解不可能な理由で信徒に試練と奇跡を与え、人には理解できない目的を持ってこの世界へと干渉を行っているらしい。
詳しくは分からないと言うか恐れ多くて資料に残せないとかふざけんなと言いたくなる理由で分からないのだが、まぁそれは別に良いとして。

俺は今、美の神が作り出したダンジョンへと挑んでいた。

美の神
それは美しさ重視と言うか、醜い者に生きる資格など無いと断言しちゃうらしい超危険な神様である。
眼麗しい王族とかが信徒になれば過剰なほどに加護を与え、成金のむさいおっさん信徒が綺麗な物を持って来たら即没収。
他の神々にも言える事だが、基本的に信徒以外には無関心なのが救いなのか。
とにかく、外見が良ければ信徒になったりダンジョンに挑んでも超勝ち組一直線になれる人間から見ると極端な神様だ。
そんな神様が作り出したダンジョン、美形なら入った瞬間に華美華麗なチート武器防具が与えられたりする。
出てくる敵役の特徴が無いのっぺりとした魔物とも言いがたい何か、姿絵で見たのだがやられ役は手抜きにも程がある。
まぁ魔物と便宜上呼ぶのだが、それらの現れるのは強さも苦戦はしても確実に倒せる程度。
醜ければ醜いほど現れる魔物の強さも強くなるらしく、罰ゲームで挑まされた50代おっさん(彼女無し暦が年齢)に歴史的英雄クラスの魔物(のっぺり)が襲い掛かったとの逸話もある。
で、何故俺がそんなダンジョンに挑んでいるのか。

美形だから?
NO
美の神の信徒だから? 美の神の信徒になりたいから?
NO,NO


ダンジョンが安全だから?
YES,YES,YES!


神々が作り出したダンジョンでの死、それはゲームなんかと違い当然の如く死んでしまう。
だが美の神が作り出したダンジョンは、死んでも死なないというか持ち物の中で高価な物や美しい物を没収されるだけで死ぬことが無い。
入り口付近にある謎の寝室で眼が覚めて、何度でも挑戦することが可能なのだ(死体は醜いからだと言われている)。
さらに没収された高価な代物は、自分が殺された場所まで上り自分を殺した魔物を倒せば帰ってくる親切仕様。
不細工だともう来るなって感じで上る前にぶっ殺されるだが、まぁとにかくゲームっぽいのだ。
ちなみに美の神が作り出したダンジョンは外見が黄金の塔であり眩い位に美しいが、信徒の評判は微妙らしく『宝石ちりばめて欲しい』との意見もある。
デコレーションですね、分かります。


それで俺なのだが、この世界とかゲームとか言っている事から分かるように転生した元一般人だ。
能力チートもシステムチートも無し、家は小規模商人であり三男として生まれ、神の声が聞けるわけでもない転生しても一般人。
奴隷スタートになるよりマシなのだろうが、前世繰り越しでも商才が全く無いらしく兄達の下でずっと下働きしか出来ない。
色々試したが才能も無く、もう駄目だろうと思っていた時に知ったダンジョンの話。
超ハイリスクハイリターン、魔物を倒して神々から褒美と言う名のアイテムが授けられる冒険者達。
挑んでも才能無いから死ぬんだろうなーと話半分で聞いていたら、死ぬ事の無く安全だが外見で贔屓される美の神が作り出したダンジョン。
王族や貴族、運よく美形に生まれた奴らが挑むらしく一般人顔の自分にはやっぱり関係ないだろうと聞いていた時に閃いた案に俺は天啓だと感じたね。
それから休める時間に国立図書館と国中にある本屋をめぐり、美の神について今までに無いくらい勉強しました。
両親や家族は、ちょっと変わり者(才能探しに色々やった)の三男がまた何か始めたのだろうと静観。
勉強して勉強して、確信を持ってお金を貯めて、必要なものが全てそろった時に家族へダンジョンへと挑む事を告げた。
勿論反対されたが、挑むのが美の神が作り出したダンジョンだと知って許してもらえた。
両親や家族としては『この三男が挑んでもすぐ帰ってくるだろう』との考えだったのだろうが、俺は成功するだろうと確信している。


動きにくい執事服を着て、、武器らしい武器も装備せず一見丸腰でダンジョンへと挑む俺。

ダンジョンの入り口で守衛をしている、華美華麗な鎧を来た男に変人を見るような視線を浴びたが気にしない。
ダンジョンの中はやはり美しい大理石で出来た宮殿のようで、他のダンジョンを舐めているかのように一定間隔で灯りさえあった。
読んだ本にあった冒険者の項目に『たいまつ必須 ※美の神が作ったダンジョンは除く』と書かれている意味が一発で分かった瞬間である。
そんな風に考えていると、姿絵そのまんまなのっぺりした魔物が現れた。
色は半透明の人型、大きさは俺の腰より低く動きは遅い。
聞き込みや情報屋から得た知識が正しければ、ダンジョン中最弱な魔物の一段階上程度。
一般人顔であるはずの俺に、現れたのが最弱クラスの魔物。
数年前に得た天啓が、それからの努力や時間が無駄でなかった事の喜びを心の奥底へと沈めダンジョンへと入ってから形作っている穏やかな微笑を保つ。
ベルトに装着した専用ホルダーからステーキナイフ(食器)を焦らぬ様にゆっくりと取り出し、構えもせずに魔物のほうへと歩く。
魔物は最弱クラスに相応しい、分かりやすく体当たりをするモーションからゆっくりと体当たりを真っ直ぐに仕掛けてきた。

回り込むように、しかし実用的ではない無駄に洗練されたくるりと回転するかのような無駄な動きで魔物の背後へと回りこむ。
聞き込んだ弱点である核部分(半透明で分かりやすい)へと外さないよう、けれども動きの流れに停滞が無いよう気をつけながらナイフを突き刺した。
ナイフを魔物から抜き、ナイフにこびり付く魔物の破片を軽く払い、内ポケットから食事用のナプキン(紙)で拭き取りナイフをホルダーに直す。
ホルダーとは反対側に装着した小さなポシェットにナプキンを折り畳んで詰め込み、倒れた魔物へと背筋を伸ばしたまま腰を折るようにして礼をする。

顔を上げると、倒れた魔物がいた場所にある豪華で大きめな宝箱。

美しい者に与えられるはずの、美の神が信徒へとあたえる褒美がはいった希望の箱。
内心の鳥肌が立つほどの大きな喜びをまた沈め、焦らずそれが当然のように宝箱を開ける。
中に入っていたのは、執事服一式。
ご丁寧に、俺の持つナイフやポシェットもそっくりそのままな姿で入っていた。
宝箱の中を見た時に顔に出てしまった一瞬の動揺を隠すように顎に指を添え思案するような姿をとり、迷う場面ではないはずだと決断し執事服を取り出す。
予想通り下着は無かったので、服を着たまま服を着替える妙技を高速で流れるようにその場で行い身に着けていた物も全て交換する。
ハンカチが入っているはずの内ポケットへと手を入れて確認し、驚きを表に出さず外ポケットに入るはずの無い脱いだ執事服一式を入れた。
まるで四次元ポケットにはいる道具のように、ひょいと入ってしまったのを当然の事のようにしてもう一度空になった宝箱に対して一礼。
顔を上げれば宝箱は消え、魔物は現れる様子も無く静寂だけがダンジョンに漂っていた。
俺はそのまま真っ直ぐに、急ぐ事無くダンジョンへの入り口へと歩く。

数分でダンジョンを歩いて出て来た俺を基地外を見るかのような視線で見つめる守衛を完全に無視し、あらかじめとっていた宿屋の部屋にたどり着きベットに倒れこむ。

自然体であろうとし過ぎて、逆に力が入っていた体から力を抜くように深く息を吐く。
俺は、成功したのだ。
喜びのあまり叫び感情の赴くままに暴れまわりたい気持ちを、これからも必要になるだろう事から押さえ込む。


そもそも、美しさとはなんだろうか。
芸術に関わることも無く、美形でもない俺は断言してしまおう。
美しさとは『無駄』な物だと。
だがそんな『無駄』な物をありがたく感じる人間がいて、ましてや『無駄』を司る神が存在している。
前世は『無駄』な物にあふれていた。
『無駄』な情報に『無駄』な言葉、貴族でも金持ちでもなかった自分が享受出来るほどに『無駄』がそれこそ『無駄』なまでに溢れかえっていた。
才能も無く、外見も普通で、そんな俺の脳内だけにある『無駄』な知識。
転生した俺だけの物が此処にあった。
転生した事が、前世の俺の人生が『無駄』ではなかった事が、意味が此処にあったのだ。


流れそうになる涙を、歓喜の心を押し込めこれからも世話になるだろう微笑を浮かべて起き上がる。
これからなのだと、まだまだ始まったばかりなのだと心を諌めて。
明日の予定をあれこれと決めながら、この執事服を調べる為に神殿区域へと向かう。
商の神と知の神、どちらの神殿へ向かうかを決めぬままに。




流れるような無駄な動きは、一見すれば洗練されているかのように見えますが結局無駄な動きです。



[25264] 第二話
Name: 根っこ◆dc9bdb52 ID:edf474cb
Date: 2011/01/08 12:04
神殿地区、それはその名の通り神殿が集まった地区のことだ。
神々は基本的に対立したり争ったりしないので、それぞれの神殿もお互い気にせず乱立している。
どの国や街にも必ず神殿地区は存在知するが、やはりダンジョンがある街だとその区域が広い。
この街は美の神が作り出したダンジョンを中心にした、ダンジョンが出来て作り出された街なのでなおさら神殿が広いのだ(街全体の4割ぐらい)。
街が出来た流れを簡潔にまとめると『ダンジョン出来る → 神殿集まる → 人が集まる → 街が出来る』となるのだが、どのダンジョンのある街では例外なく神殿が2番目に来ている。
神々がそれぞれの神殿に啓示しているらしいが、商の神がダンジョンを作った時は次の日に商人(信徒達)の街が出来ていたという話は有名だ。
ちなみにこの世界は凄く広いので、世界中にダンジョンと国と街が出来上がっても領土問題は滅多に起こらないと言うか広すぎて人の方が足りない。

信じられない事に、この世界は水平な大地の上にあって今なお広がり続けていたりするが全く関係ないので気にしない事に。

それで神殿地区に着いたのだが、やはり商の神の神殿が大きい。
王族や貴族も訪れるのだから当然と言えば当然流通も激しくなり、商の神の信徒達も頑張っているのだろう。


窓口にいるのが知の神殿は眼鏡を掛けた青年、商の神殿は絶対に信徒じゃないだろう綺麗なお姉さん(後で聞けば美の神殿から派遣されているらしい)。
どっちを選ぶかなんて、美の神様が作り出したダンジョンに挑む者としては綺麗な方を選ぶのが真理。
窓口のお姉さんに話しかけたら執事服にが驚かれたが、少し談笑して授けられた褒美の鑑定を依頼しにきたのだと告げたら奥に案内される。
ダンジョンに挑戦している冒険者扱いで、王族とかを案内するだろう絨毯が引かれた通路とは別の通路を進むと出てきたのは何かの資料を読んでいる冴えないおっさんでした。
俺は他に来るだろう王族とかの挑戦者ではないので仕方が無いのだが、初見で鼻を鳴らされて『おら、見せろ』とか言われると頭にくるよね。
顔に浮かべるこれから長い付き合いになるだろう微笑は崩さず、今着ている執事服の鑑定を俺がイメージする執事らしく頼んだ。
おっさんは舌打ちしながら眼鏡を取り出し、紙とペンを取り出しながら俺の着ている執事服を見る。
父親も持っていたが、確か商の神から授けらるらしい鑑定専用の眼鏡だったはずだ。
つっても鑑定精度もピンキリで、実家の父親や長男の場合は『りんご:甘い』ぐらいの商人より果実農家の方が喜ばれるような鑑定具合。
カリカリと紙に書き終わったのか、面白くもなさそうにおっさんがペンを置いて左手を出してくる。
窓口に書かれていた鑑定料金を思い出し、規定の料金を支払い鑑定結果の書かれた紙を受け取った。
支払った料金が色付け無しできっちり払われているのを確認したおっさんが、こちらに聞こえる大きさで舌打ちしながら帰れと手を追い払うかのように振って読んでいた資料に眼を戻す。
顔は憶えたので、帰りに窓口でしっかりとおっさんの名前を閻魔帳的な意味で聞く事を決め、神殿の入り口に通じる通とを通りながら渡された紙を見た。


【 綺麗な執事服 】
・動きやすい
・汚れない
・破れない
・ポケットに物を多く詰め込める


まるで子供が適当に書き込んだかのような内容だが、俺はそれを見て微笑が深まり笑顔になろうとしていた口元を意識して押さえ込む。
この街に来てまだ3日、すぐにでも一生分の喜びを使い果たすのではないかと疑うぐらいにこの街は俺を喜ばせてくれる。
項目が4つ、鑑定したおっさんは父親の4倍程度にはやり手だろうが気づかなかったのだ。

動きやすい : どの程度?
汚れない  : 何をしても?
破れない  : 魔物の攻撃では?
ポケット  : 多くとはどれだけ詰め込める?

普通なら『~の重さに耐え切れる』とか『~の衝撃を受けると破損する』と書かれているはずの、やる気の感じられない鑑定結果。
それでも精度が高い、それこそ神殿の長が鑑定しても同じような鑑定結果になっただろう。
何故なら、神がそうした方が美しいとして授けた褒美なのだから。
動きにくい執事服より動きやすい執事服、汚れたり破けたりしたら美しくないし裾に隠れている専用ホルダーはまだしもポシェットはどう見ても邪魔だった。
戦いの神ではなくとも、神を基準として『動きやすい』となれば、それこそ美の神を基準とすれば。

この執事服を着ただけで、一切合財関係なく美しく動くことが出来るのだろう。


窓口でお姉さんと帰り際に談笑し、日も暮れてきたところで人目が無い場所を探し建物の裏路地に入り込んで屈伸。
体をほぐし、建物の壁と壁の距離を確認し、もう一度誰も見てないことを確かめ壁を押すようにして軽く蹴った。
反動で体が飛び出して、予想の範囲で言えば最大値のあたりと言える速度で反対側の壁に捻るかのように体を動かし壁へと着地。
そのまま上に飛び出すように壁を蹴り、最初に押し蹴った方の壁には行かないよう調節して月面宙返り。
壁に頭がぶつからない様に微調整、蹴った方の建物があっという間に下に見えたので体をさらに動かす。
想像通りに体が動き、慣性を無視し、建物の上に音も無く着地。
体の節々がちょっとした痛みを訴えているが無視できる程度で、慣れれば痛みも感じなくなるだろう。
広がる夜空を見上げながら、こんな場所で見つかれば不審者として捕まってしまうだろうと思考の冷静な部分か考え付く。
宿屋には建物の上を跳んで走って帰るのもありだが、どう考えてもリスクが高いから安全な方法を即実行。

気軽に建物から、高さで言えば3階建てマンションぐらいの高さから飛び降りた。

背中と腕部分を壁に当て、頭をこすらないよう気をつけながら落ちて行く。
痛くも無ければ熱くも無く、しっかりと減速しているのに体には僅かな振動しか伝わってこない。
地面へと落ちる前に本気で壁を蹴り、イメージ通りに最初の押し蹴った時より遅い速度で宙に舞う。
この執事服とは関係ない靴も、俺自身の身体能力も関係なく地面に静かに着地した。
確認すれば執事服の背中部分は当然のように、授かった時のままに新品同然の如く汚れも破けもせず存在している。

これが神の力、神から授かった道具、神の加護か。


最高の気分でそれを顔に出さず微笑を貼り付けたまま、宿屋に戻りダンジョンから戻ってきた時の焼き直しのようにベットに倒れこんだ。
今すぐにでもダンジョンに向かい、縦横無尽に暴れまわりたい衝動を抑え気分を落ち着ける。
少しずつ小出しに、最低限度を守りつつも出し惜しみながらダンジョンを進んで行くと決めた事を思い出し自らを諌めた。
明日のダンジョンで現れる魔物を、それに対する自分の動きを想像しつつゆっくりと眼を瞑る。
意識が落ちるまで微笑を浮かべ、無意識でも微笑を浮かべていろと俺自身に命令しながら。





神高画質なのに気持ち悪いほどにヌルヌル動く、人生とはまさに神の御業です。



[25264] 第三話
Name: 根っこ◆dc9bdb52 ID:4795e110
Date: 2011/05/07 23:29
夢は、見なかった。
目覚めてからすぐに自分の体を軽く動かしながら自己検査、特に間接部分が問題ない事を確認して柔軟体操。
足を捻ろうと折れようともこの服を着ている限り望むまま動くことが出来るのだろうが、わざわざ痛みを伴うような事は行いたくはない。
ポケットに入れた小道具を確認、最後に鏡で自分の顔に浮かんでいる表情を確認して外に出た。

食事は普通に美味い、この街だと『美食』と言う観念もあるから下手をすると前世の食事より美味かったりして侮れないのだ。

今日は腹六分目程度に調節、本来ダンジョンに挑戦するには動きやすいよう超高カロリーかつ量を少なめにするべきだが今の俺には関係ない。
昨日飲んだ薬(丸薬)は一粒だけで一日持つ程に凄まじかったが、結局は満腹感も得られず無意味な空腹感があった。
精神的にも現状的にも余裕が出来たからこそ味わえる食事、幸せをそれこそ噛み締めながら食べる。
執事服で食事所(値段はそれなり)に現れた事で少々視線を集めたが、特に気にすることも無く終わりナフキンで口元を拭った。
誰かしらに絡まれるようなお約束的イベントもないまま、幾つかの視線が俺を観察しているような気もするが無視して支払いを済ませダンジョンへと向かう。

何か得体の知れない気持ち悪いものを見るかのような視線でこちらを見る守衛をスルーし、今日は3階あたりまで昇りたいと思いつつダンジョンアタック。

入ったダンジョンの中は前回と変わる事無く、灯りがあり汚れも無く宮殿のような内装をしていた。
誰かしら入る度に内装や構造、空間さえ変わってしまうらしいダンジョンもあるらしいが挑戦する冒険者達の気が知れないね。
そんな風に別のダンジョンの事やそれに挑戦する冒険者達をディスっていたら、現れたのは昨日と同じ最弱な魔物が一体。
名前も無く『魔物』で統一されているらしいのだが、誰か分かりやすいよう名前とか考えたりしなかったのだろうか。
とりあえず暫定的にこの魔物を『のっぺる』と俺の中で名義してみたが、特に意味は無い。
魔物に対しての行動としては、前回と全く同じ行動で倒してみる。
結果、方法は同じだが比べるのが馬鹿らしいほどに余裕を持って動くことが出来た。
執事服と一緒に授けられたナイフが、予想していた通り食器にあるまじき切れ味を発揮したが油断は禁物である。

上階への階段を探しながらある程度歩いたのだが、次に現れたのは『のっぺる』が二体。

出来れば数が増えるよりも、強さを一段階上げる程度にして単体で現れて欲しかったのだが仕方がない。
横並びでのっそりと移動している二体の『のっぺる』へと向かいダッシュ、気を付けるのは非現実的な動きで移動する事。
腕を振って足を前に出すような走り方はせず、まるでゲーム画面で動くキャラクターのように前進。
体を斜めに倒し、地を蹴り飛び出すようにして、腕はナイフをポケットから取り出し逆手に持ち替える。

そして二体の『のっぺる』の間を通るために側転、ナイフを持っていない手もポケットからナイフを取り出し装備した。

側転中に体を捻り、順手と逆手に持ったナイフが『のっぺる』達の核をなぞる様に横回転。
念のために『のっぺる』達に背を向けないよう気を付けながら着地、ナイフを確認するがやはり魔物の破片は付いていない。
それでも形は大事なのでナプキンで二本のナイフを拭き、ポケットへと直し一礼。

顔を上げると、何故か宝箱があった。

驚きも猜疑の顔に出さないよう気を付けながら、宝箱を開ける。
予想では執事服の時に入っていなかった靴か手袋、もしくはもっと別な武器だと思っていたのだが入っていたのは妙に平べったい何か。
手に持ち見えやすいよう掲げ、裏表を確認。

どうみても、のっぺりした仮面である。

服装や動きはお気に召したが、美形じゃないから顔出しはNGなんですね分かります。
……神殺しを成功させたと言う話は聞いたことがないけれど、機会があれば情報を集めるとしよう。
で、仮面だけど当然装着します。
呼吸も視覚も嗅覚も阻害しない、手で触らなければ装着している事を忘れそうな程にフィットしている仮面。
相変わらず神様の作り出したアイテムに常識や物理法則が適応しない、と言うか世界の法則さえ捻じ曲げるらしいから今更なのか。


仮面越しで執事服を見たら、何故か鑑定結果が情報として認識出来てしまったんですけど明日あたりに死ぬかも知れませんね。

運のステータスがポイント消費形式だった場合、今の俺はマイナスになっている事間違いなし。
やべぇ、こんな幸運が連続で続いて許されるのだろうか。

≪舞い上がりそうになる心を落ち着ける、自分が特別な存在であり物語の主人公だと錯覚したくなる気持ちを押し殺す≫

厨二病乙、身の程を知れ凡人、他にも色々と自虐的過ぎて鬱になりそうな言葉を心の中で繰り返す。
間違えてはいけない、調子に乗ってはいけない。
美しくも可愛くもない自分がはしゃぐ姿は滑稽であり、あんなに練習した笑顔も美の神からすればなんとか許容範囲であったに過ぎない。
深呼吸、自分が落ち着いてきた事を自覚し未だ残っている宝箱に一礼。
顔を上げて宝箱が消えたいるのを確認し、何も言わずダンジョンを歩く。
初志貫徹、その言葉を心に刻み直し先へと進むのだ。
でも今日は、2階に上がれば戻っても良いはずだと自分に言い聞かせながら。



※登場人物の全員が主人公である『人生』と言う題名の物語


感想掲示板 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.032215118408203