SS投稿掲示板




感想掲示板 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[15685] フォンフォン一直線 (鋼殻のレギオス)【一応完結?】
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:8aa92727
Date: 2021/02/18 21:57
この作品は、鋼殻のレギオス再構成物です。
しかし、原作1巻分は漫画版の方から来ています。それから、漫画は『Missing Mail』です。
さらに、最初の部分は説明と言うかなんかそんな感じですので、漫画をSSにした感じになっています。
それから、この作品はレイフォン×フェリです。
レイフォン×フェリの作品を俺が自分で読みたいと思ったんですが、探したらほとんどがリーリンとかだったりするのでフェリもので書きたいと思いました。

レイフォンがヤンデレです。そしてフェリも……
それから、レイフォンに廃貴族が憑いてとんでもないことになっています。
そんな作品ですが、どうかよろしくお願いします。

※ 稀に本編にない番外編を入れることがありますが、その時は生暖かい目で見守ってくださると嬉しいです。

※ それからにじファンにも投稿を始めました。そちらもよろしくお願いします。

※ 詳しくは63話のあとがきに書いていますが、内容の変更をする場面がありました。文化祭編を楽しみにしてくださった皆様、本当にすいません。

※ 第二部開始しました。これにより63~79話が第一部と第二部の間、『間章』となります。そんなわけですので、今後ともフォンフォン一直線をよろしくお願いします。

※ 力尽き、打ち切り的な感じになってしまいましたが、一応完結と言う形に持っていきました。
後日設定などのあとがき、または原作終了後の後日談的な短編を投下したいと思います。

長い間この作品をご愛読いただき、本当にありがとうございました。



[15685] プロローグ ツェルニ入学
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:8aa92727
Date: 2010/02/20 17:00
「なんでこうなってしまったんだ……」

少年、レイフォン・アルセイフは養殖科、羊の柵を前にして絶望したようにつぶやく。
エアフィルターと言うもので汚染物質から守られたこの世界、レギオスの中で。

レギオス。
汚染された大地に生きる事を許されない人類は、自律型移動都市(レギオス)の上で生きている。
そして、この汚染しつくされた世界の頂点である種族が、汚染獣(おせんじゅう)。人類が頂点に君臨していたのは、遠い昔の物語である。
そしてここは、そんなレギオスのひとつ、学園都市、ツェルニ。
学園都市と呼ばれる都市には、必要最低限の大人しかおらず、そのほとんどが学生で構成されている。
この都市で彼、レイフォンはやり直そうと思って、故郷の槍殻都市グレンダンから出てきたのだが……

「なんで……僕の過去が知られてしまっているんだ?」

そんな遠くから来た彼のことを知る人物が、ここ、ツェルニにはいた。
レイフォンはグレンダンから出てきたと言うより、『追い出された』と言うほうが正しい。
そしてそんな彼に、『一般教養科』としてこの学園に入学してきたレイフォンに、入学式初日でそれを知る人物、生徒会長のカリアン・ロスはこう言ったのだ。

『武芸科に転科してほしい……いいね?』

「よくないってば!!」

レイフォンは思考の中だと言うのに、それを大声で否定しながら怒鳴る。

武芸科。
武芸者と呼ばれる者達によって構成された学科。
この世界が汚染獣と言う人類の脅威にさらされる中、まるで天からの贈り物かのように強力な力を持った人類が生まれた。
それを武芸者と言い、彼らは一般にはない器官によって剄と呼ばれる物を扱い、それを駆使して都市を守る。
剄には身体を強化したり、または剄を弾の様に放出して戦うなど多種多様な使い方がある。

そんな武芸者で構成される武芸科に、一般教養科で入学したレイフォンに転科しろと言うのだ。訳がわからない……
嫌、レイフォンの過去を知っているのだからこそ、当然と言えるかもしれないが……

「ていうかあの生徒会長怖い、怖すぎ!何あの目。マジ怖かった、逆らえないってあんなの」

そして当然断ろうとしたが、カリアンはそれを許さなかった。
嫌、許す許さないではなく、彼の視線が断る言葉を言わせなかった。
それほどまでにレイフォンが、彼の目によって圧されていたのだ。

「…………ああ、もう……!!なんで断れなかったんだ僕は。弱虫……弱虫!」

レイフォンは柵を乗り越え、側にいた羊の毛に顔をうずめる。
だけどその一番の原因は、レイフォンだ。
いくらカリアンの視線が鋭かったとは言え、それを彼ともあろう者が断れなかったのだ。
もっともある意味彼らしく、へたれや、優柔不断と言った言葉が似合う故かもしれないが。
そもそもこうなったのだって、普通に学生生活を送ると決めたのに、入学式で暴れる武芸科の新入生2人をあっと言う間に投げ飛ばし、喧嘩を止めてしまったからだ。
それで目立ってしまい、カリアンに呼び出される口実を作ってしまった。

「僕はもう戦いたくないんだ!フツーに掃除して、ご飯作って、普通の人になるって決めたのに!なんで初日で!!」

今日をやり直せるなら、やり直したい。
そう思いながら、レイフォンは羊を抱きしめる。嫌、それは抱きしめるというよりも抱きつくの方が正しいかもしれないが。

「貯金して、およめさんもらって、一戸建てたてて……わかるだろ、お前なら。なあ、フリーシー!!」

愚痴をこぼしながら、養殖科にいた羊に勝手に、命名までするレイフォン。
彼は気づいていない。嫌、普段の精神状態なら気づいていたかもしれないが、今まで気づけなかった。彼女の接近に。
そして、それほどまでに色々ありすぎて精神的に参っていたと言うのだろう……

「……!」

そして気づいた。彼女の存在に。
フリーシー(仮)に抱きついていたレイフォンをじっと見つめていた、長く綺麗な銀髪の少女の存在を。

(き、聞かれたよな……?は、はずかしーーーー!!)

レイフォンは悶えたくなる気持ちを抑えつつ、じっと見つめている少女へそおっと視線を向ける。
その少女は、とても小さかった。

(下級生……?って、僕が1年生だよな)

今日、レイフォンが入学式だったために、1年生の彼より下の学年の生徒はここには存在しない。
だとすると、見た目、15のレイフォンより幼く見える少女は、

(じゃあ同い年?)

当然、同級生と言う事になる。

(まるで天才が創った、人形みたいな……)

そして彼女は美しかった。
まるでこの世の物とは思えない、あったとしても溢れ出さん限りの造形美を持った少女。
その美しさに、レイフォンは一瞬で目を奪われていた。

「ん?」

そこで、レイフォンは背後がやかましい事に気づく。
美しい少女から視線を逸らし、抱きしめていたフリーシー(仮)から視線を逸らして後ろを向くと、そこには……………羊による津波。

「え……」

津波のように襲ってくる羊の群れ。羊の突進。
まさに津波のようなこの光景は、レイフォンと少女に向って突っ込んできた。

「すみませんー!!とめてくださいーー!!」

「うわわわ」

おそらく養殖科の生徒であろう人物の声が聞こえてくるが……無理である。
いきなりの事態でフリーズしたレイフォンの思考。
そして、倒すとか殺すならばレイフォンとしてもできるかもしれないが、そんな選択肢を取れるわけがない。
もっとも、取れたとしてもレイフォンはやらないが。
結果……

「いったぁ……」

突っ込んで来る羊に轢かれ、倒れ伏すレイフォン。
柵は破壊され、羊はどこか遠くへと走り去って行った。

「うわー、また先輩に叱られるーー!!!」

養殖科の生徒はレイフォン達に謝罪する暇もなく、逃げる羊を追いかけて言った。
まぁ、状況が状況なら仕方がないが……
そんな訳で、放置されたレイフォンはと言うと、

「…………」

訳がわからない現状にいた。

「………」

もっとも、それはレイフォンを見ていた少女も同じらしいが。
わかりやすく言うと、レイフォンを載られていた。
羊に撥ねられ、地面に倒れたところ、先ほどいた少女も羊に襲われ、その影響でレイフォンの上に倒れてしまったのだろう。

「………」

「………」

そんな訳で、地面に倒れるレイフォンの背に載る(座る)少女の姿が作り出されたのだが、会話が続かない。
訳がわからないレイフォンはともかく、少女まで何も話そうとはしないのだ。

「…………養殖科の学生でしょうか」

そんな空気に耐えられなくなり、レイフォンが何かを話題に出そうと、とりあえずわかりきったことをつぶやくのだが、

「……そこ、どいていただけませんか?」

初めて喋った少女により、冷たく斬り捨てられる。
だけどそんなことよりも、冷たくされた怒りよりも、レイフォンはある事に驚いていた。
それは、彼女に関する事。

(人形が喋った……!)

何を言っているのか、自分でも凄く馬鹿らしい。
確かに彼女は人形に見えるほど美しい。まるで神が創ったかのように造形美が溢れ出している。
だけどそれが実は人間だったと言うだけで、別におかしなことではないのだが。
それよりもだ、

「……………それ、僕のセリフだと思うんですけど……」

倒れているのはレイフォンで、その背に載っているのが少女なのだ。
この状況では当たり前だが、少女がどくべきである。

「………」

間があり、

「そう……言われれば……そうかもしれませんね」

ゆっくりと少女が立ち上がる。
そういわれればとか、考えるまでもなくそうなのだが……
それはともかく、どいてくれてよかったような、それとも少し残念な思いを抱きながら、レイフォンも立ち上がった。
そして……





「なんでついてくるんですか?」

特に話す事もなく、レイフォンと少女はそれぞれ自分の家、と言うか寮、部屋に帰る事にしたのだが、少女の後をついてくるように歩くレイフォンに視線を向け、尋ねてくる。

「イヤ、僕の寮もこっちなんで!」

だが、レイフォンからすれば当然ストーカーをしているのではなく、ただ偶然、帰る方向が一緒なだけだ。
彼からすれば、彼女が自分の前を歩いているとしか感じていない。

(なんかこの人、調子狂うな……)

「………」

あまり喋らず、明らかに無口な方で、喋ったかと思えば会話が噛み合わず……
そんないらいらするような状況だが、不思議とレイフォンは頭にはこなかった。
この少女と一緒にいると……………なんと言えばいいのかわからない感覚と言うか、言いようのない不思議な雰囲気が流れてくる。
もっとも、不思議な雰囲気があるのは彼女の振る舞いを見れば一目瞭然だが……

「………いいですね、のどかで。こんな世界もあるんですね」

「……え」

まただ。会話が噛み合わないと言うか、付いていけない。
無口な人かと思えば、いきなり話しかけてくる。

「そ、そうですね……汚染獣との戦いなんて、遠いことのように思えますよね」

それに合わせようと、レイフォンは少女に語りかける。
確かにこの光景はのどかだ。
ここは養殖科と言うこともあるが、羊などの愛らしい動物がさっきまでいて、とても和んでいた。
さきほどの羊の津波には流石に参ったが……
それから、現在天気は快晴。
夕暮れ時ではあるものの、汚染物質の舞うエアフィルターの外の空も透き通っており、赤い夕暮れに雲が美しい。
本当にのどかで、汚染獣の脅威に怯える生活を忘れてしまいそうだ。

「あなたも、嫌いなんですか?戦いが」

また、会話が噛み合わない。
嫌、これは先ほどレイフォンが愚痴っていたときのことを言っているのだろうか?
何にせよいきなりの話題で、そしてレイフォンは気づく。彼女の格好に。

(武芸科の制服……)

ここは学園都市だ。それ故に、制服を着るのは当然。
だけど学科ごとに分かれている制服、彼女の格好はレイフォンと同じ武芸科のもの。
もっとも、レイフォンのこの格好も、カリアンによって無理やりさせられたものだが……

「あなたもって事は……もしかして……あなたもあの生徒会長にムリヤリ……?」

そして彼女の言葉、『あなたも』に、『嫌い』、『戦い』などと言う発言から、レイフォンは予想を立てる。
この人も、カリアンから無理矢理武芸科に入れられたのではないかと。

「……ええ、まあ……」

それを肯定する少女。

「僕のほかにも被害者がいたなんて!なんて横暴な……!あんな奴がどうして生徒会長なんだ」

やっと会話が噛み合い、そして先ほどまでの愚痴、不満もあってか、かなりカリアンのことを悪く言うレイフォン。

「さあ……噂では酷い手で、対立候補を追い落として、生徒会長の地位を手に入れたとか……」

「やっぱりそういう奴なんだ!ああ、むざむざと従った僕がバカだった!」

「………」

「権力に笠に着て!許せない!」

愚痴、同調したところがあったのか、少女に同意、煽るように言うレイフォン。

「………」

だけど少女は、それを聞いても何も答えない。

「もしもし、聞いてます?」

それを不安に感じてか、レイフォンは少女に質問した。
調子に乗って言い過ぎたとか、あまりにも一方的に話して敬遠されたとか。
だけど、

「なんで牛がいなくて、羊ばかりなんでしょうね」

それは違った。と言うか、また会話が噛み合っていない。

(この人……もしかしてちょっとヘン……?ずれてるし……天然?)

「………」

自分も人のことは言えないかもしれないが、そう感じるレイフォン。
彼女といると、本当に調子が狂う。だけど、嫌ではない……そんな感じだ。



「生徒会長のこと、恨んでますか?」

「え……」

また、会話がいきなり振られた。
もう、養殖科の敷地は抜け、学園都市の都市部分まで歩いてきたところで、少女はレイフォンに問う。

「恨むってそんな、大袈裟な……」

いきなりの話題に戸惑うレイフォン。
確かにいきなり武芸科に転科させられ、頭にはきたのだが……
恨むほどカリアンと接点はないし、それとはちょっと違う気がする。

「私は恨んでます」

だけど少女は言った、ハッキリと、恨んでいると。
カリアンに向けて、明確な敵意を向けているようだった。

















(なんだったんだ……?)

寮の自分の部屋にて、レイフォンは1人考え込む。普通は2人部屋だが、運良くレイフォンは1人で使えている。故に、この部屋にはレイフォン1人しかいない。
あの後、少女とは会話らしい会話をせずに別れて、今は自分で作った夕食のシチューを前にし、レイフォンは考えていた。

「恨む……か」

その内容はやはり、あの少女の事。名前すら聞いていない、不思議な少女の事だ。

「……そりゃ、僕だって腹は立つけどさ」

どうも恨むとは違う気がする。
カリアンのことはハッキリ言って好きじゃないし、どっちかと言うともちろん嫌いだし、頭にはきている。
だけど……流石に『恨む』なんて言う深いものではないと言うか、生徒会長という『都市』を統べる、支配する立場からすれば確かにレイフォンの力は魅力的で、彼を利用したいと思う考えは理解できる。
もっとも自分は、その期待に応えるつもりはないのだけど……

「レイフォン・アルセイフ!」

そんな時だ。扉がノックされ、返事も聞かずに中に人が入ってきたのは。
その人物はレイフォンと同じ武芸科の制服を着ていた。

「さっき、ガトマン・グレアーがここでお前を呼んでたぜ。うるせーのなんのって……」

「え……?」

そして、言われた言葉のわけがわからない。
レイフォンはその『ガトマン・グレアー』と言う人物に呼ばれていたらしいが、当然そんな人物は知らないし、名前も聞いた事がない。

「厄介な奴に目をつけられたな。何をしたんだ?」

「何って……僕は何も……」

しかも、何故か目をつけられているらしい。
本当に訳がわからない。

「お!うまそう」

そんな武芸科の人物は、レイフォンの部屋にあるシチューの鍋を見てそんなことをつぶやく。
ノックして返事も聞かずに開けたところや、そのまま入ってきて、鍋の中身を見た事もかなりずうずうしい正確かもしれない。

「あ、それ、僕が作ったんだけど、よければ食べる?僕、料理はできるんだけど量とかの加減が下手なんだよ」

「マジで?じゃ、遠慮なく」

せっかくだし、そのまま夕食に招待する事にした。
リーリン、孤児院で育ったレイフォンの姉妹のような人物で、幼馴染の女性だが、このことは彼女にも注意された。
レイフォンは料理ができ、それもかなりの腕前なのだけど、栄養バランスや量の調整がどうも下手だ。
偏った食事を作ったり、量を多く作りすぎたりするのは日常茶飯事であり、今回も夕食にしてはかなり多い量のシチューを作ってしまったのだ。
そんな訳で皿によそい、武芸科の人物に差し出した。

「サンキュー。取り合えず自己紹介な。俺の名は、オリバー・サンテス。武芸科の2年生だ」

「あ、うん、僕は……って、知ってますよね。一応……武芸科の1年生です」

取り合えずは自己紹介。
オリバーと名乗る人物を向かいの席に座らせ、レイフォンは本題へと入る。

「それで……そのガトマン・グレアーがどうしたんですか?」

「ああ、そうそう……」

2年生と名乗ったので、ひとまず敬語で話すレイフォン。
そしてオリバーが、シチューを食べながらガトマンについて語りだした。

「あいつは危険だぜ。あいつの気に入らない生徒が、いつの間にか学園から消えると言う事件が何件も起こってるんだ」

「え……」

話を聞けばわかる。そのガトマンと言う人物の危険さが。
つまりはそういう噂が耐えない、危険人物だと言うのだ。
もしかしたら、彼は気に入らない生徒を……

「ま、5年だから後2年逃げ切れば、命は助かるさ。しかし、ホントにうまいな、これ」

「ちょ……待ってくださいよ、なんですかそれは!?」

気楽に、他人事の様にシチューを食べながら言うオリバーだが、レイフォンからすれば当然そんな場合ではない。
最も、オリバーからすれば他人事なのだろうけど、レイフォンは動揺しながら尋ねる。

「知らねーよ。ホントに何やったんだ、お前?」

だけどオリバーも詳しい事情までは知らず、ただ、ガトマンがレイフォンを呼んでいた、目をつけられた事しか知らない。
故に、どういうわけかはこちらの方が知りたいのだ。

「そんなこと、僕が知るわけ……あ……もしかして、あれか?」

『知らない』、そう言おうとしたのだが、レイフォンにはひとつの仮説が思い浮かぶ。
仮説と言うか、アレは忠告のような物だったのだが……カリアンに呼び出され、武芸科への転科を命じられた時の事。
レイフォンを呼びに来た秘書の女性が、彼に言っていた言葉だ。

『入学式で退学になった生徒のお兄さん……もしかしたらあなたを逆恨みして、何かするかもしれません。注意した方がいいですよ』

レイフォンがカリアンに目をつけられた出来事。
入学式で暴れていた武芸科の生徒を、とっさに投げ飛ばして止めた事だ。
それが原因で入学式は中止となり、問題を起こした生徒は退学となった。
もちろんレイフォンは、仲裁しただけなのでお咎めはなし。
その代わりと言うか……武芸科には転科させられてしまったのだが、何にせよそんな経緯があり、退学となった生徒の兄から逆恨みを受けてしまったらしい。

「ああ、何かと噂になってたが、ありゃお前だったのか。そりゃ、災難だな」

それを聞いたオリバーは、相変わらず他人事の様に言う。

「まあ、なんだ……無事に逃げ切る事を祈ってるよ。そんな訳で、ごっそさん」

シチューを食べ終え、からとなった皿を置いて立ち去るオリバー。
そんな彼の背を見送りながら、レイフォンは再び思った。
今日をもう一度、やり直したいと……


















「なんだレイとん、お前武芸科だったのか?」

「いや、これは……後で返しに行こうと思って……」

結局あの後、一晩考えてレイフォンの出した結論は、カリアンに掛け合って一般教養科に戻してもらう事。
色々と重なってしまったトラブルだが、まずは身近なものからひとつずつ解決して行こうと考えるレイフォン。
だから制服を返し、カリアンにもとの学科に戻してもらおうと言うのだが、その途中でナルキに出会った。

「どういうわけか知らないけど、似合ってるのに。レイとんなら武芸科でもやっていけるよ」

「うんうん、それに、ミスター・ツェルニコンテストがあったら、絶対に票が入ってたよ」

正確には、ナルキとミィフィ、メイシェンの3人組とだが。
昨日、レイフォンが暴れる武芸科生徒を止めた時、そのつもりがあったとかではなく過程として結果的にメイシェンを助けたために仲良くなった3人の女の子。
ナルキとミィフィ、メイシェンは昔からの幼馴染らしく、ミィフィの弁ではナッキ、メイっち、ミィちゃんなどと言う愛称があるらしく、レイフォンにもレイとんなんて言う、どこぞの英国紳士のような愛称をつけられたのだ。
それはさて置き、レイフォンが武芸科に転科したのは、彼女達といる時に呼び出されてからなので、レイフォンの武芸科の制服を見るのは初めてな彼女達。
その格好に、もともとのレイフォンの美形も加わってかなり似合っているのだ。
もっとも、本人には自覚がないのだが……

「どんなコンテストだ……」

レイフォンはミスターツェルニと言われ、そんなものが存在するのかというように呆れたようにつぶやく。
だけどミィフィが不敵に『ふふ』と笑い、一枚のポスターを取り出した。

「ミスターはないけど、ミスはあるみたいよ」

「ミスコン……?」

それは、『MISS ZUELLNI CONTEST』と書かれたポスター。
要するに、ミスコンの宣伝をしているものだ。
そして、そこにはミスコン候補の美女達の顔写真が映っているわけなのだが……

(昨日の女の子………!)

レイフォンの瞳が釘付けになる存在、昨日出会った不思議な少女の写真があった。

(フェリ・ロス。武芸科2年生……先輩だったのか………!)

記載されている彼女の名前、学年、学科を読み、意外そうな表情をするレイフォン。
美しくもあの幼い容姿から年下……は自分が1番下の1年生だからなくとも、同じ1年生だと思っていたのだが、予想が外れてしまった。

「やっぱり、レイとんも興味があるんだ。しかも、1番人気のフェリ先輩かー」

「え……?」

男ゆえに女性に興味があるのは当然だろうが、レイフォンの釘付けとなった視線をそう取るミィフィ。
しかし、レイフォンはそういうつもりで見ていたのではないのだけど、ミィフィはそのまま続けた。

「ミスコン最有力、優勝候補だよ、その人」

(6万人の一番人気……!?)

だけど、そういうつもりではなかったとは言え、ちょっとは興味はある。
そしてフェリは、約6万人が生活するこの学園都市で、ミスコンではあるけど1番人気の少女らしい。

(僕、上に乗られたよな!?学園のアイドルに!?)

そして昨日の事なのだけど、不可抗力とは言え彼女に上に乗られた事を思い出し、今更だけど心臓がドキドキと脈打つレイフォン。
本当に今更だが、それほどまでにフェリは美しかった。

「キレイな上に、小隊員に選ばれるほどの実力者。こんな人、いるんだねぇ」

「すごいな、2年で小隊員って。いいなぁ、才色兼備のお嬢様」

「……小隊員って?」

ミィフィとナルキがフェリを褒めるなか、『小隊員』と言う言葉を知らないメイシェンが問いかけてくる。
レイフォンも、その言葉を知らなかった。

「武芸科のエリート集団だな。小隊バッジは栄光の証とでも言えばいいのかな?」

「襟のところにバッジをつけてるでしょ?ⅩⅦって言う。第十七小隊ね」

2人の、短いけどわかりやすい説明。
つまりは武芸科のエリート生徒で、都市を守る時なんかは要となって戦う存在らしい。

「ま、話しかけるにも恐れ多いって感じ?」

(そんな雲の上の人だったんだ……)

そんな人物に、自分のような存在、一応武芸科ではあってもただの一生徒の自分が、そんな彼女と昨日会話をする事ができたのは、ちょっとした幸運なのかもしれない。

(もう、接点ないよな……)

それも不思議な、疑問の残ったまま会話は終わってしまったし、もう会うことはないだろうと思うレイフォン。
『私は恨んでます』、どうせならこの言葉の意味を彼女に聞きたかったのだけど、もう接点は築けないだろう5と思ったレイフォンにはどうでも良い事だった。

「あれ……」

「あ……!」

「ん……?」

だから、予想外もいいところだった。
こんな展開など。

「あの……レイフォン・アルセイフさんですよね?」

「は、はい……」

その彼女、フェリがレイフォンを尋ねてくることなんて。

「レイとん……!名前知られてるよ……!!なんで!?」

驚くミィフィだが、それはこっちが知りたい。
レイフォンはさっきまでフェリの名前を知らなかったし、自分も名乗った覚えはないはずだ。

「話があります。一緒に来ていただけますか?」

そして、フェリからかけられたこの言葉。
彼が運命、分かれ道だったのかもしれない。
この選択でレイフォンは、彼自身が望む生活とは逆の運命を歩む事になるなど……まだ知らなかった。
















(学園のアイドルから呼び出し……?もしかして、まさか……!?)

レイフォンは初めての出来事にドキドキしながら、メイシュン達と別れてフェリへとついていった。

「きょ、今日は暑いですね」

相変わらずフェリはあまり喋らないので、レイフォンは無理にでも話題を作ろうと必死だ。

「また会えるとは、思ってませんでした」

だが、無理に作ろうとしたのがいけなかった。
顔が真っ赤になる。

(バカッ、これじゃ下心ありありみたいじゃないかーーー!!)

自分で自分を罵倒し、ひとまず冷静になろうとするレイフォン。だけどできない。
美少女、学園のアイドルからの呼び出し。
そして、それについていくという選択。
それから想像できる出来事は……多少妄想も入るが、男なら一度は考えるかもしれない出来事、告白。

(落ち着け僕!落ち着くんだ)

もしかしたら告白されるかもしれないなんて考え、さっきから心臓が喧しい位に高鳴るレイフォン。冷静でいられるわけがない。
だけど、そんなレイフォンを冷静に戻したのが……

「……………」

「……………」

フェリの無表情な、そして冷たい視線だった。

(アホだな。んなワケないだろ)

またも自分で自分を罵倒し、落ち着いたレイフォン。

(そうだ)

そこで彼は、せっかくの機会だし、一晩悩んだ事、先ほどの事をフェリに話すことにした。
無理矢理武芸科に入れられ、カリアンを恨んでいるらしい彼女に向けて。

「僕、生徒会長に掛け合って、もう一度一般教養科に戻してもらうように、お願いしようと思うんです。制服を返して……」

「……………」

「だから」

「……………」

レイフォンの言葉に、フェリは無言だった。
そして、無表情だった。

「あ、あの……フェリ……先輩?」

聞いているのか心配になり、レイフォンがフェリに質問を投げかける。
だが、

「もう……遅いんです」

帰ってきたのは、レイフォンの言葉を否定するフェリの返事。

「え……?」

「着きました」

その言葉の意味を聞き返そうとするレイフォンだが、今更だがフェリの言葉で目的地に着いた事を知る。
そこは、1年校舎より更に奥にある、少し古びた感じの会館だった。
広いはずのその会館は大きな壁に仕切られ、レイフォンが入った部屋には教室2つ分のスペースくらいしかない。
それでも十分広いかもしれないが。

「ここは……?」

「私達の小隊の練習場所です」

レイフォンの問いに、そう答えるフェリ。
予想外だ。
そして……どうしてこうなってしまったのだろう?

「レイフォン・アルセイフだな」

入ってきたレイフォンにかけられる、フェリとは違う女性の声。

「私はニーナ・アントーク。第十七小隊の隊長を務めている」

「はぁ……」

取り合えず相槌を打つレイフォン。
肩の辺りでそろえた金髪の、少し気は強そうだけど、綺麗な女性である。

(また怖そうな人の呼び出しか!!)

十分に美人と言える彼女だが、どうやら自分はフェリを使って彼女に呼び出されたらしく、先ほど抱いていた妄想を粉々に打ち砕かれて肩を落とす。

「レイフォン・アルセイフ。貴様を第十七小隊の隊員に任命する」

「え……」

だがそんなことよりも、たった今、聞き捨てならないことをニーナに言われた。
レイフォンを、小隊に入れるというのだ。

「小隊とは武芸大会の際に、中核を担う重要な部隊だ。小隊員に選ばれると言う事は、武芸科に所属する学生の中で、特に優れた武芸者と認められた証だ。大変、栄誉な事と思っていい」

レイフォンの返事も聞かず、次々と言葉を投げかけてくるニーナ。
レイフォンは、一言も喋る間をもらえなかった。

「それでは、これから貴様が我が隊において、どのポジションが相応しいか、その試験を行う。レストレーション」

錬金鋼(ダイト)と呼ばれるものの、記憶復元による形質変化。
錬金学によって生み出されたそれは、『レストレーション』と言う言葉と共に重量まで復元して武器となる。
それは鉄鞭と呼ばれる、二刀流の武器である。

「さあ、好きな武器を取れ!」

壁に立てかけられてる武器を指し、命じるニーナ。

「ま、ま、待ってください!」

ここまで来て、流石にレイフォンを反論する。
本当にどうしてこんな事になったのだろう?
なんでこうなってしまったのか……小隊に入りたいわけがない。

「僕は、戦いなんて好きじゃないんです!」

ニーナから視線を逸らし、そういうレイフォンだが、ニーナは関係なしとばかりに近づいてくる。
それに耐えられず、レイフォンは後ろを向いて走った。

「逃げるな!」

すると当然、追いかけるニーナ。

「ぶわはははは」

そうなると、ここでは鬼ごっこが始まってしまう。
そんな子供っぽいやり取りに、今更だがここにいた1人の男が笑い声を上げる。
一見軽そうな、男なのに長い髪をした人物だ。
そして彼とレイフォンを呼んだフェリのほかに、ここにはツナギを着た男もいる。

「シャーニッド、笑うな!」

笑い出す軽そうな男に、怒ったように怒鳴るニーナ。
レイフォンは今のうちに外に出て、ここから逃げようとするが……先にニーナがドアに回りこみ、退路を塞いだ。
これでは、逃げられない。

「入学式でお前を見た。小隊員に値する実力があると思った」

またもレイフォンの話を聞かず、ニーナが語りだす。
レイフォンからすれば、また入学式が原因かと肩を落とすのだが、ニーナはそれに構わず続けていく。

「レイフォン・アルセイフ。貴様は私達、第十七小隊の一員になるんだ」

「そんな……」

「拒否は許されん!これは既に、生徒会長の承認を得た、正式な申し出だからだ」

嫌がるレイフォンを徹底的に無視し、そう宣言するニーナ。

(生徒会長……!!あいつ……!僕が戻りたいって言うよりこんなに早く手を回して……)

これを企てたカリアンに、もはや殺意すら湧いてくるレイフォン。
彼の脳裏には、嘲笑うかのようなカリアンの表情が浮かんでくる。
その傍らには、何故かフリーシー(仮)がいるような気がした。

「何より武芸科に在籍する者が、小隊員になれる栄誉を拒否するなどと言う軟弱な行為を許すはずがない」

確かに、ニーナの言う事はもっともだ。
武芸科の学生とは、つまり武芸者。武芸者とは、都市を守るために存在する者。
そんな人物が戦いを拒否するなど、普通は許されない。
だけど、

「僕は……無理矢理転科させられて……だから返しに行くんですよ、この制服は……」

レイフォンはカリアンにより、無理矢理その武芸科に入れられたのだ。
だからひとまずは武芸科の制服を着ているが、これを返そうと思っている。
そして、返した後に着る一般教養科の制服を、レイフォンは今、持っていた。

「あーーーーー!!何するんです!」

だがそれを取り上げ、ニーナはゴミ箱へと投げ捨てる。
それに当然文句を言うレイフォンだが、ニーナに謝る気などない。
むしろ、レイフォンに対して説教をしていた。

「あのカリアン・ロスに、そんな手は通じない」

冷たく、言い放つように、断言するように。
確かにあのカリアンに、そんなことを言っても受け入れるとは信じられない。

「実現不可能な事を思い続けるのは、ただの未練だ。ずっと抱えていても害にしかならない。ならば今ここで、きっぱりと決着をつけるべきだ」

なら、どうすればいいのか?
ニーナは力強く、レイフォンに語りかけた。

「逃げるなレイフォン。逃げるから災難が向こうからやってくる。立ち向かえ!」

「………」

この声が、レイフォンに届いたかどうかはわからない。
だけどここは、拒否しても逃げても無駄だと理解した。

「……剣を」

そうつぶやき、それを聞いたシャーニッドが立てかけられた武器から剣を選ぶ。

「ま、入学式でお姫様(女の子)を助けたのが運の尽きさ。観念しな、王子様、ほらよ!王子様はやっぱり、剣だよな」

そして、それをレイフォンに向けて放り投げる。
レイフォンはそれをキャッチし、ニーナと向かい合った。

「私は本気で行くぞ」

既に構えを取り、準備万端のニーナ。
そして、ニーナは突っ込んだ。
いきなりだ。間の計り合いも何もなく、いきなりニーナが飛び込んできた。
右手の鉄鞭がそのまま、レイフォンの胸の辺りを襲う一撃を繰り出してくる。
それをレイウォンは身体をひねってかわした。すると今度は左手の鉄鞭が、スキを見せたレイフォンの背を襲うように放たれた。
しかしそれを、レイフォンは剣を背に回して受け止める。
とても重たい一撃だ……とても女性が放ったとは思えないほどに、重たい一撃。

それから距離を取り、レイフォンは鉄鞭の届かない距離へと脱出する。
ひとまず、少し間を取っての仕切り直しだ。

「ははっ、ニーナの初撃を受けきった奴を初めて見た」

シャーニッドからもれた言葉に構わず、レイフォンとニーナは対峙していた。
今の状況は……互角。
ニーナが一方的に、レイフォンを攻めていた。
そう……レイフォンは先ほどから受けているだけで、一度も『攻撃をしていない』のだ。
彼からは、攻めていない。

(すごい!一瞬も迷わず、突っ込んでくる美しい動き。眩しい剄。そして……)

ニーナの攻撃を捌きながら、レイフォンは思う。
自分にはなくて、彼女にあるものを。

(なんだろう、この熱は?ひたむきさは?)

それがわからない。
鋭いニーナの攻撃を捌くレイフォンだが、理解できない。

『実現不可能な事を思い続けるのは、ただの未練だ』

ニーナはこう言っていた。
そして逃げるな、立ち向かえ!と……

(どうして、こんなに真っ直ぐなんだ)

それは素直に凄いと思うし、正直レイフォンも憧れる。
そういう風に生きたいとも思う。
だけど……

「外力系衝剄は使えるか?」

ニーナの質問に、レイフォンはこくりと頷く。
その瞬間、ニーナが笑った。

「ならばよし」

笑顔のままに、胸の前で鉄鞭を交差させる。
大きな音と振動が、床を振るわせた。

「受け切れよ」

楽しそうに、そして酷薄に笑ったニーナの顔が、気がつけば間近にあった。
遠くなって行く意識の中、レイフォンは思う。

(だけど先輩。僕には……何か立ち向かうほどの熱は、どこをさがしてもなくて……どこかに置き忘れてきたのかな。それとも、僕には初めからなかったのかな……)

ニーナの一撃を受けたレイフォンは、そのまま気絶した。



[15685] 1話 小隊入隊
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:8aa92727
Date: 2011/09/24 23:43
(冷たい手……)

気絶から冷めたレイフォンの視界には、1人の少女の顔がある。
フェリの顔だ。
そして、自分の額に触れられた、、冷たい手の感触……

「フェリ……先輩?」

寝ぼけながらなんとなく、本当になんとなくレイフォンはその手を取る。
するとその手は、

「おはようダーリン♪」

シャーニッドの手であり、そのシャーニッドがからかうような笑顔でふざけて言う。

「うわっ!?」

驚き、手を放すレイフォン。
フェリならばともかく、いくらシャーニッドが美形でも男にやられては、ハッキリ言って気持ち悪いだけだ。

「うわって……先輩にそれはないだろ~?傷ついちゃうなあ、俺」

「キャー、シャーニッドさまあ」

「私達が癒して差し上げますわ……!」

どうやらここは、保健室らしい。
そして自分は、ベットで眠っていた。
そして何故か、外にはシャーニッドのファンらしい少女達がいる。
まぁ、軽そうだが、アイドル並みに美形なシャーニッドならば、こういうのがいても可笑しくはないだろう。

(うわ……!僕、気絶してたのか……みっともない……)

少し手を抜きすぎたと反省しつつ、レイフォンはまだ呆然としていた。
あの後どうなったのか、気絶していたために当然わからない。

「言ってなかったな。俺はシャーニッド・エリプトン。4年、狙撃手だ」

そんなレイフォンに、自己紹介をするシャーニッド。
名はニーナに聞いたというか言っていたが、自己紹介はこれが初だ。

「まぁ、難しく考えるなよ。小隊メンバーになっておけば……」

シャーニッドは結果的に小隊に入れられ、これから不安であろうレイフォンにアドバイスを送る。
とてもわかりやすく、真っ直ぐなアドバイスを。

「女にモテる」

だけど凄く邪だった。
そんなシャーニッドに、フェリは拳骨を落とす。

「酷いなぁ……」

少し嘘泣きをしながら、フェリに不満そうに言うシャーニッド。

「それで動くのは、あなただけです」

相変わらずフェリは冷たく、そして無表情だ。

「……それに……あのガトマン・グレアーに追われているんだろ?」

「………!なんでそれを……」

だが、こっちが本題だ。
軽かったシャーニッドも、これを言うときだけは真剣味を持っていた。

「まぁ、有名人だしな。武器を持っておかないと、本当に死ぬかもしれないぜ」

逆恨みでレイフォンを敵視しているらしい、ガトマン。
実際に彼の気に入らない生徒が何人か行方不明になっているらしいので、悪い意味で有名なのだ。
そんな人物に目をつけられれば、せめて武器がないとヤバイのだけど、基本、今の1年生に帯剣の許可は出ていない。
それは入学式の時みたいに暴れるやからが、喧嘩などで錬金鋼なんて言う危険な物を持ち出さない配慮だ。
だけど小隊員だけは別で、1年生でも錬金鋼の所持を認められている。
もっとも、1年生でいきなり小隊入りする者はまずいないが……

何にせよ、そんな訳で小隊に入るのは悪くないと言うシャーニッド。

「女(ニーナ)にしごかれるか、ヤロー(ガトマン・グレアー)に殺されるか……俺なら女の子の方を選ぶね」

「………」

だけど最後はそっけなく、そう言って部屋の外へと向っていく。
彼のファンである少女達が待つ廊下へと。

「ま、訓練はサボるけどな」

締まらない言葉を残しながら、そのままシャーニッドは去っていった。
少女達と共に。

「……………」

「……………」

そして取り残された、レイフォンとフェリ。
再び無言で、何を話していいのかわからない。
そんなレイフォンに、フェリのほうから話しかけてきた。

「帯剣許可証と、バッジを預かっています。でも……」

それは、第十七小隊として事務的な会話。
だけどそれを、バッジをレイフォンの制服の旨のところにつけながら、無表情でも彼女の想いがつまった言葉を投げかける。

「これをつけたからといって、何も変える必要はありません。

「え……」

「あなたは、今のままのあなたでいいんです」

(それはどういう……)

意味がわからない。
どういうことなのか、嫌、フェリが何を知っているのかレイフォンは知りたかった。
少なくとも何かしら、フェリはレイフォンについて知っているらしい。
それを聞きたかった。だけど……

「貴様、レイフォン・アルセイフだな」

それを阻止する、野太い男の声。

「……いきなりなんですか、あなたは?」

フェリが不機嫌そうに尋ねるが、男はレイフォンの襟首をつかみ、そのままフェリを無視して続けた。

「入学式では、弟が世話になったようだな」

「………!!!」

体躯のしっかりとした、ごつい男。
180~90cmはありそうな大柄な男で、如何にも傲慢そうだ。

「それはあなたの弟の自業自得でしょ?ガトマン」

(ガトマン・グレアー!?)

フェリの言葉を聞き、レイフォンはもう嫌になる。
噂をすれば影と言うか、次々と襲ってくる最悪の展開。
自分が何か、悪いことをしたと言うのだろうか?

(……したかもしれない)

後悔はしていないが、それをしたためにレイフォンはグレンダンを追い出されたのだ。

「貴様には関係ない!用があるのは、こいつだけだ!!」

フェリに怒鳴り返し、ガトマンはレイフォンを睨む。

「お陰で弟は退学だ。せっかく武芸科に入って、親を安心させてやれると思っていたら……」

「僕は知りませんよ」

悪いのは入学式で暴れた弟であり、レイフォンに非はない。
だけどそれを理解できる輩なら、まず、逆恨みなんてことはしない。

「一般教養科のなりをしていたくせに、本当は武芸科だったとは……!?」

そこで、ガトマンは気づく。
レイフォンの武芸科の制服もそうだが、彼の襟首をつかんでいた時に見た、バッジの存在に。

「貴様……まさか……まさか小隊員に……」

「彼はまだ、錬金鋼を持っていません」

フェリがフォローするが、ガトマンは聞いていない。

「ハハハハハ!こいつはやりがいがあるってもんだ。レストレーション」

「うわっ」

「ガトマン!」

錬金鋼を復元させ、斬りかかってくるガトマン。
咎めるようにフェリが言うが、ガトマンはレイフォンしか見ていない。

「うわっ」

ガトマンの使う錬金鋼は、刃は小さくも一応剣に分類される物。
折りたたみ式のサバイバルナイフにも見える形状で、それに剄を込めて斬ってきたためにかなり斬れ味が鋭い。
背後の硝子、カーテン、壁までも斬り、錬金鋼を持たず、戦いたくなかったレイフォンの取った行動は単純な事だった。

「逃げる気か貴様!」

「逃げるに決まってんだろ!」

逃げる事。
ガトマンは先輩だが、こんな暴挙をされて当然敬語を使うなんてわけなく、レイフォンは全力で走った。

「ガトマン!」

フェリがガトマンに止まるように言うが、レイフォンと共に遠くへと走り去っていく。
あっと言う間に、フェリの前からガトマンとレイフォンの姿は消えた。

「あの陰険眼鏡……」

そんな彼らの背を見送り、フェリは言いようのない怒りを『陰険眼鏡』、生徒会長へと向ける。
大丈夫とは思うが、万が一のことを考え、レイフォンの無事を祈りながら……























「そりゃ、災難だったな」

何とかガトマンから逃げ切った後、自室にて、夕食を食べるレイフォン。
もう既に夜と言うこともあり、今日はひとまずあきらめてくれたらしい。
そんな訳で、自室で夕飯を取るレイフォンだったが……

「で……オリバー先輩。なんで僕の部屋にいて、普通に一緒にご飯を食べてるんでしょうか?」

「ん、おいしいから」

昨日同様、オリバーがレイフォンの部屋にいて、ずうずうしくも一緒に夕食を食べている。
もちろん、レイフォンが作った物である。

「答えになってません」

「まぁまぁ、いいじゃねーか。どうせまた、多く作りすぎたんだろ?」

「それはそうですけど……」

また加減がわからず、多く作りすぎてしまったレイフォンなのだが、多かったら多かったで、明日の朝食に回すのも手ではないかと思う。
そうすれば、朝は朝食を作る時間帯、ぐっすりと寝ていられるから。

「で、小隊入りおめでとう」

「めでたくなんかないですよ……ああ、なんでこう、災難ばかり立て続けに……」

レイフォンを素直に祝福するオリバーだが、本人からすれば今日は厄日以外のなんでもない。
そんな彼を、多少哀れに思わなくもないが、オリバーは今日も他人事の様にシチューを口の中に頬張るのだった。

「なんでこんな事に……ああ、一般教養科に戻りたい……」

「あの生徒会長がそんなこと、認めるもんかねぇ」

そんな会話を交わしながら、夜はあっと言う間に明け、ガトマンに追われる1日が始まるのだった。

















「あのさ、レイとん……」

先ほどからキョロキョロと視線を配るレイフォンに呆れるように、ミィフィは言う。

「お昼食べる時くらい、落ち着こうよ!!」

「いや、だってさ……」

時間はあっと言う間に昼。
レイフォンは朝からこんな感じで、落ち着きがまったくないのだ。

「色々あるんだよ……」

「あー、なんでもう、そんなかなあ!」

ガトマンの事が一番大きな理由だが、色々あって暗いレイフォン。
そんなレイフォンを見て、ミィフィは呆れたように言う。

「入学式でヒーロー扱いされ、生徒会長に目をかけられて武芸科に転入の上、奨学金もAランクを用意された最恵国待遇!さらに!1年でなんと小隊メンバーに!!て話でしょ?人生ばら色じゃん?普通」

確かにミィフィの話を聞けば、レイフォンはとてもついているように見える。
入学式では何かと話題になり、確かに生徒会長に目をつけられて武芸科に転科した。
その報酬として奨学金もAランクの高待遇を受け、しかも小隊員入り。
これで文句を言えば、バチが当たるだろう。
だけどレイフォンからすれば、そんなことは願っていないのだ。
彼としてはただ……平穏に暮らしたいだけ。

「まあ、あのガトマン・グレアーに目をつけられたのは災難だと思うけどさ、5年生だし、2年間逃げ切ればいいわけよ」

「2年て……簡単に……」

言うのは簡単だが、以下に都市とは言え周りを汚染物質に囲まれたレギオスで、2年間も逃げ切れというのは無茶な話だ。
言うだけなら気楽で簡単ではあるが……そんな『長いようで長い』考えなど、最初から実行できるとは思っていない。
無論……それができれば理想的なのだが……

「念威操者(ねんいそうしゃ)がいれば、逃げ切るのは楽なのにな」

「ねんいそうしゃ、って?」

ナルキの言葉と、メイシェンの疑問。
ナルキは弁当、と言うかおやつの中からポテトチップスを取り出し、メイシェンに説明した。

「念威、は知ってるだろ?端子を飛ばして、遠方の事を見たり聞いたりする能力。こんなのとか」

端子はポテトチップスで代用するが、基本はこんな形状。
他にも花びらの様に例えられたりする。

「武芸科にはそういった能力を持った、念威操者も集まってるんだ」

と言うか、小隊にも必ず1人はいる。
汚染獣なんかと戦う時には、空中に舞う汚染物質などで視界がハッキリしないためにそれを補う視覚、聴覚として念威操者が存在するのだ。
もっとも、他にも念威の使い道はあるが、これがもっとも基本的である。

「第十七小隊の念威操者は?」

「さあ……聞いてないし……」

「……フェリ先輩」

で、第十七小隊の念威操者はミィフィの調べでは、フェリらしい。

「じゃあ、フェリ先輩に守ってもらうって事で!解決!」

「いいなー、レイとん」

「なんで!」

そしてどんなわけか、そんな軽口を叩く彼女達。
だが、守ってもらうとはちょっと違う気がする。
彼女達は知らないが、そもそもレイフォンがその気になれば守ってもらう必要はないし、念威操者は能力は特殊でも、肉体的には一般人とそんなには変わらない。
そもそも女性であるフェリに守ってもらうのは……どうも情けないと言うか。
メイシェン達はただ、昨日の出会いとかフェリの容姿を見て、ちょっとした憧れのような物を持っているだけなのだろう。

「レイとんが小隊員になったというのが、またアレかもねー」

ミィフィは持っていた本、彼女のメモ張を閉じ、レイフォンに言う。
新聞記者を目指す彼女にとって、こういう情報を集めるのは趣味のようなものだ。

「ガトマン・グレアーは、小隊員になれる強さがあるのに、素行が悪くてなれないんだって。だから余計に逆恨み?ていうか、ただの嫉妬?やだねー、男の嫉妬は」

確かにガトマンが噂のような人物なら、小隊員になれないのは頷ける。
だが、だからと言って、レイフォンを恨むのはお門違いだ。

「それじゃあ僕が、一般教養科に戻れば……」

そうすれば少なくとも、小隊にはいった事に関するガトマンの嫉妬はなくなるのではないか?
そう思ったレイフォンだが……

「え……」

いきなり飛んできた、投げナイフによってその思考は中断される。
投げナイフはレイフォンの顔の近くを通り、背後にあった気の幹に命中する。

「きゃああ!」

「逃げろ、レイとん!」

メイシェンの悲鳴と、ナルキの声。
狙いはレイフォンだから、彼女達は襲われないとは思うものの……

(ガトマン・グレアー!)

彼の姿があり、レイフォンは逃げ出した。

(こんなの……絶対理不尽だ)

レイフォンは逃げる。
追いかけてくるガトマンから全力で。

(やっぱり、生徒会長に会いに行って、一般教養科に戻してもらおう。小隊員なんて、なりたくてなった訳じゃないんだ)

そんなレイフォンが思い浮かべる言葉は、ニーナの言葉。
逃げるな、立ち向かえ!と。

(そうだ、ニーナ先輩もそう言ってたし、一石二鳥じゃないか)

だから逃げずに、生徒会長のところに行って武芸科を辞めると宣言しようと思うレイフォン。
この時、ニーナがここにいればこう言うだろう。『違う、そういう意味じゃない!』と……





「死ぬってば!マジで」

「レイとん!!」

ガトマンから逃げる時、まるでダーツの様に短剣を投げつけられ、それをギリギリで避けるレイフォン。





「どこだ!」

「フリーシー、頼む……」

逃げる経路で、養殖科の近くを通ってフリーシー(仮)や、飼料である草の下になって隠れたり。





「くそっ、買い直さなきゃダメかな、制服。高いのに……」

下水道の中を通り、汚れた制服を見てそうつぶやくレイフォン。
それでも追いかけてくるガトマンを見て、レイフォンは確信した。

(これ、ホントに殺される!!)

だからレイフォンは決意した。
生徒会長のところ、カリアンの元へ乗り込もうと。





















「面会は、正面からお願いしたいんだがね」

ツェルニで一番高い塔の部屋。
そこがこの学園の生徒会長、カリアン・ロスのいる生徒会室である。

「セキュリティを強化しないとな……まあ、君だからこそできたんだろうけどね」

その部屋に、窓の外から入ってきたレイフォン。
地上、十数階と言う高さからレイフォンは、中に入ってきたのだ。
だけどそれに、カリアンは驚いていない。彼ならば、レイフォンならばできて当然なのだ。
カリアンはその顔に、薄い笑みを張付けながらレイフォンを呼ぶ。

「ヴォルフシュテイン」

レイフォン・アルセイフには含まれない呼び方。
だけどその呼び方はレイフォンには馴染み深いもので、忘れられない物だ。
もっとも、彼自身は今、その呼び方で呼ばれることを嫌うが……

「……その名前は」

レイフォンはそれをやめさせようとするが、

「「やめてください」」

カリアンがからかうように、先を読んでいたというように、レイフォンの声に合わせて言う。

「ハハハハハ!」

「表からの面会を、何日も断るからですよ」

可笑しそうに笑うカリアンだが、レイフォンはそれに取り合わない。
それどころか無視し、先ほどの返答をする。

「おや、それはすまなかったね。役員が勝手にやったことだ。先客があったものでね」

レイフォンに謝罪するカリアンだが、その心理はどうも読めない。
だけどこの部屋には、確かに先客があった。

「フェリ先輩!」

カリアンが指す先にあったのは、フェリの姿。

「なんでここに……」

尋ねかけると言うか、実際に声に出したレイフォンだが、あることを思い出して言葉を止める。

『恨んでいます』

フェリの言葉。
カリアンを、恨んでいるという事。

(もしかしてフェリ先輩も……?)

自分と同じように、カリアンに武芸科を辞めさせてもらえるように頼みに来たのか?
そう思った。

(心強いな)

確認したわけでもないのに、同じ思いがあってここにいると思っているレイフォンは、何処となく嬉しくなる。
そして、しっかりとカリアンに言おうと思った。

「しかし、ちょうどよかった。そろそろ来る頃かと思っていたよ」

だけど最初に口を開いたのは、カリアンのほうだ。

「ほら、武芸科の制服の替えだ。ひとつじゃ、何かと汚す事も多いだろうしね」

「……!」

差し出される新たな武芸科の制服。
だが、それはレイフォンの望む結末ではない。
だからこそ、しっかりとカリアンに言う。

「……僕には必要ありません。これも返します……僕を、一般教養科に戻してください」

制服の上着を脱ぎ、それをカリアンに差し出すレイフォン。
だが、カリアンはその言葉を聞いても『クッ』っと小さく笑っていた。

「何を……」

何を考えているのか?
何が可笑しいのか?
レイフォンはそれをカリアンに尋ねようとする。
だが、

「奨学金はDランクからAに変更しておいたよ。もう振り込まれてるだろ?いや、礼はいいよ。話はそれだけかい?」

有無を言わせない。
レイフォンに選択肢はない。これは決定だと言っているのだ。

「変えて欲しいと思っているのは僕だけじゃありません。ここにいるフェリ先輩だって……ムリヤリ武芸科に転科されたって聞きました。そんな……」

レイフォンの言葉を聞いていたカリアンが、いつも張付けているようなその薄い笑みを解き、レイフォンに視線を向けた。
どこか冷たい、余計なお世話だという視線を。

「妹と僕の事に、口を出さないでもらいたいね」

(妹……?)

そのカリアンの言葉を聞き、レイフォンの思考が止まる。
カリアン・ロス。フェリ・ロス。
確かに2人とも、同じく『ロス』がつく。
なるほど、気づかなかったのはともかく、どうして疑問にすら思わなかったのだろう?

「兄さん……!」

その言葉を言ったカリアンに、フェリは怒鳴るようにカリアンに言う。
初めてではないか……フェリが、声を張り上げたように話すのをレイフォンが聞くのは。
だけどそんなこと、今のレイフォンにはどうでもよかった。

「もう行きましょう。話しても無駄です」

だが、それ以上、フェリはカリアンに何も言わない。
話しても無駄だと言って、レイフォンを連れてこの部屋を出て行く。
そんなレイフォンとフェリ、妹にカリアンは何も言わず、無言で見送っていた。

(兄妹……!?)

その事実を知ったレイフォンは、言いようのない感情を抱く。
それはまるで裏切られてしまったかのような、喪失感であった……



















「フェリ……先輩」

あの後、生徒会室を出て、フェリについていくように歩いていたレイフォン。
そんな彼らは養殖科の牧場のとこまで来て、やっとレイフォンが口を開いた。
よく見れば、ここはレイフォンとフェリが始めてであった場所だ。
だけどそんなこと、今は凄くどうでもいい。

「僕は、てっきり……」

レイフォンは頭を抑え、先ほどのことを思い浮かべる。
フェリとカリアンは兄妹。
ならばフェリがレイフォンのことを知っているようだったのは当然出し、兄とぐるで自分を利用しようとした。
そう考えて、レイフォンは目の前が真っ暗になるようだった。

(勝手に勘違いして、アホだ、僕は……)

「兄には逆らえません」

だから今のレイフォンには、フェリの言葉は聞こえていない。

(そうだ。小隊にだってこの人が迎えに来たんじゃないか)

「あの人は、自分が勝つためならなんだってします。そういう人です」

(生徒会長に言われたから。それだけだったのか。そうだよな。僕なんて……)

「あの」

(ただの……)

「ちゃんと聞いてください」

自分の話を聞かないレイフォンに、フェリは必死に話を聞いてくれと言う。
その時だ、フェリの長く、綺麗な銀髪が光り輝いたのは。

「!?」

その光景に、レイフォンは瞳を丸くする。
彼女の髪は、青い燐光をまとい、ほのかな光を振りまいている。
念威だ。

「その、力は……」

しかもかなり強力な物だと、レイフォンは理解する。

「ああ……制御が甘くなっていました」

(制御が甘く!?一部分を光らせるだけでも凄いというのに……制御が甘くなって、無意識でだって……!?)

念威によって髪が光ると言う現象は、レイフォンも見た事がある。
だがそれは意識してであり、しかもできても髪の一部程度。
それを無意識で、しかも髪全部を光らせるなんて見た事がない。
それほどまでに、フェリの念威操者としての才能は大きいらしい。

「この力のために、私は幼い頃から将来を決められていました」

汚染獣と言う脅威から身を守るため、この世界では武芸者と言う存在はとても重要だ。
そしてフェリのような才能があるのなら、念威操者になる、目指すのは当然の選択。

「でも、私は本当は、何にだってなれるんです」

だけど、フェリはその道が嫌だった。
才能があるが故に、周りはフェリを念威操者にしようとして、それ以外の道を選びたかったのに……兄のカリアンに無理やり武芸科に入れられて……

「私が念威操者以外の人生を夢見ることは、間違ってますか」

フェリの叫びを聞き、レイフォンは思う。

(ああ……この人は僕と同じなんだ)

そして、自分の都合で裏切ったと思ったことを。
自分はアホだ、馬鹿だと罵倒する。
何にも悪くない彼女を、裏切り者だと感じたことを。

(強すぎる力を与えられたばかりに、思うように生きられなくて……)

レイフォンがそう考えていた時。
またも、その思考が中断される。

「こっちだ」

聞き覚えのある嫌の声と共に、フェリへと向かって飛んでくる短剣。

「危ない」

それを、レイフォンはフェリを突き飛ばしてかわさせる。
だが、

「ぐっ……」

「あ……」

「大丈夫、かすり傷です」

完璧にかわしきれず、フェリに怪我はないが、自分の足を切ってしまった。
だが、少し出血は酷いが、かすり傷なので走る分には何の問題もない。

(ガトマン・グレアー。またこいつか!)

いい加減しつこい人物、ガトマンに敵意を向けながら、レイフォンは短剣の飛んできた方角を見る。

「女の前で、いいザマだな」

そこにはガトマンと、取り巻きだろう2人の武芸科生徒がいた。

「フェリ先輩、逃げますよ」

レイフォンはフェリの手を取り、一気に走り去っていく。

「なっ……待て貴様!」

(待ってたまるか)

するとガトマンが追ってくるが、当然待つ気はない。
そのまま一気に走り、養殖科の牧場から都市内へと入って行く。
今は夜も遅いせいか、人の姿はない。
そこを走りながら、唐突にフェリが口を開いた。

「2年間ずっと、逃げ回るつもりですか?」

逃げないでいいのならそれが一番だが、ガトマンが追ってくるならそれしか道はない。

「……できると思いますか?」

……あまり思わない。
オリバーやミィフィが言った言葉には、どうも現実味がない。

「逃げましょうか?」

どこへ?

「一緒に、この学園の外に。そしたら、私達は自由に」

(先輩と一緒に……?)

フェリがそんな言葉をつぶやき、それがとても魅力的なように聞こえた。
そうだ、逃げてしまえばこんな悩みとはおさらばできる。
レイフォンは一瞬、そう考えていた。

「いたぞ!」

「……っ、ガトマンか……!」

だが、そんなこと考えている暇はない。
ガトマンから逃げるために、フェリの手を引く。

「こっちに!」

だが、まだツェルニに来て日が浅いために、レイフォンは選択を誤った。

「行き止まり……」

レイフォンが走っていった先は裏路地になっており、そこは行き止まり。
逃げ場はない。

「もう逃げられないぜ、レイフォン・アルセイフ」

しかも運が悪い事に、ガトマンが既に追いついていた。
打つ手がない。まさに詰み。そんな状態で、レイフォンは己の不幸を嘆く。

(ツェルニに来てから、こんなのばかりだ。勝手に決められて、何処にも逃げ場がなくて)

カリアンに無理やり武芸科に入れられ、ニーナに無理やり小隊に入れられ、フェリに先ほど逃げようといわれたが、何処に逃げればいいのかなんてわからない。

(いったい、僕は何処へ行けば……)

もう嫌になった。
と言うか、自分を襲うだけならまだいいが、フェリと一緒にいるところを襲い、危うくフェリに攻撃をしそうになったガトマンにいい加減頭にきた。
それから皮肉にも、無理矢理小隊に入れてくれた迷惑な隊長の言葉を思い出す。
逃げるな、立ち向かえ!と。


「やっと観念したか」

レイフォンは逃げる気はもうせず、ガトマンと向かい合う。

「……行きます」

「武器が何も……!」

その『行きます』と言う言葉から、フェリはレイフォンが何をする気なのか理解する。
だが、レイフォンは錬金鋼を持っていないのだ。
相手は、ガトマンはサバイバルナイフのような剣。
そして後2人は、ヌンチャクのような物と、棒術に使う棒のような武器を持っている。

「武器など必要ありません」

だけどこの程度の敵相手に、レイフォンは武器を使う必要がなかった。

「生意気な!」

その言葉に激昂し、レイフォンを取り囲む3人。
なるほど、ガトマンの取り巻きだけあって連係はなかなかのようで、素早くレイフォンを取り囲む。
だけどその程度では、レイフォンは倒せない。

ガトマンがまず突っ込み、レイフォンに斬りかかる。
だけどそんなもの、レイフォンは軽々と跳躍してかわした。

「ちぃっ」

その事に舌打ちを打つが、

「何っ」

レイフォンを見て、ガトマンは驚愕した。
そう、レイフォンは軽々と跳躍してガトマンの攻撃をかわした。
軽々と跳躍し、5階はあるであろう建物の屋根の上まで跳んだのだ。

「口ほどにもない」

そして、レイフォンはそこからガトマン達を見下し、左手を振りかざす。
その左手の掌に集まるのは剄。
破壊力としてのエネルギーである外力系衝剄。
それに技と言う形を与えず、ただ放出しただけ。
それだけでレイフォンの発した剄は砲弾となり、下にいたガトマン達を襲う。
一撃だ。たった一撃でレイフォンは、ガトマン達3人を戦闘不能へと追いやった。

そして、レイフォンは建物の上から飛び降りる。
武芸者であるレイフォンからすれば、この程度跳ぶ事も、飛び降りる事も何の問題もない。

パチパチパチ、と、手を叩く音がした。
降りたレイフォンが見てみると、そこには当然フェリがいる。
当たり前だ。さっきまでここに一緒にいたのだから。

「22秒……お見事です。やっぱり……隊長と戦った時は、本気ではなかったんですね」

「……あ」

そこで今更だが、レイフォンは気づいた。
実力を隠していたというのに、仕方がなかったとは言えフェリの前で使ってしまった事に。

「……う……」

わけがあって実力を隠すレイフォンからすれば、この状況は非常にまずい。
フェリがニーナやカリアンに、このことを話さないか危惧するレイフォンだったが……

「………大丈夫です。私は何も見なかった。そういうことです」

「……え?」

どうやらその心配は、不用だったらしい。

「今日の事は、2人だけの秘密です」

「……………」

笑顔で自分の口の前で人差し指を立て、『内緒』と言うように笑顔で言うフェリ。
無表情なフェリの笑顔を初めて見たレイフォンにとって、そんな彼女の笑みは、とても魅力的だった。
顔を赤面させ、思わず頷いてしまう。

「あ……でも、さっきのあれは冗談ですからね」

「えっ……?」

いきなり否定さてた、『さっきのあれ』
レイフォンには色々ありすぎて、いまいち覚えていない。
『さっきのあれ』が何なのか、レイフォンにはわからなかった。



[15685] 2話 電子精霊
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:8aa92727
Date: 2011/09/24 23:44
グレンダンで12人しか存在できない天剣授受者。
都市を汚染獣から護る、圧倒的な強さを持つ武芸者。
レイフォン・アルセイフは史上最年少、10歳という若さでその地位についた。

だから、これでもう、金に困ることはないと思った……





それから5年後。
ツェルニ機関部にて、

「いいか、新入生諸君」

レイフォン・アルセイフは、機関掃除の学生就労(バイト)をしていた。
ツェルニに新しく入った新入生に説明するため、ここの責任者であろう学生が集まった労働者、主に1年生を対象に注意を促す。
それをレイフォンは、夜遅くと言うこともありながら眠そうで、欠伸をしながら聞いている。

「機関部では電子精霊にセルニウムを届け、ツェルニを動かす。ここの手入れをただの掃除と舐めてもらっては困る」

なにやら大事な話をしているらしいが、レイフォンからすればあまり興味はなく、うとうとと立ったまま舟をこぎ始める。
本当に眠いのだ。

「そこ!聞いてるのか!」

そんなレイフォンに向け、怒声と容赦なくバケツが飛んでくる。

「……いったぁ」

確かに居眠りしそうに、と言うかボーっとしていたのは悪いかもしれないが、何もバケツを投げつけなくてもいいだろうと思うレイフォン。
バケツがぶつかった頭をさすっていると、そんなレイフォンを周りがくすくすと笑っていた。
責任者の学生が『笑うな!』と注意するも、どうも恥ずかしい。
もっとも、いつもならともかく今回はカリアンが視察に来ているので、責任者の学生が厳しいのは当然かもしれないが。

「生徒会長の視察中にたるんでるぞ!」

早速、その事について聞き覚えのある声に注意される。
と言うか、この声は……

「ニーナ先輩!?」

第十七小隊隊長、ニーナ・アントークの声だ。
普通、武芸者、しかも小隊隊長なんて人物はまずここ(機関部)の掃除なんてバイトはやらない。
武芸者は都市を守るのが仕事だし、そのために学園都市なんかでの奨学金の保証なんかもしっかりしている。
だから、給金はいいけど夜中にやる、きついこの仕事をやる武芸者と言うのはほとんど存在しない。
レイフォンは元々、一般教養科に入るつもりだったからここにいるのだが……
カリアンにAランクの奨学金を振り込まれてはいるものの、どうもあの男は信用できないし、いざと言うときのためにお金を稼いでおく必要があると思い、ここにいる。
だからニーナがここにいるなんて、レイフォンからすれば予想外だった。

「作業は2人組みでやってもらう」

そんなレイフォンの思考など知らず、責任者の学生が仕事の説明を続ける。

「ああ、レイフォン君は余裕みたいなので、1人でも大丈夫かな」

「!!」

だが、カリアンがレイフォンをからかうかのように、嫌がらせでも言うかの様にそんなことをつぶやく。

「E17地区。一番大変なところだがね」

(この陰険眼鏡……!!)

敵意を通り越し、殺意すら覚えてくるレイフォン。
今度、暗殺でもしてみようかと半分本気で考えていると、

「私がペアになります」

「えっ!?」

突然ニーナがそんなことを言い、レイフォンは驚く。
ハッキリ言ってニーナのことは苦手だ。
出会い方が悪かったし、美人ではあるものの、怖い先輩だとレイフォンは思っている。

「……なんか今、物凄く嫌そうな顔をしなかったか?」

そして、それが顔に出てしまったのか、不機嫌そうに尋ねてくるニーナ。
怒気すら含んでいそうな表情だ。

「いえ!とんでもない!!ありがとうございます!!」

それを否定するレイフォンだったが、彼の表情が引き攣っていたのは仕方のないことだろう。
そんな風にレイフォンが悩んでいる中、その原因を作った陰険眼鏡はというと、

「カリアン様」

カリアンを呼ぶ女性、生徒会秘書がカリアンに近づき、何かを耳打ちしていた。
レイフォンはそれどころではなかったために、気づいていない。

「これが……!やっと手に入ったか」

そして、秘書に渡された封筒のようなもの。それを受け取り、カリアンは欲しかった玩具が手に入った子供のような表情をする。

「レイフォン君、またあとで会おう」

「はぁ……」

カリアンはそのまま、その封筒を持って機関部から立ち去って言った。
そんな彼の背を見送りながら、レイフォンの心の内は『二度と会いたくない』と言う感情だった。





「~~~~~」

夜中の事。ロス宅にて。
ここはカリアンの住むマンション(寮)であり、妹であるフェリもここに住んでいる。
そして、夜中という事で既に眠っていたフェリだが、それは騒がしく帰ってきた兄によって起こされた。
何か急いでいるようで、乱暴に玄関の扉を開け、これまた乱暴に閉め、子供の様に走って自分の部屋、書斎へと向っていく。

「兄さん……」

そんな物音で起こされたフェリは、寝ぼけたまま枕を持ち、寝間着姿の格好でカリアンの下に来ていた。

「静かにして、ください。寝不足はお肌の大敵です……」

苦情を兄に伝えるために。
だけどその兄は、椅子に座って、新聞を広げていた。

「フフフ、そうか……そういうことだったか……」

「……?」

そんな兄が何を考えているのか、フェリにはわからない。

「……いや、いいものを手に入れたんだよ。グレンダンで、こんなことがあったとは、ね……」

不思議そうなフェリに、相変わらず薄い笑みでカリアンが答える。
その新聞は、秘書が渡した封筒に入っていたもの。
それはグレンダンの、とある事件を取り上げられた新聞だった。



















(やっぱり、掃除は良いな。無心に身体を動かしてればいいから……)

レイフォンは料理の他にも、掃除が結構得意である。
と言うか、数少ない彼の趣味といってもいいかもしれない。
単純作業は嫌いではないレイフォン。その間、何も考えないで住むからだ。
そういえば、孤児院にいた時から気づけば掃除をしていた。
それは、天剣授受者になってからもだ……

「レイフォン、休憩にしよう」

レイフォンの方をポンと叩き、声をかけるニーナ。
彼女と2人っきりでこの地区を担当する事になったので、他には誰もいない。

「今日は奢ってやる」

夜中の仕事であり、体力も使うということで、休憩時間は夜食を取ることが多い。
そんな訳でニーナの言葉に甘え、夜食をご馳走になる事にしたレイフォン。
正直、ありがたい話だ。


通路にある、ちょうどいい高さにあったパイプに座り、ニーナから弁当を渡される。
弁当の中身は、サンドイッチだった。
それを口にするレイフォン。すると、サンドイッチの具である鶏肉と野菜と、辛味のあるソースがうまい具合に混ざり合う。

「美味いですね」

「だろう!人気の品だからな。配達時間を把握しておかないと、手に入らない……」

レイフォンの言葉に、嬉しそうに頷くニーナ。
彼女は水筒を取り出し、それもレイフォンに渡そうと注いでくれる。
その水筒の中には、温かいお茶が冷めずに入っていた。
だが、

「うあちっ!」

「せ、先輩、大丈夫ですか」

冷めていないからこそ熱く、それが手にかかって熱がるニーナ。
そんな彼女から受け取ったお茶を見て、レイフォンはニーナに尋ねる。

「これも配達か何かで?」

「いや、こっちは自前だ。ここの飲み水はまずいからな。次からは自分で用意しておけ」

意外な言葉に驚き、そして忠告を受けながらレイフォンはお茶を飲む。
ニーナが用意したお茶は、これまた意外にも美味しかった。

(なんか……イメージと違うな……)

出会い方が悪かった故に、どちらかというと苦手だったニーナの印象。
だけどこうしてみると、ニーナは意外にも面倒見が良く、優しそうにも思えた。

「なんだ?そんなに見られてると、食べ辛いぞ」

「あ、すみません。ちょっと意外で……」

そんな風にニーナを見ていたレイフォンに、彼女が困ったように言ってくる。
それを謝罪しながら、レイフォンは気になった事を漏らす。

「先輩が機関部掃除をしているなんて、思ってなかったですし……」

「私のような貧乏人には、ここの高報酬はありがたい」

その言葉を聞き、レイフォンは意外そうな顔をする。
比較的、例外も存在して本当に比較的だが、武芸者には裕福な家庭と言うのが多い。
まぁ、レイフォンはその例外のうちに入るのだが、ニーナの立ち振る舞いや喋り方などからして、上流階級の様に見えていたニーナから語られるこの言葉は意外だった。
しかも、小隊の隊長となる人物がだ。

「意外か?まあ、実家が貧乏なわけじゃないが……」

レイフォンの表情を見て、聞きもしてないのに語りだす。
まぁ、確かに興味がないといえば嘘だが……
ニーナは自分のことを語りだした。

「親が学園都市に行くのを反対してな。半ば家出の様にここに来た。だから実家からの仕送りはない。だが、それでも……」

そんな訳で学費などの援助を親にはしてもらえず、ニーナはここで働いているらしい。
それに、彼女には願いがあった。

「私は自分の目で、外の世界を見てみたかったんだ」

確かに故郷で暮らせば、生きるのに何不自由生活を送れる。
だが、それをニーナは籠の中の鳥と感じてしまう。自由のない、鳥のようだと。
だからこそ外に出て、故郷とは違う都市に来たのだ。
それがニーナの、ツェルニに来た理由。

「お前はどうしてここに来た?」

そしてレイフォンに、少しわくわくしながら尋ねるニーナ。
彼はどんな思いでこの都市に来たのかと。
だけど、レイフォンの来た理由は……

「しょ……奨学金の試験に合格できたのが、ここしかなかったんで」

これなのだから。
近場の都市で合格できていれば、わざわざ遠いツェルニにではなくそっちに行っている。
嫌、案外、彼を知らない遠くの都市に行く事が正解なのだろうが、このツェルニにはカリアンがいた……

それとは関係なく、レイフォンの言葉に失望した表情をするニーナだったが、

「孤児なんで、お金ないんですよ」

続けられたこの言葉に、彼女の表情は罪悪感でいっぱいになる。

「……そうだったか、すまない」

「いえ、いいんです」

ニーナに気にしてないといい、レイフォンは続けた。

「僕は……武芸以外の道を見つけたくて、ここに来たんです」

そして、これも理由。
学園都市で、何か他の道を見つけるために来たレイフォン。

「ふむ……それは見つかったのか?」

「そんな簡単じゃありませんよ」

ニーナの問いに、そう返すレイフォン。
そんな簡単に見つかれば、苦労はしない。

「なぜ武芸ではダメなんだ?」

そう答えたレイフォンに、ニーナは尋ねる。

「正直、お前の実力はかなりのものと思っているが……」

レイフォンの実力を確かめたニーナだからこそわかる。
今は原石のような物で、研けば必ずその才能は光り輝くと。

だけどニーナは何も知らない。

「武芸ではダメなんです。それはもう、失敗しましたから」

それはレイフォンには、触れて欲しくない話題である事。
そして、既にレイフォンは天すら焦がすほどに光り輝く実力を持っている事……

「……失敗?」

「……もう、昔の事です」

ニーナの問いに、レイフォンは追求を拒む。
もう、これでこの話は終わり……そう訴えるように。
その時だった。

「おい、この辺りで見なかったか?」

通路を走り、やってきた上級生の就労者。
そんな彼の問いに、レイフォンは『何を?』と返そうとしたが、それよりも早くニーナが口を開く。

「またか?」

「まただ、悪いな、頼む!」

そう言い残し、去っていく就労者。
レイフォンにはまるで、訳がわからない。

「やれやれ」

「あの、何が?」

「都市の意識が逃げ出したのさ」

「……は?」

ニーナに尋ねるレイフォンだが、それでもわからない。
と言うか、更にわからなくなった。

「まあ、いいからついて来い」

ニーナに言われ、後をついていくレイフォン。
その道中、ニーナが説明してくれた。

「都市の意識というものはな、好奇心が旺盛らしい」

「はぁ……」

「汚染獣から逃げ回るという役割もあるが、それ以上に、世界とは何かという好奇心を止める事ができずに動き回る……」

都市の意識とは、電子精霊の事だ。
その電子精霊が都市を動かし、汚染獣から逃げる。
それが、逃げ出したという事だ。

そして、ニーナは説明が終わると足を止める。
そこは落下防止の柵が行く手を阻んでおり、そこから仮想には、プレートに包まれた機械があった。
そこでニーナは、名前を呼ぶ。

「ツェルニ!」

この、学園都市の名を。
だけど、都市を呼んだのではない。

「これが……都市の意識?」

呼んだのは、少女の名だ。
その少女は空を飛び、ニーナへと飛びついてくる。
赤ん坊の様に小さな子供で、長い髪が足まで届きそうな少女だ。
そして、その少女の体が光り輝いている。
それが……ツェルニという電子精霊。

「はは、相変わらず元気な奴だ。整備士達が慌てていたぞ」

ツェルニを抱きしめ、優しい笑顔で微笑むニーナ。
そんな彼女の姿も、レイフォンには意外で新鮮だった。

「ちゃんと動いてやれよ。お前が手を抜くと、整備士達が調整だなんだと、走り回らなくてはなくなるからな」

レイフォンは唖然としながら、ツェルニとニーナを見つめている。
そうしていると、ツェルニとレイフォンの目が合った。

「ああ、これが新入生だ。紹介してやろう。レイフォン・アルセイフ。なかなかに強い奴だぞ。レイフォン、これがツェルニだ」

ニーナはツェルニにレイフォンを紹介し、今度はレイフォンにツェルニを紹介する。

「……これが?」

「そう、この子が都市そのものだ」

ツェルニがレイフォンへと近づいてくる。
そんな彼女の頭に少し触れ、なでてみる。
するとなでられたツェルニは、気持ちよさそうに目を細めた。

「ほう、気にいられたようだな」

押し殺したようなニーナの笑い。
その笑みの裏には、何かを隠しているようだった。

「気に入らない相手だと、この子の身体を構成している雷性因子が相手を貫くからな」

「っ!?」

今更な事を言われ、慌ててツェルニから身を引くレイフォン。
ツェルニは訳がわからないように首をかしげ、そんなツェルニを抱き寄せ、ニーナは悪戯が成功した子供の様に微笑む。

「ツェルニ、酷いお兄ちゃんだねー」

それでいて、母性も感じさせる笑み。

(ニーナ先輩、凄いなぁ……)

電子精霊になつかれるニーナを見て、素直に感心するレイフォン。

「レイフォン」

そんなレイフォンに、ニーナは真面目な口調で話しかけてきた。

「学園都市対抗の、武芸大会は知ってるよな?」

最初、レイフォンも知らなかったが要はアレだ。
2年周期で行われる、レギオス(都市)同士の戦争。
そして、教育機関の学園都市であるレギオスで殺し合いはまずいと言うことで、武芸大会と銘打たれている試合(戦争)の事だ。

「この大地を作った、昔の錬金術師が何を考えたのか知らないが、都市は2年ごとに縄張り争いを始める。学園都市は学園都市と」

その戦う都市は惹かれ合うもの、似た物らしいので、学園都市は学園都市としか戦わない。
間違っても、学園都市とグレンダンなんて構図は起こらないのである。

「武芸大会なんて体裁を繕っても、実際には普通の都市で行われるのと同じ……戦争だ。都市の動力源、セルニウム鉱石が採れる鉱山を賭けて争う」

レギオスを動かすのに必要な物質、セルニウム。
これがなければレギオスは朽ち果て、都市は死を迎える。
それ故に、鉱山を賭けて戦うのがこの戦争。

「ツェルニも昔はいくつも鉱山を保有していたが、現在の保有数はたったひとつ。つまり次で負ければ……今期の武芸大会で負ければ、鉱山を奪われ」

鉱山の数は0になり、

「ツェルニは死ぬ……この子は死ぬ。この大地の草木は枯れ果て、エアフィルターが切れて、汚染物質が都市に入り込む」

何も、都市が滅びるのは汚染獣の襲撃だけではない。
こういう滅び方だってあるのだ……
グレンダンで育ってきたレイフォンは、圧倒的な戦力を保有する故にそのどちらの深刻な問題を特に意識しないグレンダンの者では、その問題については今まで考えた事もなかった。

「私達は幸いにも、都市を護るための能力を授かったんだ。だから……」

それが武芸者。
天からの贈り物の様に、特別な力を手に入れた者達。
そしてニーナは、この都市を護りたい。

「一緒にツェルニを護ろう」

レイフォンの手を取り、そう宣言する。
そのために、ニーナは小隊を立ち上げたのだから。

(ニーナ先輩……)

そんなニーナを、レイフォンは本当に凄いと思う。
憧れるくらいに、眩しいくらいに。

だけど、レイフォンは……



























「思ってたのと、全然違ってた……」

それは、ニーナのイメージ。
彼女は優しくて、とても強い。武力的なことではなく、心、精神的なものだが。

(怖いだけの人じゃなかった。ニーナ先輩も一生懸命なんだ)

レイフォンはバイトが終わり、自室に帰る道中もそんなことを考えていた。
ツェルニを護ると宣言した、強い女性の事を。

(だけど、僕は……)

「お、今、バイト終わりか?」

「あ、オリバー先輩」

考え事をしながら寮に入り、自分の部屋を開けようとしたところで、同じく今頃帰ってきたのであろうオリバーと鉢合わせをした。

「オリバー先輩もバイトですか?」

「まあな。俺はバーのバイトだから、後片付けもして今上がりだけど……お前は機関掃除だっけ?」

「はい、そうです」

ここは学園都市だが、6年制であるために最上級生は21歳にもなる。
そんな訳で普通に酒場なども存在し、生徒でもお酒は飲めるのだ。
もっとも、年齢制限は当たり前にあるが。

「俺も一時期、金が入用で機関掃除やった事あるんだけどさ、あれはきついよな……」

「そうですね」

確かにあの仕事はきつい。
レイフォンは体力があるほうだから問題ないが、普通の人があれをやるとかなり体力を使う。
だが、給金が良いのは嬉しい事だ。

「で……ツェルニには会ったか?」

「……オリバー先輩も、あるんですか?」

突然振られた、この会話。
オリバーが何かを知っているのか、この会話には何の意味があるのかと。
だが……

「ああ、バイト中に偶然な。かわいいよな、アレ。なんていうかさ、こう、抱きしめたくなるって言うか」

ただの世間話であった。

「こう、なんて言うの?小さい子こそ正義みたいな?いいよね、アレ。お兄ちゃんなんて呼ばれたい!あ、そういえばツェルニってしゃべれんの?」

しかも、かなり危ない人らしい。

「でさ、そのバイトのときに一度、思いっきり抱きしめてみたんだけど……その時は雷性因子で貫かれて、大変だったよ。まぁ、照れたんだろ……」

そんなオリバーを無視し、レイフォンは自室に入って扉を閉める。
明日も学校だ。早く寝てしまわないと辛い。
故にロリコンは放っておき、レイフォンは布団にもぐりこんで目を瞑るのであった。


















「レイフォン君!!」

翌日、寝不足のレイフォンは通学路で出会った人物により、とても不機嫌になる。

(陰険眼鏡!!)

カリアンに会った所為で、朝から最悪の気分だ。

「折り入って、君にお願いがあるんだが」

フェリと兄妹だと言うのに、まるで正反対な薄い笑み浮かべながらレイフォンに語りかけてくるカリアン。

「昨夜は機関部で、ツェルニを見つけてもらったみたいだね。どうもありがとう」

「……はぁ」

お願いと言う割には、世間話のようなことを言うカリアン。
だけどここからが本題で、この話はそれに十分関係する事だった。

「君は……あの子を死なせたくないと思わないか?」

「……!」

遠まわしにカリアンが言う。
それはつまり、鉱山を奪われないようにしろと言う事。

「それには武芸大会で勝つのは勿論だが、まず、学内の小隊戦に勝ちたまえ。第十七小隊の強さを見せて、武芸大会でいいポジションに配置できるようにするんだ」

「……………」

小隊戦と言うのは、武芸大会前に行われる腕試しのこと。
カリアンの言うとおりポジション決めをしたり、優秀な成績を残せれば作戦など、指揮を取る事ができるために何かの重要なイベントなのだ。
だがもちろん、そんなこと、レイフォンの気が乗るわけがない。

「気が乗らないようだね。じゃあ、こういう交換条件はどうかな?」

ならば、カリアンには秘策がある。

「君の過去の過ち、私は偶然知ってしまったんだがね。もし君が小隊戦で勝てば、それを秘密にしておいてあげよう」

陰湿な手である。

「どうして……もう、放っておいてください」

もう我慢できない。
レイフォンはカリアンに向け、敵意を向けた視線で怒鳴る。
武芸科に転科させられ、小隊にも入れられた。これ以上、カリアンはレイフォンに何を望むと言うのだろうか?

「僕は僕の道を見つけるんです。フェリ先輩だってそうです!」

自分の道は自分で決める。
フェリだってそれを願っていると言うレイフォンだが、

「僕は、やると言ったらやるよ」

カリアンは、聞いてはいなかった。

「勝手に言いふらせばいいでしょう」

「ニーナはどう思うだろう。君の過去を知ったら?」

「……………」

強がるレイフォンだが、カリアンの言葉に表情が強張る。
昨夜のニーナのことを思い出し、レイフォンは無言となった。

「フェリは君の過去を知っても、変わらず接してくれるだろうか?君の同級生達は?寮の人達は?」

カリアンの言葉が、レイフォンを追い詰めていく。

「期待を裏切られた時、人がどんな反応をするか、君は身を持って知っているはずだ」

知っている……良く知っている。
痛いくらいに……知っている。

「ただ、金が欲しいばかりに君は……」

全てが、カリアンの掌で踊っているようだった。

「可哀相だね、君は」

だけどこれは、カリアンも、当然レイフォンも知らない。
フェリは知ったのだ。
カリアンがレイフォンのことを知るために、グレンダンから取り寄せた新聞を、兄の目を見て盗み読み、知ってしまった。

「好かれたくて迎合して生きているのに、仮面が剥がれると裏切り者扱いされるんだ」

レイフォンの過去を。
その事を、レイフォンもカリアンも知らなかった……





















あとがき
正直、オリバーに関してはやってしまいました(汗
彼はロリコンです。



[15685] 3話 対抗試合
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:8aa92727
Date: 2010/04/26 19:09
「うわあっ!?」

夜中だと言うのに、夢に魘されて目を覚ます。

「夜中にうるせぇぞ!レイフォン」

「す、すいません……オリバー先輩」

隣の部屋のオリバーが起きてきて、苦情を訴えてきた。
寮の壁という物は案外薄く、少し騒げば音が隣に聞こえるのだ。
当然、叫び声を上げたレイフォンの声はオリバーの睡眠を妨害する。

「まったく……悪夢って奴か?いい歳して夢に魘されてんじゃねーよ」

「はい……」

オリバーの言葉に頷くレイフォン。
そう、まさに悪夢なのだ。
カリアンに弱みを握られ、それをばらされたくなければ小隊戦に勝てと言われた。
それはまごうことなき脅迫であり、レイフォンの悪夢はそれをばらされた時の事。
レイフォンの過去の行いをフェリやニーナ、この学園中の生徒にさらされた時の悪夢だ。

『レイフォン、あなたを軽蔑します』

フェリにそんなことを言われる夢を見た。

『卑怯者』

ニーナに罵倒される夢を見た。

『もう、話しかけないでください』

メイシュンやナルキ、ミィフィに見放される夢を見た。
その他にも、ツェルニ中の学生から非難される夢を見た。

「おい?どーした、レイフォン。大丈夫か?」

「あ……はい、大丈夫です……」

こうして自分の心配をしてくれたり、気軽に話しかけてくれるオリバーもいるが、彼も事実を知ったらレイフォンを批判するのだろうか。
嫌、おそらく批判する。自分を罵倒する。
レイフォンは、そう思っていた。

「そうか?じゃ、とっとと寝ろ。明日も学校だろうが」

「はい……すいませんでした」

知られるわけには行かない。誰にもだ。
だが、だからと言って小隊戦に勝利してどうする?
自分が本気を出し、試合に勝つこと事態は可能だ。簡単過ぎる。
だけどそれで勝ってしまえば、次は生徒会長は何を要求してくる?
レイフォンを無理矢理武芸科に転科させ、小隊に入れたカリアンは次に何を望む?
ずっと弱みを握られ、レイフォンは脅され続けるのか?
そんなことはごめんである。

だが……ならばどうする?どうすればいい?
レイフォンにはわからない……わからないまま、その日は来た。
第十七小隊の初の試合。対抗試合の日は。























『やってきました対抗試合!天気はもちろん快晴。本日は4試合が行われます』

エアフィルター越しだと言うのに、透き通るほど青い空。
スピーカーから司会役の運営委員解説が、会場、野戦グランドへと響く。
観客席は、既に歓喜へと包まれていた。

『注目はなんと言っても3戦目。第十六小隊と第十七小隊!!早くも人気の第十七小隊、初試合です!!』

レイフォンの所属する第十七小隊は、その3戦目。
今までは小隊定員の4人が揃っていなかったために、今日が第十七小隊自体の初陣なのである。


『いよいよ注目の、第3試合が始まります!』

そして、その時は来た。
グラウンドへと続く狭い通路を歩きながら、尚もレイフォンは考え込む。

(負けるか、勝つか……)

答えは出ない。どうすればいいのかわからない。
誰も彼の疑問に答えてはくれない。誰にも相談する事はできない。

『十七小隊隊長、ニーナ・アントーク。最年少の美人隊長!初の試合でどれだけ健闘するか注目されます』

司会がニーナの紹介をする。
彼女からすれば、この試合にはどうしても勝ちたいのだろう。
ツェルニを護ると誓ったから、そのために強くなると誓ったから。
そんな彼女の想いは、訓練の時から良くわかっている。それに、それは彼女との付き合いが長いハーレン・サットンから聞いた事でもある。
レイフォンの錬金鋼を調整する時に聞いたのだが、ニーナがツェルニに来た時は幼馴染である彼の協力を得たらしい。

『続いて隊員。4年、シャーニッド・エリプトン。狙った獲物は必ず落とす!ツェルニ屈指の色男。客席から花が飛びます!』

そして、良くわからないのがシャーニッド。
訓練をよくサボるなどしてやる気はないが、実力は結構高いらしい。
美形であり、取り巻きと言うかファンクラブのような物まで存在する。
現に今も、客席にいるファンの女性からは、声援と花束が投げ込まれている。

『2年、フェリ・ロス嬢!今年のミスコンで、1位間違いなしと予想されます!』

しかし、人気だったら彼女も負けてはいない。
レイフォンと同じようにカリアンに無理矢理転科させられ、小隊に入れられたフェリ。
彼女もかなりの美少女であり、ファンクラブも当然の様に存在する。

『おおっ、親衛隊のフェリソングが!』

しかも歌を作られるほどに。
だけどフェリの表情は、いつもどおりに無表情で無関心だった。

『そして……1年ながら小隊員にスカウトされた期待のルーキー、レイフォン・アルセイフ!……おおっと、早くもファンが!』

そしてレイフォンの紹介。
だが、彼には余裕なんてなかった。
客席から少数の歓声が飛び、それを司会が煽るものの、レイフォンにはそんなことを気にする余裕はない。

(満席のグランド……真っ青な空……何もかも、あの日と同じ……)

酷似している。
今のこの状況が、レイフォンが起こした事件と似ている。

(負ければ過去を暴露される。脅しに屈して本気を出したら、ずっと生徒会長の奴隷だ。負けても、勝っても……僕に未来はない)

その事がレイフォンを追い詰める。
過去をさらされるのか、カリアンの狗となりさがるのか。その違いしかないのだ。
そのどちらに転がったとしても、レイフォンに明日はない。

「レイフォン!どこに行くんだ!」

その重圧に耐え切れず、レイフォンは今来たばかりの通路を戻って行く。
それを止めようとするニーナだが、レイフォンは奥へと行ってしまった。

「おいおい、あんなんで大丈夫かよ」

その光景を着て、試合前の挨拶に訪れた十六小隊の隊長が口を開く。

「タレント合戦やるんじゃないんだぜ。勝敗は人気投票でなく、実力が決める。よろしく、美人隊長さん」

皮肉を込めた言葉で、手を差し出してくる相手。

「……実力でも、負けないつもりです」

取り合えずレイフォンは放っておき、ニーナも多少皮肉そうに返しながら手を取り、握手を交わす。
始まる前から既に両者は、異様な雰囲気に包まれていた。



















「オッズ、33対1とか初めて見たぜ!」

レイフォンが多少でも気持ちを落ち着けるために、蛇口をひねって顔を洗っていると談笑が聞こえてくる。
それもかなりの大勢だ。

「こんな試合、やる前から結果は出てるじゃんか」

「十七小隊って、この間出来たばっかだろ?」

「おまけに人数も少ないしなあ」

その会話から察するに、どうやら賭け事らしい。
真正な試合で、しかも学生同士のもので賭け事をするのは普通はご法度なのだが……それでも賭ける者は多数おり、あくまで公認はされておらず、都市警にも黙認状態とされているのだから。
もっとも、この会話を聞いたからと言って、別段咎めようとしたり、怒ったりしないレイフォン。
そもそも、賭け事に関してはレイフォンには咎める資格すらない。

それに、十七小隊のこの評判も仕方のないことだ。
先ほども言ったが、出来たばかりの小隊だし、ニーナやシャーニッドも前はそれなりに有名だった小隊員らしいのだが、フェリはやる気がなく、加えてレイフォンは注目されていても、所詮は1年生。
それに人数も、定員ギリギリの4人しかいない。
小隊の上限は7人までであり、十六小隊の人数は5人。
たった1人の差ではあるものの、こういう試合ではその1人すら侮れないのだ。

だからこそ、この評価は当然。
賭ける人達は皆、十六小隊へと賭けていた。

「私、十七小隊に賭けるよ」

周りが少し唖然とする中、十七小隊に賭けると宣言した少女の声が響く。
レイフォンも少し興味が出てそちらの方を見てみると、その人物はミィフィであった。

「……そうだな……万が一勝つかも知れん」

賭けを仕切っていた人物が、万が一と言うことも考えてそうつぶやく。
可能性は低いが、確かに負ける可能性は0ではない。勝つ事だって、十分にありえるのだ。

「ニーナだって、シャーニッドだって前から小隊員だったわけだし……」

「フェリ先輩だって生徒会長の妹でしょ。なんか凄そうじゃん?」

「そうだな!」

「そうそう!だから十七小隊、応援しようよ!」

ミィフィの言葉に乗せられるように、何人かの学生は十七小隊に賭けたり、応援したりしてくれようとしている。

(ミィフィ……)

そんな彼女を見て、レイフォンは少しばかり気が楽になった。

(そうだ……僕が強くなかったって、十七小隊は勝つ可能性があるんだ)

蛇口を逆さにし、水を飲む。
レイフォンには活路が見出されたように思え、少し落ち着いていた。

(そうか……!本気を出さないで勝てばいい。僕は目立たず、十七小隊を勝たせればいいんだ)

実力を見せずに、試合に勝てばよい。
それがレイフォンの出した結論。
カリアンはそれで諦めるかどうかわからないが、少なくとも達成できればましな現状になると思う。
取り合えず、今を誤魔化せればいい。レイフォンはそう思っていた。

「レイフォン」

そんなレイフォンに、背後から声がかかる。

「フェリ先輩……」

「……行きますよ」

その人物はフェリで、試合がもうすぐ始まるために呼びに来たらしい。
レイフォンはフェリについて行き、再び狭い通路を通っていった。


「今まで通りでいいんです」

その途中で、フェリが口を開く。

「レイフォン、私達は普通の人間です。たまたま才能があるからって……力を出すか出さないかなんて、私達の自由なんです」

それはレイフォンに言っているのだろうが、自分にも言い聞かせているかのような言葉。
だが、どこか重みのあるその言葉に、レイフォンは何故だかわからないけど少しだけ気が楽になった気がした。
そして……レイフォンは再び、グランドの土を踏む。

『戻って来ました、レイフォン・アルセイフ!』

司会が戻ってきたレイフォンの名を呼び、現在は試合前の作戦会議だ。

「いいか、こちらが攻めで、向こうが守り……私とお前が囮。シャーニッド、フラッグの狙撃は任せたぞ」

「おう」

ルールは単純で、攻め側は守り側のフラッグを落とせばいい。または、相手を全滅させれば勝利となる。

守り側はと言うと、時間内フラッグを守りきるか、相手の司令官、つまりは小隊隊長を潰せばいいのだ。

もっとも錬金鋼は安全装置、刃止めをされており、それで斬られるなんて心配はないし、シャーニッドのような狙撃手もゴム弾などを使うために、死人なんてものはまず出ない。
それでも怪我人などは多少出てしまうが、それは仕方のないことだろう。

『さあ……試合開始です!』

「行くぞ!」

試合が始まる。
典型的で堅実的な作戦。
もっとも、人数の少ない十七小隊にこれ以上の作戦はないかもしれないが……

グランドに植えられた樹木の間をニーナと共に走りながら、レイフォンは考える。

(どうすれば勝たせられる……)

自分が目立たずに、十七小隊を勝利に導くにはどうすればいいのか?

「フェリ、敵の位置は」

『敵のフラッグの側に5つ』

ニーナが念威操者であるフェリに、端子越しに位置を確認させる。
すると相手は、自分の陣の前で十七小隊を待ち構えるように構えていた。

「いたぞ」

声を出来るだけ小さくし、レイフォンに伝えるニーナ。
だが気配を殺したり、殺剄を使ったりはしない。
自分達は囮で、撹乱が目的なのだから。
相手はそれを迎え撃つ気だ。ならばどうする?

(こっちは隊長を倒されれば負ける。5対2でどうすれば……)

5人全員を、1人で倒す事は可能だ。
だが、それでは間違いなく目立ってしまうし、カリアンの思惑通りだ。
だから単純で、最も簡単なこの手は使えない。
ならば……

「ニーナ先輩、上!」

「えっ?」

レイフォンは気づいた。罠の存在に。
罠は守り側にだけ設置を認められており、迎え撃つ気だった十六小隊には当然設置されていた。
それに気づいたレイフォンはニーナの視線を上に逸らし、誰にも気づかれないように素早く、一瞬で剄弾を放つ。それは、司会や観客などにも気づかせない速さで。

この場には土で出来た山、がけのような物が存在し、ロープが切れると発動するタイプの罠が仕掛けられていた。
レイフォンの剄弾はそれを切断し、罠を発動させる。
そうする事により崩れる崖。
その土砂により、下にいた十六小隊隊員が犠牲になった。

(やった!)

「なんだ……!?敵が……勝手に……」

思惑通りに行った事に、安堵の息を漏らすレイフォン。
だが、ニーナからすれば十六小隊が自分の罠にかかり、自爆したようにしか見えない。

「シャーニッド、今のうちに走れ!」

『任せときなって』

だが、それは間違いなく好機であり、シャーニッドに今のうちに狙撃位置まで走るように命じるニーナ。
自爆したとは言え相手は武芸者だ。
あの程度の土砂崩れでは仕留めることなんて出来ない。
と言うか、自分の罠で仕留められるなんてまぬけな話だ。



だが、次々とそのまぬけな展開が十六小隊を襲う。
だが、彼らがドジなのではない。何故なら原因は、レイフォンなのだから。

走り、相手を撹乱しながら罠のトリガーである仕掛けを壊す。
基本がロープを切ることで発動する罠が多く、スキをついてレイフォンはそれを切る。
また、ちょっと押したり、足を引っ掛けたり、地面を誰にも気づかれないように叩いて落とし穴を発動させ、十六小隊の隊員をはめる。

(このまま上手くいけば……)

相手のミスに見せた、レイフォンの見事な手際。
だが、それは撹乱をする事は出来ても、武芸者である敵を倒すには至らなかった。
一般人より身体の丈夫な武芸者。罠はほとんど足止めのようなものであり、如何にレイフォンが原因とは言え罠の自爆で敗退するほど、十六小隊は弱くないのだ。


















「きゃっ」

「また崖崩れ!」

この試合を観戦していたメイシェンが音に驚き、小さい悲鳴を上げる。
ミィフィは双眼鏡片手に、再び崩れる崖を見ていた。

「十六小隊ボロボロだな……トラップに自爆なんて、初歩的なミス……」

武芸科であるナルキは、剄による視力の強化で双眼鏡なんて使わなくとも見ることは出来る。
もっとも、試合会場に取り付けられているモニターを見ればいい話だが……何にせよ、まだ1年生で未熟ながらも武芸科であるナルキでさえ、レイフォンの行動には気づいていない。
そもそも、果たしてこの中の何人がそれに気づいているのか?
あるいは、誰も気づいてすらいない可能性もある。それほどまでにレイフォンの手際は速く、見事だった。

「もしかしてレイとん達、勝っちゃう!?」

友の応援、または先ほど賭けた試合のオッズを考え、そう漏らすミィフィ。
正義感の強いナルキに賭けた事は叱られたが、都市警も黙認しているわけだし、別に犯罪ではない……多分。
そしてこの状況から、十分、十七小隊の勝利もありえるのではないかと思うミィフィだったが……

「また!」

会場に、先ほど発生した崖崩れよりも大きな轟音が鳴り響く。
するとその映像はモニターにも流れており、爆発に巻き込まれるニーナとレイフォンの姿が映し出された。

「レイとん!」

またも、メイシェンが悲鳴を上げる。

「レイとんが死んじゃう……」

「隊長さんを庇って、地雷を踏んだんだねぇ。まー、平気でしょ。武芸者はあれ位、日常茶飯事」

「剄脈があって、普通の人と違うからな。剄で戦うだけでなく、肉体を強化してるし」

「でも……」

確かに一般人ならば大怪我必至の光景だったが、剄で強化できる武芸者に取ってはあの程度、特に問題ではない。
それに怪我をしても、武芸者ならば一般人よりもはるかに早く怪我は完治する。
それは彼女の友人、ナルキも一緒なのだが。

「レイと……」

だからと言って友人がやられているところを見て、メイシェンが無関心でいられるわけがない。
と言うか、誰だって心配はするだろう。怪我すればいたいのだし、優しい人なら当然だ。

更に、地雷を踏んだレイフォン達はまだ気を失っておらず、当然、今まで散々罠にかかった十六小隊の隊員達も戦闘続行は可能だ。
今の罠で流れを変えるべく、スキをついて1人が接近し、レイフォンに攻撃を仕掛ける。
それは本気のレイフォンなら楽に避けられるが、今のレイフォンには避けられない。

「きゃあああああああ」

攻撃を受け、メイシェンが悲痛な叫びを上げた。
だけどその叫びは、レイフォンには聞こえない。

(満席のグラウンド。歓声が聞こえる)

レイフォンは地面を転がった。攻撃を受け、何度もごろごろと転がる。
立ち上がろうとするも、そんなスキは与えないとばかりに追撃をかけられた。
向こうではニーナが、隊長格とやり合っている。
レイフォンには1人が攻撃を仕掛け、なかなか倒れない事からもう1人が援軍で来て、さっさとレイフォンを仕留めようとしていた。

(青い、青い空。そうだ、試合だっけ)

刃止めされているとは言え、何度も攻撃を受けていい加減、意識が朦朧とし始めた。
打撃を何度も受け、頭からは血が流れている。

(勝って金を手に入れないと……負ける……)

そう、意識は朦朧としている。
だからレイフォンは、これが対抗試合だなんて思っていなかった。

(だめだ、倒れたら……せっかく、うまく行ってたのに)

止めを刺そうと、相手が2人同時に攻撃を仕掛けてきた。
得物は剣と根。それをレイフォンに振り下ろす。

(こいつを倒さないとおしまいだ。勝て!)

それをレイフォンは剣で、ハーレイが設定した青石錬金鋼で受け止めた。2人の攻撃を同時にだ。
そして、そのまま一閃させる。

「なっ……」

正確には、一閃ではない。
まず一撃で両者の武器を弾き、1人に追撃をかけて吹き飛ばす。一瞬による二連撃。
それを受けて吹き飛ばされ、1人は背後に下がってしまった物の、武器を弾き飛ばされただけのもう1人が驚愕する

「消えた!?」

何故なら、レイフォンの姿がないからだ。
今までは、本当についさっきまでは目の前にいた。そこにいた。
そこにいて、自分達を攻撃したのだ。
だと言うのに……レイフォンの姿がない。

「いないぞ」

「どこに……」

吹き飛ばされた者は立ち上がり、ニーナの相手をしていた隊長もレイフォンを脅威と感じる。
お陰で、いい具合に3人が3人とも固まった。
機動力を売りとする十六小隊は、失態を犯してしまった。
そして、3人とも気づいていない。レイフォンはもちろん消えたのではなく、ただ上空に跳んでいただけ。



そして、今度こそ一閃。
着地する間もなく、レイフォンは空中でそのまま剣を振った。
一閃、一撃なのだ。その一撃で、レイフォンは十六小隊の隊員3人を、まとめて弾き飛ばした。

「はあっ……」

着地した後、ひと安心し、ため息をつくレイフォン。
彼の意識は、未だに朦朧としている。少し、頭を打ちすぎたのだ。
そして、既に3人はレイフォンにより、戦闘続行は不可能な状態へと陥っていた。
十六小隊に残っているのは、身体能力が一般人とあまり変わらない念威操者と、接近戦が得意ではない狙撃手だけ。これでは、実質的な全滅と一緒だ。

「おまえ……」

隊長に苦戦していたニーナは、気絶などはしていないために十七小隊の負けはない。
だけど今の光景が、レイフォンがやった事が信じられずに呆然としている。
ニーナだけではなく、会場までもが静まり返っていた。

『フラッグ破壊。勝者、十七小隊』

静まり返った会場。審判の声がその静寂を打ち破り、十七小隊の勝利を告げる。
シャーニッドが作戦通り、狙撃でフラッグを打ち抜いたのだ。
そして、レイフォンが成した事に静まり返ってしまった会場だが……

「「「「「ワアアアアアアアアアア!!!」」」」」

盛大な歓声が響いた。

「スゲッ……今のなに!?」

「速すぎ。見えねェって!!」

「大穴来たー!!」

口々に感激し、感心し、驚愕していく観客達。

「……あ」

その大声援に、朦朧とした意識が戻ってきたレイフォンは気づく。

(しまった)

己の失態に。

「見たか。止めは俺様の一撃だ!!」

シャーニッドが自慢げに宣言するが、そんなことはレイフォンにはどうでもいい。
自分は、やってしまったのだ。

(どうして……いつも、こんなことに)

朦朧とはしなくなった意識だが、遠くなっていく意識。
頭を打ちすぎ、少しだけ血を流しすぎた。

(もう、終わりだ……!)

薄れ行く意識の中、レイフォンは絶望を味わいながら意識を手放すのだった。



























『十七小隊、目標撃破ーーーーーッ!!狙撃手は4年、シャーニッド・エリプトン』

「ここ、いいだろ!」

暗幕の下ろされた薄暗い部屋で、シャーニッドはスクリーンに映ったフラッグを撃ち抜く自分の姿を指差す。

「俺だよ、俺様。やっぱりカッコいいねえ!」

自分をアピールしながら、偶然この場にいたかわいい少女、メイシェンに声をかけるシャーニッド。
『お嬢ちゃん、今晩どう?』なんていっている辺り、ナンパである。
普段ならニーナでもいれば、注意するなり制裁を入れるなりするのだが……ニーナはこの場にはいなかった。
せっかくの、『第十七小隊』初勝利と言う祝賀パーティだと言うのに。
周りには、彼女達十七小隊の友人達がせっかく、お祝いに来てくれたというのに。

「もっかい!レイフォンが倒す所リプレイ!」

「……………覚えてろよ」

せっかくいい雰囲気(シャーニッド的に)でのナンパ中だったと言うのに、空気を読まずにハーレイが画面を操作する。
巻き戻しし、レイフォンが十六小隊の3人を倒した場面に戻したのだ。
さっきのシャーニッドの映像は、その後に彼がフラッグを撃ち抜いた為に必然的に流れた映像である。

「うわ、スゲー!!」

「かっこいー!」

そして、再び流れるレイフォンの映像。
上空に跳び、着地すら待たずに小隊の3人を瞬殺する姿が映し出される。

「どうやってんのコレ?衝剄のワケないよな……手品?」

「すっごいねえ……」

何度見ても、嫌、映像だが何度も見たからこそわかる。
レイフォンは凄いと言う事が。
あの動きが、人間離れしているしていると言う事が。

「途中まで空気だったのに、こっから超人だよね」

「どんだけ強いんだか、アイツ……」

ミィフィとナルキも感心したり、呆れたりしながらこの映像を見る。
だけど、

「ところで、レイとんは?」

「さあ……」

「まだ保健室?」

主役であるはずのレイフォンの姿が、レイフォンの姿もなかった。
ニーナだけではなくレイフォン、そしてフェリもだ。
結果、せっかくの十七小隊初勝利と言うこの祝賀パーティには、十七小隊のメンバーはシャーニッドとハーレイしかいない、かなり寂しいものとなっているのだった。
























「レイフォンは何処だ!?」

祝賀パーティに参加していないニーナは乱暴に保健室のドアを開け、怒鳴るように言う。
彼女の言葉どおり、探しているのはレイフォン。
そして彼には、聞きたい事がある。

「ここにはいませんよ。私も探しているのですが……」

そんなニーナに答えたのは、何故か保健室にいたフェリだ。
レイフォンは試合の後、意識を失ったために保健室へ運ばれたのだが、もう既に意識は戻ったらしく、怪我も大した事ないらしいのでここから姿を消していた。
祝賀パーティにも出ずに、現在もニーナ達から姿を隠しているのだ。

「あっ」

そんな彼女達を、逆に見つけ出す人物。

「いたいた、隊長のニーナさんと、アイドル、フェリ嬢!」

その人物はカメラを手にしており、方には大きめのかばんをかけている。
まるで記者のようないでたちだ。

「週刊ルックンです。十七小隊の番狂わせ、勝利インタビューを……あれ、レイフォンさんは?」

まぁ、実際に記者だったが。
それも、この学園都市ツェルニで、一番売れている雑誌、週刊ルックンだ。
その記事の内容はやはり、レイフォンの活躍や十七小隊の勝利に関してらしい。
自社が出版している雑誌を片手に、記者がニーナに質問をしてくる。

「今、忙しい」

だと言うのに、ニーナの反応は冷たい。それどころか、恐ろしい。
確かに取材されるなんて光栄だし、下馬評をひっくり返しての十七小隊の勝利は嬉しい。
だけど、今はそんなことよりも重要な事があった。

「帰れ」

記者が持っていた雑誌を取り上げ、握り締めながら『帰れ』とだけ告げる。
殺気すら含み、睨みを利かせてだ。

「ま……またきますぅ」

武芸科でもない一般の生徒であろう記者は、ニーナの殺気を恐れて一目散に撤退をした。
その時、彼が持っていたであろう写真が落ちる。それをフェリが拾った。
その写真は、試合が始まる前に撮った十七小隊の集合写真である。

「……一体」

だが、ニーナはその写真にすら気づかない。
それよりも気になるのは、先ほどの試合の事。
レイフォンの事。

「あいつの、あの異様な強さはなんだったんだ……!!」





















そのレイフォンは、住宅地の人気のないところで膝を抱え、体育座りをしていた。
時間帯は既に夜。そして、レイフォン自身は見るのも明らかなほどに落ち込んでいる。

(対抗試合で僕は、途中からつい本気を出してしまった。敗北寸前だった十七小隊は、一気に逆転勝利。そして僕は……)

悩むのはやはり、あの試合の事だ。

「なんでやっちゃたんだろう……」

やってしまった。
あの事件と酷似していた状況ので、レイフォンは朦朧とする意識の中で……

「カリアンは……」

だが、試合には勝ったのだ。
まず、カリアンがグレンダンでのことをばらすなんて事はしない……はずだ。
これからも脅され続ける可能性は捨てられないが。

「でも……派手にやっちゃったし……ニーナ先輩は……強いのバレただろうな……何言われるんだろ……」

そしてニーナは、彼女だからこそレイフォンの事を問い詰めてくるのだろう。
強いレイフォンの事を。そして、なんでその実力を隠していたのかと言う事を。

「ニーナ先輩も、あなたを探していましたよ」

頭を抱えて悩むレイフォンにかけられる声。
その声に頭を上げると、

「フェリ先輩……」

そこには、フェリがいた。
あの時、フェリはニーナに嘘をついていた。
確かにレイフォンのことは探していた。だけど念威操者であるフェリがその気になれば、彼をすぐに見つけ出すことなんて容易い事なのだ。

「さっき、生徒会室にすごい剣幕で駆け込んでましたよ」

気づかないニーナもニーナだが、それを彼女に教えなかったのは、フェリがレイフォンに話があるから。
出来ればニーナには聞かれたくない、レイフォンにとっては重要な話。

「約束もあるから、兄も全部は話さないでしょうけど、いくらかは知ってしまうでしょうね」

「約束って……全部って……」

その言葉をフェリから聞き、レイフォンには嫌な汗が流れてくる。
前にニーナに伸された時、保健室でフェリが言っていた言葉を思い出す。
思えばフェリは、あの時から何かを知っていた感じはした。
全ては知らなくとも、何かを知っている感じがした。

「どうして私が、いつもこんな役を……」

フェリは兄からの伝言などや、レイフォンを小隊に入れる時にはニーナにそういう役割を押し付けられ、今回のこの経緯からも多少不満らしい。

「それ……」

そんな文句を言っていた彼女が、持っていた写真にレイフォンは視線が行く。

「週刊誌の記者が落としていきました。あなたを探していましたよ」

説明を受け、その写真を渡されるレイフォン。
写真には試合が始まる前の、十七小隊のメンバーの姿が写っている。

(これを撮った時は、まだ試合前も始まる前で、やり直せるはずだったのに……)

それはもしも、IFの事でしかない。
わかっている……後悔しても無駄だと言う事は。
けれど、今のレイフォンには、後悔する事以外できなかった。

「……どうして、本気を出してしまったんですか?」

無言となったレイフォンに、フェリが声をかける。
今日の試合の事について、尋ねる。

「話さないと、私がせっかく約束したのに……」

『2人だけの秘密です』と、ガトマンを倒した時、確かにフェリはそう言った。
あの時はレイフォンは救われた気がして、また、初めてフェリの笑顔を見て少し癒された。
あの時以来、またもフェリの笑顔を見れていないが……なんにせよ、フェリは話さないと誓ってくれたのだ。
それを、レイフォンは無駄にしてしまった。

「どうして……だろう」

だけどその理由は、自分でもわからない。

「僕はいつも失敗ばかりで……」

朦朧とした意識の中で、ついやってしまった。
それに、いつもそうだ。
レイフォンは肝心なところで、失敗したり、間違えたりしてしまった……

「力を隠しているのは難しいものです。でも……」

確かに力を隠すのは難しい。
フェリとしても自分の才能なんて、欲しくもなかったし誇れるものではないと思っている。
それでもその力を、つい使ってしまう。
便利だからと、外の世界が見てみたいからと。
だけど、それでも……兄の思惑通りに戦ったり、念威操者となったりするのは嫌だった。

「フェリ先輩」

続けようとするフェリに、レイフォンは彼女の言葉を止めて尋ねる。
前からずっと思って、気にしていた嫌な予感……

「あなたはもしかして、全部……」

「ええ、知っていました」

それは最後まで言い終わらずに、現実だと理解させられた。

「グレンダンにいられなくなったことも。兄に脅されていたことも。賭け試合のことも……」

フェリは全て知っている。
全てを知ったのはつい最近だったのだろうが、前々から少しは知っていた。
それを告げられ、レイフォンの視界は周りの夜の闇よりも真っ暗になった気がした。

(終わった……)

終わった。終わってしまった……
もうレイフォンに、先(未来)はない。
持っていた写真を握り締め、レイフォンは絶望した。

「レイ……」

「そう、僕はそういう人間です」

フェリの言葉を遮り、写真を放り捨ててから立ち上がる。
フェリを避けるように、遠ざけるように。

「だからあなたも、もう関わらない方がいい」

それだけを言い残し、レイフォンは足を進めた。
フェリから逃げ出すように。



(全部終わった)

当てもなく歩きながら、レイフォンは足を進める。
どこに行けばいいのかなんて、まるでわからない。

(ニーナ先輩も、じきに真実を知るだろう)

夢で見たように、ニーナたちがレイフォンを非難する姿が思い浮かぶ。
先ほどフェリから逃げたのだって、そうなるのが嫌だったからだ。

「レイフォン!」

だけどフェリは、そんなレイフォンを追いかけてきた。

「待っ……」

レイフォンを止めようとするが、彼も止まらない。
いつの間にか養殖科、レイフォンとフェリが初めて会った羊の柵のところまで来て、フェリがレイフォンの手を取ろうとして腕を伸ばす。

「あっ」

だが、地面にあった石に躓き、

「きゃ……」

小さな悲鳴を上げ、転んでしまう。
そうする事により、地面にぶちまけられてしまったフェリの荷物。
かばんがちゃんと閉まっていなかったと言うこともあり、ノートやら筆記具、ハンカチまでもが当たりに散らばっていた。
その散らばったハンカチを、柵の向こう側から首を伸ばして噛み始めるフリーシー(仮)。

「~~~~~」

その出来事に情けなさそうな表情をするフェリと、流石に足を止めるレイフォン。
この時、少しだけだが情けなさそうな表情に変化したフェリを、レイフォンは不覚にもかわいいと思ってしまった。

「……黙っていたのは謝ります。兄にも、何も言えなくて」

それでも、フェリとしては真面目に、地面に倒れたままだけどレイフォンに述べる。
せめて、話だけは聞いて欲しいから。

「あの人、昔はあんなじゃなかったのに……」

フェリは兄には逆らえない。
そしてフェリも、現在の兄を恨んではいるものの、昔の兄は好きだった。
変わる前の兄は……でなければ、いくら兄妹だからって、寮で一緒に生活なんてしたりしない。

「違うんです」

レイフォンはハンカチを噛むフリーシー(仮)から、そのハンカチを取り上げながら答える。

「僕が全部悪いんです。あなたが、気にする事はない」

フェリのノートを拾い上げる。
フェリは関係ないと、何も悪くはないと。彼女は気にする必要はないと。
今でも後悔はしていなくて、やった事は間違いではないと断言できる。
だが……悪いのは自分なのだと。

「……もう、いいのではないですか?」

「……え?」

そんなレイフォンに向けて、フェリは真剣に問いかける。

「あなたは充分頑張った。それでもう、いいでしょう。ガトマン・グレアーに追われて、兄には脅され……それでも、力が勝手に出てくるのは自然で、力を抑えているのが大変なのか私もわかります。一緒ですから」

「フェリ先輩……」

何度目だろうか?
彼女の言葉に、救われたように感じるのは。

(ゆるして、くれる……?)

そしてフェリは、なんで本気を出したのかとは尋ねてきたものの、レイフォンを責めてはいない。
事情を知っていても、彼を責めてきたグレンダンの人達とは違う。
リーリンの様にわかってくれて、彼を責めないで、許してくれた。
それがどうしようもなく、本当に嬉しかった。

「なんだかあの時と一緒ですね。ガトマン。グレアーに追われて、一緒にここを走った……」

幼馴染で兄妹の様に育ったリーリンとは違う感覚をフェリに感じながら、レイフォンは彼女の手を取って言う。
転んだフェリを立ち上がらせるために取ったその手だが、その時、ガトマンに襲われたときにフェリが言った言葉を思い出した。

『一緒に、逃げましょうか……?』

「……他にも……学園都市はある……」

そうだ、そうすればよかった。
多少手間はかかるが、ここにいるよりはずいぶんましな方法。
そして運の良い事に放浪バス、汚染物質にまみれたこの世界を渡る方法、レギオスの間を移動する不定期な乗り物は現在、ツェルニに訪れている。

「……そうだ。その方がずっと簡単じゃないか」

「レイフォン……?」

様子の変わったレイフォンに、フェリは疑問を感じる。
だけどレイフォンからすれば、どうしてこの事に気づかなかったのかが不思議だ。

「フェリ先輩、僕はツェルニを去って他の都市に行きます。1年遅れるかもしれないけれど、どこかで傭兵でもやって、学費を稼いで、きっとなんとかなります」

戦うのは本来嫌だが、ここに残るよりはいい。
それに、自分は汚染獣の退治を専門にやってきたのだ。
グレンダンはちょっとした例外だが、汚染獣の退治はかなり高額の報酬が得られる。
グレンダンでもかなりの額だったそれは、他の都市だとどれくらいになるのだろうか?
毎週の様に、毎日の様に汚染獣と遭遇していたグレンダンの様には行かないかもしれないけれど、それでも学費なんかは余裕で稼げるはずだ。
それに、何処の都市も優れた武芸者を欲しがっている。
レイフォンほどの実力があるならば、十分にやっていけるはずなのだ。

だが、それはツェルニを離れるという事で、実質的には別れをフェリに告げるレイフォン。
だから、

「私も行きます」

即答で答えた彼女の言葉が、レイフォンにはあまりにも意外だった。

「何を……」

何を言っているのか、わかって言っているのかと思ってしまう。

「ちょうど私も、行こうと思っていたんです」

「そんなこと、できるわけないでしょう。フェリ先輩はここに、生徒会長もいるし……」

動揺する。
まさか、フェリがこんな事を言うなんて思っていなかったし、フェリにも友達は……たぶんいるだろう。
それに家族であり、兄のカリアンがいる。
それだと言うのにこの都市を出て、レイフォンについて行くと言うのだ。

「僕はここに一ヶ月しかいなかったんです。だから、なんのしがらみもない」

「大会が始まれば、バスが来なくなる。出るのなら今です」

「フェリ先輩!」

「そうと決まったら、早い方がいいです」

「だいたい逃げるなら、別々の方がずっと安全です」

「すぐ支度してきます。1時間後にここで待ち合わせしましょう」

フェリを説得しようとするレイフォンだが、フェリはまったく聞いていない。
どうやら本気で、彼女もついてくるつもりらしい。
半ば呆れ、頭に手を置くレイフォンだったが……

「レイフォン、はい」

そんな彼に、先ほどレイフォンが放り捨てたはずの写真を差し出すフェリ。

「私の生写真なんて、めったに手に入らないんですから大事にしてください」

フェリは小さく笑い、そう言った。
ミスコン1位であり、彼女の容姿もあって人気の高いフェリ。
そんな訳で、彼女の笑顔の写真なんかはかなり高額で取引されるらしい。
そんな訳で盗撮しようなんて輩もいるわけだが、念威操者であるフェリがそんなものを見破れないわけがない。
そんな訳で、実際にかなり貴重なフェリの写真。
十七小隊のメンバーとまとめて撮られているが、十分価値のあるものだった。

「……ありがとう」

それを受け取り、感謝の言葉を漏らすレイフォン。
再び見た彼女の小さな笑みは、レイフォンの荒んだ心を少しだけ癒してくれた。


























(でも一体、どうやってフェリ先輩と逃げ出す気だ?)

荷物を取りに寮に戻る中、レイフォンは一抹の不安を孕んでいた。

(あの、陰険眼鏡に捕まるに決まってる。手に手を取って逃避行だなんて、バカげている)

あのカリアンが、みすみすレイフォンとフェリをツェルニの外へと逃がすだろうか?
放浪バスで都市の外に出るには、簡単だが書類を書かねばならない。
その書類が集まり、目を通すのは学園都市の上である生徒会、つまりはカリアンが長を務める組織である。
偽名でも使う?そんな簡単に書類を偽造でき、なおかつ検問を騙せるなら苦労はいらない。
レイフォン1人なら何とかなるかもしれないが、ミスコン1位として有名で、カリアンの妹であるフェリは大丈夫なのか?
半ば放浪バスに乗れたとしても、追っ手などを送られたりはしないのか?
そんな不安が、レイフォンにはあった。

「だけど……」

このままここにいられないのは事実。

「これ以上、悪くなることなんてない、さ……」

それにこの結果以上、悪いことにはならないだろうと思ってレイフォンは部屋へと入る。
グレンダンから持ってきた少ない荷物をまとめ、軍資金となる通帳を眺める。

「当面は大丈夫……これだけは陰険眼鏡に感謝だな」

皮肉にカリアンが施した、Aランクの奨学金により、多少の余裕はある。
今まで散々な目に合わされたレイフォンだが、これには素直に感謝した。

(そういえば、オリバー先輩はまだ帰っていないのかな?)

ずうずうしいが、少しはお世話になったお隣のオリバー。
彼は何でも、現在は友人が所属する別の小隊の祝勝会に参加しているらしく、まだ帰っていない。
出来れば今は、誰にも会いたくないレイフォンにとってはありがたい事ではあるが……

「なんだ……?」

トランクに荷物をまとめ、反対の手にはグレンダンから着てきたコートを持ち、この寮を去ろうとしたレイフォン。
だが、部屋に入るときには気づかなかったのだけど、閉める時に自分の部屋のドアノブに紙袋がかかっているのに気がついた。

(とりあえず、持って行くか)

それを手に取り、レイフォンは少ない荷物でフェリとの待ち合わせの場所へと向う。
その時、彼の脳裏にはたった一ヶ月の事だが、この寮で過ごした日々の事を思い出の様に思い出していた……























「こうしてトランクを持って、ここに来たのはたった、一ヶ月前なんだな……」

養殖科の羊の柵を背にし、レイフォンは月夜を眺めながら一ヶ月の間の出来事を思い出す。
今日は綺麗な三日月だった。

『立ち向かえ!』

フェリに渡されたくしゃくしゃとなった写真を見て、レイフォンはこの小隊の隊長、ニーナの言葉を思い出す。
ニーナは自分にこう言ったが、自分は何をしている?
まさに間逆の事、逃げているのだ。

(僕は、ニーナ先輩みたいな人種とは違うんだ。あんな風には生きられない)

あれは、ニーナのような人物だからできる事だと思う。
自分には無理な事で、そう結論を下し、諦めていた。

(あ……そういえばさっきの)

ここに戻る事を優先したために、先ほど見つけた紙袋の中を見ていないレイフォン。

「なんだ……?」

それを手に取り、中身を空けてみる。
すると中にはクッキーと、簡素な手紙で誰が作ったものかを示されていた。

「メイシェン……」

仲の良い3人組の友人の1人。
料理が、お菓子作りが大好きな少女。
彼女達は、レイフォンがツェルニから出て行ったら心配してくれるだろうか?

(そんなわけはない。僕の過去が知れて、それで軽蔑して、じきに忘れるだけだ)

それを否定する。
最初こそ心配はしてくれるだろう。何故なら彼女達は、とても優しいから。
でも、それでも、レイフォンの過去がカリアンにばらされたりすれば、グレンダンの人達みたいに自分を軽蔑する。
あの時だって、仲が良くって家族同然だった者達だってレイフォンを軽蔑したのだ。
それを許してくれたのはリーリンと……フェリだけ。
だからそれはないと、レイフォンは否定した。

「お前ともお別れだな。元気でやれよ」

近くにいたフリーシー(仮)の柔らかい毛にふれ、なでながら別れを告げるレイフォン。
そのふかふかした毛が、本当に心地よいくらいに触り心地が良い。
いっそのこと、この毛に顔をうずめて眠りたいくらいだ。

「ほら、食べろよ」

「ムー」

そんなフリーシー(仮)に、餞別だというようにメイシェンの作ってくれたクッキーを1枚差し出す。
だが、草食動物であるフリーシー(仮)がクッキーなんて食べるはずもなく、首をそむけていた。

「………」

仕方がないので、自分で食べる。
そのクッキーは、とても甘かった。

「美味いなぁ……」

甘い物が苦手なレイフォンだけど、それがとても美味しく感じる。
心に染みるほどに、切なくなるほどに……
何がしらがみがないだ。
後悔まみれで、未練まみれではないか……

(……やっぱり駄目だ。フェリ先輩にこんな思いをさせるわけにはいかない)

こんな思いをフェリにはさせたくないと、レイフォンは決意する。
これは、彼なりの優しさ。
自分のような男と来るより、ここに残った方がフェリの幸せだと思ったからこその行動であった。



























(1人で行こう)

そう決意し、レイフォンは放浪バス乗り場へと向った。

「発車まで後1時間です。お土産の買い忘れなどないよう、ご注意ください」

放浪バスの運転手であろう人物が、そう宣言する。
学園都市と呼ばれるこの都市に生活するのは、必要最低限の大人を覗けばほぼ全てが学生である。
だが、放浪バスによって旅をする者達や商人などもおり、そんな彼らが宿泊する施設がこの辺りに集中している。
そんな訳で、そんな人物によって賑わう放浪バス乗り場。
当然、学生はレイフォンだけだ。ツェルニの学生が卒業などではない限り、都市の外に出るなんて事はまずありえない。
レイフォンのような事情がない限りは……

そのレイフォンは、後1時間だと聞いたにもかかわらず、時計を確認する。
時間を潰すように、ツェルニとの別れを惜しむように……
彼は、独りだった……

「レイフォン」

今までは、だ。
レイフォンにかけられる声。
その声がした方向に彼が振り向くと、そこにはまた……フェリの姿があった。
また、念威で探って来たであろうフェリが大きなトランクを持ち、レイフォンの側へと駆けてきた。

「……フェリ先輩」

レイフォンは、フェリを連れて行きたくはなかった。
哀しい思いをさせたくなかった。
なのにどうして?

「どうして……………こんなに手間取らせるんです」

走ってきたので、荒い息をつきながら恨めしそうにレイフォンに言うフェリ。
念威操者であるフェリは、体力はあまり一般人と変わらないためにこの程度の運動でも、少し辛かった。

本当にどうして?
フェリはここに来た。レイフォンは連れて来たくなかった。
これは本心だ。

「一緒に行くと決めたら行くんです!」

フェリは怒鳴るようにして文句を言う。
置いてけぼりにされそうになった彼女からすれば、当然の権利だ。

「フェリ先輩……」

どうして?

「これではまるで逆です。私が……」

フェリは更に文句を言おうとするが、その言葉は途中で止められてしまった。
本当にどうして?

「すいません……フェリ先輩……」

フェリが来てしまったというのに、どうしてこんなにレイフォンは嬉しいのか?
どうして、レイフォンは泣きそうになっているのか?

「レイ…フォン……?」

フェリは驚く。驚いたのだが、動揺はせずにどうしたのかと思う。
レイフォンは泣きそうな顔をし、トランクとコートを地面に落とし……そして、フェリを抱きしめた。
真正面から近づき、フェリが抱きしめられたと気づくのに少し時間がかかってしまう。
小柄なフェリはレイフォンの胸板に頭を押し付けられ、どうすればいいのか一瞬、思考が止まってしまった。

「ごめんなさい……フェリ先輩を、悲しませたくなくて……」

その一瞬をつき、レイフォンが語り始める。そして、謝罪した。
レイフォンはただ、フェリに自分みたいな思いはして欲しくなかったから。
そう思ったから、フェリを置いて行こうとした。

「レイフォン、痛いです……」

「あ、すいません……」

ちょっと力強く抱きしめられていたので、痛みを訴えるフェリ。
それに気づき、レイフォンはまたも謝罪して放れる。
少し……フェリは残念な気がした。

「バカですね」

「ぅ……」

そして次に、レイフォンを罵倒する。
この時レイフォンが、少しだけ表情を強張らせた。

「今も言ったでしょう?一緒に行くと言ったら、一緒に行くんです!それともなんですか?あなたは私に、あの鬼畜な陰険眼鏡に一生耐えて生きろというんですか?どんな拷問ですか?」

「はは……」

言われても仕方がないとは言え、こうまでボロカスに言われるカリアンに苦笑せざるおえないレイフォン。
そんなレイフォンを見て、フェリも少しだけ微笑んだような気がした。

「まったく……慌てて出てきたので、化粧道具を忘れてきてしまったじゃないですか」

「化粧道具?フェリ先輩が?」

「悪かったですね!お肌の手入れは重要です」

「あ、そんな訳じゃ……すいません」

他愛もない話をし、苦笑し、怒ったり、謝ったりする2人。
こういう風にフェリと話した時、癒される感覚からしてレイフォンは確信した。

(ああ……そうなんだ……)

置いて行くはずだったのに、ここに来てくれたことがどうしようもなく嬉しかった。
リーリンと同じように、自分を許してくれた。
色々と支えてくれた。
自分に、笑いかけてくれた。
その笑みや会話に癒される。
だからレイフォンは……

「いいですか?勝手な事はしないように。すぐに取って、戻ってきます」

「はい」

フェリはレイフォンにそう言い残し、トランクを置いて化粧道具を取りに行った。

『今度は端子を置いていきますから』

ご丁寧に、念威端子まで置いて。
仕方がないといえば仕方がないが、もうレイフォンには、フェリを置いていく気なんてなかった。

(フェリ先輩……)

心の底から嬉しく、笑みがこぼれる。
自分の気持ちに気づいたのだ。
リーリンに鈍感なんて言われた過去があるが、そうではないとこれで確信できた気がした。
もっとも、自分の気持ちだけでフェリの気持ちはわからないのだけど……

「まず、交通都市のヨルテムだな……」

放浪バスの目的地を確認し、予定を練るレイフォン。

カリアンが邪魔をしたり、連れ戻しに来たりするならばすればいい。

「そこで職を探して……」

その時は、全力で自分が相手をしよう。
誰だろうと、邪魔はさせない。
来れば全力で退ける。必要とあらば都市すら制圧しよう。
汚染獣が相手でも、邪魔するならば屠るまで。
そう決心した。ただ、フェリを何が何でも護ると。
どんな困難からも救い出すと、そう決意した。

「レイフォン」

そんなレイフォンを、背後から呼ぶ声が聞こえる。
一瞬、もうフェリが戻ってきたのかと思った。

「何をしている」

だけどそんなわけがないし、実際に違っていた。

「そのトランクはなんだ」

その人物は、レイフォンを探していたと言う十七小隊の隊長、ニーナ・アントーク。
彼女はレイフォンの持っているトランクを指差し、レイフォンを問いただした。











あとがき。
さて、ついにレイフォンが動き出しました。
次回からレイフォンの頭のネジが、1本か2本ぶっ飛んでいます。

それにしてもオリバーが意外に好評ですねw
やっぱりロリか……
さて、そんな彼ですが武装もなんも考えてないんですよ(苦笑
それに小隊員でもありませんし。
が、汚染獣来たらナルキも戦ったので、彼も当然戦うわけでして……
なわけで武装、技なんかを募集したいと思います。気が向いた方は応募してくださるとうれしいです。
よろしくお願いします。


しかし……いまさらなんですけど、メイシェンをメイシュンと素で間違えてた俺……
修正が大変です(汗



[15685] 4話 緊急事態
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:8aa92727
Date: 2011/09/24 23:45
「なんで……ここが……」

予想外の人物の登場に、レイフォンは冷や汗を流しながらあとづさる。
だけどこれは、案外予想できていたかもしれない。
さっき、フェリが言っていた。ニーナをレイフォンを探していると。

「生徒会長に聞いた」

そう言い、ニーナはレイフォンに詰め寄ってくる。
だが、ニーナはレイフォンの質問に答えたわけではなく、また、カリアンもレイフォンがこの場所にいるのを知っていたわけではない。
ニーナがカリアンに聞いたのは、あの事についてだ。

「なぜ、あれだけの強さを隠していた?私はお前を訓練すれば、小隊員として使えると思った。だから十七小隊に入れた。ところがどうだ!使えるどころじゃない。お前は私よりずっと強い。いや、おそらくこの学園の誰よりも」

そう宣言し、ニーナは尋ねる。

「ヴォルフシュテイン。この名前はなんだ?」

その質問、その名前を聞き、レイフォンの表情が強張る。
だけどニーナは追求をやめずに、レイフォンの襟首をつかんで聞き出そうとする。

「お前に直接聞けと言われた。聞かなくても自分で調べられるとも」

「……………」

「お前の口から聞きたい。なあ、話してくれ」

「……………」

ニーナの問いに、レイフォンは無言のままだ。
だけど『聞きたい』などと言っているが、これはもはや願いなどではなく強制。
ニーナは、何が何でもレイフォンに口を割らせようとしていた。

「話せないか」

答えないレイフォン。
ニーナはそんな彼の周りを飛んでいた、フェリが残していった花弁のような念威端子を握りつぶす。

「なあ、レイフォン。私はお前を、そんな卑怯な奴だと思いたくない」

ニーナの言葉には何か願望のような物、願いが込められているような気がした。
嘘であって欲しいと言うような。一言レイフォンが嘘だといえば、ニーナは納得するのだろうか?
嫌、おそらくはしないだろう。
そしてレイフォンも、もう隠せはしないと理解した。

「想像の通りです。僕は卑怯な男だとみんなに言われてきた」

レイフォンは語りだす。
自分の過去を、己がやったことを、失敗を……

「僕は10歳で陛下に剣の才能を認められ、天剣授受者に選ばれ、ヴォルフシュテインと呼ばれるようになりました。英雄の誕生です」

天剣授受者。
グレンダンの最強の武芸者、12人に与えられる地位と称号。グレンダン女王の、12本の剣。
汚染獣の脅威から民を護る、それこそ『英雄』と言う言葉がふさわしい存在。
故に、天剣授受者は民にとって憧れの的だ。
レイフォンは、その1人(1本)だった。

「しかし英雄とは言え、公式の報酬は多くはなかった。僕は金が欲しかった。非合法の賭け試合に出て、金を稼ぎました」

1人で生きていくのならば、あるいは普通の家族を養うのならば、それは十分すぎる報酬が得られていただろう。
だけどレイフォンには、大金が必要な理由があった。

「だけど賭け試合に出ていることを、脅す奴がいた。僕は考えた。そいつの口をふさぐ方法を……」

この話を聞き、先ほどから良い顔をしないニーナ。
当然だ、彼女は真っ直ぐで、武芸者であることを誇りに思っている。
故に、その誇りを汚す賭け試合に出ていたレイフォンの事を許せないのだろう。
しかし、その表情はレイフォンの次の言葉を聞いて更に硬くなった。

「試合で消すのは、口をふさぐいい手段でした」

「消す……?」

その言葉の意味が理解できずに、ニーナはつぶやく。
だけどそんな彼女に、レイフォンは容赦のない現実を叩きつけた。

「そう……あいつが邪魔だった。だから僕は、殺す事にしたんです。公式試合を使って合法的に」

その言葉を聞いて、ニーナの頭の中は真っ白になったような気がした。
嘘だと願う。だけどレイフォンは、冗談などと言う表情をしてはいない。

「人を……殺めた……だと……?」

震える。怒りでだ。
賭け試合に出ていたこともそうだが、レイフォンは公式試合で人を殺そうとさえした。
そんな事、武芸者として許される事ではない。

「己の利益のために、神聖な公式試合を使って……!?」

レイフォンの肩をつかみ、ニーナは激しく問いかける。
だけどレイフォンはその方の手を振り払い、冷静に答えた。

「あいつが邪魔だった。だから殺す事にした。それだけです」

レイフォンは孤児院の出身であり、故に貧しい生活を送っていた。
満足に食べられず、飢えと戦う日々。
その戦いで敗れた人物が、何人も死んでいくのを見ていた。
だからこそ、レイフォンは孤児院を、家族を助けたかった。
天剣授受者として手に入れた報酬を、そのほとんどを孤児院の生活支援へと使った。

だけどグレンダンには孤児が多い。貧しい孤児院がいくつもあるのだ。
その全てを、レイフォンにとって仲間で家族の人達を助けるにはそれでも足りない。
だからこそ、高額な報酬の出る試合に出た。

「それで、闇試合に手を染めた……」

ニーナのつぶやきに、レイフォンは頷く。
だけどそれが原因で、奴にかぎつけられた。

「あいつは天剣を譲れと、天剣争奪戦の試合で負けろと、僕を脅迫しました」

賭け試合、闇試合で儲けるためには、天剣と言う看板はまさにうってつけだった。
人目を惹き、だからこそ報酬も多かった。
故に、レイフォンは天剣を失うわけにはいかなかった。
奴の口をふさぐ事にした。

「あの日の天剣争奪戦。空の青さを、今でも覚えてる」

だから失敗もした。
覚えていたから今日、酷似した状況でつい本気を出してしまった。
だからこんな破目になってしまったのだ。

そして、レイフォンはその時、一撃で決めるつもりだった。
口をふさぐために、容赦なく殺すつもりだった。
だけどそれは相手の腕を切り落とすだけに終わり、相手の試合続行不可能と言うことで幕を閉じる。

「あいつは僕を告発し……そして僕はグレンダンを追われました」

まるで笑い話、童話のようである。
英雄は一晩で、犯罪者になってしまったのだ。
今でも、この事を思い出すのは辛い。
出来れば、あまり人には話したくない過去である。

「……それが全てです。先輩、僕を卑怯だと思いますか?」

「……………」

レイフォンの話を聞き、呆然としていたニーナに尋ねる。
おそらく彼女は、レイフォンになんと言えばいいのかわからないのだろう。
だけどそれでも、何かをレイフォンに伝えようと言葉を探し出す。
考え、考え抜いたあげく、

「お前は……卑怯だ」

レイフォンを否定し、拒絶する言葉を選んだ。

(こんなのは、痛くもなんともない。予想していた通りじゃないか)

過去を気にし、苦しんでいたレイフォン。
だけど今は、こんなことを言われても前ほど心を痛めない。
所詮、ニーナもレイフォンを裏切った孤児達と同じだという事だろう。
嫌……もしかしたら、裏切ったのはレイフォン自身かもしれない。

「ええ、卑怯なんでしょうね。そう思ってもらって結構です。そんなこと、当に自分で理解しています」

「な……」

悪い事をしたとは思っている。だけど後悔はしていない。
家族だと思っていた孤児達にも避けられたのには流石に傷ついたが、そんな彼を許してくれた人達がいた。
リーリンとフェリだ。

「わかってくれなんて言いませんよ。確かに、僕は許されないことをした。そんなことはわかっているんです」

だけど、この2人は自分を許してくれた。それだけで、十分だ。
そしてフェリは、こんな自分と一緒に行こうと言ってくれた。
だからこそ決めた、彼女を絶対に護ると。

「だが……お前は……」

ニーナが何かを言おうとする。
だけどその言葉は、ある異変によって粉砕された。

揺れる。激しく揺れた。
視界がぶれ、放浪バス乗り場にいた客達がパニックになる。

「なんだ……これは」

「都震です!」

同じくパニックになりかけたニーナに、レイフォンが答える。
幸い、揺れは案外すぐに収まった。

「都震?」

「谷にでも足を踏み外したのか……!」

要は地震。
だが、レギオスではこのような事は非常に稀で、地盤を踏み抜いたのか、または谷に足でも取られたのかしたのだろう。
だけど、そんなことはどうでもいい。
レイフォンは、それがどうでもいいことのような異変に気がついた。

(まさか……)

「待て!レイフォン」

レイフォンは脱兎のごとく走り出す。
この異変の正体を確認するために。

「何処へ行く!」

ニーナも追ってくるが、説明はせずにひたすら走った。
目指した場所は、都市の心臓部である機関部だ。

(この都震は……)

機関部にたどり着き、レイフォンは確信する。
そこには電子精霊、ツェルニがおり、幼子の姿をしていた彼女は怯えていた。
恐怖に凍りついたように、地の底を見つめている。怖くなって狭いところに隠れるように、身体を丸めていた。

「最悪だ」

昔、何度も経験した出来事。
ツェルニにはほぼ学生しかいないと言うのに、備えが全くと言っていいほどないのに、まさかこんな事になるだなんて……

「ツェルニ……?どうした………何をそんなに怯えている……?」

追って来たニーナが、ツェルニの異変を見てそうつぶやく。
理解していないのだろう。グレンダンなら、勘のいいものなら気づくと言うのに。

「すぐにでも逃げなければ……」

「逃げる……?何を、言っている……」

「シェルターに急いでください。事態は一刻を争います」

「だから、何を言っている!?」

急ぐと言うのに、理解できずに問い返してくるニーナに焦りを覚える。

(なんて平和さだ!)

ニーナは知らない。
グレンダンならば、こう言えば誰でも理解すると言うのに。
しかし、ニーナは違う。おそらく、他の学生達もそうなのだろう。
気づく人物は、一体どれくらいいるのだろうか?

「レイフォン!?」

怒鳴られ、焦りで苛立っていたレイフォンはとりあえず落ち着く。
そしてわかりやすく、誰でもこのピンチがわかるように、理解できるような言葉を短く言い放った。

「汚染獣が来ました」



























「状況は?」

会議室にて、カリアンを筆頭とした生徒会役員幹部、そして武芸科を取り仕切る武芸長のヴァンゼ・ハルデイの姿もあった。
そして、この緊急の会議の内容は現在、起こっている異変についてである。

「ツェルニは陥没した地面に足の三割を取られて、身動きが不可能な状態です」

「脱出は?」

「ええ……通常時ならば独力での脱出は可能ですが、現在は……その、取り付かれていますので」

身動きの出来ないこの状況。
それを狙ったかのように取り付くもの、汚染獣。
その絶望してしまいたい状況の中、カリアンはヴァンゼに視線を向ける。

「生徒の避難は?」

「都市警を中心にシェルターへの誘導を行っているが、混乱している」

「仕方ないでしょう。実戦の経験者など、殆どいない」

学園都市なんて言うが、この都市は学生故に未熟者の集まりなのだ。
武芸者とは言え汚染獣と戦闘をした経験がある人物なんているわけないし、そもそも汚染獣との遭遇は非常に稀であり、しかもツェルニには備えが殆どない。
このパニックも、当然の事態だ。

「全、武芸科生徒の錬金鋼の安全装置の解除を。各小隊の隊員をすぐに集めてきてください。彼らには中心になってもらわねば」

カリアンの指示に、武芸長のヴァンゼは頷く。
頷くが……やや青ざめた表情で、カリアンに問いかけた。

「できると思うか?」

「できなければ死ぬだけです」

その言葉に、カリアンは冷たく言い放つ。
だけど、覆しようの無い真実。

「ツェルニで生きる私達全員が、全ての人の……いや、自分自身の未来のために、自らの立場に沿った行動を取ってください」

カリアンの冷たく迫力のある言葉に、その場にいる全員が黙って頷いた。































「……汚染獣だと?」

その言葉を聞いたニーナが震え、顔を青ざめていく。

「馬鹿な、そんな事が……都市は汚染獣を回避して移動しているはずだ」

「都市が回避できるのは地上にいるものだけです。それにしても限界はある。おそらく、地下で休眠していた母体でしょう」

信じたくないのだろう。
だけどレイフォンは、非情な事実を、そして自分の推測を伝える。

「卵が孵化して幼生が生まれてくる。餌を求めて……」

「えさ……まさか……それは……」

更にニーナの表情が青ざめる。体が震えている。
恐怖したのだろう。だが、ならばこそ都合がいい。

「だから、すぐにでもシェルターに避難を……」

そこまで、レイフォンが言いかけた時だ。

「馬鹿を言うな!」

ニーナがレイフォンを罵倒した。

「ふざけるな!避難だと?逃げるだと?そんあことが許されると思ってるのか!」

一気にまくし立てるニーナを、レイフォンは呆然と見つめた。
立派な言葉だ。本当に立派だ。それが羨ましい。
だけど彼女は、汚れを知らずに純真すぎる。

「……やはり、お前は卑怯だ。飢えたことの無い私は、お前を完全に理解できないだろう。だが、それだけの強さがあれば他の事ができたのではないか?もっと大事なものを……お前が救おうとした仲間達の心を救えたのではないのか!?」

(何を……わかった風なことを……)

ニーナの言葉が、レイフォンの心に突き刺さる。
天剣授受者だった自分を見る、孤児院の仲間達の目。尊敬するような、誇りを持っているかのような目だった。
そうでなくなった自分を見る、孤児院の仲間達の目。軽蔑するような、レイフォンを卑怯だと言ったニーナのような目をしていた。
天地が逆さまになったようなその豹変に、誰もレイフォンを理解していないのだと思った。裏切られたと思った。
唯一それを許してくれたのは、たった2人だけ……

ニーナの言葉は奇麗事だ。
だけど、確かに何か、別の方法も探せばあったのかもしれない。
だけどそれを見つけるには当時のレイフォンはあまりにも幼く、そして安直な方法を取ってしまった。
そのことをしてしまったこと事態には、後悔はしていない。
それが当時の、最良の手だと思っていた。
現にそれで、少なくとも暮らしは楽になったのだ。
陛下もレイフォンの財産を没収はしなかったので、今までレイフォンが稼いだ分は孤児院に残っていて暫くの暮らしは大丈夫なのだろう。
だからこそ、あの行動事態は間違いじゃないと思う。そう思いたかった……
孤児院の中間達に軽蔑されたのには、酷く傷ついたが……

「私は行くぞ!」

「待ってください!」

ニーナを、レイフォンが止める。
今行って、どうするのか?
確かにニーナは凄い。それはレイフォンも認める。
だけどそれは生き方、彼女の真っ直ぐさであり、実力ではない。
確かにニーナは3年生で小隊隊長を務めるほどの実力を持っている。
だけどそんな肩書きなど、汚染獣の前ではなんの役にも立たない。

「今戦わずして、いつ戦うのだ!」

ニーナが叫ぶ。

「私達武芸者が普段優遇され、尊敬されているのはどうしてだと思う。奨学金を貰い、いい物を食べているのは剄や念威を天から授かったからではない」

真っ直ぐだ。彼女は何処までも純真で強く、汚れを知らずに真っ直ぐと前を見ている。

「どんな事があっても、命を賭けて護るとみんなが信じていているからだ……!」

凄いとは思う。羨ましいとも思う。何処までも真っ直ぐなニーナのことを。
だけど命を賭けて、何が何でも護ろうと思った孤児院の仲間達に軽蔑されたレイフォンにとって、それはわからない事だった……


























汚染獣が出たらそれと戦うのは、武芸者としての義務なのだろう。
だけどレイフォンは、もう武芸者ではない。
剄があろうとも、武芸者の立場を捨てた彼にその義務は無い。
今、武芸科にいるのだってカリアンに無理矢理入れられたからなのだ。
自分は……もう、戦いたくは無い。

「はぁ……」

大きなため息をつく。
気がつけば、既に機関部を出ていた。
サイレンが鳴っている。おそらく、一般生徒達の非難が行われているのだろう。
そして、武芸科の生徒達は汚染獣を迎え撃つ準備をしているのだろう。
レイフォンには関係ない。関係ないのだが……

「フェリ先輩……」

今は、フェリのことを思い出す。
嫌、フェリだけのことを考えていた。
自分には関係ない。都市がどうなろうと、誰が死のうと武芸者ではない自分には関係ない。そう思おうとしていた……
だけど、どうしても1人だけそう思えない人物が、何が何でも護ると決めた人物がいた。
汚染獣が責めてくれば当然……
思わず、腰に下げたままの錬金鋼に手が触れる。

「レイフォン君、ちょうどよかった」

そんなレイフォンにかけられる声。
レイフォンは、声の下方向を振り向く。

「……生徒会長……」

そこには余り会いたくない人物、カリアンがいた。

「もう、脅しても無駄ですよ」

脅しは意味が無い。もう、ニーナは知ってしまった。自分が話した。
そもそも、全ては話してないというが、ニーナにある程度の事情を話したのはカリアンだ。
レイフォンはもう、彼の言うことを聞く必要はない。

「そんなことを言っている場合ではない。6万人の命が懸かっているのに戦わないというのか?」

「あなただって、自分の命が惜しいだけでしょう?」

カリアンは言うが、それをレイフォンは冷ややかに返す。
建前としては立派だ。だからこそ、死にたくないからレイフォンを戦わせようとしている。
正直な話、カリアンに利用されるのは気に食わない。

「誤解しているようだね。私はこの学園を愛しているんだ。だから助けたい」

それが本心かどうか、レイフォンにはどうでもいい。

「何を白々しい事を……!あなたのかわいい妹だって、ここから出て行こうとしていたんだ」

「自惚れるのはよしたまえ。君などいなくても、どうとでもなる。為政者には想定外などない。打つ手は常にいくつもある。それが政治家というものだよ。君はコマのひとつに過ぎない」

強がりだろうか?
おそらく強がりだろう。
そんな手が、このツェルニにあるわけが無い。どんな手で、汚染獣を撃退するというのだ?
レイフォンほどとは行かないが、汚染獣を駆逐できる実力を持った武芸者がこの都市にいるというのか?
そんなことありえない。未熟者が集まる学園都市に、以下に強くとも1人でこの危機を何とかできる人物なんているわけが無い。
そう……レイフォン以外は。

「お手並み拝見……と、行きたいところですが……」

観戦するのは確かに面白そうだ。
正直気に入らないカリアンが、慌てふためく姿なんて見ものだろう。
だけど、そういうわけには行かないし……正直、気も進まないし気に入らない。

「これ、お願いできますか?安全装置の解除と、設定を2つ作りたいんですが」

錬金鋼をカリアンに投げ渡し、そういうレイフォン。
本当に気に入らない。だけど……この状況では、こうするしかない。

「レイフォン君……?」

錬金鋼を危なげな動作で受け取ったカリアンは、疑問符を浮かべてレイフォンを見る。
だけどレイフォンは、そんなことどうでもよさそうに続けた。

「別にあなたのためでも、このツェルニのためでもない。ただ僕は、僕のためだけに動くだけです」

それは、個人の我侭。
人のためとも言えなくも無いが……それは自分がそうしたいと思っただけで、結果的には我侭なのだ。
自己満足であり、己のエゴ。

「それから、都市外装備の準備も。念威操者も集めてください」

「レイフォン君!」

レイフォンの言葉に、さぞカリアンも喜んでいる事だろう。
結果的には自分のために行動を起こそうとするレイフォンだが、結果的にはカリアンの思惑通りに進んでいるのだ。

「先ほど、フェリにも声をかけた。こういう状況なら妹も協力してくれるだろう。なにせ、あの子は……」

相変わらず安っぽい笑みで、カリアンがそこまで言いかけた時だ、

「汚染獣以外にも、あなたは僕を敵に回したいんですか?」

「っ……!?」

レイフォンが殺気すら込めて、カリアンを睨む。
その殺気に当てられ、カリアンは冷や汗を流していた。
青ざめ、少しだけ震えている。それでも笑みは崩さず、平然を保とうとしているのは立派だ。

「もう一度言います。都市外装備と、念威操者をお願いします。くれぐれも『無理強い』はしないでください」

それはどういうことか、殺気すら含んで理解させる。
何故なら彼女は、念威操者として自分の力を使いたがらないから。

「少しの間僕は用があるので、はずしています。それまでに準備をお願いします。それと、錬金鋼の設定値ですが……」

それだけを言い残し、レイフォンは跳ぶ。
屋根の上を足場に、もはや飛ぶように跳ぶ。
空中を駆けながら、レイフォンは彼女の元へと向った。























「フェリ先輩!」

上空からフェリを見かけた。
着地し、彼女の前に降り立つ。
この都市で一番高い塔、生徒会塔の入り口前にフェリはいた。
おそらく、先ほどカリアンが言っていたように話をしていたのだろう。
フェリに、念威操者と戦うように。

「レイフォン……もう少し早くバスに乗っていればよかったですね。そうすればこんな……」

「それは、本当に魅力的な話ですね」

現在、汚染獣の襲撃で放浪バスは止まってしまっている。
故に、この都市を脱出する手段なんて何処にも無い。
フェリとの逃避行は本当に魅力的な話だが、それはできない。

「生徒会長と何か?」

「あなたには関係ないでしょう」

カリアンとの会話の所為で、機嫌が悪いのだろう。
レイフォンとの会話を振り切り、フェリはどこかへ去ろうとしていた。

「フェリ先輩」

そんな彼女の手を、慌てて取るレイフォン。

「……なんですか?」

そんなレイフォンに、フェリは不機嫌そうに返した。
兄の時もそうだが、この次に彼がなんと言うのかなんとなく予想して。
だけど、

「汚染獣は僕が倒しますから、今すぐ安全なところに、シェルターの中にでも逃げてください!」

レイフォンはフェリの予想を、いろんな意味で裏切った。

「……正気ですか?」

「はい」

フェリの問いに、レイフォンは真剣に答える。

「何でそんな危険を冒すんですか?あなたは戦いたくないのでは?あなたが戦わないので滅びるのなら、それはそういう運命じゃないんですか?」

わからない。あんなに嫌がっていたレイフォンが、今、戦おうとする理由がわからない。
何でこんな危険な事をするのか、戦いたくないのに戦おうとするのかわからない。
そもそもレイフォンが強いとは言え、彼1人が戦ってどうにかなるとは思えない。
レイフォンが戦わないで滅びる都市なんて、それこそ弱い都市の宿命、自然の摂理、運命なのかもしれない。
弱肉強食。弱い存在は、この世界では生きてはいけない。

「確かに危険な事をするのは嫌ですし、戦うのも正直嫌です。でも、僕ならできるんですよ。いや、僕にしかできない」

傲慢とも取れる言葉だが、これは事実。
その気になればレイフォンは、1人でこの都市を壊滅させる事が可能なのだ。
そんな彼ができなければ、この状況を誰もどうする事はできない。

「それに、僕は我侭ですから。僕が何もしなかったから誰かが死ぬなんて嫌ですよ」

さっきは、どうなってもいいと思った。
どうせ自分の過去を知れば、孤児院の仲間達の様に裏切られるのだろうと。
だから正直、関係ない人達が死ぬのにはなんとも思わない……はずだった。
でも、仲良くなった友人達、メイシェンニナルキにミィフィ達が死ぬのは悲しいし、接点を持った人達がいなくなるのは嫌だ。
関係ないと思ったはずだ……だけど自分は、どうやら未練を捨て切れていないらしい。
それに……そもそもこう思った理由だって個人の我侭。

「それがフェリ先輩なら、なおさらです」

彼女を護ると誓った。何が何でも。
たったそれだけ……それだけの理由。
汚染獣が攻めてきて、レイフォンが戦わなければこの都市は滅ぶ。
そうすれば結果的にみんな死ぬ。
メイシェンもナルキも、ミィフィも小隊のメンバーも、当然、レイフォンにフェリだって。
それだけはごめんだ。だから、レイフォンの我侭。
彼女を護るために、レイフォンは戦う。

「先輩……ですか」

「そんなわけでフェリ先輩、今すぐ安全なところへ……」

『逃げろ』と言うレイフォンに、フェリは何かを考え込んでいる。
そして、

「なんかそう呼ばれるのは嫌ですね。別の呼び方を要求します」

「え……?」

いきなり、そんなことを言ってきた。

「な…なんですかこんなときに……」

訳がわからずに問い返すレイフォンだったが、フェリは余り変化しない表情のままレイフォンに言い返す。

「私が協力してあげようと言うんです。別にそれくらいしても、バチは当たらないと思います」

「え……?」

またもや間の抜けた声を出してしまう。
それほどまでに、フェリの言葉が信じられなかった。

「だって、フェリ先輩は……」

念威操者として力を使う事が、戦う事が嫌なはずなのに……

「もちろん嫌です。でも……我侭言えない状況だってわかっています。それに……私も死にたくはありません。まだ、やりたいことも見つけていませんから」

念威操者以外の道を探しているフェリ。
武芸以外の道を探そうとしていたレイフォンと似ている。
そして、それ故に生きたい。誰だって死ぬのはごめんだ。

「あくまで……今回、だけですよ」

「はい!」

正直ありがたい。
カリアンに念威操者を用意するようには言ったが、正直、グレンダンほどの補助をしてくれるとは思ってもいなかった。
だけどそれでも、無いよりはましだと思っていたのだが……まさかフェリがやってくれるなんて予想外だ。
正直な話、彼女を余り戦わせる事はしたくないのだが……今回は非常事態と言うこともあり、彼女の許可もある。
それに、フェリのサポートを受けて迅速に汚染獣を倒したほうが彼女の危険も少ない。

「ですから、別の呼び方を要求します」

「う……」

その分の報酬も、ちゃんと要求された事だし。

「えっと……フェリちゃん?」

「小さい頃から言われ慣れてます。創造性の欠片もありません。却下」

「フェリっち」

「馬鹿にされている気がします。却下」

「フェリちょん」

「意味あるんですか?却下」

「フェリやん」

「私は面白話なんてしません。却下」

「フェリりん」

「私に笑顔を振りまけと?却下」

「フェッフェン」

「奇怪な笑い声みたいです。却下」

「フェルナンデス」

「誰ですか?却下」

「フェリたん」

「死にますか?」

「……………」

ダメ出しをこれでもかと言うほどされ、どうすればいいのかレイフォンにはわからなかった。
と言うか、『フェリたん』と言ったときのフェリの顔が怖い。相変わらずの無表情というのに、何故か悪寒がした。
そもそも呼び方、愛称と言うのは名前を縮めたり、少し変形させたりしてつけるのだけど……『フェリ』と言う名前では少しばかり難易度が高いし、短すぎる。
無理に縮めたら『フェ』になり、何がなんだかわからなくなった。

「……すいません、降参です」

「試合放棄は許しません」

ならばどうしろと、どうしようかと思う。

「ほらほら、どうしますか?」

「……フェリ」

半ばやけに言ってみる。
と言うか、短縮も変形もせず、愛称というよりも素の名前だ。
だけどフェリ曰く、『創造性の欠片もない』レイフォンには、これが精一杯の言葉。

「……ふむ……」

(あれ?)

フェリの表情が変わる。無表情だったのが、どこかはっきりとしない表情になった。
わかりにくいのに、わかりやすい表情の変化。

「創意工夫の欠片もなく、捻りもなく、先輩に対する敬意もなく、私に対する親愛の情もない」

(これもだめか……)

ないない尽くしで、ついでに容赦もない言葉。
その言葉に、レイフォンはならばどうするかと次の言葉を考えようとしていたが、

「仕方ありません。これでいいです」

「え?」

この言葉には、レイフォンは驚いた。

「ただし、もっと親愛の情を込める事……もう一度言ってみてください」

どうやら、気に入ってくれたようだ。
そして、今度の要求は簡単だった。
何故ならレイフォンは……

「……フェリ」

「……結構です」

これ以上ないくらいに、親愛の情が含まれた言葉がフェリにかけられる。
彼女の表情が少しだけ緩み、またも笑ったように感じた。
実際に微笑んでいる。レイフォンを優しい顔で見ている。
その表情が、何処までもレイフォンを癒す。

「では、約束です。帰ってきたらちゃんと、その名前で呼んでください」

「……約束します」

彼女の笑みに答えるように、レイフォンは愛しい人と約束を交わした。
絶対に戻ってきて、もう一度彼女の名を呼ぶと、そう決意して彼は戦場へと赴く。





















あとがき
アレ?もうちょいレイフォンが病んでて、ぶっ飛んだ感じになる予定でしたが……どうもうまくいきません。
すでにぶっ飛んでますかね?

それはさておき、次回はついにレイフォン無双!
そしてオリキャラ、オリバーの活躍は……
武装はどうしましょう?
紅玉錬金鋼の銃で化錬剄(電気)でレールガンとかw
しかし、俺はまだ小説8巻までしか読んでないんですが、化錬剄で電気とか出せますかね?
シャンテが確か炎出してたんで、いけるかな、なんて思っていますが……

それでは、今回はこれで~



[15685] 5話 エピローグ 汚染された大地 (原作1巻分完結)
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:8aa92727
Date: 2010/05/01 20:50
「はは、今すぐにも逃げたいです、エリプトン先輩」

「そうか、俺もだ。だが、まぁ、女の子を護るためには退けんのよ。明日はデートだしな」

迫りくる汚染獣の群れ。この光景こそまさに津波。
前にレイフォンとフェリを襲った羊の津波とは比べ物にならない、この世界に海というものがまだ存在していた時代、古い書物に記述されていた津波を思い出させる。
何百、何千か、それとも何万とも思わせるほどの大群。
実際には何万はありえないのだろうけど、一向に数が減らず、人が人形のように見える巨体からすればそれ以上に見えてしまう。
その巨体に比べてあまりにも小さな頭部。複眼を赤く光らせたその下で、小さな口が開かれていた。顎が伸びて、四つに分かれた牙のようなものが蠢いている。
その様は、もはや汚染『獣』と言うよりも『虫』。甲虫の様な姿をしていた。

空を飛び、ツェルニへと攻め入ってくる汚染獣の群れ。
シャーニッドやオリバーなど、狙撃部隊が剄羅砲に剄を込めて汚染獣に向けて狙いをつける。錬金鋼なんかの狙撃では、あの巨体には豆鉄砲の様なものだ。
故に、対汚染獣用の巨大な大砲で狙いを定める。
その巨大な砲弾により、汚染獣が次々と落とされていく。
だけど数は減らない。地に落ちた汚染獣は地を這い、ツェルニへと攻めてくる。
そもそもこの幼生と呼ばれる汚染獣は、生まれたばかりで飛ぶことはあまり得意ではないのだ。
甲殻の中に翅を収め、地を這ってくる。
その大群を、地上にいた武芸者達が迎え撃つ。
だけど彼らは、汚染獣の中では比較的軟らかい部類に入る幼生体の甲殻すら打ち破ることはできなかった。

「剄羅砲も駄目!接近して、小隊員クラスの武芸者が直接ぶっ叩いても駄目!!これでどうしろというんですか!?ああ、死にたくねぇ!まだ女ってもんを知らないのに、死んでたまるか!!」

倒すことはできた。だけどそれは物凄く少数だ。
間違いなく数は減っているのだろうが、減ったようにはまるで見えない。
それどころか、増えているのではないかと思ってしまう。
3人1組で1人が囮になり、その隙を突いて甲殻に何度も攻撃を入れたり、全身を覆う固い殻の隙間をついて、軟らかい内部に攻撃を叩き込んだりして倒す者達もいる。
なるほど、安全で確実で、とてもよい手段だ。
だけど明らかに人手が、戦える人物が少ない。
3人1組で時間をかけて1匹の汚染獣を倒すために、なかなか数が減らない。
実際は周りには少なくない汚染獣の死骸が転がっているのだが、減っているとは思えないほどに汚染獣が多い。
これではそのうち、その数に押されてしまうことなど目に見えていた。

「はは、このピンチを救ったら俺達ヒーローだぜ!何なら、これが終わったら女の子を何人か紹介してやるよ。もっとも……生き残れたらの話だがな」

「マジですか!?」

剄羅砲に剄を込めながら、軽薄な笑みを浮かべたシャーニッドが言う。
その言葉にやる気を出し、オリバーは銃身を上空の汚染獣へと向けた。

「お、やる気が出たねぇ。ちなみにどんな子が好みだ?できる限り期待に答えてやるぜ!」

シャーニッドが砲弾を撃ち出しながら尋ねる。
その言葉に、オリバーは活き活きしながら答えた。

「もち、小さい女の子!年齢は6~12歳くらい!!あ、ここ学園都市か。なら15歳位からしかいないし……できるだけ未発達で、かわいい子をお願いします!!」

「……………」

その答えを聞き、白けた視線をオリバーに向けるシャーニッド。
案外、汚染獣と一緒に駆除してしまったほうが世の為ではないのかと思ってしまうのだった。

「って、隊長!!」

再び意識を戦いの最中に戻し、シャーニッドは剄で強化した視力で見た光景に叫ぶ。
射撃部隊として後方に待機していた彼は、前方で汚染獣を正面から迎え撃つ人物、陸戦部隊のニーナに向けて通信機越しに、腹の底から大声を上げて叫んだ。



































ニーナは突進してきた1体の角を掻い潜り、鉄鞭で頭部を潰す。
頭部を潰されたというのに、汚染獣の突進は止まらない。
それに轢かれないように、ニーナは転がって退避した。だが、その退避した先に別の1体、1匹が待ち構えている。
その突進を半ば反射神経で、ニーナは衝剄を放ち、その反動で汚染獣との距離を稼ぐ。
すぐさま立ち上がって鉄鞭を構え直し、頭部へと強烈な一撃を打ち下ろした。甲殻に覆われた部分では、比較的に頭部のほうがもろく潰しやすい。
だが、狙いがそれて汚染獣の左前足を攻撃、粉砕してしまう。
前足を失った汚染獣は、バランスを崩して突進が左へとずれた。
左足を粉砕するように攻撃したニーナは、そのそれた突進の先へといる。

その連続の危機。その突進を無事に回避した故に、ニーナの気が緩む。

「って、隊長!!」

通信機越しに叫んだのはシャーニッドだったか?
だけどそれはどうでもよく、確かめる間も無くニーナを汚染獣が襲う。
背後からの攻撃。角からの突進がニーナの肩を裂き、衝撃で浮いた体が回転する。
視界も回転したままニーナは地面に叩きつけられる。傷ついた肩から落ちて、傷口が地面にこすり付けられる激痛に耐えながらニーナは起き上がった。

(まずい……)

傷ついたのは左肩だ。
肉がごっそりとえぐられ、肩に力が入らない。
溢れ出すように流れた血液が服を染め、感覚が麻痺していく。

(まずいまずいまずい……)

傷の所為で満足に剄が煉れず、今までの疲労が一気に襲ってくる。
体が満足に動かず、そんな彼女を待ってくれるわけがなく汚染獣が突進して来た。
何十、何百という数の汚染獣がニーナの視界を多い尽くす。

(もう駄目なのか?生きる術はどこにもないのか?)

動けと体に命じる。だけどそれは立っていることすら困難な状態で、体が命令を受け付けない。
ただ突っ立ち、鉄鞭を持っていることすらできない。それすら維持できずに、今すぐにも倒れて気を失ってしまいそうなほどだ。

(このまま死ぬのか?汚染獣に喰われて、何も護れずに……)

瞳から涙が流れてくる。悔しい、何もできない自分が。
ツェルニを護ると誓ったのに、何も出来ずにここで果てようとする自分の有様が。

剄羅砲ではない、通常の射撃錬金鋼から剄弾がニーナに迫ってくる汚染獣達に乱射される。
それを撃っているのはシャーニッドだ。だけど、数匹の頭を撃ち抜くのはともかく、すべての汚染獣を倒すのは不可能だった。
それは、隣で同じように乱射しているオリバーも同じだ。
むしろ、小隊員でもない彼の剄弾では汚染獣の頭部すら撃ち抜けない。

(何が隊長だ。もっと強くなければ……もっと、もっと……)

悔しさで視界がかすむ。
自分はこの都市を、ツェルニを護りたい。だと言うのに体が動いてくれない。
ここで朽ち果てようとする現実が、どうしようもなく悔しい。
だが、いくら悔やめど血と共に流れていった活剄は戻っては来てくれない。
その出血と共に、ニーナの思考能力も低下していく。

だからだろう。次に起こった出来事を、ニーナはすぐには理解できなかった。

汚染獣が、自分達が今まであれほど苦戦していた相手が、動きを止めた。
何が起きたかなどわかるはずがない。ただ、なんとなく、絶対零度の凍気が舞い降り、全てを凍結させたのかと思った。この世界そのものを。
冷気と間違うほどの闘気、殺気。

そのすぐ後だ。汚染獣がズレた。斜めに体が落ちていく。
丸みを帯びた巨体が上と下に斜めに落ちていき、上半分が地面に落ちた。次々と、次々と。
甲殻に隠されていた内部がさらされ、臓物と体液が噴出してくる。むっとした濃い緑の臭いが辺りに広がった。

一瞬、それこそ瞬きしたかのような間。
たったそれだけで、ニーナの周りにいた汚染獣が同じ光景をさらす。汚染獣達の群れの一角が、この一瞬で空白地帯へと化してしまった。
それを、ニーナは最前列の特等席で見せつけられる。

「なにが……起こった?」

なにが起きたのわからない。
自分達が死に物狂いで戦っても破れなかった甲殻を、この光景は嘲笑うかのように切り裂いていった。
信じられない。これは夢なのかと疑ってしまう。
だが、肩を襲う激痛が堅実だと彼女に教える。
ならば、どうやってこの光景は起きた?
誰によって起こされた?

その答えだと言うように、上空から都市外戦闘用の装備をまとい、剣身のない剣を持った少年が降りてくる。
ヘルメットはまだつけていないため、顔は確認できる。その人物を、ニーナは知っていた。

「レイ、フォン……?」

その人物は自分の部下で、武芸者としてはあるまじき行動をした人物。
自分が卑怯だと言い捨て、軽蔑した男だ。
だが、本当に彼なのかと疑ってしまう。

(……こいつはなんだ?)

このありえない光景を作り出した人物が、一体『誰』で『何』なのかを……

「ニーナ先輩」

「なん……だ、これは……?」

「鋼糸です」

ニーナの疑問に、レイフォンは答える。
レイフォンが持つ、剣身のない剣にはちゃんと剣身があった。
ただ、見えていないだけなのだ。

「剣身を分裂させて復元します。幼生の汚染獣程度なら瞬時に倒せますし、移動の補助に使ったりすることもできます」

実際は剣身となる部分が幾多にも、細く、長く分裂して振るわれる鋼糸。
これが、汚染獣達を切り裂いた物の正体だ。
だが思う、そんなこと、本当にできるのかと。
だけどレイフォンは、本当に実行した。
ニーナが、このツェルニの学生が束になってもできなかったことを、レイフォンは1人で成した。

「ただ、錬金鋼の微調整ができないので、コントロールが甘いのが難点ですが……」

圧倒的な強さによって。

「そんなわけで、絶対に防護柵の向こう側に退避させてください。間違って切り殺してしまうかもしれませんから」

そう言って、レイフォンは再び跳び上がってどこかへと行く。

「待て!」

ニーナが呼び止めるが、返事は返ってこなかった。
そんな彼が向った先は、この都市を全て見下ろせる、一番高い塔の天辺であった。
























遡る事少し前。

「準備はできましたか?」

「ああ、レイフォン君。都市外装備と錬金鋼の用意はできているよ。それから、念威操者なんだが……」

「それはいいです。フェリ先輩が手を貸してくれる事になりました」

「あの子がかい!?」

会議室前にて、レイフォンとカリアンが会話を交わす。
設定の終わった錬金鋼と都市外装備を受け取りながら、レイフォンは準備を始める。

「ええ、あくまで今回だけです」

「そうか……」

とりあえずは今の現状を何とかする事を優先し、レイフォンが都市外装備のヘルメット以外を着用したのを見計らい、彼らは会議室へと向う。
この汚染獣の襲撃対策を練るため、生徒会の幹部達の集まった場所へと。



「作業は単純です。汚染獣は全て僕が倒します。まず、念威操者のサポートを得て、ほとんどの幼生を一気に切断します。ただ、コントロールがあまり利かないので、生徒まで切り裂いたりしないよう、確実に生徒を退避させて頂きたいんです」

幹部達に説明をしたレイフォンの策は、もはや策とは呼べない単純な手段。
その手段を聞き、幹部達にはざわざわと同様が走る。

「……どういうことだ?」

「彼は幾度も汚染獣を退治した経験があります。素人の我々は彼に従いましょう」

幹部達を宥めるために、カリアンが説明を入れた。

「冗談じゃない!生きるか死ぬかがかかっているんだ。こんな1年坊主に任せられるものか」

だが、だからといってそう簡単には納得できるものではない。
文字通り、本当に命がかかっているのだ。
今現在、ツェルニの武芸者が束になってもどうにもならないと言うのに、いくら経験があるとはいえ彼1人でどうにかなるなんて到底思えない。

「退避させて駄目だったらどうするんだ!」

「何もできず死ねと!?」

当然の様に反論があがる。
だが、

「では代案があると言うのか!」

カリアンがそれを治める。

「このままではいずれ死ぬ。時間がないのだ」

確かに、どの道このままでは死しか手段はない。
先ほどレイフォンに言ったことだって、本当はブラフなのだ。
だからこそ、今では少しでも高い可能性に賭けるしかない。

「最終決定権は私にある。責任は全て私に……」

もう、カリアンに逆らおうとする者はいない。

































そして、時間は現在へと戻る。

『全、武芸科の生徒諸君に告ぐ。これより、汚染獣駆逐の最終作戦に入ります』

念威端子により、カリアンの声がツェルニ中へと響き渡る。

『繰り返します。これより、汚染獣駆逐の最終作戦に入ります。全、武芸科生徒諸君、私の合図と共に、防衛作の後方に退避』

カリアンの言葉に、怪我した武芸者を無事な武芸者が支えながら下がって行く。
中には医療科の者により、担架に乗せられている者もいた。
ニーナもしつこく乗せられようとしたが、それを断ってこの光景を見ている。
この場の責任者である彼女が、そう簡単には下がれないと言うプライド故だろう。
それに、全員が無事に退却するのを見届けなければならない。
レイフォンがこれから、何をする気なのかも。

『カウントを始めます』

作戦が開始された。



「……全部で、982匹も」

フェリが念威によって探った汚染獣の数。
念威操者のフェリは、脳裏に汚染獣達の生体反応としてレーダーの様に、赤い光点として浮かんでいる。
その余りの数に、苦々しい表情でつぶやいた。

「少ない方だよ。グレンダンにいた時には、万を超える幼生に囲まれたことがある」

対して、レイフォンは落ち着いている。
この程度、何の脅威にもならないと言うように。
そして、そう思えるほどにフェリの念威が強力だという事。
都市中の光景が、全ての汚染獣の姿がレイフォンには手に取るように見えた。
グレンダンでも、これほどの念威補助はなかなか受けられない。グレンダンでも、念威の才能だけならば天剣に匹敵、凌駕するほどに。それほどまでにフェリの力は素晴らしい。
カリアンが無理矢理武芸科にフェリを入れた気持ちが、少しだけ理解できた。

(でも……フェリ先輩は戦いたくないんだ……)

今回は仕方がないとは言え、本来ならそんな彼女を戦場へは送りたくないレイフォン。
一瞬だけ瞳を閉じ、決意する。
目を開けた時には、己の意思をはっきりと思い浮かべた。

(何が何でも、僕はフェリ先輩を護る!)

そんな彼の目は、何処までもまっすぐと前を見ているのだった。



この都市で一番高い塔、その天辺には学園都市であることをを示すツェルニの旗が立っており、その柱の横にはレイフォンが立っている。
暗闇の現在では、その姿は人影程度にしか判断できない。
だからフェリは、レイフォンとの連絡用のために彼の周りを飛んでいた念威端子から、その姿を自分に送る。
今のレイフォンの表情は、彼女の知るいつものレイフォンとは違っていた。
フェリの知るレイフォンは、いつも戸惑っていてどこか頼りない感じがする。落ち着きなく視線を動かし、自分のいる場所に違和感を隠す事もなく垂れ流しているのが普段のレイフォンだ。
それは、フェリが無表情の中に押し込んだものと同じだ。ここではないどこかを探している、何も定まっていない人間の姿だ。
それなのに、今のレイフォンはどうだ?
まるで何かを決意し、確信したかのように真っ直ぐと前を向いている。
念威操者以外の道を探し、未だにそれが見つからない彼女にとってはそんなレイフォンが羨ましかった。

(いいな……)

なんとなく、思う。

「フェリせんぱ……フェリ。見つかりましたか?」

「……まだです。それから、次は言い間違えないように」

レイフォンの言葉に我に返り、なんとなく頬が熱くなる。
先輩とつけようとしたレイフォンを咎める事で誤魔化し、フェリは仕事に戻る。
レイフォンの顔を見て、自分は何を考えていたのか?
羞恥心をかなぐり捨てるように破棄し、フェリは再び汚染獣の捜索を続けるのだった。
































『8』

カリアンのカウントが、8となった時。
後8秒で、作戦が開始される時だ。

「生徒会長!大変です!カウントを止めてください」

白衣を着た学生が大慌てで、扉を破るようにして会議室に飛び込んで来た。
おそらく、技術科の生徒だろうか?
そんな彼の手には、資料の束が握られている。

「君、後にしたまえ」

「資料が見つかったんです。汚染獣はあれだけではないのです」

現在立て込んでいるので、後にしろと言うように咎めてくる役員。
だが、彼からすればそんなことはどうでもいい緊急事態のため、抑止を振り切って報告を続けた。

「外縁部で戦闘中の汚染獣達は、幼生と呼ばれています。あの幼生達を生んだ巨大な母体が近くにいるはずだと、調べていたらそういった資料が……」

その言葉に、会議室の空気が凍る。
つまり、あの幼生と呼ばれる汚染獣だけでも厄介なのに、その親となるさらに巨大な汚染獣がこの近くにいるというのだ。

「……しかし……今のところ何も仕掛けてきてないじゃないか。小隊からは報告が上がっていない」

だから、何も問題はないだろうと言う幹部の1人だが、その考えは否定される。

「いいえ、母体は休眠しているので今は危険はありません。しかし、あの幼生達を全部殺すと、母体が救援を呼ぶのです……!」

むしろ厄介なのは、母体なんかではなく救援に駆けつける汚染獣。
その言葉を聞き、会議室にいた者達全ての野表情が真っ青になる。

『……………7』

カリアンも例外なく表情を青く変化させたが、それでもカウントはやめない。

「救援に来るのは幼生とは限りません」

「……つまり、レイフォン君が幼生を倒したら、もっと恐ろしい汚染獣がツェルニに来ると……」

最悪の未来が予想され、会議室は静寂に包まれた。

『6』

「会長……!」

その静寂を打ち破るかのように、カリアンはカウントをやめない。































『3……2』

「見つけました」

カリアンのカウントが2にいたった時、フェリの念威越しの通信がレイフォンに届く。

「1305の方向。距離、30キルメル。地下、12メル。進入路を捜査します」

その言葉が終わり、カウントが0となる。
それが合図だ。その合図と共に、汚染獣の生体反応が次々と消滅していく。
鋼糸の刃が次々と汚染獣を切り裂いていった。

「何が……!?」

「汚染獣が全部……!」

武芸者達には、この光景が現実とは思えない。
実際に戦ったからこそわかる。相手の厄介さに。
あの甲殻の硬さと、数の多さ……
だと言うのに目の前の光景は、先ほどの自分達の戦闘を一蹴するかのような光景。
これが夢でないのなら、性質が悪すぎる。

「レイフォン……!」

ニーナ自身も、この光景には目を疑っていた。
先ほど実際に見たとは言え、やはり信じがたい現実だ。

「エリプトン先輩……これは夢ですか?俺、疲れてんですか?」

「はは、そーだな。どーやら俺も、かなり疲れているらしい……幻影が見えるぜ……」

オリバーとシャーニッドも、この光景には唖然とするしかなかった。
































『第三小隊です!突然……汚染獣が……』

『第十二小隊から報告です。このあたりの汚染獣は全滅したもようです!』

『第七小隊です。汚染獣が次々と勝手に落ちていきます』

「おお……」

「あの1年生、何者だ……」

会議室には小隊からの報告が届き、歓喜が湧き上がる。
今まで手も足も出なかった汚染獣が、次々と殲滅されていくのだ。

「ヴォルフシュテイン………」

それは役員の誰かが言った問いに答えるためか、またはレイフォンの活躍に改めて感服しているのか、カリアンがそうつぶやく。
この間も、汚染獣は次々と数を減らしていた。

「生徒会長!」

そんなカリアンに、技術化の生徒が再び叫ぶように言う。

「早く……彼を止めてください……!幼生を殺したら、母体が近くの汚染獣を呼び寄せてしまう!」

悲痛な叫びだ。
先ほども悲痛だったが、まさかこんなにも早く汚染獣を倒していくとは思わなかった。

『第十七小隊です。北西地区の探知可能な全ての汚染獣の生体反応が消えました』

「カリアン様……」

ニーナからも報告が入り、より現実的な危機に歓喜がやみ、役員や幹部達が不安そうにカリアンをみつめる。
だが、彼にはどうする事もできない。

「だからといって、幼生をあのままにはしておけない。情けないが、彼に頼るしかない。これが我等がツェルニの実態だよ」

打つ手はない。何もする事ができない。
レイフォンが何とかできなければ、ツェルニは滅ぶ。

「……フェリ、レイフォン君に……」

藁にも縋るように、カリアンはフェリに通信をつないでくれと頼むが、

『大丈夫です』

念威端子越しに、フェリにそう言われた。

『母体は既に見つけました。母体が目覚めて救援を呼ぶまでに、30分はかかります』

今度はレイフォンの声が念威端子越しに聞こえる。
彼は元々知っていたのだ。汚染獣との遭遇が異常なほどに多いグレンダンだからこそ、この程度の知識は当然ある。

『その前に倒します』

『只今、進入路を調査中です』

「なんと……!」

「……フェリ……」

この言葉に、再び会議室が歓喜に沸く。
だから心配はないと言うように。
そもそもレイフォンは、確かに念威のサポートがないと厄介だが、この程度をたいした危機には感じていなかった。

223……198……157……102……66……

「なんて力……」

当初は982匹もいた汚染獣が、ついに2桁までに減らされていた。
しかもこの短時間で……まさに圧倒的。
この世のものとは思えないほどにレイフォンの力は凄まじかった。
だが、汚染獣が0になる前に、光点が全てなくなる前に母体を見つけなければならない。
どこだ?

56,55,54.

ツェルニの地底にもぐらせた念威端子にフェリは意識を集中させる。
残り50を切った辺りだろうか?
歪な地下の空洞、ねじけた通路の奥深くで、ついにフェリは見つけた。
幼生によって腹部を食い破られてはいるものの、未だに息のある母体の姿を。

『進入路を見つけました。誘導します』

「ありがとう」

レイフォンはヘルメットを被り、塔の上から姿が消えた。
いや、実際には飛ぶ。飛んでいるように見えた。
外縁部の端にかけた鋼糸の1本を引っ張っているのだろう。それに加え、活剄で強化した脚力も合わせてまさに飛びながら、レイフォンは外縁部へと向った。
その間も絶え間なく鋼糸を操り、2桁になった汚染獣は1桁になり、そして0となった。

レイフォンは言った。

『僕が何もしなかったから誰かが死ぬなんて嫌ですよ』

それが彼の動く理由なのだろう。
だけど、だからと言ってどうしてこんな危険な事に身を置けるのか?
都市外装備をしているとはいえ、汚染物質の舞う外に出るのは危険な行為だ。
汚染物質遮断スーツが少し破れただけで致命傷になりかねない。
そんな危険な事にどうして……フェリにはわからない。
才能があるからか?
それができるだけの才能……

「望んだわけでもないのに」

レイフォンには聞こえないよう、ポツリとつぶやく。
人のため、それが自分のためになる。フェリにはそれが理解できない。
だけど……

『それがフェリ先輩なら、なおさらです』

こう言ったレイフォンの言葉は、本当に嬉しかったなと少し頬を染める。
無表情なまま、だけど頬は赤くなる。

「死なないでくださいね」

通信は介さず、フェリは外縁部からエアフィルターを突き抜けていくレイフォンの姿を念威端子で見ながら、そうつぶやいた。




























エアフィルターを抜ける瞬間は、何時だって汚染物質によって粘り付くような感覚がする。
都市外装備をしている故に問題はないが、やはりいい気はしない。
視界もフェリの念威の補助により良好。
暗闇で汚染物質の舞う大地でも、昼間の様に良く見える。

レイフォンはそのまま、目的地である母体を目指す。
駆けるように落ちて行き、鋼糸でブレーキをかけたり、補助したりして降りて行く。
そうやって慎重に、だけど30分と言う制限時間もあるので少し急ぎながらレイフォンは降りていく。
そして、

「そこを曲がれば、すぐです」

フェリの指示に従って横穴に入ったレイフォンは、ついに見つける。
鋼糸を解き、錬金鋼を待機状態に戻す。
そこには、巨大な汚染獣の母体がいた。

体の三分の二を構成する腹は裂け、円錐のような胴体には殻に守られていない翅が生えている。
そして、幼生に比べてはるかに大きな頭部と複眼。
これが母体の姿だ。

「レストレーション01」

その母体を前にし、レイフォンは再び錬金鋼を復元する。
青色錬金鋼の剣だ。

「生きたいという気持ちは同じかもしれない」

剣を構え、レイフォンが歩み寄る。

「死にたくないと言う気持ちは同じかもしれない」

剄を込め、剣身が光り輝く。その光が、この空間を照らしていた。

「それだけで満足できない人間は、贅沢なのかもしれない」

汚染された大地に適応し、生きる汚染獣達。
本来ならこの世界の王者は、彼等なのだろう。
その昔、人間が頂点に立ち、世界そのものの主として振る舞っていたかのように。

汚染獣がレイフォンの存在に気づいてか、彼の接近に対し、仲間を呼ぼうとする。
だが、それよりも早く、

「でも、生きたいんだ」

そうつぶやいて、レイフォンは剣を振り上げる。
見つけたのだ、やっと……自分がどうしたいのかと言う思いを。単純な事だが、とても大事な事。
決めたのだ、何が何でも、絶対に彼女を護ると。

「詫びるつもりはない」

そして剣を振り下ろす。



































「最終作戦……完了」

会議室には、これ以上ないほどの歓喜が響き渡る。

『武芸科生徒の諸君、ご苦労様でした。ツェルニ付近の全ての汚染獣排除が確認されました』

その歓喜は、都市中ヘと広がって行く。

「やったぜ!俺たちは生き残れた」

「汚染獣を撃退したんだ!!」

生き残れた事が嬉しく、皆が大騒ぎし喜んでいる。
嬉しい、今、生きている事が。

「だけど……」

だが、疑問は残った。

「一体誰が?」

誰がこの状況を作り出したのか。























「はぁ……はぁ……」

フェリは走っていた。
汚染獣が倒されるところを確認した後、フェリは外縁部へと一目散に向う。
だが、念威操者であるフェリは、身体能力がそんなに高くはない。
故に息を切らせながら走る。
そして、外縁部までまだ半分はあるだろうと言う距離で、

「ただいま戻りました」

上空からかけられた声に、フェリは足を止めた。
そして、彼女の前に降り立った声の主は、ヘルメットを取って笑顔で、

「フェリ」

彼女の名前を呼ぶ。
そんな彼に答えるように、フェリも小さな笑みを浮かべて彼の名を呼んだ。

「お疲れ様です、レイフォン」

そして、ゆっくりとレイフォンに近づいていき、飛び込むようにしてレイフォンの腰の辺りに抱きつく。
それをレイフォンは受け止め、苦笑を浮かべていた。
そんな彼等を照らす朝日、長い夜の終わりを告げる光が、何処までも眩しく感じられるのだった。
































あとがき
祝!1巻分完結!!
いや~、これはレイフォン×フェリの作品なんで、見事にニーナ関連のフラグはブチ折っておりますw
いや、都市外装備着てますし、ニーナの胸で気絶なんてイベントは起きないわけでw
と言うか、ここのレイフォンも基本は鈍感なんですが、フェリに関しては別って感じなのでこんな風に。
それにしても長かった……
やっと1巻分が終わって一安心。
さて、次回からの2巻分はどうしましょうか?

それにしてもオリバーのレールガンの案は、実行する事事態はできても能力や殺傷云々の問題ですか……
対汚染獣の秘密兵器とかなら有りかもしれませんが、確かにあれは殺傷力高そうですよね。
レールガンといえばブラックキャットを思い浮かべる俺ですが、実際のシロモノは反動が凄いとか。
友人に相談したら、オリバー反動で死ぬなんて言われましたw
と言うか、実物ってかなり大きいんですね……
アレを小型化しても、反動とかで錬金鋼ぶっ壊れて、オリバーは大怪我しそう……
ハイアみたいに紅玉錬金鋼になんか頑丈な錬金鋼を合成させればいけるかな、なんて思いつつ……と言うか、これはもはや複合錬金鋼では?
しかし、やはり問題は反動……
と言うか、レールガン撃てるほどの電力をオリバーが出せるのかも謎ですよね。
化錬剄は難しいらしいので……

前途多難なロリコン野郎ですが、応援の程よろしくお願いします。
しかし、前回オリバーの武装応募したんですが、誰も書いてくれなかった(泣
何か良い意見、面白い案があったら書き込んでくださると嬉しいです。

そして、次回の2巻編からもどうかよろしくお願いします。



[15685] 6話 手紙 (原作2巻分プロローグ)
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:9a239b99
Date: 2011/09/24 23:52
こうして手紙を書くのは何度目だろうか?
僕は元気です。そっちはどうですか?
ツェルニが汚染獣に襲われて、僕は再び剣を取りました。最初はどうしようかと迷ったり、これでいいのかと思いもしたけど……護りたい、大切な人ができたから剣を取りました。
でね、リーリン。君は僕に送った手紙に嘘をつくなと言ったよね?
僕がすぐに他人の人と仲良くなれるわけがないとか、普通の人と一緒に、普通の学園生活なんてできないって。
……………酷いね。これでも一応、嘘はついていないんだよ。入学式の日に会ったメイシェンやナルキ、ミィフィは本当に良くしてくれているよ。その他にも隊長や先輩達もいい人だから。
まあ、本当のことを言わなかったりはしたけど。
実は、小隊というものに入れられてしまいました。僕の過去を生徒会長が知っていて、無理矢理ね。
しかもその生徒会長、陰険眼鏡は自分の妹が嫌がるのを無視して武芸科に入れたらしいんだ。酷いよね?
ツェルニには鉱山が残りひとつしかなくて、それを護りたいって気持ちは理解できるけど、それとこれとは別な気がするんだ。

で、その入れられた小隊なんだけどさ、隊長が凄く真っ直ぐでみんなをガンガン引っ張って行く人で、このツェルニを護りたいって真剣に思っているんだ。
前に言ったよね?ツェルニの電子精霊に出会ったって。隊長のニーナ先輩は、その電子精霊に凄くなつかれているんだよ。本当に凄いなって思った。
そんな隊長率いる小隊は……まあ、訓練を良くサボる人が2人ばかりいるんだけど、なんだかんだでうまくいっていると思います……たぶん。

それから君は、よく僕のことを鈍感だって言っていたよね?それはたぶん、違うと思うよ。
みつけたんだ、僕が何をしたいのかと言う思いと、大切な人を。
その人を護りたいと思ったから、僕は剣を取りました。何が何でも護ると決めたから。
天剣はないけど、一度失敗しちゃったけど、もう一度武芸を始めてみようと思います。その人を護るために。
今度は後悔しないように、間違えないようにこの道を行こうと。僕は、ツェルニに来て本当に良かったと思います。

いつか君にも、こう思える人ができますように。君のこれからに最大の幸運を。

親愛なるリーリン・マーフェスへ。

レイフォン・アルセイフより





「…………………………」

「リーリン……?」

その手紙を読み、リーリンは表情を変えた。
だが、その顔は手紙はリーリンの正面で持たれているためにリーリンの友人、シノーラ・アレイスラには見えない。
手紙を読んで何かあったのだろうと思うが……今はチャンスなので、とりあえずリーリンの胸を揉もうとした。
したのだが……

「………リーリン?」

リーリンが持っていた手紙に余りに力が入りすぎ、真っ二つに裂けてしまう。
そして、さらされるリーリンの表情。その表情を見て、シノーラは冷や汗を垂れ流していた。
リーリンは笑っていた。
威圧感のある笑みで、額には青筋を浮かべていて、静かなる怒りを抱いているような気がした。と言うか、実際にそうなのだろう。
こうなってしまった理由はもちろん……

「レイフォンの馬鹿あああああ!!」

鈍感な幼馴染の所為である。
そして、リーリンの返信した手紙はと言うと……





はい、元気にしている?
こちらも忙しく学校生活しているけど、君に比べたら全然平凡だよ。
この前手紙を送ってから、何通かまとめてこちらにやってきました。この手紙がレイフォンにいつ届くのかわからないけど、できるだけ早く届けばいいな。
レイフォンが武芸を捨てなくて、私は嬉しいよ。色々悩んで、それで解決したんだね。
本当に色々と……

友達ができました。面白い人だけど、一緒にいるとすごく疲れるのが玉に瑕かな。
園の方は相変わらず賑やかです。父さんですが、道場を開く事になりました。今まで見たいな、園の子供達を相手にするだけじゃない、ちゃんとした道場です。
グレンダンで道場経営は大変だけど、近所の人達が通ってきてくれているのでとりあえず収入にはなっています。あと、政府からの支援金の申請もしていますので、こちらの心配はあまりないかもしれません。
レイフォンがお金を稼いでくれていた時ではないにしても、何とかやっていけると思います。
そっちはどうですか?病気とかはしていませんか?食事もちゃんとしている?レイフォンは余り栄養の事とか考えないので、偏ってないか心配です。

それはそうと、レイフォンには友達がちゃんとできているみたいで良かったね。そっちは安心しました。
その上で言わせてもらいます……この鈍感。
そもそも、どうして女の子ばっかりなのかな?それが気になります。
もしかして、レイフォンって凄いスケベだった?それは知らなかったよ。
そっちの意味では本当に不安です。そして、今でも思います。あの時、ツェルニに行くのをもっと強く反対していればと……

まぁ、これは冗談と言う事にしておいてあげる。今は、一応は、ね。
いつか絶対に問い詰めるから、その時はちゃんと答えること。じゃないと……

そうそう、これも一応。一応、言わせておいて。
レイフォンが武芸を捨てなかった事は嬉しいよ。でもそれは、グレンダンでいた頃のレイフォンでいて欲しいというわけではないからね。
武芸に打ち込むレイフォンの姿はかっこいいし、羨ましいと思ったけど、天剣授受者でいた頃のレイフォンは余り好きではないよ。
この区別、わかってくれるよね?

手紙が一度に来た事で、面白い話を聞けたよ。もしかしたらレイフォンをびっくりさせられるかもしれない。
なにかは教えない。
ちょっとしたびっくりになればいいんだけどね。
それじゃあ、また手紙を送ります。

病的なまでの鈍感王、親愛なるレイフォン・ヴォルフシュテイン・アルセイフへ

リーリン・マーフェス





「で、できた……」

ほぼ徹夜で、何度も書き直しながらやっと出来た手紙。
大分抑えたのだが、今まで書いた不満や恨み言をばかりの手紙は、とても口汚くてレイフォンには送れない。
言い足りないし、不満は残るのだけど……リーリンはこの手紙ではどこか納得できないと思いながらも、レイフォンへと郵送した。



























『大逆転!いやさ十四小隊の作戦勝ちか!?前回の十六小隊との試合ではまさかの大逆転を演じた期待の新小隊が、今度はベテラン十四小隊に逆転負け!十四小隊、チームワークの差を見せ付けましたぁぁぁぁぁっ!!』

司会の甲高い声が、歓声で喧しいグランドに響く。
その声を、十七小隊隊長のニーナは呆然と聞いていた。

(負けた……?)

本気を出していないとは言え、それでも他の武芸者を軽く凌駕するレイフォンがいるのに負けた。
それだけではない。
練習は不真面目だが、自分の仕事はちゃんとこなすシャーニッド。
そして、ニーナ自身も3年生ではあるが、小隊の隊長を張れるほどに才のある人物なのだ。
フェリのやる気云々はともかく、攻撃だけならこの小隊はなかなかのものだろう。
今回の敗因は司会も言っているが、やはりチームワーク、連携……
出来たばかりの小隊ゆえに、こればかりは早々簡単に手に入るものではない。

いや、それだけではない……

「やれやれ……しんどかったな」

今まで、ニーナと激しく打ち合っていた十四小隊の隊長、シン・カイハーンが武器を下ろして言う。
この人物はニーナが以前、十四小隊に所属していた時にお世話になった人で、その彼の表情には作戦が成功した事への安堵と、してやったりと言うような笑みが浮かんでいた。
シンとの戦いに夢中になる余り、自分は隊員に対する指示を忘れていた。
隊長である自分が、周りを意識する事を怠っていたのだ。

「まぁ、そういうことだ」

シンに肩を叩かれ、ニーナは我に返る。

「あいつは確かに強い。強いが……それだけならなんとかなっちまうんだ」

それはレイフォンのことだ。レイフォンは強い、理不尽なまでに。
彼はツェルニにいる全武芸者を一蹴出来るほどに。
だけど試合では……シンの言うとおりだ。

「1対1の決闘じゃないからな、これは……」

「はい……」

ついさっきまでは相手として、敵として、鋭い視線で武技の限りを尽くしあっていたシンの顔は、今は先輩としての顔になっている。
レイフォンは強いだろう。だが、強すぎるのだ。
強すぎる故に並みの武芸者では並べず、連携が取れない。
彼と連携を取るには、十七小隊が強くなるには……自分が強くなるしかない。
弱い自分が、もっと強く……少なくともニーナは、こう思っていた。

「まっ、強くなるための課題なんていくらでもあるってことだ。じゃあな」

そんなニーナにフォローするようにか、シンはそのような言葉を投げかける。
だけどニーナが、これを理解しているのかは怪しい。

「あ、ありがとうございました!」

それでもニーナは、去っていくシンの背に向けて頭を下げる。
地面を見つめ、悔しさに唇を噛み締めながら……



































「あれ?」

故郷の両親、仲の良かった友人から送られてきた手紙に混じって、異なる1通の手紙があった。
メイシェンはそれを手に取り、宛名を見る。それはレイフォンへの手紙だった。その事実を知り、息を呑んだ。
誤配だとすぐに気づいたが、彼女が想いを寄せる人物への手紙がここに来るなんてどんな偶然だろうか?
そんな不思議な思いを抱き、話しかけるきっかけが出来たと喜ぶが、それはすぐに打ち消される。確認した、差出人の名前が原因だ。

『リーリン・マーフェス』

それが差出人の名。

(リーリン……女の子の名前だよね?)

気になってしまった。
気にしなければ良かったかもしれないのに、気になってしまった。

(どういう関係なんだろう?友達かな?……恋人だったりしたらどうしよう)

倫理観が指先を震えさせる。
勝手に人の手紙を見るなど、当然悪いことだ。

(でも……)

気になるのだ。とてもとても気になって仕方がないのだ。
もしもこのリーリンという人物が、レイフォンにとって大事な人物ならばどうすればいいのだろう?

その答えが手紙の中にあることを考えるだけで、恐ろしい。
だけどこのままだったら確実に、今日は眠れないだろう。

(だめ……でも……やっぱり……)

震える指先が、糊付けされた封に触れる。
破れないようにそっとはがし、中の手紙を……読んでしまった。

(ああ……)

後悔する。悪いことだと思った。
読んだ後に感じたのは自己嫌悪……そして、対抗心だった。

この手紙の内容からして、リーリンという人物はかなりレイフォンと仲が良いらしい。
罵っている所がある辺り、恋人とは行かないのだろうが……それでも、1番レイフォンに近い人物なのではないかと思った。

だけど、手紙のように現在のレイフォンの食事の管理を出来るのは自分だけなのだと思って気が楽になったり、メイシェンの知らない時間を一緒に過ごしただろうリーリンに嫉妬したりもした。
だが、罪悪感と自己嫌悪は残ったので、レイフォンのために弁当を作るのを決めると同時に、ちゃんと手紙を返そうと決意した。したのだが……






























「あれ?フェリ先輩……ひょっとして、おいしくなかったですか?」

「いえ……弁当『は』美味しいです」

なんでこうなってしまったのだろう?
レイフォンは良くメイシェン、ナルキ、ミィフィの3人と良くお昼を食べるが、そのほとんどが外食や買って来たパンという感じだ。
だからこそメイシェンが弁当を作ろうと決意したのだが……

「そうですか、よかった。一応本も読んで、栄養管理も勉強したんですよ」

そんなことを笑顔で言うレイフォン。
そしてメイシェン達の他に、この場所にはフェリがいた。
そのフェリはいつもの様に無表情だけど不満そうに、と言うか不機嫌そうにレイフォンの作ってきた弁当を食べている。

「レイとん……料理できたんだね」

「あ、うん。前までは機関掃除のバイトがあったから朝はギリギリまで寝ていたかったんだけど、安上がりにもなるし作ることにしたんだ」

真意はどうあれ、給金は良いが、きつい機関掃除のバイトをしているレイフォンは今まで朝はギリギリまで寝ていた。
だと言うのに、どういうわけか今日から弁当持参である。
その上、フェリまで交えてこの場にいる。ちなみに弁当は、レイフォンとフェリの分2つを用意していた。
さすがにこの展開は予想外と言うか、想定外だったメイシェンは涙目ものだ。

「あ、うん。メイシェンのお弁当も美味しいね」

「あ、うん……ありがとう……」

せっかく作った弁当だが、レイフォンが作って来たために余ってしまう。
そのために皆でつまめるように、地面に敷かれたシートの上にそれぞれの弁当が置かれているのだが……

(……美味しい)

レイフォンの弁当は美味しかった。それはもう、自分が用意なんてする必要がないほどに。
そして、本を見て勉強もしたと言っているが、そのとおりに栄養バランスの心配もない。
完璧に計算された弁当の内容。

「あ、その揚げ物は自信作なんだ。それから、デザートも作ってきたんだけど」

おかずやデザートのゼリーなど、どれを取ってもハイレベル。
是非ともお嫁さんに欲しいようなスキルを、レイフォンは無駄に惜しげもなく発揮していた。

そんな想定外のことがあった故に、勇気も出なかったことから、メイシェンは授業中にその手紙を渡すことは出来なかった……



































「いや、何してんの!?」

錬金鋼の設定途中に、昼のことをハーレイに話すと、そう突っ込まれてしまった。

「え?でも、弁当は持ってましたし」

「いや……そうじゃなくてね……」

ため息をつくハーレイの心理がわからずに、レイフォンはフェリに視線を向ける。

「弁当は美味しかったですよね?フェリ先輩」

「ええ……とっても」

フェリは同意するものの、やはりどことなく不機嫌そうだ。

「どうしたんでしょ?」

「知らないよ……はぁ、僕も彼女欲しいなぁ」

さらにハーレイはため息をつき、作業を続けていく。
放課後、ある程度の本気を出すことになったレイフォンに合わせての錬金鋼の調整だ。
なんせ、普通の錬金鋼にレイフォンが全力の剄を注ぎ込むと、あまりの剄の量に錬金鋼が耐え切れずに壊れてしまうのだ。
だが、だからと言って現状では何も出来ないので、少しはマシにしようと言う事でこの作業が行われている。
今にして思えば、昔、レイフォンが使っていた天剣は凄い錬金鋼だったのだと理解できる。

流石は天剣授受者、12人にのみ与えられるグレンダン秘蔵の錬金鋼だ。
今欲しがっても、自分には手に出来ない、手にする資格がないだけに少し残念ではある。
だけどまぁ、それはレイフォンが天剣になる前にもした苦労だし、並みの相手ならなくても十分だろうと思っていた。

「ところで、これ……なんです?」

レイフォンは復元した錬金鋼の剣に、ずっと剄を送り込んでいる。
その剣にはケーブルやコードなどがついており、ハーレイの手には計器が握られていた。

「ああ、ちょっと確かめたいことがあってさ」

「はぁ……」

良くわからないまま、レイフォンは剄を剣に送り込む。
その剣は、剄を注がれて淡い光を放っていた。

「剄の収束が凄いなぁ。これだと白金錬金鋼の方が良かったのかな?あっちの方が伝導率は上だし」

「そうですか?」

良くはわからないが、確かにそっちの方が今使っている青石錬金鋼より不満は感じない。

(そう言えば、あれも白金錬金鋼だったけ?)

その関係で同じ材質の天剣をまたも思い浮かべるが、あれと比べるのは間違っている。
あれは汚染獣と戦うためだけに作られたものなのだから。

「この間のあれが使えるのも、これだけの剄が出せるからだね」

鋼糸。
この間ツェルニに汚染獣が襲ってきた時、レイフォンが次々とそれを使って幼生体を撃退したのだ。
カリアンにその設定を頼んだが、生徒会長であるカリアンが錬金鋼の設定なんて出来るはずがなく、それは専門である人物、同じ小隊所属の技師と言う事でハーレイによって行われていた。
だからこそわかる。指示通りに設定したのだが……その錬金鋼の異常に。

「あれ、封印されたの残念だったね。あ、もういいよ」

そう言ってレイフォンに剄を流すのを止めさせ、ハーレイは続ける。
いくらレイフォンの鋼糸が凄いとはいえ、そんな危険なものを対抗試合で使われては勝負にならないと、生徒会長と武芸長によって封印されることになった。

「まぁ、要は対抗試合はって事で、別に汚染獣相手や武芸大会では禁止されてないからいいですけどね」

レイフォンは苦笑する。
汚染獣との戦闘がないことを切実に願うが、その戦いで鋼糸封印なんて状態で戦闘をすることはまずない。
と言うか、そんなことをするのは間違いなく馬鹿だ。
汚染獣にはどんな時でも全力で臨まなくてはならない。
でなければ……命を落としかねないからだ。

そして武芸大会。
封印されたのはあくまで『ツェルニの対抗試合』であり、本番の武芸大会では封印も禁止もされたりはしていない。
本来、鋼糸と言うのは要するにただの糸だ。
そんなものに殺傷力を持たせることが、なおかつ汚染獣を切り裂けるものとなるとレイフォンと、その師であるリンテンスくらいなものだ。もっとも天剣最強と呼ばれる彼なら、その技量はレイフォンを軽く凌駕するが。
まぁ、話はそれたが、つまりは殺さなければどうとでもなる。
そして整備し、ちゃんと調整された錬金鋼ならば、レイフォンの技量だとそんな細かい操作も楽勝である。

「どっちにしても、対抗試合では使う気はありませんでしたけど」

「そうなのかい?あれがあれば、試合なんてすぐに勝てるでしょ?」

「そうですけど、それで勝っても仕方ないじゃないんじゃないですか?」

「そうかな?」

レイフォンの言葉に、ハーレイは疑問符を浮かべる。
もっとも、使えないから仕方はないのだが……なんでレイフォンは楽な手段を使おうとしないのだろう?

「そうですよ。それに、そんな勝ち方、隊長が認めますかね?」

「ああ、確かにね」

それを聞いて、ハーレイも納得する。

「彼女は、他人の力だけで勝っても嬉しくないだろうね」

ニーナは自分の力で、ツェルニを護りたいと思っているのだ。そのために小隊すら立ち上げた。
他力本願での勝利など、彼女の望むものではないのだろう。

「ですよね」

レイフォンはうなずき返し、構えて剣を振るった。
剄をあれだけ走らせると、どうしても動き出したくなる。
武芸者としての性なのだろうか?
一時期はこの道を捨てようと思っただけに、どうも微妙な感覚がする。

ただ無心に、上段から振り下ろす。
剣に残っていた剄が、青石錬金鋼の色を周囲に散らし、掻き消えていく。
剣を振る動作から体の調子を確認し、調整。納得する動きへと持っていく。

そして、次第に集中していく。
今まで細かいところを、それこそ神経の1本1本まで気にしていたが、それが気にならなくなった。
まるで、自分がただ剣を振る機械にでもなったかのような感覚。
この感覚こそが幼いころから戦ってきたレイフォンの、戦闘に優れた意識なのである。
余計な感情を省き、戦いにのみ集中する。レイフォンのような15の子供が、いや、天剣になったこと、なる前を考慮してそれよりも幼い10歳以下の子供が出来ることではない。

自分が完全に虚になったような感覚の中、意識の白さに無自覚になると、大気には色がついたような気がした。
その色を、斬る。
剣先が形のない大気に傷をつける。それを何度も繰り返した。
だが、大気は傷つけられてもすぐにその空隙を埋めてしまう。それでもレイフォンは、大気を斬り続ける。
そしていつの間にかそれが追いつかず、空気中に真空のような存在が出来た気がした。
こればかりは、すぐには修復しない……

それをレイフォンは確認すると、剣を止めて息を吐いた。
取りあえずはこれで一息、終わりである。

「はは、たいしたもんだ」

パチパチと、あまり熱心ではない拍手が響く。
シャーニッドだ。いつの間にか彼が出入り口付近に立っていた。

「斬られたこともわかんないままに、死んでしまいそうだな」

「いや、さすがにそこまでは……」

「凄かったよ!最初は剣を振った後に凄い風が動いていた。その時間差も凄かったけど、最後の一振りで、その風の流れがピタッと止まったんだ。もう……ビックリするしかないよ」

シャーニッドの言葉に謙遜するレイフォンだが、それに興奮気味なハーレイが言葉をかぶせる。
まるで大喜びした子供のような反応だ。
それを見て、レイフォンは苦笑しながらこめかみを掻く。
そんなハーレイの興奮にシャーニッドが水を差す。

「ハーレイ。あれ、頼んでた奴、出来てるか?」

「ああ……はいはい、出来てますよ」

その言葉と共に、ハーレイがなにやら2本の錬金鋼を取り出した。
それは復元前で、炭素棒の様なもの。
放出系と呼ばれる、外力系衝剄が得意なシャーニッドの使う錬金鋼となると……

「銃ですか?」

「こんだけ人数が少なかったら、狙撃だけってわけにも行かないからな。まぁ、保険って奴だ」

同意し、説明するシャーニッドの言葉を聴き、レイフォンはつぶやく。

「ごついですね」

普段、シャーニッドの使う軽金錬金鋼の銃とは違い、撃つよりも打つことに重点を置いた作り。
そのためだろうか?
頑丈な黒鋼錬金鋼で作られている。ニーナの鉄鞭と同じ素材だ。

「注文どおりに黒鋼錬金鋼で作りましたけど、やっぱり剄の伝導率が悪いから射程は落ちますよ」

「かまわね。これで狙撃する気なんてまるきりないしな。周囲10メルの敵に外れさえしなければ問題ない」

ハーレイの言葉を軽く流し、シャーニッドは手になじませるように銃爪に指をかけ、くるくると回す。

「銃衝術ですか?」

「へぇ……さすがはグレンダン。よく知ってんな」

なんとなくたずねたレイフォンの言葉に、シャーニッドが口笛を吹いて返す。

「銃衝術ってなんだい?」

聞いてきたハーレイに、レイフォンは説明する。
用は銃を使った格闘術であり、銃は遠距離なら便利なものだが、剣やナイフを使った近接ならば不利になる。
それを克服するための技、格闘術が銃衝術なのだ。

「へぇ……そんなのシャーニッド先輩が使えるんですか?」

「ま、こんなの使うのは格好つけたがりの馬鹿か、相当な達人のどっちかだろうけどな……ちなみに俺は馬鹿の方だけどな」

ハーレイの言葉にそう答えて、シャーニッドはニヤリと笑う。
だが、真意はともかく、これで少しは戦力の幅が広がるのではないかと思う。
思ったのだが……

「そういえばニーナは?」

「そういや……遅いですね」

隊長のニーナが来ていない。
フェリもレイフォンと同時にと言うか、図書館に本を返しに行って少し遅れたようだが、割とレイフォンのすぐ後にここに来ていた。
少なくともシャーニッドよりは早かったのだが、今は図書館で新たに借りた本を読んでいる。
後来ていないのは、彼女だけなのだ。

「な~んか、ニーナがいねぇとしまらねぇな」

シャーニッドが欠伸をしながらそうつぶやき、暫し待つ。
だが、なかなか現れなくって、フェリが来ないなら帰っていいかと尋ねると、ハーレイがもう少し待ってみようよと宥める。
そして、もう少し待った時だ、

「すまん、待たせたな」

やっと、ニーナが来た。

「遅いぜ、ニーナ。何してたんだ?寝そうだったぜ」

シャーニッドが欠伸をしながら言う。
ちなみにどうでもいいことだが、シャーニッドは4年でこの小隊では1番の年長ゆえにニーナを名で呼ぶ。
まぁ、非常時や作戦中なんかは隊長なんて呼ぶ時もあるが、普段ではこうだ。

「調べ物をしていたら、遅くなってしまった」

そういいながら、ニーナは訓練室の真ん中まで歩いていく。
その時だ、音に、レイフォンが疑問を持った。

(ん?)

ニーナの腰の剣帯で2本の錬金鋼ガカチャカチャと鳴る。
それが違和感の原因だ。
いつもとは違う音……つまりは歩き方が違う。
どこか怪我をしたのかと思ったが、体をかばうような動作はしていない。
本当にどうしたのだろうかと疑問に持つ。

「遅くなったので、今日の訓練はいい」

「「「は?」」」

その言葉に、レイフォンとシャーニッド、ハーレイは素っ頓狂な声を上げる。
フェリ自身も、瞳を見開いて驚いていることがわかる。
それほどニーナがこんなことを言うのが意外なのだ。

「そりゃまたどうして?」

誰もが気になる中、シャーニッドが尋ねた。

「訓練メニューの変更を考えていてな。悪いが今日はそれを詰めたい」

「へぇ……」

「個人訓練をする分には自由だ、好きにしてくれ。では、解散」

それだけを言い残し、ニーナは去って行く。
レイフォンはわけがわからないまま、そんなニーナの後姿を見送っていた。

































「どうにも、おかしいですね」

帰り道の道中、フェリがレイフォンに向けてそうつぶやいた。

「確かにそうですね」

それにレイフォンは、素直に同意した。
話の内容はやはりニーナだ。
彼女は一言で言うならば、熱い。
それはもう、熱血漫画のように、少年漫画の主人公のように。
レイフォンを小隊に無理やり入れたのだって、ニーナなのだ
そんな純粋で真っ直ぐで、熱い人物である彼女が、訓練を休むだなんて考えられない。

「まぁ……それはいいんですけど……」

実際は何かを企んでいそうでですっきりしないが、それはまぁいい。
フェリには関係のないことだし、訓練事態が休みなのはいい事だから割り切ろう。
問題は……

「料理……できたんですね」

「は?」

今日のお昼のことだ。
フェリはレイフォンの弁当をご馳走になり、今はなんともいえない表情で彼を見ていた。

「ああ……孤児院の時は皆でご飯を作ってましたから。ただ、僕の場合は栄養バランスを考えるのが下手で、分量の調整も苦手だったのでよくリーリンに叱られていました」

確かに、今日のレイフォンの弁当は2人分にしては量が多かった。
故にメイシェン達を交えて、3人で昼食を取ったのだが……おいしかったからいいものの、食べ終えた時は少しお腹が苦しかった。
だが、そんなことよりもフェリには聞き覚えのある、嫌、見覚えのある名が気になった。

「リーリン……ですか?」

「はい。あ……孤児院の幼馴染で、兄妹みたいな関係ですね。なんて言うか、良く叱られていて……頼りになるお姉ちゃんって感じでしょうか?」

フェリの問いに、レイフォンは素直に答える。
歳は一緒だが、しっかりしていたために頼りがいがあり、なんだかんだでレイフォンを心配してくれた。
彼からすれば兄妹、姉、妹の様な存在であり、大切な肉親の様なものなのだ。
肉親であり、それに恋愛のような想いは抱いていない。まったくの皆無である。

それを聞き、フェリは少しだけほっとした気持ちになった。
その理由がわからない。

「それはそうと、そのリーリンから手紙です」

「え?」

この言葉には、レイフォンが驚いた。

「実は、偶然拾いまして」

図書館から訓練室に来る時、その扉の前にはメイシェンがいたらしい。
何をしているのか声をかけてみれば、何故か彼女は慌てて逃げ出したようだ。
そして落として行ったのが、どうやらこの手紙らしい。

「どうやら誤配でしょう。彼女はおそらく、それを届けに来たんですね」

「そうですか……ちゃんとお礼を言っておかないとなぁ」

フェリから手紙を受け取り、レイフォンはそれを見る。
グレンダンから届いた、リーリン(幼馴染)の手紙だ。

「……………」

「どうしたんですか?フェリ」

その手紙をじっと見てくるフェリに、レイフォンは尋ねる。
人前ではフェリ『先輩』と呼ぶが、2人で歩いている今の状態ではフェリだけだ。

「いえ……ただ少し、その内容が気になったもので」

そう言った。言った時に、すぐさま後悔する。
自分は今、なんと言った?
手紙が気になると?それではまるで、見せてくれといっている様なものではないか、
そもそもなぜ、自分がレイフォンの手紙なんて気にする?
幼馴染の手紙だというのに……嫌、幼馴染だからこそか?
なんにせよこう言ってしまったために、フェリの表情はわずかに赤面する。
言わなきゃよかった……そう後悔する。

「う~ん、見てもあまり面白くないですよ。そうたいしたことも書いてないでしょうし」

苦笑しながら、レイフォンは言う。
フェリの顔は赤く、それを誤魔化すように俯いていた。
そんなフェリを見てもう一度レイフォンは笑い、現在は養殖科の柵の辺り、羊以外に誰もいないことを確認した。
流石に大勢の人前でやるのは気が退ける。

「なになに……『はい、元気にしてる?』」

そのまま、フェリに聞こえるように手紙を朗読し始めた。










「……………」

「……………」

手紙を読み終わり、レイフォンは疑問を持つ。
フェリも無言だ。

「……鈍感王ってどう言う事でしょ?」

「知りません」

即答で返され、さらにレイフォンは首を捻る。
そんな様子を見て、フェリはため息をついた。

ようくわかった。手紙の内容を聞き、リーリンは少なからずレイフォンに好意を持っていることを。
だけど鈍感王、レイフォンはそれをまったく理解していない。
まったく……どう言う事だろうか?
その他にも、今日昼食を一緒に取り、手紙を渡そうとしたメイシェンも気があるのは明らかだ。それにすら気づいていない。
なんで……なんで自分は……こんな鈍感なレイフォンに惹かれているのだろう?
それにこの鈍感王が気づくかどうか……かなり怪しい。

「それはそうと、レイフォン」

「はい?」

その考えを振り払うように、と言うか、今まで忘れていたことを思い出してレイフォンに言う。

「兄が……あなたに用があるそうです」

「会長が?」

レイフォンの表情が硬くなる。
自分では気づかず、変化は小さいのだろうが、おそらく似たような感じだろう。
生徒会長、陰険眼鏡、フェリの兄であるカリアン。
そのカリアンをレイフォンとフェリは共に苦手にしており、あまり良くは思っていない。
フェリに関しては、彼を恨んでいると宣言すらしているのだ。

「何の話かは聞いてませんが、大切な話だと言っていました」

「では、これから生徒会長のところに?」

方角は逆になってしまうが、あれでもこの学園都市の長だ。
彼に呼ばれれば、行かないわけにはいかない。
だが……

「いいえ」

それをフェリが否定する。

「内々に話したいことがあるそうで……私の部屋に、と」

「……は?」

その事実に、レイフォンは呆けてしまった。

「夕食の買い物をしないといけないので、付き合ってください」

そんなレイフォンに向けて、フェリは続ける。
そして、行動を取ってみる。この鈍感王に向けて。
メイシェンが出来て、そしてレイフォン自身に出来ることが自分に出来ないはずがないと。
昼からの不機嫌を発散するかのようにそう決意し、フェリは自宅近くのスーパーへとレイフォンを連れて向かった。





























あとがき
キングダムハーツが面白い!
そして新しいバイトが土曜から……
更新速度が落ちることが予想される武芸者です(汗

さて、今回のSSですが……ニーナはですね、嫌いじゃないですよ、うん。
だけどフラグが立たない……いや、この作品はレイフォン×フェリですから案外これもありなのかもしれませんが……
いや、なんていうか……ニーナファンの方すいませんんでした(土下座)

……さて、オリバーに関しての武装はいろいろとご意見、本当に感謝です。
現在考えているのは、剄羅砲の様に剄を限界まで込める、または動力源(レイフォン)に剄を込めてもらい、単発式バズーカー。

次に散弾銃。
剄弾を無数に発射し、化錬剄により操作による誘導。
だけど操れるのは技能的に無数の弾丸の1発のみ。
ゴム弾や麻痺弾でも、それは可能。

最後に、武芸はてんで駄目と言うか並。
だけどラウンドローラーの腕は、『今お前に命を吹き込んでやる』状態のほどテクニシャン。

なんて考えてますが……どうでしょう?




それはさておき、最近ですね、とあることを考えたんですよ。
いや、レイフォンとフェリのフラグ立ったら(付き合い始めたら)、記念にXXX板挑戦してみようと思ってたんですが(ぇ!?)
あのですね、原作9巻まで読んで、8巻に出たメイドの女王様がかわいくてですねw
いや、性格的にもノリ的にもかなり好きなキャラなんですが、それでXXX板やってみるか?なんて無謀な考えを出すね……
だって、8巻の押し絵見ました?
あれは萌えちゃうでしょ。そして女王様は婚約者に逃げられ、天剣と結婚することも可なんて書いてあったので、年齢もある程度操作できるならレイフォン相手とかありかなって……
いや、妄想です!
かなりぶっ飛んでて設定無視な話……ご都合主義ですね。ネタばれになりますから詳しくは言いませんが……
やばっ、書きたくなった!?

書くべきですかね?と言うか、書いていいですか!?
いや、女王様はリーリンの胸大好きですが、男もいけると思うんですよ(苦笑

やば……少し頭冷やしてきます(汗


そして最後に、思うんですが2巻目に入ったんで、そろそろタイトルつけてその他に行こうかなと思うんですよ。
しかしそうなるとタイトルが……まぁ、何か考えようと思いますが、皆さんはどう思いますか?



[15685] 7話 料理
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:9a239b99
Date: 2010/05/10 18:36
「荷物、こっちに持ってきてください」

「はい……」

ずっしりと重たく、何日分買い込んだのかと思うほどの食料を持ち、レイフォンはフェリの部屋へと来ていた。
いや、フェリの部屋と言うよりも、フェリとカリアンの部屋だ。
最初こそカリアンが用があるのに、なんでフェリの部屋で話すのかと思ったのだが、フェリとカリアンは兄妹である。故に、2人が一緒に暮らしていても可笑しくはない。
可笑しくはないのだが……この部屋、寮を見て、レイフォンは貧富の差と言うものを感じてしまった。

もはや寮と言うよりもマンションであり、とても立派な建物だ。
ガラス張りの瀟洒なロビーを抜け螺旋状の踊り場にはソファまで置かれた階段を2階まで上がると、フェリの部屋へと着く。
意匠の凝らされた扉を開けると、広い玄関が広がっている。
真っ直ぐに廊下が伸び、その先にはまたも広いリビングへと繋がっている。
そこから更に扉があり、各部屋に繋がっているらしい。
豪華だ……
おそらく、トイレや風呂も共用ではなく個室にあるのだろう。
2人部屋を1人で使えると喜んでいたレイフォンなのだが、それがとても安っぽい事の様に思えた。

「夕飯を作っていますので、あっちで待っててください」

食料を持ってキッチンへ行くと、そのキッチンだけでレイフォンの部屋と同じだけの広さがあるのだ。
それだけでなにやら微妙な気持ちになりつつ、食料を置いてリビングのソファに座る。
そして、レイフォンは考え込んだ。

(それにしても、内緒の話ってなんなんだろう?)

それはカリアンの用件。
ぶっちゃけた話、レイフォンはカリアンのことを好きではない。
嫌い……というわけではないと思うが、どちらかと言えば苦手と言える。
一時期本気で殺気を抱いてしまったほどで、フェリはそんなカリアンのことを恨んでいるらしい。
このツェルニの事を想っているのは良くわかるし、根は悪い人とは思わないが……出来ればレイフォンもあまり会いたくはない。
あの薄い笑みは、どうも苦手だ。

(まぁ……聞けばわかる話だし、これ以上考えても仕方ないか)

そう結論付け、レイフォンは待つ事にした。
どちらかと言えば、今の心はちょっと、いや、かなり楽しみである。
フェリが夕食を作ると言い、カリアンの話に同席する事となったレイフォンは当然、それを共に食べると言う事だ。
フェリの手料理。
リーリンの料理も美味しく、夕食時はわくわくしながら楽しみにしていたが、それとは違う期待感。
はたしてどのような物が出てくるのかと思いながら、キッチンから聞こえてくる物音に耳を傾ける。
買い物袋の中身を整理していた音も絶え、今はキッチンナイフで材料を切る音が……


トン……ト、ン……トン……


音が……


トトン……トン………ト……トン……ト……


「こわっ!」

不規則で、まるで心霊現象のような音に思わず声が出て、レイフォンはキッチンの様子を伺いに行く。
妙な不安感を覚えて……

「あの、フェリ……なに作って……」

「今……話しかけないでください」

フェリは真剣な表情でキッチンナイフを片手に、芋と戦っていた。
でこぼこの丸い芋をボードの上に置き、震える指先で危なげに固定して、ゆっくりとキッチンナイフで半分に切る。
隣に置かれたボールには、そうやって切られた芋が大量に置かれていた。
音が不規則だったのは、これが原因らしい。

「ときにフェリ……」

「……なんですか?」

こちらを振り向きもせずにフェリは応える。
プルプルと震えながら芋を切っているが、その姿には鬼気迫るものを感じた。

「料理をしたことは?」

「あります……あるにきまってるじゃないですか」

「そうですか」

その答えを聞いて、レイフォンは笑顔になる。
嘘だと思った。だけど微笑ましい。

「……なんですか?」

切った芋をボールに移して、フェリがようやくこちらを見た。
額にじっとりと汗を滲ませたフェリに、レイフォンは更に笑みを深めた。

「な、なんですか?」

不満そうに、不安そうにレイフォンに尋ねるフェリ。
もう、笑うしかない。だけど絶対に顔では笑わずに、レイフォンは微笑ましい表情のまま思う。
なんなのだろう、このかわいい人は?

「ええっとですね、一応です。一応、アドバイスをした方がいいと思ったので言わせてもらいます」

「だから、なんですか?」

「まず、皮を剥いてから切った方が、後々やりやすいと思うのですが」

皮を剥いていない芋を指しながら、レイフォンが言う。
その言葉に、フェリは瞳が大きく見開いていた。







で、結局どうしたのかと言うと……

「じゃあ、フェリ。鳥肉を切って貰えますか?」

「……はい」

結局、2人で作る事にした。
レイフォンの期待するものとは違う結果になってしまったが、これはこれでアリだ。
フェリは不満そうな表情をするが、ちゃんとレイフォンの指示通りに調理をしてくれている。
だけど気は抜けない。
少し目を離した隙に余分なものを入れようとしたり、砂糖と塩を間違えようとしたり、野菜を洗う時には洗剤で洗おうとすらしていた。
それをレイフォンが止めつつ、なんとかできた。
フェリが切った芋を大量に使った、芋と鳥肉をトマトソースで煮込んだものと、魚の切り身ときのこと芋をバターで蒸し焼きにしたもの。
後は買ってきたものだが、パンを置いて完成である。これが夕食だ。

「すまない。少し、生徒会の仕事で遅くなってしまってね」

ちょうどカリアンも帰ってきた。
そのため、この料理を食卓に並べて、3人はそれを食する事になった。





「……フェリが?」

なったのだが、カリアンの表情が硬くなる。
ポーカーが強いであろう、カリアンのいつもの軽薄な笑みがなくなり、真っ青な表情をしている。
ガタガタと震え、寒そうだ。
そして、レイフォンは理解する。フェリが言った事、料理をした事があるというのは嘘ではなかったのだと。
その犠牲にあったのは、カリアンだと言うことを……

「兄さん、食べてください」

フェリの言葉に、カリアンはビクッと震えた。
まるで何かに怯えるように、汚染獣の脅威にでも怯えているような反応だ。
そんなカリアンの目の前には、レイフォンとフェリが作った料理が並んでいる。
テーブルに置かれ、レイフォンとフェリは既に椅子に座っているが、カリアンだけは座っていない。座れないのだ。

「いや……せっかくレイフォン君が来ていることだし、出来れば近くのレストランで……それはまたの……」

機会にと続けようとした。だが、続けられない。
彼の周りには、念威端子が舞っていたから。

「……フェリ……先輩?」

カリアンの前だからレイフォンは慌てて先輩をつけるも、今のカリアンにはそれどころではないので気づいていない。
フェリはと言うと、彼女の長い銀髪が美しく輝いている。念威の制御をせず、垂れ流しているのだ。
復元鍵語もなしに、念威だけで錬金鋼を復元させたのだろう。
彼女の手には、重晶錬金鋼が握られていた。

「その才能を別の場所で、いかんなく発揮してくれると大変嬉しいのだけどね」

「食べてください」

カリアンの言葉を無視し、フェリはテーブルの上の料理を指差す。
それを視界に入れ、カリアンは思考した。

(大丈夫だ……落ち着け。アレは料理だ。うん、見た目も前とは違ってまともじゃないか。アレも一応市販されてる食べ物で作られてるんだろう。って、前もそれで味覚を破壊されかけたような……)

カリアンは冷や汗をかきながら料理を見る。
ハッキリ言って受け付けないが、そういうことを言っている余裕はない。
フェリは早く食べろと言わんばかりに、無表情に見える顔でカリアンを睨むように見ていた。
そして……カリアンも覚悟を決める。

(……ええい!)

気合を内心で入れるが、おそるおそる料理を口へと運ぶ。
鳥肉をナイフで切り、口の中に運んだ。運んで……

「……え?」

驚いた。
それはもう、心の底から。
レイフォンも驚く。と言うか、どうでもよいことなのだけど、こうもカリアンがコロコロと表情を変えることから彼も人間なのかと理解する。
まぁ、当然の事だが、いつも薄い笑みを浮かべているカリアンしか知らないレイフォンにとって、彼の表情はとても新鮮だ。
正直、男のそういう一面を見ても余り嬉しくはないが……

「凄いじゃないか、フェリ」

「……………」

カリアンはフェリを褒めるも、フェリは微妙な表情をする。
レイフォンと一緒に作ったとは言っても、それは彼の指示通りにやったことであり、どちらかと言うと手伝ったと言うよりも邪魔をしてしまったと言う方が正しい行動をしていた。
そのレイフォンは隣で、ニコニコとしながら料理を口に運んでいる。
そんな彼の表情を見て、フェリは少しだけ料理の勉強をしてみようかなと思った。





「さて、本題なんだが……」

食後、フェリが皿を片付け、お茶を用意してくれている中、カリアンがレイフォンを呼んだ理由を話し始める。
カリアンがそれと同時に差し出したのは、1枚の写真だ。

「この間の汚染獣襲撃から、遅まきながらも都市外の警戒に予算を割かなくてはいけないと思い知らされてね」

「いいことだと思います」

それは当然の事であり、他の都市では普通に行われていることだ。
だけどそのことに気づかないほど、今までのツェルニは平和だったらしい。
学園都市と言うだけに、電子精霊も細心の注意を払っていたのだろう。

学生による学生だけの都市。

聞こえはいいようだが、悪く言ってしまえば学生と言う未熟者達の集まりでしかないのだ。

「ありがとう。それで、これは試験的に飛ばした無人探査機が送ってよこした映像なんだが……」

カリアンがレイフォンに渡した写真の画質は、まさに最悪だった。
全てがぼやけ、ハッキリ写っているものがまるでない。
これは、大気中に広がる汚染物質のためだ。
無線的なものはこの汚染物質に阻害されてしまい、短距離でしか役に立たない。
唯一何とかなるのは念威操者による念威端子の通信だが、それでも都市と都市を繋ぐには無理がある。
それにこの写真には、見てわかるように念威操者は関わっていないのだろう。

「わかりづらいが、これはツェルニの進行方向500キルメルほどのところにある山だ」

カリアンにそう言われて、レイフォンもこれが山だと言うことを理解した。

「気になるのは、山のこの部分」

カリアンは写真を指差し、その部分を指で囲む。

「どう思う?」

それ以上は何も言わない。
レイフォンが先入観を抱かないようにとの配慮だろう。その上でこのツェルニではもっとも知識のあるであろうレイフォンに聞きたかった。
できれば自分の思い過ごしで、間違いであって欲しいと願いながら……

レイフォンは何も言わずに、写真を見る。
写真を離したり、目を細めたりして何度も確認した。
確認し、何度も確認し、そして目が疲れたのか、その目を揉み解しながら確信した。
お茶を入れてきたフェリが、邪魔をしないようにレイフォンが持っていた写真を覗き込む。

「どうかね?」

「ご懸念の通りではないかと」

「ふむ……」

カリアンの願いを打ち砕く事実を。

「なんなのですか、これは?」

理解できないフェリが、レイフォンに問う。

「汚染獣ですよ」

その言葉を聴き、フェリは瞳を丸くして驚いた。
驚いたが……すぐさま視線をカリアンへと向け、先ほどよりもきつく睨み付けた。

「兄さんは、また彼を利用するつもりですか?」

「実際、彼に頼るしか生き延びる方法がないのでね」

フェリの睨みに動じず、カリアンは淡々と答える。

「なんのための武芸科ですか!?」

都市を護る役目を持つのが武芸者、武芸科に存在する学生であり、そのために高待遇を受けているのだ。
それを、自分もそうだが無理やり武芸科に入れたレイフォンに頼むなど筋違いではないか?
他の武芸科の生徒で対応させろと思うフェリだが、

「その武芸科の実力は、フェリ……君もこの間の一件でどれくらいのものかわかったはずだよ」

「しかし……」

ツェルニの武芸者は……弱い。
学園都市ゆえに未熟者しかおらず、この間は汚染獣の中で最弱である幼生体にすら歯が立たなかったのだ。
あの時、レイフォンが居なかったら……彼が戦わなかったらと思ったら、今でもぞっとする。

「私だって、できれば彼には武芸大会のことだけを考えて欲しいけどね、状況がそれを許さないのであれば諦めるしかない。で、どう思う?」

本心を漏らしつつ、真剣にレイフォンに問う。
今のツェルニには、レイフォン以外に頼れる人物がいないのだ。

「おそらくは雄性体でしょう。何期の雄性体かわかりませんけど、この山と比較する分には一期や二期というわけではなさそうだ」

汚染獣には生まれ付いての雌雄の別はなく、母体から生まれた幼生はまず、一度目の脱皮で雄性となり、汚染物質を吸収しながらそれ以外の餌……人間を求めて地上を飛び回る。
その脱皮の数を一期、二期と数え、脱皮するほどに汚染獣は強力なものへとなっていくのだ。
その上で繁殖期を向かえた雄性体は次の脱皮で雌性体へと変わり、腹に卵を抱えて地下へと潜り、孵化まで眠り続ける。
それに襲われたのが、前回の汚染獣襲撃である。

「あいにくと、私の生まれた都市も汚染獣との交戦記録は長い間なかった。だから、強さを感覚的に理解していないのだけど、どうなのかな?」

「一期や二期ならそれほど恐れることはないと思いますよ。被害を恐れないのであれば、ですけどね」

「ふむ……」

それを聞き、ひとまずは安心するカリアンだが……次のレイフォンの言葉には、流石にそうは行かない。

「それにほとんどの汚染獣は、三期から五期の間に繁殖期を迎えます。本当に怖いのは、繁殖することを放棄した老性体です。これは歳を経るごとに強くなっていく」

「倒したことがあるのかい?その、老性体というものを?」

「3人がかりで。あの時は死ぬかと思いましたね」

その言葉を聞き、カリアンとフェリが息を呑む。
圧倒的な強さを持つレイフォンが死を覚悟したほどの老性体。
その事実は、2人は怯えさせるには十分だった。



































「恨んでますか?」

「なんかそれ、前にも聞かれましたね」

話を終えた後、レイフォンは部屋を出て寮へと帰ろうとした。
見送りで螺旋状の階段のところまで来てくれたフェリに、レイフォンは苦笑で返す。

「冗談で言ってるんじゃありません」

「わかってますよ」

その苦笑を冗談だとして捉えているのかと思い、フェリが怒ったように言う。
それにレイフォンが頷き、フェリは真剣に問いただした。

「あなたがグレンダンの、元とはいえ天剣授受者だったことはほとんどの人が知りません。兄だって広めるつもりはないでしょう。無視はできるはずですよ?」

当初、カリアンはその秘密を回りに漏らすとレイフォンを脅していた。
だけどもう、ニーナはもちろんフェリも知っているし、それもあまり意味がない。
むしろ不用意に漏らして、またもレイフォンとフェリが逃避行未遂をされては困るのでその手は使えない。
故に、レイフォンの過去もそうだが、この間の汚染獣を撃退したのがレイフォンだと言うことをほとんどの者が知らない。
知っているのはカリアンと、あの時生徒会室にいた幹部陣、そして、十七小隊の人間だけだ。
他の者達には報告をぼかしている。

「どうして嫌だと言わないのですか?本当は武芸だってやめたいのでしょう?」

「最初は……そうだったんですけどね」

フェリの言葉にレイフォンはこめかみを掻きながら、罰が悪そうに答える。

「結局、汚染獣の事にしても、武芸大会の事にしても、知らないが通せないじゃないですか。だからですよ」

最初は無関係でいたかった。できれば、今でもそうだ。
だけど汚染獣にしても、武芸大会にしてもレイフォンが戦わなければ死んでしまう人が出るかもしれない。
それはいい気持ちはしないし、どちらかと言えば嫌なことだ。

「バカですね……」

「そうなんでしょうね」

フェリの言葉に、苦笑しながら同意するレイフォン。
確かに自分は馬鹿だ。馬鹿だからこそ間違え、天剣を剥奪された。
それでグレンダンを追い出され、自分は今ここにいる。
とても……とても辛く、哀しいことだった。
だけど……このツェルニに来たこと自体には、とてもよかったと思っている。

「それにですね、もう後悔するのは嫌なんですよ」

グレンダンにいたころは後悔の連続だ。武芸をやめようとさえ思った。
もっとも、他の道を探すのを諦めたと言うわけではないのだが……武芸という道をもう一度歩んでもいいのではないかと思った。

「犠牲を考えなければ恐れる相手ではないって言いましたけど、その犠牲で誰かが死ぬなんて嫌なんですよ。それがもし、仲の良い人だったら僕は絶対に後悔します」

流石に無関係の人まで積極的に救おうとは思わない。レイフォンは聖人ではないのだから。
それでもそういうのはあまりいい気分ではない。救える力があるのなら、それを使おうと思う。
それにもし、犠牲が出たら……それがもし、武芸者ではあるものの、念威操者で戦闘力のないフェリだったらと考えると、それだけで恐ろしくなってしまう。
戦いたくなく、戦ったとしても後方支援だから危険は少ないだろうが、0ではない。
だが、もしその低い確率が現実に起こったとしたら……レイフォンは絶対に後悔する。

「それに、やれる人がやらないでいいことにはならないと思います」

確かにやる義務はないのかもしれない。
だが、できるのだし、本来なら武芸者は都市を護るのが役目で義務だ。
本意、真意はともかく、それが当然の事。

「……………」

「……すいません」

だが、フェリはそれが嫌で、念威操者以外の道を探している。
レイフォンは彼女の気持ちもわかり、応援したいとすら思っている。
だからこそ今の言葉は彼女に向けたのではなく、自分に向けたものなのだ。

「いいです。私がやれるけどやらないでいる類の人間なのは理解しています」

レイフォンの謝罪を受け流すも、フェリが真剣に言う。

「でも、私はそれを卑怯だとは思いません。自分の意思です。自分の選んだことです。これで他人にどう思われようと、死んだとしても後悔をするつもりはありません」

その言葉には、強い想いを感じた。ニーナとは違う、強い意志。
欲しいと思ったわけではない自分の才能で、自分の人生が左右される。
それに真っ向から立ち向かう。できているわけではないが、それでも強く願っている。
それもまた、選んで悪い道ではないと思う。
だが、

「死なせませんよ」

「え?」

悪い道ではないと思う。
だけど絶対に、そうはさせない。フェリは死んでも後悔しないといったし、その道をレイフォンも応援したいと思う。
だけど絶対に、それだけはさせない。

「フェリがその道を進みたいのなら、僕は全力で後押しします。もし、あなたに危険が迫るのだったら、それを僕が排除します。だから絶対に、それはさせません。あなたを死なせません」

「レイフォン……」

真っ直ぐと、真剣な瞳でレイフォンは言う。
その言葉に、フェリは少しだけ顔を赤くしてレイフォンの名を呼んだ。
気づかないほどの、小さな表情の変化でレイフォンの名を呼んで……

「レイ、フォン……」

「はい、フェリ」

呼んで……

「不公平です」

「はい?」

考えたことを口に出した。

「私だけだとフェアじゃありません。あなたの呼び名も考えましょう」

「ええ……?べ、別にいいですよ」

いきなり呼び名の事で話題を振られ、レイフォンはそんな事はどうでもよいと述べる。
だけどフェリはそれを無視し、呼び名の候補をいくつか出した。

「レイ、レイちん、レイ君、レイちゃん、レイっち……どれがいいですか?」

「え?もうその中で決定ですか?」

「他に何か候補がありますか?」

「いや、自分で自分の呼び名を考えるのは恥ずかしいですって」

「では、レイちんにします」

「……ちょっと、考えさせてください」

いきなりの話の流れで戸惑い、しかもレイちんはないだろうと思うレイフォン。

「なんでですか?かわいいじゃないですか、レイちん」

「いや、できればカッコイイのが希望というか……」

抑揚のない声でレイちんとか言われると、凄く変だ。
というかぶっちゃけ、とても恥ずかしい。

「じゃあ、閃光のレイとかにしますか?毎日、会うたびに『おはようございます閃光のレイ』『こんにちは閃光のレイ』『おやすみなさい閃光のレイ』と、おはようからおやすみまでそれ以外でも私に名前を呼ばれる状況では、常に閃光のレイと呼ばせるのですね?」

「……………」

なんだそれは……
子供ならカッコイイと言って喜びそうだが、レイフォンのように15にもなってそう呼ばれるとレイちんよりも恥ずかしい。
なんと言うか……軽く悶えたくなる。

「恥ずかしいですね」

「わかってるなら言わないでくださいよ!!ていうか、なんで閃光?」

「閃光以外を希望ですか?」

「そういう問題でもないですが」

「わがままですね」

「嘘っ、僕がわがままなんですか!?」

疲れる会話をフェリと交わしながら、レイフォンは内心では笑っていた。
こういうフェリとの会話は疲れるが面白いし、こういう時間は嫌いではない。
もっとも……呼び名がそういう変なのになってしまうのはかなり嫌だが。

「では、フォンフォンにしましょう」

「うわっ、大逆転!なんですかその珍獣みたいな名前は!?」

流石にこれには冷や汗を流し、苦虫を噛み潰したような表情をするレイフォン。

「いいじゃないですか、フォンフォン……お菓子食べます?」

だが、フェリはどうやらこれに決定したらしい。
ご丁寧に先ほどの買い物の時、おやつにでも買ったスティックチョコをポケットに入れていたのか、それを取り出してレイフォンの口の前に差し出す。

「……ペット扱いじゃないですか」

苦笑しながらレイフォンがそのチョコスティックを食べ、フェリに言う。

「ペットで十分です」

「うわぁ……」

だけどこの言葉には、流石に笑みが消えてしまう。
幾らなんでもひどすぎると思いつつ、

「あなたはペットで十分です。だから、そんなに力むことはないです」

「え?」

フェリの言葉に驚いた。
どういうことかと、レイフォンはフェリに問い返そうとした。
だが、

「おやすみなさい、フォンフォン」

問い返す暇すら与えず、そう言い残してフェリはレイフォンに別れを告げる。
その背を呆然と見送りながら、レイフォンは今頃気づいたようにつぶやくのだった。

「というか……もうそれで決定なんですね」



































「おう、レイフォン。作ってくれたか?」

「はい、できてますよ、オリバー先輩」

「サンキュー」

翌日、レイフォンは今日も早起きをして弁当を用意し、それが終わったころに部屋に入ってきたオリバーにそのひとつを渡す。

「んじゃ、これ、約束のな」

「あ、はい」

それと引き換えにオリバーから金を受け取り、レイフォンはそれを仕舞う。
実はレイフォンが弁当を作るついでということで、オリバーも金を出すことで作ってもらっているのだ。
レイフォンからすれば加減が苦手で作りすぎてしまうので、その程度なら何の問題もない。
さらには食費を出すからと言うことで、オリバーは夕食もレイフォンに作ってもらったりしている。
朝食は食べたり食べなかったりと不健康ではあるが、たまに食べる時ももちろんレイフォンが作ったものだ。

「いや~、お前がこの寮に入ってくれて助かったよ」

「いえ、気にしないでください」

苦笑し、笑いあう2人。
レイフォンからすれば自分とフェリの分のついでだし、金も貰っているから文句は何もない。
オリバーとしても安くてうまい食事ができるので、とても喜ばしいことだ。

「それはそうと、エリプトン先輩に言っといてくれよ。そろそろ女を紹介してくれって」

「はは……言っておきます」

この間汚染獣襲撃のときに交わした約束を思い出し、オリバーはレイフォンに言伝を頼んでからバックにレイフォンの作った弁当を押し込む。

「そうそう、それと俺は今日、遅くなっから夕食はいらねぇや」

「え、珍しいですね?」

その言葉に首をかしげると、オリバーはニヤリと不敵な笑みを浮かべる。

「ま、お前になら話してもいいか。実はな、俺、機械いじりが趣味なんだよ」

「はぁ?」

その言葉にそれがどうしたと感じはするが、それにかまわずオリバーは続ける。

「で、実は機械科や技術科に入りたかったんだけど、まぁ、金の関係でそれは断念することになっちまってよ。剄脈もあるから奨学金貰って、武芸科に入ってんだ」

「そうなんですか」

「どこぞの傭兵団みたいに自分の放浪バス持って都市を旅するのが夢で、今はバイトをしながらその資金を集めてるってわけだ。もっとも、その金はほとんど学費で消えちまうがな」

夢……正直な話、ロリコンであまり関わるのもどうかと思う先輩だが、それを語る姿は学生らしいというか、素直にカッコイイと思う。
そういう生き方にはレイフォンも憧れているので、正直な話し応援したいとも思った。

「でな、去年、偶然見つけたんだよ。ツェルニにある老朽化した、放浪バスの停留所。そこには同じく老朽化して放置された放浪バスが置いてあってな、今はそれを改造中というわけだ」

「それは面白そうですね。ところで……許可は取ってるんですか?」

「もちろん無許可だ」

「……………」

応援したいとは思うが、これはどうなのだろうか?
正直な話、犯罪かもしれない。

「いいんだよ、どうせ放置してあるんだし。再利用したほうがこの世のためじゃん。ま、そんなわけで数ヶ月かけて、その放浪バスを1台俺が修復、改造しているわけだ。まだテストはしてないけどちゃんと乗れるぞ」

「え、凄いじゃないですか!?」

犯罪臭くはあるが、1人でそこまでやったと言うオリバーには驚くしかないレイフォン。
これは素直に凄いと思い、彼の技術はなかなかのものなのだろう。

「そんなわけで、今日もそこに行くわけだ。だがな……そろそろテストってことで外を走ってみたいんだけどよ、さすがにそこまでは無許可ってか、内密に事を進められねぇんだ……どうしよ?」

「……知りませんよ」

放浪バスがこのツェルニ、レギオスを出るにも入るにも、当然だが決められた出入り口から入るしかない。
だが、そこを通るのに流石に無許可、内密というわけには行くわけがなく、オリバーはそれで頭を悩ませているらしい。
夢を想う気持ちとその行動力には憧れるものの、こればかりはどうすればいいのかレイフォンにもわからない。

「やっぱ……生徒会長に許可貰うしかねぇよなぁ……さて、あの眼鏡をどう説得するべきか?」

「まぁ……がんばってください」

そんなオリバーを見送り、レイフォンも学校へと行く準備をするのだった。





































あとがき
今回はちょっと、やってしまったかもしれません……オリバーです。
いや、彼の夢と言うか目的ですが、実は機械いじりと言うか、ラウンドローラーや放浪バスいじりが趣味。しかもロリコンと言うキャラに……
作中に出てきた放浪バス停留所ですが、これは漫画版『CHROMESHELLEDREGIOS』に出てきたもので、それを元にオリジナルで書いてみました。
ちなみに、とある事件の伏線だったりします。
いや、やはりロリコンは幼女の為にがんばってもらわないとw
もはや戦闘面に関しては諦めかけています。

ちなみにこれは、別の意味でも伏線ですね。つまりはフリーで放浪バスが使えるわけです。
そしてオリバーは、カリアンにお願いがあるわけです。取引しだいでは……
さらにこう見えてオリバー、運転得意という設定にします。もうあれですね、どこぞのエース並みに。
これはこれで面白そうと思う作者ですが、皆さんどうでしょうか?
場合によっては修正、削除も考えています。


さて、次回の更新は明日からバイトが始まるので遅くなる予定……できるだけ早く帰ってきます!

PS それから前回のあとがきで言っていた作品ですが、半分ほど出来ていたりして……いや、なに書いてるんでしょ、俺……
一時のテンションが悪いのかな……
………………………………読みたい、ですか?

PS2 原作を読んでると、なんか学生同士でも結婚できるらしいですね。
というか、オール・オブ・レギオスでは学生以外にもそうして生まれた子供とかすんでるらしいですし。
ということは……

それからタイトルがまだ思いつかないので、その他以降も見送ることにしました。
こんな作品ですが、これからもご贔屓にしていただけたら幸いです。
では



[15685] 8話 日常
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:9a239b99
Date: 2011/09/24 23:53
「ふっ!」

短い呼気が聞こえる。
レイフォンはそれに合わせ、正面から蹴りを放ってきた人物と相対する。
ブーツの靴底が、レイフォンに迫った。

「わ……」

突きの様に放たれた蹴りを腰を落とすことでかわし、前のめり気味に突進して相手の懐に入った。
だが、そうはさせないと蹴りを放った人物はそのまま踵落としに変化させ、レイフォンの背中を狙った。背骨の辺りである。
だが、レイフォンは怯まず、それどころか速度を上げて蹴り足の膝関節を裏から抑え、胸に手を置くと、相手の軸足を自分の踵で払った。

「うわ……」

相手は赤い髪を跳ね散らしながら、緩衝材の入った床に背中から倒れ、派手な音が体育館の中に響いた。

「大丈夫?」

倒れた相手に、レイフォンが手を差し伸べる。

「つぅ……今のはうまく行くと思ったんだがな」

「うん、危なかった」

「よく言う。ギリギリで速度を上げただろう?あれのお陰で計算がずれた」

レイフォンの謙遜が気に入らなかったのか、相手だったナルキは少し不満そうに言った。
だが、それよりも、乱れてしまった自分の髪を直しながらナルキは、レイフォンをからかうような表情を向ける。

「それにしてもレイとん……お前はあたしが女だと忘れていないか?」

「え?」

つぶやき、首を傾げるよりも早くレイフォンは思い出す。
今の戦闘で、ナルキの胸に触れた事を。

「確かに、あたしは小さい方だと自認しているが、何も感じないというのは流石に女として、な……」

「あ、いや……そういうわけじゃないんだよ。ただ、体が勝手に流れを作っちゃって、それで……」

恨めしげに睨んでくるナルキに、レイフォンは慌てて弁解をする。
いや、正直な話、こういう状況は男としてはかなりラッキーなのだろう。
ただ、残念なのは本当にレイフォンが真面目に戦闘をしていたので、そういうつもりはなかったのと感触を堪能できなかった事だ。
それを考え、レイフォンはいやいやと首を振る。
何を考えているのだろう、自分は?
これがもし、フェリにでも知られたらどんな冷たい視線を向けられてしまうのか……
想像しただけで、かなり憂鬱になってしまった。

「冗談だ、わかっているさ」

「ひ、ひどいな……」

そんなレイフォンを見て、ナルキが悪戯の成功した子供の様に小さく笑う。

「まぁ、しかし……女性の胸に触ったのなら、それなりに何かあって欲しいと思うな。それは男の礼儀だ」

だけどこれだけは譲れないと言うように、ナルキはレイフォンに忠告をした。

「そういうもんかな?」

そんな礼儀聞いた事もないと思うが、

「ものだ。まぁ、だからといって簡単に触らせてやる気もないが……」

女性のナルキが言うのなら、そういうものなのだろう。
そして当のナルキはと言うと、辺りを見渡していた。
レイフォンもその視線を追う。

現在、武芸科の格闘技の授業中。
1年生と3年生の合同の授業であり、あちらこちらで向かい合う1年生と3年生の姿があった。
そして、まだ1年生では3年生を倒すのが難しいのか、蹴られたり、打たれたり、床に叩きつけられる1年生の音が響いている。
1年生が勝っている姿など、何処にも見られない。
そして、レイフォンはというと、1年生で小隊員ということもあってか、誰もが組むのを敬遠している。
故に、ナルキと組んでいるのだ。

「レイとんの隊長殿は、どこか悪いのか?」

ナルキの視線が止まった先は、3年生で十七小隊隊長となったニーナだ。
レイフォンも同じくニーナに視線を向けると、彼女は2人の1年生の相手を同時にしていた。
果敢に攻めてくる相手を、ニーナは冷静にあしらっている。

「そう見える?」

「見える。なんていうか、心ここにあらずと言う感じだな」

「やっぱり」

レイフォンもそう思っていたらしく、同意する。

「なにか、心当たりでもあるのか?」

「この間の試合ぐらいしかないんだけどな」

「ああ……負けたのは、確かにショックだろうな」

彼女はただ隊長となり、名声が欲しかったために小隊を立ち上げたのではない。
自分の力でツェルニを護りたいと、自分の手で勝利を収めたいと思っているからこそ小隊を立ち上げたのだ。
故に、何も出来なかった先日の敗北はニーナにとって、ショックだったのだろう。

「うーん」

レイフォンもそうだと思う。思うのだが……

「なんだ?違うのか?」

「いや、そうだとは思うんだけど……」

ナルキの言葉に頷き、自分もそうだとは思うのだが、どうもそれだけだとは思わない。
だが、それがなんなのかわからないという曖昧な感覚で、レイフォンには答えを導き出すことは出来なかった。

「おいそこ、真面目にやれ」

「あ、すいません」

授業中に考え事をして、それを注意される。
反射的に謝ると、そこには3年生がいた。だけど何か可笑しい。
たかが考え事の注意で、3年生が3人いた。
そして周りからは、1年生が視線を送っている。
好奇の混じった視線だ。

「なにか御用ですか?」

「そっちの、十七小隊のエース君にあるかな」

質問したナルキを見もせずに、3年生の1人がレイフォンを挑発するような視線を向ける。

「はぁ……」

気のない返事を返しながらも、レイフォンはこういう視線を良く知っていた。

「用件は……3人でですか?」

「む……」

悪意と挑発と見下し……そして隠された嫉妬。
こういった視線は、レイフォンは本当に良く知っている。むしろ、慣れていた。
グレンダンで天剣授受者となる前、そしてなった後も。
幼いレイフォンへの侮り、勝てるのではないかという見下し……そして、そんな子供に追い抜かれているという嫉妬。

「別に、僕は構いませんけど」

「レイとん……?」

ナルキが訝しげに言葉をかけてきたが、察したのかレイフォンから距離を取る。

「君、剣持ってないけど、いいのかな?」

3人のうちの1人が、引き攣った笑みでレイフォンに問う。

「かまいません。今は格闘技の授業ですし、なくて当たり前です」

だがレイフォンは、それが当然だと言うように返した。

「たいした自信だね」

「自信とか、そういうのではないですよ。授業です、これはあくまで」

「それは、自信じゃないのかな?」

態度、言動はともかく、上級生として紳士的な態度を取ろうとしていた3年生達だがもう限界らしい。
当のレイフォンもそんなことは気にせず、まるで機械の様に感情を面に表さないで、淡々と述べる。

「自信ではありません。事実です」

「……わかった」

3年生達の悪意ある視線が、怒気へと変化する。
野次馬の1年生達は静まり返り、3人はレイフォンの正面と左右に移動する。
それに対してレイフォンは、1歩だけ下がって3人を視界に収める位置へと移動した。

「では……」

正面の1人、先ほど話していた3年生がそうつぶやいた時、既に左右の2人がレイフォンへと接近していた。

「いくぞ」

内力系活剄による肉体強化。
その速さにより残像すら残して、接近してきた2人が拳と蹴りを放ってくる。
しかし、弾丸の様に繰り出された拳と、大鎌の様に空を薙いだ蹴りはレイフォンに当たる事はなかった。
ただ、空しく空を斬る。レイフォンの姿も、残像だったのだ。

「ちぃっ!」

3人がレイフォンを探す。だけど見つけられない。
この時、レイフォンがデビューした対抗試合を思い出した人物はどれくらいいただろうか?
あの時と同じように、レイフォンは上空にいた。だが、あの時よりも高い。
レイフォンは宙で回転しながら、高い体育館の天井へと足を向ける。
そのまま張り巡らされた鉄筋を蹴り、一気に降下した。
緩衝材の入った床に、重々しい衝撃音が響く。

「なっ!?」

レイフォンは正面にいた3年生の目の前に着地した。
だが、3年生が驚く暇もなく、レイフォンは着地の衝撃を緩和するために曲げた膝を伸ばし、立ち上がる。

「ぐぅっ……」

その動作の流れのひとつで、正面にいた3年生の鳩尾に拳を埋めた。
崩れおちていく3年生には見向きもせずに、倒れる途中の3年生の背後に回る形で、残りの2人へと向き直る。
その2人はレイフォンの着地音で振り返り、倒れる仲間を見て驚愕する。
レイフォンはやはり構えない。倒れる3年生を見ることもなく、残った2人をただ見ているだけ。

倒れた3年生を、床が受け止める音がした。瞬間、レイフォンが消える。
今度は残像すら残さずに、視認すら出来ない速度でレイフォンは動いた。
文字通り、消えたとしか思えない。
当然、2人が反応できているわけがない。
レイフォンはそのまま接近し、順番に2人の鳩尾に拳を埋めた。

「がふっ」

「ぐっ……」

短く息を吐いて、2人が倒れる。
その光景を見て、周りの野次馬達がわっ、っと歓声が上がる。
レイフォンは息を吐き、無表情となった顔を緩めた。

































「あれは、少し感心しないな」

「え?」

今日も昼食は、いつもの3人組とフェリ、そしてレイフォンの5人で取っている。
レイフォンの自作した弁当を前にし、相変わらずフェリはどこか不機嫌そうな無表情でそれを食べている。
悔しいのだが、本当に美味しいのだろう。食する手が止まる事はなかった。
そしてミィフィが1人でしゃべりまくってるところで、ナルキが口を挟んだのだ。

今日の授業は昼までであり、5人は少し遠出をして一般教養科上級生の校舎が近くにある食堂に来ていた。
この食堂にはテラスがあり、そこは養殖科の利用する淡水湖が見渡せる位置にある。
席料としてジュースを注文した後、並べられた弁当をそれぞれがつまんでいく。
絶景ともいえる景色を眺めながら食事をしていたところを、いきなりナルキが思い出したように言ってきたのだ。

「体育の授業での、3年生達への態度だ」

「ああ……」

「ええ?別にいいんじゃない?」

耳ざといミィフィは、レイフォン達が話すよりも早く体育館のことを知っていた。
それをメイシェンとフェリに話しているところで、ナルキが言ったのだ。

「だって、どう考えたってやっかみじゃん」

「それはそうだ。別に先輩なんだからやられてやれなんて言うつもりはない。だが、少しは顔を立ててやるぐらいの配慮は必要だったろうな」

「ん~?例えば?」

ナルキの言葉に、ミィフィが尋ねる。

「3人同時ではなくて、1人ずつにするとかな」

「そう……かな?」

その答えを聞いて、レイフォンが首をかしげる。
あの3年生達が、1人ずつで勝負をしただろうかと。

「え~、そんなの受けるわけないって。だって、小隊の人とかじゃないんでしょ?」

ミィフィの言葉に、ナルキは頷く。
そもそも小隊の人物だったのなら、このような嫉妬は起こさないだろう。

「受けなかったかもしれないがな。3人いっぺんに片付けるにしても、向こう側からそう言わせるようにすればよかったな。あれでは、レイとんの方が悪者のようだぞ」

「あ……」

そう言われればそうかもしれない。
悪いのは、喧嘩を売ってきたのは向こうの方だが、だからと言ってレイフォンのやり方は容赦がなかったかもしれない。

「レイとんにとって他人の風評はどうでもいいかもしれないがな、周りに居るものは多少、困るかもしれない」

ナルキがそう言って、メイシェンを見る。

「……わ、私は気にしないよ」

それをメイシェンは慌てて否定するが、レイフォンは確かにそうだと思う。

「うん、ごめん。考えてなかった」

だから素直に、謝罪をするレイフォンだったが、

「別に良いのでは?」

今まで殆ど話さなかったフェリが、レイフォンに言う。

「実力もないのに、他人を僻む奴なんて放っておけばいいんです」

無表情で、冷たい言葉。だけど興味がまるでないかのように言っていた。

「そもそもツェルニの武芸者が頼りないのがいけないんですよ。そうでなければ……」

フェリは兄のカリアンに無理やり武芸科へと転科されてしまったために、カリアンを恨んでいる。
そしてそうなる原因となった、セルニウム鉱山が残りひとつと言う崖っぷちの状況まで負け続けた武芸者である、武芸科の生徒達のことを良く思っていない。
その上、弱いくせにプライドだけは、嫉妬をレイフォンに向けるほど高い。
彼等がだらしないから、自分とレイフォンが武芸科に入れられたと言うのにだ。
だからそんな奴は、放っておけばいいと言うのがフェリの考えだ。
レイフォンが気にする必要などない。

「フェリ……先輩?」

レイフォンはフェリの名を呼び、慌てて先輩をつけてから何か聞き出そうとしたが、

「フォンフォンもそう思うでしょ?」

「ぶっ!?」

そんな考えは、今のフェリの発言で吹っ飛んだ。噴出し、レイフォンは目を白黒とさせる。
幸いなことに、飲み物や食べ物を口に含んでなくてよかった。含んでいたのなら、間違いなく吐き出していただろう。
その惨劇は起こらなかったが、メイシェンが驚いている。ナルキが固まっている。ミィフィはニヤニヤと面白そうな顔をしている。フェリは無表情。
レイフォンは……頭を抱えて悶えたくなった。

「それ……本気で決定なんですね?」

「はい」

嫌そうなレイフォンに、フェリが当たり前だというように頷く。

「できれば、周りには人がいない時がいいなぁ、なんて……」

「それでフォンフォン、あなたはどう思うんですか?」

妥協点も、それが答えだというように拒否されたように返された。
レイフォンは本当に頭を抱え、あ~、う~、などと言って悶えている。

「何それ、レイとん。ちょ、フォンフォンって!」

「ぷ、くっく、あはははは!!」

ミィフィとナルキが、もはや爆笑と言うように笑っていた。
唯一それに付いていけないメイシェンが、自分はどうすればいいのかと悩んでいる。
この光景を前にし、レイフォンは大きなため息をつくのであった。




































「そういえばさ……」

話が見事に脱線してしまい、散々ミィフィとナルキ、というか主にミィフィに笑われた後、そのミィフィが話題を変えるように話してくる。

「今日はまた、なんでここにしたわけ?いや、私もいつかはここに来るつもりだったけど……」

今日、この場所に来ようと言い出したのはナルキだ。
養殖科の近くにあるこの場所は景色もいいことから、女生徒への人気が高い。
だからそれを調べたミィフィが、いつかこの場所に行こうと放していたのはレイフォンも知っている。
だけど今日、ナルキがいきなりそこに行こうと言い出したことにはレイフォンも疑問に思っていた。

「いや、実はな……フォンフォ……っ、レイとんに頼みごとがあってな」

先ほどの会話を思い出し、思わずフォンフォンとレイフォンを呼んでしまおうとしたナルキ。
思い出し笑いの様にナルキは小さく笑うが、後の言葉は笑えずに、言い辛そうに口を開く。

「っ……わざわざここで?」

ミィフィも小さく笑いながら、ナルキに問い返した。
レイフォンは頭を押さえながら、ナルキの話に耳を傾けていた。

「うん。ここでなければ駄目と言うわけではないんだが、承諾してくれれば、そのまま話を持っていけるから……な」

「……大変な事なの?」

「大変な事もあれば、ただ暇ばかりの時もある。疲れる時もあれば、まったく疲れない時もある。でも、時間だけはキッチリと過ぎる」

「まるで謎かけだね」

「そうだな。こんなのはあたしらしくないな」

レイフォンの言葉に苦笑しながら、ナルキはため息をつく。

「……もしかして、ナッキのお手伝い?」

「ああ、そうだ」

メイシェンの言葉に、ナルキは苦笑したまま答えた。
ナルキの手伝いと言うのは、彼女がバイトをしている都市警の仕事だ。

「僕が?」

意外な話の流れに、レイフォンが疑問符を浮かべる。

「別に小隊から引き抜きをしたいわけじゃない。入ったばかりのあたしに、そんな権限あるはずもない。ただ、武芸科には都市警への臨時出動員枠というものがあるらしい。あたしも入ってから知った。その出動員が今、定員を欠いているらしくてな」

何でもレイフォンとナルキが知り合いだと言うことを上司に知られ、聞いてみてくれと頼まれたらしい。
だがレイフォンは、小隊員の訓練の他に機関掃除のバイトまでもしている。故に多忙だから、ナルキも無理はしないでいいなんて言っていた。
だが、ナルキの困ったような表情には何かあるのではないかと思ってしまう。

「解せませんね」

そんな中、フェリが疑問をつぶやいた。

「確かに臨時出動員枠と言うものはあります。ですが何故フォンフォンを?その上司と言うのはフォンフォンが小隊員だから目をつけたようですが、普通、小隊員がそういうことをしないのを知っているのでは?」

武芸者のプライドとしての問題だろうか?
本来、小隊員(エリート)の者は都市警なんて雑用染みた仕事は請けない。
だと言うのに、何故レイフォンにそれを言ってくるのか?

「大方、1年で何も知らないフォンフォンを利用しようと思っているんじゃないんですか?」

「……そうなの?」

「……………」

フェリの言葉にメイシェンとミィフィが、ナルキへと問うような視線を向ける。
ナルキは、申し訳なさそうな視線で下を向いていた。

「わかった、やるよ」

だが、レイフォンのこの発言には全員が驚く。
事情を知ったと言うのに、フェリの言葉をナルキが否定しない事から事実だとわかるのに、それをレイフォンは承諾した。

「……馬鹿なんですかあなたは?」

「酷いですね」

フェリの言葉に苦笑しながら、レイフォンは言葉を続ける。

「いや、ナッキは友達ですし。そのくらいならいいかなと思いまして」

「ホントにいいのか?自分で言っておいてなんだが、フェリ先輩の言ってる事は本当だぞ。小隊員(エリート)はこんなことやらないし、言いたくはないがあたしの上司だってそんなつもりかもしれないぞ」

今の話を聞いて受けるとは思ってなかったので、この言葉にはナルキも意外そうな顔をする。
だと言うのにレイフォンは、意外そうな表情で言う。

「それはおかしなことだよ。力は必要な時に必要な場所で使われるべきだ。小隊員の力がそこで必要なら、小隊員はそこで力を使うべきだよ」

実際、ほとんどは汚染獣との戦いに借り出される天剣授受者でも、治安維持のために警察機関に出動を要請される時もある。
中にはどうしようもないくらい、汚染獣にその力を使うしかない人物もいたが、それ以外はよほどのことがない限り受けていた。
レイフォンにとっては、小隊員のように権力に与する武芸者が力の使いどころの好き嫌いを語るのは、とても違和感のある話だった。

前のレイフォンの場合は、権力のある武芸者そのものをやめたがっていたし、今では武芸者と言う道を再び歩いてもいいかなどと思えてるから、たいした問題ではないが。

「……いいのか?」

「うん、ナルキにも……もちろん2人にもよくしてもらってるし、僕に出来ることがあるんなら、なんでも」

「いや……ここまで来てあたしが言うのもなんだが、2,3日考えてからでもいいんだぞ。それでも遅くはない」

「大丈夫だよ。機関掃除の仕事とか、小隊のこととか、そこら辺をちゃんと理解してくれるんだったら問題ないと思うよ」

「そういうのはあたしが何とかするよ。あたしが頼んでいるんだからな」

「うん。なら、この話はここまで」

まだどこか申し訳なさそうなナルキに、レイフォンは手をたたいてこの話は終わりだと言うように切った。

「どうしようもないお人好しですね」

「そうなんですかね?」

「馬鹿ですよ」

「いくらなんでも酷くないですか?」

フェリがジュースを飲みながらレイフォンに向ける冷たい視線が、どことなく彼に突き刺さるのだった。


































話は受けたが、まさかその日から出動要請を受けるとは誰か思っただろうか?

「すまんな」

「いいよ」

そんな訳でレイフォンは、ナルキにつれられてその上司へと会いに行く。

「養殖科の5年、フォーメッド・ガレンだ。すまないな、よろしく頼む」

小柄だが、大工か鍛冶屋でもやっているのかと言うがっしりとした体格の男がレイフォンに言う。その話はこうだ。

都市外から訪れるキャラバンや旅人たちが寝泊りするビルに宿泊する流通企業、ヴィネスレイフ社に属するキャラバンの一団がいた。
碧壇都市ルルグライフに所属する彼らは、確かに取り決められた商業データの取引、都市を潤すための外貨の流入をしていた。
だが、そこでの取引は正当に終わらなかった。
不法な手段によるデータの強奪、今だ未発表の新作作物の遺伝子配列表の窃盗。連盟法に違反する犯罪行為。
その疑いをかけられ、ヴィネスレイフ社のキャラバンに疑いがかかっていた。
そして、証拠もちゃんとある。監視システムを沈黙させはしたみたいだが、目撃者と言う間抜けなどじを踏んだ。

故に交渉人が交渉に向かうが、最悪のタイミングで放浪バスが来た。
犯罪者が異邦人の場合、たいていは都市警の指示に従う。
無駄な抵抗をして死刑や、都市外への強制退去……すなわち、剥き出しの地面に投げ出されるよりははるかにいい。
二度とその都市に近づかなければ、罪は消えてなくなるのだから。

だけど退路があるならば、向こうも当然逃げ出そうとする。
穏便に済むのならそれに越したことはないが、十中八九相手は強攻策に出るだろう。
レイフォンはその時のため、キャラバンに対抗するための戦力だ。


「しかし……本当にいいのか?」

「ぜんぜん大丈夫だって。ちゃんと給金も出るし、ナルキが気にすることじゃないよ」

未だに納得がいかず、困惑するナルキを宥めながら、レイフォンとナルキは潜んでいた。
いつ、キャラバンの連中が出てくるのかわからない。
だから気を張って、そんな会話を交わしながらもレイフォンとナルキが会話をしている中、

『本当に気が良すぎです』

「……フェリ、先輩?」

背後から念威端子越しの音声が、レイフォンに届けられる。
その人物はフェリであり、レイフォンはナルキの前だというのに呼び捨てで呼んでしまいそうになった。
だが、ナルキはいきなりした背後の声に驚いていたのか、レイフォンの言いそうになった言葉を気にはしていない。

「取り合えず……ご苦労様です」

念威端子が現れてから少しして、そのフェリが姿を現す。
その手には自販機で買ったであろう缶ジュースと、そして小さな包みを持っていた。

「これは……差し入れです」

「フェリ先輩が?」

差し入れと称されて出された缶ジュースの他、小さな包みのそれはお菓子だった。
おそらくクッキーだろう。意外にもまともな外見のそれに、取り合えずレイフォンは安心する。
だが、油断は出来ないかもしれない。
この間フェリと料理を作った時にも思ったが、フェリは料理が下手だ。。
それは……あの時のカリアンの反応を見れば十分に理解できる。
だが、彼にとって、フェリの差し入れを、おそらく手作りであろうお菓子を無碍にすることなど出来なかった。

「じゃ……頂きます」

おそるおそるだが、覚悟を決めてお菓子をかじるレイフォン。
噛み砕き、舌の上で転がしてみて……

「あ、美味しい……ですね」

どこかほっとしたように言うレイフォンの顔は、長くはもたなかった。
いきなり表情が引きつる。

「ぐっ……」

「どうし……」

フェリが言いかけるも、青を通り越して紫色になるレイフォンの顔を見て息を呑む。
隣ではナルキが、心配そうにレイフォンを見ていた。
と言うか、慌てて缶ジュースを開け、それをレイフォンへと差し出す。

「ぐっ……げ、げほっ、ぐふ……ん、んんん……」

だが、意地でもそれは受け取らない。
意地でも耐え、体を折り曲げながらも飲み込む。
レイフォンが息を吐き、顔を上げた。

「お、美味しかったですよ」

「嘘を言わないでください」

血色の良くない顔を小刻みに震わせながらの笑みが、全てを物語っている。
そしてナルキは、そんなレイフォンに缶ジュースを今度こそちゃんと渡した。

「……得意でないことくらい、わかっています」

「う……」

拗ねられたように言われ、レイフォンは気まずげに息を呑んだ。

「兄で練習はしたんですが……」

ポツリと漏らされたフェリの言葉に、カリアンの安否を本気で心配してしまう。
苦手なカリアンではあるが、死なれるのは後味がかなり悪い。

そして良く見ると、フェリの手には絆創膏が巻かれていた、

「すいません……迷惑をおかけしました」

レイフォンやメイシェンに出来ることなら、自分にも出来るだろうとは思ったのだが……どうもうまくいかなかったらしい。
結果は見てのとおり、大失敗だ。
そのことにため息をつきながらも、謝罪をして立ち去ろうとする。

幸いにしても差し入れとして持ってきた缶ジュースは、レイフォン達の渇いた喉を潤すにはちょうどいいだろう。
そう思って、

「あ、フェリ先輩」

去ろうとしたら、レイフォンに呼び止められた。

「簡単なお菓子でいいなら、僕作れますんで、今度一緒に作りましょう」

この間の弁当ではデザートにゼリーを作り、孤児院のおやつを主に担当していたレイフォン。
作りすぎてリーリンには怒られたりもしていたが、スペックは本当に高い。
そんな彼の誘いにフェリは不機嫌そうなまま、そっぽを向き、

「……機会があれば」

その申し出を、受け入れた。

「じゃあ……」

レイフォンが続きを言おうとした時、爆発音が響く。


「始まったか……」

動き出したキャラバンの連中達。
騒がしい光景を確認し、レイフォンは錬金鋼を復元させた。

「それじゃフェリ先輩!僕は仕事ですから」

「はい、がんばってください、フォンフォン」

「……もういいですよ」

フォンフォンと呼ばれるのに慣れ、気落ちしながらもレイフォンは戦場へと跳んでいく。
そんなレイフォンと、自分を見て先ほどから困惑したような表情を向けるナルキに背を向け、フェリは帰路へとついた。
なぜこのようなことをしたのかと、自分の行動に理解できないまま、疑問に思いながら。
大物取りが行われる騒がしい光景を背にしながら、歩んでいった。



























あとがき
日常編ってことで一丁。
オリバーは出てきません。そしてレイフォン×フェリと言う事で、フェリを絡めて見ました。
しかし、ちょっと違和感があるかな?
少し心配なこの作品(汗
次回はニーナの出番、描写を書けたらいいなと思います(苦笑

PS それからあとがきで言ってた話ですが、XXX板にプロローグ書いたらかなりの感想が来ました。
え、マジで!?なんて思いました……
ご都合主義の設定を無視した話だったのに……そして調子に乗り、1話を書き上げる始末。
なんというか……調子に乗りすぎました(汗


PS2 そして、試作タイトルといいますか、取り合えず予定案、『フォンフォン一直線』に決定w
いや、まだ本格に決定ではなく、試作という感じですが……
フェリ一直線なレイフォンと言う事で、フォンフォン一直線にw
どうでしょう?
このあたりもご意見をいただけると嬉しいです。



[15685] 9話 日常から非日常へと……
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:9a239b99
Date: 2010/02/18 10:29
その夜、ニーナは1人でモップがけをしていた。
機関掃除のバイトであり、本来ならレイフォンと一緒にするはずだった仕事。
だが、この場所にレイフォンはいない。
責任者である班長の話によれば、レイフォンは都市警の用で休みと言う。
都市警の用と言うことは、臨時出動員になったと言う事だろうか?
こんな、機関掃除と言う重労働を抱えているというのに、更にそんな時間が不定期になる仕事を抱えたと言うのだろうか?
思わず、レイフォンの体について心配してしまう。

(あいつが体を壊してしまったら……)

十七小隊はどうなる?
ただでさえ、いつ空中分解してもおかしくない隊だ。
これで、主戦力であるレイフォンが倒れてしまったら……

(いや……それはおかしいな)

都合のいい話だ。最初は、数合わせのような感じで、鍛えれば使えるというのがレイフォンの評価だった。しかも自分は、レイフォンの過去を知ってそれを糾弾している。
だと言うのに、今のニーナはレイフォンの力を期待している。
彼は強いのだ、圧倒的に。ニーナの想像を超えるほどに。
期待する、あるものは使う。その姿勢には間違いがあるとは思わない。

(最初は、私が何とかするつもりだったはずだ)

だが、ニーナは自分の力で何とかしようとしていた。
シャーニッドにしろフェリにしろ、能力はあるのだが士気が低い。
そんな2人に過剰な期待をする事は、それこそ無駄な努力ではないのかと思うほどに。
それを補うように、自分自身が強くなれば言いと思った。
だが……そこにレイフォンが現れた。

(あの強さは……)

武芸で有名なグレンダン、その最強の12人である証の、天剣を授けられて事がある少年。

(とても怖かった……)

その強さには、ニーナすらも恐れた。
先日の事件で、ニーナは膨大な数の汚染獣に呑み込まれると思った。
自分はここで死ぬのだろうと思った。
何も出来ずに、ツェルニを護るために小隊を立ち上げたと言うのに、その目的が達成できぬままここで果てるのかと思った。

それを、レイフォンが覆した。
たった1人で汚染獣の幼生体を全て屠り、母体を潰した。
強い、強すぎる。そして怖かった。本当に人間か?などと思った。

だが、なんにしても、レイフォンが強いと言う事は、十七小隊はニーナの望むものへとなるのだと思った。
武芸大会で勝利をツェルニに導ける、強いチームになるのだと。

(それでも……負けた)

先日の対抗試合で、十四小隊に負けた。
隊長のシンは、レイフォンが強いだけでは駄目だといった。

(じゃあ……どうすればいいんだ?)

ニーナは迷う。
十七小隊の勝因はチームワークだ。では、それを手にするべきか?
だが、息の合った連携は十七小隊には望めない。それは今までの訓練で、わかっているのではないのか?

(どうすれば……)

わからない……自分には。
ニーナは思考の海に沈み、これからの十七小隊について考えていると……

「ん……?」

ニーナの短い髪が引っ張られ、その考えを中断させられる。
いつの間にかモップを動かす手を止めており、首の後ろと両肩にわずかな重みを感じていた。
髪を引っ張った何かに手を伸ばすと、その手を柔らかい何かがつかむ。

「なんだ、お前か……」

「~~~♪」

背中に腕を回し、肩に乗っかっているものを前にやる。

「まったく……また抜け出してきたのか?」

呆れたような笑みをニーナが向けると、それは無邪気な笑みを返してきた。
この都市と同じ名前の、ニーナが護ると決めた存在、電子精霊であるツェルニだ。
そのツェルニの手が、ニーナの頬に触れる。
無邪気そうに笑うツェルニの顔を見ていると、ニーナの表情も自然に緩んでいた。

「お前は……どうしてそんなに私に懐く?」

尋ねても、その答えが返ってくるとは思わないが、ニーナはつぶやく。
思ったとおり、ニーナの言葉がわからないのか、ツェルニはニコニコとしているだけだ。
もし、言葉が理解できていたとしても、ツェルニはしゃべれるのだろうか?
少なくとも自分は、しゃべっているところを見た事がない。おそらく、しゃべれないのだろう。
まぁ、今はそんなこと、どうでも良い事だが。

「そうだな。そんなことは特に考えるまでもないのだろうな」

この子は、ツェルニは、この都市に住む皆が愛しくて、愛しくてたまらないのだ。
その中でニーナが特別と言う事はないのだろう。ただ偶然、ニーナが簡単にツェルニを受け入れてしまったから、ツェルニはニーナに会いに来てくれるのだろう。
もっとも、それが誰にでも出来る事ではないと思うが……

「お前に出会えたことは、私の人生で一番の幸運だ。お前に出会えたからこそ、私はお前を護りたくなった」

機関掃除のバイトを始めてすぐのころに、ニーナはツェルニに出会った。
故郷でも見たことはあるが、電子精霊の姿が、こんな幼子だとは思いもしなかった。

「お前がその姿でいてくれたからこそ、私はこの都市を愛する事が出来た。冷たい奴だと笑わないでくれよ。心の狭い奴だとは思ってくれてもいいが……こうして触れて、表情を読み合って、一緒に笑えると言うのは、私にとってはとても驚きで新鮮で、そしてとてもとても嬉しい事だった」

だからこそ護りたいと思った。
自分の手で、自分の力で。

「そうだ……そうだな」

ツェルニを抱き寄せ、頬を摺り寄せる。
ツェルニはくすぐったそうに身悶えし、ニーナの髪に鼻を押し付けてきた。
ツェルニの小さな鼻が耳たぶに触れるが、息は触れない。
これが、人間と電子精霊の違い。ツェルニ(電子精霊)は、呼吸をしていないのだ。

「私は、自分の手でお前を護りたいんだ」

そのために目指す、求める。強さを、力を。
身近に圧倒的強さを持つ人物を知っている。少なくとも、人間はあそこまでいけるはずだ。
そう……妄言とも取れる目標を抱いて、

「私は強くなるぞ。ツェルニ」

ツェルニの耳に、そっと囁く。
意味がわからないのか、ツェルニは首をかしげていた。



































「よくやってくれたっ!」

大物取りは既に終わり、周りの物が唖然とするなか、その沈黙をフォーメッドが打ち破った。
だが、未だに信じられない。
5人のキャラバン達を、それもかなりの腕前だった武芸者の集団をレイフォンは1人で、圧倒的な強さで制圧して見せたのだ。
その手腕に魅せられる中、フォーメッドが指示を飛ばしている。

そして彼等が持っていたトランクからは、盗まれたであろう未発表の新作作物の遺伝子配列表が記録されているデータチップが、おそらく入っていた。
おそらくと言うのは、彼らの持ち物か、または同じように盗まれたであろうデータチップが大量に入っていたからだ。

「ありましたか?」

「さてな。全部確認してみないとわからないが、まぁ、間違いないだろう」

レイフォンの問いにそう答えて、フォーメッドはニヤリと笑った。

「これだけのデータチップ、はたしてどれだけの値が付くかな?」

その言葉に、レイフォンは目を見張る。
とても警察関連の職に付く者の言葉には聞こえない故に。

「何だその目は?これをあいつらが商売で手に入れたのか、それとも盗んで集めたのかは知らないが、どちらにしても元の持ち主への返却なんて不可能だからな。ならばせいぜい、ツェルニの利益に貢献してもらうのが正しい形だと言うものだろう?」

この言葉は正しく、もっともだとは思う。
この閉ざされた都市では、それが最良の手段なのだろう。
感心すると同時に、そういうことを臆面もなく言ってのけるフォーメッドに、レイフォンは呆れていた。

「富なんていくらあっても足りないぞ。このツェルニにいる学生達を食わせていくことを考えたらな」

「はぁ……」

規模を考えれば違うが、そういう事については理解する事ができるレイフォン。
だからこそレイフォンは、現在このツェルニにいるのだ。

「ま、アルセイフ君も今日はお手柄だからな。報酬に多少は色をつけさせてもらうぞ」

そう言うと、フォーメッドは仕事へと戻っていく。
取り残されたレイフォンの肩を、ナルキが叩いた。

「すまんな、ああいう人なんだ」

「いや……うん。悪い人ではないと思うよ」

レイフォンはそういうが、ナルキは顔をしかめていた。

「そうなんだが……あの、金へのこだわり方と言うか、それを隠さない態度と言うのは、良い事なのか悪い事なのか、いまいち決めにくい」

「どうなんだろうね」

なんとなく、フォーメッドの気持ちがわかるレイフォンは苦笑した。
あれは潔さなのだろう。
開き直りだとも取れるが、フォーメッドはあのような行為を卑しいとは思っていない。
いや、実際は卑しく取られていても、気にはしていないのだろう。
それが事実なのだと言い切る自信があり、悪い事だとは思っていない。
孤児院のためへと、金儲けに走ったレイフォンに似ている。
ただ、レイフォンの場合はギリギリまで隠していたが。隠していたと言う事は、負い目があるからだったのだろう。
だから今でも……自分は刀ではなく剣で戦っている。
もう一度武芸を始めてみようと思っているのに、だ。

(ああいう風になれていれば、僕も少しは違ったのかな?)

思わずそう考えてしまったが、もう過ぎ去ってしまった事だし、どうする事も出来ない。
考えるだけ無駄な行為だ。どんなに考えても、過去は取り戻せない。

(でも、まぁ……ツェルニに来て、良かったとは思うし)

今まで体験できなかった事を体験できたし、仲良く話せる友人がいる。
そして、護りたいと思うような人物も出来た。
だからこそ、取り戻せない過去よりは、今(未来)を目指して行こうと思う。
それが、今のレイフォン・アルセイフとしての生き方だ。

(さて……明日も弁当を作らないといけないから、帰って寝よう)

そう決意し、報酬は指定の口座に支払われるらしいから、レイフォンはナルキやフォーメッドに一言言い、帰路へとつくのだった。



































「さて、問題はタイヤだよな……」

放浪バスと言うものは、ゴムのタイヤと、レギオスなどに使われる多数の足で地を歩く。
速度的にはタイヤが優れるのだが、ならば何故足を使うのか?
簡単な問題だ。荒れ果てた大地では、ゴムのタイヤでの走行は長時間もたないからだ。
荒れ果てた地に磨り減り、すぐにパンクなどをしてしまう。
だからこそ足を使い、速度を犠牲にしてでも長時間の移動に耐えられるようにしたのだ。
タイヤを使うのは都市に入る直前くらいのものだ。

「ゴム製のタイヤで耐えられないんだったら、他の材質ならどうだ?……例えば金属とか」

子供の発想のような、現実味のない案を出してみる。
だけどその案は、自分1人で考えるのならばありではないかと思えてしまう。
ゴムで耐えられないというのなら、頑丈で丈夫な物をタイヤとすればどうだろうか?
だが、金属などでタイヤを作れば重くなるのはもちろん、間違いなくブレーキの利きも悪くなるだろう。
ゴムではなく金属であり、スリップがしやすい。これでは、曲がる時ですら苦労しそうだ。

「無理……だな」

故に、この案は却下。
やはりタイヤでの走行は奥の手で、基本は多足での移動になりそうだ。

「んじゃ、次は燃料。ランドローラーにしても動力は電気なんだし、ここはやっぱ発電が出来ればいいよな……」

昔は、とは言っても想像も付かないほどはるか昔の話だけど、その時代には石油と言うものを加工して乗り物などの燃料にしていたらしい。
だが、今では、ラウンドローラーを例えで出すと、これはバッテリー、つまりは電気で動いている。
都市(レギオス)を動かす燃料はセルニウムだが、電気で動くとなれば発電さえ出来れば燃料の心配はない。
文献などではソーラーカーなどと言う、陽光をエネルギーとして動く車を見た事があるから、これは十分に可能だろう。
ただ、こればかりは専門の知識と、それなりに資金がかかりそうだが……

「やっぱ……一朝一夕に改造はうまくいかねぇか……」

ため息をつく。
ここは放浪バスの停留所。だが、老朽化して現在は使われていない。
そこにランプの粗末な明かりを頼りに、作業に没頭する者の姿があった。
レイフォンの隣の部屋の住人、オリバーである。
彼は油仕事で汚れてもいいような服、ツナギを着ており、眠そうに欠伸をしながら作業に一段落を置く。

「だが、まぁ……これで普通に走る分には問題ねぇだろ」

改造はそう簡単にはいかなそうだが、走る分には何の問題もないほどに仕上がった放浪バスを見て、オリバーは満足そうに頷く。
彼の実家は工場を経営しており、その手伝いを小さいころからしていたオリバーはこういうのが得意なのだ。
ちょうど良い事に、ここには老朽化で破棄された放浪バスがいくつもあることから、部品には困らない。
いろんな都市を見て回りたいと思い、親の反対を押し切って学園都市に来たために仕送りが殆どないオリバーにとって、これほど嬉しい事はない。

「冒険は男のロマンだ。なんでそれがわからねぇかな……うちの親は」

心配などと言うのもあるが、親としては実家の跡継ぎがいなくなるのは困るのだろう。
本来、都市は武芸者を外へは出したがらないものだが、一般人の家庭で突如生まれた武芸者のオリバーは、そこまで才能があるわけではない。
だからやはり、親がわかってくれなかったのは跡継ぎの問題だろう。心配だと言うのなら、それはそれでありがたいことだし、嬉しいことではあるが。

「ま、親が考えてんことはわかんねぇけど……ふわぁっ……もうこんな時間かよ?」

再び欠伸を、今度はとても大きなものをし、オリバーは持っていた時計を見る。
デジタル時計の数字は、既に朝の9時を指していた。とっくに授業の始まっている時間である。
地下にあり、薄暗い停留所にいたために気づかなかった。

「ねみィし、腹減った……レイフォンの奴、もう学校に行ってるよな?朝飯どうしよ……つーか、昨日は夕飯すら食ってねぇし、寝てねぇ……」

作業に没頭しすぎて、寮に帰っていないオリバー。
レイフォンには夕食はいらないといったが、昨夜はもちろん朝食も食べていないために腹ペコである。
眠いのは武芸者だから、内力系活剄でもすれば問題はないが、正直めんどくさい。

「午前中はサボるか……で、レイフォンに飯たかって午後の授業に出よう」

だるいので眠る。
空腹よりもそちらを優先し、風呂にでも入って寝ようと寮へと向う。
数時間眠ればましだろうし、レイフォンに昼食をたかれなくとも、その時はどっかの食堂やレストランで食べるか、弁当を買おうと思う。
レイフォンが作るのより美味しくはなく、少し値が張ったりするが、そこは仕方がないだろう。
欠伸を噛み殺しながら、オリバーはそう決意する。
その昼の事だった、オリバーが運命的な出会いをするのは……











































昼休み。
学生達が昼食を取ったり、休憩などをして午後からの授業の英気を養う時間。
いつもどおりのメンバーで、レイフォンはフェリとメイシェン、ナルキとミィフィの5人で昼食を取っていた。

「……理不尽です」

「はい?」

その席で、フェリが相変わらず不機嫌そうな無表情でそんなことをつぶやく。
だが、レイフォンにはその意味がわからない。
フェリは現在、レイフォンが作った弁当のおかずを口に運び、そして本当に機嫌の悪そうな声で、レイフォンに言った。

「こんなに美味しいなんて、理不尽です。あなたに苦手な事はないんですか?」

「そう言われましても……」

料理が美味しい……美味しいのだが……自分に出来ない事をそつなくこなすレイフォンに劣等感を感じるフェリ。
顔良し、スポーツ万能、武芸の腕は言うまでもなく、料理上手で家庭的な上、一般人からすれば憧れの小隊員に1年生ではいるほどの実力者。
そんな彼に苦手な物はないのかと思ってしまう。
勉強が苦手らしいが、そんなものは愛嬌のひとつでどうとでもなってしまう。

「でも……本当にレイとんの料理、美味しいよね」

「ありがとう、メイシェン」

ナルキとミィフィ、レイフォン以外の人物とは人見知りの気が激しいメイシェンだが、フェリの場合はいつも一緒にいるので慣れてしまったらしい。
先日彼女が、レイフォンが少しだけ席を外した隙に、レイの落としてしまった手紙の事をフェリに聞き、それをフェリがもう渡したと答えたのがこうなった原因かもしれない。
メイシェンはフェリに感謝し、一安心したようだった。
そんな訳で現在では、フェリの前でも比較的普段どおりに振舞えるメイシェン。
レイフォンの料理を褒め、素直に感心する。

「いやいや、本当にな。これなんか特に美味だ」

「え?」

そんな時だ。いきなりレイフォンの背後から声がして、彼が姿を現したのは。
顔は平均以上、美形と言っても問題ない程の作りをした、金髪の少年。
武芸科の制服に身を通した彼が、レイフォンの弁当から肉団子をつまみ上げ、口へと放り込んでいた。

「殺剄までして、何してるんですか?」

いきなりの事でメイシェンが、ナルキが、ミィフィが驚いているなか、気づいていたレイフォンは呆れたように言う。
フェリは気づいていたのかいなかったのかは知らないが、表情の変化はなかった。

「飯たかりに。帰んの遅くなっちまって、昨日の夜から何も食ってねぇんだよ。弁当、あるか?」

「一応ありますよ。オリバー先輩が見当たらなかったら、後で僕が食べようと思ってましたけど」

「うおっ、マジで?サンキュー。じゃ、これはいつもどおりの」

オリバーと呼ばれた彼は、レイフォンとそんな会話を交わした後、いくらかのお金を支払って、レイフォンのかばんから取り出された弁当を受け取る。
そしてそのまま地に座り、弁当のふたを開くのだった。

「なぁ……レイとん。その人は誰だ?」

「ん、ああ、オリバー先輩だよ」

レイフォンが先輩と呼んでいたし、剣帯のラインからして2年生である事がわかるオリバー。
彼についてナルキが質問をし、レイフォンがついでだから有料で弁当を作ってる寮の隣の住人だという事を説明する。

「ま、そう言う事」

それに相槌を打ちながら、オリバーは弁当を食していた。

「オリバー先輩って、レイと……レイフォンと仲がいいんですか?」

好奇心の塊のようなミィフィが、オリバーに質問を投げかけてくる。
最初はレイとんと呼ぼうとしたが、ニックネームだから伝わらないだろうと思って呼びなおし、同姓の友人が少ないと言われるレイフォンの交友関係を聞き出そうとする。
スキャンダル紙などと呼ばれるミィフィがバイトをしている週刊ルックンでは、期待の1年生小隊員であるレイフォンの人気が高いために彼に関する記事を追っていたりする。
もっとも、それは美形や実力派の小隊員なら誰にも言えることだが、ミィフィは出来れば記事にしようと思って尋ねた。
尋ねて……

「ん……」

オリバーの視線が、ミィフィに向く。

「……んん!?」

好奇心の塊であり、元気の良い彼女。
ツインテールにした栗色の髪と、かわいらしい容姿を持つ。
それはまさに突然……オリバーの頭に、電流のようなものが走った。

「結婚を前提にお付き合いください」

「へ……?」

瞬間、告白、プロポーズ。
場の空気が固まる。
ミィフィはいきなりの出来事で状況が把握できず、気の抜けた声を漏らす。

「完璧だ!あなたのような女性は見た事がない!!もう一目惚れです。俺と付き合ってください!!」

「えええええええええええ!?」

再び告げられたオリバーの想い。
その言葉に好奇心は吹き飛び、顔を赤くして叫びを上げるミィフィ。
それも当然だろう。目の前でいきなり告白されれば、誰でも驚く。
しかも彼は、初対面の人物である。

「あ~……なんだ?おめでとう」

取り合えず、友人を祝福するナルキ。

「えっと……その……」

メイシェンは、状況についていけていない。

「……………」

レイフォンはオリバーの性癖を知っている故か、視線がやけに白けている。
いや、言ったら彼女は怒るだろうが、確かにミィフィならオリバーの好みに合うかもしれない。
好みだというならばフェリも入りそうではあるが、もしそうだったらたぶん、レイフォンはオリバーを殺すかもしれないと思いながら……

「……………」

そしてフェリ自身も、表情の変化はない。
だけど、少しだけ興味はありそうだった。

「これぞまさに運命!あなたのような人を、見た事がありません」

「そ、そんな……」

顔を赤くし、恥ずかしそうだが、ミィフィは満更でもなさそうだ。
褒められたり、真剣に告白されたりするのはやはり人として嬉しいし、オリバーは顔も結構良い。
それに、ミィフィもかわいい部類に入る容姿だが、こういう展開を経験した事のない彼女にとってはとても喜ばしい事である。
それに応えるかどうかは別の話だが。

「幼く、かわいらしい顔!小さく、かわいらしい体!!」

「へ……?」

オリバーの褒め言葉。
彼からすれば褒めているのだが……

「どれを取ってもいい!その未発達な体こそが、本当に魅力的だ!」

それは……ミィフィにとってのコンプレックス(タブー)である。
わなわなと体を震わせ、怒りを蓄えるミィフィ。

「お嬢さん、お名前を!そして俺と即刻入籍を……」

「するかぁぁぁ!!」

「はぶっ!?」

怒りが爆発し、強烈なアッパーをオリバーに叩き込むミィフィ。
そんな彼女を見て、レイフォンは一般教養科だよなと思いつつ、幸せそうな顔をして意識を失っていくオリバー(ロリコン)を眺めているのだった。














































それは、思わず笑いを誘うほどに大きかった。

「で、これはなんなんだ?」

シャーニッドはそれを見て、苦笑しながらハーレイに尋ねる。
今のところ、練武館にはレイフォンとハーレイ、そしてシャーニッドの3人しかいない。
フェリはまた図書館に行って来るとかで、少し遅れてくるらしい。ニーナはまだ来ていない。
前回に引き続き、今日もニーナは遅刻である。
フェリはまぁ……いつもの事だが。

「うん、この間の調査の続き」

手押し車で運ばれてきたそれは、剣だった。
大きな、とても大きな剣。
剣と言っても木剣であり、剣身の部分にはいくつも鉛の錘が巻きつけてあり、レイフォンの身長ほどの大きさがあった。

「レイフォン、これ使える?」

「はぁ……」

その馬鹿げた大きさに呆れるレイフォンだったが、ハーレイに促されて柄を握る。
片手だけで剣を持ち上げ、ずっしりとした重量が手首にかかった。

「どう?」

「ちょっと重いですけど、まぁ、なんとか……」

言って、レイフォンはハーレイとシャーニッドを下がらせてから剣を振った。
正眼に構え、上段からの振り下ろし。
もともとの重量に遠心力が合わさり、振り下ろした後で剣に振り回されるようにバランスが崩れる。

「ふむ……」

それを理解し、一度深呼吸をして、内力系活剄を走らせる。
肉体強化。全身の筋肉が膨張したように、または空気にでもなったかのように体が軽い。
その状態で再度、剣を振る。
前回の様に、普段の様に大気を割く事が出来ない。
重量故に、その大きさ故に大気を引き千切る。

「わぷっ!」

その余波で突風が起こり、ハーレイが声を上げる。
だが、その声を最後にレイフォンは、外界の状況を意識から追いやる。
更に下段からの切り上げ、左右からの薙ぎ、突きと、様々な型を試す。
鼓膜を支配する風を引き千切る轟音を聞きながら、レイフォンはしっくり来ない感覚を味わう。
遠心力に振り回されるような感じがし、武器の使い方が違うのだと理解する。
だが、この場所でそれをやるには狭すぎる。

「ふう……」

仕方がないので動きを止め、体内に残っている活剄と熱の残滓を息と共に吐き出す。

「……満足しましたか?」

その息を、冷えた声によって飲み込みそうになりながらレイフォンは振り向く。
そこには、フェリがいた。今来たのだろう。ドアの前に立っている。
眉を歪め、冷ややかな視線がレイフォンを突き刺していた。

「この髪、ですけど……」

「あ、はい……」

ハーレイとシャーニッドは、自分は関係ないと言うようにドアから一番離れたところへと避難している。
しかも、シャーニッドの場合はわざとらしく口笛を吹いていた。
いや、実際にシャーニッドは関係ないが、ハーレイまで逃げ出しているのはどういうことかと……

「……聞いてますか?」

「もちろん」

一瞬、思考にふけってはいたが、フェリの言葉はしっかりと聞いているレイフォン。
彼女が怒っている理由は、男の自分でも嫉妬してしまいそうなほどに美しい髪。それがレイフォンの起こした暴風によって乱れているからだ。

「そうですか……この髪なんですが、けっこう、毎日のブラッシングが大変だったりするんですよね。ええ、それはもう……とてもとても」

「そ、そうなんですか……大変ですね」

「ええ……大変なんです」

「は、ははは……」

確かにフェリほどの美しい髪なら、その手入れすら大変なのだろう。
責任の半分はハーレイにあるとは言え、このような事をしてしまったことに罪悪感もある。
だが、レイフォンからは乾いた笑いしか出なかった。
それ以外に出す物があるのか?
ありません。
そんな断言が出来そうなほどだ。
いや、やはりある。

「……ごめんなさい」

「許しません」

誠心誠意、心からの謝罪をタメもなく、一刀両断する勢いで返されてしまった。

「ま、まぁまぁ、それぐらいでいいんじゃないかな?ほら、レイフォンも反省してるんだし」

「……どう見ても、あなたが持ち込んだものなんですけど?」

「……ごめんなさい」

レイフォンをフォローしようとしたハーレイだが、元凶その1である。
と言うか、レイフォンはハーレイに言われてやったのでその殆どがハーレイの仕業と言ってもいい。
そんな訳で一瞬で撃沈され、ハーレイも頭を下げる。

「もういいです。それよりも、そこで隊長と会いましたが、野戦グランドの使用許可が下りたそうなので、今日はそちらに移動だそうです」

フェリがため息をつき、そう言う。

「おや、急な事で」

「私だって知りませんよ」

もういいなどとは言ったが、機嫌を直した様子のないフェリは、そのままドアの向こうへと消えていってしまった。
レイフォンとハーレイは緊張から開放され、そろってため息をつくが、

「先輩……」

「ん?」

野戦グランドと聞いて何かを思いつき、レイフォンはハーレイへと耳打ちをする。

「ああ、やっぱりそうするしかないかな?まぁ、後で聞いて見るよ」

「お願いします」

そんな会話を残し、レイフォンは機嫌が悪そうに出て行ったフェリを追って行く。
その背後を興味深そうに見送りながら、シャーニッドはハーレイに尋ねた。

「何の話してんだ?」

「あれのことでちょっと」

「はぁん……」

それを聞いて興味をなくしたように、シャーニッドは手押し車の上に戻された剣を見た。

「しかしまぁ……なんだってこんな馬鹿でかい剣を作ったんだ?」

「うーん……基礎密度の問題で、どうしてもこのサイズになっちゃう計算なんですよね。一度完成しちゃえば、軽量化も出来るんでしょうけど」

「はん、新型の錬金鋼でも作ってんのか?確かハーレイの専門って開発じゃなかったろ?」

「そうですよ。だからこれは、うちの同室の奴が考えたんです。まっ、データ集めて調整するのは僕の方が上だし、開発自体が、そいつだけじゃなくてうちの3人での共同が条件で予算がおりちゃったから」

「ふうん、めんどくさそ」

「あ、ひどいなぁ」

シャーニッドはハーレイの説明にそんな反応を示し、ハーレイは傷ついたように漏らす。

「お前さんを馬鹿にしてるんじゃなくて、俺には無理だって話だよ」

パタパタと手を振って出て行くシャーニッドを追う様に、ハーレイも野戦グランドへと向うのだった。
































あとがき
ロリコン始動!
ですが、原作のイラストを見てふと思ったこと。
メイシェンよりミィフィのほうが背が高い!?
いや、ミィフィは胸がでかくないですし、体系的ハンデもありそうですから十分オリバーのストライクゾーンではありそうですが……しかしまぁ、これから先どうなる事やら……
フェリがターゲットになった場合、レイフォンと殺し合いが発生するのでそれはありません。
まぁ、あったとしても一方的な殺戮になりますが……

しかし今回は、レイフォンやフェリよりもオリバーメインと言った感じでしょうか?
まぁ、彼が今後どう物語に関係するのかは追々語るとします。
さて、次回はそろそろ日常と言うかこの準備期間も終わり、ニーナメインの話になる予定。
つまりはぶっ倒れますね。
そこを書いたら汚染獣戦予定!

タイトルはもう、フォンフォン一直線で決定しようかと思います。
それから次回の更新で、ついにその他へと移行予定!
しかしまぁ……ハイア死亡フラグを予想する方がいましたが、シャンテにも同様にフラグ立っているんですよね……
原作3巻あたりのアニメ版のゴルネオは漢だと思ったんですが、そこはどうでしょう?

2巻の終わりも見えてきました。これからもがんばります!!



[15685] 10話 決戦前夜
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:9a239b99
Date: 2010/02/22 13:01
野外訓練はいつもどおりに終了した。
レイフォンが入隊したころに比べれば、現在の十七小隊の動きは良くなったように思える。
後方から火力支援を行うシャーニッドの視線を感じる事が出来るようになったし、フェリもやる気があるようには見えないが、それでも情報の伝達が遅れると言った事はなかった。
自動機械との模擬試合を三度行い、3戦全勝。終了までの時間も申し分なかった。
だけどニーナは、浮かない表情でどこか満足していないようだった。

「では、これで終了だ」

「ん、お疲れ~」

「お疲れ様です」

ロッカールームに戻っての反省会もそこそこに、ニーナが終了を告げる。
すぐにシャワールームに移動していくシャーニッドと、やる気がないためにたいした汗もかかず、荷物を持って出て行くフェリの姿はいつもどおり。
レイフォンもいつもどおりに、練武館に戻ろうとした。
それは、隊内でも緊密な動きを求められる前衛だからと言うことでニーナと始めた居残り訓練であり、それが終わった後に図書館や読書などで時間を潰していたフェリと一緒に帰るのが日課だったが……

「レイフォン」

そのいつもどおりの日課を行おうとしたレイフォンに、ニーナが声をかける。

「はい?」

「今日は、このままあがっていいぞ」

「え?」

「しばらく、2人での訓練は中止だ」

「どうしてです?」

「必要ないだろう」

あっさりとニーナは言い切る。その言葉に、レイフォンは絶句した。
いつものニーナからは考えられない言葉であり、さっきの模擬試合でも一応形にはなっていた連携だが、それはあまりにも無骨な形だったのだ。
お互いの咄嗟の動きが食い違わないだけで、コンビネーションや連携と言うには程遠い。
故に、ニーナの『必要ない』と言う言葉が信じられなかった。
彼女の求めているものは、そのコンビネーション、連携、チームワークだと思っていたからだ。

「とにかく、訓練は中止だ。あがっていいぞ」

そう言ってレイフォンに背を見せるニーナは、まるで拒絶しているかのようだった。

「ニーナ……」

そんなニーナを咎めるように声をかけるハーレイ。
だが、レイフォンは案外すんなりと、

「じゃあ、失礼します」

そう言って、ロッカールームを出た。
本当にあっさりして、たいして気にしてないような反応だった。





「何をしているんだろうな、私は?」

あっさりと、たいして気にした風もなく返事をし、レイフォンによって閉じられた扉の音はニーナにとって、まるで関係性そのものを閉じられたようで、乾いた音が胸を突いた。
その痛みを、ニーナは首を振って追い払う。
わかってはいる。わかってはいても、こんな言葉を吐かなくてはならない自分はどうなんだろうか?

「迷うな」

出口の見つかりそうにない思考の迷路に入り込みそうになり、ニーナは思考を止めた。
未来は推測する事が出来ても、予言する事は出来ない。絶対に、確実にわかっていることは、どんな人間でも死ぬと言う事実だけだ。
それだって何時、どうやって死ぬのかはわからないが……

(そして私の未来は、今だ推測すらも怪しい段階だ)

ならば、今は自分が正しいと思ったことをやる。
ただそれだけだった。

「さて、練武館に戻るか……」

あれだけ言ったのだから、レイフォンはいないだろう。
……いたのなら、場所を変えるしかない。
そう思って、ニーナは歩き出した。




































夜が訪れ、そして深まる。
レイフォンは再び、野戦グラウンドへと来ていた。
夜だと言うのに照明の点いていないグラウンドは暗く、植えられた木々に潜む虫の声が微細に夜の気配を教えていた。
レイフォンの手には、ハーレイによって持ってこられた練武館で使っていた大きな剣が握られている。
その不恰好な剣を握り締め、夜の幕に覆われて滲むようにしか見えない風景に目を慣れさせていく。

「ふっ」

呼気をひとつ。
内力系活剄を全身に走らせ、レイフォンは動いた。
まずは練武館でもやった基本の型。風のなかったグラウンドに、強風が巻き起こる。
剣の重さがレイフォンの重心を揺さぶり、それに合わせて重心の位置を修正していく。

剣の重さが起こす体の揺れを力任せに御すのではなく、その重さによる体の流れを制御する、利用する。
やがて、レイフォンはその場に止まるのではなく、グラウンドのあっちこっちに移動しながら剣を振った。
重さに引かれた方向に従って、グラウンドを無秩序に移動していく。やがて、その動きをコントロールしていく。
無秩序に、あっちこっちに移動していたレイフォンがグラウンドを、真っ直ぐと進んでいく。

そのころには、レイフォンの動きは最初のころとまったく違っていた。
剣を使う基本的な動作ではなく、剣を降ると同時に地面から足が離れ、体が浮く。
宙で体を回転させ、剣の重さを利用して一撃を放つ。
その一撃で起こる力の流れを、即座に次の一撃のための流れに変化させる。
それを繰り返しているうちに、レイフォンの足は殆ど地面には着いていなかった。

「………」

地面に剣を叩きつけ、レイフォンは動きを止めた。
今の一撃で砕かれた土砂を降らせる中、レイフォンは足に活剄を収束させる。


内力系活剄が変化、旋剄


脚力を強化し、真上に跳躍する。
宙に舞い上がったレイフォンは、更に剣を振る。
剣が起こす力の流れが、レイフォンをあっちこっちに移動させながら落下する。
着地、すぐさま跳躍。
何度もそれを繰り返していくうちに、滑空時間が少しずつ延びていく。
剣の重量により、力の流れを制御して空中で移動するのは、地面にいるよりも遥かに難しい。
だと言うのにレイフォンは、何度も繰り返す事でコツをつかんでいく。
それはまさに、飛んでいるかのような光景だった。

十数回目の着地で、レイフォンは跳ぶのをやめた。
長く息を吐き、剄を散らす。
終わりを察したのか、グラウンドに照明が点った。

「なんかもう……なんてコメントすればいいのかわからないね」

やって来たハーレイが、そうつぶやく。
その隣には、フェリとカリアンがいた。

「どうだい、感触は?」

ハーレイの言葉にレイフォンは、素直な感想を口にする。
それにハーレイが頷きながら、メモを取っていた。
その会話が一段落すると、カリアンが尋ねてきた。

「開発の方は、うまくいっているのかな?」

「そっちはまったく問題ないですよ。元々、基本の理論はあいつが入学した時から出来てたんだし、後は実際に作った上での不具合の有無。まぁ、微調整だけです。こんなものを使える人間がそうそういるなんてはずないから、作れる機会なんてあるとは思ってなかったんですけどね」

最初は研究者として嬉しそうに話していたハーレイだが、声が沈み、表情が曇る。
汚染獣の接近、正確にはツェルニが接近しているのだが、それは現在、今のところ秘密と言う事になっている。
だが、それは開発者達にまで秘密と言うわけにはいかないので、ハーレイ達開発陣には知らされていた。
その他に知っている人物といえば、生徒会幹部と、武芸長であるヴァンゼの所属する、ツェルニ最強と呼び声の高い第一小隊くらいだろう。
彼らには万が一の時のために、ツェルニの最終防衛ラインをやってもらう。
もっとも、それはレイフォンが敗北した場合の話であり、レイフォンが敗北した相手に彼等が勝てるとは思えないが……

なんにせよ、事が広がっては問題なので、知っているのはこれらの少数だ。
十七小隊の他の隊員、とは言ってもニーナとシャーニッドだけだが、彼らにもこれは打ち明けられていない。
レイフォンからもハーレイに、秘密にしてもらえるように頼んでいた。
ニーナなら絶対に付いて行くと言いそうな上、汚染獣戦においては足手まといにしかならないからだ。

「これも都市の運命だと、諦めてもらうしかないな」

「……そうですね、来て欲しくない運命ですけど」

ため息をひとつ吐き、ハーレイは無理やり表情の曇りを払った。

「そういえば、基本理論を作ったと言う彼は、見に来なくて良かったのかな?」

「あいつは変わり者なんで。鍛冶師としての腕と知識はすごいですけど、極度の人嫌いですからね」

「職人気質と言う奴なのかな?」

「そういうものなんですかね?変な奴で十分だと思いますけど」

「ははは、酷い言い方だ」

「会えば、きっとそう思いますよ」

カリアンとハーレイがそんな会話をしてグラウンドを出る途中、施錠をするためにカリアンと別れ、出口に着いたところでハーレイが先ほどの会話に出た『あいつ』が研究室にいるだろうからと、まだ名前も聞いていない開発者に会うために1人で錬金科にある研究室へと向った。
そんな訳で、街灯以外に光のないグラウンド前の通りで、レイフォンとフェリはカリアンを待っていた。

「フォンフォン……」

「なんですか?フェリ」

もうこの呼び名には、すっかり慣れてしまった。
フォンフォンと聞いたシャーニッドは爆笑し、ニーナは微妙そうな表情をしていたが、今ではもう殆ど気にならない。

「フォンフォン……」

「なんですか?」

またその呼び名で呼ばれ、レイフォンは疑問を浮かべる。
フェリは何を言えばいいのか、どんな言葉を出せばいいのかわからないような表情で、心配そうにレイフォンを見ていた。
とは言っても、彼女の表情の変化は小さく、とてもわかり辛いが……それをレイフォンはなんとなく理解する。

「怖く……ないんですか?」

そして、やっと繰り出されたフェリの言葉は、たったそれだけの事。
だけどそれで理解し、レイフォンは苦笑しながら応える。

「そりゃあ……怖いですよ。汚染獣戦では一歩間違えば、かすり傷ひとつ負うだけで死ぬかもしれないですから」

汚染獣に対する恐怖。
汚染獣の脅威は今更語るまでもなく、最弱と言う幼生体がツェルニを襲ってきただけで、ツェルニは滅びかけた。
幼生体の甲殻すら破れず、圧倒的な数に押され……敗北しようとした。
今でも思う。もし、レイフォンがいなければと……
その時は自分は、ツェルニ中の人間は全て汚染獣の餌食となっていただろう。

そのレイフォンすら厄介だと言う、今回の汚染獣。
彼が昔使っていた天剣と言う武器があるのなら問題はないらしいが、雄性体は他の武芸者なら間違いなく脅威だ。
雄性体1匹に、ツェルニのような未熟な武芸者ではなく、熟練した武芸者数人、数十人がかりで相手をしなければ勝てないだろう。それを、レイフォンは1人でやると言うのだ。
しかも、かすり傷ひとつ負えば、汚染物質遮断スーツが破ければ、汚染物質で果てるかもしれない都市外でだ。
そんな状況で、恐ろしくないはずがない。

「だけど僕は、そういうのをグレンダンで何度も経験してきましたし、倒す自身もあります」

だがレイフォンは、幼いころからそんな状況に身を置き、天剣授受者と言う最強の称号を与えられたほどの実力を持っている。
そんな彼だからこそ、いや、ツェルニと言う未熟者が集まるこの都市だから、彼以外には出来ない。

「大丈夫ですよ、絶対にツェルニは……フェリは僕が護りますから」

都市と同等に、またはそれ以上にフェリを見て、レイフォンは笑いかける。
武芸をやめたがっていたレイフォンだが、今では『剣』を振る事にはそれほどの迷いはない。
決めたのだ、絶対に、何が何でもフェリを護ると。そのためになら、剣を取ろうと。
そう……例え刺し違えてでも、汚染獣を倒すと。

「……フェリ?」

「……………」

そんな決意を込めて言ったレイフォンの服の袖を、フェリは無言でつかんだ。
変化の少ない表情だが、どこか哀しそうに、今にも泣いてしまいそうに……

「フェリ?」

「……そんな顔、しないでください」

もう一度尋ねたレイフォンの声に、痛烈な声でフェリは言う。
レイフォンは笑っていた。とても優しそうな視線をフェリに向けていた。
だけどそれはどこか儚く、目の前からいなくなってしまいそうな雰囲気があった。

「フェリ……」

「フォンフォン、約束です。絶対に帰って来てください」

「帰るも何も、グレンダンにいられなくなった僕はここ(ツェルニ)以外に帰る場所なんてないんですけどね」

おどけたように、冗談でも言うように苦笑して答えるレイフォン。

「そう言う事ではなく……」

それを否定するようにフェリはつぶやき、考え、次に出した言葉は……

「……そうですね、言い方を変えましょう。ちゃんと帰って来れたら、私と一緒に遊びに行きましょう」

「え……?」

その言葉に、レイフォンは少し意外そうな顔をする。
あのフェリが、まさか自分からレイフォンを誘うなんて思いもしなかったのだ。

「ちょうど、観たい映画があったんです。ですから約束です。ちゃんと帰って来て、私と一緒にそれを観に行きましょう」

これではまるで、デートみたいではないか。
女の子と2人っきりで出かけると言う経験はリーリンとならあるが、幼馴染や兄妹のような感じだったし、そもそも2人ともまだ幼く、そう言う異性を意識していなかった時の話だ。
それがフェリなら、レイフォンが好意を持っている人物となら、話は当たり前だが変わってくる。

「……それは大変ですね。絶対に帰ってこなけりゃいけなくなりました」

またも苦笑し、だけど嬉しそうにレイフォンは笑う。
その笑みを見て安心したのか、小さい表情の変化でフェリも笑っていた。
グレンダンにいた時からは考えられない、そしてこのツェルニに来て本当に良かったという日々を過ごしていくうちに、レイフォンは変わっていた。
自分でも自覚出来るほどに、だからこそこんな日常を護りたいと思えるほどに。



「……兄が来ました」

フェリの笑みが消え、フェリがこちらにやってくるカリアンへと視線を向ける。
レイフォンもそっちに視線をやると、相変わらず薄い笑みを浮かべたカリアンがいた。

「いや、待たせたね。と言うよりも待っているとは思わなかったよ」

「待たなくていいとも言われませんでしたけど?そもそも、あなたは弱いんですから夜道の1人歩きは危険です」

「そうですよ、ずいぶん恨みを買うような事をしているらしいですから、無理やり武芸科に転科させられた生徒が夜道を襲うかもしれませんよ」

「ははは、酷い言われ方だ……と言うか、レイフォン君?冗談……だよね?」

フェリの毒を含んだ言葉に苦笑するカリアンだが、便乗したレイフォンの言葉には流石に笑えない。
もしレイフォンがそれを実行したなら、このツェルニにおいて彼を止められる人物など存在しないのだ。
と言う事は、確実にカリアンは死ぬ。

「さあ?どうなんでしょ?」

冗談を言うように表情がニヤけるレイフォン。
その隣では、フェリも可笑しそうに小さく笑っていた。
少しだけ、いや、かなり変わってきたレイフォンとフェリを見て、カリアンは喜ばしい事か、または恐ろしい事かと本気で悩んでいた。

「その、だね……待っていてもらって悪いけど、実はまだ片付けなくてはいけない事があってね、これから生徒会の方に戻らなければいけないんだ。君達だけで帰ってくれ」

「そう言う事は先に言ってください」

冷や汗を流しながら言うカリアンに、フェリは不機嫌そうに答える。

「まったく、これは私の不注意だったな。すまない。そうだ、レイフォン君は運動して腹が減っているのではないかな?こんな時間までつき合わせたのはこっちの都合だ。フェリ、どこか美味い店に連れて行ってやってくれ」

そう言い、カリアンは数枚の紙幣を財布から取り出すとフェリに渡し、こちらが何かを言う暇もなく学校へと向って行った。

「儲けました」

フェリがレイフォンに向き直り、紙幣を両手で握ってつぶやく。

「では、せっかくですから雰囲気のあるバーにでも行きましょう。夜景を眺めながら2人でグラスを傾けます。ちゃんとホテルのキーを用意してくださいね」

「いや、それは魅力的な話ですが……まだ酒精解禁の学年じゃないですし」

フェリの言葉に、もっともな突っ込みを入れるレイフォン。
それに本当に魅力的な話ではあるが、レイフォンにしろフェリにしろ、そういう雰囲気が似合うようには思えない。
レイフォンはそんな場所が似合うようには思えないし、フェリの透明感のある美しさは、そういう大人の雰囲気とはまた違う。
しかし、では何処が似合うのかと言うと……

(家族向けのレストランかなぁ……)

子供連れの家族がやってくるようなレストラン……
美しさと言う点を考慮しなければ、フェリはませた子供の様にも見える。
文句を言いながら、会計の横にある玩具売り場を気にする……

(うわっ、似合いすぎてるかも)

思わずレイフォンは吹いた。
フェリは美人だし、かわいいと思うが、この光景が意外にも似合ってるように感じた。
いや、フェリだからこそ似合うのだろうか?
だが、どちらにしても、学園都市であるツェルニにそういう家族向けのレストランはない。
学生のうちに結婚し、生まれた子供も少数ながらこのツェルニにはいるらしいが、それでも小数故にない。
玩具屋がないわけでもないが。

「……何か失礼な事を考えていますね」

「とんでもない」

即答したが、レイフォンは吹いていたし、フェリの疑いの眼差しは消えていない。

「まぁ、いいです。家の近くに良く行くレストランがあるから、そこにしましょう。遅くまでやってますし」

不機嫌そうだが、取り合えずフェリは決定事項のように言う。

「はぁ、でもいいんですか?奢ってもらうのはなんだか、悪い気がしますけど」

「いいんですよ。私のじゃなくて兄のお金です。好きなだけ食べてください」

「はは……」

そんな会話を交わしながら、レイフォンとフェリはレストランへと向うのだった。









































重くなった鉄鞭をだらりと垂らし、ニーナは止まらない息に窒息してしまいそうだった。
場所は都市外縁部。夜遅くに暴れても咎められずに、誰も見ていない場所。
そこでニーナは荒い息をつきながら、それを落ち着かせていく。
呼吸は剄の大本だ。乱してはいけない。体にも急に休息を与えてはいけない。
ゆっくりと体を落ち着かせていく。

「……よしっ」

呼吸を整え、ニーナは再び鉄鞭を持ち上げた。
疲れ果て、本当は持っていることすら辛いが、内力系活剄を走らせればまだいける。そのために呼吸を整えたのだから。
汚染獣が攻め入り、それをニーナ達が迎え撃った場所、そして苦戦していた汚染獣の群れをレイフォンが瞬殺したこの場所で、ニーナは1人、鉄鞭を振り続けた。

どうすれば、自分はもっと強くなれるのか?
そう思いながら鉄鞭を振り続ける。
基本の型から、応用技の素振りへと持っていく。
何度も何度も繰り返し、反復練習を続ける。
少なくともこれだけで、多少なりとも身体能力は上昇するだろう。
身体能力が上がれば、それだけ動け、戦闘力が上がる。

「ふっ……はっ、はっ、はっ、はっ……」

またもや荒くなった息を整え、少しだけ休憩を取る。
そばに置いてあったかばんからタオルを取り出し、ニーナは汗を拭う。
入学式の前まではまだ寒く、訓練などで熱した体をすぐに冷やしてくれたのだが、今は夜でも過ごしやすい。徐々に暖かい土地にツェルニが移動しているのだろう。
それだけに、体から熱が逃げてくれない。

吹き出た汗を鬱陶しく思いながら、ニーナはエアフィルター越しに夜景を眺める。仰向けに地面に倒れ、見上げるように。
硬い地面が冷たく、とても心地よい。
夜空には半欠けの月が浮かんでおり、後は底なしの闇が広がっている。
その月に、手が届いてしまうのではないかと思ってしまう。
復元状態の鉄鞭がニーナの左右に転がり、手は空いている。だけど、その手を夜空に掲げるなんて事はしない。
そんなメルヘンチックな事をするには気恥ずかしさを感じるし、届くわけがないとわかっている。

「……遠いな」

だから、そうつぶやいた。
届きそうで、届かない。錯覚と現実の狭間に月がある。
思わず手が届くのではないかと思うが、実際には何億キルメルも離れているのだ。
手を伸ばした程度で、届くわけがない。だが、届かなければいけないとニーナは思う。
手を伸ばすだけで届かないなら、宙を駆け上がってでも……

「ふっ……」

自分の非現実的な考えが可笑しく、ニーナは思わず笑ってしまった。
宙を駆け上がるなんて出来るはずがないし、そんな妄想に意味はない。
意味があるのは、情けないと思うのは、そんな非現実的な手段でしか届かないと思っている自分の弱気だ。

「これでは……だめだ」

今やっていることや、日々の訓練は無駄だとは言わない。それに意味がないとは言わない。
確実に自分の成長に繋がっていると思う。
だが、こんな訓練は今までずっとしてきた。だから続けても、成長はするかもしれないが同じことだ。
足りない……強くなれない。
一足飛びに、劇的に強くなれる方法はないのか?
それこそ妄想、妄言、非現実的な考えだと言う事は理解している。それでも、そう思わずにはいられない。

「くそっ」

今のままでも、十分に強くなれると思う。
時間をかければ、いつかはレイフォンに追いつくことも可能だと信じている。
だが、それにはどれだけの時間がかかる?
1年?2年?まさか……
10年かかるか、20年かかるか、あるいはそれ以上。想像もつかないような膨大な時間が必要だろう。
だが、このツェルニには1年と言う時間すらないのだ。
武芸大会は今年、あと数ヶ月先と言う状況だ。

「間に合わない」

必要なのは未来の可能性などではなく、現在の、今そこにあるものなのだ。
余りにもアンバランスになってしまった十七小隊の均衡を取るために、ニーナは強くならなければならないのだ。
それを出来るのは自分しかいない。ツェルニを護ると決めた自分しか……

「間に合わないのか……」

片手が、ゆっくりと月に伸びる。
メルヘンチックだとか、気恥ずかしいなんて思ったが、あまりにも哀しくなり、思わず手が伸びてしまった。
大気をなでる指先が、視界の中で指に触れる。
空想の中での接触。
幻想の中だけの到達。
そんなものに意味はないとわかっているのに……

「悔しいな」

滲む月を見上げて、ニーナは腕を下ろした。
今にも挫けてしまいそうだ。
諦めてしまいそうだ。
自分には無理だと思い、終わってしまいそうだ。
だが、

「終われるか」

ニーナは挫けない。
ニーナは諦めない。
ニーナは無理だとは思わず、終わらない。

汗を拭い、勢いをつけて起き上がる。

「こんなところで、終わるわけには行かないんだ」

疲労も、想いも、全て振り払ってニーナは起き上がり、鉄鞭を拾い上げた。
夜はまだまだ長い。時間は有限だが、間に合わないわけではない。
そう信じて……

「はっ!」

ニーナは再び鉄鞭を振った。







































次の対抗試合が、今度の休日だと決まった。
だが、やる気のある者が少ない十七小隊はいつもどおり……いや、いつもならやる気と気合十分なニーナの元気がない。
そのことを多少気にしつつも、レイフォンは錬金鋼のレプリカのテストや、カリアンや他の錬金科の技術者を交えた打ち合わせをしていた。
その後にカリアンの奢りで夕飯を何回かご馳走になったが、金を出したのがカリアンというだけで、一度もそのカリアン本人と食事をした事がない。
つまりはフェリと2人っきりでの夕食だったのだ。
そのこと自体は正直嬉しいし、レイフォンも不満はない。
だが、やはり……ここ最近、様子の可笑しいニーナが心配ではある。

「レイフォン、今日は夕食の分も作ってくれ。金はちゃんと出す」

「また行くんですか?最近毎日ですね」

「まぁな」

だけどいつもどおりの生活をし、朝食の準備と弁当を用意していたレイフォンに、オリバーがそう要求をしてくる。
ここ最近、夜遅くまで放置された停留所に通っているオリバー。
そんな彼の分の弁当もついでに、有料で準備をしながら、レイフォンはいつもどおりの朝を迎えていた。

「商業科の知り合いから使わなくなったコンロをもらってな、現在それを取り付け中だ。これだと、放浪バスん中で生活が出来るぞ」

放浪バスというのは、長い間大勢の乗客が都市間の移動中の間を過ごし、ある程度の生活ができる空間がある。
当然1人辺りのスペースは小さいが、オリバーの改造では数十ある座席を取り外し、広いスペースを取る。
その中にガスコンロやら生活用品を詰め込み、設置していくのだ。
放浪バスにはその上シャワーやトイレまでついているので、まさにキャンピングカーとでも言うような代物。
放浪バスで都市間の旅を目指すオリバーにとって、まさにこれ以上ない改造だ。

「それは凄いですね」

「だろ?ところで……レイフォン」

世間話の様にそのことを話していたオリバーだが、何か決意をしたように、真剣にレイフォンを見つめていた。

「頼みがあるんだが」

「なんですか?」

その視線に何事かと思うレイフォンだが、その答えはすぐさま彼によって語られる。

「ミィフィさんの趣味とか好きなものとか、聞き出してくれないか?」

「断られたのに、諦めてないんですか?」

「もちろん!」

ミィフィに一目惚れ、即刻告白、プロポーズをしたオリバー。
自分の気持ちを馬鹿正直に伝えたために、ミィフィに殴られて断られたものの、オリバーは全然諦めていなかった。
むしろ更に燃え上がったかのように、その想いを更に強固なものへとしていた。

「恋はいつも突然!ああ、こんな気持ちはツェルニに会った時以来だ!ツェルニは電子精霊だから諦めてたけどさ、ミィフィさんは生身だよ、人間なんだよ!!あの未発達な体を、俺の思い通りに出来るって想像しただけで……たまらん!」

「……………」

なんだろう?
この危険人物は友人のためにも、ここで息の根を止めた方がいいのだろうか?
半ば本気で、そんなことを思うレイフォンだった。

「まぁ、冗談はさておき、そろそろ俺は行くか」

「ホントですか?」

思わず剣帯に伸びた手を引っ込め、レイフォンは問う。
オリバーはホントだと苦笑しながら答え、レイフォンの用意した弁当をかばんに詰める。

レイフォンも学校に行く準備をし、いつもどおりに学校へと向う。
ただ、この日ばかりはいつもどおりには行かなかった。
汚染獣への接近はもうすぐ。
そして今夜、あんな事が起こるのは予想外だったからだ。




































「またやっちまった……」

夜も遅い。と言うか、殆ど朝だった。
今はまだ暗いが、あと2,3時間もすれば日も昇るだろう。
だが、時間的には、個人の感覚的には夜。
そう思いながらオリバーは、いつもの様に放浪バスの修繕、改造を終えて帰路へとついていた。

「こりゃ、今日もサボるか?一眠りしてなんかつまんだ後、適当に授業受けて……」

独り言をつぶやくようにオリバーは思考し、歩く。
放浪バスの出来は中々で、いつ外を走っても大丈夫だろうと思う。
出来れば許可などを取って、テスト走行をしたかったのだが……まぁ、そこら辺は追々考えるとする。
しかし、今現在の問題と言えば……

「やっぱ、資金不足だよな……」

部品などは同じく放置された物を使っているとは言え、やはり改造にはそれなりの費用がかかる。
オリバーは週3,4日くらいバーでバイトはしているのだが、その給金は殆ど学費や生活費で消えてしまう。
だからたまに、自分の知識を生かして格安の機械メンテナンスのバイトをやったりもするが、格安故にその収入は多くはない。

「金の入りがいいし、機関掃除でもやるかな?だけどあれはきついし……だが、ツェルニに会えるんだったらいいかな?」

そんなことを考えながら、オリバーは歩く。
すると、それは偶然だった。

「ん……ありゃぁ……?」

暖かくなっているとは言え、夜は寒い。
だと言うのに何も羽織らず、武芸科の制服だけの姿をし、スポーツバックを持った彼女を見たのは。

「確か……エリプトン先輩とレイフォンとこの小隊の……隊長?」

確か、ニーナ・アントークとか言ったか。
こんな時間、彼女は一体何処に行くのだろうか?

「ま、俺には関係ねぇか。帰って寝よう」

そう思い、オリバーは気にせずに寮へと戻る。















はずだったのだが……

「何してんだ俺?これじゃストーカーじゃねぇか。ちっちゃくてかわいい子を追うならともかく、ホントに何してんだ俺?」

後半の場合も何をしているのか問い質したくはなるが、ニーナの後を何気なく追いかけるオリバー。
殺剄すら使わない粗末な尾行だが、それでも小隊隊長であるはずのニーナは気づかない。
それにも不審に思ったが、それよりもオリバーが不審に思ったのはニーナの疲労具合だ。
機関掃除のバイトの後と言うこともあるのだろうが、どうやらそれだけではないような気もする。
なんと言えば言いのか、すごく隙だらけだった。

「どこ行くんだ?」

ニーナはずっと、都市の外側へと歩いていた。
外縁部へ向い、一直線に歩いていく。
最初はそちらに住居があるのかと思ったが、だんだんと人気のない場所へと進んでいく。
怪しいと、オリバーが思っていると、ニーナは建物が一切ない、広場の様になっている外縁部へと辿り着く。
そこに着きニーナは、スポーツバックを地面に置いて錬金鋼を復元した。

「おいおい、こんな時間に自主トレかよ?小隊隊長ともなると真面目だねぇ……」

活剄を走らせ、素振りをするニーナを見て、オリバーはそうつぶやく。
どこか鬼気迫ったように、まるで芸術でも見ているかのように思えるニーナの動き。
型をやり、あらゆる攻め、あらゆる防御の動きをする。
これでもオリバーは武芸科である。だからこそわかる、彼女の動きの凄さが、美しさが。
流石は3年生で小隊隊長を勤める、美しき才女だ。
まぁ……美しいとは、美人とは思うが、オリバーの好みではないのだが……
しかし魅せられる。
なんで自分がここにいるのか、ニーナを尾行しようと思ったのかを忘れ、観ていた。
一流の舞い手が世界全てを観客にして踊っているような、狂ったような戦士が世界全てを敵にして戦っているような、そんな矛盾した感想を抱きながら。

「すげーな……」

だと言うのにオリバーは気づかない。
鬼気迫るその動きに魅せられ、その悲しさに。
がむしゃらなニーナの動き。だけど彼は気づかない……
オリバーは武芸者だが、ニーナが何を考えているかなんて知らない。考えもしない。
ニーナが何を考えていようがオリバーには関係ないし、彼女が悩んでいるという事すら知らない。
今日、偶然ニーナの姿を見て、ただ気になったから後を追いかけてきただけなのだ。

「あ……」

だから、気づけるわけがなかった。

「え、まじ?ちょ、大丈夫ですか!?」

ニーナの動きに魅せられ、舞い手の踊りが止まるまで……狂った戦士が戦いをやめるまで……ニーナが倒れるまで……
オリバーは気がつかなかった。







































あとがき
今回はフェリ成分、そしてニーナの心境を真面目に書いたつもり(汗
しかしニーナが倒れたところを目撃したのは、オリバーです。
いや、ですがオリバーにフラグは立ちませんよ。立つのはもちろんレイフォンです。
まぁ、レイフォン×フェリなこの作品ですので、簡単にバキボキと折れますがw

次回は主人公にニーナとのフラグを立ててもらって、汚染獣の討伐へGoですね。
レイフォン無双は見られるのか?
フェリのために生きて帰る気満々のレイフォン!その戦果は!?



[15685] 11話 決戦
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:9a239b99
Date: 2011/09/24 23:54
「案外早かったな」

「隊長は!?」

倒れたニーナを病院へ運び込んだオリバーは、その後レイフォンに連絡を入れていた。
そしてレイフォンはと言うと、同じ寮のレイフォン以外の連絡先を知らないオリバーの代わりに他の隊員達に連絡を入れ、すぐさま病院へと駆けつけたのだ。

「剄脈の過労だとよ。たっく……教科書にも載ってるそんな初歩的な倒れ方を、まさか小隊隊長がやるとはな」

「そうですか……」

オリバーにニーナの容態を尋ね、彼は先ほど医師から聞いた話をレイフォンに説明していく。
つまりは、無茶な訓練や内力系活剄をしていたので、体にガタが来ていたらしい。
幸い重症ではなく、しばらくは動けないだろうが、何日かでちゃんと治るし、後遺症などは残らないらしい。
ただ、流石に次の対抗試合は無理だそうだ。

「……仕方ないですね」

「ん、口の割にはそこまで残念そうじゃないな」

「まぁ、対抗試合と言っても本番ではないですし、ハッキリ言ってどうでもいいですから」

こう言ったらニーナは怒るだろうが、レイフォンにとっては腕試しの対抗試合なんてどうでも良い。
大事なのは本番、武芸大会の試合なのだ。
当初はツェルニを護ると言う事に意義を感じられないと言うか、そもそも武芸をやめようとさえ思っていたが、現在はこのツェルニでの生活を気に入っている。
ツェルニをと言うよりも、フェリや友人達との生活を、だが。
だからこの都市が滅びるのは困るので、大事なのはツェルニの存続が懸かる武芸大会。
そして、その武芸大会はレイフォンがその気になれば1人で、速攻で片付けられる。
故に、学内で行われる対抗試合にそこまで興味を持っていないレイフォンだった。

「ま、お前がどう思ってようと関係ねぇけどさ、後1時間ほどしたら鍼を抜くとよ。そしたらもう、大丈夫らしい」

「あ、そうなんです……かぁ!?」

オリバーに言われて、気づく。
ここはニーナの病室であり、レイフォンが中に入ると当然ニーナと、ここまで彼女を運んで様子を見てくれていたオリバーがいた。
ニーナはベットにうつ伏せに寝かされ、その背中に、手の甲、足の踵といたるところに治療用の鍼が刺されている。
鍼治療と言う奴なのだろう。剄脈と言う、未だ人体で解明されていない器官の治療法でポピュラーなものだ。
だが、彼女の着ている病院着と言う服は薄く、証明に照らされて透ける白い下着が見え、レイフォンは思わず頬を赤くしていた。

「初心だな。たかが透けて見える下着でその反応かよ?」

「そう言うオリバー先輩はなんで平気なんですか?」

鈍感などと称されるレイフォンだが、こう言うのにはあまり耐性がなかったりする。
そんな彼を見て嘲笑うオリバーで、レイフォンの問いには平然としたまま答えた。

「小さい子以外に興味はねぇ。そして、今時下着くらいじゃそこまでの反応はしないだろ」

後半はともかく、前半はどうなのかと激しく思う。
この男、本当にどうにかしなければいけないのだろうかと。

「あ、でも、ミィフィさんの下着は見たいかな」

冗談を言うように笑うオリバーを見て、レイフォンは本当にどうするべきかと思っていた。

「ニーナは?」

その時だ、ニーナの幼馴染であるハーレイが病室に入ってきたのは。

「今は眠ってます」

「そう……大丈夫かな?」

「医者が言うには心配ないみたいです。ただ、次の試合は無理だそうです」

「それは仕方ないね」

「僕が言うのもなんですが、残念じゃないんですか?」

「大事なのは本番じゃない?」

「ですね」

レイフォンに説明を受け、ハーレイはひとまず安堵の息をつく。
次の対抗試合に出れないのは残念だが、何事も健康が第一だ。
体を壊しては元も子もないし、本番ではない対抗試合で体を壊して、本番の武芸大会で試合に出られなければ本末転倒だ。
だからその程度なら、残念ではあるけど何の問題もないだろう。むしろ、この程度で済んでよかったと言える。

「……シーツとか、かけられないのかな?」

「いや……かけたら鍼が……」

「だよね……」

そしてハーレイも、ニーナの姿を見て赤面する。
視界の隅ではオリバーが小さく笑っているが、ニーナは言うまでもなく美人である。
そして透けて見える下着と、うつ伏せに寝ているために自分の体と、ベットの間に挟まれている胸がなんと言うか……少し官能的な魅力を放っていた。

「さて、サットン先輩も来た事だし、俺はそろそろ帰るか。いい加減……もう眠い」

「あ、オリバー先輩、ありがとうございます。お世話になりました」

「なんのなんの、これくらい気にすんな」

そう言って、オリバーは席を立つ。
時間も明け方、しかも昨夜からの放浪バスの修繕や改造で徹夜をしていたので寝ていない。
帰ったらすぐに寝ようと思う。

「ま、礼なら今度の弁当、一食分くらいはサービスしてくれると嬉しいがな」

「そのくらいなら喜んで」

「ホントにありがと、オリバー」

「いえいえ、サットン先輩も今度いい部品を見つけたら、俺に教えてくださいよ」

「わかったよ」

そう言い残し、オリバーは去って行く。
どうでもいい事だが、彼はハーレイとも面識があった。
オリバーの夢や、たまにやる副収入的バイトの関係で技術者であるハーレイと知り合い、あれこれと相談したり、談笑したりするらしい。
そんな彼が出てしばらくすると、控えめなノックが病室の扉を叩いた。

「……何してるんですか?」

オリバーと入れ違いになる形で入って来たフェリが漏らしたのは、そんな言葉。
それはニーナを見ないように壁を見ている2人の男に、冷たく投げかけられた。
そして、彼女の問いに答えられないレイフォンとハーレイを放って、フェリはニーナの様子を伺う。
無事らしいのを確認し、更に彼女の横顔に顔を近づけた。
まるで、本当に眠っているのか確認するように。

それが終わると、横目でフェリとニーナの様子を見ていたレイフォンに近づき、フェリは彼の正面に回る。
そして無表情なまま、どこか冷たい視線のまま、思いっきりレイフォンの足に蹴りを入れる。ご丁寧に脛を狙って。

「いたっ!?」

「スケベ」

「見てませんよ……」

「その返事が出るあたりが、スケベです」

「そんな理不尽な……」

蹴りを入れられた事にレイフォンが不満を漏らすと、フェリは不機嫌そうなまま言う。
レイフォンがニーナの姿を見たと思ったのだろうか、その視線がかなり冷たい。
いや……アレは冷たいと言うよりも怒っている方が正しい。
不機嫌そうなのも、どちらかと言うと焼いているのだろう。
もっともその意味に、レイフォンが気づく事はなかったが。

「まぁ、そんなことはどうでもいいです……それよりも」

不機嫌なままハーレイも含めて、フェリはかばんから大きな書類封筒を取り出した。

「兄から預かってきました」

封筒ごと渡され、レイフォンはそれを確認する。
大体、中身を空ける前に予想はついていた。
そして、ニーナが狸寝入りなどをしていないかとフェリは確認したのだろう。
封筒の中に入っていたものは、写真だった。

「昨夜、二度目の探査機が持ち帰ったそうです」

写真の写りは良くないが、写しているものはこの間と同じだ。
前よりも綺麗に写っているのは、それだけ都市が近づいたのだろう。
こうなれば、見間違えたりはしない。汚染獣だ。
おそらく雄性体の……何期かまではレイフォンには判別できないが、このまま行けば確実に遭遇する。

「都市は……ツェルニは進路を変更しないんですか?」

都市は汚染獣を発見した場合は、それを避けて移動する。
グレンダンの場合はその真逆をしているのかと思うほどだが、世界中にあるレギオスが通常はそうするのだ。
だが、フェリは小さく首を振って答えた。

「ツェルニは進路を変更しません。このまま行けば、明後日には汚染獣に感知される距離になるだろうとの事です」

明後日……休日で、しかも試合日だ。
どっちにしても、対抗試合は棄権しなければいけなかったらしい。
カリアンに何か言えば何とかしてくれるかもしれないが、どの道ニーナがこのような状態なら意味はないだろう。
それはさておき、写真を封筒に戻し、レイフォンはフェリに返した。

「複合錬金鋼(アダマンダイト)の方はもう完成したから、いつでも行けるよ」

「戦闘用の都市外装備も改良が終わったそうです。兄は出来るなら、明日の夕方には出発して欲しいと」

「わかりました」

ハーレイとフェリの報告を聞き、レイフォンは頷く。
前から実験していたあの武器は、複合錬金鋼と名づけられたらしい。自分が使うというのに、今まで知らなかった。
自分の命を預ける武器にそのような感情を向けるのはどうかと思うが、レイフォンは刀ではなく剣を握った時からそんな感じなのだ。
武器に無頓着と言うか、そこまで興味がないと言うか……無論、そんなことは口にしないが。

「フォンフォン……」

「なんですか?フェリ先輩」

名を呼ばれ、レイフォンはフェリを見る。
彼女の無表情に近い、とても心配そうな顔を見て、レイフォンは気丈に振舞った。
フェリの表情の変化は小さいが、最近ではフェリがどんな表情をしているかは理解できる。
ただ、流石に心の内まではわからないが。と言うか、わかればエスパーである。

「約束……ですよ?」

レイフォンはエスパーではないが、今、彼女が何を言いたいのかはわかる。
約束……無事に帰って来て、フェリの観たがっている映画を一緒に見に行くと言う事。

「わかってますよ。破るわけないじゃないですか」

レイフォンは笑いかけ、フェリに言う。
とても優しい、柔らかい笑み。
その笑みに少しだけ、フェリも安堵を感じてくれたらしい。
ここがニーナの病室だという事も忘れ、ハーレイが居心地が悪そうに側にいることも忘れ、2人は小さく笑い合った。

































「ここは……?」

呆然とした声に、レイフォンは水を替えた花瓶から目を離した。
声の主は、鍼を抜かれてシーツに包まって寝ていたニーナだ。
時刻はもう夕方。未だに意識がハッキリしていないニーナに、レイフォンが答えた。

「病院ですよ」

「病院……?」

「覚えてませんか?」

「……いや……」

思考がしっかりとし始め、ゆっくりと何があったのかを思い出していくニーナ。
そして思い出したのか、ニーナは小さいため息をついた。

「そうか、倒れたんだな」

「活剄の使い過ぎだそうです」

オリバーに受けた説明を、その後別に、同じ小隊のメンバーだからと詳しく医者に受けた説明をニーナにするレイフォン。
その言葉を聞き、ニーナは皮肉気に言った。

「無様だと、笑うか?」

「笑いませんよ」

別に自主トレ自体は悪いことではない。まぁ、確かにやり過ぎで倒れてしまうのは洒落にならないが。
だが、レイフォンはそう言う事を嘲笑う性格ではない。

「私は、私を笑いたいよ」

だが、ニーナは苦々しい表情のままつぶやく。

「無様だ……」

「僕は、そうは思いませんよ」

「なぜ?」

レイフォンの言葉に、苛立ちを混ぜながらニーナは問い返した。
それにレイフォンは、淡々と答える。

「冷たい言い方かもしれないですけど、死にかけないとわからないこともあります。それは誰に助けてもらう事も出来ないものかと」

「そしてこれか?」

自嘲気味な言葉に、レイフォンが頷く。
そもそも、レイフォン自身も似たような経験はしていた。
先日の汚染獣襲撃の時、幼生体に猛威を振るっていたあの鋼糸。
あれはレイフォンがまだ天剣になったばかりのころ、同じ天剣であり、その中でも最強と呼び声の高いリンテンス・サーヴォレイド・ハーデンに教わったものだが、一時期調子に乗って、ニーナと同じような経験をしたのだ。
それで腕を切り、入院もした。その傷は今でも残っている。あの時は、リンテンスに酷い罵倒や罵りを受けたのだ。
だが、それ故に笑わないし、笑えないわけでもある。
先ほど言ったとおりにレイフォンの性格もあるが、笑えば自分を馬鹿にしているようなものだ。

「……次の対抗試合は、棄権する事になりました」

「……そうか」

話を進めるために述べたレイフォンの言葉に、ニーナは落ち込んでいるようだが、最初からわかっていたと言うように頷く。
このような状況で、対抗試合に出られるわけがない。

「無駄な時間を過ごしたのかな……私は?」

「無駄でしたか?」

どんな訓練や練習にも、無駄はない。
短い時間でもちゃんとためになるし、実を結ぶ。
それが開花するかどうかは本人しだいだが、無駄ではないとレイフォンは思う。

「勝ちたいから、強くなりたいんだ。なら、無駄じゃないのか?」

だが、ニーナは違うらしい。

「たかが予備試合に出場できなくって、負けなんですか?」

「そんなわけがない!」

オリバーやハーレイ達にレイフォンも言ったが、それは彼女も同意見らしい。
勢いよく半身を起こして、ニーナは怒鳴るように言う。
だが、彼女を全身の筋肉痛が襲い、表情を歪め、そのままベットに倒れこんだ。

「……それでも、私は勝ちたいんだ。強くなりたいんだ。こんなところで立ち止まってて、本番で何も出来なければ話しにならない」

「そうですね」

「じゃあ、無駄じゃないか」

ニーナはこちらを見ない。いや、最初からだ。
病室の窓を向き、室内に入り込む夕日を見ていた。

「……最初は、私の力が私の力が次の武芸大会に勝利するための一助けになればいいと思っていた」

レイフォンに視線を向けないまま、ニーナがつぶやく。

「だが、少しだけ欲が出た。お前が強かったからだ。単なる助けでなく、勝利するための核になれると思った。何の確証もなく、十七小隊が強くなったと思ったんだ。笑ってくれ」

皮肉に言い、自暴自棄に言うニーナ。
それをレイフォンが、笑えるわけがなかった。

「だが、負けてしまった。当たり前の話だし、負けて逆にありがたいと思った。私の間違いを、あの試合は正してくれた。だが、その次で私は止まった……なら、勝つためにはどうすればいい?」

小隊が強くなればいい。
簡単で単純な答えだが、レイフォンはそれを口にはしない。
ニーナがそこでどう思ったか、なんとなくわかった。だから彼女は、あんな無茶な訓練をしたのだろう。
小隊戦(集団戦)の強さとは、そのままチームワークが現している。
個人が強くても、その強さを活かす土壌がなければ意味がない。それを、この前の試合で見せ付けられた。

「私は、私が強くなればいいと思った。お前と肩を並べる事が出来なくても、せめて足手まといにならないぐらいには強くならなくてはと思った。だから……」

だから強くなろうと思った。だから個人訓練を増やした。
その訓練を目撃したオリバーに聞いた話だが、ニーナは機関掃除の後にその自主トレをしていたらしい。
学校に行き、授業と武芸科での訓練。更に放課後には小隊の訓練があり、おそらくその後もニーナは個人訓練をしていたのだろう。
さらに真夜中の機関掃除のバイトをして、それが終わってから自主トレをすれば……一体、いつ寝ていたのか?
確かに内力系活剄をすれば何日か眠らなくても平気だが、そんなことをすれば当然、体に負荷がかかる。
それを続ければ確実に体を壊す。だからこそ、ニーナはこうなってしまったのだ。

「だが、それもやはり無駄な事だったかもしれないな」

ニーナは、そう締めくくる。
まるで、愚かな自分を笑ってくれと言うように。
いっその事、そのほうが楽だと言うように。
だが、レイフォンは笑わない。

「……剄息の乱れは認識できましたか?」

「ん?」

そんなニーナに、強くなりたいと言う彼女に言えるのはこれくらいの事だ。

「剄息です。自主トレ中、苦しかったんじゃないんですか?」

「あ、ああ……」

いきなりの話題の変化に、返事をするニーナに戸惑いがあった。
だけど、それに構わずレイフォンは続けた。

「剄息に乱れが出るということは、それだけ無駄があるって事です。疲れを誤魔化すために活剄を使っていれば、乱れが出るのは当たり前なんです。普通に運動する時に呼吸を乱してはいけないのと同じです。最初から剄息を使っていれば、常にある程度以上の剄を発生させるようになります。剄脈は、肺活量を上げるのとは鍛え方が違います。最終的には活剄や衝剄を使わないままに、剄息で日常の生活が出来るようになるのが理想です」

「レイフォン……?」

「剄を形にしないままに剄息を続けて、普通の生活をするのは結構辛いですけど、出来るようになったらそれだけで剄の量も、剄に対する感度も上がります。剄を神経と同じように使えるようにもなる。剄息こそ、剄の基本です」

剄息こそ剄の基本。
それは武芸科生徒用の教科書の、最初の方に載っている説明だ。
だが、教科書に載っていない事も言っている。剄息のまま日常生活を送れなんて、教科書のどこにも書かれていない。
そしてこれから、レイフォンが言う事も。

「剄脈のある人間が武芸で生きようと思ってるのなら、普通の人間と同じ生態活動をしてることに意味はないんです。呼吸の方法が違うんです。呼吸の意味が違うんです。血よりも剄に重きを置いてください。神経の情報よりも剄が伝えてくれるものを信じてください。思考する血袋ではなく、思考する剄と言う名の気体になってください」

淡々と、レイフォンが告げていく。
ニーナは黙ったまま、その言葉を聞いていた。

「武芸で生きようと思っているのなら、まず、自分が人間であると言う考えを捨ててください」

一般人と、武芸者は違う。
武芸者は化け物だ。一般人を殺そうと思えば簡単に実行できるほどに。
汚染獣と言う脅威と戦うための強大な力を持った、人の形をした怪物なのだ。
だから、強くなりたければその考えを捨てなければならない。
だけど、その事を忘れてもいけない。

「僕が先輩に伝えられる物があるとすれば、これだけです」

今はその意味は伏せて置き、レイフォンは無理やり作った笑みでニーナに言う。
無理やり作った笑みだから、たぶん強張っているだろうと思って頬が気になった。

「気づいています?シャーニッド先輩が新しい錬金鋼を用意してるの」

「え?」

その言葉に、ニーナが驚く。
レイフォンも今ならばわかる。シャーニッドもニーナと同じように、何か思うところがあったのだろう。

「シャーニッド先輩は銃衝術が使えるみたいですね。実力の程は知りません。それは後で先輩が確認してみてください。でも、もしかしたら戦術の幅が広がるかもしれませんね。全員が前衛って言う超攻撃型の布陣を敷く事も出来るし、逆に先輩を後ろに配置させる事も出来ます。戦術の方は、僕は頭が悪いんでこんな事ぐらいしか思い浮かばないし、それが正しいのかもわからないので、先輩に任せますけど」

「……………」

「僕は自分1人での戦いは心得てますけど、集団戦はまるで駄目です。すぐ側にいる誰かを気にしながら戦うのは苦手です。正直、野戦グラウンドは狭いと感じるぐらいです」

「レイフォン……」

今まで天剣として、たった1人で戦ってきたレイフォンだからこその悩み。
戦場では独りだった。
汚染獣の、老性体六期なんて言う化け物と戦った時は天剣3人がかりだったが、共闘したのはそれくらいである。
故に、集団戦と言うのはどうも苦手だ。

「指示をください。その指示を、僕は出来る限り忠実にこなしてみせます。シャーニッド先輩も、先輩なりに何か考えてるみたいです。フェリ先輩は……がんばりましょう」

最後ばかりは、誤魔化すように笑う事しか出来なかった。
フェリはやる気がないし、別にそれをレイフォンは責めようとは思わない。
彼女には彼女の考え、思いがあるのだし、念威操者以外の道を探している彼女からすれば当然なのだろう。
レイフォンはそれを、心から応援したいと思っている。

「僕達が最強の小隊になれるかどうかは、先輩しだいです。それとも……僕達は必要ありませんか?」

「馬鹿な……そんな事……」

言いかけて、ニーナは口をつぐんだ。
ここ最近の、自分の行動を思い出したのだろう。
自分1人で強くなろうとして、一切部隊を省みなかったのだ。そう取られてもおかしくないし、隊長として失格とも言える。

「そうだな……反論のしようもないな」

「先輩が強くなりたいのには、何一つ反対はしません。僕に出来る事があるならばします。僕がやった剄息の鍛練方法を教えるぐらいですが……それ以上の事は僕から盗めるものだけ盗んでください」

言って、レイフォンはその気恥ずかしさに思わず笑ってしまう。
自分は一体何様なのかと。だが、自分がニーナより強いのは事実だし、これが自分に出来る最善の方法だと思う。
それ以外の方法を考えるには、レイフォンの頭には荷が重すぎた。

「そうだな……私はぐらついてただけなんだな」

ニーナがつぶやき、レイフォンが考えを止める。

「私達は仲間なんだ。だから、全員で強くなろう」

その言葉を聞き、レイフォンは笑顔のまま頷くのだった。







































「まるで、遺言みたいでしたね」

「え?」

レイフォンは闇の中、荒れ果てた大地をランドローラー、2輪でゴムタイヤの乗り物に乗り疾走していると、都市外装備のヘルメットに接続されている念威端子からフェリの声が聞こえた。
彼は現在、都市の進路の先にいる汚染獣を目指して走っていた。

「病室での言葉……盗み聞きしました」

あっさりとした自白だ。
盗み聞きは当然褒められる事ではないが、レイフォンは別に怒りは感じないし、むしろ苦笑するように返した。

「遺言なんかじゃないですよ」

フェリの言葉を、笑い飛ばすように。

「でも、そう取られてもおかしくないシチュエーションでしたよ?」

「そうかな?」

「そうです」

だが、フェリは笑えない。
おそらく、本当にレイフォンのことを心配しているのだろう。
だが、レイフォンはもとより遺言になんてするつもりはない。

「約束したじゃないですか、ちゃんと帰ってくるって」

フェリとの約束。行く前にも病室で、ちゃんと確認した事だ。
帰って来て、フェリと一緒に映画を観に行く。
だからこそレイフォンは、死ぬつもりなんてない。

「絶対……ですよ?」

「絶対に絶対です」

念威端子越しなので見えないが、おそらく不安そうな表情をしているであろうフェリに向け、レイフォンは見えなくとも柔らかい笑みで、安心させるような言葉で答えた。
固く決意し、約束を交わして、レイフォンは戦場へと赴く。







































カチャリと音を立てて、病室のドアが開く。

「よっ、ニーナ。元気?」

「病人に尋ねる質問ではないと思うが?」

「まったくもってその通り」

軽薄な笑みを浮かべて入ってきたのは、シャーニッドである。
その後にハーレイも続いていた。
ニーナは手にしていた本を傍らに置き、シャーニッド達に視線を向ける。

「なに読んでんだ?って、教科書かよ。しかも『武芸教本Ⅰ』って……なんでんなもんをいまさら」

「覚え直さなくてはいけない事があったからな」

「はは、ぶっ倒れても真面目だねぇ」

入学当初使っていた古い教科書を見て、シャーニッドが呆れたように肩をすくめる。

「それよりも、今日は試合だろう?見に行かなくていいのか?」

「気になるんなら、後でディスクを調達してやるよ。こっちはいきなりの休みで、デートの予定もなくて暇なんだ」

ならば試合を見に行けと言いたいが、シャーニッドがそういう性格ではないことをニーナは知っている。
しかし、それよりもニーナには気になる事があった。
シャーニッドの言葉に苦笑を浮かべるハーレイが、その笑みが何故か精彩を欠いている様な気がしたからだ。

「しっかし、過労でぶっ倒れるとはね。しかも倒れてなお、真面目さを崩さんときたもんだ。まったくもって我らが隊長殿には頭が下がる」

「……すまないとは思っている」

シャーニッドの言葉に項垂れようとするニーナだが、当のシャーニッドはいやいやと言う。

「いまさら反省なんざしてもらおうとは思ってねぇって。そんなもんはもう、散々にしてるだろうしな……それにな、今日は別の話があって来たわけ。悪いけど、見舞いは二の次なのよ」

「別の話?」

その言葉に、ニーナが疑問を浮かべる。
シャーニッドは、何のつもりかわからないが2丁の錬金鋼を抜き出した。

「一度は小隊から追っ払われた俺が言うのもなんなんだけどな……」

手に余るサイズの錬金鋼を器用に、両手で回しながらシャーニッドは続ける。

「隠し事ってのは誰にでもあるもんだが、どうでもいいと感じる隠し事とそうじゃないってのがあるんだわ。どうでもいい方なら本当にどうでもいいんだが、そうでもない方だと……な」

早業だった。一瞬の出来事だった。
この場にいる誰にも反応できない速度で戦闘状態に復元させた錬金鋼を、2丁の銃の片方を背後にいたハーレイに向けたのだ。

「シャーニッド!」

ニーナが叫ぶ。一体何のつもりなのかと。
このような暴挙を行っているシャーニッドは、代わりのない笑みを浮かべたままだ。
ハーレイは、いきなりの事態に硬直していた。

「そんなもんを持ってる奴が仲間だと、こっちも満足に動けやしない。背中からやられるんじゃないかと思っちまう。例えば今だと、こいつが暴発すんじゃないか……とかな」

シャーニッドの目が、ハーレイの額に押し付けられた鎌金鋼へといく。
これでは、まるでハーレイに疑いを持っていると言う様なものだ。

「馬鹿な」

それをニーナが否定する。

「ハーレイは私の幼馴染だ。こいつが私を裏切る様な事をするはずがない」

「俺だってこいつの腕を疑っているわけじゃない。裏切るとか思ってるわけじゃない。だがな、たぶん、仲間外れなのは俺達だけなんだぜ」

「なに?」

話の流れがわからず、ニーナはハーレイを見た。
ハーレイがニーナ達を裏切るはずがない。それは本当だろう。
だが、何かを隠しているのは確かなようだ。
錬金鋼を突きつけられ、強張った表情のハーレイには、どこか諦めの様な色が混じっていた。

「ハーレイ?」

「……ごめん」

ニーナの問いかけに、ハーレイは観念した様に謝罪する。

「お前がこの間からセコセコと作っていた武器、あれはレイフォン用なんだろ?あんな馬鹿でかい武器、何のために使う?」

シャーニッドの言葉を聞き、ニーナはいまさらながらハーレイが大きな模擬剣を練武館に持ってきていたことを思い出した。
しかも、今、シャーニッドに言われるまで疑問すら抱かなかった。
それほどまでに自分は、小隊の事を気にしてもいなかった。
レイフォンに必要ないのかと聞かれたが、これではそのように取られても仕方がないと、改めて再認識してしまう。

「馬鹿っ強いレイフォンにあんな武器持たせて、何するつもりだ?大体の予想はついているし、だからこそフェリちゃんもそっち側だって決め付けてんだが、出来ることならお前の口から言って欲しいよな」

「ごめん……」

シャーニッドの促しに、ハーレイは再び謝罪し、唇が閉じられた。
その様子を、ニーナは黙ってみていることしか出来なかった。
そのハーレイの唇が開かれ、その内容を聞く。
それを聞いて……ニーナはこんなところでじっとしているわけにはいかなくなった。

「エリプトン先輩。いきなりの呼び出し、何ですか?ひょっとしてこの間の話の女の子を紹介してくれるとか?あいにく、現在は心に決めた子がいまして……出来れば、その子とのデートのセッティングを手伝ってくれると嬉しいんですけど……」

そんな時だった、シャーニッドが呼び出したオリバーが、ニーナの病室に入ってきたのは。

「んじゃ、やる事は決まったな。足も確保した事だし」

「は?」

「行くか」

事情を知らないオリバーを無理やり連行し、シャーニッド達はレイフォンの元へと向かった。









































丸1日走り、仮眠や、携帯食の味気ない食事を済ませた後、レイフォンは何もない大地に立っていた。
汚染され、荒れ果てた大地。
唯一あるのは、荒れ果てた岩山と、戦わなければならないだろう相手。
胴体がわずかに膨らんでいるが、頭から尻尾まで蛇の様に長い。胴体には二対の昆虫のような翅が生えている。
とぐろを巻いた胴体のあちらこちらに足が生えているが、それはかなり退化しているのか、足としての意味を成していないものだった。
頭部の左右に目をやる。汚染獣は、複眼の目をしていた。白い膜の様なものがかかっていて、うすらぼけていた。
レイフォンと言う、汚染物質よりもはるかに高い栄養価の餌がすぐそこにあると言うのに、汚染獣は反応を見せない。まるで死んでいるかのように。
それがもし、事実だったらどんなに幸運なことだろうか?
だが、それを現実が、死んでいる様に見える、動かない汚染獣から放たれる存在感が否定する。

「どうですか?」

フェリの声が耳に響いた。
ついていない、本当についていない。
生きようと思ったのに、ちゃんと帰ると約束したのに、最悪な気分だ。

「四期か五期ぐらいの雄性体ですね。足の退化具合でわかります」

「そういうものなのですか?」

「汚染獣は脱皮するごとに足を捨てていきますから……あ、雌性体になるなら別ですよ、あれは産卵期に地に潜りますから」

なるほど、その時に足で地面を掘って地に潜るのだろう。
それは理解した。だが、そんな事はどうでもよい。
フェリは何故か、とても嫌な予感を感じていた。

レイフォンは2本の錬金鋼を取り出し、右手で複合錬金鋼を握った。

「老性体になった段階で足は完全に失われます。この状態を老性一期と呼んでいます。空を飛ぶ事に完全に特化した形になります。もっとも凶暴な状態でもあります。そこから先、老性二期に入ると、さらに奇怪さを増します。姿が一定じゃなくなる」

「フォンフォン?」

フェリは隠せない不安を抱きながらレイフォンに尋ねる。
そのレイフォンは焦らずに、ゆっくりと活剄を流し、体に慣れさせていく。
いまさら焦っても、意味はない。

「姿が一定でなくなるのと同じ様に、強さの質も同じではなくなります。本当に気をつけるべきなのは老性二期からです。そこまでなら、今までと同じ方法で対処できる」

「どうしたのですか?」

フェリの言葉に戸惑いが含まれる。
不安で、今すぐにでも泣いてしまいたいほどだ。
だが、それを無視してレイフォンは続けた。

「滅多に出会えるものじゃない。だから気をつける必要なんてないのかもしれない。気をつけようもないのかもしれない。でも、知っているのと知らないのとでは違いがある。知っておけば何か出来るかもしれない。老性二期からは、単純な暴力で襲ってこない場合もあるって言う事を」

「フォンフォン……何を言っているんですか?」

「遺言になるかもしれない言葉です」

「なっ……」

その言葉に、フェリは怒鳴りそうになった。
ふざけるなと叫びたかった。
約束をしたのにと、問い詰めたくなった。
だが、それは戸惑われてしまう。

汚染獣が動き出した。
ピシリと言う空気に皹でも入ったのかという音が聞こえ、汚染獣の鱗の様な甲殻が割れていく。いや、剥げていく。

「報告が入りました……ツェルニがいきなり方向を変えたと、都市がゆれるほどに急激な方向転換です」

「やっぱり……」

フェリから入った報告は、想像通りのものだった。
なぜ、今までツェルニが方向を変えなかったのかもはっきりした。
気づいていなかったのだ。おそらくは、既に死んでいると思ったのだろう。
そうではないと気づいて、急な進路変更を行ったのだ。

「フォンフォン……これは……」

「脱皮です。見たのは初めてだけど、間違いない」

「ツェルニが方向を変えたのです……逃げてください!」

フェリが悲鳴を上げる。だけどそれを、レイフォンは無視した。

「いまさら遅いですよ。こいつは待ってたんです。脱皮の後は……汚染獣としての本能から変質させる脱皮は、おそらく普通の脱皮よりも腹が減る。だから、餌が近づくまで脱皮をギリギリまで抑えていたんだ。老性一期が凶暴なのは、とても腹が減っているからだ。僕が逃げたら、こいつは空を飛んでツェルニに行きます。そうなれば……僕には何も出来ない」

だから逃げられない。
レイフォンの実力なら逃げることは可能だが、それでは汚染獣がツェルニに行く。
そうなってしまえば、この怪物をツェルニの武芸者が相手にするしかない。
汚染獣最弱の幼生体に苦戦した学園都市が、それよりもはるかに強いこの怪物を……

「老性一期……覚えておいてください。都市が半滅するのを覚悟すれば、勝てるかもしれない敵です」

「……………」

レイフォンの言った言葉は、熟練者のそろった普通の都市での話だ。
グレンダンならば天剣授受者が1人でも出れば事足りるが、他の都市ではそんな多大な被害が出る。
それを、学園都市の生徒が撃退できるわけがない。
ならば元天剣授受者のレイフォンならば可能かと思うが……彼にはその天剣がない。
彼が全力で扱える武器が、彼の全力に耐えられる武器が……ここには存在しない。

「なんで……なんであなたばっかりがこんな危険なことをするんですか!?」

「僕にしか出来ないことだからです……安心してください。ツェルニは、フェリは絶対に僕が護りますから」

フェリの叫びに、レイフォンは覚悟を決めて汚染獣と向かい合う。
右手には複合錬金鋼を握り、左手には青石錬金鋼を握り、復元する。

決めたのだ、絶対にフェリを護ると。
だからこそレイフォンは戦う。例え刺し違えても、ここで汚染獣を倒すと。

「ふざけないでください!!」

だが、フェリはその言葉を拒絶する。
レイフォンの考えを否定する。
彼女の顔は見えないが、明らかに怒っており、泣いてしまいそうな声で。

「約束したじゃないですか!なのに遺言って……ふざけているんですか!?ちゃんと帰ってくるって、フォンフォンは言ったじゃないですか!」

「……もう少し、遺言らしかった方がいいですかね?」

「そんな事は言ってません!」

フェリは怒鳴る。
レイフォンからは考えられない軽口にも怒鳴り返しながら、フェリは泣きそうに言う。
そしてレイフォンは、彼の表情もまた、見えないのだけど、とても優しい声をかけてくれた。

「ツェルニがなくなっちゃったら、約束自体が守れないじゃないですか?」

「それは、そうですけど……」

「だから僕はツェルニを護るんです。約束を守るためにも、そのためにも戦います」

「あなたが死んでも……その約束は守られません」

「ですね」

レイフォンの声は笑っている。
フェリの声は泣いている。
そんな彼女を説得するように、慰めるようにレイフォンは言った。

「フェリ……」

「……はい」

彼女の返事を聞き、レイフォンは決意する。
もう、時間はない。汚染獣は今までの休眠状態で硬くなった体を慣らしている。
この時に攻撃できればいいのだが、天剣ではない武器であの硬い体を切り裂くのは難しい。
だから、時間にもう少しだけ余裕がある中、レイフォンは何気なくつぶやいた。

「あなたを、愛してます」

「え……?」

フェリの思考が固まるほど、自分の頬が思わず赤面するほどの言葉を、何気なく。

「あなたは、僕の過去を知ってそれを許してくれた。こんな僕と一緒に行こうと言ってくれた。僕に、笑顔を向けてくれた」

レイフォンは武芸をやめようと思っていた。
だけどそれをカリアンが許さず、レイフォンを無理やり小隊に入れ、戦わせようとした。
だが、色々な、本当に色々な経緯があり、レイフォンは今、自分の意思でここに立って戦おうとしている。

「そんなフェリの事が大好きだから、僕は剣を取ってここにいます。あなたを護りたいから、死なせたくないから」

今、フェリはどんな表情をしているのだろうか?
それが非常に気になり、彼女の表情を見れないのがとても残念だ。

「あなたは絶対に、僕が護ります」

だが、案外それでよかったかもしれない。
自分の頬が赤くなるほどの、恥ずかしさで悶えてしまいそうな表情を、フェリも見ることが出来ないのだ。
あるいは、念威端子越しだからこそ出来た告白。

「……………嫌いです」

その告白に対し、フェリの返事は……

「大嫌いです!」

レイフォンを拒絶する、嫌いという言葉。

「……そうですか」

その言葉に落ち込み、少しだけ悲しくなってしまうが、レイフォンのやる事は変わらない。
目の前の汚染獣を、例え刺し違えても倒すだけ。
フェリには嫌いだと言われてしまったが、それでもレイフォンがフェリを好きだという事実は変わらない。
彼女を護りたいという事実は変わらない。
だから、レイフォンは戦う。

「約束も守らず、相手の目を見ずに告白する意気地なしなんか……だいっきらいです!」

また、嫌いだと言われてしまった。
レイフォンはその事に苦笑しながら、今一度汚染獣を見る。
もう、準備は終わったのだろうか?
翅を広げ、今にも飛び立とうとしている。だが、そんな事をさせるわけには行かない。

「ですからフォンフォン……ちゃんと帰って来て、私の前でもう一度、さっきの事を言ってください」

「え……?」

汚染獣に接近し、走るレイフォンの耳に、そんな言葉が聞こえた。
戦闘となれば集中し、周りの騒音などを一切排除するレイフォンだが、この言葉だけは排除できなかった。
そして次の、フェリの言葉も。

「何ですか?相手の目を見て告白する勇気すらないんですか?そんな意気地なしは、大嫌いです。でも……フォンフォンの事は大好きです。私も愛しています」

その言葉に、レイフォンは赤面した。
戦闘中だと言う事も一瞬忘れるも、左手に持った青石錬金鋼で鋼糸を操り、汚染獣の翅に巻きつける。
だが、飛び出そうとする汚染獣の翅の高速運動によって弾かれる。
リンテンスなら翅ごと切り裂けるだろうが、レイフォンの技量では無理だった。
だが、今はそんな事はどうでもよい。

「絶対に、絶対の絶対に約束ですよ、フォンフォン。絶対に帰って来て、絶対に私の前に来て、絶対にさっきと同じ事をもう一度言ってください……絶対ですからね?」

しつこいくらいに絶対という言葉を多用し、レイフォンに確認を取るフェリ。
その言葉に、レイフォンは小さく笑った。
嬉しいのだ、内心からどうしようもない嬉しさが込み上げてくる。

「それは困りました……死ねなくなっちゃったじゃないですか」

「それでいいんです」

体から、力が漲って来る。
調子が良い。こんな気分は初めてだ。

レイフォンは辺りの岩山や、汚染獣の体に付着して蜘蛛の巣のようになる鋼糸の上に着地し、疾走する。
疾走し、翅へと向かっていく。

「レストレーション、AD」

複合錬金鋼に剄が流され、巨刀へと姿を変える。
その超重量の武器を操り、レイフォンは振りかぶる。
狙いは翅だ。切り落とし、地へと落とす。

汚染獣の羽ばたく翅が、それを阻止するかのように暴風を起こすが、脚力を強化した旋剄を使って切り抜ける。
そのままレイフォンは巨刀を振り上げ、斬線を斜めに走らせた。

赤の虹が散る。汚染獣の翅の色だ。
汚染獣は翅を散らし、バランスを崩しながら落ちていく。
地面が爆発するような音を立てて汚染獣が墜落し、レイフォンはそれに巻き込まれないように避難している。
汚染獣の巨体からかなりの量の土煙が上がり、その中から汚染獣が顔を出した。
目が怒りで真っ赤に血走り、レイフォンを捉えた。
食事を邪魔した、小さな生き物を凝視した。
凶悪な飢餓感と怒りが凝縮されたその視線は、それだけで心臓が止まってしまいそうな殺意となる。

だが、そんな瞳にレイフォンは怯まない。悠然と、立ち向かう。

「翅が再生するのにどれくらいかかる?2日か?3日か?それだけあればツェルニも十分逃げられるだろうな……だけど、僕も戻らないといけないからそこまで付き合うつもりはない」

汚染獣にも匹敵する殺意を抱き、レイフォンは巨刀を汚染獣に向ける。

「……行くぞ」

そう宣言し、レイフォンは汚染獣に向かって駆け出した。




































あとがき
なんというか、恋愛描写は難しいものです(汗
今回はレイフォンとフェリの会話に何回書き直し、修正を入れたことか……
変じゃ……ないですかね?
なんにせよレイフォンは、これで本気の本気、全力全開で戦闘開始。
この先どうなることやら?

ちなみにこの作品でレイフォンが使っている巨刀ですが、これは刀と言う字が使われてますが刀ではありません。
と言うか、原作でもこう表現されていますしね。
どちらかと言うと大剣に近いのではないでしょうか?
原作イラストでも刀には見えませんでしたしね。

この先レイフォンが刀を使う場面で、どう表現しようかと思うのが悩みの種ですw

まぁ、今はとにかく、次回かその次位で終わる2巻編の構成を練らなければ……



[15685] 12話 レイフォン・アルセイフ
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:9a239b99
Date: 2010/03/21 15:01
病院でハーレイから話を聞いたニーナは、その足でカリアンの元へと行った。
訳のわからないオリバーは、ハーレイと共に準備をしているらしい。
いわゆる、最終チェックと言う奴だ。
生徒会室でカリアンは、いつもの様に執務をこなしていた。そんな彼は、まったく悪気のない表情でニーナとシャーニッドを迎える。

「どういうことですか!?」

「どうもこうもない、戦闘での協力者をレイフォン君自身がいらないと言ったんだよ。私は、彼の言葉を信じた」

ニーナの怒りを押し殺した声も、カリアンに平然と受け止められる。
だが、だからと言って彼女も退く気はない。

「信じるのと放置するのは違うでしょう!」

ニーナは机を思いっきり叩く。怒りを隠さずに、カリアンを睨む。
机を叩いた衝撃でわずかに書類が浮き、ペン立てが揺れる。机のすぐ側に置かれたペンが転がった。

「……近づかせるな、とも言われたのでね」

「え?」

転がり落ちそうになるペンを拾い上げ、カリアンは指で器用に回しながら言った。

「汚染獣との戦いは相当に危険なものだそうだ。どう危険なのかは武芸者ではない私には理解が及ばないが、安全と言うものを求めた瞬間に死ぬのだそうだ。そんな戦場に、安全地帯で控えてる者など必要ないと、彼は言った。汚染獣と都市外で戦う時は、無傷で戻るか、それとも死ぬかのどちらかしかないと、そう思っておいた方がいいと……」

ニーナは息を呑んだ。呑むしかなかった。
そんな場所にレイフォンは1人で……
机に叩きつけたままだった拳を握り締める。
筋肉痛の名残はまだある。正直、健常とは言い難い。剄を出そうとすれば腰の下辺りが激しく痛むので、武芸者としてはまるで使い物にならない。。
そんな状態で、何を口走ろうとしている?
でも、止められない。

「私を行かせてください」

たとえ断られても行く。だからこそ準備をしているのだ。
そんな強い意志を眼に宿し、ニーナはカリアンに言った。

「行ってどうするのだね?」

カリアンの質問は妥当なものだ。
どう考えてもニーナの言葉は無茶苦茶だし、正直、理解に苦しむ。

「君の体調は知っている。知っていなくても、そんな青い顔をしている生徒を危険な場所に行かせようなんて、責任者として許可できるものではないが?」

「あいつは、私の部下です」

ニーナは即答した。

「そして仲間です。なら、共に戦う事は出来なくとも、迎えに行くぐらいはしてやらなくては……」

なにができる?そんなことはわからない。こっちが聞きたいくらいだ。
だが、ニーナに部下を、レイフォンを見捨てるなんて事は出来ない。

「ふむ……いいだろう」

言っても無駄だと理解したのか、カリアンは呆れたようにつぶやく。

「ランドローラーの使用許可を出そう。誘導の方は妹に任せよう」

「ありがとうございます」

許可を出し、その事にニーナは感謝する。

「ありがとうございます、生徒会長。だけど、ランドローラーの方は結構です。その何倍もいいもんがあるんで」

「ん?」

シャーニッドの言葉を聞き、カリアンが疑問符を浮かべるものの、今はそれよりも優先すべき事、若く、愚直なまでに真っ直ぐな小隊長に忠告するのを忘れない。

「ただし、生きて帰りたまえ。無理だと判断したなら逃げたまえ」

「……逃げません」

本当に頑固だ。自分の事は考えない、いや、自分の理想、信念しか考えず、真っ直ぐに進むと言った方が正しいか?
なんにせよ、自分の考えに絶対の自信を持って突き進むニーナ。

「この学園を生かすために、君たちは必要な人材だよ」

そういう人物だからこそ、このツェルニには必要なのかもしれない。

「レイフォンもそうです」

それは、レイフォンもだろう。
これ以上の問答は無用と判断し、ニーナとシャーニッドは生徒会室を出て行った。
その背を見送り、カリアンは軽薄な笑みのままため息をつく。
確かにそうだ。レイフォンもこのツェルニに必要な人物だ。
むしろ、彼には武芸大会でツェルニに勝利を導く人物として、ニーナよりも重要な人物と言えるだろう。
そんな彼だからこそ、戦闘面に関しては心配していない。戦闘において、ツェルニにいる誰よりも信頼できる。
だからこそカリアンは、レイフォンの判断を信じた。
確かに、ニーナの言うとおり信じるのと放置するのは違うが、カリアンは信じた。
ちゃんと、レイフォンは帰ってくると。

「ただ、最近レイフォン君が前向きなのは嬉しいけど、あの子の兄としては少々複雑な気分だね……」

そして、軽薄な笑みが苦笑へと変わる。
カリアンはレイフォンを信じた。彼ならちゃんと帰ってくるだろうと。ツェルニのために、何よりフェリのために汚染獣を倒して。
異性にはまったくと言っていいほど興味を持たなかったフェリが、レイフォンにだけは別人の様に接しているのだ。
まるで恋する乙女とでも言うべきか、無表情なフェリが少なからず笑い、変わってきている。
その変化には、兄として素直に嬉しい。レイフォンもどうやら、満更ではない様だし。
ただ、その犠牲としてフェリの料理を味見させられるカリアンからすれば、たまったものではないが……

「柄でもないな……」

また苦笑し、それだけでこの考えは切り替え、カリアンは再び執務に没頭するのだった。



































そんな訳で現在、ニーナ達は放浪バスの中にいた。
オリバーが放置されていた物を修繕、改造した物。それが荒れ果てた大地を彼女達を乗せて疾走していた。

ニーナは考える。何が出来るのだろう?
この疑問は今でも頭の中にある。1人で突っ走って自滅した自分に、自分達がいると言ったのはレイフォンなのだ。
つい先日の事だと言うのに……
それなのに、レイフォンはただ1人で、何も言わずに汚染獣との戦いを続けていた。
そんな彼に自分は何が出来るのだろう?

実力が違う。経験が違う。
小隊の事と、汚染獣の事は違うのかもしれない。きっと、そうなのだろう。
命の危険がない小隊の、学園都市の試合など、命がけの汚染獣戦においてはお遊びのようなものだろう。
それでも、何も知らないままに過ごす事は出来ない。
シャーニッドが言ったではないか、隠し事には気になるものとならないものがある、と。
これは気になる隠し事だ。
なら、知らなくてはいけない。知られたくない事ではないはずだ。

「どういう経緯かは知りませんが、俺としては放浪バスの性能を試せていいんですけどね……どれだけ走らせる気なんですか?ってか、いい加減何処に向ってんのか教えてくれませんか?」

放浪バスの最終チェックをやり、仮眠も休息もなく、フェリの念威を通した指示に従い放浪バスを走らせるオリバー。
ニーナからすれば、フェリがこんな長距離でも正確に念威を操れるとは知らなかった。
それだけ、ニーナが隊員のことを把握してなかったと言う事だ。
フェリの場合はこの力を隠していたから仕方がないが、ニーナは自分の無能さに嫌になる。

「なーに、ちょいと汚染獣退治にな」

「あー、そうなんですか」

ここに来て、シャーニッドがオリバーの問いに答える。
それを聞き、オリバーは納得した。
だから今まで内緒にしていたのかと。だから、都市外装備や錬金鋼なんて物騒なものを放浪バスに積み込み、医療器具なんてものも用意したのかと。
納得し、理解し、

「Uターン!!」

ハンドルを思いっきり切り、今まで走ってきた方向とは逆を向く。
車内が大きく揺れたが、そんな事は気にしない。
そしてアクセルペダルを思いっきり踏もうとしたが……

「ストップだ。もう1回Uターンしてもらおうか?」

シャーニッドがオリバーの頭に、こつんと錬金鋼を突きつけていた。

「……正気ですか?汚染獣最弱の幼生体ですら、あれだけ梃子摺ったってのに?」

シャーニッドの取った行動にではない。これから汚染獣のところに向うと言った彼の言葉に、オリバーは正気かと尋ねたのだ。

「その正気を疑われそうな事を、うちのエースは1人でやってるんでね。先輩として、行かない訳にはいかないんだよ」

「はぁ!?」

その言葉にオリバーは絶句する。
シャーニッドの言う『うちのエース』とは、言うまでもなくレイフォンの事だ。
1年生にて十七小隊のエースとして、各小隊から要注意人物として注目されている。
そんな彼が、そんな彼だが、だからと言って1人で汚染獣の討伐に向うなんて無茶な話だ。

「馬鹿なんですか?十七小隊の方々は馬鹿なんですか!?」

叫びたくなるような気持ちを抑え、オリバーは問う。
当然だろう。これから汚染獣のところに向うから、自分に運転しろと言われて冷静でいられるわけがない。
汚染獣の脅威は、この世界では何よりも恐ろしい事なのだ。

「ひでぇな……でも、まぁ、否定も出来ねぇか」

軽く笑いながら、シャーニッドが言う。
確かにこの状況からすれば馬鹿とも取られるだろう。
自分に何が出来る?
最弱の幼生体にすら苦戦していた自分が、都市を半壊させるほどの力を持つ老性体相手に何が出来るのかと。

「だがよ、俺達は武芸者だ。都市の危機だってんなら、護る為に戦うべきだろ?」

自分でも柄でもない事だと思いながら、シャーニッドが言った。
だが、それは事実である。
都市の戦争、そして汚染獣が現れたらそれから都市を護るのが武芸者なのだ。
そのために優遇され、日々、武技を研鑽している。
もっともシャーニッドの場合は、最後に『男なら女の子を護るのは当然だろ』なんて、付け加えてはいたが。

「たっく……この貸しはでかいですよ?」

呆れたように、諦めたようにため息をつき、オリバーは今すぐにでも泣いて逃げ出したい気持ちを抑えながら、ハンドルに手をかけてUターンをする。
そしてアクセルに足をかけ、全力で踏み抜いた。

「おう、お前の言ってた子とのデートのセッティング手伝ってやるからよ」

「約束ですよ?」

荒れ果てた大地を疾走しながら、彼らは戦場へと突き進む。






































戦場。
そこでは、巨大な化け物と、それに比べればあまりに小さく、貧弱な存在の人間が戦っていた。
だが、戦況ばかりは見た目の様には行かない。

「くそっ」

丸1日戦い続け、流石にレイフォンも疲れていた。
内力系活剄で何日でも戦い続けられるとは言え、レイフォンも1週間戦い続けた経験があるとは言え、レイフォンは一応生身の人間だ。
呼吸もするし、汗もかく。
いくらレイフォンの着ている汚染物質遮断スーツが新型で、通気性が良いとは言え限界がある。
汗が蒸気となって、自分を取り囲んでいる。
だけど、

(調子がいい……この空すら斬れそうだ)

レイフォンの調子は良かった。今まで感じた事がないほどの絶好調だ。まるで羽がはえた様に体が軽い。
汚染獣の、老性体の体は硬い。現在、レイフォンの持つ装備では少しずつ削るようにして倒すしかないほどに。
ならば、少しずつ同じ場所を削り、そこを突いて倒せば良い。

「はは……」

何故か笑みが零れる。
緊迫した危険な戦場だと言うのに、一歩間違えれば死ぬと言うのに、まったく怖くない。まったく負ける気がしない。
今のレイフォンは本当に、絶好調だった。

汚染獣が接近してくる。
小さいレイフォンに、その巨体を生かした真っ直ぐな突進。それだけで人を殺傷するには十分な威力を持っている。
だが、それに掠る事すら許されない。汚染物質遮断スーツが少しでも破れれば、汚染物質に体を侵されるからだ。汚染獣の牙が、レイフォンに迫った。
それをレイフォンは鋼糸を使ってかわす。
岩場に伸ばし、引き寄せてから汚染獣の攻撃を回避した。
そして、隙だらけとなった汚染獣の額に、一撃を叩き込んだ。
空中で回転し、威力を増して巨刀を振り下ろした一撃。
両手を襲う硬い感触。その感触が意味するのは、汚染獣の額を割ったと言う事実だ。
吹き上げる血飛沫と苦痛の咆哮が上がる中、レイフォンは汚染獣から離れた位置に着地して距離を取る。

「ひとつ、折れた……」

自分の武器、複合錬金鋼を見てレイフォンがつぶやく。
レイフォンが持つこの武器は、錬金鋼の長所を完全に残す形で作られた錬金鋼だ。
だが、決定的な短所も存在し、復元状態での基礎密度と重量が軽減できなかったというのが問題だ。
レイフォンの手には今、四つの武器が握られているに等しい。
普通ならその重さに翻弄されているだろう。

だが、レイフォンはそれでも身軽に動き回り、汚染獣の肉を削り、額を割った。
先ほどは硬い頭蓋骨にも攻撃を入れたので、それに耐え切れず四つの内ひとつの錬金鋼が折れ、煙を吹いている。
スリットからその錬金鋼を抜き出し、破棄する。
ひとつの錬金鋼が駄目にはなったが、これで勝機が見えてきた。

(後一撃……もう一度あそこに一撃を叩き込めば……)

今の一撃で鱗を削り、頭蓋骨も半ばほど割った。
汚染獣の脅威は並外れた再生力もあるが、鱗がすぐさま再生するわけではない。頭蓋骨だってすぐに治るわけではない。
ならばそこに巨刀を突き刺し、衝剄を放てば……

問題はどうやってあそこに巨刀を突き刺すかと言う事だ。
あのあまりにも巨大で、動き回る化け物にどうやって巨刀を突き刺す?
一瞬でも動きが止まれば容易いが、それはとても難しい。
だと言うのに、レイフォンには失敗する理由が見つからない。
根拠とか、そう言うものはまったくないのだが、何故かそう思う。

(約束したんだ)

フェリと約束した。ちゃんと生きて帰ると。
そして……彼女の前でちゃんと告白すると。
だからこんなところで負けるわけには行かないし、死ぬつもりなんかない。
そんな考えは、フェリのおかげで吹き飛んでしまった。

「はああああああっ!!」

咆哮を上げ、レイフォンは汚染獣へと向かって行った。







「なんだこりゃ……」

最初に異変に気づいたのはシャーニッドだった。何が出来るかわからないが、汚染獣との戦闘もありえるので車内にいるわけにはいかず放浪バスの外に出て、その屋根の上で錬金鋼を復元して立っていた。
同じく何が出来るかわからないニーナも、現在は剄が使えない故にシャーニッド以上に役に立たない彼女も、じっとしている事は出来ずに同じく屋根の上に立っている。
その車上から、進路のはるか前方で、もうもうたる砂煙が舞い上がっていた。
オリバーも含めた3人の中で、一番内力系活剄による視力強化に優れているシャーニッドだからこそ、一番に気づいた。
現在、内力系活剄を使えないニーナは気づけなかった。だが、次第に近づいていく事で、肉眼でも視認出来る距離へとなる。
その砂煙を突破したところで、一同はこの光景に言葉を失った。

大地がかき回されている。
荒れ果てた大地を目の粗い鑢で、無秩序に削り回したように、そこら中に巨大な溝が出来ていた。辺りに漂う砂煙は、その削りカスと言う訳だ。
その中にポツンと黒い影が転がっている。
嫌な予感がし、心臓がぎゅっと握り締められた気がして、ニーナは胸に手をやった。
オリバーが放浪バスを操り、速度を落として黒い影へと近づくと、それはランドローラーだった。
サイドカーの外されたもので、考えるまでもなくレイフォンが乗って来たものだろう。
それだけだ。レイフォンの姿はない。

「どこにいる……?」

撒き散らされた砂粒が視界を悪くしている。それでも、何とか見渡してもかき回された荒野が延々と広がっているだけだ。
ニーナには、シャーニッドには、オリバーにはわからない。
目の前に、かつて汚染獣が張り付いていた岩山があった事を。
それが今や、何処にも姿がない事を。

「フェリ、レイフォンはどこにいる?」

「……………」

ニーナの問いに、フェリは沈黙で返した。
心配なのだ、不安なのだ。既に1日近くもレイフォンに遅れているのだ。
それでレイフォンは無事なのか?

「答えろ!あいつは無事なのか!?」

怒鳴るようにニーナが尋ねる。
その返答は、フェリの返事は、

「無事です」

レイフォンの生存を知らせる報告。
その言葉に内心でホッとするのもつかの間、次の言葉にニーナは苦々しい表情をする。

「ただ……」

「ただ……?なんだ?」

「それ以上は近づくな。もっと後方に退避しろだそうです」

「なんだと!?」

レイフォンからの忠告。
その言葉に怒りすら覚えるニーナだが、その時、遠くで何かの爆発する音が響いた。
そして、次の瞬間にニーナが見たのは、空の一転を塗りつぶす黒い影。
宙に舞った巨岩が、ニーナ達の頭上に落ちてこようとしていた。



































「うわっ……」

思わず、声が漏れる。
レイフォンは確かに汚染獣の額を割った。割ったと言うのに、汚染獣はその額からレイフォンに向けて突進してきたのだ。
いくら割れた額でも、それが直接レイフォンに当たれば何も問題はなかっただろう。
だが、レイフォンはそれをかわし、汚染獣の巨大な胴体がすぐ側で轟音を立て、大地をめくり上げながら横切っていた。
鋼糸を汚染獣の尻尾に飛ばし、巻きつかせる。
突進の勢いを大地に受け止められ、割られた額もあってかその痛みに尻尾を暴れさせる汚染獣。
割れた額であのような突進をすれば当然の結果だと思いながら、レイフォンは暴れる尻尾の勢いに乗って宙に飛び上がる。
飛び上がり、複合錬金鋼の重量を利用し、レイフォンは空中で独楽の様に回転した。
回転し、その反動を利用して汚染獣から離れた位置に着地する。
そしてすぐさま距離を取り、痛みに鳴き叫ぶ汚染獣と相対する。

地面から汚染獣が頭を抜き、怒りと殺意を持った視線でレイフォンを睨んでいた。
だが、レイフォンはそれでも怯まない。
どうやって汚染獣の額にもう一撃入れる?
それが出来れば、この勝負はレイフォンの勝ちだ。
現在、汚染獣のあちらこちらにある鱗が剥げ、そこから血が零れている。
レイフォンが隙を作るために、何度も切りつけた結果だ。
だが、それでも決定的な隙はなかなか出来ず、その血も大半は止まり、乾いており、黒っぽい塊が瘡蓋となってところどころに岩の様に張り付いていた。
残っていた翅もレイフォンとの戦闘で半分失い、もう飛ぶことは不可能だろう。
今や、地を這う巨大な蛇と言ったところか……それでもランドローラーよりも早く地を這い、そのあまりにも巨大な体が厄介だが。
それから、左目をつぶした。潰れた眼窩からは未だに血が溢れているが、それも最初のころよりは少なくなっている。
傷口が既に埋まろうとしているのだろう。
視力まで回復するかは知らないし、確認する気もないが、現在はそこが死角になっているはずだ。
そこを突き、汚染獣の額を狙う。
レイフォンそう決意した時、汚染獣の視線が、レイフォンから逸れた。

「………?」

「フォンフォン、いいですか?」

それを疑問に思うレイフォン。その疑問と同時に、フェリのためらいがちな声が届いた。
彼女の声を、久しぶりに聞いたように感じた。

「ああ……どれくらい経ちました?」

「1日ほどです」

「そうですか……」

水分が取れないのは辛いが、フェリの声を聞いただけでどことなく元気が湧いてくる。
彼女のためにも、まだ戦える。水がなくともあと2日は大丈夫だとそんなことを考えながら、汚染獣へと目を向ける。
一体どうしたのかと思いながら、だが、好機だとレイフォンが攻め込もうとした時、

「あの……隊長達のことですが……」

フェリの言葉と同時に、汚染獣が動いた。
しかし、レイフォンにではない。レイフォンとは真逆の方向に、まるで逃げるように。

「っ!?隊長?隊長がどうかしましたか?」

鋼糸を使い移動しながら、レイフォンがフェリに問う。
先ほどまで戦闘に集中していたために、彼女が何かを言っていたなんて気づかなかった。

「……先ほど、連絡しました。隊長達が来ていると。フォンフォンは、すぐに後方に下がるようにと言いましたが……覚えていませんか?」

汚染獣を追いながら、そう言えばそんな事を言っていたかと思い出す。
今も戦闘中のために多少上の空だが、レイフォンは追いながら答えた。

「ああ……すいません、覚えてないです。それで、下がりまし……」

その答えを聞く前に、レイフォンの思考は止まった。
もはや呆れてしまったと言っていい。だが、体はまるで条件反射の様に、自然に動いた。

遠くに、内力系活剄で強化しなくとも、肉眼で見える遠くに、砂煙を裂いてこちらに向ってくる物体があった。
それは放浪バスだ。一瞬、この近くを都市間を移動するのが目的な放浪バスが通ったのかと思った。だが違う。
その証拠に、本来なら汚染獣を発見したら止まってやり過ごすか、一目散に逃げ出すというのにあの放浪バスは、こちらへと向ってきている。
そしてその車上、放浪バスの屋根には都市外装備に身を固めた2人の人物が乗っており、錬金鋼を持っていた。
汚染獣は当然、その放浪バスへと向っていた。
普通の放浪バスならまずそんな行動は取らないし、フェリの会話からして大体の見当はつく。
問題はどうやってあの放浪バスを調達したのかだが、あれは間違いなくニーナとシャーニッドなのだろう。

だが、そんなことは汚染獣にはどうでもよく、己の傷を癒すため、そしてどうしようもない飢餓が、レイフォンへの怒りを、脅威をかき消して即物的な餌へと走らせたのだ。
レイフォンは呆れ、ため息をつきながらも、すぐさま戦闘へと意識を向け、巨刀に剄を走らせる。






「うわぁ、来た来た来たあああああっ!!だからレイフォンの指示に従って逃げればよかったのに……」

オリバーは悲鳴を上げながら、放浪バスを汚染獣へと向けて走らせる。
先ほどの巨岩を見事な腕前で回避したオリバーだが、流石に今度ばかりは泣きたくなった。怖くなった。
今すぐにでも尻尾を巻いて、逃げ出したくなった。
目の前には、彼が進む進路の前には、圧倒的質量の地を這う蛇、死と言う言葉を連想させるには十分すぎる脅威があったのだから。

「ここまで来て、その選択は今更だろ!?」

シャーニッドの軽く、だけど大きな声がフェリの念威端子を通して聞こえる。
シャーニッドは現在、目の前の汚染獣に向けて銃撃を浴びせているが、効果は薄い。
片目から血を垂れ流し、ところどころに傷があると言うのに、シャーニッドの攻撃では汚染獣にダメージを与えることすら出来なかった。

老性体……フェリからの報告である程度の事は知っていたが、まさかこれほどとは。
レイフォンは、こんな怪物にたった1人で向かっていたと言う事だ。
その事に呆れながら、そしてレイフォンの並外れた戦闘力を再確認する。

「これが、あいつの見ていた世界か……?」

汚染獣の脅威に、その大きさに、ニーナはかすれたような声を漏らす。
それは、この間ツェルニを襲ってきた幼生体の比ではない。
圧倒的な存在がニーナへと迫ってくる。彼女に突き刺さる視線すら、牙が生えているのかと思うほどに鋭い。
汚染獣に比べてあまりにも小さなニーナの体が、シャーニッドが、オリバーがあの無数の牙で噛み砕かれるのを想像せずにはいられない。
腹を牙が貫き、溢れた内臓が舌の上を転がる様を想像する。
想像して、その恐怖に身震いする。
レイフォンはたった1人で、この凶悪な生物に立ち向かっていたのだ。
今の自分は汚染獣の姿に恐怖し、足が震える。体が動かない。剄が使えない。
シャーニッドの様に、汚染獣に攻撃する事が出来ない。例え出来たとしても、何が出来たかわからないと言うのが、人間と汚染獣の決定的な強さの差なのだろう。
都市すらを半壊させる脅威に、ツェルニならば間違いなく全滅させられる脅威に、ニーナは苦々しい表情で歯を食い縛る。
自分は何も出来ず、無力だと嘆きながら。





その時だった。視界を素早い影が遮ったのは。
しかも、ひとつやふたつの話ではない。
数十、数百と言う影が汚染獣を取り囲み、巨刀を、『刀』と言うにはあまりで巨大であり、無骨である、どちらかと言えば大剣と表現した方が正しいそれを、体をひねり、まるで背に隠すように構えた影が汚染獣へと向って行く。
レイフォンだ。その影の人物全てがレイフォンだと、何故かニーナは思った。
そしてそれは正しい。

活剄衝剄混合変化 千斬閃

天剣、サヴァリスの使うルッケンスの秘奥、千人衝を真似、自分なりにアレンジした技だ。
サヴァリス本人ならその技の名の通り、千人に増えての攻撃を可能とする。
だがレイフォンは、対人戦ならば数十人、汚染獣戦などの本気で戦う場合なら、出せて数百人と人数は少ない。
だけど彼もまた、その名の通り一瞬で千にも及ぶ斬撃を繰り出す事が出来るのだ。
そして更に、この構え。
体をひねり、巨刀を背に隠すような構えは、レイフォン独自の技だ。
レイフォンが天剣授受者となって編み出した、自分だけの技。

天剣技 霞楼

刀身に膨大な剄が凝縮し、それをレイフォンは振るう。
刀身に凝縮された剄がその瞬間、消失した。
言うなればそれは、浸透斬撃。
一閃として放たれた斬撃は、その刃から放たれた衝剄は目標の内部に浸透し、目的の場所で多数の斬撃の雨となって四散する。
それは、斬撃によって織り成された一瞬の楼閣の如く、敵の間合い内に回避不可能な斬撃の重囲を築き上げる。

その千にも及ぶ斬撃を受け、汚染獣が全身から血を吹き出しながら悶える。
傷の深さ、出血共に多少の再生力があったとしても、確実に致命傷クラスの一撃。
残った片目も切り裂かれ、汚染獣の視界は闇に染まった。
だが、それだけでは終わらない。
レイフォンが本気をなかなか出さないのは、出せないのは、彼の膨大な剄に耐えられる錬金鋼が存在しないからだ。
天剣を例外とし、それ以外の錬金鋼にレイフォンが全力で剄を注げば、錬金鋼はその負荷に耐え切れずに崩壊する。
それはあらゆる錬金鋼の性質を併せ持った複合錬金鋼でも同じだ。

レイフォンは後先を考えずに、これで決めると全力で技を放った。剄を放った。
放った後、錬金鋼を痛みに悶え、暴れる汚染獣の額に突き刺す。そしてすぐさま、青石錬金鋼の鋼糸を使って汚染獣から離れた。
結果、爆発。剄の負荷に耐えかねた複合錬金鋼が爆発し、それが汚染獣の額で起こったために一段と汚染獣を暴れさせる。
だが、その動きはだんだんと弱々しくなって行く。
霞楼に全身を切り裂かれ、目は潰され、額と頭蓋骨は割られ、その頭蓋骨も突き刺さった複合錬金鋼の爆発により完璧に砕け、脳まで衝撃は届いた。
爆発は脳を破壊し、その結果がこの状況を作る。
汚染獣の動きは次第に小さくなり、ついには動かなくなってしまった。

「……………」

その光景に、ニーナは絶句した。
シャーニッドも彼女の隣で、同じように固まっている。
放浪バスが止まった。
放浪バスの屋根の上からは見えないが、おそらく運転席にいるオリバーも、ニーナ達と同じように絶句して、固まっているのだろう。
自分達の目の前では、先ほどまで絶対的な死を予感させた汚染獣が倒れている。死んでいる。
それを成した人物に、レイフォンの姿に、彼女達はなんとも言えない表情をしていた。



レイフォンは息を吐き、安堵する。
何とか倒せた。複合錬金鋼は壊してしまったが、それでも汚染獣を倒す事が出来た。
フェリからの念威による確実な報告を聞くまでもなく、頭蓋骨を割られ、頭部を爆発された汚染獣は死んでいる。
自分は生き残ったのだ。生きて、この場に立っている。
これで、フェリとの約束が守れる。自分の気持ちを、彼女へと伝えられる。
そう考えると嬉しい。本当に嬉しく、思わず表情がにやけてしまう。
今すぐにでもフェリに会いたい。彼女の顔を見たい。
ツェルニに帰って、まずはなんと言おう?
そんな事を考えながらも、ひとまずその思考は中断して、レイフォンは視線を死んだ汚染獣から逸らす。

「さて……」

視線を、冷たく、怒っていますと言うような視線を、放浪バスへと、運転席とその屋根に乗っている人物へと向け、レイフォンはもう一度息を吐いた。
今度はため息である。







































「本当にスゲーな、お前……」

「それはどうも……と言うかオリバー先輩、なんで先輩達をここまで運んできたんですか?」

「オィオィ、俺は被害者だぜ。そう言う文句はエリプトン先輩に言ってくれ」

放浪バスはツェルニへと戻る。
レイフォンにより汚染獣は無事撃破したが、ランドローラーは先の戦闘で破損したために、現在はレイフォンもオリバーの運転する放浪バスに乗って帰路へとついていた。
大半の座席を取り外され、4人には広すぎる空間の中で、レイフォンは不機嫌そうな視線をシャーニッドへと向ける。

「そういう視線はないんじゃないか?結果はどうあれ、俺達はランドローラーがなくなったお前を迎えに来たんだ。むしろ感謝して欲しいね」

その視線を、軽く笑いながら受け流すシャーニッド。
まぁ、確かに、こうして無事に帰路へつける事がありがたくはあるが……それでも、このような行動を取った彼らを褒められるわけがない。

「隊長も何を考えているんですか?相手は汚染獣なんですよ。僕が倒したからいいものの……一歩間違えれば取り返しのつかない事になっていたんですからね」

レイフォンは怒っている。彼らしくない気もするが、その怒りは当然で、ニーナ達のことを心配していたからだ。
カリアンに近づかせるなと言ったのに、協力者はいらないと言ったのに、それでもニーナ達は来てしまった。
その事に呆れながら言うレイフォンに、ニーナは苦々しい表情で返答した。

「言っただろう、私達は仲間だと。お前は私の部下で、仲間なんだ。だから私には、仲間を見捨てると言う事は出来なかった」

「見捨てるって……」

ニーナの言い分には少し嬉しい物を感じるが、そもそも1人で戦うと決めたのは自分なのだ。
こう言っては何だが、ニーナ達が戦場にいても足手まといにしかならない。
いや、このツェルニにおいてレイフォンと方を並べて戦える者は存在しない。それ故にレイフォンは1人で戦っていたのだ。

「それともなんだ?私達は必要ないのか?」

「そんな事……」

レイフォンがニーナの言葉を否定しようとして、後半が掻き消える。
確かにこの戦闘においてはニーナ達は必要なかった。
だが、そうではなく隊長として、仲間としてニーナは必要かと聞いてきたのだ。
それに答えようとしたレイフォンだが、自分の行動を振り返れば否定できない。

「反論のしようがないか?」

してやったりと言う小さな笑みを浮かべ、ニーナがレイフォンに言う。
これでは、ニーナが病室にいた時と立場が逆だった。

「なぁ、レイフォン。今回は倒せたからいいが、こんな事は二度とするな」

ニーナは小さな笑いを消し、真剣な表情でレイフォンに言う。
彼のことを本当に心配しており、仲間で、大切な部下だと思っているから、隊長としてしっかりと忠告する。

「グレンダンには、お前の代わりがたくさんいるのだろう?天剣授受者と言うのは12人いるそうじゃないか。なら、少なくともお前の代わりが出来る人間が11人いる計算だ。それなら、お前が倒れてもどうにでも出来る。だからこそ出来たあの戦い方だ。ツェルニは違う。お前の代わりなんていない。グレンダンとツェルニは違う。グレンダンのやり方と私のやり方は違う。お前は私の部下だ。私は部下を見捨てるような事はしない」

「隊長……」

「なぁ、レイフォン。私は何も出来ないのはもう嫌なんだ……どうすれば、強くなれる?どうすれば、お前の代わりとは行かないまでも、お前の側で戦う事が出来る?」

ニーナの強く、だけど弱くもある言葉。
生徒を導く先生の様に言うが、それでいて教えを請う生徒のような言葉。
気丈に振舞っていたが、彼女は悔しかったのだろう。
だからこそ強くなろうとしたが、あのやり方は間違っていた。ならば自分はどうすればいい?
レイフォンが教えて剄息以外にも、何か方法はないのか?

「……そうだ、隊長に……ぴったりの技が……」

自分が教えようと、強くなれるように何か技を教えようとレイフォンは決意する。
ニーナは言った、『全員で強くなろう』と。
ならばと思い、まずは彼女の願いに答えようとしたレイフォンだが、答えきる前に視線がぶれる。
景色が揺れ、頭ががくんと下がる。
遠くなって行く意識の中、レイフォンは消えそうな声で言った。

「金剛剄って……言って……」

「お、おい!?」

そのまま座席に倒れるレイフォンを見て、ニーナは慌てて叫ぶ。
だが、そんな彼女の心配は、次の瞬間には吹き飛んでいた。

「ぐー……」

レイフォンの寝息を聞いて。

「……寝たのか?」

会話の最中に寝始めたレイフォンを見て、ニーナは呆れるように、脱力してつぶやく。
だが、よっぽど疲れていたのだろうし、無理もないと思う。
汚染獣の、それも老性体なんかと丸1日やり合っていたのだ。心身共に疲れていても可笑しくはない。
そんなレイフォンの寝顔を見てニーナが苦笑し、そして気づいた。
シャーニッドと、オリバーが運転をしながらこちらを向いている事に。

「なんだ?と言うかオリバー、前を見て運転しろ」

「いや、前を見ろもなにも、前方には荒れ果てた大地で何もないから前方不注意も何もありませんが……それよりエリプトン先輩、ねぇ」

「ああ……随分とご執心みたいだから、もしかして隊長殿は年下が好みなのだと思っただけさ」

「まさか……」

オリバーとシャーニッドの言葉を、自分でもらしくないと思いながら笑って流す。
そんな彼女から返された返答は、2人にはまったくもって面白味のないものだった。

「こいつは部下で、仲間。それ以上でもそれ以下でもない」

「つまんねぇ話」

「まったくです」

2人が肩をすくめ、オリバーはそのまま前を向いて運転に集中していた。
シャーニッドも暇なため、座席に横になって眠り始めている。
ニーナはもう一度レイフォンの寝顔を見て、

「……それだけだ」

何故か胸に痛みのような物を感じながらも、小さくつぶやくのだった。


































あとがき

はい、レイフォン無双ですw
と言うか、戦闘描写がやはり難しい。いや、対人戦も難しいですが、人対人外の戦闘はやはり、普通の描写とは違うので……そこが厄介でした。
それにしても、うまく描写できてますかね?自分では、これってレイフォン強すぎじゃね?なんて思いながら、汚染獣が弱すぎるように見えないか心配です(汗
ですが、これだけは言います。愛の力は偉大だ!死亡フラグすらブチ折ってやりましたw
しかし、千斬閃に霞楼はやりすぎたかな?
千斬閃においては独自の解釈が入ったりしております(汗

更に、ニーナ達は見事に無駄足(滝汗
いやね、レイフォンがですね……まぁ、フェリのおかげで暴走しましたから(爆
ならニーナ達いらないとも言われそうですが、そこはまぁ、展開やフラグ的に……
そのフラグもフェリ関連で完璧にブチ折れますが……
そう言えば、今回はフェリ成分が皆無!?
これはいかん……エピローグで回収を!
まぁ……かなり短いですが(苦笑

それにしても今週はバイトが忙しかった……
そんな訳でこの作品は2,3日前には出来ていましたが、上げるのが今日になってしまったしだいです。
更にXXX板の『ありえないIF』の物語は、なんつぅかこの、難産でして……
更新予定はありますが、乗りでレイフォン&アルシェイラ(シノーラ)VS第一小隊&第十七小隊の試合をするんじゃなかったなぁ、と思っています。
勝てばレイフォン小隊長になりますので、ニーナの心境とかが難しいです……
あと、XXX要素とか……
あまり期待せずにそちらの更新も待っていて下さい。

それでは、エピローグで!



[15685] 13話 エピローグ 帰還 (原作2巻分完結)
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:9a239b99
Date: 2010/03/09 13:02
放浪バスがツェルニに着き、目を覚ましたレイフォンは一目散にある場所を目指した。
それは場所と言うよりも人が正しい。だけどそんな事、今のレイフォンにはどうでもよかった。
ただ、一刻も早く彼女に会いたかった。声をかけたかった。声を聞きたかった。

都市外装備を脱ぎ捨て、着替え、ハーレイに使った複合錬金鋼の報告すらせずにレイフォンは走る。
もし、剄を全開で流したら複合錬金鋼が負荷に耐え切れず爆発したと言ったら、どのような顔をするのか?
そう思いながら、そんなどうでも良い思考は即刻排除する。
本当に今はどうでも良い。それよりも、その何倍も重要な事があった。

彼女の念威の誘導に従い、レイフォンはとある場所に辿り着いた。
そこは、養殖科の牧場であり、羊の柵が近くにあった。
ここにはフリーシー(仮)がおり、そして何より、彼女と初めて出会った場所だ。
その事を懐かしく思いながら、レイフォンは視線の先にいた人物に声をかける。

「フェリ」

彼女の名前を呼ぶ。
たったひとつだが年上なのに呼び捨てで、だけどとても親愛を込めた声で、最愛の人に送るような声で、レイフォンは彼女の名前を呼んだ。

「フォンフォン……」

彼女もまた、レイフォンの事を同じように呼ぶ。
だけど親しさと言う点ならば、愛称でレイフォンの事を呼ぶフェリの方が少し上だろうか?
だけど、気持ちでは負けるつもりはない。
自分はフェリを、心から愛しているのだから。

「フェリ……」

もう一度彼女の名前を呼び、レイフォンはゆっくりと近づいて行く。
さて、なんと言おう?

愛しています?

大好きです?

付き合ってください?

結婚してください?

さまざまな考えが脳裏に浮かび、流石に最後のは早すぎるなと小さく笑う。
なんと言えばいいのかはわからない。だけどひとまずは、赤くなる頬を掻きながら、レイフォンはフェリに微笑むように言った。

「ただいま」

ちゃんと、自分は帰って来た。
約束を守り、ここにいる。彼女の顔をまた見て、声を聞いている。
何気ない事だが、先ほどまで戦場にいたレイフォンにとってはとても重要で、とても嬉しい出来事だった
そんなレイフォンを見て、無表情なフェリの表情が崩れ、少しだが確かに笑みが浮かぶ。
誰から見ても嬉しそうな表情で、誰から見ても美しいと思える表情で、フェリは言った。

「お帰りなさい」

レイフォンを迎え入れる、何気ない言葉を。
だけどこの2人には、とても、とてもとても重要な言葉だった。



















あとがき

短っ!!
以上、エピローグでした(汗
なんにせよ、これで原作2巻分のSSは終了!次回は3巻分です。
して……予定ではリーリンやガハルトの部分は大幅カット予定。
いや、だって、主役はレイフォン×フェリですし、ぶっちゃけてそこのところは原作とあまり変わりませんし。
ただ、手紙の内容は変わる予定。
レイフォンはフェリと付き合う事になったので、手紙を受け取ったリーリンはそれはもう、この作品の2巻分の冒頭みたいに……

まぁ、何にしても、3巻分を書く前に間に外伝を何話かいれようと思います。
フェリが喫茶店でバイトする話とか、漫画版レギオス(深遊先生の書いたもの)に出てきたツェルニに似た少女を見て、オリバーが暴走する話とか、何気に大好きなレオを出してみようかなんて予定があったりします。
もはや外伝ではなく中編?なんて話になるかも……(汗

未だに原作は12巻途中まで、しかしクラリーベルは出て来た!な、状況の作者です。
早く読まねば……しかし、ゲームが……誘惑に負けてしまいそうな作者です。
最後に一言。かなりどうでもいいですが、今週のジャンプを読みました。
そして思った事、死ねや黒ひげぇぇ!!

……関係ない事を言い、申し訳ありませんでした。それでは。



[15685] 14話 外伝 短編・企画
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:9a239b99
Date: 2011/09/24 23:59
汚染獣の襲来。
数百体の異形の者達に混乱する都市。
小隊による、この学園都市ツェルニに在籍する武芸科の生徒による抵抗空しく、彼らはその力に、その数に押しつぶされようとしていた。

己の非力に憤りながら、彼女は諦めさえ感じていた。
もう駄目なのか?
自分はここで死ぬのか?
ツェルニを護れずに終わるのか?

その考えが、汚染獣と共に切り裂かれる。
なにが起こったのかわからない。
これは現実なのか?まるで夢でも見ているような感覚がした。
だが、これは現実だ。次々と、次々と汚染獣が切り裂かれている。
なにが起こった?
誰が三桁にも及ぶ汚染獣を切り裂いた?

その答えを彼女、第十七小隊隊長、ニーナ・アントークが知った時。
彼女は圧倒的な力で汚染獣を塵殺(じんさつ)し、都市を救った部下の事を恐ろしいと思った。
部下は、彼は強い。この都市に存在する何者よりも。
最弱の汚染獣、都市を襲った幼生体だけではなく、老性体と言う都市すら半壊させる怪物と戦い、1対1で屠ったのだ。
その部下の名は……レイフォン・アルセイフ。

































「何がいいかな?美味しい物がいいのは確かだけど、栄養管理も考えて……フェリは甘い物が好きだから……」

「……………」

そんなレイフォンなのだが、現状の彼を見ればとてもそうとは思えない。
現在料理雑誌片手に、緩んだ表情で明日の弁当の事を考えているこの少年こそが、第十七小隊隊員のレイフォン・アルセイフだ。
彼は自分で昼食の弁当を作っており、ついでにフェリの分まで用意していると言う。
それをニーナも知っている。だが、レイフォンはさっきからニーナが呼びかけている事に気づいていないのだ。

「レイフォン、聞いているのか。おい!!」

「あ、先輩」

再三の呼びかけに、やっと気づいたレイフォン。
その事に呆れながらも、その用件をレイフォンへと告げる。
ここは、いつも第十七小隊が利用する訓練室。そしてこの場には、ニーナとレイフォンの他に見慣れない、1人の少年がいた。



「へぇ、入隊テスト……やってたんですか?」

「ああ、あいにく不合格だったがな」

その少年が訓練室を出て行き、扉が閉まるのを見送りながらレイフォンが尋ねる。
それに同意するニーナだったが、レイフォンからすればかなり意外だった。

「ウチの小隊、戦績で言ったら下位なのに、入隊希望者なんているんですね~」

現在、第十七小隊の戦績は1勝2敗。
当初は第十六小隊を破り、派手なデビューを果たした第十七小隊だが、次に対戦した第十四小隊には作戦負け。そして次の試合ではニーナの負傷による棄権と言う形で、2連敗となっているのだ。
故に、成績は下位となっているわけで、そんな隊に入隊希望者がいることは意外だった。
そもそも、レイフォンが入るまで規定人数を満たしていなかったのがこの第十七小隊であり、ニーナが人数集めに苦労していたのだから尚更だ。

「お前がいる所為もあるんだぞ!」

「へ?」

だが、レイフォンの言った言葉に頭にきたのか、ニーナがレイフォンを指差し、怒鳴るように言う。

「対抗戦の戦績はそこそこだが、隊員数は規定ギリギリの少人数。加えて専任のアタッカーが入学したての1年生(オマエ)1人だ……ならば、自分でも入隊すれば活躍出来るのではと考える、浅はかな輩が寄って来るのだ!!」

そう言われて理解する。
確かに人数の少ない小隊で、向こうとしても戦力が増えるのは喜ばしいと思われる第十七小隊。
成績は下位だが、小隊員がエリートであることには変わりないのだ。
故に、武芸科には小隊に所属したい者はたくさんいる。そして第十七小隊ならば活躍出来ると考える者は少なくないのだ。
さっきの少年も、そう言う者だったらしい。

「……でも、それは連帯責任のような……」

だが、納得は出来ない。
むしろ、連帯責任とは言わずどこにレイフォンの責任があるのか?
理解はしたが納得はいかないレイフォンで、ニーナに問い質そうとしたが……

「……なんでもないです」

彼女に睨まれ、沈黙する。
もっとも、そこまでむきになって否定する事でもないし、ハッキリ言ってどうでもいいことである。

「まぁ、この俺の美しさに憧れてくる奴の気持ちも、分からんでもないがな」

「珍しく時間通りに来たな。さぁ、無駄口叩かずに訓練を始めるぞ!」

いつの間にか時間内に来ていたシャーニッド。
だが、ニーナは彼の戯言を流し、訓練の開始を宣言する。
フェリが遅れるのはいつもの事だから、先に始めるのだ。

「ヒデーな隊長。そんなフェリちゃん並みのつれない反ノウッ!?」

「シャーニッド先輩、邪魔です」

だが、そのフェリも今日は珍しく時間内に来ており、悪口を言うシャーニッドに背後から蹴りを放つ。
バランスを崩して床に倒れたシャーニッドだったが、

「ふげっ!?」

「あ、すいません」

更にレイフォンに踏みつけられた。
謝罪しているが、悪気がまったく感じられない言葉。
しかも歩いていて偶然に踏んだのではなく、ドンと言う音を立て、踏み込みの様に踏んでいた。

「みんな揃ったな。着替えようか」

その光景を流しながら、ニーナが訓練着に着替えようと提案する。
それに従い、ロッカー室へと向かって行く十七小隊メンバー達。

「てめっ……レイフォン……」

「自業自得です」

「お前……なんか最近変わった?いい意味で。そして悪い意味で」

「そうですか?」

多少の憤怒を感じながらも、そんな会話を交わしながらロッカー室へと向うシャーニッドとレイフォン。
他、ニーナとフェリなどを合わせて5人。

「……ん?」

そう、ロッカー室に向っているのは5人。
第十七小隊のメンバーは、4人。
錬金鋼のメンテナンスを行うハーレイがたまに出入りするが、彼は現在自身の研究室にいるはずだ。
つまりは、

「1人多い!!」

「わああ!?」

第十七小隊に無関係の者が、この場にいる。
そしてその人物は驚き、慌てて背後へと下がる。
だが、気を取り直し、冷静になり、背筋をビシッと伸ばした。

「は……初めましてっ。僕はレオ・プロセシオ。武芸科1年です。今日は憧れの第十七小隊の皆さんに、お尋ねしたい事があって参りました!!」

礼儀正しく、自己紹介をするレオと名乗った少年。
彼はとても真っ直ぐで、そして輝いていた。それはもう、眩しいほどに。

「うおっ!!何だこの夢と希望に溢れた爽やかオーラは!!ヒイイ、浄化される~~」

レオの存在に、軽く、いい加減なシャーニッドはとても眩しそうに彼の登場に動揺した。
言葉どおりの雰囲気を纏い、周りにはいない人種のタイプにシャーニッドは驚いたのだ。

「もしかして君も入隊希望者か?だったら……」

「いっ、いえ!!」

先ほどと同じ、入隊希望者かと思うニーナ。
ならばテストをしようとしたが、どうやら違うらしい。

「……僕を、十七小隊の練習に混ぜて欲しいんです!」

だが、その違いがニーナには分からない。
練習に混ぜろと言う事は、つまりは第十七小隊に入れてくれと言う事ではないかとニーナは首をひねる。

「……だからな、それにはまず入隊テストを……」

「いえ、入隊とかそう言う事ではなく……ただ横で見ているだけと言うか……強くなるための方法を探りたくて、あの、その」

互いに話が通じる、レオはあたふたと動揺している。
何が言いたいのかニーナには理解が出来なかったが、シャーニッドにはなんとなく予想が出来た。

「要は俺らの訓練見学して、それ参考に自分で練習したいって事?」

「は、はいっ、そうです!!ご迷惑はかけません!!」

理解したが、シャーニッドからすれば彼みたいなのは苦手なタイプらしい。
目を細め、そして眩しそうに視線を逸らしていた。

「見学って事ならいいんじゃないんですか?」

「小隊員になりたいと言うわけでもなく、ただ参考にしたいというのが分からんな」

「……邪魔です」

取材などもたまに来るから、別に構わないのではないかというレイフォン。
それでもあまり納得のいかないニーナ。
フェリは、とても正直にボソリと漏らした。

「……僕がいた都市は、過去に一度も汚染獣との接触がないんです。その所為か武芸に対する関心が低くて、限られた人しか専門の訓練を受けていません」

「では、君も……」

「はい。剄の基本的な使い方くらいしか指導されていなくて」

レオから語られた言葉に、グレンダン出身のレイフォンは内心でかなり驚いていた。
ツェルニの平和さにも驚いたが、レオの出身の都市はそれよりも平和なところだったらしい。
都市戦の時はどうしていたのだろうと思いながらも、レオの話は続く。

「でも僕だって、武芸者として自分の都市を護れるくらいの力は持ちたい!!今はまだ小隊員なんて程遠いけど、少しでも早く近づけるように頑張りたいんです!!」

彼は真っ直ぐだ。シャーニッドが眩しいと思うほどに。
そしてニーナは、こういうのが嫌いではない。
むしろ共感するし、好ましくすら思う。
そんな訳で、


「では、始めるぞ」

「まぁ、こうなるんだろうな」

「シャーニッド。余所見するな!」

レオの見学を受け入れ、いつもどおりの訓練が始まる第十七小隊。
ある程度の間隔を取り、床には硬球がばら撒かれている。
その上に乗り、ニーナは片手に持った硬球を、本来なら二刀復元する鉄鞭の片方で打った。

「はい、フェリちゃん」

ニーナから打たれ、飛んできた硬球をシャーニッドが銃衝術の錬金鋼でフェリに向けて打つ。

「フォンフォン」

「はいっ」

続き、フェリ、レイフォン、そして再びニーナへと打ち返されていく。
それはまるでキャッチボール。または軽業のような光景だった。
凄いとは思う。今の自分には出来ないと思う。

「……………」

だが、レオには何の訓練をしているのか分からなかった。

「あ、あの」

分からないのならば聞く。
硬球の打ち合いがひとまず終了し、一息ついたニーナにレオは問う。

「これはどう言う訓練なんですか?あのボールは一体……」

「アレはただの硬球だが、この上で運動する事で活剄の能力が高められる。ボールを打ち合っているのは基本的な肉体強化にもなるが、衝剄を使って打てば同時にそちらも鍛えられる」

「はぁー」

ニーナの説明に、納得したように息を吐くレオ。
だが、これは全てレイフォンからの受け売りだ。
前回のニーナの入院、そして汚染獣戦を境に、全員で強くなろうと決意した第十七小隊。
フェリのやる気はともかく、レイフォンの提案した訓練方法を取り入れ、この硬球もレイフォンに言われて、予算をおろして買ったものなのだ。

「さぁ、もう一度行くぞ!!」

なんにせよ、再び訓練が再開した。
もう一度、さっきのを順番を変えて行う。
レオはそれを見ずに、近くに転がっていた硬球に乗ってみた。
慣れないために危なげなく、フラフラとしている。
だと言うのに、更に剣まで持っていた。
だが、新入生は小隊にでも所属しない限り、半年は錬金鋼の所持を禁止されているためにあれは模擬剣。
彼個人の持込で、練習用のものだろう。

「よ、よし。このまま素振りを……」

それを使い、素振りまでしようとした時……

「って、わああ!?」

当然の様に足を滑らせ、転んでしまうレオ。
その時、彼の握っていた剣がすっぽ抜けてくるくると回転しながら飛んで行く。

「あ!剣が!!」

それはレイフォンへと、真っ直ぐに飛んでいった。
レオは危ないと言おうとしたが、

「ふっ」

レイフォンは容易く自分の剣でレオの剣を弾き飛ばし、難を逃れていた。

「あ!!」

だが、その弾き飛ばした剣は力みすぎたためか、そのまま天井まで飛ばされる。
そこはちょうどレオの真上の辺りで、体育館の様に高いここの天井には鉄骨などが使われているのだが、レイフォンの弾いた剣はそれすらを破壊していた。

「いかん!」

「隊長!!」

それを見て、レオが危ないと彼をその真下から連れ出そうと押しやったニーナ。
だが、

「ボールが!!……行きましたよ」

現在、訓練中でボールを飛ばしあっていたのだ。
そして次がニーナの番であり、シャーニッドが彼女の方に向けて打ったのだが反応できるわけがない。
硬球のボールがニーナの顎に直撃した。

「な、何をする!!」

「いや、パスしたんだけど。あっ、それより天井が……」

シャーニッドに怒りを向けるニーナだったが、それどころではない。
ニーナはレオを庇うために、彼を押し出したのだ。
そして現在、彼のいたところにニーナはいる。
つまり……

「隊長ーー!!」

彼女の頭上に、破壊された天井、鉄骨やら瓦礫などが降り注ぐ。
それに押しつぶされ、埋もれるニーナ。
そのアクシデントに、一同が呆然とした。

「たたた、隊長さんが!!僕の所為で、うあああ」

「早く瓦礫どけろ!!」

「掘り出せ」

慌てふためき、ニーナを救出しようとするレイフォンとシャーニッド。

「何、これしき……」

「奇跡の生還!!」

だが、ニーナは不死身だった。
自力で起き上がり、瓦礫を押しのけて立ち上がる。

「全然大丈、グフゥ」

「やっぱり駄目か……」

だが、流石に無傷とは行かなかった。
大丈夫と言うおうとしたが、吐血し、項垂れるニーナ。
それに慌てながら治療の容易をするレイフォン。

「あ、あの、あの、僕、やっぱり迷惑を……」

この原因を作ったレオは、とても申し訳なさそうにニーナに謝罪した。

「何を言う。強くなりたいのならば、これしきの事で臆するな!」

「は……はいっ」

が、ニーナは気にするなと言うようにレオに声をかける。
自分も第十四小隊に所属していたころは迷惑ばかりかけていたのだし、しかも吐血はしたがこの程度たいした怪我ではないと自己完結してから言う。
その言葉に慰められ、勇気付けられたレオの返事を聞き、ニーナは満足そうに微笑んだ。
……だが、この日の訓練は中断と言う事で、レイフォンとシャーニッドによってニーナは医務室に連行されるのだった。


そう、臆しないのはこの程度ならの話だ。
『この程度』なら。
翌日、翌々日とレオは第十七小隊の訓練に顔を出すのだが、2日目、レオの弾いた硬球がニーナの顔面に直撃する。
この程度なら医務室に行くほどではないが、彼女は鼻を強打し、鼻血を垂れ流していた。

3日目、またもやすっぽ抜けたレオの剣が、今度はニーナへと飛んで行く。
幸い当たりはしなかったが、彼女の真横を飛び、背後の壁へと剣が突き刺さっていた。
この日は怪我はしなかったのだが、ニーナは死を覚悟したらしい。





「鈍くせぇな、その1年」

「はは……」

「そうですね」

レオが訪れて4日目。
だが、小隊の訓練中ではなく、まだ授業中であり武芸科の1,2年の合同訓練。
合同とは言っても、要は自主トレであり、1年生が2年生にアドバイスを聞いたり個人的な訓練を行うと言ったものだ。
そんな訳でオリバーは、放り投げた空き缶を銃で撃ち抜きながら話を聞き、話していたレイフォンは苦笑し、フェリは随分ストレートにつぶやいていた。
オリバーは自主トレ、レイフォンはそもそもアドバイスを受ける必要がなく、そしてフェリはやる気がない故にこの面子で集まっている。
さっきまではナルキがいて、2年生にではなくレイフォンにアドバイスを受けていたのだが、それを実践すると言って適当な相手を探しに行った。

「だー……駄目だ!外した」

「え、外したって……全部命中しましたよね?」

自主トレ中のオリバーだが、彼が放り投げたひとつの空き缶を3発の銃弾が撃ち抜く。
だと言うのに外したと言うオリバーに、レイフォンは首を傾げて尋ねた。

「良く見ろ。缶に穴が2つあるだろ?だから外れだよ」

オリバーが撃ったのは、3発の銃弾だ。そして缶に開いている穴は二つ。
正確には貫通したために、その裏側と併せて四つあるわけだが、なんにしてもそれだと数が合わない。
3発撃ち、当たったのならば3発分の穴が開いていないと可笑しいからだ。
そしてレイフォンは、気を抜いてはいたが確かに3発全部が当たるところを見た。
つまり……

「なんと言うか……凄い命中精度ですね」

「まだまだだろ?剄も少なく、肉弾戦が苦手な俺は何かひとつ、強力な武器がねぇとな。それが、精密射撃って訳だ。こればかりはしくじる訳にはいかないんだよ」

ひとつの穴に、もう1発の銃弾を通す技術。
1発は外れたのだが、その精度には素直に感心してしまう。
オリバーの弁では肉弾戦、つまりは活剄が苦手らしいが、天剣の中には銃を使い、尚且つ身軽な人物がいたなと思い出す。
そして、威力不足で悩むなら修得や使いどころは難しいが、化錬剄を使えば面白い事になるのではないかと思う。
本来銃と言う武器は、使っているタイプで上限が決まるもののそれでも剄が多いに越したことはない訳で、オリバーの様に命中精度が高く威力が低い場合は、銃弾に変化を持たせればいいのではないかと?
極端な話、炎に変化する弾、氷に変化する弾、または電撃に変化する弾。
はたまた誘導性なんてものを持たせてもいい。化錬剄ほど応用に利く剄技はない。
その分、さっきも言ったとおりに修得は難しいが。

「それにしても、何時までやってるつもりなんだそいつ?」

「え?」

「さっき、話に出てきた1年生だよ」

「ああ」

オリバーは自分の訓練を続けながら、話題を変え、レイフォンに尋ねた。
それにレイフォンがうなずく。

「確かに格上の者の訓練を見たり、参考にしたりするのは悪くねぇ。だけど訓練つうのは、見てるだけじゃ上達しないし、自分にあったもんじゃないと効果が薄いだろ?ま、小隊員じゃない俺が言っても仕方ないけどな」

確かにそう思う。オリバーの言っている事はもっともだ。
参考にするだけではなく、自分なりに応用しなければ意味がない。
例えば全体をバランス良く鍛えたり、オリバーの様に何か一点を伸ばしたり。

「でも、オリバー先輩の場合はその精度なら、小隊員にもなれると思うんですけど」

「うまい事言うね。お前に言われても嫌味にしか聞こえないけど」

「そんなつもりはありませんよ」

「はっ、わかってるよ」

軽く笑い、苦笑するレイフォンとオリバー。
オリバーもまた、前回の汚染獣戦でレイフォンの過去を知る事となってしまった。
だが、オリバーは元々そんな事を気にしないと言うか、彼の存在、趣味自体がちょっと性質の悪い犯罪っぽいものだったり、別に武芸を神聖視していない事から話すつもりはないと言ってくれた。
なんだかんだで、オリバーとレイフォンはこれまでどおり、またはこれまでよりも親しくやっていけそうである。




































4日目。

「す……すいませ……」

仏の顔も三度までと言うか、前科があるために始終レオを警戒していたニーナ。
その視線に睨まれ、レオはとても申し訳なさそうに謝罪している。

「よし!今日はここまでだ!」

結局、この日の訓練は何も起こらず、平和に終わったのだが、ニーナ自身の訓練は手付かずと言う感じで終わってしまった。

「ニーナ先輩。おっ、お疲れ様です!」

「ああ、お疲れ様」

今回は平和に、何事もなく終わった訓練。
だが、ニーナとしてはどこか不完全燃焼だったらしく、また頃合だろうと言う事でひとつの提案をレオにしてみた。

「そろそろ君も慣れて来ただろう。どうだ、軽く組み手でもしてみるか?」

「ええっ、いえっ、そんな僕なんてまだまだっ。無理ですよ」

「しかし……」

「ほ、本当に結構ですから」

「ム……そうか……」

手合わせを提案するが、レオは頑なに拒否する。
それに押し切られ、どこか漠然としないまま納得するニーナ。
そしてこの日の訓練は、これで終了したのだが……



「レイフォン?まだ帰ってなかったのか」

「あ、隊長」

いつもなら早々にフェリと帰宅しているレイフォンだが、今日は珍しく1人で残っていた。
まるでニーナが着替えを終えるのを待っていたかのように。まさにその通りであり、レイフォンはニーナに話があったのだ。

「何時まで彼に構っているつもりですか?」

「彼……レオの事か?」

「はい」

レイフォンの話は、レオに関する事。
だが、どうやら内容は世間話のようなものではない。
どこか棘があり、まるでレオを邪魔者の様に思っているのかとさえ取れる言い方だ。

「確かに多少騒がしくもあるが……彼がいる手前、シャーニッドやフェリも真面目にやっているし、そう迷惑と言うわけでもあるまい?」

確かに、見学者がいるのといないのとでは違うのか、シャーニッドやフェリもめんどくさそうではあるが、訓練はちゃんとやっている。
このあたりではレオが見学している点でのプラス要素だと思い、また、自分の考えをレイフォンに述べた。

「何より、強くなろうとする後輩を我々が応援してやらんでどうする!」

強くなろうと努力をするレオ。
ニーナ自身も強くなりたいと願い、このツェルニを護りたいと思っている。
だからこそレオに共感できるし、彼の力になりたいと思った。
何よりそれが、この学園都市での小隊員として、先輩としてのあり方だと思ったからだ。
切磋琢磨。この言葉は、そのためにあると。

「彼は、小隊員にはなれませんよ」

だが、レイフォンから語られる言葉はそれを真っ向から否定するもの。

「基礎もなければ、剄量も突出してるわけじゃない」

「……だからああして我々のところに……」

「他の武芸者だって毎日訓練して強くなってるんです。あんな事してても追いつけるわけありませんよ」

淡々と、冷酷に言うレイフォンの言葉に、ニーナはどこかくらい雰囲気で尋ねる。

「……才能のない人間が、今更あがいても無駄だと言いたいのか」

「そうでなくて。僕達の真似をしてもあまり意味がないと……あのままじゃ何も……」

レイフォンは淡々と、冷酷に事実を言うだけ。
だが、その事実は、話の途中で壁を殴ったニーナによって止められてしまう。

「……お前に何がわかる」

「え?」

我慢の限界だった。
強くなろうと思っているレオを否定され、同じように強くなりたいと思っている自分自身を否定されたようで……

「幼くして故郷グレンダンで、最強の武芸者の証を手にするほど天賦の才に恵まれたお前に……お前に、持たざる者の気持ちがわかるのか」

怒り、レイフォンを睨みながらニーナは言う。
レイフォンは天才だ。そんな事は分かりきっている。
だから自分はそれに追いつこうとして、無茶な訓練を続けて体を壊しもした。
今はそんな無茶をするつもりはないが、それでも今の言葉の様に、その人なりの努力を無碍にする言葉は許せなかったのだ。
だが肝心のレイフォンは、彼の表情には悪気すら浮かんでおらず、相変わらず淡々とした表情をしていた。
その表情で、視線で見つめられ、ニーナは気づいてしまう。

「あ……いや……」

レイフォンはあくまで真実を言い、自分は八つ当たりをしているのだと。

「……すまん、先に帰る!」

それを誤魔化すように、ニーナはまるで逃げ出すようにこの場を去って行った。
それを見送りながら、レイフォンは自分の頬をポリポリと掻く。
そしてさっきまでは淡々とした表情をしていたが、それを崩し、少しだけ苦々しい表情をしていた。

「言い方がまずかったかな?」

「いいんじゃないんですか」

そんなレイフォンの元に、フェリがやって来る。
いつもなら早々と引き上げるのだが、今日は珍しく彼女も残っていたらしい。

「オリバー先輩も言ってたじゃないですか。どの道このままだと、意味はありません」

「それはそうですけど……」

だから忠告したのだが、それは余計なお世話だったのかと思ってしまう。

「あなたが気にする必要はないんですよ。それよりもフォンフォン。今まで待っていたんですから、今日は帰りに甘い物でも食べに行きましょう」

そんな思考は、今更気にしても意味がないし、フェリによって拡散された。

「僕は甘い物……苦手なんですけど?」

「いいんです。私が食べるんですから」

「わかりました。じゃ、どこに行きましょうか?」

気を取り直し、どこか機嫌が良さそうにレイフォンは問う。
レイフォンはフェリを引き連れ、そのまま甘味所へと向った。




































(何をしているのだ……みっともない……!!)

ニーナは街中をやや早足で走りながら、先ほどのレイフォンとの会話を思い出す。
自分の言った言葉に対する、後悔を深く感じながら。

(弱さをひけらかして八つ当たりなど……最低だ!!)

レイフォンには自分達の気持ちが分からないと、ニーナは言った。
だがそれは、自分達の都合であって、事実ではなかったのかと。
分かってはいる。レイフォンは武芸における天才であり、本人もそれを自覚している。
傲慢ではなくそれは事実で、レイフォンはそのありのままの事実を受け止めているだけだ。
そんな彼から語られた事実は、武芸の事となると容赦のないレイフォンだからこそ、本当のことなのだろう。
それは分かる。理屈としては十分に分かるのだが……

(……だが……いや……だからこそ、腹が立つ)

事実を真正面から告げられ、自身を否定されたような怒りは拭えない。
容赦はないが、ハッキリ言って人付き合いが苦手なレイフォンはそうやって嫉妬や妬みなどの負の感情を募らせたのではないかと思う。
現にレイフォンは、1年生で小隊員と言う事もあって上級生にそういう風に見られているのだ。

(普段はアレの癖に……)

そんな事を考えても仕方がないと、ニーナはただ歩いていた時、偶然見つけた公園のベンチに腰掛けてため息をつく。
普段のどこかボーっとした、締まりのない表情をしたレイフォンからは予想もつかない事だ。

そんな風に考えていた。思考していた。
その思考を切り裂く、ヒュッ、っと言う風切り音が聴こえてくる。
それはとても鋭い音だ。いや、一般人からすればそうなのだが、いつも訓練をしている武芸者からすれば聴き慣れた音で、その基準で言えば酷く弱々しい。
その聴き慣れた音、剣を振るう音を聴き、ニーナがそちらへ視線を向けると、

「こんなところで自主トレか」

そこには、レオがいた。
模擬剣を使い、素振りをしていた。

「あ!!ニーナ先輩!!お疲れ様です!!」

「ああ、いや、構わないでくれ」

シャーニッドではないが、相変わらず眩しく、爽やかで、そして元気が良くて真面目だと思う。
トラブルは起こすが、彼の真面目さと心意気には好感が持てるとニーナは思っていた。
それは今でも変わらない。

「いつもやっているのか?」

「え?ええ。皆さんの見よう見真似ですけど……」

ニーナの問いに、レオは照れ臭そうに答える。
確かに彼には好感が持てる。だが、そこで、レイフォンが言った言葉を思い出した。

『真似をしても意味がない』

薄々は感づいていた。
だからこそ今日、組み手を提案してみたのだが、レオはそれを拒否した。
確かに、このままじゃ意味がないかもしれない。

『彼は小隊員にはなれませんよ』

だが、この言葉は否定する。
人間に不可能はないはずだ。努力すれば、いつかは報われる。
少なくともニーナはそう信じている。

「………レオ」

「はい!」

ニーナは腰の剣帯の錬金鋼に触れ、強制するように言った。

「私と勝負をしてみろ」

その言葉に、レオの表情が強張る。

「な、何を言ってるんですか!そんな事をしたって、結果は目に見えてるじゃ……」

確かにニーナとレオが勝負をすれば、結果はどうなる加など分かりきっている。
それでも、この勝負は絶対にやらなければならない。

「もちろん手加減はする。拒めば明日から練武館には入れんぞ」

「そんな……な、何のために……」

レオを追い詰めるように言い、ニーナは錬金鋼を復元させる。
もちろん彼女が愛用する武器、鉄鞭だ。

「お前の力を試したいのだ。全力で来い。私が受け止めてやる」

「……………」

だが、レオは動かない。
怯えたように、表情が引きつっている。
声すら出せず、剣すら構えずに、思わず後ろに後ずさっていた。

「どうした、剣を構えろ」

「……だ、だって僕は……小隊どころか一般武芸者としても未熟なのに……小隊長のあなたと勝負なんて……せめてもう少し、力をつけてから……」

レオは尻込みし、ニーナとの勝負を避けようとする。
だがそんな事、ニーナは許さない。

「……お前は、ある日突然汚染獣が襲って来ても、そう言い訳する気か?」

前回の汚染獣戦。
都市外で行われた老性体戦ではなく、このツェルニが襲われた幼生体戦の話だが、都市警に勤めている者ならともかく、錬金鋼を持たない1年生の者は一般人と同様にシェルターへと避難していたのだ。
故に、レオは未だに知らない。本物の汚染獣の脅威を。

「ちっ」

「そんな甘い考えで強くなりたいと言っているのか?」

『違う』と言おうとした。
だが、それを遮りニーナは続ける。

「我々の練習に混ざっているのもだ。隊員達を横で眺めて、自分も強くなっていると錯覚して安心しているのではないか?」

レイフォンが何を言いたいのか、やっと理解できたような気がした。
これを言いたかったのではないかとニーナは思う。
このままだと本当に意味が無いし、変わらなければいけない。

「そっ、そんな事、ありません!!」

「違わんだろう!現に自分の力を試されるのを避けているではないか!弱さをさらけ出すのがそんなに怖いか!臆病者め!!」

ニーナの言葉が、深くレオに突き刺さる。
突き刺さり、レオは震えていた。
それは怒りだ。いいように言われ、臆病者とまで罵ったニーナに向ける怒り。

「あ……あなたはっ……自分が強いからそんな事が言えるんですよ!!」

わかっているのだ、自分が弱い事など。
だが、この怒りだけは抑えきれない。
震える手でしっかり模擬剣を握り締め、ニーナに向けて振りかぶる。

「弱い者の気持ちなんて分からないんだ!!」

怒りに任せて振り下ろした一撃。
その一撃には、彼の切ないほどの想いが込められていた。
それをニーナは彼女自身も切なそうな表情をし、鉄鞭で攻撃を受け止める。

「わかるぞ」

レオの気持ちは、自分でも良く理解できる。
レイフォンに感じていた気持ちこそが、まさにそれなのだ。
彼の圧倒的な力を見せ付けられ、似たような気持ちを抱いていた。

ニーナは鉄鞭で模擬剣を弾き、それと同時にレオの体も背後へと飛ぶ。
背中から地面に着地したレオを見つめ、ニーナは続けた。

「強い人間に対する嫉妬、羨望、劣等感……よく分かるぞ」

地に倒れたレオが、そんなニーナを見上げている。
彼女の表情は、言葉は真っ直ぐにレオを見ていた。

「だが、そこで立ち止まっていてはいかんのだ。弱さを言い訳ではなく糧として前進せねば!!」

少なくともニーナはそうしてきた。

「……それだって、強い人間だけが言えるセリフですよ!!そんなの簡単にできるわけ……」

だが、それは自分には出来ないと、怒鳴るようにレオは言う。
その手に模擬剣を持ち、もう一度ニーナへ向かおうとした。
だがニーナは、真正面から、どこまでも真っ直ぐに言う。

「お前にも出来る」

鉄鞭を振り上げ、それを振り下ろした。

「誰だって、前に進めると私は信じている」



































(……嫌な気分だ……)

ニーナは自室でため息を吐き、ベットに仰向けになりながら愛用のぬいぐるみであるミーテッシャを抱きしめる。
実家を家出同然に出て来たニーナだが、そんな実家から持って来た数少ない私物がこのツートンカラーの白黒、熊のようなぬいぐるみである。
ぬいぐるみだが、幼いころから共に過ごした物であり、彼女にとっては親友なのだ。

「なあ、ミーテッシャ。お前はどう思う?」

ぬいぐるみが答えるわけが無いとわかっているが、ニーナは思わず尋ねてしまう。

「あのような高圧的な方法ではなくても、他にやり方があったのではないか?しかし厳しく当たらねば、彼はあのまま足踏みをしていただろう……」

考える彼とは、言うまでも無くレオの事だ。

「ただ、あのまま立ち上がれなくなってしまったら……」

レオに向けて鉄鞭を振り下ろした。
だが、いくらなんでもそれを当てるほどニーナも馬鹿ではない。
ちゃんと外し、彼の真横へと振り下ろしたのだ。
だが、地面にたたきつけられた彼女の鉄鞭は、レオの戦意を消失させるには十分なものであり、見事に粉砕されたレオが武芸を辞めてしまうのではないかと危惧する。

「だが、あの程度で挫折するようでは今後……いや、しかしもっと他にやり方が……」

ミーテッシャを抱きしめ、ああだこうだと思案するニーナ。
唸り、悩む。真剣に考え、とある結論を出した。

「剄の量だって決して少ない訳ではないし、今からきちんとした訓練メニューを組んでこなしていけば、卒業までに小隊員クラスの力だって身につけられるハズだ」

レイフォンが剄の量が突出しているわけではないと言ったが、別に少ないわけでもない。
小隊員としては少ないだろうが、鍛えれば当然多くなるだろうし、何も戦闘は剄の量だけで決まるものではないし、それなりの技術などを身につければ十分に強くなれる。
そう重い、結論を出したところで、ニーナは思う。

「もしやあの時……レイフォンはそう言いたかったのか?」

思い出す。レイフォンは確かに、レオに小隊員にはなれないと言った。
だが、こうも言ったのだ。自分達の真似をしていても意味がないと。ニーナもそれには気づいた。
だが、さらに続けられた言葉を聞かずに、ニーナは去ってしまった。

『あのままじゃ何も』

この言葉に続く言葉はなんだったのか、今ならば予想できる。
あのままでは何も変わらないのなら、自分にあった訓練をすればいい。
そうすれば実力は飛躍的に伸びるだろうし、小隊員を目指すことも可能だろう。
現実に小隊員を目指すにはやはり才能などが要るだろうが、頑張り、努力をすれば不可能ではないと思う。

それを理解し、ニーナの内心には嫌なものがもやもやと漂っていた。

「あいつは……なんでああも平然としていられるんだろうな?言った相手に対しての遠慮や罪悪感は無いのか?」

自分とレイフォンの違いに悩みながら、ぐるぐると巡る思考に苦い表情をしながら、夜は更けていく。
また日が昇り、いつもの日常が始まった。
授業を受け、訓練をすると言う日常。








「えっと……今日は隊長、どうかしたんでしょうか?」

「知りません。また、馬鹿みたいな事で悩んでいるんじゃないんですか?」

翌日、訓練が始まるにはまだ時間があるが、既にニーナの他にレイフォンとフェリが来ていた。
シャーニッドはまだ来ていないが、時間にはまだ余裕があるので遅刻ではない。
そしてレイフォンとフェリの話題の中心になっている彼女はと言うと、何故か元気が無かった。
とても落ち込んでいるようで、声をかけづらい。
その事に心配をするレイフォンと、また馬鹿な事、隠れて訓練などをして悩んでいるのではないかと言うフェリ。
それは当たらずとも遠からずと言うべきか、どちらにしよ、その悩みは意外に早く払拭されるのだった。

「ニーナ先輩!!」

レオがいつものように、訓練室へと入ってくる。
いや、どこか違った。強い意志が感じられ、真っ直ぐにニーナの元へと歩み寄ってくる。
ただ訓練を見学し、手合わせを拒否していた彼とは違う。

「レ、レオ……」

昨日の出来事があり、彼に気後れしてしまうニーナ。
だが、レオからはそんな事は感じさせずに、45度に腰を折った。

「短い間でしたが、お世話になりました!!」

ペコリと頭を下げる。
ニーナには一瞬、訳が分からなかった。

「もう皆さんの邪魔はしません。これからは、自分なりの方法で鍛錬を続けます!」

「……そうか……」

昨日、あんな事をしたのだ。当然の結論だろう。
このままの日々が続くとは思っていなかった。
だけど、どこか寂しく思うところがあるのも確かだった。

「でも」

だが、それは違った。レオの意思は違った。
少なくとも彼は、変わっていた。

「諦めた訳じゃありませんよ。僕はあなたより強くなってみせる!覚悟していてください」

その瞳に、強い意志を宿していた。

「失礼します!」

そう言い残し、去っていくレオ。

「ど……どうしたんですか、彼……」

その変貌に驚きつつ、半ば呆けたようにレイフォンが尋ねる。

「前へ……進んだんだ」

「前?」

それに答えるニーナだが、レイフォンにはその意味が分からない。
そして、ニーナには詳しく説明するつもりはなかった。

「さぁ、訓練始めるぞ。ボーっとするな、レイフォン、フェリ!!」

「熱血なら、1人でやってください」

熱く、燃え上がっているニーナ。
先ほどの落ち込んだ暗い雰囲気がどこかに吹き飛び、とても清々しい笑みを浮かべていた。

「早くせんとレオに追い抜かれるぞ!」

「何の話ですか?」

「ありえませんね、絶対に」

「おーー、今日はいつにもまして熱いなー」

談笑のような口論をしていると、何時の間にやらシャーニッドも来ていた。
そして何時もどおりに訓練が始まる。
それぞれが強くなるという想いを秘め、切磋琢磨をしてこの学園都市ツェルニの武芸者は腕を磨いていくのだ。






























翌日。

「たのもー!!」

「来るのはええよ!!」

速攻でニーナに再戦を申し込んできたレオ。
だが、結果は言うまでもなく返り討ちだった。
こうして、レオが再戦に来ては返り討ちにあうという日々が、1週間ほど続くのだった。































あとがき
いかがでしたか?今回の話は、深遊先生の漫画版レギオスの2巻を元にしたSSです。
個人的にはこのレオが好きなんですよね、と言いつつ、今回はフェリ要素が……今回のはニーナが主役ですね。
そこ(フェリ成分?)はまぁ、『おまけ』辺りで……

それはさて置き、原作の話では本来レイフォンが武芸者以外の道を探してて、そのために多数のバイトを掛け持ちして倒れる描写がありますけどこの話では、レイフォンは現在武芸者を続けることに不満は持ってないので、そこはカットです。
フェリのおかげですねw

ちなみにオリバー。彼は精密射撃が得意ですね。制度で言えばシャーニッドに匹敵、凌駕するほどに。
しかし、剄の量が少ないんで、威力不足だったり殺剄がそこまでうまくなかったりします。
銃は殺剄に向く武器らしいですが、苦手な人が居てもおかしくはないですよね?

さて、それでは今回は『おまけ』を!








おまけ

「……フェリと」

「シャーニッドの」

『なぜなにレギオース』

「……何をしているのだ?」

なにやら奇妙な事を始めようとしているシャーニッドとフェリ。
机を用意し、その上にネームプレートを2人分置いてある。
それには『しゃーにっど君』、『ふぇりちゃん』などと書かれていた。

「このコーナーでは、第十七小隊のメンバー達が」

「ズビッっと、ズバッと回答いたします!!」

「勝手に進めるな」

カンペを持ち、ローテンションなフェリとハイテンションなシャーニッド。
それに突っ込みを入れるニーナだが、シャーニッドは相変わらず軽い乗りで答える。

「何だよせっかく、隊員同士の親睦を深めようと企画立ててんのに」

「そう言う事なら……」

軽いが、もっとものような意見。
それにニーナが承諾し、この企画は始まった。

「えー、それでは最初の質問。フェリちゃんの今日の下着の色は……」

シャーニッドが質問ペーパーを持ち、そこまで言う。
言って、彼は……



『しばらくお待ち下さい』



「えー、いきなりですが司会を変わりました、レイフォン・アルセイフです」

「アシスタントのフェリ・ロスです」

「葬られた!?」

何故かアシスタントが変わり、そして先ほどシャーニッドが持っていた質問ペーパーをレイフォンがびりびりに破いている。
床にはシャーニッドが倒れており、そのそばには剣が転がっていた。
刃引きはされたもので、どうやらそれで切られ(殴られ)たらしい。

「それはさて置き、最初の質問です」

清々しい笑みを浮かべたレイフォンが、最初の質問を出す。

『Q 隊員達の趣味は?』

「趣味……訓練か?筋トレとか……」

「期待はしてねぇが、色気の無い答えだな……」

「案の定」

「うっ、うるさい!!」

ニーナのつまらない返答に、復活したシャーニッドとフェリがつまらなそうに言う。

「ま、俺はデートっつーか、ナンパっつーか、あ、これは趣味ではなく俺の人生における……」

「レイフォンは?」

シャーニッドの趣味は聞き流し、フェリがレイフォンに尋ねる。

「僕ですか?そうですね……」

「そういや、コイツが一番謎だよな」

「確かに……」

シャーニッドとニーナも、どこか気にしたようにレイフォンの趣味を聞こうとするが、

「掃除ですかね?後最近は、料理なんかを」

ある意味予想外で、そしてつまらない返答だった。

「なんつーか、似合わねえ……」

「と言うかレイフォン、料理できるのか?」

「あっ、はい。孤児院では当番制でやってましたし、最近は弁当も自分で作ってますからあれこれと試行錯誤を。これが案外、やってみると楽しいんですよ」

レイフォンの答えを聞き、意外だと思うシャーニッドと、何故か負けたと項垂れるニーナ。
フェリは既に知っていることではあるが、やはりレイフォンに料理で負けるのは少し悔しそうだ。

「それでは、次の質問を……アレ?質問ペーパーはもうないんですか?」

次の質問を読もうとしたレイフォンに、シャーニッドが新たな質問用紙を持ってそれを読み上げる。

「フェリちゃんと隊長のスリーサイズを教え……」

シャーニッドがそこまで言いかけ、レイフォンは再び剣を握る。
そして……



『もう一度、もうしばらくお待ち下さい』



「シャーニッド先輩は体調が悪いそうなので帰りました。さて、質問ですが以上のようですね」

「ひとつしかやってないな……しかも趣味だけ」

「無駄な時間を過ごしました」

シャーニッドが消え去り、この場から去っていく3人。
そんな訳で彼らが部屋を出た後……

「アレ?みんないないのかな」

ハーレイが先ほどまで、レイフォン達のいた部屋へと訪れる。

「ぐぉぉ……レイフォンの野郎……」

「どうしたんですかシャーニッド先輩!?」

そこで、何故か血だるまとなって倒れているシャーニッドを発見し、焦るハーレイ。

「ふ……このコーナーでは質問、疑問などを募集して、俺達がお答えします。開催日は未定ですが、皆さん奮ってご参加を。感想のついでに質問などをそえて書き込んでいただければOKです。ただ、感想と質問、疑問などの違いが分かるように明記してください……ぐふっ」

「何を訳の分からない事を……って、シャーニッド先輩!?」

皆さんのご参加、お待ちしております。


『フェリの趣味。 読書、人間観察』







あとがき2
フェリ成分……出せてねぇ……
今回、ネタに走ってしまった気が非常にあります。
やばい……後悔しそうです(涙

次回は予定では、フェリのアルバイトかツェルニに似た少女の話。
本編にいくかとも考えてますが、そっちの可能性は低いかな?
フェリのアルバイトだとレイフォン暴走しそうで、ツェルニに似た少女の話だとオリバーが……
うん、次回が書く前から怖いです。



[15685] 15話 外伝 アルバイト・イン・ザ・喫茶ミラ
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:9a239b99
Date: 2010/04/08 19:00
その日、レイフォンは珍しくもなんともないごく普通の日常を過ごしていた。
朝起きて、学校に行き、夕方までの授業を滞りなく消化して、小隊の訓練を済ませた。
ツェルニに入学して早々、波乱万丈の渦に巻き込まれたレイフォンだが、これといって特筆すべき事のない日常だった。
小隊の訓練もいつもどおりに終わり、これまたいつもどおりにフェリと帰宅すればそれは本当に特筆すべき事のない、平和な日常だった。

だけど、そうはならなかった。
フェリは今日は珍しく、何故か1人で帰ってしまった。レイフォンを置いて、まるで急ぐかのように。
それに疑問を持つ暇もなく、いつもなら一番最初に帰るはずのシャーニッドがレイフォンに、ニヤニヤした表情で話しかけてくる。

「よう、今日はバイトないよな?なしに決まってるよな、当たり前に」

「いや、あの」

確かにバイトはない。
それに、機関掃除の給料日がつい最近だったので、バイトのない今日はフェリを誘って何か食べに行こうと思ったのだが、そのフェリは早々に帰ってしまった。
だからどうしようかと思ったら、シャーニッドに声をかけられたわけである。
何故かわからないが、非常にハイテンションだ。

「ないよな?こんな日に仕事だなんて言ったら、ちょっとお前さんのアンラッキーぶりを笑わないといけないぜ、腹抱えて、三回転半ひねりぐらいできそうな勢いで」

「……よくわかんないテンションはやめましょうよ、先輩。バイトないですけど……」

「よし、ならお前はラッキーメンだ。共に今日と言う日の愉快を共有しに行こう。俺が男を誘うなんてかなり特別だぞ」

肩をがっしりとつかまれ、有無を言わされずに連れて行かれるレイフォン。

「なんなんですか、一体……?」

「それはついてのお楽しみだ」

シャーニッドの腕から何とか離れたレイフォンに、当のシャーニッドは楽しそうに笑いながら先を歩いていく。
レイフォンは訳がわからないまま、その後を追いかけた。




































「ここだ」

自信満々なシャーニッドに連れてこられたのは喫茶店だった。
レストランと名乗ってもいいような大きな店舗で、入り口前に置かれたメニューにはがっちり食事できるものも並んでいるのだが、看板には『喫茶ミラ』と書かれているから喫茶店なのだろう。
確か、クラスメートのミィフィが、可愛い制服を着たウェイトレスが売りだと言っていたような気がする。

「あー……先輩って、こういうのも好きなんですか?」

男性客にはとても人気だが、女性客には不人気らしいこの店。
持ち前のマスクと、飄々とした性格でいろんな女性と遊んでいるシャーニッドにとって、このような店は逆に雰囲気が合わない気がした。

「可愛い女の子は世界遺産だぞ。残せないけどな」

自分の冗談に笑いながら、シャーニッドが店内に足を踏み入れる。
それを追うように、レイフォンも店内に入った。

「いらっしゃいませ!」

黄色い声で出迎えられてレイフォンは一瞬、心の中で仰け反った。
ピンク色でフリフリの制服を着た女の子達が、店内に入って来たレイフォン達に連鎖的に声をかけてくるのだ。

「おお……」

「お二人様ですか?ご案内しますね」

レイフォンが呆然としている間に、はきはきとしたウェイトレスに案内されてテーブルに辿り着く。
先にレイフォンが席に座るが、シャーニッドは座らずにウェイトレスに耳打ちしていた。
くすくすと笑みを零してウェイトレスが頷き、メニューを置いて去っていく。
シャーニッドも席に座った。

「なんですか?」

「お楽しみは秘めてるからいいんだよ。それより、奢ってやるから好きなの食べな」

「はぁ……」

妙に上機嫌なシャーニッドを気味悪く思いながら、メニューを見る。

「て言うか、お前さんも真面目だよな。やんなくても十分強いだろうに」

シャーニッドがメニューを見ながら、暇つぶしに訓練の話を始めた。

「真面目と言うつもりはないですけど、考えるよりは体を動かしている方が楽ですから。後、なんだかんだで幼いころからの習慣ですね」

一時期は武芸をやめようとさえ思ったが、立て続けに起こった汚染獣戦や訓練をやってて思う。
やはり、武芸は自分の一部であって、切っては切れないものだと。
流石に全てが吹っ切れているわけではないが、必要があるなら迷いなく自分は『剣』を取るだろう。
何が何でも彼女を護ると決めたのだから。

「そういう性分、わからんでもないけどな。まっ、対抗試合なんて結局お遊びだよな。本番の武芸大会に比べりゃ」

「確かに」

ぶっちゃけ、レイフォンにとってはその武芸『大会』ですらお遊びに過ぎないのだが、そこは空気を読んで濁す。
次の武芸大会に負ければツェルニは滅ぶのだが、要は対抗試合に連戦連敗でも、本番の武芸大会で勝てばいいのだ。
逆に対抗試合で連戦連勝でも、武芸大会で負ければ意味はないが。

「先輩は前の時には、参加してたんですか?」

「一応な。だけどあの頃は小隊にいなかったからな。末端の兵士で、のんびりと後方支援させてもらってたさ……次の本番で勝てないとシャレにならないから、どこの小隊も結構マジにやってるけどな。その分色々と面白い試合が起こって、俺の懐もなかなかあったかい」

「……賭け事してるんですね」

「真面目だけじゃ、世の中楽しくないって」

普通の武芸者なら賭け事は許されないことだが、シャーニッドは気にしないし、レイフォンも人の事を言えた義理ではない。
だから聞かなかった事にし、レイフォンはメニューを閉じる。

「お、決まったか?んじゃ、おーい」

シャーニッドが手を振って、ウェイトレスを呼ぶ。

「で、結局、なんでここに来たんですか?」

「そりゃ、もうすぐわかるって」

ニヤニヤ笑って、答えようとしないシャーニッドに、レイフォンは視線のやり場もなく窓から外を眺めていた。
すぐに、人の気配がレイフォン達のテーブルにやってくる。

「注文を……」

入り口で迎え入れてくれたウェイトレスとは、明らかに違うテンション。
それはもはや不機嫌そうな声で、とてつもなく陰気で怒りに満ちたその声に、レイフォンは聞き覚えがある気がした。

「あ……」

「……む」

振り返ると、そこにはとても見知った顔があった。
訓練以外の時は流したままの、白銀の長髪は後ろで、大きなリボンによって束ねられている。
線の細い顔に、どこまでも整った目鼻が乗っている。
長い睫が震えているのは、きっと怒っているからに違いない。
だが、そのような不機嫌そうな顔でも、怒っているような表情でも、彼女はレイフォンの視線を釘付けにするほど美しかった。

「フェリ……先輩?」

「ご注文は?」

呆然としながらつぶやいた言葉は、鉄壁の拒否に跳ね返される。
だが間違いない。彼女はフェリだ。
そもそも、彼女のような特徴的な美少女が他にいるはずがない。
表情の変化が少なく、無表情で不機嫌そうな顔をしている彼女だが、そんな彼女が今、目の前でフリフリのピンクの服を着てウェイトレスをしている。
胸には研修中の文字と共に、『フェリ・ロス』と書かれた名札がついていた。
似合っている、美しい、可愛らしいとレイフォンは素直に思った。
それは事実であり、10人中10人が頷くだろう。

「……ご注文はお決まりでしょうか?」

「……………」

フェリの言葉が耳に入らない。
おそらく、いや、間違いなくレイフォンは見惚れていた。
フェリが首を傾げてもう一度注文を取るが、レイフォンは無言のままだ。
シャーニッドは期待していた反応と違ってがっかりしているが、これはこれで面白いとニヤニヤしてレイフォンを見ていた。

「ご注文はお決まりですか?」

もう一度フェリが尋ねてくる。
その問いに、やっとレイフォンが声を出す。

「なんと言うか……凄く似合ってますね、フェリ」

とても素直で、本心からの感想だった。




































事の発端は、フェリが就労情報誌を読んでいるところを、シャーニッドに見つかったからだろう。
無表情だが、わずかに赤くなる頬を何とかしようと思いながらあの時の事を思い出す。
念威操者以外の道を探すフェリとして、その第一歩としてのバイト探しなのだが、それを見たシャーニッドにこのお店を紹介されたのだ。
手っ取り早くお金になり、怪しい仕事ではなく合法で、料理をぱぱっと運ぶだけの仕事と言われたのだが……まさかこんな服を着せられるとは思わなかった。
ピンクでフリフリの、可愛さを優先されたその服。自分には似合わないと思っていた。正直、少し恥ずかしいと思っていた。
だと言うのにレイフォンは、とても素直で純粋に、似合っていると言ってくれた。
その事が素直に嬉しく、そして頬が熱くなる。
だが、ずっとこうしているわけにも行かないので、フェリはすぐに思考を切り替えてレイフォン達が注文したオーダーを厨房へと告げるのだった。





「シャーニッド君のおかげで、助かったわぁ」

レイフォンは引いた。
フェリの格好にではない。フェリの格好は似合っている。美しく、とても可愛らしかった。
では、何に引いたのかと言うと、悪夢にだ。それはまさに悪夢で、ピンクのフリフリという奇々怪々なスーツを着た、女性的な言葉を使う男にだ。
本当に引いてしまう。見ると食欲がなくなるので、その男を見ないようにレイフォンは食事を続けた。

「最強だろう?」

「最強よう。うちは最初にああゆう制服を作っちゃった事もあって、胸を強調するのを選んじゃう子ばっかりになっちゃったけど、だからこそあの子のクール&ロリは映えると言うものだわ。今から新しい制服をデザインしたいぐらいね」

確かにレイフォンはフェリを見て、最強だと思った。そこは否定しないし、男とシャーニッドの言葉に同意する。
だが、男の方がまさに最強だった。いや、最恐か?または最狂か、最凶。
なんにせよ、かなり刺激が強い。何故か……吐き気がしそうだ。

「レイフォン、こいつはな、1年の時の俺のクラスメートで、今は服飾に進んでるんだ」

「ジェイミスよ、よろしく。気軽にジェイミーって呼んでね」

「はぁ、どうも」

この男はジェイミスと言い、この店の店長だ。

「普通に服の店をやるのはつまらんからって、この店を始めちまってな。大当たりして今じゃ、大繁盛だ」

「ちゃあんと、ここでデザインした服をベースに普通の店もしてるけどね」

「そっちはぼろぼろだろ?」

「そうなのよねぇ。世の女の子はあの可愛さが理解できないのかしら?」

わかるようなわからないような……
レイフォンは確かにフェリの格好が似合っていると思い、それは本心だが、あれは普段着には向かないと思った。
確かに可愛くはあるが、着るには勇気のいる服だと思う。
そんな事を思いながら、レイフォンは2人の会話の聞き手に徹する。

「おかげであっちの店を維持するためにこっちをがんばらないといけなかったりで、色々と大変なのよ。ライバルなんかも増えたり、その所為かバイトに来てくれる子も減ったり、引き抜かれたりして……シャーニッド君が助けてくれなかったら危なかったかもしれないわね」

「……さっきから話題になってるのって、やっぱりフェリ先輩のことですよね?」

なんとなく、レイフォンにも裏が見えてきた。
確かにフェリの格好は似合っていたが、彼女が自分からこの店でバイトするとはとても思えないからだ。

「そうそ、あいつがバイト探してたんでな、俺がここを紹介したわけ」

「はぁ……」

おそらく彼女は、とても説明不足の状態でここに連れてこられたのだろう。
そんなフェリに同情しながらも、彼女のあのような姿を見れたために内心でシャーニッドに感謝する。

「とにかく、おかげでライバル店から一歩リードした感じよね。彼女には隠れファンも多いって話しだし。売り上げ1位はうちのものよ」

「何の話をしてるんですか?」

ある程度の話は読めたが、ライバル店や売り上げ1位と言う言葉の意味がわからない。
まるで何かと競っているような言い方だ。

「ん?ああ……最近、この辺りに似たような店が集中しすぎてな。客の食い合いでどこの店も収益が落ちてんのさ」

「ほんと、うちが出来るまではどこにもそんなのなかったのよ。それなのに人気が出たとたんにこの有り様。やるなら別の場所でやればいいのに近場で集まっちゃってさ。迷惑ばっかりなのよ」

「まっ、この手のが好きだって客層がたくさんいるわけもないと思うがね。そういう意味では一箇所に集まってんのは正解だと思うけど……どっちにしてもこのまんまだといろんなところが共倒れしちまう」

「競争も過度になっちゃうと不健康な経済を生んでしまうしね」

「そう言う訳で商業科から調停が入ってな、次の一週間の売り上げ勝負で何件かの店は売り上げ上位の店に吸収されちまう事に決まったんだ」

「本家の意地として、ここはトップを取りたいのよね。けど、今のままだとちょっと押しが足りなくてねぇ。他のところはうちを見本にして色々と趣向を凝らしてるから、どうしてもあとひとつが足りないのよねぇ。衣装を短期で総替えする作戦でとりあえずはなんとかなってるし、来週は毎日衣装を替えるって告知してるからそれなりにお客は呼べると思うんだけど……」

「まっ、作戦だけでどうにかならないところは、人的パワーで押し上げようって訳さ」

「それで、フェリ先輩ですか」

「そういうことだ」

納得した。そして、これ以上ない助っ人だとも思う。
フェリは言うまでもなく美少女だし、可愛いし、あの衣装だって本当に似合っていた。
取り合えずレイフォンは、来週は毎日通おうと決意して、料理と一緒に注文したジュースを飲んだ。
だけど、同時にどこか不安でもあった。
確かに格好は似合っているが、このような仕事はハッキリ言ってフェリのイメージから大きくかけ離れていたりする。
無表情で無口な彼女が、ウェイトレスと言う仕事をちゃんとやれるのか心配なのだ。

(大丈夫かな?)




































レイフォンの不安は的中し、あまり大丈夫ではなかった。

「ご注文は……」

「あ、えと……ハンバーグセットを」

「ドリンクはいかがいたしましょう?」

「はい……アイスティーで」

「一緒にお出ししましょうか?食後がよろしいですか?」

「食後でお願いします」

「はい、少々お待ちください」

淡々と、周囲のピンクの空気を超越した無表情さに、客の方が恐縮しまくっていた。
フェリはそんなことお構いなしにテーブルから去っていく。
フェリの去ったテーブルで、緊張が抜けて思いっきり息を吐いてる客の姿があった。

「フェリちゃん、笑顔よ笑顔」

厨房に注文を通したところで、店長にそう言われる。

「笑顔……ですか?」

「そう。お客様に最上のスマイルをお見せして」

「笑顔……」

「そう。別に心からの笑みでなくてもいいのよ。でも、愛想笑いとかでも駄目。作り笑顔でもいいから、あなたを歓迎しますって感じの笑顔。ほら、他の子達を見て」

促されて、店内で働く他のウェイトレス達を見る。
明るい雰囲気で、笑顔を振りまく姿がそこら中にあった。
同時に、それを見て照れた様子になったり、鼻の下を伸ばしたりする男の姿も見えたりする。

「……………」

なんと言えばいいのか、そう言うのは生理的に受け付けない。

「客を見なくてもいいのよ。歓迎しますが駄目なら、私の可愛さを見せ付けてあげるわ、でもいいわよ」

フェリの視線を追ったのか、店長が言葉を付け足してくる。
だが、逆に難度が上がってしまった。フェリにそう言うものを求めるのは、かなり難しい。

「うちは別に、肩肘張った接客はしなくてもいいから。どっちかと言うとフランクな方がいいくらいよ。明るい感じで友達に接するようにね」

「フランク……」

「駄目?」

フェリの反応に、店長も不安になってきたらしい。

「笑顔は、苦手なんです」

「あら、あなたのお兄さんとか笑顔のうまい人じゃない。あの作り笑いは見事よね」

「なに考えてるかわかりません」

カリアンが例えに出てきた事に、フェリは嫌そうな顔をする。
兄に負けているような気がしていい気がしないし、兄の嫌な笑いを思い出して皮肉気につぶやいた。

「腹の底でなに考えているかなんてどうでもいいのよ。笑顔の方が印象がいい。それを知っているから、あなたのお兄さんは笑っているのよ」

「はぁ……」

「じゃ、笑う練習してみましょう。あの子達を参考にして、いらっしゃいませって言ってみて」

半ば強引に、店長に押されるようにしてフェリは作り笑いをする。

「……いらっしゃいませ」

「うう~ん。笑ってない。もう一回ね」

「いらっしゃいませ」

「だめだめ、もっと頬の力を緩めて」

「いらっしゃいませ」

「今度は目が笑ってないわね」

「いらっしゃいませ」

「硬いのよねぇ」

「いらっしゃいませ」

「まだまだね」

「いらっしゃいませ」

「もう一声」

「いらっしゃいませ」

「あなたなら出来るから」

練習は延々と、一時間ほど続いた。
そして、

「……ちょっと、休憩しましょう」

先に店長が音を上げる。

「あ、あなたの強情ぶりもなかなかのものね」

「……強情のつもりはないんですが」

これはフェリの素であり、別に笑いたくないから笑わないと言う訳ではない。

「笑った事とか、ないの?」

笑顔がうまく出来ないフェリに、店長は不安そうに言う。
実際、フェリは無表情だけど、笑わないわけではないし、悲しいときに悲しまないわけではない。
ちゃんと笑うし、泣くし、怒ったりもする。だが、念威の天才である彼女からすれば、念威で集積した膨大な情報に肉体がいちいち反応していたら、処理に時間がかかってしまうのだ。
だから、反射的反応が起きないように脳から外への神経の流れを制限してしまう。
それを繰り返す事で、今のフェリが出来上がってしまっている。
笑う事も、悲しむ事も、怒る事も脳内で片付けてしまうから、フェリは無表情なのだ。
まるで機械やパソコンみたいだが、それが念威操者と言うものだ。実質念威操者は、感情を面に出すのが苦手だったりする。
もっとも、それは訓練しだいでどうにでもなるらしい。

「こう……ですか?」

そしてフェリは、最近笑った時の事を思い出す。
その時は、いつもレイフォンがいた。

初めての対抗試合で本気を出してしまい、落ち込んでいたレイフォンを励ますために小さく、本当に小さくだが笑顔を向けた。

逃避行もどきをして、これまた小さく笑った。

汚染獣がツェルニに攻めてきて、それをレイフォンが撃退した。
そして無事に帰ってきた彼を見て、その時もフェリは笑っていた。
そう言えばそれからだ。レイフォンが2人っきりの時は、『フェリ先輩』ではなくフェリと呼んでくれるようになったのは。

ツェルニが進路を変えずに、汚染獣へと接近している事があった。
それを自宅で知ったその日、今度はレイフォンの呼び名を考えたりもした。
『フォンフォン』と決定し、レイフォンは嫌そうな顔をしていた。ペット扱いじゃないかと。
その時もフェリは、内心で笑っていた。

約束をした。汚染獣を倒しにレイフォンが都市外に行く事になり、ちゃんと帰ってくるように約束をして、ちゃんと帰ったら、休みの日に映画を見に行く事にした。
まだその映画には行っていないが、あの時も笑っていた。

都市外で約束を、レイフォンが破ろうとした。遺言すら残そうとしていた。
それにふざけるなと怒った。泣きそうにすらなった。
そんなときに彼が言った。フェリを愛していると、告白をした。
その事に顔が熱くなり、赤くなり、そして嬉しかった事を思い出す。
レイフォンには見えていなかったのだろうが、その時もフェリは笑っていた。

汚染獣を下し、レイフォンが無事に帰ってきた。とても嬉しかった。
彼がただ、目の前にいると言う事が本当に嬉しくって、安心できた。
そして彼が言った『ただいま』と言う言葉に、不覚にも泣いてしまいそうになった。
そして笑って、レイフォンに『お帰りなさい』と言った。
そして、レイフォンがフェリに想いを真っ直ぐに伝えてくれた。
念威越しではなく、真正面から言ってくれた。
その言葉が嬉しくって、今まで感じた事がないほどに幸せに感じて……頬が引き攣るくらいに、痛くなってしまうくらいに笑っていた。


思い出し、そして理解する。
自分が笑った時には何時も、レイフォンが側にいたと。

「……………」

店長がぽかんと口を開けた。驚いている。
フェリの表情を見て、とても驚いていた。

「やれば出来るじゃないの!それよ、その笑顔!!とっても魅力的じゃない」

高いテンションで店長が褒める。
うまく出来た事と、褒められた事に嬉しさを感じるが、店長のこのテンションには若干引いてしまいそうだった。

「その笑顔に私のデザインした服が加われば……いや、もしもの時に考えていたクール&ロリの制服も捨てがたいような……どうせなら2つとも用意しちゃいましょうかしら?」

そして、本気で引いてしまう。
店長に笑顔を見せたのが、失態の様に感じた。

「なんにせよ、来週は制服もあなた専用のものを用意するわ。ふふふ……久しぶりに面白くなってきたじゃない」

「いえ、あの……」

本気で失態だった。失敗だった。
とても今すぐ逃げ出したい気持ちになる。

「そうと決まったらこうしてはいられないわ。1日2着……うふふ、鬼になるわよぉ。うふふふふふ……」

なる必要はなく、既に鬼だと思った。
思って、不可思議なステップを踏んで去っていく店長を、フェリは止める事が出来なかった。









































売り上げ競争が、今日から1週間始まる。
だが、その初日からフェリはテンションが下がりまくった。
正直、辞めたい。
別にお金に困っているわけではないし、この仕事を魅力的だとも思わない。
この仕事をどうしてもやりたいわけじゃない。ただ……レイフォンに似合っていると言われた時は、本当に嬉しかったが。
店長は今週もフェリが働いてくれるように、今週分の給料を前渡したりしていた。だが、それを真正面から店長の顔に叩きつけて逃げ出したい。

「あ~~~~~~~~~~~~っ!!」

いや、本当に。
あっちの世界に行っている店長を見てそう思う。

「もう!もうもうもうもうもう!!天才!私天才!!超天才!!天は私にこれ以上ない才能をお与えになったわ。むしろ私が天?失われた信仰は私の下に集ったりする?」

奇声を上げて悶える店長から逃げられるのなら、本当にそうしようかと思った。

「そう、神よ。私は神なのよ。そして私はこう言うのよ。可愛さよあれ。可愛いは正義。そして……私は可愛いの下に召されるであろう」

「どうでもいいですから正気に返ってください」

「あ、ああ、ごめんなさい。想像以上の出来に、ちょっと違う世界に行っちゃったわ。気にしないでね、よくあるみたいだから」

「……よくあるんですか」

未だに興奮の余韻で体を震わせている店長から数歩距離を取り、改めてフェリは自分の着ている服を見下ろした。
変わって……いるんだろう。デザインは確かに他のウェイトレス達が着ているフェア専用日替わり制服とは違う。
だが、ピンク色である事は間違いないし、フリフリである事も否定できない。
色がどピンクからピンクに変わったと言うのが、何とかフェリに表現できるギリギリのラインだ。

「あなたに1番に会うのは、やっぱり青とか黒なんじゃないかとも思うんだけどね。でも、それに素直に従うのはやっぱりどうかと思うのよ。あなたの世界も広がらない。私の才能も広がらない。何より私のこだわりが敗北すると言うのも許せないものね。可愛さを目指すものよ、汝ピンクを目指せ」

「そんな格言は作らないでください」

「でもこれは、私の譲れないものなのよねぇ。困った困った」

まったく困った様子もなく、制服の出来に満足している店長を見ていると、何も言えなくなってしまう。
こだわりとか言っているが、クール&ロリ路線では黒色の、侍女風の制服を用意していたりするのだが……あれはやっぱりフェリが着なければ駄目なのだろうか?
はっきり言って、嫌だったりする。

店長はそんな事お構いなしに開店前にウェイトレス達を集め、宣言するように言う。

「さあ、みんな。今日から1週間がんばってちょうだい。あなた達は可愛さ至上主義を守るために選ばれた戦士。世界の可愛さを守るため、勇気と希望を胸に精一杯の笑顔をお客さん達に振りまいてあげてね。あなた達の大切なものを守るために。大切なもの、それはなに?」

「もちろんお給料!!」

ウェイトレス一同の答えに店長が泣きつつ、その涙と共に売り上げ競争が始まった。



































「すいません……注文いいですか?」

「はい……」

オーダーを受け、フェリが客の座るテーブルへと向う。
一応笑う事は出来るが、それはレイフォンの事を想い、思っての表情のために接客には向かない。
故に、店長も残念そうに思いながら、現在はクール&ロリのために作られた黒の侍女風の服を着ているフェリ。
彼女自身は嫌そうだったが、それはとても似合っていた。
周りとは違う制服、色が目を引き、そして彼女の持つ特徴的な美しさが男達の視線を釘付けにする。

そんな彼女に声をかけ、注文を取る男。その男は、とても怪しかった。
まるで不審者と言う言葉が、その男のためにあるのではないかと思える格好。
サングラスにマスク、それから最近暖かくなってきたと言うのに、厚手のコートを羽織っている、まさに典型的な不審者だった。
そして、そんな男の長く、綺麗な銀髪には見覚えがある訳で……

「紅茶とケーキセットを……」

「なにをしてるんですか?兄さん」

「いや、その……」

注文しようとし、フェリに指摘をされてうろたえる不審者、もとい生徒会長のカリアン。
カリアンがうろたえ、何かを言おうとしたが、彼が何か言うよりも先にフェリの蹴りが飛び出した。

「たぁっ……」

テーブルの下にあった足、脛を蹴られて痛みに喘ぐカリアン。
そんな彼を軽蔑するような視線で見下し、フェリは注文を確認する。

「紅茶とケーキセットですね?少々お待ちください」

そう言い残し、フェリは厨房へと向っていった。
冷たい妹の反応を見て、サングラスがずれたカリアンは苦笑するように、そしてどこか悲しそうにつぶやく。

「フェリちゃん……痛い」

「何をしてるんですか?あなたは」

そんなカリアンにかけられる声。
見るとそこには、武芸科の制服に身を通した少年が立っていた。

「レイフォン君。君も来ていたのかい?」

「はい。ところで……なんで生徒会長がここに?」

「なに、ちょっとした査察にね。これも生徒会の仕事のうちだ」

カリアンの言葉に、レイフォンは『そうなんですか』と頷くが、その視線がどこか冷たかったりする。
レイフォンはそのままカリアンと同じ席に座り、近くにいたウェイトレスにハンバーグセットとコーヒーを注文した。
本来ならフェリに注文したかったが、厨房にオーダーを通した後、他の客に捕まったので仕方がない。

「それはそうと、この間は本当に助かったよ」

「別にあなたに礼を言ってもらう必要はありません。こっちも死にたくはないし、どの道戦わなくちゃいけませんでしたから」

世間話の様に交わされたこの言葉は、先日の汚染獣戦の話だ。
都市外にレイフォンが赴き、汚染獣の老性一期を討伐した事の感謝をカリアンが告げ、レイフォンはどうって事ないかのように言う。

「しかし信じられないね。最初は無理やり君を戦わせようとしたのだが、最近の君は積極的に武芸に励んでくれる……私としてはとても喜ばしい事で都合はいいが、君はそれでいいのかい?」

「今更ですね?元はと言えば、あなたが望んだことじゃないですか」

レイフォンがこのツェルニに来た時、カリアンは無理やり武芸科に転科させたのだが、最近のレイフォンは積極的に武芸に取り組んでくれているようで、元からそれが目的だったカリアンからすれば嬉しい事だ。
だが、予定通りになっていると言うのに、喜ばしいと言うのに、レイフォンはそれでいいのかと思ってしまう。
現状が現状だけに仕方がないのかもしれないが、本来ならレイフォンには普通の学生としてツェルニで学生生活を送って欲しかった。彼の様に事情があり、グレンダンを追い出されたのなら尚更の話だ。
それは念威操者以外の道を探しているのに、無理やり武芸科へ転科させたフェリにも同じ事が言える。
その事に関しては、カリアンは本当に申し訳なく思っているのだ。

「それでも、まぁ……最近では確かに抵抗はありませんね。武芸を辞めようとしたけど、やっぱり僕は武芸者なんだなって思います。別に武芸を神聖視するつもりはありませんけど」

シャーニッドにも言い、思ったが、武芸はレイフォンにとって切っても切れないものだ。
そして彼女のためならなんだってするし、そのためになら剣すら取る。
そう決意したからこそ、今のレイフォンに迷いはない。

「そうか……君はこのツェルニに来て、最初のころとは大分変わったね」

「ええ、ツェルニに来て本当に良かったと思います」

そんな、他愛のない話をしていると注文した料理が運ばれてくる。
まず、カリアンが注文した紅茶とケーキが届き、少し送れてレイフォンの注文したハンバーグセットが運ばれてきた。
紅茶とコーヒーの香りと、ハンバーグを熱する鉄板のじゅうじゅうと言う香ばしい匂いが鼻をくすぐる。

「それはそうとレイフォン君。こっちが本題なんだけど、最近あの子と随分仲が……」

料理を前にし、カリアンが『仲がいいんだね』と続けようとした。
だが、その言葉は店内に響く雑音によってかき消された。





ガシャン……と、フェリの前に料理がぶちまけられた。
トレイの上に合った料理だ。パスタが床の上に広がり、ミートソースが更に広範囲に飛び散る。
料理を失った皿とトレイが、カラカラと音を立てて回転している。
店中のウェイトレスが失礼しましたと連呼する中で、フェリは背後を振り返った。
誰かがフェリの背中を押した。それでバランスを崩して料理を落としてしまったのだ。
しかし、振り返ってみてもそこには誰もいなかった。

(やられた?)

後ろからぶつかるようにして背中を押した誰かは、フェリの意識が落ちる料理に向っている間に、そのまま移動してしまったようだ。

(わざと?誰?)

「おい、一言もなしかよ!?」

いない誰かを探していると、フェリに怒声が叩きつけられた。
それはすぐ側にあったテーブルにいた客で、制服のズボンには飛び散ったミートソースが点々と染みを作っていた。

「ぶっかけといて無視かよ。どんな接客だ」

モップを持ってきたウェイトレスが、立ち上がった客を見て足を止めた。
武芸科の制服を着ていたその男には、怒りがはっきりと浮かんでいたからだ。
つまり、この客は武芸者だと言う事。もしこんなところで暴れられたら危険なので、彼を刺激しないように店内がシンと静まり返る。

「申し訳ありません」

フェリはすぐに頭を下げる。

「謝ったらこの汚れが取れんのかよ」

下げた頭にかかってきた言葉に、フェリはすぐに客の男が本気で怒っていないことに気がついた。怒っている演技をしているだけだ。
そうと気づいて、フェリはすぐに腰の感触を確認した。バイト中のため、当然剣帯はない。もちろん、錬金鋼を隠し持っているわけもない。
懲らしめてやろうと思っている自分に気づいて、フェリはすぐに自分が今なにをやっているのか思い出した。

(接客をしているのだから、それは駄目)

「おい、何とか言ったらどうだ?」

「申し訳ありません」

頭を下げたまま、フェリは同じ言葉を繰り返す。
それ以外に言う言葉が思いつかない。

「まぁまぁまぁ!申し訳ありません、お客様」

ギスギスとした空気を振り払うような甲高い声と共に、店長が現れてさっとフェリの前に立った。

「申し訳ありません。クリーニング代はお出しします。料理の方も無料で構いませんので、許していただきませんでしょうか」

「そう言うのが聞きたいんじゃないんだよ」

「えっ、あら、なにを……あれぇぇ」

客は演技の様に悲鳴を上げる店長を押しのけて、フェリの前にやってきた。

「来た時から気に入らなかったんだよ。澄ました面しやがって、客に愛想笑いひとつ出来ないのがむかつくんだよ」

それは至極妥当な発言の様に思えた。が、そう言う冷静な部分を押し分けてずきりとした痛みを感じさせる言葉だった。
笑顔をうまく作れないのは自分でも気にしている。店長との練習の時は何とか出来たが、それはレイフォンを想って、思っているときだけだ。
普段からは出来ないし、こういう接客業では向かない。

「申し訳、ありません……」

それがかなりショックで、自分には接客業は向かないのかと思った。
念威操者以外に、道はないのかと思った。
レイフォンで考えてみる。レイフォンは今でこそ、武芸者としてある事にもう迷っていないようだ。
だけどその前までは、武芸以外の道を探していた。
機関掃除のバイトをやり、料理もうまいし、何かと多才だ。
不器用なところもあるが、彼ならば他の道でも何とかやっていけるのだろうと思った。
自分とは違って……それが本当に、ショックだった。

フェリが謝罪するが、男は相変わらずフェリに罵倒を浴びせてくる。
それにショックを受けながらも、フェリはまたも謝罪する。
シンとする店内。だけどそんな店内の雰囲気を無視し、男とフェリの下へ歩いてくる者がいた。
その手には注文したハンバーグセットが握られており、出来立てなので未だに鉄板が熱い。
それを持ち、静寂の中を関係なしとばかりに歩いてくる。
そして、フェリと男の間に入り込み……

「何だお前……がっ!?熱、熱つ……!?ソースが目に……」

ハンバーグセットを男の顔面に叩き付けた。
熱い鉄板に悶え、ハンバーグにかかっていたソースが目に沁みる。
ソースが垂れ、フェリが男にかけたズボンの染みとは比べ物にならないほどの汚れが男の制服、上着へとかかった。
その出来事に、店内が唖然となる。ざわざわと騒ぎ出す。
だけどそれも関係ないとばかりに、この暴挙を行った人物はフェリと男の間に突っ立っていた。

「フォンフォン……?」

その人物を見て、フェリは愛称で呼ぶ。
フォンフォン、レイフォンの事を。さっきまで、考えていた人物の事を。

「なにをす……」

男は、『なにをするんだ』と怒鳴ろうとした。
だが、その言葉が尻すぼみに消えていく。
今度は店内ではなく、男が沈黙した。
何故ならその人物は、男と同じ武芸科の制服を着ていたからだ。
そして襟にはバッジが、ⅩⅦと言う数字が刻まれていた。つまりはエリート、小隊員の証だ。
さらに、この人物はやばかった。武芸科なら当然知っているだろう。一般人でも、殆どのものが知っている。
成績は下位だが、十七小隊に1年生で入隊したレイフォン・アルセイフ。
そして彼自身の戦闘力はかなり高く、まだ3試合、内1試合は棄権で実質2試合しかしていないと言うのに、ツェルニでも屈指の実力者として名高いレイフォンだ。
一般の武芸者が小隊員(エリート)と戦うなど、結果は目に見えているようなものだ。
もっともこの男の場合は、更に焦っているようにも見える。

「店内でごちゃごちゃと……うるさいですね」

感情を感じさせない瞳で、レイフォンは淡々とつぶやく。
感情は感じ取れない瞳だが、彼がなにを考えているのかはすぐに理解できた。
怒りだ。完璧に切れており、怒り狂っている。
その怒気に当てられ、男は腰を抜かしてしまいそうなほどに怯えていた。

「ひっ……で、でもよ、そいつが俺のズボンに……」

「似合ってるじゃないですか?ソースの汚れがあなたを男前にしてますよ」

無茶苦茶な理論だ。だが、有無を言わせない。
睨みひとつで男を黙らせ、後退させる。今すぐにでも逃げ出したいが、それをレイフォンは許さない。

「あなたはなんて言いましたか?接客がなってない?最初から気に入らなかった?マナーがどうとか言う人が、店内で騒いだり、店長を突き飛ばしたりしますか?それと、奇遇ですね。僕もあなたが気に入らない」

レイフォンは怒っている。切れている。
この男はフェリを罵倒した、悲しめた。
許さない。ならばどうする?

「武芸者同士、気に入らないのならこういうのはどうです?」

カチンと音が鳴る。見れば、レイフォンの指が剣帯の錬金鋼を叩いていた。
カチン、カチン、カチン……一定のリズムが店内に響く。

「な、何を……」

「知ってます?武芸者同士だと決闘が出来るんですよ。ちゃんと生徒手帳にだって載ってますよ。そりゃ、公共の場所で行えば色々と学則違反になりますが、きちんと手順を踏んでやる分には問題ないんです。で、僕はあなたに決闘を申し込みます。断りませんよね?決闘の申し出を断るのは、武芸者にとって恥ですよ」

武芸を神聖視、またはプライドが高い武芸者にとって、決闘の申し出は絶対に受けなければならない。
無論、断る事も出来るが名誉が傷つけられるし、そんな事をすれば臆病者と罵倒され、末代までの恥だ。
例え相手が格上だとわかっていても、決闘は受けなければならないのだ。
レイフォンは冷たい声で言いながらも、未だに錬金鋼を叩いている。
カチン、カチンと言う音が冷たく店内に響いた。

「ま、ま、ま、待ってくれ。俺は本当は武芸科じゃないんだよ。この制服は、ちょっと着てみただけでよ。決闘とか勘弁してくれよ」

だが、それが武芸者でないなら話は別だ。
そして明かされた事実に、店内がざわざわとざわめく。

「それは大変だね。立派な校則違反だ。『制服は、生徒自らが自分の証明を示す身分証明の一部であり、理由なく所属を別にする制服を着用した場合、これを罰する』これもしっかり、生徒手帳に書いてあるよ」

更に店内がざわめく。
生徒会長、カリアンの登場に店内が騒然とする。

「決闘をやるよりはましだ……ましです!」

男は青くなり、悲鳴を上げるように制服を脱ぎ捨てる。
それを見て、レイフォンは錬金鋼を叩くのをやめた。
カリアンもふむ、とつぶやいて笑みを向ける。

「それで、なんであなたは武芸科の制服を着てたんですか?」

レイフォンは表情はそのままで、男に問いかけた。

「へ、だから……ちょっと着てみただけで……」

「嘘はいいんですよ。なんでです?」

嘘は許さない。そういう雰囲気を込めて、レイフォンは再び問いかける。
もしまた嘘を言えば、校則とかには関係なく錬金鋼を抜き、切ると言う雰囲気を纏っていた。

「ひぃっ……頼まれたんだよ、そいつに!」

もはや泣き叫びながら、鼻水を垂れ流してウェイトレスの1人を指差す。
指差されたウェイトレスはとても苦々しそうな表情をし、男を睨んでいた。

「ちょ、あんた、何言って……」

「この制服を見て、こいつに因縁をつけろって!それで一番人気のこいつが辞めればミラの売り上げが落ちるからって。そうすればギャラが貰えるんだと」

ウェイトレスが否定しようとするが、もう遅い。
男は全てをぶちまけ、叫んでいた。
ちょっと調べればわかることだし、ここにはカリアンもいる。
この学園都市で一番の権力を持つ彼がいる故に、この後の後始末など容易な事なのだ。
未だに唖然、騒然とする店内の中、やっと表情を元に戻したレイフォンはフェリへと振り返った。

「大丈夫ですか?フェリ」

とても優しい笑顔で、彼女へと笑いかける。
さっきまでの表情と雰囲気が、まるで嘘のような顔だ。
その顔を見て、フェリは少しだけ、嬉しそうに笑った。
レイフォンが、自分のために行動をしてくれたのは嬉しい。
男の発言にショックを受けたのだが、今はあたふたと慌てる男と元凶のウェイトレスを見て、ざまあみろなんて思っている自分がいたりする。
だけど、だけど……レイフォンは何をしているのだろうか?
兄も一緒になって、半ば悪乗りをしている。
これは少しだけ、懲らしめる必要があるのだろう。
自分のためにやってくれたのは本当に嬉しいが、店内でこのような騒ぎを起こしたのはいただけない。
フェリは小さな笑みで、そして少しだけ息を吐いて、レイフォンとカリアンの脛に向けて足を振りかぶった。





































もう、すっかり夜も深まってしまった。
バイトの時間が終わり、フェリは店から出る。
すると出口には、見知った顔があった。

「お疲れ様です、フェリ」

レイフォンだ。
自販機で買ったジュースをフェリに渡し、笑顔で出迎える。
そして何故か、彼の周りにはカメラの残骸があった。

「……もしかして、ずっと待ってたんですか?」

「はい。ついでに、ちょっとしたゴミ掃除を」

「?」

フェリには意味がわからない。
レイフォンは、フェリの笑顔を写真に取ろうとしたファンクラブのメンバーやシャーニッドなどを撃退していた事を、彼女は知らない。

「さっきはすいません……そして、ありがとうございました」

「え……?」

共に夜道を歩き出した2人。
レイフォンの隣で、フェリがポツリとつぶやく。

「ああ、別に気にしないでください。それとすいません、僕も騒ぎを起こしてしまって……」

あの後、カリアンがしっかりと後始末をしてくれた。
あのような事を企てたミラのライバル店を探り、その店はミラに吸収合併される事が決まっている。
ただ、そのきっかけとなった騒動で、フェリはレイフォンの脛を蹴った事を、そしてレイフォンは騒ぎを起こした事を謝っているのだ。

「では、お互い様と言う事で……」

「そうですね」

2人して苦笑する。
まただ……あんなに苦労した笑顔が、レイフォンの前だとこんなにも自然に出てくる。

「フェリ」

「なんですか?」

一緒に歩き、フェリを自宅へと送りながら、レイフォンは言った。

「制服、とっても似合ってましたよ」

「……ありがとうございます」

レイフォンの言葉にどうしようもない嬉しさを感じ、フェリはまたも小さく笑う。
笑いながら、レイフォンとフェリは帰路へとついた。
































あとがき
原作、クール・イン・ザ・カフェのお話。
レイフォンとフェリが付き合っている故に、こんな話に。
と言うかカリアンとレイフォンがw
アニメの要素も、ちょっとぶっこみました。カリアンがまさにそれですねw
何してんだろ、俺……

原作でも多少、暴走してた(個人的見解で)レイフォン。
この作品では更に暴走しました。
うん、でもまぁ……これでも制御した方?
ここのレイフォンは、原作のニーナ以上にフェリに依存しています。

それはそうと、原作13巻を読んだんですけどね……なんなんでしょ、あの話?
いや、面白かったといえば面白かったんですが、あの展開はどうかと思ったんですよ……
なんかニーナが天剣みたいなの使ってますし、そもそもゼロ領域がどうとかこうとか、そんな訳がわからない用語が出てきて……
しかもなんか、レイフォンの強さが天然ものではないかなんとか、これってどうなんでしょう?
なんにしても一番、これってどうなんだって思ったのが、ニーナがチート化したことですかね。
廃貴族で剄が増幅、しかも天剣なんて……下手したらレイフォンより強いんじゃないんですか?
そんなの、隊長じゃない……
やばい、ニーナは嫌いじゃないのに、嫌いになってしまいそうです……
まぁ、話は14巻を読んでからと言う事になりますが、バイトや執筆で忙しいので、時間をかけて読んでみようと思います。

しかし、クラリーベルはいい性格してますね、かわいいです。
感想などで、なんだかんだで評価が高いのも納得です。まぁ、この作品は相変わらずレイフォン×フェリをコンセプトにしますから、クラリーベルの出る可能性は低いですが……
ですがね、レイフォン容赦ねぇって思いました……腕飛ばしますか、普通……
なんだかんだと突っ込みどころが多かった、13巻です。


……………あれ?あとがきのはずが原作の感想、愚痴に?
いや、面白かったんですけどね、原作は。
まぁ、なんだかんだでこんな感じに、今回はこれまで。次回もがんばります。
次回は原作3巻スタート……ではなく、たぶん隊長とロリコンが暴走します。
レイフォンとフェリも活躍できるようにがんばりたいです。



PS それはそうと、前回の話は色々と賛否両論でした(汗
いや、一応漫画そのままになったのは自覚してて、これ、いらなくないとも思ったんですが、レオを登場させるにはやっぱり必要かなと思いまして(苦笑
ここのレイフォンはフェリ一筋な訳でして、レイフォン×ニーナフラグが立つなんてありえないわけなんですよ。
故に、ニーナ関連のフラグなら彼かな?なんて思い、色々と再登場シーンを考えたりしたわけで……なんだかんだで、レオみたいなキャラは好きですw

ちなみに、レオはオリバーと同室だったりします。
会話では『あの1年生』、『この1年生』ってな感じで、名前を出していなかったので十七小隊に通っていた1年生がレオだって事を知りませんでした。



[15685] 16話 異変の始まり (原作3巻分プロローグ)
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:9a239b99
Date: 2010/04/15 16:14
「ふう……」

思わずため息が漏れる。
無数のざわめきがどんなに下から湧き上がってこようと、ここは静かだからこそ目立つ。
リーリンは自動販売機で買った紙コップのジュース片手に、背もたれのないベンチに腰掛けた。
グレンダン上級学校にある、休憩室は吹き抜けになった二階構造だ。
昼間などは、この二階部分にも生徒達がやってきて賑やかなのだが、放課後の今では一階部分だけで事足りる。
休憩室はここだけではないし、飲み物などを求めてやってくる運動部連中などは、もっとグランドや体育館に近い場所に行く。
それゆえに図書館に近いこの場所は、割合静かだ。
上級生達の一団、おそらく文科系クラブの連中が一階に集まっていたが、彼らの話し声はこちらに届いては来るものの、ここまで届く頃には意味のない音の塊となっている。背景の一部と思ってしまえばうるさくもない。

「ふう……」

もう一度ため息をつく。
憂鬱だ。これ以上ないほどに、そして何もやる気が出ないほどに。
気だるく、全ての行いがめんどくさいとすら思う。
全然手のつかないレポートを図書館に放置し、リーリンは紙コップのジュース、熱く、甘いココアに口をつける。

『都市間交流における情報更新の意義と経済効果』

教授がいきなり、リーリンにこのテーマのレポートを押し付けてきたのだ。
提出期限は一週間後で、まだ時間があるといえばそうなのだが、そもそも上級学校に入ったばかりのリーリンにこなせる課題ではない。
それっぽい専門書をひとつ紐解いてみても、そこには意味不明の専門用語が並び、それを理解するために別の本に手を伸ばし、そしてまたその本の内容を理解するために別の本も引っ張り出さないといけない。

「……うう、基礎知識そのものが足りてないのよね。そもそもの数字が理解できないんじゃ意味がないじゃない。まったくもう……どうしろって言うのかしら?」

それがこの最悪で、憂鬱な気分の原因のひとつではあるのだが、それよりもリーリンを憂鬱にさせるものがあった。
それは、ツェルニから届いた幼馴染の手紙だ。普段ならとても喜ばしく、嬉しい事なのだが……今回ばかりは憂鬱となってしまい、リーリンをどす黒い雰囲気が包み込む。
制服の胸ポケットにしまっていた手紙を取り出し、リーリンはそれを読む。
その内容は、次のようなものだった。



元気かな?こちらはやばいくらいに元気です。
いや、元気と言うより、自分でも引くくらいにテンションが高いです。
どうしようリーリン?なんと僕に、彼女が出来ました。
いや、その、本当にどうしよう?こんな事相談できる人といったら君しか思いつかなくて……

小隊には入れられたのは前に言ったよね?
その人はそこのひとつ上の先輩で、フェリって言うんだ。
とっても綺麗な、長い銀髪をしていて、先輩にこんな事を言ったら失礼なんだろうけど、小さくてとても可愛い人だよ。今度、写真を送るね。
なんにせよ、僕はどうしたらいいのかな?
武芸しかやってこなかった僕には、どうすればいいのかわかりません。
こんな僕に出来る事といったら……やはりフェリを護る事。これでも、一応天剣授受者だった僕だから、そんじょそこらの相手には負けないという自負もあります。まぁ、それ以外に出来ることがあるとは思わないけど……
はは、自分で言ってて、少し悲しくなります。君にはよく脳筋なんてたし、自分でもそうなんだって思ってるんですけど……

それはさておき、今度そのフェリと映画を観に行く事になりました。どうしよう?
こんな事は初めてで、どうすればいいのかわかりません。本当にどうしよう?
……なんだか僕、どうしようばかり言っているね。それほどまでに悩んでいると言う事です。
女の子と2人で映画を観に行く、いわゆるデートというものを経験した事のない僕にはどうすればいいかなんてわかりません。
リーリン、何かいい案ないかな?
あ、でも、都市間を行き来する不定期な手紙だと聞いても間に合わないかもしれません。
最悪、この手紙が届く前にフェリとのデートの日を迎える可能性が……むしろそっちの方が高いね。
……本当にどうしよう?



ここまで読んで、リーリンは手紙を読むのをやめた。
後半には汚染獣がどうだとか、レイフォンの身の回りのことも書いてあるのだが、ここまで読んで読む気が失せてしまった。
手紙の前半で盛大に惚気るレイフォンに向け、行き場のない怒りを抱く。いや、もはや殺意さえ感じていた。
手紙をくしゃくしゃになるように握りつぶし、リーリンの眉はヒクヒクと痙攣している。

「うん、レイフォンは元気でやってるみたいだね……それは別にいいんだけどさ、いや、よくないけど……」

元気そうな幼馴染に安心するようなセリフと、後半は意味のわからないことを言うリーリンだが、彼女の心境はかなり複雑だった。いや、単純なのかもしれない。
怒り、殺意、敵意、悪意。そう言った憤怒の感情。それ故に単純で、真っ直ぐに、ここにはいないレイフォンへと向いている。

「女の子と2人で映画を見に行くのが、デートが初めて?前に私と2人で出かけたことはあったけど……それは数に入ってないんだ。へぇ……」

更にどす黒い感情がリーリンに芽生え、レイフォンに向ける憤怒が更に増幅する。
確かにあの時は、レイフォンと映画やら甘味などを食べに行った時はお互いにまだ幼かったし、そう言う事を意識していなかったと思う。
だけどリーリンだって女の子、しかもかなりの美少女だと言う事で、手紙だとはいえ眼中にないようなことを言われては傷つく。
いや、今のレイフォンには本当に眼中にないのだろう。それほどまでに現在はフェリと言う女性に夢中で、そして自分はレイフォンに恋愛の対象として見られていなかったと言う事だ。

「ああ、まったくもう……」

鈍感すぎる、デリカシーもない幼馴染の事にリーリンは悪態をつき、更にレポートをやる気が削がれてしまう。
脱力し、気だるい。もういっそのこと、このままベンチで不貞寝してやろうかと考えてると……

「クッ……」

「?」

かすかな、声を押し殺したような笑い声が聞こえてきた。
誰もいないと思っていたのに、誰かいた。

「え?」

振り返ると、リーリンの背後、壁際のベンチに1人の青年が腰掛けていた。

「や、失礼」

リーリンはその青年の出現に、と言うか、さっきからそこにいたのだろうが……なんにせよ、みっともないところを見られたと頬が熱くなる。
手紙を握りつぶし、何度もついたため息。
そして憤怒などの負の感情で歪んでしまった表情。
どれを取っても人には良い印象を与えないだろう。
だが、それでも未だに笑っている青年の姿を見て、流石にむっとして睨んだ。
長い銀髪を後ろでまとめた青年で、女性でも嫉妬してしまいそうなほど綺麗な髪をしている。薄着になるにはまだ寒いというのに、両腕が剥き出しになった薄地の服を着ている。
誰も彼もが好感を持てるような甘いマスクで、笑い方にもどこか品があった。
だが、笑われているのが自分自身では好感なんて持てないし、ハッキリ言って怪しい。

「……どなたですか?この学校の人には見えませんけど」

むき出しとなった両腕は、びっしりとした筋肉が皮膚を押し上げている。
学生という雰囲気ではない。その逞しい腕から予測するに、おそらく武芸者なのだろう。グレンダンを歩いていれば武芸者なんて珍しくもないし、生徒にも武芸者はいるのだけど、この青年が上級学校の生徒には見えない。

「うん、君の言うとおり、ここの学生ではないよ」

青年自身も肯定し、笑みの余韻を残しながらも笑いで体を震わせるのをやめた。

「じゃあ、何か御用ですか?それなら事務局は……」

「やっ、この学校に用はないんだ」

さっさと消えて欲しい。そう思って事務的に物を言おうとしたリーリンを、青年は制する。

「用があるのは君になんだ、リーリン・マーフェスさん」

「へ?」

その言葉にリーリンは唖然とするが、次の青年の言葉に呆れてしまう。

「あ、言っておくけど、これはナンパの類ではないからね」

「……なんでわざわざそんなことを言うんですか?」

「うん、なんでだかわからないけど、僕が女性に声をかけるとそういう風に受け取ってしまわれる場合がとても多いんだ。だから、一応念のため」

「自信過剰ですね」

確かに、この青年に声をかけられるとそういう風に夢想してしまうかもしれない。
変なところを……レイフォンの手紙を読んで、どす黒い感情を抱いて唸っているところを見られたり、笑われたりしていなかったらリーリンだってそう思っただろう。
もちろん、その場合は丁重にお断りするつもりだが。

しかし、こんな前置きまでされてしまうと、その容姿とあいまって嫌味だ。本人にそのつもりがなさそうなところが特に。
故に、リーリンはどこか棘がありそうに返した。

「そんなつもりはないんだ。僕は本当にそんなつもりはないんだよ?」

「そう言う事が聞きたいわけではないです」

青年はおそらく、理解が出来ないのだろう。そんな気がした。
邪気がまるでなく、そういうところが子供っぽい。
だけどそれはリーリンには関係なく、彼の要件と言うものが気になる。
……怪しいし、あまりいい予感はしないのだが。

「それで、一体何の御用なんですか?私、これでも忙しいんですけど」

片付ける気力の湧かないレポートも、こんな時は良い断りの材料だ。
武芸者は基本的に高潔な人が多いけど、だからといって武芸者の犯罪が存在しないわけではないし、武芸者でなかったとしても、見ず知らずの男性に用があるといわれてほいほい付いていくつもりはまるでない。

「うーん、その忙しい理由ってもしかして、ランディオン教授のかな?それなら、もう何もしなくていいよ」

「え?」

「僕が教授に、学校に残ってくれるように取り計らってくれって頼んだんだ。『リーリン・マーフェスは優秀だから、簡単な用ならすぐに片付けてしまう。よし、ちょっと無理なレポートでもやらせてみよう』なんて言ってたから、もしそれなら、しなくてもいいよ」

「……なんですか、それは」

どういう風に驚けば良いのかわからず、リーリンは脱力した。
あの難物の教授にそういう頼み事が出来る青年も謎だが、そんな理由であんな難題を押し付けられたとわかると、なんだか色々と、情けなくなってくる。

「それこそ、事務局にでも行って、呼び出すなりなんなりすれば……」

脱力したままそう言うと、青年は平然としたまま答えた。

「出来るだけ隠密に片付けたかったんでね……レイフォンにも関わる問題だし」

「え?」

その答えに、一瞬リーリンの時間が止まった気がした。

「うん。まぁ、そこまで気にする事でもないのかもしれないけど、レイフォンが関係するとなると、色々敏感になっちゃう人達もいると思うんだ。だから、内緒で君に会いたかったんだ」

「あなた……一体」

「君にとっては不快な話かもしれないけれど、これもまぁ、なにかそう言う……うーん、運命?そういうようなものだと思ってくれるとありがたいんだけど」

「……はぁ」

空返事をしながらも、リーリンはもう理解していた。
この青年が何の目的でリーリンに近づいたのか……それはまったく理解できないのだけど、この青年が何者なのかは理解できた。
教授が青年の頼みを聞くはずだ。
彼らの頼みごとを無視できる人間なんて、このグレンダンでは陛下くらいのものだろう。
そして理解してしまえば、この青年の名前も浮かんでくる。

「それで、私に……」

どこかおそるおそる、リーリンがそこまで言ったところで……

「ひゃっ!?」

いきなり、引っ張られた。
視界が急激に溶けていく。静から動への変化の過程がまるで認識できなかった。
薄暗い休憩室の光景が溶けて線になって、あとはもうなにがなんだかわからない。
リーリンは凄まじい勢いでなにかに引っ張られていた。

「ああもうっ!」

すさまじい勢いで引っ張られているリーリンの横を、青年が駆けている。
全ての景色が溶けている中で、青年の姿だけが普通に見る事が出来た。
つまり、リーリンが引っ張られる速度と同等に動いていると言う事で、流石は武芸者と驚愕に値する動作だが、そんな事をリーリンが気にする余裕はなかった。
休憩室の外にまで引っ張り出されたリーリンは、そのまま宙を舞った。上に引き上げられたのだ。
無理な力が加わった痛みはなく、リーリンはただ、なんだか良くわからない力に覆われたように感じながら空へと放り出される。

「きゃっ」

屋上にまで引っ張り上げられたリーリンは尻餅をついたものの、そこでようやく人心地つけた。
学校の周辺を見渡せる屋上には、既に先客がいた。いや、おそらくは彼がここまでリーリンを引っ張ってきたのだろう。
何故ならリーリンは彼を知っているし、レイフォンから話を聞いている。
なんでもレイフォンの、鋼糸の師匠らしい。リーリンを引っ張った物も、おそらくそれだ。
その師匠はぼさぼさの髪に無精髭の、むさくるしいコート姿の男だ。
何が気に入らないのかと言うぐらいに鋭くした瞳は、リーリンではなく屋上からの風景を睨み付けていた。

「なんでこんな力業をしますかね、あなたは」

悠々と屋上に辿り着いた青年が、非難がましい目をコートの男に向ける。
それでも、コートの男は風景を睨み続けていた。が、青年に対する返答はする。

「お前の話は無駄に長い。イライラする。いったい俺を何万日ここで待たせておく気だ?そこの娘と結婚式を挙げるまでか?」

「いたいのなら何日でもどうぞ。あなたはどこにいたって陛下の用をこなせるのでしょうし」

「笑えんな。陛下の用など、俺は生まれてから一度も聞いた事がない」

「あなたがそう思ってないだけでしょうに、リンテンスさん」

「汚染獣を何億匹虐殺したところで、それは陛下の命ではなかろうが」

「この都市を護る事こそが、陛下が僕達に与えてくださった最大の命ですよ」

「お前とは幾星霜話しても平行線だな」

「そうですね、僕もこれ以上人生の無駄遣いはしたくありません」

つまらなそうにコートの男……リンテンスが鼻を鳴らし、青年も肩をすくめた。

「……それで、ですね」

緊迫しているのか、和んでいるのかイマイチ判断のつかないやりとりに言葉を挟んで、置いてけぼりを食らったリーリンは2人を見た。
なんでこんな事になったのだろう?そう思いながら。

「えーっと、サヴァリス様とリンテンス様ですよね?なにか御用ですか?」

リーリンは2人の武芸者を、グレンダンの誇る12人の天剣授受者、レイフォンが抜けたので11人だが、その内2人を見つめながら、そう問いかけた。









































「4番、レイフォン」

「……フェリ、歌います」

「曲は、ヤサシイウソ」

マイクを握り、レイフォンとフェリの歌声が店内に響く。
学園都市ツェルニには、商店の集まる通りがいくつかある。中でも一番栄えているのは放浪バスの停留所があり、放浪バスに乗ってやってくる都市の外の人間が泊まる宿泊施設もあるサーナキー通りだ。
そのサーナキー通りにあるミュールの店にレイフォン達はいた。
半地下の、カウンターとわずかばかりのテーブルしかない店では普段はアルコールが振舞われているのだが、今夜ばかりはそれらの瓶のほとんどがカウンターの奥で留守番させられ、普段はつまみなどの軽いものしか並ばないテーブルでは、大皿にここぞとばかりの大量の料理が盛り付けられていた。

「へぇ……レイフォンもフェリちゃんも歌がうまいんだな」

感心したように、麦酒の入ったコップに口を付けてシャーニッドが言う。
この店内には本来歌うための機材はないのだが、客の誰かが持ち込んだらしいカラオケの機材で現在レイフォンとフェリが歌っていた。
現在、この店内にいる客は第十七小隊のメンバーと、その友人達ばかり。
ここ最近好調で、連勝を続ける第十七小隊の祝賀会と言う事でこの店を貸しきっているのだ。
本来なら、フェリはこう言うのがあまり好きではないから1人で帰ろうと思ったのだが、レイフォンがいるわけだし、そして彼に誘われたので渋りはしたが、一緒に歌うこととなった。
そんなわけでこの構図、デュエットする2人が出来上がっていた。
そしてこの2人、本当に歌がうまい。
レイフォンとフェリの声が合わさり、透き通るような歌声が店内に響き渡る。
しかもレイフォンとフェリも絵になるような美形であり、それこそまさに芸術品の絵画のようであり、その姿は店内の客達の視線を集めていた。

「エリプトン先輩は歌わないんですか?」

「歌は勘弁。俺の歌は大衆に聞かせるもんじゃないんでね」

この店でバイトをしているオリバーが、カウンター席に腰掛けるシャーニッドに問う。
その返答は、少々キザったらしかった。

「あら、じゃあどんな時に?」

今度はバイト先のオリバーの上司であり、カウンターの奥に立つ店の主人らしい女性がシャーニッドに問う。

「誰かさんと2人っきりになった時」

「ふうん、その誰かさんは今夜は誰なわけ?」

「きついね」

シャーニッドはそれで会話を中断し、BGMのように店内に響くレイフォンとフェリの歌声に耳を傾ける。
本当にうまい。2人ともそのまま歌手としてやっていけるのではないのかと思うほどだ。
そもそもフェリの場合は去年のミスコンで1位を取ったこともあり、また、ファンクラブが出来るほどの人気からして芸能関係の道に進むことも可能なのだが、それはフェリの性格からしてありえない選択である。
ただ、そう言う道も可能だと言う事だ。

それはさておき、ついには2人の歌が終わる。
終わると、今まで2人の歌が響いていた店内が急激に静かになった。
その静寂さに、レイフォンは何か失敗したのかと思ったが、

「すごかったよ、レイとんとフェリ先輩」

「ホントにうまかったな」

ミィフィとナルキの言葉を合図に、遅れて湧き上がる歓声。
先ほどの静寂がうそのように、今度は店内を歓喜が包み込む。

「どうも……」

「……………」

照れくさそうに、頬を掻くレイフォンと、相変わらず無表情なフェリ。
だけどここ最近、レイフォンにしかわからないほどだが表情を変化させ、嬉しそうにしているのは気のせいではないだろう。
今度はミィフィが対抗意識を燃やしてきて、先ほど歌ったばかりだがまたもマイクを取っり、ハイテンションに歌い始める。
それに苦笑し、レイフォンとフェリはカウンターへと向かった。
歓喜に包まれた店内も落ち着き、皆、それぞれの場所で会話を再開する。

ナルキはメイシェンと一緒にいて、何故か落ち込んでいる彼女を励ますような事を言っているようだったが、ニーナに声をかけられて困惑している。
騒がしい店内故によく聞こえないし、レイフォンも対して気にせずにカウンターに座り、ジュースの入ったコップを口に付けた。
隣ではフェリが、レイフォンと同じものを飲んでいる。

「それはそうと、フォンフォン。明日……ですよね?」

「はい」

フェリから告げられる話題。
それは約束だ。この前の汚染獣戦の前に、今度の休みの日、2人で映画を観に行くと約束をした。

「フェリが言ってた、観たい映画ってのはなんです?」

「秘密です……観てのお楽しみと言う奴です」

それが今から、とてつもなく楽しみだ。
柄にもなく、まるで子供のようにわくわくしていた。
レイフォンも、そして表情には出ていないがフェリもだ。

「お2人さん、最近はずいぶん仲がいいね」

「シャーニッド先輩?」

そんな2人に、ニヤニヤした表情のシャーニッドが語りかけてくる。
まるで面白いものを見つけたと言わんばかりの、玩具を見つけた子供のような表情だ。

「前回のミラん時からそうだったけど、いつから呼び捨てで呼び合うようになったのかな?まぁ、お前の場合は前々からフォンフォンなんて呼ばれてっけど」

「あ、そういえば最近人前で先輩って付けるの忘れてたような……ま、いっか」

「あり……?」

ニヤニヤしていたシャーニッドだが、そっけなく答えるレイフォンに肩透かしを喰らってしまう。
うろたえるレイフォンの姿を予想したのだが、予想を裏切るレイフォンの反応。
最近、本当に変わったと思うレイフォンだが、この反応はシャーニッドからすれば面白くはなかった。
前回、フェリの笑顔の写真を撮ろうとしてレイフォンにカメラを破壊されたので、その恨みとして思う存分からかおうと思ったのだが……

「なんつうか、ガチなわけねぇ」

「へ?」

「なんでもねぇよ」

からかう要素などまるでなく、本気でフェリに好意を寄せているらしいレイフォン。
これを知ったらニーナや、レイフォンに好意を寄せている、メイシェンと言う同級生の少女は落ち込むだろうなと思いつつ、自分には関係ないとばかりにシャーニッドは麦酒に再び口を付ける。
この鈍感君はもう少し周りを見るべきだと思いつつ、ある意味鈍感じゃないからフェリとこのような関係になったのか?などと思案する。
レイフォンの隣では、フェリが不機嫌そうにシャーニッドを睨んでいた。
別にお邪魔虫をするつもりはないので、シャーニッドは早々に引き下がる。が……

「盛況だな」

空気の読めない人物は存在するらしく、店の扉が開く音と共に、ミィフィの歌声にまぎれて声が聞こえる。
その声を聞き、レイフォンは入り口を見た。

「フォーメッドさん?」

「よう。調子はどうだ、エース」

フォーメッド・ガレン。都市警察強行警備課の課長は厳つい顔に似合わない笑みを浮かべてやってきた。

「そう言う呼び方はやめてくださいよ」

「なに、本当のことだろう。ツェルニでお前さんに勝てる奴はいないんじゃないかって、もっぱら噂になってるぞ。本人はどう思う?」

当たり前のようにレイフォンの隣に腰を下ろすと、女主人に飲み物を頼みつつ、置かれていた料理に手を伸ばしていた。
その遠慮のない態度に、フォーメッドの反対側のレイフォンの隣に座っていたフェリが、かなり険悪な表情をしていた。
表情の変化は小さいが、雰囲気でなんとなくわかる。

「そういうのはどうでもいいですよ。ただ強いだけじゃ、肝心なことは何も出来ませんから」

「ふん、他人のことは言えんが、お前さんは歳の割に達観しているみたいだな。痛い目にもあったことがあるようだ」

そんな雰囲気は露知らず、レイフォンとフォーメッドは会話を続けていた。
レイフォンはフェリに好意を寄せ、フェリもまたレイフォンに好意を寄せている。
そして告白し、現在は恋人同士という関係にあるのだが……やはりレイフォンはレイフォンで、根の部分は鈍感らしい。
シャーニッドは巻き込まれたらたまらないとレイフォンから距離を取り、女主人とオリバーもフォーメッドの飲み物をカウンターに置いてすぐに退避する。
そんな周りの動作に気づかずに、レイフォンは続けた。

「で、今日は何かの急ぎの用事ですか?ナッ……ナルキならあそこにいますけど」

愛称で呼びそうになったので呼びなおし、レイフォンはニーナの隣で困り果てた顔をしているナルキを示す。

「やれやれ、世話になった人物の祝い事に駆けつけたと思われんのが、寂しいところだな」

そうは言ってるが、フォーメッドは不快な様子は一切なく、逆に楽しそうに笑っている。
だが、フォーメッドのその笑いにフェリの表情はさらに険悪になる。
祝いはいいから、さっさと帰れと無言で語ってくるようだった。

「まぁ、お前さんにお出向き願うような事件はそうそうないんだがな……まぁ、もしかしたら頼むかもしれん事がひとつある」

「はぁ……」

はっきりしない物言いに、レイフォンは生返事をするしかなかった。
フェリは相変わらず、フォーメッドとレイフォンを睨みつけている。

「それほど急を要する事ではないんだが……」

ちらりと、フォーメッドの視線がレイフォンの飲み物に注がれた。

「酒じゃないですよ?」

「そのようだ。俺が言うのは立場的に問題があるようだが、こういうときは酒を飲んだって問題ないと思うぞ」

「あまり、そういう気にはなれないんですよね」

「ま、堅苦しくない程度に真面目なのはいいことだ……お前さんのとこの大将は真面目が過ぎるようにも見えるがな」

フォーメッドの視線がニーナに向き、レイフォンもそちらを見た。
まるで真面目が服を着ているような人物、それがニーナだ。

「いい人ですよ」

ニーナを見ながら、レイフォンは言った。
確かに硬いが、ニーナ個人としてはいい人物と取れるだろう。
善人過ぎ、愚直なほどに真っ直ぐではあるが……

「前回の武芸大会は、確かにあまりに惨めな負け方だったからな。お前さんのとこの大将のような人間が出てくるのは、ツェルニ(うち)にとってはいいことだろう」

フォーメッドもそう言って頷く。
そして、今の言葉を聞いて前から思っていた疑問を尋ねた。

「前の大会はそれほど酷かったんですか?」

前の大会、それは言うまでもなく2年にごとに行われる都市の戦争、都市戦のことだ。
都市の動力であるセルニウムが発掘される鉱山を賭けて戦うのだが、現在このツェルニにはその鉱山がひとつしかない。
故に負けられないので、現在ツェルニの武芸者達は気合が入っているのだが、1年生のレイフォンは前の都市戦の事を知らない。

「ああ、あれは酷かったな」

思い出したのか、フォーメッドが渋面な顔を浮かべた。
それほどまでに、前の都市戦は酷かったらしい。

「まったく手足も出なかったんですよ。やることなすこと全て先読みされて防がれて、作戦なんてあったもんじゃありません。おまけにこちらの動きは筒抜けで隙を突かれて……優秀な念威操者でもいたんじゃないですか?」

フォーメッドが答えようとしたが、フェリが制するように先に言う。
彼女の学年からして武芸大会に直接参加し、見たわけではないのだが、その辺りはカリアンにでも聞いたのか、5年生ではあっても武芸科ではないフォーメッドよりは詳しく知っているようだった。
その話を聞き、レイフォンは『そうですか』と頷く。その頷きを見て、フェリはどうだと言わんばかりの視線をフォーメッドに向けていた。
相変わらず、表情の変化は小さいので一見無表情に、不機嫌そうに見えるのだが。

「それはそうと、グレンダンの武芸者ってのは、皆お前さんらぐらいの才能が要求されるものなのかねえ?」

不意に、フォーメッドがそう尋ねてきた。
その言葉に、フェリの表情がさらに不機嫌になる。

「……いえ、そう言う訳でもないですけど、どうかしましたか?」

「いや、な。グレンダンの生徒ってのはお前さんの他には今日対戦した第五小隊の隊長くらいなんだが、その2人ともが小隊員だ。こう言っちゃ何だが、都市の外に出られる武芸者なんてたかが知れてるって言うのが、偏見かもしれないが俺の感想だ。その感想からしたら、『たかが知れてる』でこんなのだから、本場のグレンダンってのは化け物ぞろいなんだろうなと思ってな」

「はぁ……」

否定はしない。少なくともレイフォンクラスの化け物が、グレンダンには12人は存在する。
正確にはレイフォンが抜けたので11人だが、それに加えてその11人を普通に圧倒するとんでも女王様がいるので、やはり12人だろう。
そんなことを考え、あいまいに頷きながらレイフォンは思ったことを尋ねた。

「ゴルネオ・ルッケンスはグレンダンの出身ですか?」

今日試合をした、第五小隊隊長のゴルネオ・ルッケンス。
ルッケンスの家名、そして彼の姿に……とは言っても、髪の色くらいしか似てないのだが、とある人物を思わせる。
天剣授受者であり、元同僚の彼の姿を。そして彼と同じく、化錬剄と体術を得意としていたことから、さらにそのイメージは鮮明になる。

「ああ、そのようだ。なんだ、知り合いだったか?」

「いえ、直接は知りませんけど、ルッケンスという家名に覚えはあります」

「ほう。それならいいとこの子なのだろうな」

フォーメッドの言い様に、レイフォンは微笑した。

「あの人がどうしてここにいるのかは知りませんけど、僕やあの人にだって自分の実力にそれなりに自信を持ってますし、ツェルニに来られる歳までに何度も試合をこなしています。化け物ももちろんいますけどね」

その化け物の1人が自分だったとは、流石に言えないが。

「それを聞いて安心した」

冗談めいた笑いを浮かべるフォーメッド。
ただ、そんな彼に突き刺さる鋭い視線。

「……用件は、以上ですか?」

底冷えしそうな声で、フェリが睨むように言った。

「あ、ああ……その、なんだ。せっかくだから俺はゲルニに挨拶して来るとするか……じゃあな、アルセイフ君」

「あ、はい」

ついにはその視線に耐えられなくなったのか、むしろ今までよく耐えたと言うべきだが、フォーメッドが席を立ちナルキの元へと向かっていく。
そして、フェリの険悪の雰囲気を恐れてか回りには人が近づかなかったために、やっと2人だけの空間が出来上がる。

「一体、どうしたんですかフェリ?」

そしてやっとフェリの異変に気づいたのか、レイフォンが彼女に声をかけた。

「……鈍感」

「え……?」

そんなフェリからつぶやかれた言葉に、レイフォンは納得できないというように声を漏らす。
何故かフェリが不機嫌そうで、いきなり鈍感などと言われたのだ。レイフォンにはその理由が理解できない。

「駄目……ですか?あなたを独占したいなんて思うのは」

「フェリ……」

小さく、本当に小さな声でつぶやかれたフェリの言葉。
だけどそれはレイフォンにははっきりと聞こえ、彼の服の袖をフェリがつかむ。

「私がここにいるのは、フォンフォンがここにいるからです。じゃなければ歌なんて歌いませんし、最初からここにもいません。あなたと一緒にいたいから……」

酒も飲んでいないと言うのに、フェリの顔が赤い。
か細い声だが、だけどハッキリと言う彼女の言葉に、レイフォン自身も真っ赤になってしまいそうなほどだった。

「あなたは、私だけを見てくれればいいんです……嫌、ですか?駄目ですか?」

「フェリ……」

強制はしないのだろうが、フェリの小さな我侭。
それを聞いて、なにを今更と思ったのだが、フェリはさっきは寂しかったのではないかと思う。

「それに……いつまたあんなことを言うかわかりませんしね。フォンフォンは嘘吐きで、無茶をしますから」

「あはは……」

フェリの言葉に苦笑し、レイフォンはまたも頬を掻く。
あんなこととはもちろんこの間の汚染獣戦に関することで、その時に言った遺言もどきがフェリをそうさせるのだろう。
あの時レイフォンは嘘をつき、約束を破ろうとした。
だからこそフェリはそのことで怒っており、レイフォンが無事に帰ってきてもどこか怒っているようで、そして不機嫌そうだった。
まぁ、それがフェリの元からの表情で、それ以上に嬉しいこともあったから気のせいとも取れるのだが、なんにせよフェリの言葉に、レイフォンは心から笑えなかった。

「まったく……あなたは本当に。明日の約束を破ったら絶対に許しません」

「破りませんよ」

フェリが小さく笑い、呆れたように言う。
即答で返し、レイフォンは微笑む。





































「ヴァンゼ、これを見てくれ」

「どうしたんだカリアン?」

場所は変わり、生徒会室。
その部屋では主であるカリアンが、武芸長のヴァンゼに1枚の写真を渡していた。

「現在、汚染獣感知のためにツェルニの周りに探査機がばらまかれているのは知っているね?その1機が持ち帰った映像なのだが……」

「まさか!?」

また汚染獣かと、ヴァンゼの表情に緊張が走る。
だが、それを悟ったカリアンが首を振り、その考えを否定した。

「そう言う事ではないよ。画像は汚染物質で粗いが、それは汚染獣ではない」

そう言われ、ヴァンゼは一安心しながらも穴が開くように写真を見つめる。
真剣に見つめ、そして気づいた。

「これは……」



































あとがき
アニメ版レギオス、全24話見ました!
やっとです、DVDや動画なので……
で、サヴァリスが悪役を見事に演じて……最後、どうなったんでしょう?
そしてバーメリン、声がよかったなと思いつつ、レギオスの声は声優さんが皆よかったです。
最初、リーリンが高橋さんで大丈夫かと思って当初は違和感すらあったんですが、後半からはリーリンの声は高橋さんで定着しました。
リーリン、かわいいよぉw
いえ、このSSでは普通にフェリがヒロインなので。くどいようですが一応言っておきます。
しかし声優さんといえば、レイフォンととある科学の一方さんは同一人物らしいですね。
ただ、共通点はあるのか?
『学園都市最強』なんて言う共通点が。性格は真逆ですけどw

まえがきはともかく、今回は久々の原作ストーリーだったので感覚が……
次回はついにレイフォンとフェリのデートなので、楽しみにしていてください。
ちなみにこの作品では、フェリが祝勝会に参加したために探査機にアレを発見してもらいました。
最後のほうでのカリアンとヴァンゼの会話はそれです。



[15685] 17話 初デート
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:9a239b99
Date: 2010/05/20 16:33
「うぉっ、すげーいい匂いだな」

朝、共同のキッチンから漂う匂いに鼻腔をくすぐられ、オリバーはキッチンへと向かう。
そこでは彼より早く起きていたレイフォンが、フライパンと食材片手に格闘していた。

「あ、おはようございます、オリバー先輩」

「弁当か?今日は学校休みだろ?」

調理しながらオリバーに挨拶するレイフォンだが、オリバーは休みの日に朝早くから調理していたレイフォンに疑問を抱く。

「今日は遊びに行くんで、そのお弁当を」

「なるほど、デートか?」

「ええ、まぁ……」

その答えを聞き、オリバーの立てた推測にレイフォンは照れくさそうに頬を掻く。
その動作に微笑ましく感じながらも、そういう相手がいないオリバーは敵意のようなものをレイフォンに向けた。

「はぁ……いいなぁ。俺にもそういう相手が欲しい。ってか、エリプトン先輩はいつになったら俺とミィフィさんの間を取り持ってくれるんだ?」

「はは……」

オリバーのつぶやきに苦笑で答え、レイフォンはフライパンで炒めた料理を弁当箱に盛り付けていく。
キッチンには香ばしい匂いが充満し、オリバーの食欲を刺激した。

「うまそうだな」

「あ、おかずの残りならありますけど、食べます?」

「もちろん」

弁当のおかずの残りを食卓に並べ、それがレイフォンとオリバーの朝食となった。







「フェリ……何をしてるんだい?」

「見てわかりませんか?料理です」

「そうかい……」

朝早くからキッチンに立つフェリ。
その光景に、カリアンの胃がキリキリと締め付けられていた。
今までフェリの料理の実験台にされ続けていたカリアンにとって、それは警戒するには十分すぎる理由。
妹が料理に関心を持ち、その練習をすること自体は喜ばしいことで、何も言わないが……その犠牲に自分があうことは承認できない。

「さて、兄さん。味見をしてもらえますか?」

錬金鋼を復元させて問う妹を目の前に、カリアンに拒否という選択肢は存在しなかった。





































「待ちましたか?」

「ぜんぜん、今来たところです」

待ち合わせ場所、路面電車の停留所にてお決まりの会話を交わすフェリとレイフォン。

「ずいぶん早いですね」

「それはフォンフォンもです。待ち合わせは9時半ですよ」

現在、時間は9時。
本来ならフェリの言うとおり9時半に落ち合い、10時から始まる映画を見に行くと言うプランだった。
だと言うのにフェリもレイフォンも、時間にはずいぶんと余裕を持ってここにいる。

「昨日から楽しみだったので」

「考えていることは同じですか……」

苦笑し、微笑みあう2人。
暫し笑い合っていたが、それを中断し、レイフォンはフェリに提案した。

「行きましょうか?」

「はい」

ちょうど路面電車も来た。
レイフォンとフェリはそれに乗り、映画館へと向かった。





フェリの観たかったと言う映画は、環境映画と呼ばれる部類に入るものだった。
環境問題を背景に取り上げたり、環境問題をテーマとする映画作品の総称だが、この映画は自律型移動都市(レギオス)が存在する前、汚染物質がなく、汚染獣がいない世界を描いたものだった。
海があり、山があり、どこまでも青い空と白い雲がある。
そんな世界に住む人間と、動物達の話。
当然このような映像が本物であるはずがなく、CGなどと言った技術なのだろうが、映像に写る環境、その大自然はとても美しくて壮大だった。
そしてその内容は、とても面白かった……と思う。

「いやぁ……面白かったですね」

「寝てたのに良くわかりましたね?」

「あ、あはは……」

フェリの不機嫌そうな声がレイフォンに突き刺さる。その声を聞き、レイフォンは乾いた笑いを上げる。
途中までは覚えてる。壮大で美しい大地は、レギオスでは絶対に見れない光景だ。
CGと言う偽りの映像のそれでさえ、とても美しく印象に残っていた。
だが、いつの間にか眠っていた。どこで意識が途切れたのかも思い出せないくらいに、綺麗に落ちてしまっていた。

「せっかく誘ったというのに……」

「ホントにすいません……」

不機嫌そうなフェリに、レイフォンは本当に申し訳なさそうに頭を下げる。
だが、確かに自分は寝てしまったのだけど、途中まで観たあの映画はなかなか良かったと思う。

「フェリは、ああいうのが好きなんですか?」

「はい」

レイフォンの問いに即答し、フェリは少しだけ楽しそうに語った。

「憧れるじゃないですか、あんなに綺麗で空気の澄み切った世界。生身のままで都市の外になんか出れば5分で肺が腐って、そうでなくとも汚染物質で肌を焼かれます。人は世界を感じることなんて出来ない。世界は人を拒否している。だからこそ、私は外の世界に憧れるのでしょうね」

汚染された大地。この狭い世界、レギオスの中でしか生きられない人間達。
だからこそフェリは外に憧れ、そういう理由からここの手の映画が好きだったりする。
例えフィクションの話でも、それには夢があるから。趣味の読書でも、フェリはそういった本を好む。

「知ってますか?フォンフォン。汚染獣以外存在できないと言われる外ですが、ちゃんと他にも生命体はいるんですよ」

動物や昆虫と呼ぶのもおこがましい微生物だけど、その哀れなほどに小さい生き物達が大地の奥深くで汚染物質に負けずに生きている事を、生命の雄大さをフェリは知っている。

「知っていますか?夜のエアフィルターの外には、無数の綺麗な星が夜天に浮かんでるんですよ。それは都市の照明なんかより、とっても綺麗なんです」

フェリだからこそわかる、理解できる。
人が生きていけない大地を、レギオスの外を感じることの出来る力、念威がある。
それらを問うしてフェリは見て、聴いて、感じる事が出来る。念威操者であるフェリだけの特権。
そんな世界を知る彼女だからこそ、憧れもまた強い。

「おかしな話ですね。あんなに嫌悪した才能だと言うのに、私はこういうくだらない事に念威を使ってしまいます。あんなに嫌悪した才能だと言うのに、念威を使わずにはいられないんです」

その気持ちは、少しは分かる。
レイフォンは今でこそ武芸に迷いはないが、武芸を辞めようとした時にはどうにも落ち着かなかった。
幼いころから当然の様にやってきた事を辞め、違和感のようなものを感じていた。
おそらくフェリもそれと同じなのだろう。レイフォンと同じように、当たり前のことを辞めようとするのに違和感を感じるのだ。

「少し、話しすぎましたね……そろそろお昼にしましょう」

話題を打ち切り、フェリが言う。
映画を観たのが10時からなので、時間はもう正午を過ぎていた。
時間的にはちょうど良いので、レイフォンとフェリは昼食を取る場所を探すのだった。


































「じゃ、食べましょうか」

「はい……」

錬金科近くの公園を訪れ、レイフォンとフェリはベンチに腰掛けて弁当を広げる。
最近は自分の分とフェリの弁当を作っているレイフォンだけに、やはりその弁当は見事だと言うべきだろう。
ただ、今日は何時にも増して気合が入っているようで、豪勢に見える。
なんと言うか……自分が用意したものを出すのを戸惑わせるほどに。

「あの……一応私も作ってきたんですが……」

「フェリが?」

それでもせっかくなので、同じように並べる。
弁当の内容はレイフォンほど立派ではなく……正直歪だったが、それでもフェリとしてはがんばったし、進歩もあった。

「フォンフォンの言いつけを守ってちゃんと作りましたし、毒見は兄にさせました。兄も食べて無事でしたし……ただ、味にそこまで自信がないと言うか……あ、嫌なら別に食べなくていいです。フォンフォンがせっかく美味しいお弁当を用意したんですから、そっちを食べましょう」

たまにだがレイフォンに料理を教わり、そして自宅でも1人で練習をしたりしていた。
カリアンを実験台にし、再起不能にしたこと多数。だけどそれでも、今日は何とか食べられる物を作り上げた。
だが、いざレイフォンを目の前にし、こんな物を食べさせるのは戸惑ってしまう。
レイフォンの料理とは比べるのもおこがましいほどの差があるわけで、フェリは慌てて弁当を引っ込めようとするが、

「嫌なわけありませんよ。遠慮なく頂きます」

「あ……」

レイフォンはそれを制し、フェリの作った弁当に手をつける。
フェリの表情に緊張が走り、普段から無表情な顔は更に表情をうかがわせない。
レイフォンがおかずを、エビフライをかじる。その動作に息を呑み、感想を待つ。

「うん……随分うまくなりましたね、フェリ。おいしいですよ」

「本当ですか?」

レイフォンの答えに一安心しつつ、フェリも自分の作った弁当に手をつける。
一応毒見はカリアンにさせたし、自分でも味見はした。
それで改めて食べた自分の弁当なのだが……おいしいのだろうか?
食べられる、それだけで少しは腕が上がったのは理解できる。
前に作ったものなんか食べただけでカリアンが意識を失い、レイフォンは苦しそうに無理やり飲み込んでいた。
少なくともこれならばそういう必要はないが……可もなく不可もなく、要するにおいしくなければまずくもない。そんな感じだ。
特徴がないと言うか、味もない。そんな無個性な、微妙な味。
それでも食べられると言うのは事実なようで、レイフォンは次々と料理を口に運んでいく。

「……………」

フェリはレイフォンの作ったおかずを取り、食べた。
相変わらずおいしい。自分の作ったものと比べるのもおこがましいほどに。

「フォンフォン……おいしいですか?」

「はい」

不安そうにフェリが問い、それにレイフォンが笑顔で答える。
だが、おそらく嘘なのだろうと理解する。文句ひとつ言わないレイフォンに感謝しながらも、フェリは正直な感想を聞かせて欲しいと思いつつ、またレイフォンの弁当に手をかける。
美味しい……悔しいほどに。
自分の料理の才能のなさに嘆きながら、フェリは目の前の弁当をレイフォンと共に片付けていくのだった。





「デザートにアイスでも買いましょうか?」

弁当も片付き、食後のデザートにとカラフルな屋台を見る。
それはアイスを売っている屋台らしい。

「いいですね……それじゃ、私はストロベリーにします」

フェリも承諾し、屋台の前に立って商品を選ぶ。
本来なら甘いものが苦手なレイフォンだが、ヨーグルト味のアイスに興味を持って注文した。
無論、ここはレイフォンの奢りだ。
デートと言うこともあり、やはりフェリ(女性)に出させるのには気が引けたし、奨学金Aランクで機関部掃除をしていることから金銭的にも余裕はある。
映画代に関しては、フェリが前売り券を持っていたためにそれで支払われていたが。

「結構甘いですね……フォンフォン、大丈夫ですか?」

「はい、これは結構美味しいですよ」

ストロベリー味のアイスが甘く、甘いものが好きなフェリとしてはちょうどいいのだが、苦手なレイフォンとしてはどうなのかと尋ねる。
それにレイフォンは美味しいと答え、実際にヨーグルト味のアイスはレイフォンの好みに合っていた。
コーンに載せられたアイスを食べながら2人が元のベンチに戻っていると、人の姿があるのに気がついた。
2人組みで、片方は車椅子に乗っている。そしてもう1人には見覚えがあった。

「……あ」

「あ……」

車椅子の傍らのベンチに座り、アイスを食べていた見覚えのある男と目が合い、レイフォンと2人そろって声が漏れる。

「こんちは、奇遇だね」

ハーレイだ。今日は休日だと言うのにいつものツナギ姿で、薄汚れた格好をしている。
ハーレイは咥えていたコーンを一気に口の中に放り込むと、ベンチから立ち上がってレイフォン達に手を振った。

「こんにちは、今日も研究室に?」

レイフォンはハーレイの格好を見て、そう見当する。

「そ、どっかの誰かさんに付き合ってね。今は頭に糖分入れて、休憩してたとこ。ああ、そうだ」

そう言ってからハーレイは車椅子の後部にある握りをつかみ。ぐるりとこちらに回転させた。
後ろを向いていた車椅子に乗っていた人物は、それまでこちらを見向きもしなかった。
美形で目付きの悪い青年。線の細い顔立ちに、不健康な白い肌をしている人物だ。
美形故に女性などの人気が高そうだが、目付きの悪さがそれを台無しにしている感じだ。

「こいつ、キリク・セロン。同じ研究室なんだ」

「なんだ?お前の知り合いならお前だけで片付けろ」

その人物は迷惑そうに後ろにいるハーレイを睨みつけるが、ハーレイは気にせずに続ける。

「片付けろって言ってもね、ほら、彼がレイフォンだよ」

「……なんだと?」

ハーレイを睨みつける視線が、そのままレイフォンへと向かった。
その視線に対し、フェリの睨むような視線がキリクに向けられる。

「お前か、俺の作品をぶっ壊してくれたのは?」

「作品?」

作品と言う言葉の意味がわからないレイフォンに、ハーレイが説明を入れる。

「複合錬金鋼の開発者ね、こいつ」

「ああ……」

この間の老性体戦で使った錬金鋼の開発者が彼だと言う。
あの時は人嫌いだからと理由で会う機会がなかったのだが……

「複合錬金鋼が負荷に耐え切れず爆発したってホラ吹いたのはお前か?本当は壊して捨ててきたんじゃないんだろうな?」

「おいおい……」

まさかこんなにも口が悪いとは思わなかった。

「フォンフォンは嘘をついてませんし、ちゃんと報告もしたはずですが?そもそもフォンフォンの剄に耐えられない鈍らを用意したのはそっちじゃないですか」

「何だと!?」

フェリも口が悪く、と言うか不機嫌そうに毒を吐く。
それに対しキリクが眉を吊り上げ、今度はフェリを睨んだ。

「まぁまぁ、2人とも落ち着いて。複合錬金鋼がレイフォンの剄に耐えられなかったのは事実なんだから、改良すればいいじゃない?やっぱり複合状態だと密度が圧縮しているせいで熱がこもりやすいんだ。熱膨張で硬度が落ちたり、形状が変化したりするから壊れやすくなるって。だからもう少し青石錬金鋼か白金錬金鋼の比率を増やして、連鎖自壊しないように安全装置的な反作用逃がしの構造をもう少し考えてさ」

ハーレイが2人をなだめつつ、キリクに専門的な意見を言った。

「待て、それだと今度は刀身の強度が下がる。こいつの全力の力と剄で振り回したら、数回振り回しただけで折れるぞ」

「いくらなんでもそんなに貧弱じゃないよ。そもそも、レイフォンの剄に錬金鋼が耐えられないのが問題であって……」

「だからそれについては……」

「……………!」

「……………!」

それにキリクが反論し、ハーレイも反論する繰り返す。
飛び出す専門用語にレイフォンとフェリは付いていけずに、白熱した2人から少し距離を取って観察することにした。

「……放って置いていいんでしょうか?」

「好きにさせたらいいんです。それよりフォンフォン、アイス溶けますよ」

「あ、そうですね」

そんな会話を交わし、レイフォンとフェリは我関せずと言った感じで手に持ったアイスを片付けることに専念する。
なんとなくだが、ハーレイとキリクは当初の問題から離れたところで議論しているようにも見える。
2人が息を荒げながら議論を止めたのは、レイフォンとフェリがアイスを食べ終えた頃だった。

「くそっ、喉が渇いたぞ」

喉を押さえ、キリクが呻く。

「せっかく補給した糖分が無駄になったじゃないか」

ハーレイも額に浮かんだ汗を、ツナギの袖で拭っている。
レイフォンが複合錬金鋼を持ち帰っていればこの議論ももう少しは楽に、そうはならなくとも参考にはなっていたかもしれないが、剄に耐え切れずに爆発してしまったためにない。

「よしっ、もう一度補給して、さっき挙げた問題の再検討だ。ストロベリー」

だが、そんなことはお構いなしに続ける気満々だ。

「望むところだ。チョコにしよう」

喧嘩をしてるのか、アイスをどれにするか決めているのかわからない会話をして、2人がそっぽを向く。
ハーレイが屋台へと向かい、キリクの分と合わせてアイスを購入しに行った。
そのためハーレイが居なくなったことによりキリクの視線が、睨みがレイフォンへと向けられる。

「……なんだ?まだいたのか?」

どうやらレイフォン達の存在を忘れていたようで、意外そうな言葉を漏らす。

「いや、なんて言うか……あなたの作品を壊してしまって、すいませんでした」

「別に謝る必要はありません。鈍らをつかませたあっちが悪いんですから」

レイフォンがキリクに謝罪するが、それをフェリが制する。

「口が悪いな。まぁ、俺もあまり人のことは言えないが」

キリクはそんなフェリに苦笑するも、すぐに元の悪い目付きへと戻る。
だが、視線はレイフォンからそらしてキリクは言った。

「……別に怒っちゃいない。単なる愚痴で嫌味だ。道具なんて壊れるために作られるもんだ。だけど、出来るならそれは有意義な壊れ方であって欲しい。使い手の剄に耐え切れずに壊れたなんて、技術者にとっては屈辱だ」

相変わらずレイフォンから視線をそらしたまま、そして不機嫌そうなままキリクはレイフォンに問う。

「……あれは、あんたの役に立ったのか?」

「もちろんです。確かに壊れてしまいましたが、普通の錬金鋼だけならあの状況は切り抜けられなかったかもしれない」

それは本心だ。そもそも普通の錬金鋼なら剄に耐えられる時間も、強度も複合錬金鋼よりもたなかっただろう。
あの時の戦いは、複合錬金鋼だからこそ切り抜けられたのだ。
天剣があれば話は早く、もっと楽だったのだが……無いものねだりは出来ない。

「……そうか」

キリクはそれを聞くと満足そうに、車椅子のタイヤに手を伸ばして自分で向きを変え、レイフォンに背を向けた。

「次はもっと役に立つのを作る。お前はそれを活かしてくれよ」

「……はい」

その言葉にレイフォンが返事をし、フェリに促されて公園を後にする。
視界の端では、2つのアイスを持ったハーレイが早足でキリクの元へと戻る姿が見えた。











































「この後どうしますか?」

映画を観て、昼食を取った。
フェリとの約束は映画を観ることだったのでそれは果たしたのでここで分かれてもいいが、時間にはまだ余裕がある。
それに、このまま分かれてしまうのはどこかもったいない気がした。

「そうですね……どうせなら買い物にでも行きますか?服を見てみたいと思ってたんです」

「いいですね、付き合いますよ」

そんな訳でショッピングに決め、2人は洋服屋へと向かうことにした。

「それじゃあ、行きますよ」

入った店は比較的近くにあり、そして外装の可愛らしい店だった。
だと言うのに店内には客が少ないようだったので、フェリはその店に入る。
彼女としては混雑した店、人の多いところは苦手なためにそこにしたのだろう。
フェリが入ったと言うことは、当然その後にレイフォンも続く。
するとそこでは……



「いらっしゃいませ~♪あら~、フェリちゃんにレイフォン君。久しぶり」

悪夢再び。
ピンクのフリフリという奇々怪々なスーツを着た男、喫茶ミラの店長、ジェイミスが出迎える。
そう言えば服屋もやってると言っていたことを思い出し、レイフォンは笑顔でこちらに話しかけてくる悪夢から視線をそらした。
隣にいるフェリは、ものすごく表情が引き攣っている。
今すぐ回れ右をして、この店を後にしようとしたのだが……

「まさか来てくれるなんて思わなかったわ!ぜひ見ていってちょうだい♪あ、オーダーメイトも受け付けているわよ」

回り込まれてしまった。
いつの間にかレイフォン達の背後に回り、出入り口をふさぐように立っている。
そしてその手には、注文を聞く前から複数の服が握られていた。

「これなんかどう?当店のお勧め。それとこれとこれとこれ。どうせなら試着していく?フェリちゃんなら大歓迎よ♪」

「……フォンフォン」

どれもフリフリで、それでいてピンクなどの明るい色をした服だ。
それを目の前にし、フェリはまるでさびたブリキ人形のようにギギギとレイフォンのほうを向き、助けを求める。
だが、こういう状況でレイフォンはどうすればいいのかまるで見当が付かない。

「試着室はあっちよ!さあ、行きましょう」

フェリはジェイミスに連れられ、試着室へと連行される。
その姿をレイフォンは呆然と見送ることしか出来なかった。



「……………」

「あ~~~~~~~~~っ!!」

フェリの表情は明らかに不機嫌そうだ。
無表情だが、まるで汚物でも見るかのようにジェイミスを睨んでいる。
そのジェイミスと言えば、奇声を上げながらあっちの世界へと行っていた。

「もう最高!私最高!!フェリちゃん最高!!そして私は天才!もはや神!!そう神なのよ!!」

狂ったように奇声を上げるジェイミスが用意した服は、いわゆるゴスロリ。
ピンク、白、黒といろいろな服を用意していたが、ジェイミスのお気に入りは白のゴスロリ服らしい。
現にその服は、フェリの長く綺麗な銀髪と合ってとても綺麗で、そして可愛らしかった。

「ピンクもいいんだけど白もいいわ!可愛さは白もあり。ああ、私の可能性が、世界がさらに広がる!そう、私はこの世界の可愛さをつかさどる神!!新世界の神はこの私よ!!」

テンションの高いジェイミスに、フェリはうんざりとした表情をしていた。
そのことに苦笑しながらも、レイフォンはフェリを見る。
いや、見ることならさっきからしていた。それから一度も視線をそらしてはいない。
ただ見ていた、見続けていた。その姿に、フェリの格好に視線が釘付けとなる。

「フォンフォン?」

首をひねるフェリに、レイフォンは我に返って苦笑しながら言う。

「とても似合ってますよ、フェリ」

「……ありがとうございます」

その言葉にフェリも素っ気無く返すのだが、顔がわずかに赤くなっているのは気のせいではないだろう。

「さあ、フェリちゃん!次はこれよ。こうなったらうちの店の服全部着てみる?フェリちゃんなら全部似合うわよ」

「……………」

相変わらずテンションの高いジェイミスに、フェリは心底嫌そうな表情で、そして心情で睨みつける。
だけどそれでもジェイミスは止まらず、新たな服をフェリへと手渡すのだった。








「……大丈夫ですか?」

「大丈夫に見えるんでしたら、眼科へ行くべきです……」

結局、全洋服とは言わないまでも、数十着の服を試着させられたフェリ。
その姿を見るたびにジェイミスが奇声を上げ、店の広告に使うからと何枚か写真を撮っていた。
そのお礼として無料で服を何着かくれたのだが、それを着る機会など日常生活ではまず無いかもしれない。
その服をレイフォンが持ち、すっかり暗くなった夜道を歩き、フェリを送っていた。

「でも、楽しかったですね」

レイフォンが苦笑し、フェリは相変わらず不機嫌そうな表情をする。
それほどまでにジェイミスの店での出来事が嫌だったのだろう。

「本当に似合ってましたよ」

「普段、着る機会はありませんが」

学園都市故に、基本は制服。
休日などには私服も許可されるが、それでもこのような服を着る機会はないし、着るつもりもない。
それでもレイフォンに似合っていると言われたのが嬉しいのか、フェリは少しだけ不機嫌そうな表情を緩めた。

「残念です。フェリになら絶対に似合うと思うんですけど」

「似合ってはいても……恥ずかしいです」

「それは確かに……」

レイフォンは残念そうに言うも、フェリの返答に苦笑する。
そんな会話をしながら歩いているうちに、フェリの寮へと辿り着く。
螺旋状の階段を上り、フェリの部屋の前にまで荷物を運ぶ。
玄関の前に立ち、フェリがレイフォンから荷物を受け取って言った。

「今日はありがとうございました。最後はあれでしたけど、楽しかったです」

「いえ、こちらこそ」

その言葉にレイフォンも頭を下げて返し、頭を上げてから微笑む。微笑にフェリもつられるように小さく笑った。

「また今度、こういう機会があったら付き合ってください。それまでに兄を実験台にして料理の腕を磨きますから」

「ええ、楽しみにしてます」

それで会話が終わり、レイフォンが頭を下げてこの場から去ろうとする。
フェリも部屋に入ろうとして、扉に手をかけた。
だが、扉に手をかける前にその扉は開き、中から出てきた人物にフェリは嫌そうな表情をする。

「ああ、お帰りフェリ。レイフォン君?何で君がここに……だがちょうどいい。君を呼ぼうと思っていたんだ」

「生徒会長?」

ここはフェリの部屋だ。その部屋には、兄であるカリアンも一緒に住んでいる。
それは別にいい。十分に納得できる理由だ。
だがカリアンが帰ろうとしたレイフォンを見つけ、彼に話があると語りかけてきたのだ。
またこの兄はレイフォンに面倒なことを押し付けるのかと思いつつ、フェリは今日の出来事が全部台無しになってしまったかのような心境でカリアンを睨み付けた。




































あとがき
デート編、完。
今回は難しかったです。メイシェンフラグが風前の灯で、フェリとのデートになっているためにキリクとはフェリが一緒のときに出会いました。
それと映画の話だけでは物足りないので、最後にあの人登場w
しかしデート編と言う割りにボリュームがこんなもので良いのかと思いつつ、なんだかんだで難産だった今回の話。
なんか最近難産ばかりですね……スランプと言う奴なのか……

次回は廃都編にてあの人がついに登場!果てさてどうなることやら。
そして今回はひとつおまけを。






おまけ

「……………」

フェリは不機嫌そうに、隣で眠るレイフォンを睨む。
場所は薄暗い映画館。始まって10分ほどで眠りに落ち、いびきを掻いているレイフォンに呆れ、小さなため息を吐いた。

「まったく……せっかく誘ったというのにフォンフォンは」

レイフォンはとても安らかな表情で眠っており、まるで起きる気配がない。
フェリはそのことに呆れ果て、映画を観ることに集中しようと思ったが……

「ん、んん……」

「ちょっ、フォンフォン?」

レイフォンの首が、体が傾き、隣に座っていたフェリに寄りかかるように倒れてくる。
そのことに驚きつつ、それでも起きないレイフォンにフェリはもはや何も言えなかった。

「起きてくださいフォンフォン。重いです」

レイフォンを起こそうと、軽く揺さぶってみる。だが、それでもレイフォンが目覚める気配はしない。
何度も揺さぶり、小さく呼びかけるのだが、まるで効果がない。

「フォンフォン……まったく」

そのうちフェリも諦め、またもため息を吐く。
レイフォンはフェリに寄りかかったまま、安らかな寝息を立てていた。

「……寝顔は結構かわいいですね」

レイフォンの寝顔を見てそんな事をつぶやきながら、フェリは眠るレイフォンの頬を突いてみる。
だが、それでもレイフォンは起きずに眠っていた。

「こうまでして起きないとは、ある意味感心します……ですが、軟らかいですね」

もう一度、フェリはレイフォンの頬を突いた。
それでもレイフォンは起きない。

「ん、んっ……」

うめきを上げ、一瞬起きるのかと思ったがそう言う事はなく、それ幸いとさらにフェリはレイフォンの頬を突く。

「まったく……」

呆れながらもフェリはレイフォンの頬を突き続け、結局は映画よりそっちの方に集中してしまうのだった。












あとがき2
まぁ、要するに映画館の中でのレイフォンとフェリのやり取り。
大体こんな感じでした。しかし開始10分で寝るって……
まぁ、リーリンとの映画でもレイフォンは寝てましたしねw
さて、次回はどうするかと構想を練りつつ、ありえないIFの物語を執筆しようかなと思っています。

それにしても最近、ロミオとシンデレラと言う曲にはまってしまいました。神曲ですね、本当にw
皆さんはこういうお気に入りの曲、アニソンなんかありますか?
俺は最近初音ミクの曲にはまったり、リリなののOPやEDは全てお勧めだと思ったりしますが。
リリなの好きです。あととらハ。
恭也やクロノ、そしてフェイトが大のお気に入り。SSなんかで恭也やクロノ魔改造はともかく、オリ主や転生はどうなんだろうと思うこのごろ。皆さんはどう思いますか?
って、オリバー(オリキャラ)出してる自分が言うことではないですねw

しかしレギオスのアニメ、今見れば多数突っ込みどころが……
天剣で飛べるんですかね?普通に飛んでましたよね、サリンバン教導用兵団とかも。
しかもオリジナル展開とか、メイシェンの性格とか、なんでハーレイが都市外出ているのかとか。
最後はそんな戯言で締めくくってみました。



[15685] 18話 廃都市にて
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:89281f63
Date: 2011/10/22 07:40
「だりぃ。昼まで寝ているつもりだったのによ」

早朝、都市下部の外部ゲートに最後にやってきたシャーニッドが、めんどくさそうに不平を漏らした。
後ろでまとめた髪には寝癖が残っていて、あっちこっち跳ねている。
明らかに寝起きと言った格好だ。

「お前……今日は休日じゃないぞ。何をしていたんだ?」

「イケてる男の夜の生活を想像するもんじゃないぜ」

「なんでもいいから、もう少しまともな生活をしろ」

シャーニッドの言葉に呆れ、ニーナは怒るのも疲れたという感じで言う。
そんな光景を眺めつつ、フェリは不機嫌だった。
その理由と言うのが、今回の任務についてだ。
なんでも現在ツェルニは、セルニウムの補給のために唯一所持している鉱山へと向っているらしい。
その進路上に都市があったのだが、それは探査機からの写真でもわかるほどに破壊されており、おそらく汚染獣に襲われたのではないかと言う話だ。
故に都市の偵察のために、フェリ達が借り出されたというわけだ。
人使いの荒い兄にフェリは殺意を抱きつつ、ニーナと遅れてきたシャーニッドのどうでもいいやり取りを眺めていた。

「ふむ、確かに軽いな」

新型の汚染物質遮断スーツを着て、ニーナがそう漏らす。
この間の老生体戦でレイフォンが着ていたものであり、それは普段の戦闘衣の下に着られる上に、着た後もすぐに慣れるのではという違和感しかない。
せいぜい、服を1枚余分に着たくらいの感覚だ。

「これはいいな」

「へぇ、これがこないだあいつが着ていた奴か」

シャーニッドが自分用に用意されたスーツを興味深げに眺め、

「……ふむ」

「なんだ?」

今度はニーナに視線を向け、どうでもよさそうにニーナとシャーニッドを見ていたフェリを見て、とても真面目な顔で言った。

「……エロいな」

「さっさと着替えて来い、馬鹿者が」

「へーい」

ニーナに投げつけられたスーツを持ち、シャーニッドはだらだらと更衣室へと向う。
そんなシャーニッドを冷たい視線で見送りつつ、フェリは向こうの方で話し合っている3人、レイフォンとハーレイ、オリバーへと視線を向ける。

「しかし、なんで俺が……まぁ、会長が資金援助してくれるようになったんで、こっちとしては文句ないんですけどね。ですが流石に、前回のような化け物と遭遇するのはゴメンですよ」

文句はないのだが、偵察などと言う危険な役割に巻き込まれたオリバー。
もっとも送迎と言う役割だけだが、この間みたいに老生体なんてものが出てきたら涙目ものである。

「まぁまぁ、会長もこの辺りに汚染獣の反応はないって言ってたし、フェリの念威も汚染獣を感知してないから大丈夫だよ」

「そうですよ。そもそも老生体は珍しいので、グレンダン以外なら一度会えばもう二度と会う機会はありません」

「汚染獣を一対一のガチで倒すバケモンが言うと、無駄に説得力あんな」

レイフォンを見て呆れたように言うオリバーは、そろそろ出発なので最終点検のために放浪バスへと向う。
ハーレイも錬金鋼のチェックのために、レイフォンの元から去った。

「今度は一体、あの腹黒眼鏡は何を考えているのでしょう?」

「あはは……」

そんなレイフォンにフェリが、いつもの様に兄の事で愚痴をこぼす。
相変わらず妹に信用がなく、嫌われているカリアンに苦笑しつつ、レイフォンはフェリをなだめるように言った。

「でも、まぁ、これも一応大切な役割ではありますし、また汚染獣に襲われても困るじゃないですか」

「それはわかってはいるんですけど……はぁ、いっそのこと革命をするのもいいかもしれませんね。その時はフォンフォンに革命軍の尖兵になってもらいます。旗は私が持ちますね」

「はは、それはいいですね。フェリが後ろにいるならまるで負ける気がしません。フェリが望むなら、その革命を1日で終わらせてみせます」

「頼もしいですね」

冗談のはずが冗談に聞こえない会話を交わし、逆になだめだれているレイフォン。
何気にカリアンが大ピンチだったりするが、2人はそんなこと微塵も感じさせないように小さく笑っていた。

「ん?」

不意にだ。背中を刺すような視線を感じ、レイフォンは振り返る。
少し離れた所で第五小隊が準備をしている。
今回のこの任務は、第十七小隊と第五小隊の合同任務だ。
その第五小隊は不平を漏らすこともなく、隊長のゴルネオの下、順調に準備が終わろうとしていた。
だから気のせいなのかとレイフォンが視線を逸らすが、再び背後に視線が突き刺さる。

(また……?)

最初はゴルネオなのかと思った。
彼のルッケンスと言う姓には覚えがあるし、多少の因縁もある。
それ故に彼なのかと思ったが、ゴルネオは隊員達に何か話をしている。こちらに背を向けているのだ。

(あれ?)

視線の主はゴルネオではない。
隊長である彼は貫禄を見せ付け、隊員達に何かを言い聞かせている。
視線を向けていたのは、レイフォンを睨むように見ていたのは、その隊員の1人である赤毛の少女だった。

シャンテ・ライテ。
第五小隊の副隊長であり、5年生。ツェルニで5年生と言うことはもう20歳になるはずなので、正確には少女とは言えない。
だけどフェリよりは高いが、それでも小さな背に童顔では、レイフォンと同い年と言われてもまるで疑わない。
なんと言うか、オリバーが好きそうな女性であり、彼女の猫科の動物のようにきつい瞳が、真っ直ぐとレイフォンを睨みつけていた。

(え?え?)

てっきりゴルネオだと思っていたので、これには慌てる。
不意打ちのような敵意にレイフォンが怯むと、シャンテがぷいと視線を逸らす。

「どうかしましたか?」

「あ、いえ……」

フェリがレイフォンの視線の先を追って、第五小隊の方を向く。
すると再びこちらを向いたシャンテが、『いーっ』と歯を剥いていた。

「……小生意気ですね」

「ははは……」

レイフォンが乾いた笑いを浮かべていると、ハーレイが錬金鋼のチェックを終えて戻ってきた。

「この間の試合を引きずってるのかな?」

その様子を見ていたようで、ハーレイが口を開く。

「そうなんですか?」

「十七小隊(うち)は武芸科以外には人気があるからね。それを気に入らないって人はたくさんいるだろうし」

「はぁ……」

本来なら4年生から勤める小隊長なのだが、第十七小隊の隊長は下級生、3年生であるニーナだ。
その上、その隊がここ最近、良い成績を残している。
このことは他の小隊員、武芸科の上級生からすれば当然面白くないことである。

「華々しいデビュー戦の上に、隊員は全員下級生。隊長は美人だし、アタッカーは目立つし、客の目から見れば面白いだろうね」

その言葉にどこか納得しつつ、レイフォンはハーレイから受け渡された錬金鋼をいじる。

「……こんな急じゃなかったら、新しい複合錬金鋼を渡せたんだろうけどね」

複合錬金鋼が用意できなかったのか、今回レイフォンが使うのは青石錬金鋼である。

「……昨日、何か言い合いしてませんでした?」

「ああ、あれは……汚染獣用の話だよ」

レイフォンの言葉に、ハーレイが声を潜めて言う。

「念威の報告からもわかったけど、汚染獣と戦うには従来の錬金鋼だとどうしても耐久性に不満が出てくるのがわかったからね。戦いの途中で武器が折れるなんて勘弁して欲しいでしょ」

「それは確かに……」

出来るだけあんな無茶をするつもりはないが、確かにそれは事実だ。
天剣ならば何の問題もなかったのだけど、ツェルニでそれをを求める訳にはいかない。

「まぁ、今言ってるのはそれとは関係ないけど、対人用とでも言えばいいかな?軽量化の代償に錬金鋼の入れ替えが出来なくなってるタイプなんだけど、こっちはもうすぐ出来上がりそうだったんだ。また、レイフォンにテストを頼もうと思ったんだけど。さすがに、ぶっつけ本番を何回もやりたくないでしょ?」

「確かにそうですね」

前回、老生体戦に使った複合錬金鋼は開発に時間がかかったため、実際に使ったのはあれが初めてだった。
あんな思いを、何度もしたいとは思わない。

さて、そうこう話しているうちに準備も終わり、シャーニッドが着替えてハーレイから錬金鋼を受け取る。
とっくに準備を済ませいた第五小隊の面々に冷たい視線で見られながら、レイフォン達は点検の済んだ、オリバーの運転する放浪バスへと乗り込む。
この方が多くの荷物を詰め込めるし、移動の負担や疲れも少なく済むからだ。
前回の老生体戦での活躍と呼べるほどの活躍でもないが、大勢の武芸者と多くの荷物を運べると言うことで、ある程度の予算を出してくれるようになったとオリバーは喜んでいる。
最もこういう時には借り出されるので、一概にも良いことばかりとは言えないが……

なんにせよ、外部ゲートが開かれて都市の外への道が開かれる。

「幸運を。そして良い知らせを期待しているよ」

カリアンの言葉が通信機越しに届き、放浪バスは荒野を疾走した。




































「ところで、レイフォン……お前ってさ、シャンテ先輩となんかあんの?」

「いや、まったく……皆目見当も付きません」

運転席に比較的近い位置に座っていたレイフォンに、オリバーが小声で尋ねる。
だが、レイフォンはその質問に答えることが出来ない。

現在、放浪バスの中はかなり険悪な雰囲気で満たされていた。
その理由は簡単で、シャンテがレイフォンを睨んでいるからだ。
シャンテの隣に座っているゴルネオがなだめようとするも、それでもシャンテは直そうとしない。それどころかたまに、そのゴルネオ自身もレイフォンにはあまり好意的ではない視線を向けてくる。
ゴルネオには覚えがあるものの、シャンテについてはまるでない。皆無である。
もしかしたらゴルネオに自分のことを聞かされているのかもしれないが、それでもあそこまで露骨に睨みつけてくる理由がわからない。

「それにしてもシャンテ先輩って、もう少しあの野生児的な雰囲気どうにかなんないのか?いや、元気の良い子は好きだけど、あまりにも野生的過ぎるって言うか、ねぇ?」

「何の話ですか?」

いきなり話題を変え、オリバーは運転をしながらレイフォンに言う。

「いやさ、見た目はかわいいと思うよ。で、笑って、かわいい服でも着てれば凄く似合うんだろうけどさ、シャンテ先輩は本能のシャンテなんて呼ばれているように行動が獣じみてるんだよ。そういうのはあまり好きじゃないなって……あ、見た目は凄くタイプだから」

「だから何の話ですか?」

ロリコン趣味全開のオリバーに呆れつつ、レイフォンはため息を付く。
オリバーの趣味、好みに文句を言うつもりはないが、これを聞くと何故だか悩んでいる自分が馬鹿馬鹿しく思えた。

「まぁ、要するに何が言いたいかって言うと、シャンテ先輩のお守りはゴルネオ先輩が適任だって事だ」

「どうだっていいですよ、そんなこと……」

もう一度ため息をつきつつ、レイフォンは放浪バスの座席に揺られた。





放浪バスは半日ほど走り続け、目的地に何の問題もなくたどり着いた。

「こいつは、よくもまぁ……」

シャーニッドの驚きの声が響く。
行く前に見せられた都市の写真でも酷かったが、実際に目にするのとはやはり違う。
レイフォン達のすぐ真上には折れた都市の足の断面があり、そこは有機プレートの自然修復によって苔と蔓に覆われている。その蔓の群れは今にも雪崩落ちてきそうなほどだ。
エアフィルターから抜け出た場所が既に枯れきっているので、更にそう見える。

「汚染獣に襲われて、ここまでやって来たって言ってたか?」

「推測だがな」

「会長様の推測か……まぁ、外れちゃいないんだろうが」

現状に息を漏らすシャーニッド。
念威で探査を行っていたフェリが、報告を行った。

「外縁部西部の探査終わりました。停留所は完全に破壊されています。係留索は使えません」

「こちら第五小隊。東側の探査終了。こちら側には停留所はなし。外部ゲートはロックされたままです」

「あーらら」

「上がる手段はなしですか……じゃあ、俺はここまでですね」

第五小隊からの報告が入り、落胆するシャーニッドとオリバー。

「ワイヤーで上がるしかないですね」

「そうだな」

レイフォンの提案にニーナが頷く。
第五小隊にワイヤーで上がると連絡を入れ、第五小隊も東側から調査して上がるらしい。
合流する時は再び念威で連絡を入れるそうだ。
その報告を最後に、通信が切れる。

「先行します」

錬金鋼を復元し、鋼糸を都市へとかける。

「フォンフォン、一緒に上げてください」

「わかりました」

レイフォンはフェリの言葉に頷き、右手で錬金鋼を持ち、左手でしっかりとフェリを支える。
その時にシャーニッドが軽く口笛を吹き、フェリが少しだけ頬を染めたが、ヘルメットをつけているために表情が読めない。
なんにせよ、そのまま鋼糸を引き寄せてレイフォンは都市へと上がる。
エアフィルターを抜ける粘液のような感触を受け、地面に辿り着いた。
ほぼ崩壊しているこの都市だが、エアフィルターは問題なく作動している。
おそらくこの都市が崩壊してまだ日が浅く、未だに生きている機関なども存在するのだろう。
そう理解し、レイフォンはヘルメットを外した。

「それじゃ、俺はこれで」

念威を通しての連絡がオリバーから入り、彼はツェルニへと帰っていく。
ツェルニは現在鉱山を目指しているので、予定では明日の夕方にこの近くを通るはずだ。
その時にまた、オリバーが迎えに来る手筈である。

それからレイフォンに遅れ、ニーナとシャーニッドも上がってくる。

「どうだ?」

「今のところは死体ひとつありません」

ニーナの問いに、フェリは涼しい顔で答える。
重晶錬金鋼は既に復元されて、分散した念威端子が都市中を飛び回っている。
このままここにいるだけで、そう時間も掛からずにフェリが都市中を調べつくしてしまうだろう。

「よし、なら近くの重要施設から順に調べていこう」

だと言うのにニーナは、直接出向いて探索すると言うのだ。

「都市の半分ぐらいなら1時間ほどで済みますが?」

「そうだぜ、楽に済まそうや」

「フェリの能力を疑うわけではないが、それでは納得しない連中もいるだろう?」

「……はい」

ニーナの言い分はわかるが、フェリ自身が納得していないようにつぶやく。
正直な話、めんどくさいからだ。

「……機関部の入り口は見つかったか?」

「いえ。どうやらこの近辺にはなさそうです」

「そうか」

「ですが、シェルターの入り口は見つけてあります」

「なら、まずそこからだ。生存者がいればありがたいが」

「期待は薄そうだけどな」

シャーニッドのつぶやきにニーナは一睨みし、フェリの案内でシェルターへと向った。





「こいつはひでぇ」

そこで見た光景に、現状に、シャーニッドが口と鼻を手で押さえ、もごもごとつぶやく。
シェルターの天井には大穴が開いていた。
天井から落ちた瓦礫が放射状に広がっている。
その瓦礫のふちを、赤黒く染まった血が染めている。
幸運なのは、天井の大穴のおかげで臭いが、腐臭がある程度拡散されているという事ぐらいだろう。

シェルター全体に漂う腐臭に、レイフォンとニーナもシャーニッドと同じように鼻と口を押さえる。
フェリだけはシェルターに入るのを拒否し、端子だけで入り口に待機していた。

「生存者はいるか?」

「いません」

一縷の望みをかけたニーナの問いは、フェリの冷たい声によって切り捨てられる。

「くそっ」

苛立ち、ニーナは床を蹴った。

「それにしても、ここにもやっぱり死体はなしかよ」

シャーニッドが額にしわを寄せてつぶやく。
腐臭がするのだ。血の跡があり、血の臭いもする。
だと言うのに死体がひとつも、その一部さえもない。

「まるで誰かが片付けたみたいだ」

今度はレイフォンがつぶやく。
汚染獣にこの都市が襲われたことは、この現状を見れば明らかだろう。
だが、汚染獣がこの都市の住民を死体ひとつ、一部すら残さずに食い尽くしたかと言えば首をひねらずにはいられない。
汚染獣のあの巨大さで人間を食べようとすれば、食い残しは必ず出る。だと言うのにそれがひとつもない。
エアフィルターが生きている以上生存者がいる可能性もあるが、フェリの念威には未だに人間レベルの生体反応は見つかっていない。
あったとしても、食料用の家畜や魚ばかりだ。

「こないだツェルニに来た奴って線はないのか?」

シャーニッドの疑問に、レイフォンは首を振る。
確かにあれだけ大量の幼生体に襲われれば、死体なんて残らないかもしれない。
しかし……

「それなら、都市の壊れ方がおかしいですよ。見る限り、殆どの建物が上から潰される感じで壊されてる。幼生の大軍ならもっと横から押し倒す感じで壊れていないと」

この都市に汚染獣は、きっと空から来て、空から去ったはずだ。
1匹ではなかったかもしれないが、飛ぶのが苦手な幼生体が大群で攻めてきたと言う感じではない。

「なら、何者かがここの死体をきれいに片付けたと言う事か?」

「……………」

ニーナの問いに、レイフォンは無言になるしかなかった。むしろ、自分の方が問いたい気分だ。
わからない。汚染獣に食べられたのでないとすれば、一体誰が死体を片付けたのか?それがわからない。
無駄だとわかっていても、ニーナ達はシェルターの隅々を確認してから地上へと上がる。
レイフォン達の目的は生存者を見つけることではなく、この都市に危険がないかを調べる事なのだ。
何時までもシェルターを調べるわけには行かないし、わからないことを考えても仕方ない。

「くぁ、たまんね」

先に出たシャーニッドが大きく息を吐き、レイフォンとニーナも大きく深呼吸する。
地上にも腐臭は漂っているが、シェルターの内部に比べればはるかにましだ。

「この都市はどうなってしまっているんだ?」

落ち着いたニーナが、そう疑問をこぼす。

「汚染獣反応はありませんから、危険ではないと思いますが?」

「汚染獣の危険はないかもしれんが、この不可解さを放置しておけば後々問題になるかもしれないだろう」

目的はこの都市の安全を確認する捜査であり、今のところそういう危険がないと言うフェリだったが、それでもニーナは納得しない。
だが、彼女の疑問も尤もであり、この現状はかなり不自然である。

「ま、とりあえず今日はここら辺にしようぜ。日も落ちるし、明るいうちにあちらさんと合流した方がいいんじゃね?」

既に日が暮れようとし、シャーニッドがそう提案する。
すると図っていたかのように、第五小隊からの連絡が届いた。

「第五小隊からの連絡です。合流地点の指示が来ました」

「そうだな。では、今から向かうと伝えてくれ……移動するぞ」

フェリが座標を言い、ニーナ達は移動を開始する。
後方を歩いていたレイフォンはふと足を止め、何かを考えていた。
むせ返る腐臭の中にいたせいか、それともあまりに都市が静か過ぎるためか、舞い降りる夜の闇と共に、更に嫌なものが都市に舞い降りようとしているように思えた。






































第五小隊が見つけた合流地点、泊まる場所は都市の中央近くにある武芸者の待機所だった。

「電気はまだ生きてたんだな」

「機関は、微弱ですがまだ動いています。セルニウム節約のために電力の供給を自立的に切っていたのではないかと」

ニーナの言葉に返答しながら、フェリは天井から静かに流れてくる空調の風を体に浴びせていた。
照明よりもありがたいのがこの空調だ。都市中を侵食していた腐臭も、フェリ達が辿り着いた頃には建物の外へと追い出してくれた。

そんな中、空調に当たっていたフェリが第五小隊からの通信を受ける。

「隊長、ルッケンス隊長から部屋割りのことで話しがあると」

「わかった、行って来る」

ニーナを送り出すと、フェリは1人になった。
レイフォンはここに来る途中に発見した食料品店から何か使える食材を探してるために、現在ここにはいない。
シャーニッドは周囲の安全確認をもう一度行っている。
端子でも飛ばしてレイフォンの様子を確認しようかと思いながら、フェリが空調を浴びていると誰か入って来た。

「あ……」

入ってきたシャンテがフェリを見て嫌そうな顔をし、フェリもまた、瞳を冷たく、細くした。
シャンテもシャーニッドと同じように、周囲の確認をしてきたのだろう。
だが、それでどうしてフェリを睨んでくるのかがわからない。だが、不快なのでフェリもシャンテを睨むような無表情で見て、視線を交錯させる。
無言だが、火花がはじけ飛んでいるのではないかと思うほどの睨みあい。
何故こうなっているのかわからないが、悪意を気楽に流してやるほど自分が出来た人間だと思ってないフェリは、真っ向から受けて立つ。
シャンテはフェリを睨みながら、彼女の横を通り抜けようとするが、

「おい」

真横に来た時に足を止め、声をかけてきた。

「お前、あいつがどんな奴か知ってんのか?」

その言葉が、フェリの体を強張らせる。

「何の事でしょうか?」

「……本気で言ってんの?それとも、知らん振りか?あの1年生がどんな奴か知ってんのかって、あたしは聞いてんだ」

フェリの耳元にだけ届くように声を潜めているけど、そこに宿った怒りは隠しようもない。
あの1年生……第十七小隊に1年生は1人しかいない。言うまでもなくレイフォンだ。
つまり、シャンテが怒りを向けているのはレイフォンにと言う事だ。

「……………」

「ふん、知ってて使ってんだ。だとすると、当たり前に会長もだな」

フェリの無言を肯定と取ったのか、更にシャンテは怒りを向けてくる。

「なんのことかわかりませんが?」

惚けてみるが、シャンテは更に怒りを向けてくる。

「あんな卑怯者を使うなんて……そこまで見境なくやらないといけないくらいあたしらは信用がないって言うのか!?」

それはもはや殺意。
見えない殺気の刃がフェリの喉元に突きつけられているようだった。
シャンテの赤い髪とあいまってか、それは燃え盛る炎のようなイメージが付きまとう。
だと言うのにフェリは、氷のように冷たい、絶対零度の視線でシャンテを見据えていた。

「なんだよ?」

「……2年前の自分達の無様を棚に上げて、他人をどうこう言うのはやめた方がいいですよ」

「なっ!?」

剣帯に手を伸ばしたシャンテを、フェリは変わらぬ絶対零度の視線で見つめ続けた。
そもそも弱いからいけないのだ。ツェルニの武芸者が弱くなければ自分は一般教養科のままで念威以外の道を探せ、そしてレイフォンは今でこそ武芸に前向きだが、武芸科に転科する必要はなかった。

「あなた達が弱くなければ、あの人は一般教養科の生徒としてツェルニを卒業することが出来たのです。それが出来ない今が、あなた達の未熟さの証でしょう。守護者たりえない武芸者なんて、それこそ社会には不要です。顔を洗って出直してきなさい」

「なっ、こっ……て、てめぇ……」

シャンテが怒りでぶるぶると震え、その手が錬金鋼を抜き出す。
それでもフェリは表情を変えない。それがどうした?むしろ望むところだ。
フェリは重晶錬金鋼をこの都市に来てから常時復元状態で、念威端子はこの待機所を中心に散らばっているが、防衛用に数個は常にフェリと共にある。
それだけあれば、シャンテとやり合うには十分だ。念威操者の能力はただ情報を収集、解析するだけではない。
未だに錬金鋼を復元していないシャンテならば、錬金鋼を復元する前にやれる。
起動鍵語を言ったが最後だと言わんばかりに、フェリは冷たい表情のまま言う。

「逆に問います。あなたになにがわかるんですか!?知ってるんですか?フォンフォンがなにを考えて、なにを想ってあんなことをしたのか!?フォンフォンの気持ちが、彼の考えが!プライドばかり高くて、傲慢なあなた達にわかるんですか!?」

だが、言葉が荒くなる。思考が熱くなり、声が大きくなる。
自分でも驚くくらいに腹を立て、叫んでいるのだ。その事に内心で戸惑いながらも、フェリはシャンテを睨み続けた。

対するシャンテは我慢の限界だと言うように、復元鍵語をつぶやこうとする。
それを確認し、フェリは念威端子に指示を送ろうとする。
だが、それよりも早く2人を抑止する存在が現れた。

「フェリ」

「そこまでにしろ」

「フォンフォン?」

「ゴルっ!?でもっ!」

持ってきた食材を投げ捨て、慌ててフェリの元へと駆け寄り、彼女を後ろから抱きしめて抑止するレイフォン。
同じく廊下側から駆け寄り、シャンテを止めに入るゴルネオ。
レイフォンの登場によりシャンテが更に表情を怒りで歪めたが、ゴルネオによって制される。

「ここで諍いを起こすな」

「でも……」

「出発前にも言っただろうが!」

「むうぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!」

ゴルネオに注意され、振り上げた錬金鋼をたたきつけるように剣帯へと戻すと、シャンテはゴルネオの太い足を殴りつけて奥へと歩いていった。
その一撃を平然と受け止めつつ、ゴルネオはレイフォンには視線を向けずにフェリに詫びた。

「すまんな、うちの隊員が迷惑をかけた」

「まったくです」

「ちょ、フェリ!?」

フェリの正直な物言いに慌て、レイフォンは彼女の名を呼ぶがフェリはそれを無視する。
さっきの怒りが、まだ収まりきっていないのだ。
それを気にせずに、ゴルネオは相変わらずレイフォンを見ないようにしたまま続けた。

「だが、あれは隠さざる俺の疑問だ。あいつは、俺の疑問を代弁したに過ぎない」

「ならばあなたにも言ってあげます。あなた達が頼りないから私もフォンフォ……レイフォンも武芸科に入らなければならなくなったんです。幼生体ですら退けられない無様なあなた達が悪いんです」

「ふぇ、フェリ……」

フェリの言葉に冷や汗を掻きつつ、引きつった表情でおそるおそるゴルネオへと視線を向ける。
だが、当のゴルネオの反応はシャンテとは違い大人で、それを冷静に受け止めた上で返答した。

「それは認めよう。確かに俺達は未熟だ……だが、だからと言ってこいつを認めることは出来ん」

今度はちゃんとレイフォンを見つめ、冷静だがシャンテ以上の怒りをその瞳に宿して言う。
その視線を受け止めつつ、レイフォンは苦々しい表情で質問した。

「やはり、あなたもグレンダン出身なんですね……」

「そうだ。ゴルネオ・ルッケンス。言うまでもないが、天剣授受者、サヴァリス・ルッケンスの弟だ」

「そうですか……では、ガハルド・バレーンはご存知なんですね?」

予感が的中したことを理解しつつ、レイフォンは何でそこまでゴルネオが自分に怒りを向けるのか、ルッケンスと言う武門から立てた予測の人物の名を出す。
その名を聞いて、ゴルネオは殺意すらレイフォンに向けたがあくまで冷静に答える。

「兄弟子だ」

それだけ答えると、怒りを隠したまま背を向け、ゴルネオはシャンテを追っていった。

「……不快です」

そんな背を見送りつつ、フェリはレイフォンにしか聞こえない声で小さくつぶやいた。





すっかり夜の闇に覆われ、どこで寝るかなどの部屋割りを決め、ニーナと簡単な打ち合わせだけを済ませると、第五小隊のメンバーはそれきり第十七小隊に関わろうとはしなかった。
割り当てられた部屋も、彼らとはだいぶ離されている。
だが、そんなことはお構いなしに、第十七小隊が使っている応接室には、食欲をそそる匂いが漂っていた。

「いや、しかし、レイフォンが飯を作れてよかった」

熱い茶を飲み干し、シャーニッドが満足げにソファに背を預ける。
電気も使え、火も使えたのでレイフォンは食材を探し出し、調理したのだ。

「イモ類はともかく、青野菜系は全滅でしたけどね。後は養殖場の魚が生きてたからよかったです」

簡単に済ませたのだが、冷たい携帯食料を食べるぐらいならばと用意したのが意外に好評なようで、レイフォンも自然と表情がほころぶ。

「ふむ……これなら、問題ないかな?」

「なにがです?」

レイフォンの疑問に、ニーナが返答する。

「鉱山での補給は早く見積もって1週間はかかるだろう。その間は学校も休みになる。これを機会に強化合宿をやりたいと思っていたんだ」

「へぇ、合宿ねぇ」

休みの日に合宿をやるとの事で、シャーニッドが乗り気ではなさそうに言う。
だが、それに構わずニーナは続けた。

「これまでの対抗戦で報奨金もいくらか貯まったからな。隊の予算に余裕が出来たのもある。生産区域にいいところがあるそうだからな。そこでじっくりとやるつもりだったんだが、食べ物が問題だったんだ」

「あそこら辺じゃ、店もないか」

「ああ。あいにくと私は作れん」

「俺も無理」

「……………」

フェリは無言で、何も言わない。
だけど、前のように人体に有害なものではなく、少なくとも食べれるようなものを作れるようになったフェリなら、下拵えの手伝いなどは大丈夫ではないかと思う。
実質、フェリの家で一緒に作ったときはレイフォンの指示通りでちゃんとしたものを作れたし、今回も少しだけ手伝ってもらっていたりする。

「そう言う訳で、誰か料理の出来る友人に頼もうと思っていたんだが、レイフォンが出来るのなら問題は解決だな」

ニーナがほっとしたようにカップに入ったお茶を飲む。
最近は弁当を作るために栄養管理の勉強もし始めたので、特にレイフォンとしても不安はない。
おそらく訓練では体力を使うだろうから、高カロリーで消化が良いものがいいだろうと考えていると、不意にニーナが口を開く。

「そう言えばレイフォン」

「はい?」

「その、だな……お前の同級生にナルキと言う人物がいただろう?レイフォンから見てどれくらい使えると思う?」

「ナルキですか?」

突然出された彼女の名前に、レイフォンは首をひねる。

「ああ、お前の目から見てどうなのか、忌憚のない意見を聞かせて欲しい」

何でそんなことを聞くのかと思いつつ、とりあえずレイフォンは問われたことに答える。

「そうですね。1年生の中では実力はある方だと思います。衝剄よりも活剄の方が得意で、そちらに偏りすぎてるとは思いますけど、その分、動きに関しては1年生の中では抜きん出ているものがあります」

「そうだろうな」

それを聞き、ニーナはニコニコと嬉しそうな表情をする。

「おぃおぃ、ニーナ。もしかして小隊に誘うつもりか?」

「そのつもりだが、何か不満でもあるのか?」

「いんや。ただ聞いただけで、俺としては女の子が増えるなら大歓迎だ」

ニーナに疑問を投げかけつつ、その返答に軽く返すシャーニッド。
そんな彼をニーナは睨むが、そのまま話を続ける。

「人数がいればそれだけで戦力になるからな。何も少数精鋭を気取るつもりはない。しかし現状、今の武芸科には小隊員になれそうな成績の持ち主はいない。なら、素質のありそうなのをこちらで育ててしまったほうが早いかもしれない。そう考えて彼女に目を付けたんだ」

「そうだったんですか」

その他にもニーナは、幼生体戦の時に活躍するナルキの姿を見て彼女に興味を持ったのだが、その事をレイフォンは知らない。

「まぁ、なんだ。とにかく、彼女を誘ってみるつもりだ。その時は頼むぞ」

言われたレイフォンは、頼むと言われてもなにをすればいいのかと考えつつ、カップに入ったお茶を飲み干すのだった。



































「フォンフォン、いいですか?」

「フェリ?はい、どうぞ」

仮眠室故に広くはないが、数はたくさんあったために1人1部屋と割り当てられた部屋割り。
そのレイフォンの部屋に来訪者、フェリが訪れる。
レイフォンの返事を聞き、彼女は部屋に入ってくる。
部屋に置かれているのは2つの二段ベットだけ。
その片方にレイフォンが腰掛けており、その対面側のベットにフェリも腰掛ける。

「あの人達にも困ったものですね」

そして口を開いたフェリに、『あの人達』と聞いてニーナとシャーニッドのことかと思ったが、違う。
それは夕食前にもめた、ゴルネオとシャンテのことだ。

「都市外のいざこざを持ってきてはいけないと校則にも書いてあるのに、あの2人はそれすらも守れていません」

「悪いのは、僕ですし……」

不満そうに言うフェリに、レイフォンは苦々しい返答を返す。
だけどその答えに、更にフェリが不機嫌になった。

「ガハルド・バレーン……確か、レイフォンが闇試合をやっていることを脅し、天剣授受者になろうとした人物でしたね?」

「……はい」

レイフォンが口を封じるために試合で殺そうとし、だけど結局は片腕を切り落とすだけに終わった人物。
彼はレイフォンを告発した後、剄脈に異常が出て意識不明となっているらしい。
その人物を兄弟子に持つのが、ゴルネオである。

「まったくもって自業自得じゃないですか。フォンフォンがそこまで気にすることではないと思いますが」

「そう……なんですかね?」

ガハルドは自分の欲のためにレイフォンを脅して、天剣授受者と言う地位を手に入れようとしたのだ。
普通に恐喝と言う犯罪である。

「まったく……フォンフォンは何でもかんでも1人で解決しようとするからいけないんです。なんで周りに相談とかしなかったんですか?頼れる人がいなかったんですか?」

「それは……」

何でと言われても、レイフォンには答えることが出来ない。
ただ、一言で言うならばレイフォンは強すぎたのだ。
強すぎる故に大抵の事なら何でもうまくいき、汚染獣も1人で倒すことが出来た。
この力があったからこそ天剣授受者になれ、その報奨金で、賭け試合でお金を稼ぎ、孤児院を潤すことが出来た。
そう、たった1人で出来ていたのだ。1人だけでどうにか出来ていたのだ。
だから1人だけで解決しようとして、失敗して……

「あなたは1人じゃないんです。だから……もう少しは周りを頼ってください。少なくとも私は、なにがあってもあなたの味方なんですから」

「フェリ……」

ツェルニに来ても、レイフォンはまた間違えようとした。
1人で無茶をして、老生体相手に天剣もなしにガチンコを挑むなんていう暴挙を行った。
結局は勝てたものの、あれは危なかった。フェリに心配をかけてしまい、レイフォンもあんな無茶はもうごめんだと思った。
そう、レイフォンは1人ではないのだ。グレンダンにいたときは気づかなかったけど、回りにはレイフォンの力になってくれる人達が存在した。
それにレイフォンは気づけなかった。グレンダンにもツェルニにも、レイフォンの力になってくれる人は存在する。

「ありがとうございます」

「別に……礼を言う必要はありません」

レイフォンはフェリに微笑みかけ、フェリはそっぽを向く。
そうだ、レイフォンが周りに相談すれば、結果はもっとましなものになっていただろう。
だけど、その生き方は変えなければと思うが、今までの出来事をやり直したいとは思わない。

もし天剣授受者になって、闇試合に参加していなければ。
闇試合に参加してても、ガハルトに脅され、それを誰かに相談できていれば?
あの時の試合で、ガハルトを殺そうとしなければ?

そんなIFには興味ない。その日に、あの日に戻れたらなんて幻想は抱かない。興味ない。
家族達に拒絶され、グレンダンを追い出された時は悲しかったが、ツェルニに来て本当に良かったと思える日々がある。
彼女に会えて、本当に良かったと思っている。

「フェリ、僕もなにがあっても、あなたの味方ですからね」

「それはずいぶん頼もしいですね。あなたがいれば、兄を簡単に亡き者に出来ます。出発前にも言いましたが、本当に革命を起こすのも面白そうですね。それであの2人を、ゴルネオとシャンテをツェルニから追い出してやりましょう」

「ははは……冗談ですよね?」

「どうでしょう?」

乾いた笑みを浮かべるレイフォンに、フェリは怪しい笑みで返答する。
いつもは無表情な彼女が、レイフォンにだけ向けてくれる笑み。
その笑顔を、レイフォンは護りたいと思った。
そして誰にも渡したくなく、自分だけのものにしたいと思った。

「フェリ……」

レイフォン・アルセイフは、フェリ・ロスをこの世の誰よりも愛している。
例えこの世界の全てが敵に回ろうとも、彼女を護ろうと誓った。

「フォンフォン……」

フェリ・ロスもまた、レイフォン・アルセイフのことを愛している。
例えこの世界の全てが敵に回ろうとも、彼を支えることを誓った。

「……っ」

「ん……」

どちらから求めただろう?
だが、そんなこと関係ない。いつの間にかレイフォンの隣に座っていたフェリが彼に近づき、それを抱き寄せるようにレイフォンも近づく。
触れ合う唇と唇。ただそれだけの、軽い口付け。
だと言うのに心臓がありえないほど大きく、速く鼓動し、レイフォンとフェリの顔は一瞬で真っ赤に染まる。

「……フェリ」

「フォンフォン……」

未だに心臓がドキンドキンと脈打つ。
柔らかい唇の感触になんとも言えない充実感を感じた。だけどまだ足りない。更に欲しい。
互いに互いを求め、レイフォンとフェリはもう一度唇を重ねる。

「んっ……っは……」

「んむっ……ん」

舌で口を抉じ開け、口内に侵入させる。
舌を交え、水音が当たりに響く。
ただ舌が交じり合っているだけだと言うのにそれが心地よく、このままずっと続けていたいほどだ。

「んっ……フォンフォン」

「フェリ……」

唇を離し、もう一度互いの名前を呼ぶ。
顔なんかどちらも真っ赤に染まりきっている。
まるで熱でも出たように頭が朦朧とし、覚束ない意識でも互いになにを求めているのかはわかった。
レイフォンの手が、フェリの服に伸びる。
フェリも拒まずに、それを受け入れる……

















はずだった。

「フェリ?」

フェリがはっと顔を上げ、それにレイフォンが疑問を抱く。

「外、南西200メルに生体反応。家畜ではありません……」

「……………」

雰囲気が飛散する。
探索のために飛ばしていた念威端子だが、フェリはそれを切らなかったことを後悔した。
そしてレイフォンは、なんとも言えない表情でフェリに尋ねる。

「えっと……やっぱり行かないと駄目なんですかね?」

「……でしょうね」

「はぁ……」

フェリの答えにため息をつき、錬金鋼を剣帯から引き抜き、内力系活剄を走らせる。

「すぐに片付けてきますので」

笑顔でフェリに言うが、レイフォンの心中は穏やかではない。
初めてだ。これほどまでに正体不明の敵、おそらく人ではない何かに殺意を抱くのは。
いや、おそらく人が相手でも殺意を抱くだろうなと思いつつ、レイフォンは現場へと疾走した。




































あとがき
今回の作品について……あえて何も言いません(汗



それはそうと、新作15巻買いました!
けど、14巻まだ読み終わってない。あと少しなんですが……

刀語が大好きなこのごろ。悪乗りでSS買いてしまった……なにをしてるんでしょうか俺は?
しかし、アニメでも錆白兵の扱いの悪さには泣きました。まさか台詞すらないとは……

それはさておき、最近はフェリほどではないですがクララとバーメリンがかわいいと思うこのごろ。
外伝的作品でこの2人のSS書きたいななんて思ってますw
……本編遅れるからやめとくべきかな?などと思いつつ、今回はこれで失礼します。



[15685] 19話 暴走
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:8aa92727
Date: 2011/02/13 20:03
フェリの指示に従い、向った場所にいたのは山羊だった。
黄金の牡山羊。
それは幻想的であり、圧倒的威圧感を放っている。
大きく、あまりにも立派な角は無数に枝分かれし、夜の闇を黄金色の光が照らしている。
しかもその牡山羊は大きく、足から角までの高さでレイフォンと同じくらいはある。
この異様な雰囲気からして、家畜ではない事など明白だ。フェリも言っていたではないか。家畜ではないと。
そしてこの牡山羊から発せられる威圧感。それは汚染獣の威圧感にも匹敵し、凌駕するほどだ。
だが、この牡山羊が汚染獣、こういう姿をとっていると言う事は老生体の二期以降だとしても、餌である人間を前にした時の食欲が感じられないのを変に思う。
だが、そんなことはどうでもいい。

「……お前は違うな」

牡山羊が低い声で、なにかを言った。
だけどそんなこと、心底どうでもいい。

「この領域の者か?ならば伝え……」

牡山羊がなにかを言いかけた。だけどそれ以上言わせない。

「はあああああああっ!!」

青石錬金鋼の剣に剄を込め、全力で牡山羊を切りつけた。
正確に言えば、錬金鋼の限界もあるから全力ではないだろう。だが、まさにその限界ギリギリ。
錬金鋼が崩壊する一歩手前まで剄を込めた。

「無駄だ。我は道具故に何者でもなし。何者でもなきものは切れまい?」

確かに牡山羊の体をレイフォンの剣が切ったはずだと言うのに、それでも牡山羊はしゃべり続ける。
平然と、牡山羊は未だにレイフォンの前に立っている。

「しかと伝えよ。我が身は既に……」

「死ねぇぇ!!」

だが、関係ない。レイフォンは再び牡山羊に切りかかる。
今ので駄目だった。ならばどうする?
単純な結論だ。全力で叩く。幸いにも、前回の老生体戦の影響もあり、予備の錬金鋼なら持ってきている。

「む……」

牡山羊が目を見張る。
動物故にその変化はわかりづらいが、驚いているのは間違いないだろう。
レイフォンの姿が増え、数十、数百と言う数のレイフォンが牡山羊を取り囲んでいる。
そして皆、同じ構えで牡山羊へ剣を向けていた。

活剄衝剄混合変化 千斬閃及び、天剣技 霞楼。
先日、汚染獣の老生体すら退けた一撃が牡山羊を襲う。
数十、数百の浸透斬撃。その斬撃のことごとくが牡山羊を切りつけたのだが、それでも牡山羊からは血が溢れ出ない。彼の体を傷つけない。
だけどどうした?

外力系衝剄の変化 轟剣。

赤熱化するほどに錬金鋼に剄を込める。
錬金鋼はどの道、今の霞楼で持たないだろう。ならば遠慮はいらない。

「はああああああああっ!!」

跳び、上空から全力で投擲した。
剄を込められた剣が牡山羊に投げつけられ、それが牡山羊を貫通する。
更には貫通した剣が地面に接触した瞬間、錬金鋼が剄に耐え切れずに爆発する。
その爆発は、轟剣と言う技は牡山羊だけではなく、この都市そのものを震撼させたほどだったが、それでもレイフォンは気を緩めない。
爆煙を睨みつけつつ、獰猛な、肉食獣のような表情をしていた。

「……見事」

声が聞こえた。
だが、その事にレイフォンは驚かない。手ごたえがなかったのだ。
霞楼も轟剣も、確かに牡山羊に命中した。だと言うのに手ごたえがまるでない。
牡山羊は爆煙の中におり、その姿を幻の様に霞ませながらも言葉を続ける。

「我が認識の間違いか?汝、炎を求める者か?」

牡山羊がなにかを言っているが、レイフォンは聞いてもいない。
錬金鋼がなくとも、衝剄を放とうと素手でも振りかぶる。

「我が身は既にして朽ち果て、もはやその用を為さず。魂である我は狂おしき憎悪により変革し炎とならん。新たなる我は新たなる用を為さしめんがための主を求める。汝、我が魂を所持するに値する者なり。我は求める、汝の力を。さすれば我、イグナシスの塵を払う剣となりて、主が敵の悉くを灰に変えん」

レイフォンの牡山羊へと向ける敵意。
微妙に違うところもあるが、それは牡山羊にとって、まさに求めているものだった。
牡山羊が求めるのは都市を護る志を、極限の意思を持った人物だ。今のレイフォンの意志はまさに極限の怒り、敵意。
更に彼は、別に都市自体はどうでもよいかもしれないが、何が何でも護ると決めた少女が存在する。
存在すると言う事は、汚染物質に囲まれたこの世界だ。過程はどうあれ、そうなれば必然とレギオス(自律型移動都市)を護ると言う事につながる。
レイフォンの実力にしたって、牡山羊にとっては都合が良い。
ならばこそ求める。狂った牡山羊は、レイフォンと言う強者を。
だがレイフォンは、牡山羊など求めてはいない。
それが答えだと言わんばかりに、無手のレイフォンから放たれた衝剄が牡山羊を撃ち抜く。

「我は汝を求める……機を見、再び現れよう」

撃ち抜かれた牡山羊はそれだけを言い残し、霧の様に、空気に溶ける様に消えていった。
後に残ったのは静寂。静かな闇の中に、レイフォン1人だけが取り残される。

「……逃がしたか」

舌打ちを打ち、苦々しくレイフォンがつぶやく。
せっかくのところで中断されたために、怒りで半ば冷静さを欠いていたが……なんにしても時間が経ち、少しは冷静になる。

「フォンフォン……フォンフォンっ!」

極めつけはフェリの声だ。
念威端子越しに聞こえた彼女の声が、レイフォンの意識を通常の状態へと戻す。

「フェリ……あれはどこに行きましたか?」

「わかりません……いきなり反応が消えました」

「逃げた?いや……去った?」

落ち着き、冷静になったからこそ理解する。
こちらが一方的に攻撃を仕掛けただけで、あの牡山羊には最初から敵意がなかった。
攻撃を仕掛けても反撃などしてこなかったことから、おそらく最初から戦う気はなかったのだろう。
いくら個人的私情で怒り狂っていたとはいえ、先ほどの牡山羊は人語までしゃべってレイフォンに語りかけてきたのだ。
普通に考えたらありえない状況だったが、それでも話を聞かずに一方的に攻撃した自分は悪者なのだろうかと思ってしまう。
まぁ、怒ってなかったら怒ってなかったで、あんな状況で冷静でいられるわけないだろうが……

「すぐに隊長達がそちらに着きます」

フェリの報告が聞こえ、思考にふけっていたレイフォンはふと我に返る。
遠くから聞こえてきたニーナ達の足音を聞きつつ、それでも頭の片隅にはあの牡山羊のことが残っていた。





































翌日も調査は続けられた。
フェリと第五小隊の念威操者が都市中を探査したが、レイフォンが見た昨夜の牡山羊を見つけることは出来なかった。
だが、その代わりに別のものが見つかった。

「まさか、本当にこうしていたとは……な」

吐息に混じった複雑なものを感じながら、レイフォンもニーナと同じものを見る。

「これは、そうなんでしょうね」

レイフォンもこれ以上は何も言えなかった。
それは墓だ。
生産区の巨大な農場にその墓があり、決して上等なものとは言えない、墓と言うにはあまりにも貧相な作りだ。
作りだどうだと言う以前に、穴を掘って死体を入れ、それに土をかぶせたという雑なものだ。
広大な畑の一画、その至る所にその雑な墓、土の小山が無秩序に配置されている。
おそらく、この都市の人々の屍がそこには埋まっているのだろう。

「……痛ましいな」

ニーナがそうつぶやく。
いつも軽口を叩くシャーニッドも、ただ無言で小山の列を見つめるだけだった。
レイフォンも小山の列を眺める。これだけの数の墓を作るのに、どれくらいの時間がかかったのだろう?
都市中の死体を捜し、運び、穴を掘り、そして埋める。
都市中に充満する腐敗臭から、相当な時間がかかっている事がわかる。
それだけの時間を、死体と向き合って過ごすのはどんな気分になるのだろう?
レイフォンにはとても想像できない。

「……おいっ、なにをしてる!」

声を上げたのはニーナだった。
レイフォンは想像をやめ、そちらを見ると、第五小隊の面々がどこからか見つけてきたスコップで小山を掘り返そうとしていた。

「掘り返して調べる」

ゴルネオの返答に、ニーナの表情が引き攣る。

「何だと?そんな事をする必要がどこにある?」

これは死者の冒涜だ。
土の中で永遠に眠る者達を掘り返すなんて、正気の沙汰ではない。

「……これが墓場だと決まったわけではない。それに、墓だとすれば誰が埋めた?」

「それは……」

だが、ゴルネオの言葉も正論だ。
自分達はツェルニに危害が及ばないよう、この都市の安全を確認しに来たのだ。
ならばこそ、調べなければならない。これが墓だとすれば誰が作った?
昨日、そして今日の調査で、家畜や魚以外の生命反応が見つからなかったのにだ。

「昨晩見たとか言う獣だとでも言うのか?馬鹿馬鹿しい。獣がそんなことをするものか」

ゴルネオのもっともな意見。
それに乗るように、シャンテが鼻で笑った。

「大体、その話だって本当かどうかわかんないじゃん。見たのも察知したのもそっちだけ。うちで確認できなかったんだから」

彼女の指定席である、ゴルネオの肩に座ったまま言い放つ。

「貴様……」

シャンテの言葉に、自分達の、部下の報告が嘘だと思われたのが心外で、怒りを込めてニーナが身を乗り出す。それには理屈はわかっていても、ゴルネオへの怒りも多少は込められていただろう。
レイフォンはそんな彼女を止めようとしたが、それよりも早くシャーニッドがニーナの肩をつかんで引き戻す。

「ゴルネオさんよ。雁首揃えて野良仕事なんてする必要もないだろ?うちは他所を回らせてもらうぜ」

ニーナに先んじて口を開いたシャーニッドを、ゴルネオは胡乱そうに見つめた。

「……勝手にしろ」

「そうさせてもらう……まっ、夕方には迎えが来るんだし、晩飯が肉料理でないことを祈らせてもらうわ」

シャーニッドの軽く、皮肉交じりの一言に第五小隊の面々が苦々しい表情を浮かべる。

「んじゃっ、そう言う事で。行こうぜ」

シャーニッドに促され、レイフォン達はその場を離れた。
先を歩くシャーニッドの隣にはニーナがいて、何か会話を交わしている。
それにおどけ、肩をすくめるシャーニッド。その反応を見て、レイフォンは彼がいてくれてよかったと思える。
シャーニッドのような対応など、レイフォンには無理だ。当然、ニーナやフェリにも無理である。
もし、シャーニッドがいなければあの言い争いはどんな風に発展していたのだろうかと思った。

「フォンフォン」

「なんですか?フェリ」

そんなレイフォンに、フェリが何かを思いついたように語りかけてきた。

「ちょっと屈んでください」

「はっ?」

「いいから」

フェリに強く言われ、分けがわからないままレイフォンはその場に屈む。

「もっと低く」

背中も押さえつけられ、膝も曲げる。殆ど体育座りに近い格好になった。

「……肩が狭いですね」

「いや、普通だと思いますけど」

「……仕方ないですね」

分けがわからないまま、なにが仕方ないのか考える暇もなく、

「え?」

背後に回ったフェリが、レイフォンの両肩に手を置いた。ぐっと肩と背中に体重がかかる。
背中に硬い感触……膝か?
ぬっっと、白いものが視界の両端に現れた。

「って……なにしてんですか!?」

フェリの全体重が両肩にかかって、レイフォンは意味がわからないまま叫んだ。

「仕方がないじゃないですか、肩車です」

「……なにが仕方がないんだか、まるでわからないんですけど」

「いいから行ってください」

……時々、フェリの事がわからなくなるのは自分が悪いのかと思いつつ、レイフォンはゆっくりと立ち上がる。

「ふむ……こんなものですか」

なにやら満足げに頷くフェリに、レイフォンはどこか納得したような気がした。
もしかしてシャンテにでも対抗意識を持ったのだろうか?
ゴルネオの肩に乗るシャンテを見て、自分も乗りたくなったのか?
だが、平均的な身長であるレイフォンの肩には乗れず、仕方がないから肩車などと言っているのだろう。
これがもし、ゴルネオのような巨体だったら?
レイフォンはなんとなく、ゴルネオの肩に乗るフェリを想像して……

「……………」

何故か強烈な殺意をゴルネオに抱いた。
まぁ、想像しただけで本当にフェリがそんなことをするとは思わないが、なんにせよ彼女は今、レイフォンの両肩に乗っているのである。

「フォンフォン、揺らさないでください」

「無理ですよ。子供にするのと違って、やっぱりバランスが……」

呆れたようにため息をつき、レイフォンは先に行ってしまったニーナ達を追うために早足となる。
だが、そのために少しゆれ、レイフォンの肩に乗ったフェリは思わずレイフォンの髪をつかむ。

「わっ」

「ぃたたたたっ!髪引っ張らないでくださいよ」

「だったらもう少し静かに歩いてください」

「隊長達があんなに先に行ってるんですよ?」

「あの人達が行くところなんて把握できます」

念威で簡単に追えると言うフェリに、レイフォンは再びため息をつく。

「とにかく、もう少ししっかりつかまってください」

「わかりました」

「むっ」

「なにか?」

レイフォンの言葉にうなずき、フェリが『しっかり』とつかまる。
その動作に、感触に、レイフォンの顔色が変わった。

「あ、い、いえ……」

「……顔が赤いですよ」

「そ、そうですか?」

惚けてみるが、レイフォンは平常心ではいられず、顎の下に当たる感触にレイフォンは内心で狼狽していた。

(し、しまった。迂闊……)

フェリが両足を使ってレイフォンの首を挟んでいるので、太ももの感触が首と顎辺りに当たるのだ。
しかも彼女はスカートで、、それはレイフォンの頭の後ろでめくれている。
特殊繊維のストッキングを穿いているが、それはかなり薄い。
ストッキングの冷たい感触と、太もものふくよかな感触がダイレクトにレイフォンに伝わり、レイフォンの心臓は喧しいくらいに鼓動している。
落ち着けと内心で何度も言い聞かせ、これ以上そんな迂闊な場所に触らないようにとブーツ越しに足をつかむ。

「あ……どうやら地下施設に行くことが決まったようです。隊長達は先に行くと」

「えっと、どっちです?」

「あちらへ……わっ」

どこに行けばいいのか、レイフォンはフェリに指示を仰ぐ。
ニーナ達は先に行ってしまったようで、姿が見えない。
そしてフェリが方向を指差すのだが、その動作の途中でバランスを崩した。

「ととと……」

「フォンフォン、ちゃんと支えててください」

「いや、そんなこと言われても……」

「だいたい、そんな足の先なんか持ったってバランスなんか取れるわけないじゃないですか。ちゃんとしてください」

「いや、違うんですよ。これには色々と深い理由が……」

「それはきっと、とてつもなく浅くて邪なものだから破棄してください」

「……………」

「そもそも、昨日あそこまでしておいて、今更その反応ですか?」

レイフォンの考えなど、フェリにとってはお見通しだった。そもそも、そう言われては反論のしようがない。
フェリのそっけない対応に落胆しつつ、レイフォンは顔を赤くしたままニーナ達を追う。
レイフォンは気づかない。いや、気づけない。
両肩に乗っているフェリもまた、顔が赤くなっている事に。

「……………」

「……………」

レイフォンとフェリは無言のまま、地下施設へと向うのだった。



































「……いいぞ、埋めなおせ」

どこかうんざりとした声で、命令を下すゴルネオ。
それに従い、第五小隊の隊員達が掘った穴を再び埋めていた。
小山の中にはやはりと言うか、死体が埋まっていた。そのどれもが五体満足ではなく、残骸のような肉片と骨ばかり。
どう考えても、これはこの都市の人達の死体だろう。
ちゃんとした埋葬とは言えなかったが、やはりこれが限界のようだ。

「問題は、誰がこれをしたか……か?」

残された問題となると、まさにそれだ。一体誰が死体を埋めた?
それがわからない。まさかとは思うが、本当にレイフォン達が言ってた牡山羊が埋めたとでも言うのだろうか?
ありえないと首を振り、その考えを否定する。時間はもう昼を回っていた。
夕方にはツェルニが到着して、迎えが来るので、それまでに原因を探っておきたいところだが……

「……ん?」

作業が終わり次第休憩を取り、それから年をもう一度調べなおさなくてはと思った。
そう思い、気づいた。逆になんで今まで気づかなかったのかとも思った。肩が軽い。

「そう言えば、シャンテはどこに行った?」

ぐるりと辺りを見渡してみるも、赤毛の副隊長の姿はどこにもない。
小山を掘り返している途中に肩から降りてどこかへ行ったのだが、そういえばそれから戻ってきていない。
隊員達に尋ねても、誰も居所を知らなかった。

「……まさか、あいつ」

嫌な予感がした。
ゴルネオは隊員達に作業を続けるように命じ、活剄を走らせて生産区から出た。














携帯食で昼食をとり、一休みした後レイフォン達は機関部の入り口の扉を開ける。

「やはり、電力が止まっているな」

何度スイッチを押しても動かない昇降機に、ニーナは仕方ないとつぶやく。

「ワイヤーで降りるしかないな。念のために遮断スーツを確認しておけ。フェリはここに残ってサポートを頼む」

「了解しました」

ここに着く前にレイフォンの肩から降りていたフェリが頷き、念威端子がフェイススコープに接続される。
それを確かめると昇降機の床に穴を開け、レイフォンは鋼糸を使い、ニーナとシャーニッドはワイヤーを使って下へ降りていく。
機関部の電力が止まっている故に、照明はない。当然真っ暗であり、フェリの念威のサポートがなければここは暗闇が支配していただろう。
暗視機能により、青みを帯びた視界が広がる。
あたりには太いパイプがいくつも巡り、その隙間を縫うように人間用の通路が設置されているのはツェルニに似ている。
似ているとは言え、まったく同じと言う事ではなさそうだ。
入り組んだパイプの密度はこちらの方が上で、まるで迷宮の様に見える。
ツェルニの機関部の通路もそうだが、これはそれ以上だ。
腐敗臭がここにはなく、その代わりと言っては何だが、オイルと触媒液の混ざった臭いに、かすかな錆の臭いが溶け合っている感じがした。

「空気がおもっくしいねぇ。お前ら、よくまぁこんな所で働けるもんだ」

機関部掃除のバイトをしているレイフォンとニーナを見て、シャーニッドは渋面を浮かべながら感心するように言った。

「明かりがあればもう少し広く感じられるんだろうがな」

「機関部で照明弾撃つわけにもいかんだろ。なんに火がつくかわかりゃしない」

「そう言う事だ。フェリ、何か異常はあるか?」

「現在のところは何の反応もありません」

フェリの返答に、ニーナが小さく頷く。

「そうか、ならばしばらくうろついてみるか。昨夜の反応の主、隠れているとすればもうここしかないだろうからな」

「隊長は信じてくれるんですか?」

レイフォンは意外そうにニーナを見た。
牡山羊を見つけたのはフェリだが、確認したのはレイフォンだけだ。
第五小隊のメンバーはレイフォンの発言を信じている様子はなく、レイフォンだって冷静に考えてみれば、あれが現実のものとは考えづらい。

「当たり前だろう。2人の言葉を信じない理由がどこにある?」

「……まぁね。お前らがそういう嘘をつくキャラとも思えんし」

ニーナの言葉にシャーニッドも同意する。
確かにレイフォンもフェリも、そういう嘘をつくタイプではない。

「それに、私には当てもある」

「え?」

続けられたニーナの言葉に、レイフォンが首をひねった。

「この都市がまだ『生きている』のなら、いてもおかしくないのがひとつあるだろう?」

「あ……」

そう言われて、レイフォンの頭の中にツェルニの姿が思い浮かぶ。
もちろん、都市そのものではなく、童女の姿をした電子精霊のことだ。

「お前達が見たのはこの都市の意識。私はそう考える」

「なるほど……」

その言葉に納得し、とても近い答えだと思った。

「まずは機関部に辿り着くことが先決だな。二手に分かれるか。私とシャーニッド、レイフォンは1人で大丈夫か?」

ニーナの言葉に、レイフォンは黙って頷く。

「何もなければ1時間後にここに集合だ。行くぞ」

その言葉を最後に交わし、レイフォンは1人でパイプの入り組んだ迷宮を進んだ。








「なにかありましたか?」

「いえ、なにも」

「こちらも何の反応もありません」

静まり返った機関部の闇の中を進むレイフォンに、緊張の混じった声で念威越しにフェリが問いかける。
都市の調査を始めたころは、自分の念威による調査で納得しないニーナに不満を持っていたのに、今はそんな様子を見せない。
昨夜のことは、フェリにとってそれだけ衝撃的なことだったのだろう。

「正直に言うと、あれが本当に実在したものなのかどうか自信が持てません」

弱音をハッキリと形にするフェリに驚きつつ、レイフォンは励ますように言った。
もしかしたら今のフェリの心境は、かなり深刻なものかもしれない。

「大丈夫ですよ、僕は信じます。僕自身も見ました。隊長達だって信じてくれたでしょ?」

「それはそうですが……フォンフォンは、あれが隊長の言う都市の意識だと思いますか?」

「ツェルニ以外を見たことがないので、なんとも言えないですね。ツェルニがしゃべったところを見たことありませんし、当然戦ったことも、敵として前に立ったこともない。ですが、可能性としては否定できないと思いますよ」

「……私はツェルニだって見たことがないんですよ。確信なんてもてません」

「でも、フェリが見つけたものが幻でもなんでもないのは、僕が保障しますよ。僕はこの目で見たんです。僕の目まで疑いますか?」

「……そんなことはないですけど」

それでも不満なようで、フェリの言葉にはどこか力がない。
そんなフェリに向け、レイフォンは平然と答えた。

「誰も信じなくても、別にいいじゃないですか」

「え?」

レイフォンの答えが意外だったようで、念威越しのフェリの声が呆気に取られていた。

「僕だけは信じます。フェリのおかげで僕は二度の汚染獣の戦いを潜り抜けてきたんです。今更疑う要素なんてどこにもありませんよ。フェリのおかげで僕は生きてられてるんです。例え誰も信じなかったとしても、僕は信じます」

「……言いくるめられてる気がします」

「でも、本心ですよ。僕はあなたを信頼してますから」

拗ねたように言うフェリに苦笑しつつ、レイフォンは先へと進む。
パイプの数はツェルニよりもはるかに多く、遠くを見渡すことも困難だ。
機関部の調整をしていた技師は、きっとこの迷路に苦労していたんだろうな、などと考えていると、

「あ……」

「どうしました?」

フェリがなにやら異変を感じたようだ。
すぐに通信を第十七小隊の全員へとつなげる。

「反応がありました」

「どこにだ?」

ニーナが尋ねる。

「待ってください、座標を……」

突然だ。

「フェリ……どうした?返事をしろ」

フェリの声が途切れ、ニーナの言葉に雑音が混じる。

「おい、なんか変だぞ」

シャーニッドの声が雑音の中、遠くから聞こえるように響き……

「……え?」

通信が切れた。視界が完璧に闇に染まる。

「フェリ、どうしたんですか?フェリっ!?」

レイフォンが声を張り上げるも、返答はない。
彼の叫びがただ、闇の中を木霊した。





































悪い予感が当たった。それはとてつもなく苛立たしい。

「……っ、えぇい」

機関部の入り口近くにある木陰に人影が倒れているのを見つけて、ゴルネオは舌打ちをして駆け寄った。
倒れていたのは第十七小隊の念威操者のフェリだ。
レイフォンを武芸科に引き込んだ恥知らずの会長の妹と嫌悪するが、今はそれどころではない。
首筋に手を当て、脈をとり、安堵した。
生きている。気絶しているだけだ。

「そこまで無茶はしないか」

シャンテがフェリと言い争いをしているところを見ただけに、そのことが心配だった。

「まったく、いい歳をして!」

ゴルネオは再び舌打ちを打つ。
どこか獣の雰囲気を宿しているシャンテは、いざというときに武芸者らしい行動を取れない。それがゴルネオの悩みの種だった。

突発的誕生型のシャンテは、孤児であった。
その上不幸なことに、彼女は人に育てられたのではない。
都市のほとんどが森林だと言う森海都市エルパの出身であり、そこは牧畜産業を主体としている。
繁殖力が強く、良質な肉と毛皮、その他、様々に有用な家畜の品種改良を行ってはそれらの遺伝子情報を他都市に売るエルパには、様々な動物がいる。
その数はあまりに膨大であり、管理者の目から外れ、野生化して森の奥深くに生息している種もおり、その種にシャンテは育てられたのだ。
それは猟獣種の獣であり、その獣に拾われたシャンテは母親について狩をしていたらしい。
本来なら人と獣の間には圧倒的に身体能力の差があるが、武芸者であるシャンテは剄の力でその差を埋めていた。つまり、彼女は誰にも剄について教わりもせず、独学でそれを身に付けたのだ。
なんにせよ、調査団の報告によって派遣された武芸者が彼女を保護し、彼女にはライテの姓が与えられ、人並みの教育を受けることになった。
だが、生まれてすぐに獣と共にあった彼女がいきなり人間社会に適応できるはずもなく、また人としてのなにかが決定的に足りなく、持て余した施設から放逐されるような形でツェルニへとやってきた。

なにが足りなかったのか、ゴルネオにはすぐにわかった。
シャンテは猟獣種と共に育ったのだ。狩をすることでその日の食べ物を直接的に確保するのが当たり前で、彼女には働き、報酬を得ることでその日の食べ物を購うと言う間接的な概念にうまく馴染めなかったのだろう。
入学してから5年。何の不運かゴルネオはシャンテの世話をすることになってしまい、最近になってようやく、考え方に少しはまともなものが見えてきたところだった。
それもまた、シャンテの中にある狩猟本能を小隊による対抗試合で解消させるという代償行為があってこそだが
シャンテを育てた獣は群れで狩を行ったと言う。小隊単位での戦いは、彼女に通じるものがあったのだろう。
だが、そんな彼女だからこそゴルネオは後悔する。

「くそっ、あいつに話したのは迂闊すぎたか」

フェリを木陰で寝かせなおし、ゴルネオは機関部入り口に駆け込んだ。
昇降機の床に穴が開けられており、それに飛び込む。ワイヤーを使うなんてのんきなことはやっていられない。シャンテもまたそうしたのだろう。
ゴルネオの言葉で、シャンテはレイフォンを敵と認識してしまったのだ。ゴルネオは止めていたが、彼女はずっとレイフォンを狩る機会を窺っていたのだ。
狭く、移動がままならない機関部は、森を駆け回っていたシャンテにとって得意な場所に違いない。そこならレイフォンを狩れると思ったのだろう。

「くそっ」

それは甘い、甘すぎる。
幼いころから獣と共に育ったシャンテの動きは俊敏で、予測が付きにくい。
それに加えてゴルネオが化錬剄を教えたので、彼女のその適正も合わさった変幻自在の動きを捉えるのは並みの武芸者では不可能だ。
シャンテの境遇がなければ、彼女は都市から出してもらえない才能ある武芸者だろう。だが、それはあくまでも並み。

「その程度のことで討てるものか」

レイフォンに、元とは言え天剣授受者になる男には通じない。
知っているのだ。天剣授受者になるような武芸者がどんなレベルにいるかを。
生まれた時から天剣授受者になる男の側で育ってきたゴルネオは誰よりもそれを理解している。

「くそっ、死ぬなよ」

祈りながら、ゴルネオは闇の中を降下した。








フェイススコープを外し、レイフォンは走った。

「くそっ、くそ!ふざけるな!!」

悪態をつき、全力で走る。
戻る道は理解している。鋼糸を先行させながら戻ればなんら問題ないが、それをやっている時間すら惜しいと錬金鋼を剣の状態にしたまま、全力で走る。
闇の中を全速力で走るのには恐怖を感じるが、そんな恐怖よりもレイフォンは怖い。
フェリを失うことのほうがその何倍も、何十倍も、何百倍も怖い。急げと体に命令を送る。
1秒でも速く、0,1秒でも速く、彼女の元へと駆け寄る。
ニーナが昨日言っていた『少数精鋭を気取るつもりはない』という言葉が重くのしかかった。
だが、それについて悔いる暇も、考え込む暇もない。レイフォンはただ、ひたすらに走る。

「フェリ……」

願うのはフェリの無事。それ以外はどうでも良い。
ただそれだけを考える。それ以外は考えられない。
だと言うのに、急ぎたいと言うのに、レイフォンは足を止めるしかなかった。

「……邪魔をするな」

向けられてくる殺気。
それに対し、レイフォンは同じく殺気を込めて言い返す。
遊んでいる暇はない。今は少しでも早くフェリの元へ行かなければならないのだ。

「……見えてるのか?」

殺気の主は驚いたように問いかけてくるが、それでもその殺気を引っ込めようとはしない。その声を聞いて、レイフォンは相手が誰なのかも理解した。
そもそもこの状況で攻めてくる人物なんて、あの牡山羊を除けばそれ以外思いつかない。
先を急ぎたいレイフォンにとってもどかしく、そして敵意がわいてくる。

「……ひとつ聞きます」

「なんだよ?」

レイフォンが質問を投げかけるが、拒否は許さないと言った感じで問いかける。
だが、相手はあっさりと問い返してきた。
それでも彼女、シャンテ・ライテは不意打ちを台無しにされたのと、余裕のありそうなレイフォンの言葉に不貞腐れたような反応をする。
だが、レイフォンには余裕なんてものは存在しない。

「フェリの念威が止んだんですけど、あなたの仕業ですか?」

「そうだよ」

あっさりと認めた。その返答に、レイフォンの中に黒いものが沸きあがる。

「こんな暗いところじゃ、あんたらは物が見えないんだろ?だったら、見えるようにしているあいつは邪魔だからな。なのに……なんであんたは見えるんだよ?」

それだけで?
たったそれだけの理由でフェリに危害を加えた?

「は……っ」

レイフォンが小さく息を吐く。
それと同時に、とても乾いた声が漏れた。

「まぁ、どっちでもいいや。あんたはどの道ここで死ぬんだ。あんたはゴルネオの敵だ。なら、あたしの敵だ!」

そうだ、敵は自分のはずだろう?
憎いのは自分のはずだろう?
恨んでいるのは自分のはずだろう?
だと言うのになぜ、フェリに危害を加えた?

「は、ははっ……」

レイフォンから再び息が吐かれた。
それはもはや声。笑い声だ。

「なにがおかしい!?」

暗闇の中、シャンテが怒鳴る。
だが、それにかまわずレイフォンは笑い続けた。

「はは……ははははっ!あはははは、ははははははは!!ははははははははははははははははは!はははははははははははっ!!ははは……」

それは狂ったような笑いだ。
笑っていると言うのにレイフォンの瞳は笑っておらず、暗く、虚ろなものとなっていた。
それでもレイフォンは笑い続ける。狂い、発狂したように乾いた笑い声を上げる。

「はは……はははははっ!あはははは、ははははははははは!!はははははははははははははははははははは!はははははははははははははっ!!ははは……」

殺す……殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す

その想いだけを込めて、レイフォンは笑い続ける。
身体を一刀両断にして殺す?
剣で串刺しにし、内蔵を掻き乱して殺す?
頭部を砕いて殺す?

否、簡単には殺さない。少しでも苦痛を与え、生まれて来た事を後悔するように殺す。
全身の骨を砕いて殺す。
手足を1本ずつ切り落として殺す。
耳をそり、鼻をそり、目を抉り取って殺す。
殺してくれと自分から願い出るほどに痛めつけ、最終的に殺す。

「はは……ははははっ!あはははは、ははははははは!!ははははははははははははははははは!はははははははははははっ!!ははは……はは……ははははっ!あはははは、ははははははは!!ははははははははははははははははは!はははははははははははっ!!ははは……」

レイフォンは笑い続け、錬金鋼をシャンテへと向けた。






































あとがき
……………作者、レイフォンと共に暴走した!?
つか、やりすぎました!?
……どうしよう、感想が怖い(汗
場合によっては修正も……

それはさておき、前半で変なフラグ立ちましたw
でも、思うんですよ。原作6巻でレイフォンがツェルニにいなかったら、ツェルニ滅びね?なんて……
そもそもそこで幼馴染と戦闘狂と一足早い再会しますし……
うむ、オリジナル要素が混ざりまくる展開になりそうです(汗


リリカルなのはが好きです。まぁ、前にも言いましたがw
コンプエースに載ってるvividのヴィヴィオ、そしてコロナとリオがかわいいですw
SSみたいんですが、少なくて残念。そんなわけで兄(糖分の友、理想郷での名はかい)のSSを心より応援するこのごろ。
しかし、一時期リリなのと刀語のクロスSSを書いてて、黒歴史となった時期が……
その時は糖分と名乗っていた、忘れ去りたい過去の日々……
そんな黒歴史が、皆さんにはありますか?

リトバスの一八禁止なPCゲーム買いました。やばっ、面白すぎる!!
更新遅れないように、適度にプレイしたいと思います。しかしあの日常と言うか、ギャグが良いw



[15685] 20話 エピローグ 憎悪 (原作3巻分完結)
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:9a239b99
Date: 2011/10/22 07:50
「なにが起きた?」

「そんなの俺が知りてぇ」

突然途絶えたフェリの念威。ニーナとシャーニッドは暗闇の中に取り残されていた。
その異変を疑問に思うも、このままここでボーっとしているわけには行かない。

「シャーニッド、お前はフェリのもとへ行け。私は一応大丈夫だとは思うが、レイフォンの所へ行く」

「おぃおぃ、マジか?」

行動を取ろうとするニーナに、シャーニッドが呆れたように言う。

「確かにレイフォンやフェリちゃんも心配っちゃ心配だが、分かれるってのはまずくね?こんな暗闇で、正体不明の襲撃者だ。ここはむやみやたらに動き回らず、まずは2人で……」

2人で行動するべきだと言いかけるシャーニッドだったが、そこでふと、何か思いついたように問いかける。

「前々から思ってたんだが、お前ってやっぱレイフォンに気があるんだよな?なに、別に隠すことじゃねぇよ。第一、そんなことしてっとフェリちゃんに取られちまうぜ。いや、もう手遅れなのか?だが、何にしたってだな……あれ、ニーナ?」

いつもの様に軽口を叩き、気をそらしてニーナを冷静にさせようとするシャーニッドだったが、そのニーナが既にいない。
遠くからは、床を蹴るカンカンと言う音が響いていた。

「……うわ、俺って間抜け」

シャーニッドはため息をつきつつ、とりあえずは彼女の指示通りにフェリの元へと向った。







































「っ……!?」

シャンテはすぐさま背後へ飛んだ。
それはまさに本能。獣と共に育ってきたシャンテだからこそ敏感に反応し、己の本能に従ってレイフォンから距離を取る。

「あ、ああ……」

ヤバイ、あれはヤバイ。本能がシャンテに告げる。
暗闇であり、自分に有利な地形。しかもある程度の間合いを取り、槍と剣のリーチからしてこちらの攻撃範囲で、レイフォンから攻撃を仕掛けても反応できる距離、安全圏にいたシャンテ。
だが、それが一瞬で崩壊する。レイフォンが狂ったように笑い出し、その恐怖にあてられてシャンテは後退した。
逃げろと本能が叫ぶ。自分が安全圏だと思っていた所は危険地帯。

何故今まで気づかなかった?あれは決して喧嘩を売ってはいけない存在だ。
対抗試合の経験から不意を突けば何とかなると思っていたが、その考え自体が甘すぎた。
ゴルネオに手を出すなと忠告され、それを一笑していたが、今ならわかる。ゴルネオの言っていた事は本当なのだと。
レイフォンがその気になれば自分は一瞬で殺られる。そしてレイフォンはその気になった。

「う……ぅ、うわああああああああああっ!!」

だが、シャンテは逃げない。
殺す、殺す殺す殺す。
あいつは、レイフォンはゴルネオの敵だ。ならば自分の敵でもある。
シャンテはゴルネオの事が好きだ、大好きだ。
そんな彼を悲しめるレイフォンを、シャンテは許せない。この場でレイフォンを殺し、ゴルネオに褒めてもらうのだ。彼の笑顔を見るのだ。
そう決意し、本能のシャンテは本能に逆らった。それがあまりにも愚かな選択だということを知らずに。
だが、それもある意味仕方がない。獣に育てられたと言うシャンテだが、ここ最近は人に混じって暮らしていたので、野生の勘が鈍ったのかもしれない。
そもそも、シャンテを育てたという獣、猟獣種は常に狩る側にいた。
だから知らなかったのだ。狩られる側の恐怖を。獣の中で上位の強さを持っていたために命の危機、恐怖について鈍感なのだ。

「うらああああああ!!」

「レストレーション02」

シャンテが突っ込み、槍から突きを繰り出してくる。
それをレイフォンは鋼糸を復元させ、シャンテの突きの軌道をそらした。
それでもシャンテは怯まず、更に連続して突きを放ってくる。
レイフォンは変わらず、鋼糸で突きをそらし、流し続けていた。
シャンテは気づいていない。レイフォンの鋼糸が地を這い、至る所に敷き詰められている事を。
シャンテは気づかずにいったん後退して、もう一度突きを放つ。
その瞬間、矛先で赤い光が爆発する。化錬剄だ。
炎に変じた剄が、矛先で爆発した。
だがそれでもレイフォンの鋼糸を抜く事は出来ず、レイフォンに攻撃は届かない。
レイフォンはその場から一歩も動かず、狂ったような笑いもいつの間にか止まり、冷ややかな視線でシャンテを見つめている。

「無茶をする。引火したら、あなたも死にますよ」

「知るかっ!」

自暴自棄にしか取れない叫びを上げ、シャンテが突進してくる。
本当に無謀だ。このパイプの中には、少なからずとも液化セルニウムが残っているはずである。
もしそれにシャンテの炎が引火でもしたら、レイフォンどころか彼女までも死にかねない。
それでも構わないとばかりに、シャンテはレイフォンに攻撃を続ける。
本当に無謀だ。彼女の行動もそうだが、何よりも一番無謀なのはレイフォンに戦いを挑んだ事だ。
そのあまりにも無謀なシャンテの攻撃が、10秒ほど続いただろうか?
10秒、そう、たった10秒だ。
だけどこの10秒で決着がつく。

「え……?」

今まで猛攻を続けていたシャンテが、なにが起こったのかわからないといった表情で攻撃が止まる。
体中に鋭い痛みが走り、力が抜けていく。わからない、わからない。レイフォンはその場から一歩も動いていないというのに、なんで攻撃をし続けていた自分が倒れる。
これはなんだ?体を貫く、無数の針のようなものは?

「死んでませんよね?まぁ、別に死なれても構わないんですが、それじゃ僕の気がすみませんので」

レイフォンは淡々とした声で告げる。
場所は大体わかっていた。
シャンテの殺気、気配、動き回って風を切る音。
更にはあれだけ声を出していれば、どこにいるかなんて容易に予想できる。
もし予想外の攻撃を取られたとしても、この広範囲を覆うこの攻撃なら簡単に仕留められるだろう。

操弦曲 針化粧

天剣授受者、リンテンスの技だ。
鋼糸を地を這うように敷き詰め、それが一斉に天を突くというだけの技。
リンテンスの様に一瞬でこの技を発動させる事はレイフォンには出来ないが、それでも10秒あれば余裕で発動できる。
その発動した針化粧が、その名の通り鋼糸を針へと変換させ、一斉にシャンテを貫き、串刺しにしていた。
対抗試合や武芸大会などのお遊びではない。殺傷力を存分に持った武器での攻撃だ。

「あ、ああああああああああああああ!!」

呆けていたシャンテだが、全身に走る痛みに我慢が出来ず叫び声を上げる。
指を、掌を、腕を、腹を、肩を、足を、太ももを、体中の至る所を貫く激痛にシャンテは表情を歪ませ、泣き叫ぶ。
幸い急所は外れていたが、それでも痛い。あまりの痛みにより、このまま意識を手放してしまいそうなほどだ。
だが、それは許されない。

「うるさい」

「がっ……!?」

蹴られた。
鋼糸が体中に突き刺さったまま、レイフォンがシャンテの腹に蹴りを入れる。
その衝撃に若干白目になりつつ、シャンテは恐ろしい激痛に悶える。
鋼糸に貫かれた状態であらぬ方向に力を入れられたのだ。
例えるなら突き刺さった針でぐりぐりと傷口を弄ばれるのと同じだ。それが数が数なだけに、あまりの激痛で気を失う事すら許されない。
だが、レイフォンに蹴り飛ばされた事によってシャンテの小さな体は宙を舞い、鋼糸の針から開放された事がせめてもの救いだろう。
鋼糸は抜けたが、それでも激痛が残り、体中から血が溢れてくる。動く事すら出来ないシャンテ。
そんな彼女に、レイフォンは更なる追撃をかける。

「がっ……」

右肩を踏まれた。踏み砕かれた。
力を、剄まで込めて踏まれたために、簡単にシャンテの右肩の骨が砕ける。
それでもレイフォンの表情は淡々としてて、いつの間にか剣へと戻していた錬金鋼を持っていた。

「別に僕を目の敵にするのも、殺そうとするのも構わないんですよ。それだけのことを僕はやってきたのだから、僕は恨まれて当然なんです。だけど……フェリは関係ないじゃないですか?それなのにあなたはフェリに危害を加えた」

「っ!っぁ!?」

その剣を今度はシャンテの左肩に突き刺し、そのままひねる。
骨が断たれ、砕ける音が響いた。
シャンテはもはや声にならない悲鳴を上げる。

「楽に死ねると思わないでください」

レイフォンの声は恐ろしいほどに淡々としている。
痛みに悶え苦しむシャンテを冷ややかな目で見下ろしながら、レイフォンは左肩から剣を抜き、今度は耳へと向ける。

「耳を落として、鼻を剃ります。そして今度は目を抉ってあげますよ」

もはや正気ではない。
怒りに満ち溢れた表情で、レイフォンはシャンテの耳を切り落とそうとする。

「シャンテっ!」

だが、レイフォンの行為を止める野太い声が割り込んできた。

「ご、ごる……」

激痛に苦しむシャンテが、とても弱々しい声でゴルネオの名を呼ぶ。
レイフォンは冷ややかな視線のまま、どうでもよさそうにゴルネオを見ていた。
ゴルネオは化錬剄を使って掌に炎を浮かばせていた。ぼんやりとした炎が暗闇を照らし、レイフォンの姿を捉える。
そんな彼の足元で倒れ伏し、体中から血を垂れ流しているシャンテの姿を捉える。
その姿を見て、ゴルネオの中から憎悪が浮かび上がってくる。

「シャンテ……貴様ァ!!」

その憎悪をレイフォンへと向けた。
敵意を、もはや殺意となったそれをレイフォンへと向けてくる。
本能のシャンテ、理性のゴルネオなどと呼ばれているが、さすがにこの状況で理性を保っていられるほどゴルネオは出来ていない。
わかっている、天剣授受者の実力は。規格外の兄を持っているために、そのことはよく理解している。
だが、ゴルネオは止まれなかった。怒りに燃え、レイフォンに殴りかかる。
無謀だ、無謀すぎる。自分で自分を笑いたくなりながらも、全力でレイフォンに殴りかかった。

結果は当然返り討ち。
拳を避けられ、剣で胸を切り裂かれる。
今更だがここはツェルニではない。危険があるかもしれないこの廃都市に来るのに刃引きされていない錬金鋼を持ってくるはずがない。
当然レイフォンの錬金鋼には刃がついており、ゴルネオの胸から血が飛び散る。

「がっ……」

膝を突き、呻き声を上げるゴルネオ。
それでも倒れず、敵意ある視線をレイフォンに向け続ける。
だがレイフォンは、そんなゴルネオの視線を意にも介さずに流した。

「死にたいんですかあなたは?それなら殺してあげますよ、この人を殺した次に」

怒りが、ゴルネオ以上の憎悪が宿った瞳でレイフォンは言う。
その瞳にゴルネオは戦慄さえ覚えた。狂っている。その狂気は戦闘狂である兄、サヴァリスに匹敵し凌駕するのではないかと思わせるほどだ。
だが、ゴルネオは引けない。

「させん……」

レイフォンは言った。この人を、シャンテを殺すと。
それが冗談ではないことは、狂気に染まった瞳と、彼の行動を見ればわかる。

「それだけはさせん!お前は俺からガハルドさんを奪って……シャンテまで奪おうと言うのか!?」

絶対にそれだけはさせない。
ゴルネオの兄弟子であるガハルドをレイフォンは殺した。
死んではいないが意識不明の重態であり、剄脈が壊れている。レイフォンは武芸者としてのガハルドを殺したのだ。
これが事故だったらゴルネオも諦めがつく。だが、そうではない。
ガハルドはレイフォンの賭け試合を告発しようとして、その口封じにレイフォンに殺されかけた。ゴルネオはそう聞いている。
その怒りを、憎悪をレイフォンへと向けている。

「ガハルド・バレーン……」

「忘れたとは言わせないぞ……」

レイフォンがガハルドの名をつぶやき、ゴルネオが追撃するように言ってくる。
その言葉にレイフォンは、あっさりと返答する。

「忘れるわけがないでしょう。あの卑怯者のことを」

「なっ……!?」

そのあっさりとした返答に、ゴルネオの殺意がいっそう強くなる。
それでもレイフォンは淡々と続けていく。

「まぁ、僕も人のことは言えませんし、僕のことが許されないことだとは理解しています。それでもガハルド・バレーンがやったことが正しいとは思わない。あの人は僕に匹敵する卑怯者で、人でなしなんですよ」

「戯言を!お前はガハルドさんの口を封じるために殺そうとしたんだ!賭け試合に出ていることをばらされたくがないために!!」

「ええ、それは認めます。ばらされたくないから殺そうとしました。ですが……」

ゴルネオの怒りを流し、レイフォンは一度息を吸って憂鬱そうにつぶやく。

「賭け試合のことで僕を脅して、試合に負けるように言ってきたから自業自得だとは思うんですけどね」

「な……に……?」

その事実が意外だったのか、ゴルネオが目を見開く。
そんな彼の反応に、今度はレイフォンが意外そうな表情をしていた。

「あれ、知らなかったんですか?考えてもみてください。そもそもガハルド・バレーンが賭け試合に出ていた僕のことを許せなかったら、試合前にそのことを公表してしまえばよかったんじゃないですか。それをしなかった。それは何故か?答えは単純。僕を脅し、自分が天剣授受者になりたかったからだ。弱いくせに、その実力もないくせに」

レイフォンは語る。怒りに染まりきり、冷酷で毒を含めた言葉を吐く。
別にガハルド・バレーンにそこまでの恨みはない。天剣を剥奪されたのは自分の未熟さと至らなさが原因だったし、もしガハルドを何とかしていても、第二、第三のガハルドのような者が現れていたかもしれない。
確かに孤児達に、家族に責められた時は辛く、悲しかったが、ある意味ガハルドに感謝するべきとも思った。
あの騒動が原因でレイフォンはツェルニに来て、フェリと出会えたのだ。それは今までの不幸を取り払うのに十分すぎる幸運。
だが、その幸運を奪うと言うのなら、レイフォンは容赦はしない。

「嘘だ!ガハルドさんがそんなことをするはずない!!」

「本当です」

「嘘だ」

「しつこいですね、本当なんですよ」

「嘘だ……」

ゴルネオが叫ぶ。尊敬する兄弟子がそんなことをするとは信じられないのだろう。
ゴルネオはそれを否定しようとするが、レイフォンの瞳は決して嘘をついているようには見えなかった。

「それから、あなたはこの人を奪うのかって言いましたよね?この人がなにをしたか知っているんですか?」

シャンテがなにをしたか?
都市の調査という任務中だと言うのに、味方であるはずのフェリを襲い、レイフォンを殺しに来た。
それだけで十分問題行為であり、返り討ちにあっても文句は言えない。
だが、そんなレイフォンの声などゴルネオにはもう聞こえていない。

「嘘だ……嘘だ……」

膝をつき、手を床につけてゴルネオはポツリポツリとつぶやく。
それほどまでに、レイフォンから突きつけられた事実が信じられないのだろう。
だが、そんなこと、レイフォンには関係ない。

「ごる……ごる……」

「人の心配をしている暇はありませんよ」

とても弱々しい声で、シャンテがゴルネオの心配をしている。
だが、今の彼女は自分自身の心配をするべきなのだ。
レイフォンの刃が、シャンテの命を刈り取ろうと振りかぶられる。

「さようなら」

言って、レイフォンが剣を振り下ろす。
シャンテは弱々しい声のままゴルネオの心配をし、ゴルネオは嘘だとつぶやきつけている。
そんなことはレイフォンには関係ない。シャンテを殺し、ついでにゴルネオを殺す。

「レイフォン!!」

だが、そう決意して振り下ろされた剣を止める声。
その声に反応し、レイフォンの剣がシャンテの首筋ギリギリで止まった。

「お前……何をしている?」

「隊長?」

現れたのは第十七小隊の隊長、ニーナ。
彼女はレイフォンの事が心配でここに来たのだが、何故こんな事になっているのか理解できなかった。
ゴルネオとシャンテがここにいるのもそうだが、なんでシャンテは血だらけで倒れている?
なんでゴルネオは膝をついている?
なんでレイフォンは剣を持ち、それをシャンテに向けている?
なんで?なんで?

「邪魔をしないでください。今からこの人を殺すんですから」

「なっ……」

そして今、なんと言った?
殺すと言った。いつものレイフォンからは想像できない雰囲気を放ち、底冷えしそうなほどの冷たい表情でニーナに言う。
狂っている。そうとしか思えなかった。
ニーナに向けられた今の言葉だが、レイフォンの視線はシャンテに向けられたままだ。彼女の姿すらレイフォンは見ていない。

「お前は何を言って……」

「フェリからの念威が途絶えましたよね。それは彼女が原因です。都市の調査という任務中にフェリを襲って、僕を殺すと言って仕掛けてきたんですよ。返り討ちで殺されても、誰も文句は言えないはずですが」

「だからって……」

やりすぎだ、ニーナはそう続けようとした。だが、続けられない。
射殺さんばかりの視線を、レイフォンが向けてくる。
その殺気に、ニーナは言葉が詰まった。

「うるさいですね。それ以上邪魔をすると言うのなら、いくら隊長でも……」

その先の言葉を、レイフォンが言う事はなかった。
彼が言おうとした矢先に、別の人物の声が乱入したからだ。

「何をしてるんですかあなたは?」

「フェリ!?」

念威端子越しに聞こえるフェリの声に、レイフォンの表情と視線から冷たいものが消えた。
浮かんでくるのは安堵。フェリの声を聞けた事に安心し、表情に柔らかいものが感じられた。
さっきのレイフォンとはまるで別人だ。

「無事だったんですね?怪我はありませんか!?」

その安堵の表情も一瞬だったが、今度は心配そうな、フェリを気遣うような表情で問いかける。
とても優しそうなその表情は、どちらにしたってさっきのレイフォンとは別人だ。

「ええ、気を失っていただけで、特にたいした怪我はありません。ところでフォンフォン、私の事で怒ってくれるのは嬉しいんですが……やりすぎです」

「う……すいません」

ニーナの言葉ですら止まろうとしなかったレイフォンを、フェリは念威越しの言葉で押し止め、謝罪させる。
そんな説教を受けているレイフォンを見て、ニーナには複雑な思いが浮かぶ。

「取り合えず、今からすぐに行きますので少し待っていてください」

「おい、レイフォン!」

フェリの説教もある程度終わったのか、そういってレイフォンはすぐさまフェリの元へと向う。
ニーナが抑止しようとするが、意にも返さずに全力で彼女の元へと向った。

「嘘だ……嘘だ……嘘だ……」

「う、ぁぁ……ゴル、ごる……」

虚ろな目で呆然とするゴルネオと、傷だらけでもゴルネオの心配をするシャンテと共に、ニーナは取り残された。






































違和感によってリーリンは目を覚ます。
場所は寮の自分の部屋。そしてベットで眠っている。
そのこと自体は可笑しくない。可笑しくないのだが……自分はどうしてここにいるのだろう?
そして、もうひとつの最大の違和感は……

「……………あ」

「……………なにしてるんですか?」

四つんばいで、覆いかぶさるようにリーリンの上に乗っている女性、シノーラの存在だ。
何故かパジャマ姿のリーリンの、パジャマのボタンを上から順に外している。

「やぁ……やっぱ、ブラしたままだと寝苦しいかな~?と思って」

「余計なお世話です」

「だってこのブラ、がっちりあれであれする補正物じゃないの。リーちゃんったら普通でもそんなのが必要ないくらいにあるのに、こんなのしてたら苦しいでしょうに」

「だから……余計なお世話ですから」

シノーラを押しのけて起き上がり、リーリンはパジャマのボタンを止めなおす。
大きなボタンが四つあるだけのパジャマで、そのうち二つが外されていた。白いブラがハッキリとあらわになっており、リーリンは赤くなりつつため息をつく。

「まったくもう……」

そういって冷静になり、何かを思い出した。自分がここにいる理由は知らないが、その前になにがあったのかを。
ここ最近、何かが可笑しかった。
天剣授受者であるサヴァリスとリンテンスが現れ、誰かに狙われているからと言う事で内密に護衛を受ける事となった。
その理由も知らされずに、ただレイフォンに関係あるとだけ聞かされた事実。
その事に疑問を持ちつつ、リーリンが日常を過ごしていると……襲われた。
養父のところにいて、その襲ってきた人物はレイフォンがグレンダンを出る原因となった相手、ガハルド・バレーン。
だが、彼の様子は明らかに可笑しく、リーリンにはよくわからないが変だった。
どう説明すればいいのかはわからないが、養父であるデルクは『人を捨てた』などと言っていた気がする。
そんなガハルトに襲われて……デルクは倒れて……
混乱してうまくまとめられない記憶の中に、何故かぶらを外そうとしたシノーラの姿が思い浮かぶ。

「先輩……父さん……は?」

聞こうとして、言葉が何故か尻すぼみに消えていく。
頭の中に浮かんだのは最悪の結果で、もしそうなっていたら……

「大丈夫だよ」

今にも気を失ってしまいそうな気分のリーリンに、シノーラが優しく笑いかけた。

「リーちゃんのお父さんは病院にいる。大丈夫、時間はかかるけど、治るよ」

「……よかった」

いつの間にか全身にこもっていた力が抜け、浮いていた腰がベットに落ちた。
安心すると、今度は目頭が熱くなる。

「本当に……よか……」

言葉にならず、喉が痙攣するように震える。
涙が目から溢れ、嗚咽を手で押さえた。
止まらない涙に両手で顔を追ったリーリンを、今度はふざけたりせずに優しくシノーラが抱きしめる。
リーリンは我慢できずに、シノーラの胸で盛大に泣いた。
また失うと思った。また、リーリンの前から大切な人がいなくなるのかと思った。
そうならなかった事に安心し、緩みきったこの感情を抑えきれない。
リーリンは泣き続け、やがて泣き疲れたようにシノーラの胸の中で眠りに落ちた。



「……あの子を、外に出したのは失敗だったかな?」

眠りに落ちたリーリンをベットに戻し、シノーラは部屋を出た。
間違ってもリーリンには聞かれないように、声を潜めて廊下に流す。

「でも、他にどうしようもなかったのよね。ごめんね」

か細いため息と共にリーリンに詫び、シノーラは休日が明けた時にいつものリーリンに合えるように祈りながら扉を閉めた。






































夜となり、暗闇が辺りを支配する。
調査から戻った第十七小隊と第五小隊。
建て前的には事故と片付けられ、第五小隊副隊長のシャンテが重傷で入院している。
こうなった原因はレイフォンにあるのだが、任務中に味方を襲って、更にはレイフォンを殺そうとしたとなれば、返り討ちにあっても文句は言えない。
非はシャンテの方にあり、むしろシャンテのための処置と言ってもよい。
そして、第五小隊隊長のゴルネオだが、彼からはなぜか覇気が消えていた。
彼も胸を切り裂かれると言う怪我を負ったが、それでもシャンテに比べれば随分マシで、目に見えるまでに気落ちするほどではない。
今のゴルネオは落ち込んでいる。悩み、苦悩している。
そんなゴルネオの心境とは正反対の、降るような、綺麗な星空の下に、二つの都市が並んでいた。
ツェルニと、結局は名前すらわからなかった廃都。
その都市はまるでツェルニの影の様にたたずんでおり、それを一望できる外縁部にはひとつの光がある。
街灯などがもたらす光ではなく、黄金色だった。その光は淡く、闇を優しく押しのけるように浮いている。
その光の正体は、童女だ。自分の身長よりも長い髪をたらした、裸身の童女。
都市の意識。電子精霊と呼ばれるこの都市の自我、ツェルニ。
普段なら機関部の中を出ない彼女が、都市の外にいる。
ツェルニの大きな瞳が、どこかぼんやりとした様子で空を見上げていた。
そのツェルニの前に新たな光が現れ、ツェルニはそこに視線を下げた。

そこにいたのは、黄金の牡山羊。その姿を見て、ツェルニの瞳には悲しみの色が宿る。
牡山羊はただ黙って、ツェルニの前で首を振った。
そこでどんな会話がされたのか……それは決して人間の聴覚では聞き取る事が出来ないものだった。
ほんのわずかな遭遇。それだけのやり取りを終え、牡山羊は姿を消す。
ツェルニは名残惜しそうに宙で何度か回転すると、機関部を目指して飛び去っていった。
後に残ったのは、変わることのない学園都市の夜だけだ。





























あとがき
突っ込みどころ満載ですが、取り合えずこれで原作3巻分が終了~!
そしてシャンテの不人気ぶりに吹きました(汗
いや、確かに自業自得と言うところもありますが、シャンテはもう死んでいいみたいな意見に作者が唖然とするほどでw
いや、展開的にもまさか殺すわけにはいかず、とりあえずは重傷ってことで……
ですがこれでシャンテ、レイフォンには強烈なトラウマを持ちました。

ふぅ……ヤンデレレイフォンを書く事に気を取られ、今回の話にはまったく構成が出来ていませんでした。故に難産。何度書き直したことか……
ゴルネオもゴルネオでショック受けてるので、今は絶賛落ち込んでいます。今頃、グレンダンに向けて手紙を書いてるころでしょう(苦笑


しかし、レイフォンに廃貴族が憑く案は素直に受け入れられたようで一安心ですw
一度オリジナルの電子精霊も出すかなんて考えましたが、ここのレイフォンなら別に憑いても可笑しくはないと思いましてw
あぁ……ますますニーナがいらん子に……
問題は原作6巻の場面。果てさて、どうなる事やら……



それはそうと、うちの地域、地元の熊本では漫画や雑誌、コミックの発売日が遅れるんですよ。
コンプエースで例えるなら26日発売のがこちらでは28日くらいになったり。間に土日が入れば更に遅れて……
そんなわけで、前回上げた時にはまだ読んでなかったんですけどね、いやぁ、個人的にはvividと恋姫無双が面白いです。
華琳が可愛かったですねぇ。っつか、一刀ォ!!
あの展開はかなり羨ましかったです。ぶっちゃけ、最寄の店に恋姫の在庫があったら、リトバスではなくそっち買ってました。
いや、リトバスはリトバスで面白いので、別に後悔はしてませんが。来々谷さんが好きです!

さて、そんなこんなで今回はこれで。
では~



[15685] 21話 外伝 シスターコンプレックス
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:9a239b99
Date: 2010/05/27 18:35
この作品は本編にあまり関係なかったりします。それとフェリ成分が薄いです。それでも見ますか?
















































































分かりました、ならば止めません。先に言っておきます、ギャグです。
それでは、始まります。



























「君達を呼んだのは他でもない……彼らが動く」

「なに?」

カリアンは生徒会室にヴァンゼ及び第一小隊のメンバーを呼びつけ、神妙な表情で言った。

「既に彼らは何度か行動を起こしていてね。今までは傍観してきたが、さすがにこれからもそういうわけには行かない……これは、ツェルニの未来に関わることなんだよ」

「それほどのことか……」

カリアンの言葉、そして今まで見たことも無いような真剣な表情にヴァンゼは息を呑み、このことがそれほどまでに重大なのかと思い知らされる。

「今まで後手に回るしかなかったんだけど、流石に私としてもこれ以上放っておくつもりはない。私はね、護りたいんだよ、この都市を。ツェルニを愛しているんだ」

「その志は俺達も同じだ」

「そうだね……今回の任務はそれを成すにはとても重大なことだ。単純な戦力ならば第十七小隊が最強かもしれないが、私は小隊としての最強は第一小隊だと思っているよ。経験、チームワーク、これらは第十七小隊にはないものだ」

「確かに……第十七小隊は個人の戦力に頼りきっているところがあるからな。エースさえ抑えれば付け入る隙はある」

「頼もしいね」

他愛の無い会話を交わし、カリアンが少しだけ笑うが、その表情はすぐに引き締まる。

「今回の任務では期待しているよ」

「ああ、まかせろ」

「決行は明日だ。今日はしっかりと休み、明日に備えてくれたまえ」

ヴァンゼにそう告げて、カリアンは退室を促す。
それに従い、ヴァンゼが生徒会長室を出たところで、今まで無言だった第一小隊副隊長に語りかけた。

「……ひとついいか?」

「なんです?隊長」

副隊長の顔を正面から覗き込み、ヴァンゼは真顔で尋ねる。

「彼らって……誰だ?」

「知らないんですか!?」












































「フォンフォン、待ちましたか?」

「いえ、今来たところです」

「そうですか」

待ち合わせ場所にて遭遇するレイフォンとフェリ。
今日は休日。場所は都市の繁華街。。
今日は2人してショッピングの予定なのだ。

「それじゃ、行きましょうか?」

「はい」

レイフォンとフェリは頷き合い、休日で賑わう繁華街の人ごみの中へと消えていく。





「動いたか、追うぞヴァンゼ」

「ちょっと待てぇぇぇ!!」

そんな2人を背後から観察し、追いかけようとする人物。
フェリの兄であり、生徒会長のカリアンだ。そんなカリアンに向け、ヴァンゼから鋭い突っ込みが入る。

「なんだね?私は急ぐんだよ。でなければ見失ってしまう」

「お前、なにィィィ!?彼らってあれか?要するに妹の彼氏と言うことか!?」

「ふ……ヴァンゼ、何を言っている?確かに最近、レイフォン君とフェリは仲が良い。私としてもフェリの幸せは望むことで、2人が幸せならいいんだ。だがそれとコレとは違う。お兄ちゃんはまだ、レイフォン君がフェリに相応しい彼氏などとは認めていない!!」

「黙れ!俺はお前が生徒会長であることを認めん!!」

強烈な脱力状態になりつつ、ヴァンゼは真顔なカリアンに呆れ果てた視線を送る。

「お前確か……この件は都市の未来を左右するみたいなことを言ってたな?」

「言ったとも。あの2人はツェルニ最強の武芸者と、ツェルニ最高の念威操者だよ。まさにこの都市の行く末を左右していると言ってもいいじゃないか」

それはレイフォンとフェリを当てにし、他の武芸者を当てにはしてないとも取れる言葉。
実際にその通りなのだろうか?
腹立たしいが自分達に力が、実力が無いことは事実であり、それはツェルニを襲った幼生体を撃退できなかったことからも理解できる。
情けない話だが、あの時レイフォンがいなければ間違いなくツェルニは滅んでいただろう。
そのことに苦虫を噛み潰しつつ、ヴァンゼはカリアンに問う。

「つまりお前は、そんな屁理屈で執務をサボり、俺達第一小隊を呼びつけてデートの監視をしろと?付き合ってられん」

「おぃおぃ、ヴァンゼ君。私をみくびって貰っては困るよ。まず、執務なら昨日のうちに全て終わらせた。だから私は今日はフリーだ。そして目的だが、監視ではない。いや、まぁ……監視でも間違いではないが、私がレイフォン君はフェリに相応しくないと判断したら……抹殺だ」

「出来るかァァ!!」

二重の意味で突っ込む。
対面的にもそんな理由でレイフォンを抹殺するわけには行かないし、そして何より戦力的に不可能だ。
レイフォンがその気になれば、彼1人でこの都市は滅ぼされる。

「私は考えたんだ。そりゃ、レイフォン君は良い人物だ。顔も良く、武芸も強く、しかも料理が出来て家庭的。その上優しいと来ている。本当に好物件でフェリを任せてもいいと思えるほどに。だが、彼の周りには彼に好意を寄せる人物がいるじゃないか!もし彼がフェリを捨てたりして悲しませるようなら……私は全権力と力を使ってレイフォン君を排除するよ!」

「色々考えすぎだ!ギャングかお前は!?」

「妹のためならば神にでもギャングにでもなる。それが兄と言うものだよ」

暴走気味なカリアンに盛大なため息をつきつつ、ヴァンゼは第一小隊の隊員達に命じる。

「帰るぞ。時間を無駄にした」

「待ちたまえ!」

だが、そうはさせない。
カリアンががしっとヴァンゼの肩をつかみ、一般人とは思えない威圧感を放ちながら言う。

「君はコレほどまでに力説しているというのに私の気持ちが分からないのか!?」

「分かりたくもない!」

「つれないなぁ……私と君の仲じゃないか」

「金輪際縁を切ろう。お前と俺は無関係だ!」

「はぁ……わがままだねぇ」

「どっちがだ!?」

ため息をついて首を振るカリアンに殺意を抱きつつ、ヴァンゼは疲れ果てた表情で肩を落とす。

「む……ホントにやばいな。行くぞ君達!」

「話を聞けぇ!!」

原因のカリアンは既に遠くとなったレイフォンとフェリを見て、焦りながら追いかけていく。
その様子に一際大きなため息をつきつつ、ヴァンゼは第一小隊の面々に伝えた。

「お前らは帰っていいぞ。あいつの面倒は俺が見る」

「はぁ……隊長も大変ですね」

「まったくだ」

本来なら放っておきたいところだが、あのカリアンを放ってはどんな暴走をするかわからない。
それとは別に、自分はカリアンとは長い付き合いだがいやいやながらも面倒を見ることにした。

「それでは」

「ああ」

ヴァンゼは隊員達を見送り、何度目か分からないため息をついてカリアンを追いかけるのだった。




































「服、見に行きますか?またジェイミスさんのお店とか」

「絶対に嫌です」

「そうですか……」

どこか残念そうなレイフォンだが、フェリと楽しそうに会話を交わしながら2人で歩いている。
フェリは無表情だ。表情の変化が小さく、分かりにくい。
だけど家族だからこそ、兄だからこそ分かる変化。
レイフォンの前で比較的楽しそうな表情をするフェリに。カリアンは頬が引き攣った。

「仲がいいじゃないか……」

「落ち着けカリアン。その程度のことで動揺するな」

「そうだね……この程度のことでは……」

深呼吸をし、落ち着くカリアン。
この程度でレイフォンにジェラシーを感じてはいけない。
いくら自分の前ではフェリはそんな顔をしないとはいえ、フェリが楽しそうなのは兄としても嬉しいことだ。
息を大きく吸って、吐きながらカリアンは落ち着こうとする。


「じゃあ、どこ行きましょうか?」

「そうですね……そういえばフォンフォン、新刊が出るらしいので私は本屋に行きたいんですが」

「わかりました。それじゃ、まず本屋に行って、その後に何か食べますか?」

「いいですね。甘いものがいいです」

「う……」

「そういえば、フォンフォンは甘いものが苦手でしたね」

何気ない会話。
だが、その会話でフェリが笑った。
小さく、苦笑するような笑みだが、それでも無表情ではなく確かに笑った。
念威操者故に感情表現の苦手なフェリだが、レイフォンの前では、レイフォンの前だけでは笑えるのだ。

「行けヴァンゼ!」

「行かんわ!!」

それにジェラシーを抱いたカリアンがヴァンゼに行くように言うが、当然ヴァンゼはそれを拒否。


「それはそうと、早く本屋に行きましょう」

「そうですね。フェリ……」

「……はい」

今日は休日ということもあり、人が多い。
人ごみの多いこの場所で、小柄なフェリとはぐれないようにレイフォンは彼女へと手を伸ばす。
フェリはその手を取り、レイフォンと共に本屋へと向けて歩みだした。

「もういい、私が行く!」

「落ち着け!!」

そんなカリアンを羽交い絞めにして止めるヴァンゼ。
いつも余裕のある笑みを浮かべている彼からは想像も出来ない奇行に、付き合いの長いヴァンゼも引いてしまう。





本も選び終え、軽く何か食べようと言う事で喫茶店へと入るレイフォンとフェリ。
レイフォンはパスタを注文し、フェリはケーキセットと紅茶を注文した。

「このケーキ、おいしいです。甘さが抑えてあっておいしいですよ」

「そうなんですか?じゃあ、食べてみようかな?」

「フォンフォン、あーん」

「……フェリ?」

「あーん」

「……………」

「あーん」

レイフォンの口の前にケーキの切れ端を持ってくるフェリ。
それになんとも言いがたい顔をするレイフォンだが、結局はフェリに押し負けて口を開ける。
そこに放り込まれたケーキを噛み締め、レイフォンは口内に広がる甘味を感じた。

「あ、確かに。甘いですけど、これはおいしいです」

「でしょう」

満足そうに頷くフェリ。

「……殺そう」

「1人でやれよ」

引き攣った表情で、実現不可能なことをつぶやくカリアン。
もはやヴァンゼは、真面目に取り合うつもりはなかった。
付き合うのも馬鹿らしくなり、何でここにいるのかと思いながら帰ろうかとさえ考えている。















「……フォンフォン、気づいてますか?」

「へ?ああ、会長と武芸長がつけてきていることですか?」

「そうです」

喫茶店を出て、2人してまた街中を歩く。
その途中で、不意にフェリがレイフォンに尋ねてきた。

「と言うか、気づいてたんなら何で言わないんですか?」

「いや、偶然かなって……敵意とかは感じませんでしたし」

「そんなわけないでしょう。まったく、いつからつけて来たのか……」

ため息をつくフェリ。
何と言うか、レイフォンはこういった事には鈍いと思う。
フェリとしても不満があるわけではないが、もう少ししっかりして欲しい。
そしてレイフォンは気づいていない。敵意なら、カリアンがビンビンに送っていたことを。

「……とりあえず」





「む……これは?」

「念威端子だな……」

カリアンとヴァンゼを取り囲むように浮かぶ念威端子。
まるで逃げ場を奪うようなその羅列にカリアンとヴァンゼは冷や汗を掻く。

「念威爆ら……」

嫌な予感はあった。そしてその予感は現実となる。
念威爆雷。
念威端子を爆弾へと変え、2人を爆発が包み込む。





「これでいいでしょう」

その結果に満足そうにつぶやくフェリ。

「行きましょ、フォンフォン」

「あ、はい……」

呆けるレイフォンを引き連れ、デートを再開するのだった。





「ふっ、ふふ……ばれていたのか」

「カリアン。ひとつだけ言っておく……次は絶対にお前の言うことなど聞かないからな」

ある程度手加減された爆発のため、そこまでの被害はないカリアンとヴァンゼ。
だが、2人ともボロボロで、ヴァンゼは二度とカリアンには付き合わないと心に誓うのだった。




















あとがき
原作3巻分が終わったので、前に書いてた短編を。
壊れです、ギャグです。本編にはあまり関係ありません。
既に何度かデートしている設定。落ちが弱かったかなどと没にしようと思いましたが、折角なので上げることにしました。
書いてこのネタ振りで銀魂を思い出しました。
コミック8巻のあの場面ですね。まぁ、お遊びでやった今回の話ですから、次回は4巻を編を始めたいと思います。
その前にありえないIFの物語第二部を上げるかな?そろそろ再開したいと思っているこのごろ。
まぁ、どうなるかは予定は未定ですが。



で、雑談ですがリトバスは現在来々谷唯湖を攻略中。1番手に姉御ですw
現在ちょびちょびやってて、やっと野球の試合のとこまで進めましたが、キャプテンチームつえっ!!
つーか、鈴が打たれすぎ!あれでどうやって勝てと……
エラーも多いんですよね……

恋姫の在庫が手に入らないこのごろ。ネットオークションってのはどうもやり方がわからないと言うか、やるのが怖いと言うか、そんなこんなでそれを利用する気にはならないんですよ。
戯言はこれで締めつつ、次回も頑張ります。



[15685] 22話 因縁 (原作4巻分プロローグ)
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:94f0c2a6
Date: 2010/05/08 21:46
開始のサイレンと同時に、停止していた空気が爆発したように動き出す。
その空気の中で1人、シャーニッドは激流の様に動き出す気配の隙間を抜け、慎重に、素早く移動する。
手にした軽金錬金鋼の狙撃銃が音を立てないように気をつけ、走る。

音を立てないこと、他人に自分の存在を知られないこと……これがこの時のシャーニッドの役目だ。
おそらく対戦相手の小隊、特に念威操者は必死になってシャーニッドを探していることだろう。その監視の目をくぐって進む事に、シャーニッドは腹の奥に塊が出来るような緊張感を覚える。
慎重に行動しなければならないと言うのに、焦れて暴走したくなる。
もしここで、大きな声でも出せばどうなるか?
そういう、馬鹿な想像が頭の中をよぎっていく。
全てを台無しにしたい……そんな未来への懸念を絶対的に無視した、現在だけの欲求を弄びながら、シャーニッドが作戦位置に辿り着いた。
敵の武芸者や念威操者に見つからないように、静かに活剄の密度を上げて視力を強化する。
念威操者のサポートのみでも敵を捉える事は出来るが、どうしても察知から行動までにワンアクション、余計な過程が入ってしまう。
武芸者同士の戦いでは速度が重要だ。削れるものは削ったほうがいい。
そのワンアクションを削るため、シャーニッドはソリッドになる。
この瞬間、シャーニッドは弾倉に放り込まれた弾頭に注がれる剄の境地になる。
弾倉の中にジャラジャラと詰まった固形麻酔薬の弾丸。そのひとつ、バネ仕掛けで薬室に運ばれた弾丸に剄を纏わせる。
引き金を引くと薬室内に一点だけある紅玉錬金鋼が弾丸を覆う剄の一部を変化させ、火炎化、膨張、爆発し火気を纏った剄弾を撃ち出す。
それら一瞬で行われる過程を感じる事が出来る。後はその瞬間を待つだけ。

野戦グラウンドの中央では戦いが起きている。
中央を貫く黄金の奔流を見つめる。奔流の正体はシャーニッドの仲間だ。
ダルシェナ・シェ・マテルナ。
巨大な突撃槍(ランス)を突貫するダルシェナの姿は、氾濫した河川のようでもあり、同時に一筋の矢のようでもある。
黄金の河川の氾濫。無数の螺旋を描く彼女の金髪を見ていると、そう思ってしまう。泡立つ奔流を引き連れて行進し、あらゆる敵を薙ぎ倒し飲み込んでいく。

その氾濫を止めさせないためにシャーニッドが、そしてもう1人、ディン・ディーがいる。
シャーニッドが奔流を遮ろうとする堰に穴を穿つ役目ならば、ディンの役目は穴を押し広げる事だ。
引き金を引く。念威操者からの情報を自分の目で確かめ、剄弾を放つ。
フラッグに向って突貫するダルシェナを止めようと、横から強襲しようとした敵小隊員を狙撃したのだ。
3人いた敵小隊員のうち1人が倒れる。出鼻をくじかれ、怯む小隊員に影の様に接近したディンが襲い掛かる。
そのディンに援護でもう1発撃つと、シャーニッドは場所を変更するために立ち上がった。
味方の念威操者が、こちらに接近してくる気配を伝えてきたからだ。
そうでなくとも、射撃位置がばれては命中率が落ちる。

移動する前に、シャーニッドは止まることなく直進するダルシェナを見た。直に陣前で防衛する小隊員との戦闘となる。
その時こそダルシェナの最大の攻撃力を発揮する瞬間で、その場面で何も出来ないような事になってはいけない。
彼女を最大の効果が発揮できる場所へ連れて行く。それがシャーニッドとディンの役目だ。
移動を急ぐ必要があるのだけど、シャーニッドはダルシェナの背中を見つめた。

(今日は勝つな)

フラッグから視線をそらさず、一直線に突き進む彼女を見ていると、シャーニッドはそうかんじる事ができ、移動を急いだ。

そうかんじたあの日から、1年が過ぎた。






































「あたしは嫌だからな」

「へ……?」

朝一番、図書館前の芝生で仮眠を取っていると、ナルキに胸倉をつかまれてこう言われた。
ツェルニは現在、セルニウム鉱山での採掘作業もあって休講となっていた。
生徒会の発表では、発掘作業は1週間ほどかかるらしい。
実際の発掘作業は重機を扱える工業科の生徒と、肉体派の有志達によって行われるのだが、他の科も彼らをさまざまな面で支援するので、下級生達の授業を行う上級生の数が足りなくなる。
そのための休講、休みであり、代わりに課題が出されるのだ。

レイフォンは機関掃除のバイト後、急いで寮へと戻って昼食を用意し、スポーツバックを枕に眠っていた。
前日に、メイシェン達から休暇中の課題を片付けてしまおうと提案され、いつも昼食を取る5人で図書館に集まる事にしたのだ。
そのまま部屋で仮眠を取ると寝過ごしてしまいそうだったので、ここならばメイシェン達が来れば起こしてくれるだろうと図書館の開園時間まで眠る事にした。
それで、レイフォンはその思惑通りに起こされた。
ただ、予想と違っていたのはレイフォンを起こした人物、歩み寄ってきたナルキがいきなりレイフォンの胸倉をつかんだことだろう。

「え?え?」

胸倉をつかまれたまま、レイフォンはわけがわからないまま辺りを見渡した
ナルキは、なんだかとっても怒っていた。その後ろで、ミィフィとメイシェンも困惑している。彼女達もわけがわかっていないのだろう。

「朝からいきなり、なんなんですかあなたは?」

既にフェリも来ており、ナルキの暴挙に不機嫌そうな無表情で疑問を投げかける。

「レイとんだろう、隊長さんにあたしの事言ったのは。それともフェリ先輩ですか?」

「は?」

「へ?」

だが、わけがわからずにレイフォンとフェリは同時に首をかしげた。

「なんて言ったのか知らないけど……あたしは絶対に嫌だからな」

「……ごめん、まったく事情が飲み込めないんだけど」

「説明を要求します」

「……レイとん達じゃないのか?」

レイフォンとフェリの言葉に困惑した様子で、ナルキは胸倉から手を放す。

「だから、なに?」

姐御肌で、いつも落ち着いた雰囲気のあるナルキなのだが、今は何故だか取り乱している。

「だから、隊長さんだよ。隊長さんがあたしのところに来たんだ。昨日の晩、署の方に」

「……あ、ああ」

「……………」

その言葉にレイフォンが引き攣った表情で頷き、フェリは無表情のまま頭を押さえる。
そのしぐさにナルキが反応した。

「やっぱり、レイとんだな!?」

「違うよ、僕は何も言ってない。いや、言ったかな……?あ、待って待って、言ったけど、それは隊長に意見を求められたからだよ。隊長は最初からナルキに目をつけていたんだって」

再び胸倉をつかまれそうになって、レイフォンは慌ててナルキを止めた。

「なんでだ?」

「知らないよ」

ナルキが『むう』と唸る。レイフォンはすっかり目が覚めてしまった。

「えーと……まるきり事情が飲み込めないんだけど」

それまで黙っていたミィフィが手を上げて質問する。
メイシェンも何事かと気になり、無言でこくこくと頷いていた。

「なにがどうなってんの?」

「……レイとんとこの隊長さんにスカウトされた」

「……ええっ!?」

苦々しい顔で答えるナルキに、2人が驚きの声を上げる。
つまり、ニーナがついに行動を起こしたと言うことだ。
前回の都市の調査中にも言っていたが、ナルキに目をつけており、3日後に予定している合宿前に彼女をを入れたいと考えたのだろう。
少数精鋭を気取るつもりはないと言っていたし、前回の調査の時にも隊員(人手)がいればどうにかなっていた危機があった。
特にレイフォンはそのことを痛烈に実感したために、隊員を増やすという考えに反対はない。むしろ賛成である。
だが、ニーナがナルキにどこで目をつけたのかまではわからない。話題には出ていたので、いつかナルキに話がいくと思っていたのだが、それが昨日だったらしい。

「いい迷惑だ」

図書室の自習室でレポートを取りながら、ナルキがはっきりと言う。

「あたしは、小隊員になるつもりはないからな」

「うん、まぁ、そうだろうなぁとは思ってたんだけど……」

だが、それでニーナが諦めるとは思えない。
第十七小隊の弱点ははっきりしている。人数不足だ。
戦闘要員が最大7人まで許されていると言うのに、最低数の4人しかいない。
対抗試合で攻撃側に回ればまだやりようはある。隊長のニーナが倒れない限り負けではないので、その間にレイフォンやシャーニッドがどうにかすればいい話である。
だが、防御側に回ると人数の差の問題がはっきりと出てくる。
護らなければいけないのはまるで動かないフラッグで、単純計算で隊員全員が1人ずつ足止めしたとしても、最大7人の小隊相手なら3人が自由に動けることになるからだ。だから隊員は1人でも欲しい。
だが、隊員になれそうな実力の生徒は既に他の小隊に取られているし、またいたとしても、比較的低学年層で構成されている第十七小隊に入りたがる上級生はいない。
そんなわけでニーナは、1,2年生の中で将来有望そうな生徒に声をかけることにしたのだ。それがナルキである。

「あたしは都市警で働いていたいんだ。レイとんやフェリ先輩には悪いけど、小隊員なんてやっている暇はない」

「うーん、それは僕もわかってるんだけどね」

「本人の自由ですし、それについては何にもいいません。むしろ問題なのは隊長のほうです。まったく、困った人ですね」

ナルキの気持ちはわかるが、だからと言ってどうにかできるわけではない。
ニーナは一度思い込んだらまっすぐに突き進む。それは凄いと思うが、他人からすれば迷惑だと感じることもある。
一度こうと決めたら曲がれず、止まれない。そんな猪みたいな性格をしているのだ。

「いいじゃん、なっちゃえば」

課題に飽きたらしいミィフィがペンを投げ出し、気楽に言う。

「気楽に言うな」

「えー、どうしてよ?レイとんだって小隊にいて機関掃除のバイトもしたりしてるじゃん。隊長さんだってレイとんと同じバイトだし、出来ない事はないと思うよ?」

一番きついと言われる機関掃除のバイトをやっているレイフォンとニーナ。
そんな彼等が小隊に所属しているのだから、ナルキも都市警に所属しながら出来るのではないかと言うミィフィ。

「出来る出来ないなら、そういうやり方もあるだろうさ。だけどあたしは半端な真似をやりたくないんだ。あたしはレイとんほど器用じゃないし、実力があるわけでもない」

「実力はともかく、フォンフォンが器用だと言うのは語弊が生じます」

「なんか酷くないですか?フェリ」

ナルキの言葉にフェリが突っ込みを入れ、それにレイフォンが苦笑いをする。
レイフォンは器用ではない。普段の行いからもそう取れるところもあり、そして不器用だからこそグレンダンでは天剣を剥奪されて追放されるなんて結果になってしまったのだ。
しかも、当初は武芸を辞めるつもりだったのに現在は第十七小隊の1年生エース。
武芸に関しては開き直りつつあるものの、とても器用な行動を取っての結果とは思えない。

「とにかく、レイとん。あたしが嫌だって言うのをちゃんと伝えておいてくれよ」

「……がんばってみる」

ナルキに念押しで言われ、レイフォンは困ったような表情でうなずくのだった。





































そんな話をしていたので、課題にはあまり集中できずに、朝食を取った後も雑談ばかりしていた。
時間が来て解散となり、レイフォンとフェリはメイシェン達と別れて練武館へと向う。
最近暖かくなってきた。
夜の肌寒さもなくなり、昼間は制服をキッチリと着ていると汗ばむ事もある。
都市が暑い地域に入りだしたのだ。
今はセルニウムの補給で足を止めているが、再び移動を開始すれば温度はまた上がってくるのかもしれない。
強くなってきた日差しを浴びながら、レイフォンとフェリは練武館へと入った。

本来なら、練武館の内部はひとつの膨大な空間なのだが、それをパーティションでいくつもの部屋に分けられている。
防音効果のあるパーティションを揺るがす訓練の音がひしめく中を進み、第十七小隊へと割り当てられた部屋へと入った。
他の部屋から聞こえる音に比べ、ここは静かだった。
比較的、静かだった。

「おはようございます」

ドンドンと言う音が間断なく部屋の中で鳴り響いている。
最初に来るのがニーナだと言うのが、いつもの事だ。
そのニーナは、パーティションの立てかけられた板に、両手に持った黒鋼錬金鋼の鉄鞭で無数の硬球を打ち込んでいる。

「む……」

板から跳ね返ってくる硬球を鉄鞭で打ち返すニーナだが、レイフォンからかけられた声に反応し、盛大に空振りをする。
それをレイフォンは、すぐさま青石錬金鋼の剣を復元させ、まとめて打ち返す。
それはニーナを避けるように板へと向い、再び跳ね返ってきた硬球を気を取り直したニーナが再び打ち返す。

「ナルキに声をかけたんですね」

「……ああ」

「僕が怒られたんですよ」

言いながら、活剄を全身に流して体の調子を上げていたレイフォンに向けて硬球を打ってきた。
跳ね返ってくる硬球の全てをだ。
レイフォンは再び剣で、全てそれを打ち返す。

「あそこまで嫌がるとは思わなかった」

ニーナが意外そうな口調で言い、レイフォンに打ち返された硬球を打ち返す。
そのまま、レイフォンとニーナは硬球を打ち合い続ける。

「相手の都合を考えないのが悪いんですよ。そもそも、なんで署にまで押しかけたんですか?」

「む……」

フェリの吐く毒に苦い顔をしつつ、ニーナは口を開く。

「目を付けていたのは前に言ったな?そろそろ期限だと思ったからな」

「期限?」

その言葉に、レイフォンが首をひねる。

「武芸大会……都市との縄張り争いは、何時始めますなんて告知はないだろう?」

「ああ、そうですね」

武芸大会と銘打たれ、それは学園都市連盟に管理されているとは言っても、都市は基本、自らの意思で歩き続ける。
それを管理し、何時武芸大会を始めるかなんて誰にも定める事は出来ない。

「学連の審判員がまだ来てないのは気になるが、審判なしで試合が始まる例はよくあることのようだから、余りそれは当てにならない。私はそろそろ本番が始まるような気がするんだ」

「どうしてです?」

「セルニウムの採掘だ。試合の後、もし負けたらする事が出来ない補給だからな。やるなら今のうちだろう?」

「ああ、なるほど。そうですね、戦うなら、補給はしっかりしておいた方がいいでしょうね」

「そうだ。本来ぶつかり合わない都市がぶつかると言う事は、普段の移動半径から外れた場所を進むという事だ。そういう意味でも補給は必要だ」

ニーナの言葉に、レイフォンは武芸大会が近づいて何時のだと理解する。
今現在、ツェルニに残っているのは採掘作業をしているこの鉱山だけ。
この鉱山を失えば、ツェルニは緩やかな死を迎えるしかない。
ツェルニを出ればそれで済み、やり直しが出来るかもしれないが、レイフォンはこのツェルニで過ごしたかった。
フェリと出会い、仲の良い友人達が出来た。
小隊に入り、ニーナやシャーニッド達とも出会った。そんな場所が、ツェルニが好きになったから、レイフォンは武芸を続けようと思ったのだ。
その一番の理由は、フェリを護ると言う強固な気持ちなのだが。

「新人を入れるなら、今がギリギリだろう。実力的には追いつかなくても、自分の役割にそった動きを覚えさせるなら、今からでも遅すぎるぐらいだ」

そこで話が再びナルキに戻る。
硬球を打ち合い続けるレイフォンとニーナ。
そんなニーナに、フェリが再び毒を吐いた。

「なんにせよ、隊長に交渉ごとは向かないようですね」

「む……」

フェリの言葉に心外そうな顔をするニーナだが、それに構わずフェリは続ける。

「ナルキがあんなに怒っていた事もそうですし、そもそもフォンフォンの時だって交渉や話し合いではなく、強引に呼びつけて無理やり小隊に入れたじゃないですか。隊の長として、それはどうかと思いますが?」

「それはそうだが……そもそも、武芸科に在籍する者が、小隊員になれるのは栄誉ことでだな……」

「ご自分の価値観に他人を巻き込まないでください。迷惑です」

「むぅ……」

容赦のないフェリの言葉に、ニーナは困ったような表情をする。
その様子に苦笑し、レイフォンはニーナにフォローを入れた。

「まぁまぁ、フェリもそれくらいで。僕は別に十七小隊に入ったことは後悔してませんから。むしろ良かったとすら思ってますよ」

「レイフォン、それは……」

レイフォンの入れたフォローは本心だったのだろう。
第十七小隊に入ったのは後悔していないし、入って良かったとすら思っている。
それは間違いなく本心だ。だが、ニーナは疑問を抱き、それをたずねようとしたが思わず口を閉ざす。

「……いや、やはりなんでもない」

「?」

レイフォンが首をひねった。
自分でもなにを言っているのかと疑問に思った。
レイフォンが第十七小隊に入って良かったと言う理由。それにはフェリが関係しているのではないかと思ったからだ。
前回の都市の探索中に感じたことだが、レイフォンはフェリの事を特に気にかけている。いや、それはもはや依存していると言ってもいいかもしれない。
フェリの念威が途絶え、ニーナがレイフォンの元へ駆けつけると、そこではレイフォンがシャンテとゴルネオを殺そうとした。
当然、それを傍観する訳には行かないのでニーナは止めた。なにをしているのかと尋ねた。
レイフォンはそれに何の迷いもなく殺すと答え、それでも抑止しようとするニーナに言ったのだ。

『うるさいですね。それ以上邪魔をすると言うのなら、いくら隊長でも……』

この先の言葉を想像しただけで、ニーナは戦慄する。
普段のレイフォンはどこか頼りなく、優柔不断と取れるところもあるが、性格は基本的に優しい。
誠意には誠意で答えるし、前回の老生体戦の経緯からニーナに金剛剄と言う剄技を教えてくれた。
そんなレイフォンのことを、ニーナは部下として誇りに思っている。そして、どこか頼っている。
そんな彼なのだが、あのときのレイフォンはニーナを見ていなかった。いや、見ていたのかもしれない。
だが、その視線は鬱陶しそうに、邪険そうに……
その言葉と表情に、ニーナは恐怖すら覚える。
そんな彼の気持ちと感情を独占していたのは、フェリの存在。
ニーナが止めようとしても聞き入れる気がなかったレイフォンが、念威越しに聞こえたフェリの声で止まり、表情が、感情が元に戻った。
ニーナの言うことは聞かなかったのに、フェリの言うことには拍子抜けするほどあっさりと従った。
その事実に、ニーナは何か思うところがあった。しばらくレイフォンとはまともに顔も合わせず、そして考え込んでしまう。

だけどレイフォンはいつもどおりなのだ。
あんなことがあったと言うのに、ニーナにいつもどおりに接している。
シャンテに重傷を負わせ、なにがあったかは詳しくは知らないが、ゴルネオの心を折ったと言うのにまるで気にせず、普段どおりにすごしている。
普段どおりにどこか頼りなく、普段どおりに優柔不断で、そして普段どおりに優しい。
だけどそんなレイフォンが見ているのは、フェリだけではないのかと思ってしまう。
レイフォンはフェリがいるからこそ第十七小隊に入り、そして隊長である自分のことなど気にもかけていないのではないかと思った。思ったが……そんな馬鹿な考えは早々に破棄する。
気にもかけていないなら、そもそもニーナに剄技を教えるなんてことはしないだろう。語りかけることすらしないだろう。
だけどレイフォンはいつもどおりで、そして優しい。それで十分ではないか。
確かにあの時のレイフォンはおかしかったが、それは頭に血が上っていただけの話なのだろう。
自分も冷静にはいられず、他者の主眼からは人のことは言えないらしいが、そういうものではないかと思った。
そう考え、無理やりに納得する。そのときに胸にわずかな痛みが走ったが、ニーナはそれを無視しようと、忘れようとした。
いい加減立ち直らなければいけない。レイフォンはいつもどおりだというのに、隊長である自分がいつまでもうじうじとしているわけには行かないのだ。

そう考えているうちに、ニーナはまたも硬球を打ちもらす。
先ほどレイフォンに声をかけられて気をそらし、そして今の失態にニーナは思わず舌打ちをする。
打ちもらした硬球はニーナの背後へと飛び、

「おいーっす」

ちょうどドアを開けて入って来たシャーニッドの顔をめがけ、真っ直ぐと飛んでくる。

「おっと」

シャーニッドはかがんで硬球を受け流し、硬球は廊下の壁を打って跳ね回る。

「まぁた、そのゲームか?好きだねぇ」

言いつつ、シャーニッドははね続ける硬球をつかんで部屋の中に投げ込んだ。

「シャーニッド、フェリ。お前らも入れ」

思考を切り替えようと、気合を入れ直す様にニーナが言った。

「地獄絵図の再来かい?」

「負けたら夕食。あの賭けに乗ってやるぞ」

「いいね」

珍しいニーナの挑発的な発言に、シャーニッドは意外そうな顔をしたが、すぐに乗ってきた。
剣帯にある3本の錬金鋼のうち2本を抜き出して復元する。
黒鋼錬金鋼の拳銃であり、命中精度よりも打撃の威力を重視した銃衝術専用の錬金鋼だ。

「負けるのは隊長か先輩のどちらかと思いますけど」

無表情のまま呆れたように言い、フェリも重晶錬金鋼を復元する。
辺りに舞う念威端子は念威爆雷と呼ばれる移動する爆弾を操る攻撃方法もあり、また、ある程度の防衛能力も持ち合わせている。
これで飛んで来る硬球を跳ね返すくらいなら、わけなくこなすことが出来る。

そして地獄絵図、これから行う訓練と言うのが一種の遊びで、ただボールを相手に向けて打ち合うだけ。
自分のところに飛んで来た硬球を打ち返せなかったら1点。見当違いのほうに打ち返した場合も1点とカウントして行き、制限時間までに点数が多かった者が負けとなる。
ちなみにその制限時間というのが、今から訓練が終わるまでの時間だ。

「およ、そんな事言ってていいのかな~?」

「そうだ、お前ら2人に負けてばかりはいられん」

シャーニッドとニーナがそう言い、それぞれの手に5個の硬球が渡される。
レイフォンとフェリも持ち、4人で合計20個の硬球だ。

「さて、覚悟しろ?」

ニーナの言葉を合図に、20個の硬球が暴れまわる地獄絵図が展開された。



































シャーニッドはゲームだと言っていたが、これは立派な訓練だ。
この訓練を提案したのはレイフォンだ。ニーナはレイフォンの提案で隊の予算を使い、硬球を大量に購入した。
硬球を床にばら撒き、その上で動く練習は活剄の基本能力を高める。
そして今日のようなボールの打ち合いは、反射神経と共に肉体操作の錬度を高める。
より高度になっていけば硬球に衝剄を絡め、硬球に絡まった衝剄をまた新たな衝剄で相殺すると言う事もしたりする。
それはつまり、衝剄の基本能力を高めることにつながるのだ。

活剄と衝剄を使った技は様々あるが、やはり技と言ったものは基本が出来ていると生きてくる。
限られた時間で新しい剄技を覚えるより、基本の、現状の能力の底上げ。
それがレイフォンの提案した意見であり、ニーナも納得したことだった。
そして訓練が終わり、夕方。

「次こそは……」

レストランのテーブルでメニューを睨みつけながら、ニーナが悔しそうにつぶやく。
ゲームの結果はレイフォン0点、フェリ3点、シャーニッド12点、ニーナ13点と言う、僅差でのニーナの敗北となった。

「……半分、出しましょうか?」

「いらん」

レイフォンの提案に、ニーナはムキになったようにそれを拒否する。
だが、奨学金がどうなっているのかは知らないが、家出同然にツェルニに来たニーナは機関掃除のバイトで生活費を稼いでいるので、この出費は痛いだろう。

「レイフォン、敗者に情けは禁物だ」

シャーニッドが痛ましげな表情でレイフォンの肩を叩く。
だが、その口元には勝者の余裕がひくひくと浮かんでいた。

「くっ、1点違いのくせに……」

「その1点で勝敗は決してしまうんだなぁ。世界は厳しい」

「本当にねぇ。あ、僕これにしよう」

ニーナの負け惜しみに、余裕の笑みを浮かべるシャーニッド。
それに同意するように、ニーナの隣でメニューに集中したハーレイが相槌を打つ。

「……待て、お前にまで奢るとは言ってないぞ」

「え?そうなの?」

「当たり前だろう。嫌なら勝負しろ」

「いや、武芸者の勝負に僕が勝てるわけないじゃん」

「ならだめだ」

「ちぇ、まぁいいや」

大人気ない、けち臭いニーナの発言を気にした風もなく、ハーレイはレイフォンに向けて語りかける。

「レイフォン、この間のあれ、簡易版の方ね。一応完成したから明日にでも来てくれないかな?最終調整するから」

「あ、はい」

「あ~、なんだっけ?この間の馬鹿でかい奴か?」

その会話を聞き、シャーニッドがこの前老生体戦でレイフォンが使っていた巨刀を思い出す。

「複合錬金鋼ね。重さ手ごろの簡易版が出来たから」

「レイフォンがどんどん凶悪になっていくわけだな」

「そう言う事だね」

「いや、凶悪って……」

シャーニッドとハーレイの言い様に苦笑するレイフォンだが、2人からすれば当然の意見である。

「凶悪だろう。普通考えねぇぞ、汚染獣に1人で喧嘩売ろうなんて」

「そうかもしれないですけど……」

「おかげで、こっちはちょっと無茶なものも作れてありがたいけどね」

「まぁ、あんな無茶は二度とやらせない」

その会話に釘をさすように、ニーナはレイフォンの方を見て言った。
そんなこんなで全員の注文が決まり、料理がテーブルに並ぶ。

「そう言えばよ、あの硬球の訓練ってレイフォンが考えたわけ?」

「いえ、あれは……園長が、つまりは養父さんが……」

シャーニッドとレイフォンがそこまで言ったところで、がやがやとした音が近づき、会話が途切れた。

「……お?」

「……ん?」

シャーニッドが顔を上げ、近づいてきた集団も顔を上げた。

「よう、ディン」

「……活躍しているようじゃないか」

シャーニッドの言葉に、戦闘を歩いていた禿頭の男がそう言った。
痩せすぎた肉体をしているが、それはとても鍛えられている。
余分な筋肉と脂肪はない見事な体つきをしていた。

(えーと、確か……)

胸元にはⅩと刻まれたバッジがあり、ディンとシャーニッドが呼んでいた。
そのことからニーナに覚えさせられた小隊員の名前、ディン・ディーを思い出す。
彼の連れも全員バッジをしていた。隊員なのだろう。

「まぁね。俺様のイカス活躍を見てくれてるのかい?」

「ムービーで確認している。相変わらず一射目は見事だが、二射目からリズムが同じになる癖は直ってないな」

「厳しいご指摘だ」

仲が良さそうとも取れる会話。
だが、少なくともディンの雰囲気はそれとは程遠い。

「……お前がいなくなって、こっちはずいぶんまとまりがよくなったよ」

「ははは、そいつは重畳だ。シェーナのご機嫌はいいってか?」

「……シャーニッド」

ディンがテーブルに手を付き、シャーニッドにぐっと顔を近づける。

「もう、お前は俺達の仲間じゃない。気安く呼ぶな」

「そいつは悪かった」

ディンの怒りを、シャーニッドは飄々と受け流す。
そんな彼に、ディンが舌打ちするのをレイフォンは見逃さなかった。

「次の対戦相手はお前達第十七小隊だ。シャーニッド、第十小隊にお前の居場所なんてなかったって事を、その体に叩き込んでやる」

「がんばってくれ」

シャーニッドがひらひらと手を振り、ディンが早足で去っていく。
怒りのためか、ディンの禿頭の後頭部が真っ赤に染まっていた。

「……相変わらずのタコっぷりだ」

「ぶっ」

その背を見ながらのシャーニッドのつぶやきに、ハーレイが口の中に含んだドリンクを吹き出しそうになり、むせた。





「シャーニッドは、去年まで第十小隊にいました」

レストランの帰り道、フェリがそう教えてくれた。
いつもどおりの日課。寮の方向が同じと言う事もあるが、レイフォンはいつもどおりに恋人を家まで送る。

「シャーニッドにディン、それに今の副隊長のダルシェナ。同学年と言う事もあったのか、彼ら3人の連携は全小隊でナンバーワンの攻撃力を誇り、第一小隊を超えるのは第十小隊だと言われたほどです」

「でも、先輩は抜けたんですよね」

それはフェリに聞かなくとも、シャーニッドが現在第十七小隊に所属している事から理解できる。

「ええ。対抗試合後半に、突然のことでした」

「どうして?」

「それはわかりません。ですけど、それで第十小隊の戦績は一気に下がり、結果的には中位程度のランキングになってしまいました」

3人の連携ができなくなったとか、隊員の数が1人減ったと言うだけの問題ではない。
それだけの連携が可能なほどの信頼関係の崩壊。それが第十小隊の戦力低下の最大の原因に違いない。
そしてその結果が、先ほどのシャーニッドとディンのやり取りなのだろう。

「3人の間に何かあったことは確かですけど、それが何かは知りませんし、知らなくていいことなら知らないままでいいと思います」

「そうですね」

フェリの冷静な意見にレイフォンは頷いた。
なにがあったのはわからない。だけど、知らなければならない時が来ればシャーニッドは教えてくれる気がする。
普段は飄々としてやる気があるかどうかもわからないシャーニッドだが、重要なところで、決めるときに決めるのが彼なのだ。
それは言葉だけでなく、対抗試合でのシャーニッドの戦い方を見てもそれはわかる。
殺剄によって戦場から気配を消し、来て欲しい場所に来て欲しいタイミングで一撃を撃ち出す。
戦い方にも人間性が出てくる。狙撃手と言うポジションを完璧にこなそうとするシャーニッドの姿こそ、本来のものに違いないと思う。
そこには普段感じられない生真面目さが宿っている。

「そうですか?」

だが、フェリの意見はレイフォンとは違うらしい。

「腕が確かなのは認めますけど、性格はどうしようもないと思います」

「そんなことはないですよ。先輩が後ろにいると、背中が自由になった気がします」

シャーニッドの腕は間違いなく良い。
剄の量においては熟練された武芸者には及ばないが、命中精度においてはベテランの域に達するほどの技術を持ち、精神面に関しても落ち着いている。
いつもは飄々とした態度を取っているが、狙撃にとってはその精神面、平常心でいられることが重要なのだ。

「……私もいますけど?」

「フェリの念威の感触は違いますよ」

シャーニッドを褒めるレイフォンに、フェリはどこか拗ねるように言った。

「どんな感じですか?」

「感覚が広がる感じです」

「当たり前じゃないですか、私は念威操者です」

更にフェリが拗ねた。
念威操者の役割は、戦場中の情報を集め、必要なものを隊員達に伝えることだ。
そこには隊員同士の音声の伝達も含まれる。

「目を与え、耳を与えるのが念威操者です。そうじゃなくて……どうかしましたか?」

「あ、いえいえ、なんでもないです」

フェリが更に拗ねる。表情が小さく、不機嫌そうになった。
レイフォンが笑っていたからだ。

「気になりますね……」

「別にたいしたことじゃないですよ。ただ、フェリがかわいいなぁ、って」

「なっ……」

フェリの表情が赤く染まる。
その表情を見て、更にレイフォンが微笑ましそうな笑みを浮かべた。

「からかわないでください!」

「別にからかってませんよ。本心ですから」

「……………」

顔を赤くしたままそっぽを向くフェリに更に微笑ましい視線を向けつつ、レイフォンは黙って彼女の言葉を聞く。

「私には……それくらいしか出来ませんから。戦場で戦うフォンフォンを念威でサポートすることしか……」

当然だが、フェリは念威操者であり、直接的な戦闘力は持ち合わせていない。
念威爆雷なんて攻撃方法はあるが、それは威力がお世辞にも高いとは言えず、とても微々たるものである。
汚染獣戦において、罠に用いる位しか使い道はない。
だからこそもどかしい。レイフォンが戦場で戦っているというのに、自分は念威でそれをサポートすることしか出来ないのかと。
最初はこんなことなど考えられなかった。念威操者をやめようと、それ以外の道を探そうとしたのに、いつの間にか自分のこの力を使っている。
念威操者として生きるのは嫌なのに、レイフォンのために使えることを喜ばしくもある。
むしろ、それ以上の力を望んでしまう。レイフォンのために、彼が戦うのに不自由なく、そして念威以外にも何か自分に出来ることがないのかと。
我侭なのだろうか?
念威の才能に十分恵まれているというのに、それ以上を求める。戦場で共に戦える存在を、ニーナやシャーニッドのことを羨ましいと思うのは?

そんなフェリの言葉に、今度はレイフォンの顔が赤くなる。
本当に何なのだろう、この人は?
可愛過ぎる。もう、持ち帰っていいのではないかとすら思えた。
レイフォンにとって、天剣授受者にとっては念威のサポートだけで十分だ。
念威のサポートさえあれば、例え1対1でも老生体すら退けられる。
フェリの才能溢れる念威だと、更にその精度も感覚も広がる。
それで十分だと言うのに、レイフォンに尽くそうと、力になろうとするフェリのことが本当に可愛らしく、愛おしい。

「フェリ……」

レイフォンはフェリに声をかけ、このまま部屋に誘おうかとすら思ったが……




































「なんでこんな時に……」

どうして自分はここにいるのだろう?
そんな疑問と共に、呼び出したフォーメッドへと理不尽な怒りを向ける。
なんでも今回は、違法酒絡みの事件らしい。
偽装学生と言う不正にツェルニに侵入した輩が、剄脈加速薬、『ディジー』を密輸、販売しているらしいのだ。
違法酒は剄や念威の発生量を爆発的に増大させると言う御礼があるが、それには当然副作用が存在する。
剄脈に悪性腫瘍が発生する確率が80パーセントを超え、違法酒を使用した多くの武芸者や念威操者が廃人となったのだ。
それ故に武芸者の激減が恐れられ、合議するまでもなく各都市でそれらは製造、輸入共に禁止された。
だが、全ての都市がそうなったわけではなく、中には未だに製造し、販売する都市も存在する。
そして偽装学生にまでなって密輸した彼らは現在、多くの都市で大人気のウォーターガンズと言うスポーツのボードを売る店に潜伏している。
その上、なにやら武芸者まで潜伏しているらしく、しかもかなりの手練だ。
潜伏していると言うのに剄を隠そうとすらせず、こちらを挑発すらしてくる。
学園都市の武芸者では、小隊員ですら相手にならないほどの使い手だ。

「課長……包囲完了しました」

伝令役をやっていたナルキが、フォーメッドにそう伝える。

「よし、では……」

「……来る」

フォーメッドの言葉の途中で、レイフォンがつぶやく。

「え?」

唖然としているナルキの背後で、爆発が起こった。

「ぬあっ!」

その爆風にフォーメッドがたじろぐ。
シャッターが爆発で飛び、こちらに向かって飛んでくる。
ナルキがフォーメッドを庇うように素早く移動するが、

「調子に乗るなよ」

剣帯から錬金鋼を抜き出し、復元し、剣で一刀両断にする。
そのシャッターの陰に、いた。

「っ!」

「ひゃはははははっ!いい目してるさ~」

陰から飛び出した襲撃者の落とすような斬撃を受け止め、弾き返す。
剄の主はその勢いを利用して空中を回転しながら、笑っていた。
片刃の剣、刀を使用している。その姿に一瞬、養父であるデルクの姿が浮かんだが、その思考をすぐさま破棄する。
バンダナで鼻から下を覆って、顔を隠す赤毛の襲撃者、レイフォンとそう歳の変わらなそうな少年を見つめ、レイフォンは決意した。

とりあえず半殺し。
八つ当たりだが、骨の1本や2本はもらう。

「逃がすかっ!」

レイフォンは殺意を振る巻き、街灯を蹴って、飛ぶように頭上を跳んで行く少年を追う。

「くそっ、突入!突入!!」

背後でフォーメッドの喚きが聞こえた。
だが、それも破棄する。
行き場のない怒りを少年へと向け、レイフォンはどこかやるせない気持ちで後を追った。





































あとがき
4巻、プロローグ完成!
そしてついにさ~坊の登場w
アニメ版では無駄に声優さんの声がかっこよかったなと。
もう少し、さ~坊はイメージ的に子供っぽいほうが良かったと思いつつ、あれはあれでよかったです。
それにしてもIFの物語の方とか、そっちも更新しなければ……
まぁ、近いうちにしますので気長に待っていてください(汗

そして恋姫のアニメを見ているこのごろ。
言いたいですね、一言。一刀の出番はなしかい!!
これはあれなんでしょうか、番外編?それとも一刀が来る前の様子をアニメにしたものなんでしょうか?
まぁ、あれはあれで見る分には面白いかなと思ったり。
見てて思ったんですが、華琳はおもいっきりレズなんですねw
まぁ、コミックでも知ってましたが、アニメだと、ねぇ……

それにしても、本当に恋姫が欲しい。
新作も出るらしいんですが、ああいうゲームは高すぎるんですよねぇ。
とりあえずはアニメは8話まで見たから、その先も時間があったら見ようと思いつつ、リトバスをやりながら執筆をがんばろうと思います。

PS. それから、最近戯言シリーズに興味を持ったんですが、あれの1巻って、クビキリサイクルでいいんですかね?



[15685] 23話 それぞれの夜
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:e71f3f84
Date: 2010/05/18 16:46
レイフォンは少年を追いかけた。
道路を駆け、屋根を跳び回る少年。
その動きに無駄はなく、速い。

「ちっ」

このままでは追いつくのに時間がかかる。
そう理解し、レイフォンは足に流している活剄を凝縮させた。

内力剄活剄の変化 旋剄

爆発的に増した速度で一気に背後に迫り、剣を叩きつける。
まずは利き腕の肩。砕いて、武器を使えなくしてから捕獲する。
それでも抵抗するようならば、嬲って戦意を喪失させる。
そのつもりだった。

「なっ!?」

避けられた。少年はレイフォンの頭上にいる。
旋剄は爆発的な速度の代償に、ほぼ直線にしか移動できない。そのタイミングを読まれたのだ。

(しまった)

旋剄の勢いを殺している間に逃げられる。そう思った。

「危ないところだったさ~」

だが、その予想は違った。
頭上で剄が膨れ上がるのを感じる。
レイフォンは勢いのまま中へと跳び身を捻って少年へ向き直る。
少年は空中で刀を構えており、そんな彼の体に剄が走る。
宙にいたまま近くの壁を蹴った少年の姿が、いきなり消えた。
同時に左右、そして真正面から、攻撃的な気配のみがレイフォンに迫る。

「っな!?」

内力系活剄の変化 疾影

レイフォンはこの剄技をよく知っている。
ゆえに驚きながら、レイフォンは右の気配に剣を振った。
金属同士の澄んだ音と、重い衝撃がレイフォンの腕を打つ。
旋剄の勢いを殺しきれていないレイフォンは、受け止めきれずに後方へと飛ばされた。

「さすが、読まれる」

バンダナに隠れていない少年の瞳が、とても楽しそうに輝く。
そのまま連続で襲ってくる刀を、レイフォンは剣で捌く。
少年はレイフォンに旋剄の勢いを殺させないつもりだ。少年は押し流すように、レイフォンへ向け、何度も武器を交錯させる。
その一撃一撃が重く、打ち合うたびにレイフォンはその方向に進路を変えられていた。

「はっ!」

「っ!」

下段からの斬撃。その攻撃を剣で受け止めるが、衝撃によりレイフォンの体が上空へと飛ばされる。
上昇の限界点へと辿り着き、ようやく旋剄の勢いが死んだ。
空中でレイフォンは現在地を確認する。
場所は、まだ郊外。ツェルニの外周をなぞるように移動したのだろう。
建築科の建設実習区画。夜の間なら人は少ない。辺りは、ほとんどが壊れても構わない建物ばかりだ。

(よし)

体内を走る活剄の密度を上げる。
下から追撃してくる少年に向け、レイフォンは剣を振り下ろした。

外力系衝剄の変化 渦剄

剄弾を含んだ大気の渦が少年を飲み込む。
それに対し、少年の刀が素早く閃く。
大気の流れに沿って飛び交う剄弾を破壊し、レイフォンの攻撃を凌ぐ。
剄弾による爆発が連続で轟く中、レイフォンは衝剄を利用してその中に飛び込んだ。

「甘いさっ!」

爆発を潜り抜けた少年が、レイフォンの一撃を受け止める。
剄がぶつかり合い、錬金鋼が衝突して火花が散る。
二つの閃光が少年の顔を明るく照らし、その時バンダナに隠れていない左半面に刺青が走っているのが見えた。

「ヴォルフシュテイン……この程度かさ?」

ささやくように少年の声が聞こえる。
同時に、剣を握る手に違和感が走った。

「ちっ!」

少年を蹴飛ばし、高速移動すると同時に気配を凝縮させた剄を分散して飛ばし、先ほど少年が使用した剄技を使う。

内力系活剄の変化 疾影

一気に地上へと降りたレイフォンは、右手の剣を確かめた。
剄の走りが鈍く、見れば、剣身に細かい皹がいくつも走っていた。

外力系衝剄の変化 蝕壊

武器破壊の剄技だ。
とっさに剄を放って対抗したが、遅かった。

(これでは……もう)

十分に剄が走らない。
油断した。熱くなりすぎて気づかなかった。
夜の闇で、剄技に気づくのに遅れた所為もある。

「本気?……でやってるわけないよな~、まさか、元とはいえ天剣授受者がこんなもので済むはずないさ~」

囮の気配に惑わされなかった少年が、屋根の上からレイフォンを見下ろす。

「……グレンダンの武芸者か?」

レイフォンの問いに答えるように、少年はバンダナを取った。

「ハイア・サリンバン・ライアって名前さ~」

顔の左半面を覆う刺青が露になる。
肩出しのシャツから露になった左腕にも、似たような刺青が刻まれていた。

「……サリンバン教導傭兵団」

レイフォンの言葉に、少年、ハイアは刺青のためか、左半面の表情が引きつったように見える顔で答えた。

「そうさ。三代目さ~」

残り右半面は、挑発的な笑みだ。

サリンバン教導傭兵団。
グレンダン出身の武芸者によって構成された傭兵集団だ。
専用の放浪バスで都市間を移動する彼らは、行く先々の都市で雇われ汚染獣と戦い、また都市同士の戦争に参加する。
時にはその都市の武芸者達を鍛える役目、教導なども行ったりする。
天剣授受者と言うグレンダンで最上位の名声、それはあくまでも都市内でのものだ。その力は、噂は、隔絶されたレギオスでは外に流れては行かない。
故に、槍殻都市グレンダンの名をもっとも有名にしたのが、都市間を放浪するサリンバン教導傭兵団だ。

「まさか、違法酒の売り歩きをしているとは思わなかった」

そんな傭兵団が、まさか犯罪行為に手を貸しているとは思わなかった。

「あんなのはどうでもいいさ~。ここに来るために利用させてもらっただけで、手伝う気もないし」

「じゃあ、なんのために……?」

ハイアの言葉に疑問を抱きつつ、会話を交わしながら次の一撃のために剄の密度を上げていく。

「なんのためにもなにも、商売を抜きにして俺っち達がやることがあるとしたら、それはひとつしかないさ。廃貴族さ~」

「廃貴族だって……?」

聞いたことのない単語にレイフォンが眉を寄せると、ハイアも同じような表情をした。

「おや?知らない?ああ……あんた、そんなに長い間、天剣授受者やってなかったっけ?おや?そうじゃないかな?あれ?秘密だったけか?」

嫌な奴だ、そう思う。
あれだけおどけていても、ハイアの内部の剄は密度を損なうことがない。

(それよりも……)

問題なのはやはり剣だ。
剄の走りが悪すぎるし、次の一撃に耐えれるかもわからない。

「まぁいいさ、そんな事はどうだって。俺っちが今興味あるのはあんたで、あんたの使う技だ。あんたの師匠は俺っちに教えてくれた二代目と兄弟弟子だったそうじゃん?俺っちとあんたは従兄弟みたいなもんなわけだ。技の血筋が形成する一族ってわけさ~」

「初耳だね」

本当に初耳だ。だが、それだと納得もいく。
ハイアが疾影を使ったこともそうだし、鋼鉄錬金鋼の刀も同様だ。
レイフォンの師匠であり、養父のデルクは通常の剣により押しつぶす感じに斬るよりも、もっと切り裂くことに特化している。
そのための刀で、そのための鋼鉄錬金鋼だ。
斬撃武器として最も繊細な調整が出来、巧みの技を反映させやすいのが鋼鉄錬金鋼だ。
本来なら、その弟子であるレイフォンも武器は刀のはず。だが、持っているのは剣だ。

「なんであんたが刀を使わないのかが気になるけど……まぁいいさ~」

次の瞬間、ハイアが動いた。
レイフォンの眼前へと移動し、刀を振り下ろしてくる。レイフォンはそれを跳躍してかわす。

「本気にならないなら、こちらもそれなりなやる気でやるだけさ」

距離をとったレイフォンに、戸惑いなく、猛然と襲い掛かってくる。

(それなり……かっ!)

剣で受けないよう、かわすことに集中しながら、レイフォンはハイアの動きに内心で舌打ちをする。
グレンダンで天剣授受者となるまでに、試合などで何人もの武芸者と戦ってきたレイフォンだが、ハイアほどの実力者とぶつかったことはない。
それほどまでにハイアは強く、こんな奴がグレンダンの外にいたのかと感心してしまうほどだ。
もしかしたらデルクに匹敵し、凌駕するかもしれない。

だが、世界は広いのだから考えてみれば当たり前の気もするし、突き詰めてみればハイアもグレンダンの人間なのだろうが、それでも驚きを隠せない。
レイフォンは、自分のことを天才だと認めている。だけど、世界で一番強いなどと自惚れてはいない。
グレンダンの天剣授受者達はレイフォンよりはるかに経験も多く、苦手な相手もいる。
何より女王、アルシェイラ・アルモニスには勝てる気さえしない。

「ほらほら、どうしたい?もっとやる気を見せてくれさ~」

それでも、自分達が特別な枠組みの中にいると感じさせられてしまう。
天剣授受者と他の武芸者の実力者が、例えグレンダンの中でも明確に分けられてしまうからだ。

「まさか、天剣授受者って、こんなもんで終わりって程度じゃないだろうな」

徐々に速度を上げてくるハイアに、レイフォンは剣を振り下ろした。
剄の込められた剣と刀がぶつかり合い、衝剄が衝突し、余波が空気を振るわせる。
その振動に乗るように、か細い金属の悲鳴が走った。
レイフォンの剣が砕ける。その結果に、ハイアが会心の笑みを浮かべた。
だが、ハイアは後悔するべきだろう。よりにもよって、機嫌の悪いレイフォンに戦闘を挑んだことを。

内力系活剄の変化 疾影

「またそれさ~?」

気配を凝縮させた剄を複数放ち、即座に殺剄を行い移動することで相手の知覚に残像現象を起こさせるこの剄技。
だが、ハイアにこの技は通じない。
自分でも使える技だ。対処法は、師に仕込まれている。

「右さ~!」

気配を読み、左右上下から襲ってくるフェイントに騙されず、ピンポイントでレイフォンの姿を発見するハイア。
錬金鋼が破壊され無手のレイフォンに向け、刀を振り下ろそうとするが……

「なっ!?」

驚愕し、その手が止まった。
確かにレイフォンは右にいた。だが、それだけではない。
上下左右、ハイアを取り囲むように数十人のレイフォンがいた。
逃げ場など見当たらない。

活剄衝剄混合変化 千斬閃

「かぁぁっ!」

内力系活剄 戦声

空気を振動させる剄のこもった大声を放つ威嚇術だ。
これにより、少なからずハイアの動きが鈍った。
そんな彼に、千斬閃で分身したレイフォンが襲い掛かる。

「かっ!?」

蹴りが放たれ、それをハイアが腕で防御する。
だが、数が多すぎて捌ききれない。
脇腹に蹴りを喰らい、鈍い嫌な音がした。もしかしたら肋骨がいったかもしれない。
苦悶の声を漏らすハイア。
だが、レイフォンの動きは止まらない。
次は拳打だ。それを避けるハイアだが、回り込まれていた。

「ぐげっ……」

自分でも情けない声を上げる。
首筋をつかまれ、持ち上げられてしまった。
首は人体の急所。そうでなくとも剄を練るには剄息、呼吸が重要であり、この状態では剄すら練ることが出来ない。

「最初から本気を出さないのが間違いでしたね」

レイフォンの冷たい言葉が響く。
彼の言うとおり、油断した。
予想外に手ごたえのなかったレイフォンに油断し、剣を砕いたことから心に隙ができた。
その結果がこの有様だ。
抵抗すら間々ならないこの状況で、ハイアは苦々しく引きつった笑みを浮かべていた。

「さすがはヴォルフシュテインさ~……侮りすぎていたさ……」

「元ですよ。今の僕はただの学生です。それと、これは忠告なんですが……」

打開策を練るハイアに、レイフォンは冷めたままの声で続ける。

「あなたがなにをしようと僕には関係ありませんが、もしツェルニに、僕の知り合いに危害が及ぶようでしたら容赦しませんよ?このまま、首を折ってしまうことすらできるんですからね?」

忠告と言う名の挑発的な言葉に、更にハイアの表情が引き攣る。
そして彼の軽薄そうな笑みが、更に濃くなっていた。
瞬間、レイフォンはハイアを投げ捨て、その場から飛び退く。
すると今までレイフォンがいた場所に、剄弾が飛んできた。
剄を矢の形にした剄弾だ。
狙撃手が、弓を武器とする者が放ったのだろう。そして間違いなく、ハイアの仲間だ。
傭兵団の人間か?

レイフォンが思案する中、投げ捨てられたハイアは一目散に逃げていく。
最初は追うかと考えたが、やめた。錬金鋼のないこの状況では不利だ。
ハイアを追い詰めたのは相手が油断したからであり、ハイアほどの実力者ともう1人を相手にするのは危険すぎる。

「……なにをする気なんだ?」

ハイアと、去っていく狙撃手の気配を見送り、レイフォンは『廃貴族』と言う単語に嫌なものを感じていた。







































レストランでレイフォン達と別れたシャーニッドは1人、繁華街に足を向けた。
特に何か目的があったわけではない。なじみの店に顔を出し、顔見知り達と他愛もない話をして時間を潰していく。
夜は長い。それがシャーニッドの悩みだ。
長いと感じるなら部屋に戻り、ベッドに潜ればいい。何度もそう思う。
だが、何故かそういう気にはなれない。眠れないのだ。

不眠症だとか、睡眠薬の世話にならねばならないとか、誰かと約束とかをしているわけではない。
ただ、時間を潰す。
時間を潰すことに意味なんかあるはずもなく、ただ、ここにいることに意味がある。
意味があるのだろうと思う。

なじみの店から出て、路上ミュージシャンが演奏をしているのを見つけた。
ミュージシャンを囲むファン達の群れから少し離れ、閉店した店のシャッターに背中を預け、目を閉じてなんとなく曲を聴き入る。

こう言う時、シャーニッドは特に目立とうとは思わない。
対抗試合のおかげで顔が知られていることもあって、学校ではよく女の子達に捕まるし、捕まろうと思って捕まっているところもあるが、こう言う所では声をかけられない。かけさせないのだ。
自然と、自分の気配を消してしまう。

路上ミュージシャンを囲むファン達。
自作のアンティークを売る者。
それを見るカップル。
打ち込みと生演奏が半々のミュージシャンの曲。
マイクを通さない生の声が、声量で演奏に少し負けている。
そんな中で、シャーニッドは目を閉じて時間の流れを見つめる。
耳を済ませて、その時を待つ。今日は、その時が早く来た。

カツカツと足音、ヒールの音が響く。
リズムを刻んでいるかのように規則正しく、小気味良い音にシャーニッドが閉じていた目を開けた。
暗かった視界に光が飛び込む。アーケードを包む照明が眩しく、目が痛い。
過ぎ去っていく人の中に、先ほどまでシャーニッドと話していた顔見知りもいた。だが、シャーニッドに気づいた様子もなく去っていく。
シャーニッドはゆっくりと目に光を慣らしながら、その時を待った。
目の前を、黄金が過ぎ去ろうとする。
長い金髪だ。螺旋のように渦巻いた髪が、彼女の歩みによって揺れている。
研ぎ澄まされたナイフのように鋭い顎先。小ぶりの唇を硬く閉じて、前を、前だけを見つめている。
シャーニッドの前をそのまま過ぎ去っていく。視線も合わない。
呼びかければ、彼女は止まるだろうか?
おそらく止まるだろう。だが、彼女の歩みを止めて、シャーニッドはどうするのだろうか?
答えはある。だが、その答えを実行するにはためらいがある。
プレイボーイを気取っておきながら、自分の優柔不断さをあざ笑い、シャーニッドは背を預けていたシャッターから起き上がり、彼女の後を付けていく。
ストーカーみたいだと内心で苦笑しながら、まっすぐな足取りで繁華街を抜けていく彼女を、第十小隊副隊長のダルシェナを追った。
夜の人並みから外れても、歩調を緩めることはない。行く場所が決まっているようだ。

(おや?)

繁華街を抜け、人通りの絶えた道を怯える様子もなく進む背中に、シャーニッドは内心で首をかしげた。
いつもは人の多いところを歩き回っている。サーナキー通りからケニー通り、リホンスク通りと流していくのが彼女の日課で、今夜はその日課を外れた場所を歩いている。

(まさか……)

嫌な予感がし、緊張が走る。
シャーニッドはシャッターに寄りかかっていたときからしていた殺剄を、更に慎重に維持した。
一定の距離を保ったまま、ダルシェナを追いかける。
辿り着いたのは、郊外。建築科の実習区画がすぐ近くにある。
入学した手のころはここらにも店があったが、場所が場所だけに人は少なかった。が、隠れ家的な雰囲気を楽しめるとかでそれなりに人気もあった気がする。
結局はそれらも次々と閉店し、ほとんどが残っていない。
1年ごとに人が入れ替わる学園都市では、流行の興廃が激しいと言うことだろう。

ぼんやりとそんなことを考えていると、いきなり爆発音が響いた。
先を行くダルシェナが、足を止めて身構える。音はまだ遠い。
シャーニッドは建物の陰に身を隠して殺剄を続けた。
頭上を凄まじい気配が駆け抜けていく。

(レイフォンか?)

あの気配には覚えがある。一瞬だけレイフォンの姿を確認したが、気配と姿はもうひとつあった。
その気配には覚えがない。そして気配は、レイフォンと共にすぐに消えてしまった。
シャーニッドはすぐにダルシェナへと視線を戻す。
ダルシェナもレイフォンともうひとつの気配には気づいたようだが、それ以上の注意は払わず、音の方へと活剄を走らせ、駆けていた。
シャーニッドも殺剄をやめ、活剄を走らせてダルシェナを追う。
建物の屋根へと上り、走る。そうやって着いた場所は、先ほど思い出した店があった辺りだ。
ウォーターガンズのボードを売っていた店はシャッターが吹き飛び、都市警の武芸者達が突入していた。
視覚を活剄で強化し、月明かりで真昼のような明るさを得たシャーニッドは状況を確認した。

都市警に囲まれている武芸者が1人いる。だが、その武芸者はあっさりと都市警の包囲網を脱出して逃げていた。
追いかける中に、レイフォンのクラスメート、ニーナが小隊に入れたいと言っていたナルキの姿を見たが手助けはしなかった。
それよりも、逃げていった武芸者のほうに視線を向ける。女だ。レイフォン達と同い年くらいだろう。

(……違う)

あれは、ダルシェナが見てはいけないものではない。
安堵し、緊張が解けていく。故に油断し、背後に接近していた気配に気づかなかった。

「なぜ、ここにいる?」

質問と同時に、背中に硬い感触が当たる。
追っていた相手に背中を取られるほど間抜けな事はない。
自分の失態に苦笑し、それほど動揺していたのかと思いながらシャーニッドは言う。

「夜の散歩が趣味なんだよ、お前さんと一緒でな。今日は面白いもんが見れた。なかなか刺激的な夜だ。そう思わないか?」

「思わないな。騒がしい、不快な夜だ」

シャーニッドの言葉を否定し、ダルシェナは敵意を向けてくる。
シャーニッドは両手を挙げ、敵意がないと示すように肩をすくめた。そのまま振り返ろうとし、背中を突かれる。

「動くな。安全装置がかかっているとは言え、この距離ではただではすまないぞ」

それでもシャーニッドは振り返る。
だと言うのに貫かれはしなかった。脅しだったのだろう。
ダルシェナが握っていたのは、白金錬金鋼の突撃槍。
不快さの塊のような視線をシャーニッドに向け、睨んでいる。

「なぜ、ここにいる?」

再び同じ質問が投げかけられた。

「夜の散歩が趣味って言ったぜ?シェーナ」

「お前にそんな風流があるものか」

愛称で呼ばれたことで、ダルシェナは更に不機嫌そうな顔をする。
昔の仲間とは言え、今のシャーニッドにシェーナと呼ばれる筋合いはないと言うように。

「……シャーニッド、お前は気づいているのか?」

「なにを?」

深刻なダルシェナの問いを、シャーニッドは飄々と受け流す。

「………」

「何度も言うけどよ、俺は散歩してて、偶然ここに来たんだ。それだけだよ。シェーナもそうなんだろ?」

「……そうだ」

「だろ。なら、ここで俺達が鉢合わせしちまったのは、あの馬鹿騒ぎの所為ってだけのことさ」

ダルシェナは納得しきっていないようだが、突きつけていた突撃槍を下ろす。

「さて……馬鹿騒ぎも無事に終わりそうだ。俺はこれで帰るぜ」

「シャーニッド」

見れば捕り物も終わったようなので、シャーニッドはそう言って歩き始める。
だが、その足をダルシェナが止めた。

「どうして、私達の前から去った?」

なぜ?
どうして?

そんな言葉は、シャーニッドが第十小隊を抜けた時に何度も聞いてきた言葉だ。
シャーニッドはそのたびに飄々と受け流したり、誤魔化したりしていた。
その態度にディンは怒り、ダルシェナも怒っていた。そして、戸惑ってもいた。

「わかんねぇかな?」

「わからないから聞いている!」

「本当に……?」

「……………ああ」

ダルシェナを見る。
一度だけ見せた怒りがみるみる内にしぼんでいく様子に、シャーニッドは笑った。
笑ったが、何も言わなかった。

「どうしてだ……あの時に誓っただろう。私達は、3人でツェルニを護ろうって誓ったではないか。忘れたのか?」

ダルシェナが、弱々しい口調で責めてくる。

「忘れちゃいないさ」

「なら……」

「俺は俺なりのやり方で、あの時の約束を護るさ」

「第十七小隊がそうだと言うのか?」

「そういう事になるんだろうな」

シャーニッドの言葉に、ダルシェナは納得がいかないように言ってくる。

「私達といるよりも、第十七小隊にいるほうが約束を守れると思ったのか?」

「それは、わかんねぇ。ただ……」

「ただ……なんだ?」

「シェーナ。なにもかもを手に入れようと思ったら、なにもかもを失っちまうはめになるんだ。そう言う事ばっか言ってると、俺みたいになっちまうぜ」

「なにを、言っている?」

ここで会話を切るべきだった、それが正しい選択だろう。
だが、魔が差してしまった。やめろと理性が抑止する。だが、止まれない。
同時に、馬鹿馬鹿しくもあった。正直になれずに、想いを告げることすらせずに逃げ出した自分に。

「それでも聞くか?」

「……ああ」

一瞬戸惑ったようだが、それでもダルシェナは問うてくる。
その事に苦笑しながら、シャーニッドの脳裏にはレイフォンとフェリの事が浮かんでいた。
どこまでも一直線に、相手の事を想い続けている2人。
前回の都市の調査中に気づいたのだが、ああいう直向さ、一途な心意気は自分にはないものだ。
プレイボーイを気取ってはいるが、自分の本性は心底惚れた女に自分の気持ちを伝える事が出来ずに、恐れて逃げ出す臆病者だと言う事だ。
レイフォン達の事を羨ましく思いつつ、やめろと理性が制御しつつ、それでもシャーニッドは止まらない。

「それはな、俺がシェーナに……ダルシェナ・シェ・マテルナに惚れちまったからさ」

「なっ……」

ダルシェナの表情が驚愕に染まる。
シャーニッドはいつもどおりの軽薄な笑みを浮かべていたが、その内心は自己嫌悪で一杯だった。
自分の想いを伝えたと言う達成感がある。
だが、それはとても苦々しく、卑怯だと思いながらも後悔はない。

「ふざけるな!」

「別にふざけちゃいないさ」

頭に血が上り、ダルシェナが叫ぶ。
それに対し、相変わらず飄々とした態度で流すシャーニッド。
そこで、気づいた。気づいてしまった。
いつもどおりの軽薄な笑みを浮かべるシャーニッドだったが、目が笑っていない。
顔は笑っているが、瞳だけはそうではない。そして、仮にもシャーニッドは昔の仲間であり、付き合いが長い。
だからこそ気づいてしまう。その言葉に嘘がない事に。

「だが……ならばどうして?お前が私のことを好きだとしても、なんで私達の元を去る必要があった?」

動揺して、自分でもわけがわからないままに問うダルシェナ。
その言葉に苦い表情をし、シャーニッドは頭を掻きながら言いづらそうに言う。

「お前が、ディンのことを好きだからだ。後は……言わなくてもわかるだろ?」

後悔はない。
だが、絶句するダルシェナの顔を見て罪悪感が生まれた。
真っ直ぐ突き進むのが彼女の魅力だと言うのに、自分がその魅力を壊そうとしている。

「わかっているはずだ、シェーナ。俺達の誓いは借り物で、偽りのものだってな。俺があのまま第十小隊に残っていたって、関係が壊れるのは時間の問題だった」

罪悪感から逃れるように、シャーニッドが歩みを再開する。
ダルシェナは、今度は止めなかった。
呆けたように、唖然としたように、ただ突っ立っている。

「別に借り物なのが悪い訳じゃねぇ。最初はそうでも、何時かは心からそう思えるようになるかもしれねぇんだしな。ただ、悪いと思っちゃいるが……俺は間違った事はしてないと思うぜ」

そう言い残し、今度こそシャーニッドは去っていく。
自分の行いが酷く滑稽で、次に会った時には今の言葉の返事を聞かせてもらいたいと思いつつ、シャーニッドは舌打ちを打った。

「ああ……まったく」

今夜はなおさら、眠れる気がしなかった。










































あとがき
今回は原作基準の話で、フェリ要素皆無の回……次回こそは!
そして、シャーニッドはダルシェナに自分の気持ちを伝えました。
なんか、展開的にじゅっさんのSSとかぶってるような……
ちなみにこの作品では、シャーニッドはバカップルに感化されて心境を暴露しています。
前回のことで気づいてるんですよね、シャーニッド。レイフォンとフェリが付き合っていること。
ただ、ニーナはまだ気づいていません。
ちなみにこれだけは言いたい。ネルアはシャーニッドの嫁w
そして来々谷は、姉御は是非とも嫁に欲しいと思うこのごろw
リトバス最高だと思いつつ、まだ来々谷ルートと小毬ルートしかやってないので早くクリアーしたいなと思ってます。
次はクドだ!

そういえば、クドに関しては新作が出るとか。兄が投稿してる某サイトの広告で知りました。
姉御ので新作は出ないのかと本気で思うこのごろ!
個人的にはうたわれるものにも新作出てほしいなぁ、なんて思っていますw
そのときは是非ともカルラを本妻に!!

戯言でしたw
しかし、戯言シリーズなんかで出てくる戯言使いと言う単語、あれってどういう意味なんでしょう?
小説読むの遅いんで、つーか、クビキリサイクル読むのを途中で投げてる作者です。
早く読まねば……でもリトバスがぁ……バイトがぁ……執筆がぁ……
なわけで、なにをすればよいのかわからないこのごろです(汗



[15685] 24話 剣と刀
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:d033edfe
Date: 2011/11/04 17:26
夜が開け、レイフォンは朝一番に錬金科を訪ねた。
昨夜の戦闘で破損した錬金鋼をなんとかしてもらうためにだ。

「これはまた……派手に壊れたねぇ」

朝食の菓子パンを齧っていたハーレイは、レイフォンの持ってきた錬金鋼を見て目を丸くする。

「見事に粉砕されている」

錬金鋼は戦闘中に壊れたため、復元状態のままだった。
実際、ここまで壊されてしまっては基本状態に戻すことは出来ない。
錬金鋼は、粉砕部分を指でつつくと、脆い石の様に簡単に剥落してしまう。

「修復は無理だね。新調した方が早いよ」

「ええ、お願いします」

「ん、了解。データは残っているから、すぐに作れるよ。管理部とかの手続きはこっちでしとくから」

「あ、すいません」

なにからなにまで世話になり、申し訳なさそうに言うレイフォンにハーレイが苦笑した。

「いいよ。これでも第十七小隊の装備担当だからね。それに、複合錬金鋼のほうで登録の手続きとかもしないといけないし……もうさ、キリクがこういうの全然だめでさ。全部僕がやるはめになるんだよね」

肩をすくめるハーレイだったが、不意に『そうだ』と手を叩く。

「あれの調整、今やっちゃおうか?」

「いいんですか?キリクさんいないですけど」

あれとは、複合錬金鋼の簡易版の事だ。
これを作るために、レイフォンはハーレイやキリクに嫌と言うほどデータを取られた。

「いいよいいよ。最終調整は殆ど僕がやるんだし。それにおっつけ来るでしょう」

そういうと、ハーレイは研究室の奥の棚から錬金鋼を引っ張り出した。
それを手渡されると、ずっしりとした重さが腕に伝わってくる。
密度が高いのだろう。軽量化が出来たとは言え、普通の錬金鋼の三倍はありそうだ。

「カートリッジ式を排除した分、この間よりも断然頑丈に出来ているよ。ただ、一度配合を決めてしまうと、もう他の組み合わせを使えないって弱点もあるけどね。レイフォンみたいにいろんな剄が使えるタイプにはそっちの方がいい気もするんだけどね。形なんかもそれぞれの錬金鋼に記憶させといて、用途に合わせて変えることも出来るし……ただ、これでも流石にレイフォンの全力の剄には耐えられないけど……」

「でも実際、そんなに器用には使えませんよ」

「そうかな?うーん……」

「それに、剄の問題に関してはすぐにどうにかできるとは思ってませんでしたし。僕が前に使っていた天剣が異常すぎるんですよ」

そんな事を話しながら、復元鍵語の声紋と剄紋の入力を済ませる。
剄紋はひとつだけ。鋼糸は入っていない。

「本当は二種類記憶させたかったんだけどね。錬金鋼の組み合わせで形態と性質を変化させるのが複合錬金鋼の長所でさ、簡易版を作る時に、どうしてもその設定に手が出せなかったんだ。出したら、もうバグだらけになっちゃって」

「いいですよ。青石錬金鋼があるんだし」

実際、鋼糸が対抗試合で使えないのに、複合錬金鋼にそれを求めても仕方ない。
ないことを祈るが、ハーレイ達が対汚染獣用のものを開発しているのでそれに期待である。

「じゃあ、ちょっと復元してみて」

ハーレイに促され、復元する。
手の中野錬金鋼が熱を帯び、一瞬で形を変える。

「……え?」

だが、その形にレイフォンは驚愕した。

「これ……刀ですよ」

「そうなんだよ」

それはレイフォンがいつも使う剣ではなく、刀の形だった。
ハーレイが、首を傾げるように言う。

「キリクがその形にしちゃったんだ」

「……変更、出来ませんか?」

「駄目だ」

ハーレイではなく、不機嫌そうな声に否定された。
レイフォンは振り返った。気配には気づいていた。
彼のやってくる特徴的な音、車椅子の音もハーレイよりも早く聞こえていた。

「それは、その形がもっとも相応しい」

キリクは不機嫌そうに、レイフォンを睨みつけていた。
彼もまたフェリと同じように、無表情ではなく不機嫌そうな顔がデフォルトなのだろうが。
それでも、レイフォンの言葉に多少の苛立ちは感じていたのかもしれない。

「キリク、珍しいね」

「こいつの仕上げには立ち会うと決めていたからな」

そう言ってキリクは、散らかった部屋の中を器用に車椅子を進めていく。

「分類としては剣も刀も同じになるかもしれないが、その働きは大きく違う。剣は叩き切り、刀は切り裂く。切ると言う行為は同じでも、そのために必要な動作が違う。お前の動きは切り裂く方だ。この間の汚染獣戦において、あれは巨刀と言う刀の形をしていたが、その刃は剣をベースにしていた。今度は違う。完璧に切り裂くためのものにした」

レイフォンの持つ錬金鋼を見ながら、キリクは淡々と言う。
そのためにレイフォンから、膨大な量のデータを取ったのだ。

「こいつには実家に秘蔵されている名刀のデータを入力した。通常の錬金鋼ではその威力を再現できなかったが、こいつならそれに近い物は出来るだろう。お前を最強にするための最高の道具だ。それを手に入れる事が、不満か?」

「そう言う訳じゃ……」

「なら、なにが不満だ?」

煮え切らないレイフォンの反応に、キリクの表情が更に不機嫌そうになった。
だが、レイフォンは答えられない。

「お前は、武芸者達全てが望む領域に立つことが出来る人間だ。なのにそのための道具を拒むというのが俺には腹立たしい」

車椅子がギシリと鳴る。看れば、キリクが車椅子についている車輪の握りを硬く握り締めていた。
その体にはわずかだが、剄が走っている。だが、その走りは鈍く、レイフォンが見た剄の色も濁っている。
剄脈に異常をきたしているのだろう。死に至るほどではない。だが、足が使えないことに関係しているかもしれない。
足が使えなくなるような事故に合い、そのために剄脈が異常をきたしたのか、それとも剄脈の異常のために足が使えなくなったのか……それはレイフォンからは気軽に聞けないし、キリクも話そうとはしない。
だが、元は武芸者だったであろう彼は、その事を本心から悔しがっている事がわかる。

「この場所で、学園都市でお前が本気を出す必要もないだろう。だが、それならどうして汚染獣の戦いでもそうした?お前にとっては、それすらも本気になる必要のない相手か?」

そんな訳がない。老生体との戦いは、レイフォン自身死ぬかもしれない可能性と隣り合わせの戦いだった。
だからこそ本気で戦った。なにがなんでも生き残るつもりだったから、必死で。
それでも、刀は使わなかった……

「……どうして、そこまで刀を拒む?」

「拒んでなんて……」

「いいや、拒んでいるな」

弱々しいレイフォンの反論を、キリクは跳ね除ける。

「お前は剣を握る事を選んでいる。刀で戦う事がお前の本質にもかかわらず、だ。その事がお前が刀を拒んでいる事の証明でなくて、何だと言うんだ?」

昨夜、戦闘を行ったハイアがいった言葉を思い出す。

『なんであんたが刀を使わないのかが気になるけど……』

デルクの兄弟弟子に育てられたと言う、傭兵団の団長。
その実力は、若くして団長を務めるのに相応しいものだった。
そして、鋼鉄錬金鋼の刀。動き共にデルクと、デルク・サイハーデンと同じものだった。
疾影からの高速攻撃はデルクが得意としていた攻撃パターンだ。
故に、グレンダンにいたときの記憶をいやでも思い出させてしまう。
ツェルニに来た事に後悔はないし、良かったと思っている。だが、グレンダンでの出来事はそう簡単には割り切れない。
天剣なんてどうでもよかった。名誉なんてどうでもよい。
だが、グレンダンに残してきた養父と家族達については簡単には割り切れない。割り切れるわけがない。

刀で戦う事が自分の本質。そうだ、その通りだ。
初めて手にした武器が刀だった。木で出来た模擬刀で、それで何度も打ち込みの練習をした。
それが、レイフォン・アルセイフの武芸者としての原点だ。
武芸を続ける事に迷いはない。なにがなんでも護りたいと決めた人がいるから。
だが、刀は、刀だけは……その事については5年前に結論付けたはずだが、レイフォンの中には未だに靄がかかっているように渦巻いていた。




































「どうしたんですか、こんなところで?」

「え……?」

いきなり、声をかけられる。
ボーっとしていたレイフォンにかけられた声の主は、フェリだった。
時間は現在昼休み。そして場所は、練武館の訓練室。ボーっとしていたレイフォンが、気づかないうちにここまで歩いて来たらしい。

「何時まで経ってもフォンフォンが来ないから、あの3人が心配していましたよ」

「あ……」

フェリに言われ、レイフォンは口を開く。
昼食はレイフォン、フェリ、メイシェンとナルキ、ミィフィの5人でとるのが日課だ。
故に、来ないレイフォンを心配して、フェリが探しに来たのだろう。

「一応、昼休みは有限だからあの3人には先に食べておくように言いました。ですが、私の場合はフォンフォンが持っているので、まだ食べていません」

「あ……」

更にレイフォンが大きく口を開く。
ここ最近のフェリの弁当を作っていたのは自分であり、当然自分がいなければフェリは食べられない。
その事を失念しており、レイフォンはすぐさま謝罪する。

「すいません……」

「それはいいですから、早く食べましょう。昼休みが終わってしまいます」

時間的にはまだ余裕があるが、フェリに言われてレイフォンはバッグから弁当を取り出す。
移動するのも面倒なので、訓練室で食べる事にした。
弁当を広げ、そういえば昼食を2人で食べるのは初めてだと言う事を今更考える。

「で、どうしたんですか?」

「え?」

そんなレイフォンに、フェリは弁当を食べながら再び尋ねてきた。

「何か悩んでいたようですので。それとも、体調でも悪いんですか?」

「いや、別に体調は悪くないんですけど……って、フェリ!?」

体調の事について否定するレイフォンだったが、フェリの行動に驚愕する。
フェリが弁当を食べる手を中断し、レイフォンに顔を近づけた。
触れるレイフォンの額と、フェリの額。
互いの呼吸が触れるほどの至近距離に、レイフォンは顔を赤くしたままおろおろとしている。
フェリは無表情だが、やはり、多少は動揺しているようで真っ赤とはいかないが、顔は赤かった。

「……熱は、ないみたいですね。こう言う時には、こうやって確かめるとよいと前に本で見ましたから」

「そうなんですか……」

額を離し、誤魔化すように言うフェリと、まだ顔の赤いレイフォン。
さっきまでは熱はなかったが、別の意味で発熱しそうである。

「では、やはり悩み事ですか?」

「まぁ……たいした事じゃないですが」

「そうは見えませんけどね」

食事を再開しながら、フェリが尋ねる。
その言葉に、レイフォンは再開した手をすぐに止めた。

「フェリには敵わないなぁ……本当にたいした事じゃないんですが、まぁ……少し」

「よかったら……話してはくれませんか?力になれるかどうかはわかりませんが、話すだけでも気は楽になるものですよ」

「はぁ……つまらない話ですが」

レイフォンはため息をつき、フェリに話す。
錬金鋼の修復に行き、キリクに刀を使うように言われた事を。それをレイフォンが拒んだ事を。
話したのは、彼女がレイフォンにとってとても信頼できる人物だから。
何より、彼女に言うだけで本当に気が楽になってきたから。
だからこそレイフォンは、フェリの言葉に素直に答えた。

「話でもわかりますが、フォンフォンはやはり刀を拒んでますね。どうしてです?」

「それは……」

キリクには答えられなかったが、不思議とフェリには言える。
自分の過去を知っているし、何より彼女に隠し事をするのは後ろめたかった。

「僕が闇試合に出ていたことは知っていますよね?」

「……ええ」

孤児院を潤すため、金を稼ぐためにレイフォンは非合法の賭け試合に出ていた。
それがグレンダンを追放されたきっかけになるのだが、その事についての後悔は今でもない。

「それに出るまでは、天剣授受者になる前までは刀を使っていたんですよ。僕の養父さん、デルク・サイハーデンに刀を、サイハーデン刀争術を教わり、その刀には誇りを持っていました」

レイフォンの武芸者としての始まりで、グレンダンでも数少ない良い思い出。
孤児だった自分に名を与えてくれ、我が子として育ててくれたデルク。
彼には感謝しており、そして教えてくれた技、サイハーデン刀争術には誇りを持っていた。
だが、その誇りがある意味問題だった。

「でも、僕は賭け試合に出ることを決めた。その事自体は後悔はないですし、孤児院を養うために必要なことだった。だから天剣と言う名誉を利用してお金を稼いでいたんですけど、それはやはり武芸者としては許されないことで、育ててくれた養父さんを裏切る行為です。だから僕は……刀を捨てました」

それはけじめ。
レイフォン・アルセイフは刀に、サイハーデン刀争術に誇りを持っていた。
だからこそそれを汚したくはなく、天剣になり、闇試合に出るようになってから刀を使うのをやめた。

「結局は闇試合のこともばれて、ガハルド・バレーンの件もあって、僕はグレンダンを追放されました。けど、だからと言って、だからこそいまさら刀を握るわけにはいかないんです。僕は、養父さんを、家族を裏切ったから……だから……」

痛ましそうに、辛そうにレイフォンはつぶやく。
それほどまでにデルクの事が、サイハーデン刀争術が好きだったのだろう。

「……フォンフォン。あなたは結局、どうしたいんですか?」

「え……?」

「刀を拒む理由はわかりました。ですので、ひとつ聞きます。あなたは刀が、サイハーデン刀争術が嫌いなんですか?」

「嫌いなわけ、ないじゃないですか……」

「なら、あなたは刀を持つべきだと思います」

フェリの言葉に、レイフォンは息を呑む。
冗談なんかで言っているわけではない。もとよりフェリにそういった趣味はないし、レイフォンの話を聞いた上での、真剣な意見だ。

「どうして……ですか?」

フェリの言葉に、レイフォンはとても緊張したように問う。

「フォンフォン、あなたは刀を持った方が本来の力を引き出せるんですよね?」

「それは……でも、そんなのは些細なものですよ」

別に武器を剣から刀に変えたところで、レイフォンが劇的に強くなるわけではない。
剣と刀に関する武器の性能の違いに関しては、それが生まれた当初ならともかく、現在の技術ではそれほどの違いはない。
形状的な理由で剣より刀の方が切ることにおいて優れているのは確かだが、だからといって刀の切れ味を剣で再現できないと言うわけではない。
これこそが技術の進歩であり、だからこそレイフォンは剣を使っていたが、天剣授受者として幾多の汚染獣を屠る事が出来たのだ。

「それでも、です」

だが、刀を持った方がいいのは確かである。
劇的には変わらないだろうが、それでもレイフォンは強くなる。
死の可能性が隣り合わせな汚染獣戦において、生き残る可能性が増える。

「私は、あなたを失いたくはありません。例え百分の一でも、億分の一でも強くなれるのなら、生き残る可能性が上がるのなら、私は刀を持つべきだと思います」

その言葉が、どうしようもなく嬉しかった。
フェリが自分のことを想って、言ってくれた言葉。
その言葉にとても暖かいものを感じつつ、それでもレイフォンを動かすには至らない。

「でも、僕は……」

考えるのは養父のこと、家族のこと。
レイフォンは家族を裏切った。そのことに負い目を感じ、刀を使うことを禁忌としている。
フェリの自分を想っての言葉は嬉しい。
だが、レイフォンは……

「怖いんですよ……僕は、みんなを、兄妹達を裏切った。リーリンは庇ってくれたけど、みんなには裏切り者と、卑怯者と言われました。養父さんは何も言いませんでしたよ。僕を叱る言葉も、もちろん慰めの言葉も。はは、なにを期待してるんでしょうね?僕がやったのは許されないことですから、仕方ないことです。それが原因で、武芸をやめようとさえしました……でも、でも、僕は……」

恐怖していた。
武芸を続けると決めたレイフォンに、養父達がなにを今更と思ったりしないか。
その上刀など、どの面を下げて使えるというのか?
フェリを護りたいから、フェリと出会ったこのツェルニを、知り合った人達を護りたいと思ったから、レイフォンは武芸を続け、剣を取った。
だが、刀は取れない。怖い、恐いのだ。
レイフォンは今にも泣いてしまいそうな表情で震えている。
また養父に拒絶されるのではないか?
突き放されてしまうのではないか?
フェリのためなら例え、この世界の全てを敵に回してもかまわないと考えるレイフォン。
だが、自分のことに関してはそうはいかない。恐怖し、みっともなく震えている。

そんな、今にも泣いてしまいそうなレイフォンを抑えるように、震えを止めるように、フェリは優しく抱きしめた。

「ふぇり……?」

「大丈夫ですから……フォンフォン」

心臓がドキンと高鳴る。
フェリの小さな体が、レイフォンの体を包むようにまとわりついている。
頬にはフェリの頬が触れ、声が耳元に響く。
彼女の熱い息遣いが、耳に当たった。

「すいません、少し深入りし過ぎました。でも、これだけは覚えて置いてください。私は、なにがあってもあなたの味方なんですから」

泣きそうな子供を慰めるようにフェリが言う。
その言葉がレイフォンを癒していく。内に渦巻いていた気持ちが落ち着いていき、今は気恥ずかしさだけを感じていた。

だが、ドキドキと心臓が鼓動し、今度はどうすればいいのかと感情が渦巻く。
これはあれだろうか?このまま押し倒してしまっていいのだろうか?
しかしここはあれだ、一応訓練室だ。誰かが来るなんて思えない。
今は昼休みだ。シャーニッドは遅刻魔だし、ハーレイは結局レイフォンが刀を拒んだため、新しい青石錬金鋼を作るために遅くなると言っていた。
ニーナが自主練で来る可能性もあるが、それはあくまで可能性で、流石に昼休みまでは来ないだろう。
これはなんだろう?やれと言う事か?
理性が否定し、冗談だと笑いたい気分だが、フェリの息遣いがどこか荒い。
そして自分の心臓が更に速く脈打つ。
高ぶってくる自分の感情。

「……………」

その感情に思いっきり水が差される。
訓練室の扉がノックされ、レイフォンの感情が一気に冷やされる。
フェリも離れ、どこか寂しさを感じながら『どうぞ』と促す。

「もういてくれたな、よかったよかった」

「フォーメッドさん?それに……」

「やぁ、レイとん……」

扉を開けて入って来たフォーメッドを見て、もう殺っちゃっていいだろうか?などと冷ややかに思いつつ、レイフォンはいかにも嫌々と言う感じでフォーメッドに連れてこられたナルキを見る。
どうやら昼食後、ナルキはフォーメッドに呼ばれたらしい。

「悪いが、少し時間をもらえるか?それから、隊長さんも呼んでくれると助かるんだが」

フォーメッドの言葉にいぶかしそうな表情をするも、フェリが念威端子を飛ばしてニーナを呼んだ。






「急な申し出、すまないな」

「いえ、それよりもお話というのは?」

「あまり大っぴらにしたくないからな、手短に用件を話そう」

現れたニーナに、フォーメッドは申し訳なさそうに言いつつ、背後のナルキをちらりと見た。
ナルキはやはり不機嫌そうで、不満そうだった。

「あ~まず、この間の隊長さんの申し出だが受けさせてもらう」

「本当ですか?」

「え?本当にですか?」

申し出と言うのは、ニーナがナルキを勧誘するために都市警の本署まで出向いたあの話だ。
それを受けるという言葉に、レイフォンとニーナは驚きを隠せない。
フェリはどうでもよさそうだが、ナルキを見ればこの話が彼女の本意ではないのは明らかだ。

「まぁ、条件が付くのだがね」

「やはりそうですか」

うまい話とは早々転がっているものではない。
そういうことだとニーナも、レイフォンも容易に想像することが出来た。

「そこらへんの事情を飲み込んでもらわないと、悪いが入隊の件は完全になしだ。そもそも本人にやる気がないからな」

「……彼女を欲しいのは事実ですが、当人にやる気がなければそれは逆に戦力低下に繋がります」

フォーメッドの言葉にニーナがハッキリと言う。
ぶっちゃけ、やる気がないことには間違いなく全小隊で1位の第十七小隊を率いてるだけに、無駄に説得力がある。

「うむ、それはわかっている。だが、うちの頼みを聞いてくれるなら、こいつもやる気は出してくれるだろうと信じるさ。それでも、もしそちらの判断で駄目だと思った時はクビにしてくれ。これからいう話もチャラにしてくれていい」

「課長っ!」

フォーメッドの言葉に、ナルキが怒鳴るように言う。
だが、フォーメッドはむしろ当然のように言った。

「当たり前の話だろう?いいか、警察の仕事には潜入捜査というものもある。十分にこなせなければ命にかかわるような仕事だ。学園都市でそこまで危険な捜査があるわけがないが、お前が将来、この都市を出た後も警察関係の仕事をしたいと思っているのなら、やってみて損はない仕事だ。潜入したら潜入先での自分の役目をこなす。やる気を出せと言われればやる気を出せ。出来なければそれで終わりだ」

叱るように言われ、ナルキが項垂れる。
いつもは姉御肌な彼女がこういう風に叱られるのをレイフォンは意外そうに見ていた。

「……さて、話を戻そうか」

咳払いで気を取り直し、フォーメッドはニーナに向き直った。

「で、話というのは?」

「ああ、まずは昨晩の話だ。レイフォン、昨日は助かった」

「逃がしてしまいましたけど……」

頭を下げるフォーメッドに、ハイアを取り逃したレイフォンは気まずそうに視線をそらす。

「まぁ、それは仕方ない。それに本来の目的の偽造学生は捕らえたし、品もある程度は抑えることが出来た」

「なんだ、また都市警の仕事をしたのか?」

ニーナの疑問に答えるように、彼女とフェリにフォーメッドが昨晩の捕り物のことを説明する。

「あの後、そんなことが……で、その違法酒の話が今でると言うことは、これからする話もその違法酒絡みなんですね?」

「そうだ」

いぶかしむフェリの言葉に、フォーメッドが頷く。

「まさか……小隊の生徒がそれに手を出したと考えているのでは?」

はっとした顔でたずねてくるニーナに、フォーメッドが重々しく頷いた。

「そのまさかだ」

「馬鹿馬鹿しい。小隊の生徒がそんなものに手を出すなんて……」

「考えられないか?今のこのツェルニの状況を考えても」

「む……」

ニーナの否定に対し、フォーメッドは隙を突くように言った。

「今掘っている鉱山を失えば、ツェルニはお終いだ。その水際が今年の武芸大会だ。小隊所属者には愛校心の強いものが多いし、ましてや自分達にのしかかる責任の重さを感じていれば、つい、手を出してしまう者がいてもおかしくはない」

フォーメッドの言葉に対し、レイフォンは納得する。
剄脈加速薬と言うのは、本来そういう時のために存在する。
例え自分を犠牲にしようと、負けられない戦いに勝つために使用する都市もあるのだ。

「……それは、予測でしかありません」

だが、ニーナはそれを認めたくないようだった。
だけどフォーメッドは、ニーナの言葉を否定するではなく、むしろ同意した。

「そうだな、予測だ。もしかしたらそこら辺の成績不振な武芸科の生徒が手を出したのかもしれん。剄脈加速薬の副作用が自分には来る筈がないという、確証不能な自信だけを頼りに手を出した馬鹿者がいるかもしれん。どちらもただの予測だ。だが。どちらの可能性が高いかといえば、俺は前者を押すがな」

「……小隊員が違法酒に手を出しているかもしれない可能性に、裏付けとなるものがあるんですか?」

それでもどこか会話に棘があり、認めたくなさそうなニーナだ。

「……品の進入経路を調べた時、ひとつの確証を得た。放浪バスにそのまま荷を積んで来たのでは、こちらのチェックを逃れられるわけがない。だが、それは商売用の話だ。そうではなく、個人への荷なら、しかもそれが少量ずつならチェックは甘くなる。偽装学生証が騙せるのは人の目だけだ。コンピューターまでは騙せん。なら、ここだけは本物の学生の住所を使っていたはずだ。本物の学生に荷を送り、それから偽装学生の元に集める。ここ1年間の個人宛の手紙、荷、全ての記録を調べ、頻度の多いものを調べていった。上位に記録されていたのは6人……」

そこまでしゃべり、フォーメッドはため息と共に言葉を止めた。

「ここから先は、話を受けてもらわなければ流石に駄目だ。ナルキの第十七小隊入り。そして目的の小隊を調べることの黙認と協力」

「受けよう」

フォーメッドの言葉に即答するニーナ。
そのあまりもの早さに、拍子抜けしたようにフォーメッドが尋ねる。

「いいのか?もう少しぐらいなら考える時間を……」

「必要ない。確証があるなら協力する」

その言葉に、フェリが小さく『めんどくさい』とつぶやいた。
それを流しつつ、一番の疑問をフォーメッドがニーナへ問いかけた。

「もしも、相手がこの都市を護るために違法酒に手を出していたのだとしたらどうする?守護者たるべき武芸者の意地が彼らをそうさせているのだとしたらどうする?やっていることは違法ではあっても、所詮それは危険であるからという理由で違法とされたに過ぎない。後がないというのならば使うべきだと言う考えだったらどうする?ツェルニには確かに後がない。彼らの自己犠牲がこの都市を救う可能性だったとしたら、どうする?」

どうしてここまでフォーメッドがニーナに問うのか?それがレイフォンには分からない。
ならばなぜ、その話を第十七小隊に持ってきたのだと思った。
だが、よくよく考えてみれば予想は出来る。おそらく、フォーメッドはいずれ来るに違いない葛藤に早い段階で決着を付けさせておきたかったんだろう。
都市のため……剄脈加速薬に手を出したであろう小隊員も結局はツェルニを護りたいがための行動なのだ。
手段は違えど、志は同じ小隊員同士。そんな彼らを前に、ニーナたちがどんな行動を取るのかを問うのだ。

「……何かを救うのに自分を犠牲にする。例え話なら美しいが、そんなものは独善に過ぎない。目の前の困難に手軽な逃げの方法を選んだだけだ。私は、この都市全てを護ると決めた。誰かを犠牲にしようなんて思わない。私自身を含めて、全てを護る」

ニーナはどこまでも真っ直ぐな言葉を、この場にいる全ての人物に向けて言い放った。

「……ここまで我侭な言葉は聞いたことがないな」

やれやれと、フォーメッドが首を振る。

「詭弁です。馬鹿です。現実的ではありません。それから、前回無茶をして倒れた隊長が言わないでください」

「うるさいぞフェリ!」

フェリの冷ややかな視線と言葉に、罰が悪そうにニーナが言い返す。
だが、フェリはその言葉を流しつつ、もしかしたら自分までこの捜査に巻き込まれるのではないかと1人見当違いな思考をしていた。

「だが、ここまで気持ちのいい言葉を聞いたのは初めてだ。改めて協力を願おう」

「……了解した」

未だにフェリの言葉に不機嫌そうだったが、とりあえずフォーメッドと握手を交わす。

「それで、相手は……」

「……6人。これは言ったな?そのうちの5人の名前は……」

フォーメッドがその5人の名前を挙げていく。その名前を聞いて、ニーナの表情が強張った。

「まさか……」

「5人への荷の送り元は全て同じ都市だ。だが、その都市は5人の故郷ではない。6人目の故郷だ。その6人目の名前は……」

レイフォンも、そしてフェリにもその名前に覚えがある。
小隊員だ。そして彼の名を、レイフォンはフェリによって聞いている。当然、ニーナも知っていた。
フェリも表向きには変化のない表情をしているが、何か考え込んでいる。
相手が小隊員なのは話を受ける前から分かっていた。だが、よりによって……

「ディン・ディー」

シャーニッドが所属していた第十小隊隊長、禿頭の青年の顔がニーナ達の脳裏に浮かんだ。





























「……………」

第五小隊隊長、ゴルネオ・ルッケンスは見るからに元気がなく、重たい足を引きずるように自分の寮の部屋へと向かう。
その原因はやはり、前回の第十七小隊との合同任務の廃都市探索である。
『事故』によるシャンテの負傷。そのために彼女は入院し、現在第五小隊の士気は落ちている。だからセルニウムの発掘のために、現在対抗試合が中断されているのはありがたかった。
ゴルネオ自身も『事故』により負傷したが、シャンテに比べでば軽傷であり、通院程度で済んでいる。その通院程度の傷、胸を切り裂かれた怪我も今はほとんど完治し、生活に支障はない。
ただ、シャンテの場合はそうは行かなかった。頭、胸部以外を針のようなもので無数に貫かれ、腹部を蹴られたために肋骨が数本折れ、両肩の骨を砕かれ、断たれていた。
更には出血多量と言う、かなり人為的な『事故』にあったため、現在も病院のベッドで絶対安静という始末である。
大人しくする事が不得意なシャンテだが、流石にあの『事故』で体力を大幅に失ったのと、『事故』が原因で心に負った傷、トラウマにより不気味なほどに大人しくしているらしく、看護師などに迷惑はかけていないようだと一安心するゴルネオ。
今日も見舞いに行ってきたのだが、あんなシャンテ、今まで見たことがないという風に大人しかった。
ただ、帰ろうとするゴルネオを全力で引き止めたのはいただけなかったが……恐怖心により、1人で眠ることすら出来ないらしい。
流石にゴルネオが病院に留まる訳にはいかず困っていたところ、当直の看護師である女性がいつものように添い寝をするとかどうとかで話は決まった。
シャンテは野生的な行動、そして外見から女性の人気が高く、可愛い、飼いたいなどという理由から愛玩動物のように見られている。
そんなわけで迷惑ではないと言う看護師に感謝しつつ、ゴルネオは自分の部屋の扉を開けた。
開いて、気づく。
開くまで気づかなかったことに内心で自分を罵倒しつつ、ゴルネオはゆっくりと扉を閉める。だが、鍵はかけない。
カード型の錬金鋼を抜き出し、リストバンドに装着していつでも復元できるようにする。
油断しすぎた。ゴルネオはシャンテのこと、そして廃都市で知った驚愕の兄弟子の事実に気落ちし、ここ最近自分で言うのもなんだがまさに腑抜け状態になっていた。
そのことで確認の手紙を故郷のグレンダンに送り、今か今かとその返事を待っている。
あの言葉が、嘘であって欲しいという儚い願いを抱きながら。

だが、そんな状態だったからとして、自分はこの気配に気づいただろうか?
今まで気づかなかったことからも、相手の実力が只者ではないことが理解できる。
魔の巣窟であるグレンダンでも、天剣ほどではないがそれでも上位に入るほどの強さだ。

「誰だ?」

息を呑み、活剄を高め、いつでも戦闘体制に入れるようにして、ゴルネオは部屋の中に声をかけた。

「……ま、合格ラインさ~。出来ればドアを開ける前に気づいて欲しかったけど」

声はリビングからした。

「誰だと聞いている」

リビングの照明が灯った。ゴルネオは慎重に廊下を進み、リビングに入る。
リビングのソファには少年が座っていた。
少年の前にあるテーブルにはファストフードの包み紙が散らばっており、今もスナックをつまみながらストローでジュースを飲んでいる。
顔の左半面を覆う刺青を見ながら、ゴルネオは図々しい不審者だと思った。

「事情を説明するからさ。まぁ、楽にしたらいいさ~」

「ここは俺の部屋だ」

「あんまり大きい声は出さないで欲しいさ~。活剄を走らせてだいぶましになったとは言え、折れた肋骨に響く」

赤髪の少年は平然とした、飄々とした態度に敵意はない。
だが、だからといって警戒を解いていい理由にはならない。ゴルネオはその場に立ったまま、少年を見下ろした。

「それに、キッチンに隠れている女。出て来い」

「……あ」

「出て来いってさ」

少年に言われ、リビングから続くキッチンの陰から少女が出てくる。
少年と同い年くらいの少女だ。金髪で線は細い。わずかにそばかすが残る鼻に、大きなメガネが乗っていた。
その手に握られていた大きな弓が、復元状態を解かれて縮まっていく。

「ミュンファの殺剄はまだまだ甘いさ~」

「……すいません」

「気配を消せないってのは射手として色々とやばいから、日頃から練習しろって言ってるんだけどな~。誰かをストーキングしてみるとかで」

「そそそ、そんなことできません」

少年の言葉に、ミュンファと呼ばれた少女はぶんぶんと頭を振った。

「気になる男でも見つけてやってみればいいさ~。そいつの1日も観察できて訓練にもなる。一石二鳥さ~」

「そんな……そんなこと……」

顔を真っ赤にして頭を振り続けるミュンファを、少年が楽しそうに眺めている。
今まで無視されていたゴルネオは、かなり不機嫌そうに口を開いた。

「……それで、貴様らはいったい何者だ?まさか、こんな茶番を俺に見せ付けるためと言う訳ではないだろうな」

「ん~、それだけだったら、ずいぶんと楽しいさ~。だけど、残念ながら違うんだな俺っちの名前はハイア・サリンバン・ライア」

刺青では気づかなかったが、セカンドネームを聞けばグレンダンの人間なら誰だって気づく。
ゴルネオもすぐに理解し、警戒をより強めた。

「サリンバン教導傭兵団か」

「三代目さ~。で、こっちがミュンファ。俺っちが初めて教導する武芸者って訳さ」

「よ、よろしくお願いします……」

「む……」

ぺこりと挨拶をする彼女に毒気を抜かれつつ、ゴルネオは視線を少年、ハイアへと戻した。

「……傭兵団が学園都市に何の用だ?まさか、生徒会長に雇われたとか言うのではないだろうな?」

「それもありさ~……て言うか、その方が良かったかな?う~ん、ちょっと後悔。ま、これぐらいなら後で取り返せるさ~」

暢気なその言い方は、ゴルネオの癇に障る。
いつまでたっても本題に入らないハイアに、流石のゴルネオも頭にきていた。

「それで、何の用なんだ?」

「ここには商売をしにきたわけじゃないさ~。で、あんたには協力して欲しくて来たんだ。元ヴォルフシュテインは俺っち達の事情を知らなそうだったから、あんたのところに来てみたのさ~」

「協力?それに事情だと……?」

ヴォルフシュテインと言う名に顔をしかめるゴルネオだったが、ハイアの言葉に首をひねる。

「協力ってのは情報提供さ~。都市の事情はその都市に住んでいるもんが一番詳しい。当たり前の話さ~。で、事情ってのは……あんたは知ってると踏んだんだけど、どうさ~?グレンダンの名門ルッケンス家の次男坊だから、知っていてもおかしくないと思ったんだけどさ~?傭兵団の創設秘話って奴さ~」

「……まさか」

「おっ、知ってたさ~」

ゴルネオの反応に、ハイアが嬉しそうに言う。

「本当にいたというのか……?廃貴族が」

信じられないと、ゴルネオはハイアを見た。
ゴルネオがその話を聞いたのは、兄が天剣授受者となった時だ。
祖父が兄に話していたのを横で、おまけとして聞いていた。

「壊れた都市が生む狂える力……」

祖父はそう話していた。
サリンバン教導傭兵団は、その力を探すために都市の外へと出たのだと。

「与太話だと思っていたが……」

「本当に与太話だとしたら、初代もこんな苦労しなくてすんださ~」

だが、それでも信じられない。

「まさか、本当にいたというのか?」

「疑い深いねぇ。ま、いたのはツェルニにじゃなくて、お隣にあるぶっ壊れた都市さ~。俺っち達はあっちに潜入して捜査したんだけど見つからなくてさ~。こっちに移動したと踏んで、来たのさ~」

「あの都市に……」

そこまで話を聞き、嫌なものも思い出したがふと、記憶に引っかかるものを感じた。

「……そう言えば、第十七小隊の念威繰者が何かを見つけていたな」

「お?」

その言葉に、ハイアが興味を示す。
あの時は第五小隊(こちら)の念威繰者が何も感じられず、発見したのがレイフォンのいる第十七小隊だと言う事もあって本気にはしていなかった。
しかしもし、あれが本当に廃貴族なのだとしたら。

「都市を失ってなお存在する狂った電子精霊……まさか本当に実在するとは」

「本当にいるんだから仕方がないさ~。まっ、俺っちだって半信半疑だったし、どうやって見つければいいかなんてまるで見当付いてないんだけどさ~」

「あの……団長」

ゴルネオとハイアの会話に、今までずっと黙っていたミュンファが発言の許可を求めた。

「なにさ~?」

「その……第十七小隊?の念威繰者さんですか?その方に協力をお願いするのはどうでしょうか?フェルマウスさんでも大まかな方向しか見つけられなかったんですし、なにより、フェルマウスさんがここに来るのは無理だと思うし……」

「それは良い案さ~。それでゴルネオさん、その念威繰者ってのは誰さ~」

「……忠告だが、お勧めはせんぞ」

勝手に話が進み、第十七小隊の念威繰者に協力を求めようとするハイア。
その言葉に当然の選択とは言え、正気かとゴルネオは思ってしまう。
あの廃都市の出来事もあり、出来ればあまり彼女には関わりたくない。

「いいから教えるさ~」

「……俺は関係ないからな。フェリ・ロス。ここの生徒会長の妹だ」

「生徒会長……って事は、実質この都市の支配者ってこと?」

「そうだ」

「ますますやりやすいさ~」

にやりと笑うハイアを見て、ゴルネオには言いようのない不安が生まれた。
そんなゴルネオをよそに、ハイアはあれこれとツェルニの情報を聞き出していった。








































あとがき
レイフォンが既に刀を使ってるなんて思っている方がいましたし、老生体戦においても巨刀を使っていたので仕方ないとは思いますが、老生体戦に使った巨刀は上でもあった説明どおりです。
レイフォン、刀を拒んでます。その事を、今回は素直にフェリに相談と言う事で。
しかし、フォーメッドはいつか死ぬかもしれない……いや、彼は悪くないですがタイミング的に……
その上ニーナイベントは完璧に折れまくって……
ぶっちゃけると、ハイアとの戦闘にニーナが気づいて駆けつけるという描写も入れようとは思ったんですが、原作となんら変わらないですし、この作品はレイフォン×フェリだから別にいらないか、みたいな感じで抜きました。
そもそもこのレイフォン、刀関連以外においては迷いがありませんからね。フェリ第一です。
その刀自身も、フェリのピンチだったら迷わず使いそうですがw



そして、いまさらですがなのはのポータブル買いました。
まだストーリーに関してはやってませんが、コンピューター対戦は何回か。
そしてクロノ君が好きなので使ったのですが……白い悪魔が倒せない(汗
これどうなってんの!?フェイトやザフィーラ、シャマルなんかは倒せたのに白い悪魔は別格!?
流石は未来の魔王様……
まぁ、俺のゲームの腕が未熟なのと、まだ操作方法になれてなかったのも関係するんでしょうが、戦慄を覚えたこのごろです。



[15685] 25話 第十小隊
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:acebd00e
Date: 2011/10/22 07:56
ナルキをシャーニッドとハーレイに紹介し、明後日から強化合宿が予定されていたのだが、その中止をニーナが告げる。
理由はもちろん、都市警の捜査に協力することになったからなのだが、極秘にしなければいけないためにシャーニッドやハーレイには告げられていない。
故に適当な理由で誤魔化したのだが、おそらくニーナはシャーニッドには言いたくなかったのだろう。
かつての仲間が、違法酒に手を出したと疑いをかけられているなどと。

どんな理由にせよ、ナルキが第十七小隊に入隊したのは事実で、いつもどおりに訓練が始まる。
初日と言うこともあって、ナルキは苦戦していたがレイフォンのアドバイスなどもあり、なんとか乗り切った。
訓練後、かなりダウンしていたナルキだったが、

「おまたせ~」

機嫌のよいハーレイの声が、ナルキを休ませてはくれなかった。

「どうかしたんですか?」

「どうしたもなにも、新人さんがいるんだから僕の出番がたくさんあるじゃないか」

うきうきとしたハーレイの手には、武器管理課の書類が握られている。

「ナルキさんの武器を用意しないと」

「あ、いえ……あたしはこれで十分……」

ナルキは都市警で普及された打棒の錬金鋼を見せようとしたが、ハーレイが首を振った。

「それは都市警のでしょ?都市警マークの入った武器なんて試合で使えるわけないじゃん」

「あ、でも……」

「いいからいいから、お望みのならなんでも作るから。行こう」

目をキラキラさせながら、ハーレイはナルキの手をつかんで研究室へと引きずっていく。
その姿はとても活き活きしていた。

「どんなのがいいかな?やっぱ打棒系がいいの?それならニーナよりも短くて取り回しが利く方がいいよね。あ、そう言えば腰に巻いてるそれなに?取り縄?ふーん、捕縛術ねぇ。それって面白そうだねぇ」

津波のごとく押し寄せられてくる質問に圧倒されつつ、ナルキはハーレイに連れ去られていく。
ナルキはレイフォンに助けを求めるような視線を向けてきたが、レイフォンには『ご愁傷様』と言う以外に出来ることはなかった。

「さて……」

ナルキの恨めしそうな視線を忘却しつつ、レイフォンは訓練室のベンチに座って本を読んでいたフェリをの方を見る。
フェリは本を閉じ、立ち上がった。

「面倒ですがやりますか」

フォーメッドの依頼。
ナルキはハーレイに連れ去られ、ニーナの姿はもうない。おそらく帰ったのだろう。
残ったのはレイフォンとフェリの2人だけで、必然的に2人がやることになる。
フェリが念威端子を飛ばし、レイフォンは殺剄で気配を消した。





(さて、どうしよう……)

殺剄で気配を消したレイフォンは、練武館正面入り口の屋根で時間を潰していた。

「第十小隊は、まだ訓練をしているようですね」

念威端子越しにフェリの声が聞こえる。
ドアを開ければ流石に気づかれるので中の様子までは見てないが、聞き耳を立てると微かにディンの声が聞こえた。
また、訓練中故にそれらしい物音も聞こえている。
訓練が終わり、出てきたらそのまま尾行するのがレイフォンとフェリのプランだ。
そうする以外、良い方法が思いつかない。
フォーメッドが欲しいのは、ディンが違法酒であるディジーを持っているところ。
あるいは明確に使用したと分かる証拠だ。

(そんなの、どうやって見つければいいんだろう?)

ディンの部屋に潜入できれば話は早いのだが、そんな泥棒となんら変わらない手段を取ってしまってもよいのだろうか?

(部屋に入るだけなら簡単なんだろうけどな)

プロの泥棒のように針金ひとつで鍵を開けるなんてことはできないが、今のように気配を消してドアの鍵を剣で切ってしまえば簡単だ。後は無事に証拠が出てくれば大成功。
……だけど、出てこなければ余計な警戒を招くことになるのは分かりきっている。
ならばどうするか?

「フェリ、何かいい案はありませんか?」

「そうですね……」

こういう考えることが苦手なレイフォンは、困ったようにフェリに助けを求める。
頭の良い彼女なら、何か良い案を出してくれるだろうと期待して。

「めんどくさいですから、もういっそのこと、強攻策に出るのはどうです?フォンフォンならディンを伸して、証拠を探ることは簡単なのでは?」

「いや、確かにその方が手っ取り早いかもしれませんが、色々まずいですよ、それ……」

フェリの案に苦い笑みを浮かべ、レイフォンは悩んだ。
どうも自分にはこういったことは向かない気がする。出来たとしても、フェリが言った様に強攻策で腕っ節を披露するぐらいのことだ。
グレンダンでは警察関連の仕事を手伝ったことはあるが、まさしくそれしかやったことがない。

「あ、出てきましたよ」

となれば、後はフェリの機転に頼るしかないのだが……果たして大丈夫なのかと本気で考え込むレイフォンだった。





ディンは小隊員を連れ、練武館から出てきた。
ディンを入れて7人。第十小隊全員がそこにはいた。
武器を扱って動くように訓練された人間には独特の動きがあり、その動きから見ておそらく最後尾の人物が念威繰者なのだろう。
そして先頭に立っているのがツェルニでも珍しい髪形をした、と言うか毛根を除去したのかと思うほどに髪がない禿頭の男、ディン。
そんな彼の斜め後方に、この間レストランでは見かけなかった美女がいた。

(彼女が副隊長の?)

ダルシェナ・シェ・マテルナ。
大人の女性と言うよりも、何かそういった彫像のような美しさを宿しているように見えた。
そして、髪が綺麗だ。輝く金髪はもちろんのこと、螺旋の如く渦巻いた髪が本当に美しい。
思わず目が奪われてしまいそうなほどだ。

「不快です……」

「え、どうしたんですかフェリ?」

「なんでもありません」

レイフォンの視線を追ったのか、フェリが不機嫌そうに言う。
ひょっとして焼餅かと思ったが、もしそうだったらかわいいなと思わず苦笑する。
フェリの髪だって、ダルシェナに劣らず十分綺麗なのだ。
輝く、長くて綺麗な銀髪。
フェリ曰く多少クセ毛らしいが、ストレートに流された髪は十分に美しい。
レイフォンとしては、むしろそっちの方が好みだ。
いや、好み以前の問題に、ハッキリ言ってフェリ以外の女性に興味はない。
ダルシェナに目を奪われたのも、ちょっと綺麗だなと思っただけでそういうつもりは一切ないのだ。

「……なにを笑っているんですか?」

「なんでもありませんよ」

それでもレイフォンの返答、苦笑が気に入らないように問い詰めるフェリ。
誤魔化すようにまた笑うレイフォンだが、それが更にフェリを不快にさせる。
どこか拗ねたように、もう一度問い詰めようとしたところで……

「あれ、隊長?」

「……なにをしてるんですか?あの人は」

ディンが出た後、間を置いて、正面玄関から出てくる人影。ニーナだ。
訓練の後に何も言わなかったし、さっさとシャワーを浴びに行ってしまったからもう帰ったと思ったのだが、そんな彼女は殺剄を使って第十小隊の後を付けている。
レイフォンほどではなく、シャーニッドほどに精緻にその場の空気に溶け込むほどではないけれど、それでも一応、気配は消している。

「今は大丈夫みたいですけど、このままだと遅かれ早かればれますね……」

だが、仮にも相手は小隊員だ。
自分やシャーニッドならともかく、ニーナのレベルの殺剄ではばれる確率が高い。

「ですが、言って隊長が止まりますか?」

「それは……」

だからと言って、止めて彼女が言う事を聞くとは思えない。
今までの経験上からも、それはわかる。何より、止めようとして言い合いになってしまえばそれが原因でディン達にばれてしまうおそれが出てくる。

「隊長を背後から殴って気絶させ、そのまま放置するという手段はどうです?」

「いや、それは流石に……」

「半分冗談です」

「半分なんですか?」

「ええ、最終手段です」

「はぁ……」

フェリの発言に苦笑いを浮かべながらも、いざとなればそうするしかないのかと考えるレイフォン。
一抹の不安を抱き、思考を巡らせながら、ディン達とニーナを追うために屋根から飛び降りた。





ディン達第十小隊の面々は路面電車を使うこともなく、徒歩で移動をしていた。
そして現在、その後をニーナが付け、その後ろをレイフォンとフェリの念威端子が付けるという奇妙な状態になっている。
なんだかとても間抜けな構図だと思いながらディン達の方を見ていれば、彼らは他愛のない会話をして歩いているようだった。
隊員の誰かが砕けた事を言い、それに誰かが乗っかり、笑いが起こる。
第十七小隊でも行われるような。ごく普通の馬鹿話だ。

本当に第十七小隊の会話風景と、何も変わらない。
ただ、予想と違ったのはニーナの様に顔をしかめる役はディンがしている。なんとなくだが、その役目は副隊長のダルシェナがしている気がしたのだ。
身にまとう空気はどこかニーナに似ていて、そしてニーナよりも洗練されている。
上品と典雅を身にまとった麗人……そんな様子で、まさしくその通りだと思うけど、時には隊員達の冗談に下品にならないように笑い、口元を崩して言い返していた。
なんだか、その時の雰囲気がどこかシャーニッドに似ている気がする。
フェリに聞いた話だが、ディン・ディー。
ダルシェナ・シェ・マテルナ。
そしてシャーニッド・エリプトン。

かつて、第一小隊に迫る実力を持っていたという第十小隊の連携を作っていた3人。
言われてみれば、確かにシャーニッドとは気が合いそうなように見えた。
だが、だからこそわからない。どうしてシャーニッドは小隊を抜け、今は不仲の間柄になってしまったのか?
そんな事を考えていると、気づいた。
ダルシェナは時には笑い、時には言い返したりして、楽しそうに第十小隊の面々と会話を交わしている。
だが、時たま心ここにあらずと言うか、稀にどこか熱っぽい視線でディンを見つめている。
レイフォンも不審だと思うぐらいだから、当然第十小隊の面々も気づいているようだ。
そんな一同を代表して、ディンがダルシェナに尋ねたようだが、当のダルシェナはなんでもないと言うように首を振っていた。
何かあったのだろうかとレイフォンが思っていると、そんな第十小隊に解散の兆しが見える。
1人、また1人と別の道へと分かれている。
おそらく、それぞれの寮やアパートに向けて分かれているのだろう。
最後にディンとダルシェナも分かれ、ディンだけが残った。
ニーナは迷わず彼を追い、レイフォンとフェリの念威端子もそれを追う。

主犯格は間違いなくディンだとフォーメッドも言っていたし、彼の出身は彩薬都市ケルネス。
違法酒を禁じていないどころか、現在も生産をしている数少ない都市だ。
入手する方法があるとしたら、ディンしかいない。

このまま真っ直ぐ自分の部屋に戻るのか……1人歩くディンを見ながらそう思っていると、動きがあった。
だが、ディンにではない。動いたのはニーナだ。

「ディン・ディー」

いきなり殺剄を解いて呼びかけるニーナに、レイフォンは慌てた。
止める暇なんてなかった。

「隊長が暴走しました。場合によっては最終手段を」

「……本当にやるんですか?」

なんとか殺剄を維持しつつ、レイフォンはいつでも距離を詰められるように構える。

「ニーナ・アントーク